北村早樹子・覚醒!? 中村宗一郎プロデュースによるバンド・サウンドで劇的変化を見せたアルバムを聴け!!

少女らしさと毒気を合わせ持つ独自の音楽世界を作るシンガー・ソングライター、北村早樹子。そんな彼女が3年ぶり5作目のアルバム『わたしのライオン』をリリース。今回はゆらゆら帝国、OGRE YOU ASSHOLEなどを手掛ける中村宗一郎をプロデューサーに迎え、彼女史上最もポップな作品に!! ピアノ弾き語りからバンド編成へ。そうしたサウンドの変化だけでなく、トレード・マークだった赤いワンピースと眼鏡も一変!! そんな劇的変化を遂げた北村早樹子の真意に迫ったインタヴューを掲載!! OTOTOY限定ボーナス・トラックとともに彼女の世界に飛び込んでみてはいかがだろう?


北村早樹子史上、最もポップなアルバムが完成

北村早樹子 / わたしのライオン

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC

【価格】
単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)

【Track List】
1. 本日の悲報
2. ドクターVSクランケ
3. からすの蒲団
4. すずめのお宿
5. マイハッピーお葬式
6. ヒーローショー
7. 孤独ちゃん
8. わたしのライオン
9. 卵のエチュード
10. みずいろ
11. ヒーローショー (※ボーナス・トラック)

※アルバムまとめ購入いただくと、OTOTOY限定でボーナス・トラック「ヒーローショー」がつきます!!


INTERVIEW : 北村早樹子

その小さな身体のなかに、どれだけ強いエネルギーを秘めているのだろう。北村早樹子という人間が持つエネルギーは、他人への憧れや、そこから生まれた攻撃性かもしれない。実際、これまでのアルバム作品は、そうしたエネルギーが凝縮された箱庭的世界のようだった。しかし、3年ぶり5作目となる本作『わたしのライオン』は違う。サウンド・プロデューサーに中村宗一郎を迎え、ユキヨ(TACOBONDS、transkam)、キクイマホ(HOMMヨ、うみのて)、百瀬巡、かず、谷内洋史といったゲスト・プレイヤーが参加、かつてないバンド・スタイルで録音されたことにより、北村早樹子の世界観が花火のように花開いている。また、女優 / 作家の森下くるみが書き下ろした初コラボ作品「みずいろ」を収録するなど、プロデュースされることに身を委ねたことにより、みずみずしく輝き、リスナーのことを魅了する作品となっている。

いよいよ北村早樹子という才能が、名実ともに広がっていく準備は整った。そんな本作についてのインタヴューにあたり、文才も兼ね備えた彼女のブログのことから話を切り出してみた。

インタヴュー & 文 : 西澤裕郎
写真 : 市川力夫

私はバンドができない人間で、ずっとそれがコンプレックスだったというか…

ーー北村さんのブログに登場する人物って「H澤さん」みたいにイニシャルで綴られているのが基本ですけど、飯田(華子)さんだけは実名で書かれていますよね。

北村早樹子(以下、北村) : 飯田さんは公私ともに一緒に作品を作っている相手でもあるし、「わたしのライオン」のMVも作っていただいているので、「わかるやろ! 飯田さんで!!」って感じで、パブリックに表記しています(笑)。


北村早樹子 / わたしのライオン

ーー飯田さんって、どういう方なんですか?

北村 : 元々はアダルティな紙芝居をしている方で、高円寺の円盤とかで対バンしたことがきっかけで知り合ったんですけど、去年、たまたま家の近所に引っ越してきたこともあり、すごく仲良くなって。同い年だし、卑屈な性格とかもすごく似ていたりして、全部分かってくれる人なんです。

ーー別に音楽の話をするわけではないんですか?

北村 : まったく音楽の話なんてしませんよ(笑)!!

ーーあははは。じゃあ、なんの話をしているんですか?

