【WiLL ソロ企画】第4弾、坂本愛里ーーthe End・ナカヤマユキコ(ex.BiS)に訊くアイドルとしての生き方

「クール&ビューティー」をテーマに掲げ、2016年6月にデビューを果たしたガールズ・グループ、WiLL。ダンス・ミュージックをメインにした多彩な楽曲と切れのあるダンスが耳の早いリスナーの注目を集め、地方や台湾といった海外でのロック・イベントに呼ばれるなどアイドルという垣根を超えて活動中だ。12月8日にはTSUTAYA O-WESTで1stワンマンを行うことを発表している彼女たち。OTOTOYでは3ヶ月に渡りWiLLに迫る特集を展開。メンバー4人のソロ企画を4回に渡り掲載していく。最終回となる第4弾は、WiLLのセンターとの呼び名も高い坂本愛里と、BiSの初期メンバーで現在はバンド、the Endのフロントマンを務めるナカヤマユキコの対談を敢行。なぜステージにあがるのか、アイドルとして大切なこととはなにかなど真剣に語り合ってもらった。

WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第2弾音源を配信開始

OTOTOY独占ハイレゾ配信スタート

WiLL / fallin’(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込)

>>「fallin’」のフリー・ダウンロード(mp3)はこちら

記念すべき初ワンマンをO-WESTにて開催

WiLL 1stワンマン・ライヴ「Will Grab Dream」
2016年12月8日(木)@TSUTAYA O-WEST
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
料金 : ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(DRINK別)

INTERVIEW : 坂本愛里 × ナカヤマユキコ

WiLLの個人企画・最終回に登場してもらうのは坂本愛里だ。リーダーやセンターを決めていないWiLLにおいて、坂本は写真撮影やダンスなどでセンター・ポジションを務めることが多い。しかし、彼女がどんなキャラクターでなにを考えているのかなど、実はあまり表に出ていない。話を聞けば、自分のキャラクターについて独自の考え方を持っていることが判明した。そこで今回、元BiSの初期メンバーであり、現在は4人組の音楽プロジェクト、the Endのリーダーでフロントマンのナカヤマユキコを迎え対談を敢行。ステージにあがると意識が変わるという2人がどのようなことを考え、アーティストとして活動していくためにはなにが必要か、そのヒントを探った。

取材&文 : 西澤裕郎

怖いくないですか? 同性って

ーー坂本さん、取材前からユケさんの目を見ていないですよね(笑)。

坂本愛里(以下、坂本) : 女性としゃべるのが恥ずかしいんですよ…。女性が1番緊張します。

ナカヤマユキコ(以下、ナカヤマ) : それ、アイドル・グループにいて大丈夫なんですか(笑)?

ーーあははは。なんで女性としゃべるのが恥ずかしいんですか?

坂本 : 怖いくないですか? 同性って。「何あいつ」って思われてそう。

坂本愛里

ナカヤマ : 実は、私も本当はすっごく人見知りなんですよ。それを出すのが嫌で、人見知りすればするほどめっちゃしゃべっているんですよ。

坂本 : あー、わかるような気がします。

ナカヤマ : 緊張しているときとかステージの上とか無駄にしゃべっちゃうので、逆にMCを入れないようにしていて。やっぱり人見知りは克服したいですよね?

坂本 : したいです。

ーーユケさんは緊張を出さないために、あえてしゃべっていたんですね。

ナカヤマ : BiSにいたときにリーダーのプー・ルイがそれを知っていて、私がテンション高くなってしゃべっていると緊張しているなってわかって「人見知りうるさいよ」って言われていました(笑)。

ーー(笑)。ユケさんは女性が怖いっていう感覚はわかりますか?

ナカヤマ : 私も女の子のことが怖かったんです。学生時代、いじめられっ子だったので、女子のねちねちがすごい苦手で。自分がトイレ行ってる間に陰口を言われているんじゃないかとビクビクしていました。でもアイドル・グループに入って、アイドル・イベントに出て、いろんな女の子たちと会うことが増えると「写メ撮りましょうよ」ってなるじゃないですか。そこで免疫がつきました(笑)。

坂本 : 私もそういうのを積極的にやらなきゃなって思うんですけど、知らない人と写メを撮るのはめっちゃハードルが高いです。

ナカヤマ : 撮っても別にアップしなくてもいいんですよ。バンドマンが今度飲みに行きましょうっていうのと一緒です(笑)。対バンしたアイドルさんと写メをとって、タグ付けしてツイートするとファンが増えますよ。

坂本 : そうですよね…。

ナカヤマ : わかっているんだ(笑)。

ーーファンが増えることを考えても写メのハードルは高いと。

坂本 : つらいです(笑)。

ナカヤマ : じゃあ、あえて引きこもりキャラでいきましょう(笑)。

坂本 : メンヘラ・キャラは結構いいかもしれない…。

ナカヤマ : でも無理して演じて疲れてしまうより、ありのままの自分を出したほうがいいかも。そうほうがファンの人は嬉しく感じるかもしれないし、俺が支えなきゃ!! って思うじゃないですか。アイドル・オタクは優しいから。

人に見られていないと生きてる感覚がしない

ーーちなみに、坂本さんは普段の自分に自信はありますか?

坂本 : 自信…。変なところはあるというか、自信のある日とない日があります(笑)。大事なライヴの前に「やってやるぜ!」ってすっごくハイになっているときもあれば、もうダメだ… ってときもあるし、波がありますね。

ーーユケさんはそういう波はありますか?

ナカヤマ : 私は常に自信がないんですよ。自信を持つためにステージに上がっているタイプで、直前までメンバーにしがみついたりしているんです。でもステージの真ん中に立っていると、今はみんなが私を見ているから私が1番無敵って思えて、その時だけ自信に満ち溢れるんです。

ーーステージに立って注目されていることが力になるんですね。

ナカヤマ : そうですね。そのときしか生きている感覚がないんです。人に見られていないと生きてる感覚がしない。

ーー坂本さんは、みんなに見られているときはどういう気持ちなんでしょう。

坂本 : ステージで見られるのはすごく好きです。逆に、人がいないライヴだとしょぼんってしちゃう。普段の道路では本当に見ないでほしいし、私もいつも真下を見て歩いているし、私が他の人のことを見ていると思われることすら嫌なんです。

ナカヤマ : わかります。

坂本 : 嫌ですよね? 道とか平らなところはイヤなんです(笑)。だから、低いステージだと緊張しちゃうんですよね。高いステージだとすごい気持ちよくなれる。

ーーそれはユケさんもそうですか?

ナカヤマ : ステージに立つと、まったく違う人になります。普段の中山ユキコと、芸名のナカヤマユキコでスイッチが切り替わるんです。カタカタのモードになっているときは物販にいる時でもずっとアドレナリンが出ています。

ナカヤマユキコ

坂本 : 今のお話を聞いて、物販でもスイッチが入っているのはすごいなと思いました。私は物販では素で「やあ」みたいな感じなので、プロだなと思いました。

ーー物販にも段差を作ればいいんじゃないですか?

ナカヤマ : お立ち台を作ればいい(笑)。

坂本 : お客さんは下の段にいれば、ちょっとは変わるかもしれない。

ーーあははは。いまの自分から変わりたい気持ちもあるんですね。

坂本 : 本当だったら、ちゃんとキャラを作ってお客さんの前ではキャラでいれればいいんですけど、そのキャラがちょっとでも崩れるのがイヤなんです。

ーー完璧主義というか、中途半端になっちゃうのが嫌?

坂本 : 嫌ですね。ぶりっ子キャラだったらずっとブリブリしてたらいいですし、難しいところですよね。クール・キャラって言ったら変なことできないなと思うし。

ナカヤマ : でも完璧に演じることって無理だと思うんですよ。それだったら「完璧に素」っていうのが1番完璧だと思いますよ。

坂本 : たしかに!

無意識に1番最悪なこと考えておけば生きやすかった

ーーWiLLはワンマンに向けて1人ずつピクチャー・チケットを売っていて、50枚販売を達成すると望みが叶えてもらえるシステムがあります。その中で、坂本さんは1番早く達成しました。なんで1番早く達成できたと思います?

坂本 : 1人の人がいっぱい買ったからです。それだけです!

ナカヤマ : ありがたい!

yUsUke(WiLLプロデューサー) : まだ25枚くらいしか売れていないとき、凪原と本間が40枚くらい売れていて、どっちかが最初だなと思っていたら、ある日通販サイトで突然25枚買った人がいて。

坂本 : すごくびっくりしましたね。1人の人がいっぱい買っているのはどうなのと思う人もいるかもしれないけど、それほどの価値を見出してお金を出して買ってくれたわけだから、私はなんの後ろめたさもなくて、ありがとうって感謝しています。

yUsUke : 実際それで終わりじゃなくて、その後も枚数がちゃんと増えてるしね。

ーー50枚達成したことで、ワンマンでソロの新曲をお披露目するんですよね。

坂本 : そうなんですよ。でも、WiLLのワンマン・ライヴだから私がすごい目立ちたかったわけではなくて、みんな知ってるような曲を歌って盛り上がろうと思って、ソロで歌いたいって言ったんです。そしたらソロ曲を制作みたいなことになっていて、「え、制作するの?」ってなりました(笑)。

yUsUke : こういう感じなので、1人でお客さんを盛り上げられるとか思わなくて。暗いバラードを書くしかないなと思って作っていたら、そういう想いだったらしくてびっくりしたというか(笑)。