北村 : なんの話をしてるんだろう。長時間一緒にいても全然苦じゃないんですよ。私、誰かと遊んでいても「1人になりたい…」ってなっちゃうんですけど、飯田さんはそういうこともまったくなくて、何時間でも一緒にいれるんです。

ーー飯田さんとの急接近もありますけど、2015年は北村さんにとって転機の1年だったんじゃないですか。

北村 : お芝居をやったのも去年が初めてだったし、私的に劇的な1年でした。私はバンドができない人間で、ずっとそれがコンプレックスだったというか…。自分は人格的に破綻していて、人と何かをやったり、コミュニケーションがとれなくて。15、6の頃から1人ぼっちで歌っていくしかないと思ってやってきたのが、お芝居をやってみたことで、人と何かをすることがすごくおもしろいし、意外とできるんだということを知って。それで、今回のアルバムも中村宗一郎さんにプロデュースごとお願いするってことに繋がっていったんです。

ーー今まで、他の人と何かを作ることは苦手だったんですね。

北村 : すごく抵抗があって。それこそ坂本弘道さんとの2マンみたいに1対1だったらなんとかできるんですけど、演奏する人が何人かいたら無理になっちゃうんですよ。誰かと何かをするのが性格的にできないタイプなので…。

ーーそう言いつつ、今作はバンド形態での音源となっていますよね。

北村 : 中村さんに「劇的に変えてほしいんです」ってことをお願いしたら、「バンド・サウンドはどう?」って提案してくれて。中村さんがメンバーさんも呼んできてくれはったので、完全に全員と初対面の状態で録っています。

ーーそもそも、バンド・サウンドは好きなんですか?

北村 : いや、それほどバンド・サウンドを聴いてきていないというか、むしろバンド・コンプレックスがすごくて。これまで対バンしたバンドの人たちって、楽屋とかでもキャッキャッしてお酒を飲んで騒いていたりして、そのたび「クソが!!」と思っていて。それは自分が1人だからっていうのもあったんですけど、いざやるんだったら楽しくやりたいわねと思うようになりました。楽しくできるかわからないですけど…。

ーーそんな中、初対面の人たちと音源を作るというのはどういう感覚でした?

北村 : レコーディングは、一同に会して「せーの!」で作ったわけじゃなくて、1日だけ集まってバラバラで録ったので。女子メンバーは一緒にレコーディングする日があったので、ギャルバンってこんな感じなんだなというか、「キャッキャッキャ、まぶしい~!」って遠くで離れてみていた感じですね。

ーー(笑)。卑屈さみたいな部分は、今も変わらずなくならないんですね。

北村 : 変わらずですね。むしろ、根深くなっているような気はしていますね。

「うわー!!! なにこれ!!!!」みたいな感じに最初なって

ーー昨年「アウト×デラックス」に出た時、そういう部分がピックアップされておもしろがられていたと思うんですけど、それが自分の強みだと思うこともありますか?

北村 : むしろ、そう思う以外に道はないと思っていて。暗いことと、卑屈なことくらいしか、たぶん私には素材として何もないので。もうね、だいたい女性シンガー・ソングライターって、若くて可愛いっていうのが最低限でまずないといけないでしょ? 私は三十路になって、もともと可愛いわけでもないし、そういう枠に入れなかったら、それを強みだと思うしかないと思っています。でも、それを「あんまり表に出したらダメよ」というのを中村さんにすごく言われていて… 私はこれから何を立てていけばいいんだろう? って感じになっています…。

ーーとはいえ、今作聴いてイメージが変わったというか、北村さんの楽曲ってこんなにポップで、すっと入ってくるんだなって驚きました。

北村 : それは編曲のおかげだと思うんですよ。最初のデモは全部弾き語りで、今までと何ら変わりない暗くてチーンっていう感じの歌だったので。それがこれだけキラキラキラキラって感じになったのは、編曲のおかげだと思います。

ーーそれじゃあ、曲作り自体は今までとそんなに変わっていないんですか?

北村 : 全然変わってなくて、ピアノと歌だけで作っています。デモを渡して、私は新潟で演劇をやりにいって帰ってきたら、このアレンジができていたんです。「うわー!!! なにこれ!!!!」みたいな感じに最初なって。

ーーそれは、どういう気持ちだったんですか(笑)?

北村 : 私が劇的に変えてほしいってお願いしたので、これがあるべき姿だと思って聴いてるうちに、だんだん気に入ってきた感じですね。最初はあまりにもノリが全然違うので、ビックリしましたけど。

ーーそもそも、劇的に変えたかったのはなぜなんですか?

北村 : ずっとこのスタイルでやってきたけど、パッとしなかったからです。最初、次のアルバムを出しましょうって話になったとき、曲はそれなりにできているけどどうしようと思って。平澤さん(なりすレコード・オーナー)は「弾き語りでいいんじゃない?」って言っていたんですけど、私は「それはイヤや!! 弾き語りを出しても、まあ売れないから」と思って。あと、どこかで自分でつまらないと思っちゃっていたのかな。なので、アルバムを作るんだったら全然違う何かがないといかん!! と思ったんです。

ーーこれまで、カセットMTRで録音したりしていたのも、変化を求めていたからだったんですね。

北村 : そうですね。そういう感じで作っていたんですけど、全部を宅録で1人でやっていただけだったので、そうではないことをやりたかったんです。あと、お芝居をしてみて、演出家さんという存在に触れたことが大きくて。演出家さんが、こうやったら喜ぶのかな? とか考えながら要求に応える、みたいな、そういうやりとりをしてみて、 それが面白かったんです。それで演出されたい欲が去年1年で高まって、今作は中村さんに曲を演出してもらいました。そういうことがしたくなっていたんですよね。

ーー演劇をやったことがヒントになったわけですね。

北村 : そうですね。

ーーとはいえ、演劇で演出されることと、歌を演出されることは、北村さんにとって意味合いが違うと思うんですよね。抵抗はなかったですか?

北村 : 意外となかったんですよ。中村さんって、ヴォーカルを録っている時も、すごく変な演出をするんですよ! すっごく辛気臭い歌なのに「半笑いで歌ってみて」とか。 そんなの自分1人では絶対に浮かばないし、そういう面白さに乗っていけたので、たぶん聴きやすくなったんだと思います。私の歌って、真面目に歌っちゃうと、ただただしんどい歌になっちゃうので。それを中村さんが上手いこと変えてくれたというか。

ーーちなみに半笑いで歌う以外にどんなことがあったんですか?

北村 : え、なんだっけ…。 半笑いが印象的すぎて、それ以外どんなだったか忘れちゃいました(笑)。ただ、そんなにねちねち何回もやり直しさせられたとかはなくて、「いいんじゃない?」って感じで、わりとサクサクできた感じでしたね。

初期衝動でドーン!! っていうのは若い子には勝てないから!!

ーーそれこそ、「アウト×デラックス」でも仰っていたと思うんですけど、思春期の頃、発散する手段がたまたま歌だったそうですよね。そういうモチベーションは今も変わらないですか?

北村 : そうですね。ただ、ひたすら毎日書いてるクソ長い文字だけのブログとかでも捌け口にはなってると思うんですよね。昔は、文を書くとか、劇をやるとか、何も知らなかったので、歌しかなかったんですよね。

ーーつまり、溜まってる想いをぱーって出すっていうだけじゃなく、作品を作るっていう意識も出てきていると。

北村 : うーん。ブログを読んでもらったらわかるように、いまもイライラしていますけど、昔はもっと溜め込んでいたものがあって。そういうのをストレートに出すのが歌だったんですけど、歳とるに従って、そういうのができなくなっているところもあって。物語っぽく書くようになったのかなっていうのはちょっと思いますね。私の歌って私小説だと思われがちなんですけど、わりと物語っぽく書いているのは、大人になって照れ隠ししてるのもちょっとあるかもしれないです。初期衝動でドーン!! っていうのは若い子には勝てないから!! みたいな部分がすごくあって。

ーー「ドクターVSクランケ」とかも、実際の経験からの歌ですよね?