坂本 : 「初恋サイダー」とか歌いたかった…。

ーー坂本さんが見ている坂本さん像と、我々が見ている坂本さん像がちょっと違うのかもしれないですね(笑)。自分の性格はポップな感じだと思います?

坂本 : ポップですよ(笑)! でも、根本的に暗いのかなって思います。

ーーそれはどういう時に思います?

坂本 : いつも最悪の自体を考えているんです。道歩いてる時とか、人に質問した時とか、今から血まみれになるって想像するんです(笑)。いまyUsUkeさんの運転してる車が横に逸れたら、私たち死んじゃうんだなとかいつも最悪なこと考えていて。それは自分の心のクッションみたいなもので、何か起きてもショックが起きないように、小さいときから最悪なことを考えているってことなんです。無意識に1番最悪なこと考えておけば生きやすかったから、そうやって生きてきました。

ーー1番最悪っていうのは死ぬってこと?

坂本 : 今やってることの1番最悪なことですね。例えば、ポケモンが捕まらないとか。

ーーポケモンをやっている時、そんなことを考えているんですか(笑)?

坂本 : 考えてますよ! これは絶対に捕まらないんだって。それで捕まった時めっちゃ嬉しいんですよ。そういう感じです(笑)。

何かになろうとして疲れちゃったら意味がない

ーーユケさんはそういう最悪の事態を考えます?

ナカヤマ : 考えていますよ。常にネガティヴなので。ここで言えないくらい(笑)。

ーーでも外から見たら、ユケさんはまったくそう見えないようにしているじゃないですか。その歪みみたいなものが絶対どこかで起きているのかと思うんですけど。

ナカヤマ : いまはその歪みが歌詞の中に現れていますね。直接、そういうことを話すと生々しいじゃないですか。性格がポップなほうではないので、ポップに変換して打ち出せる場所を作っているんです。たぶん、それが今のバンド活動だと思うんですけど、暗い歌詞にあえて明るい曲をつけて出して発散するような形でバランスをとっています。


the End / i know ...

ーーじゃあ、音楽活動がなかったら…。

ナカヤマ : 死んでます、死んでます(笑)!

ーーそれじゃあ、アイドル活動をしているときはどうしていたんですか。

ナカヤマ : ステージの上が発散の場になっていましたね。でもその時は私もあまりよくわかっていなくて、常にスイッチを入れている状態じゃないとダメだと思っていたんです。アイドルになったから常にアイドルでいなきゃいけない、みんなの思ってるナカヤマユキコでいなきゃいけないと思っていた。さっき坂本さんが何かになろうとして疲れちゃったら意味がないって言ってたのと同じで、私も疲れちゃったんですよ。それでアイドルって難しいなって思ったのが辞めたきっかけでしたね。

ーーアイドルになろうと一生懸命だったんですね。

ナカヤマ : でもなれなかったんです。そこからモルヒネ東京をはじめたんですけど、そこで別の何かになろうとしちゃったんですよね。そしたら思いっきり活動を休止しなきゃいけない、病院に入らなきゃいけないレベルになってしまったので、もう辞めようと思ってそのバンドも解散したんです。

ーーそれを経てスタートさせたthe Endはどういう臨み方でやっているんですか?

ナカヤマ : ありのままの自分の経験をポップに発散すること、ポップに人に伝えることによってストレートに誰かに勇気を与えたりできたらいいなと思っていて。死にたいって曲をすごく明るく歌って、死にたい人の気持ちを明るくできるといいなと思って歌っています。

ーーそういう気持ちの変遷があっての坂本さんへのアドバイスは重みがありますね。何かになるために完璧を目指すよりは、本当の素を出したほうが坂本さんは合っているかもしれない。

坂本 : 私も完璧にはできないってわかっているので、向いている方をやればいいかなって思いました。

ーーせっかくの場なので、坂本さんからユケさんに聞いてみたいことはありますか?

坂本 : 私、趣味がないんですけど、リフレッシュでやることとかありますか?