北村 : この曲の最後で「フォーリン・ラヴ」とか言ってるんですけど、実際、恋に落ちてはいなくて。恋とかあるかもな!? と一瞬よぎったくらいで、別にドクターとフォーリン・ラヴはしていません(笑)。

ーーちなみに、この10曲の中で1番新しい曲ってどれなんですか?

北村 : 1番最後の「みずいろ」って曲で、これは森下くるみさんが歌詞を書いてくださっているんです。2015年の3月に京都でライヴがあって、くるみさんがトーク・ゲストで、岡村詩野さんが司会だったんですけど、そこで岡村さんが「くるみさんは文章も書いておられているから、北村さんに歌詞とかどうですか?」って軽い感じで言ったところ、くるみさんが「書く書く!!」って言ってくださって。そしたら、本当に素晴らしい歌詞を書いてくださって。自分では書けなかったような歌詞だし、私宛に書いてくださって、涙なしでは聴けない、いい曲になったのではないかと思います。

ーー今回、アルバム・タイトルを「わたしのライオン」にした理由はありますか?

北村 : 本当は全然違うタイトルだったんですけど、私が付けてたタイトルが暗くて卑屈で自虐的だから、中村さんにNGと言われまして。中村さんが「これや!! 」って言うから「わかりました!! 」って言ってこれになりました。

ーーちなみに最初はどんなタイトルだったんですか(笑)?

北村 : 『オールドミス楽しい』っていうタイトルでした。

ーー(笑)。それじゃあ、本当に演出されることに徹した、北村さんにとって大きな劇的な変化を求めたアルバムなんですね。

北村 : やっぱり今までとは違う人たちにも聴いてもらわないと意味がないと思っているので。

全然、満たされるような幸せは来ないですよ(笑)

ーーもっと知ってほしいって気持ちが強くあるんですね。

北村 : 自分の存在意義みたいなものを時たま考えちゃうんですけど、そういう時に、私ごときにお金を払って時間も割いて労力もかけて観に来てくれる人がいるだけで、生きてていいのかしらみたいに思えて。それ以外では、ほんまクソみたいな人生なので。目に見えて、聴いて、面白がってくれるっていうのが、1番嬉しいです。なのでライヴに来てくれるのが嬉しいですね。

ーーお話を聞いていると、反骨心みたいなものをどこかに持っていなきゃという意識もあるように感じました。

北村 : あるんでしょうね、たぶん。

ーー変な話、自分が満たされちゃったらどうなるかわからないみたいなことも考えます?

北村 : そうなんですよ。けどね、なかなか満たされるようなところにはいけませんね。全然、満たされるような幸せは来ないですよ(笑)。決して欲深いわけじゃないし、真逆で、本当に欲がなくて、それでも全然満たされないというか。ほんと、慎ましく暮らせたらいいなと思っているんですよ。100円の洋服とか着てても、それが不憫とか思わない人間なんですけど、なかなか自分のやりたいことではできないので、まだまだ先は長いんじゃなかろうかと思っちゃいます。

ーー北村さんの理想ってあったりするんですか?

北村 : えー!? 目指すべき場所?

ーーこうしたら納得いくというか。

北村 : そんな大きな場所でライヴをやりたいとか、有名人になりたいとか、そんな思いは全然なくて。50人なら50人、30人なら30人でいいので、私の歌を聴きたいって言ってくれる人が心配せずとも集まってくれるような状態がいいなと思っています。

ーーちなみにバンドでのライヴ予定もあるんですよね。

北村 : すっごい怖いです!! ちょービビってます私!!

ーー(笑)。どんな劇的な変化が観れるか、楽しみにしています。

北村早樹子 過去作品集


公開レコーディング・ライヴのDSD音源

北村早樹子 / 北村早樹子と坂本弘道のライブ録音 (5.6MHz dsd + 24bit/48kHz)

【価格】
11.2MHz dsd + 24bit/96kHz : 1,800円(税込)(まとめ購入のみ)

【Track List】
1. わたしの一角獣
2. 歯車に絡まった男の話
3. 春の熱
4. 蜜のあはれ
5. 本日の悲報
6. 千の針山
7. 解放
8. マイハッピーお葬式

>>>当日のライヴ・レポートはこちらから


デビュー10周年を記念した初のベスト盤!!

北村早樹子 / グレイテスト・ヒッツ

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

【価格】
単曲 180円(税込) / アルバム 1,500円(税込)

【Track List】
1. 卵のエチュード
2. 歯車に絡まった男の話
3. 春の熱
4. 歌片
5. 蜜のあはれ
6. 子ども部屋
7. 貝のみた夢
8. わたしの一角獣(新録音)
9. 解放(新録音)
10. 友達になりたい
11. だ・い・す・き
12. 朝も昼も夜も(7inch ver.)
13. わたしのライオン
14. ルミエル聖歌第一番「てんよりくだりしはじめのてんし」

>>>ベスト盤リリース時の北村早樹子へのインタヴューはこちら


ほぼ全編カシオトーンとカセットMTRによる原始的な宅録によって制作された4枚目のアルバム

北村早樹子 / ガール・ウォーズ

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

【価格】
単曲 180円(税込) / アルバム 1,050円(税込)

【Track List】
1. アイスを買いに
2. 友達になりたい
3. おやつの時間
4. こうばしい
5. だ・い・す・き
6. 賛母歌
7. 朝も昼も夜も



カバー曲も収録!!

北村早樹子 / 明るみ

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

【価格】
単曲 180円(税込) / アルバム 1,200円(税込)

【Track List】
1. わたしの一角獣
2. ハロー新成人
3. ホーム
4. いただきます
5. 猿のような、
6. 千の針山
7. 解放
8. 夢想花



歌声とピアノの音色だけでも説得力のあるセカンド・アルバム

北村早樹子 / おもかげ

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

【価格】
単曲 180円(税込) / アルバム 1,200円(税込)

【Track List】
1. 歌片 うたかた
2. あやかし
3. いちじく
4. 蜜のあはれ
5. 子ども部屋、
6. 鍋の中
7. 貝のみた夢
8. 星屑と飴



文学少女が紡いだ少女歌集、ファースト・アルバム

北村早樹子 / おもかげ

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3

【価格】
単曲 180円(税込) / アルバム 900円(税込)

【Track List】
1. 歯車に絡まった男の話
2. つくしんぼ
3. やさしさ
4. 約束やぶり
5. 春の熱
6. 万華鏡


LIVE INFORMATION

『わたしのライオン』リリース記念ライヴ
2016年3月20日(日)@東高円寺U.F.O.CLUB
時間 : 開場19:00 開演19:30
料金 : 前売り 2,500円 当日 2,800円(+1ドリンク)
出演 : 北村早樹子 with 大バンド
チケット予約 : U.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて前売りチケット予約受付け中
http://www.ufoclub.jp/

PROFILE

北村早樹子

1985年、大阪府生まれ。

高校生の頃より歌をつくって歌いはじめ、2006年にファースト・アルバム『聴心器』をリリース。以降、『おもかげ』『明るみ』『ガール・ウォーズ』と4枚のアルバムをリリース。白石晃士監督『殺人ワークショップ』や木村文洋監督『へばの』など映画の主題歌をつとめたりもする。また課外活動として、雑誌『溺死ジャーナル』に小説を寄稿したり、『TRASH-UP!!』でコラム連載をしたり、劇団SWANNYや劇団サンプルのお芝居に役者として参加したりもする。

2015年1月ベストアルバム『グレイテスト・ヒッツ』をリリース。
2016年1月に5枚目のアルバム『わたしのライオン』を発売。

>>北村早樹子 Official HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事