ナカヤマ : プライベートでのリフレッシュ方法ですか? 私、すごくお酒飲むんですよ。あとは運動したり、映画を観たりとかですかね。映画を観ると創作意欲も湧くし、楽しくなりたい時に楽しい映画を観たら楽しくなる、泣きたい時に泣きたい映画を観れば泣いてストレス発散できるからいいですよ。

坂本 : 私もメリハリをつけてやっていきたいですね。ダラダラ考えちゃうから。

ーーいまのところ特にリフレッシュ方法はないんですか?

坂本 : そういうのをしていないからよくないのかなと思いました。オンオフもないから、ちょっとなにか違うことをやった方がいいのかなって。

ナカヤマ : じゃあ、せっかく新しい趣味を作るならファンが増える趣味を見つけましょうよ。

坂本 : そうですね。

ナカヤマ : やっぱり男心をくすぐる趣味がいいんじゃないですか。料理を作るとかお菓子を作るとか。それかファッションのことはどうですか? 毎日のコーディネートをのっけるとか、WEARやったりお化粧の動画をのっけるとか。コスメ紹介するとかでもいいんじゃないかな。

坂本 : いいですね。

ナカヤマ : 自分もかわいくなるしね。

坂本 : がんばります! これからいろいろやってかないと。

ナカヤマ : じゃあ、このあと一緒に写メを撮りましょう(笑)!

WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第1弾音源を絶賛配信中

WiLL初のハイレゾ音源を独占配信スタート

WiLL / wherever you go(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込)

>>「wherever you go」のフリー・ダウンロード(mp3)はこちら

WiLL LIVE INFORMATION

WiLL 1stワンマン・ライヴ「Will Grab Dream」
2016年12月8日(木)@TSUTAYA O-WEST
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
料金 : ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(DRINK別)

the End INFORMATION

アルバム情報
the End 1st Album『Re: End』
2016年12月7日発売
価格 : 3,000円(税込)
形態 : オリジナルキーホルダー付きUSB
収録内容 : TOKYO NIGHT / CLAP / あ。 / 端末戦争 / the End / good bye again / ダンジョン / LIAR / アバンチュール / モザイク / HiGH BUZZ / i know.. / 全12曲 + 歌詞データ + MV4本 + ジャケットデータ + 未公開photo)
ライヴ情報
-the End レコ発presents-『 Re: End 』
2016年12月7日(水)@Shibuya Milkyway
時間 : OPEN / START 18:00 / 18:30
料金 : ADV / DAY 2,500円 / 3,000円(+1D)
出演 : the End / ICE CREAM SUICIDE / 惑星アブノーマル / Nice Arrange / sora tob sakana / 植田真衣
※レコ発会場限定アルバム購入特典メンバーチェキ付き
※アルバム付きチケットは5,000円
チケット予約 : the.end.contact@gmail.com

PROFILE

WiLL

WiLLはダンス・ミュージックをメインに、cool&beautyをコンセプトとしたダンス&ヴォーカル・グループ。グループ名のWiLLは世界(World)に向けて、ヤバくカッコいい(iLL)グループになるという意味を持つ造語。あわせてWill(意思)という意味も持つ。2016年春活動スタート。

>>公式HP



the End

前バンド モルヒネ東京 の解散後 Vo.ナカヤマユキコ を中心に結成された新プロジェクト。

プロジェクトメンバーに「セニョール山野」「miifuu」「高田メタル」を迎え独自の世界観を創り上げていく。

>>公式HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信──世間に向けて“バケモノ”が牙をむく新作ミニ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年07月26日・世間に向けて“バケモノ”が牙をむく──Age Factory『RIVER』を期間限定ハイレゾ独占配信 いま、Age Factoryにとって大きなターニング・ポイントである。前作『LOVE』のリリース以降、“破壊的”とも称されるライヴでの圧倒的なパフォーマンスと、強烈なメッセージ性を含んだ彼らの楽曲は、多くの人に伝わることとなった。そんな彼らから、全曲セルフ・プロデュースで制作されたミニ・アルバム『RIVER』が届いた。OTOTOYでは今作を、7月26日より2週間のハイレゾ独占配信をスタート、そしてこのタイミングでメンバーへのインタヴューを敢行した。前作『LOVE』を超越するために、Age Factoryが選んだ答えは、ストレートでよりシンプルな作品をつくることだった。バンドにとっての転機とも言えるいま、そのような選択をくだし、『RIVER』をリリースした意味はなんだったんだろうか。インタヴューとともに紐解いていく。 “ストレート”をテーマにした全曲セルフ・プロデュース作品 Age Factory / RIVER'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは
by ?
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事