誰も知らない回路を作る――橋渡し、初音源をOTOTOY限定で先行配信

その特徴的なユニット名が象徴するように、さまざまなミュージシャンのもつグルーヴを接触させ、誰も知らないような音楽的回路を作り出す。橋本潤(ベース)と渡辺隆雄(トランペット)の2人からなる"橋渡し"の中心にあるのは、そんな哲学だ。ロックやジャズを基調としながらも、あらゆるミュージシャンを招き、常に新たなサウンドに挑んできた彼らが、ついに初の音源『Double Ax』をリリースする。OTOTOYでは、この記念すべきファースト・アルバムを、CD発売に先駆けて配信開始した。数えきれないセッションを経て、ようやく音源として結晶した彼らの挑戦。メンバー2人へのインタヴューとともにお楽しみください。

橋渡し / Double Ax

【配信形態 / 価格】
WAV まとめ購入 : 2,000円 (単曲は各250円)
mp3 まとめ購入 : 2,000円 (単曲は各250円)

【Track List】
01. Ska Junkey
02. Lucky Island
03. Ayatsuri Ningyou
04. Imitazione
05. Shimanagashi
06. Sasabune
07. Q
08. Double Ax
09. Ciboney
10. Jumping high

INTERVIEW : 橋渡し

橋本潤と渡辺隆雄、それぞれの名字の頭をとってつなげて「橋渡し」。はじめは、シンプルに「橋本渡辺」という名義でやろうとしていたそうだが、ちょっとした文字遊びで「橋渡し」という名前になったそうである。横道坊主のベーシストとして活動している橋本と、清志郎バンドやOrquesta Libreのトランペッターとしても活躍する渡辺が、ベースとトランペットという編成(!?)でコンビを組むということ自体、なかなか興味深いことであるが、そこに毎回ゲストを呼び、セッションしながら曲を披露していくということは、かなりエキサイティングなことである。これまで、片山広明、梅津和時、内藤幸也など、名うてのプレイヤーを迎えてライヴを行なってきたが、このたび初の音源化、リリースが決まった。2人の作った曲が、ゲストのプレイによって色を変えてひとつの形になっていくというのは、まさに曲とゲストの橋渡し。あくまでライヴというものが主戦場ではあるが、生きた音楽を鳴らす2人とゲストたちの生々しいサウンドがパッケージされている。2人へのインタヴューとともに、ゆっくりと、そしてじっくりとご堪能いただきたい。

(左から) 渡辺隆雄、橋本潤

インタヴュー&文 : 西澤裕郎

「あんたはそう言うかもしれないけど、俺はこう思ったよ!」ってプレイをしてほしい

――そもそも、お2人の付き合いは長いんですか?

渡辺隆雄 (以下、渡辺) : 2000年に山田晃士のバンドで一緒に音を出したのがきっかけですね。その後、潤さんは横道坊主でロック・ベースを弾いていて、僕はどっちかっていうとジャズ寄りの音楽をすることが多くなって。そんななか、畑が違う2人が中心になって、毎回違うゲストを入れてライヴをやろうということで始めたのが橋渡しです。
橋本潤 (以下、橋本) : 最初のうちは、毎回ゲストに合わせた曲を書いて、ライヴで暴れてもらおうというテーマだったんです。ただ、それだと音として残らないので、今回音源にしようということになって。

――ちなみに、どういうゲストを呼ばれていたんですか?

橋本 : 初回から2人の共通の知り合いのグレースっていう女性にほとんどレギュラーのようにドラムを叩いてもらっていました。あとは、片山(広明)さんだったり、梅津(和時)さんだったり、ロック・フィールドだと内藤幸也くんだったり高木克だったりとか、それまでの知り合いから繋げていきました。

――そもそも、ベースとトランペットっていう2人だけという形態自体、あまり聞いたことがなかったです。

橋本 : コード楽器がいないかわりに、足りないところを毎回好きな人にやってもらえたら、楽しいんじゃないかと思って。だから、最初はゲストのほうが多かったくらいで、本当にフルセットみたいにゲストを呼んでいました(笑)。
渡辺 : 当初、ライヴは年3回ペースだったんですけど、そのゲストに合わせて2人でミーティングして曲を作るっていうのもコンセプトのひとつだったんですよ。ゲストに自分らしさを出しきって活躍してもらうために、こんな曲作ってみようかっていうような。だから曲作りとライヴがひとつになってるんです。

――最初に2人とも畑が違うって仰ってたじゃないですか? 渡辺さんはもともとはクラシック音楽から入られたんですよね。

渡辺 : そうですね。聴くことに関してはクラシックから入って、その後ジャズに行って。ジャズ以降は、一気にロック、ソウル、ワールド・ミュージックに広がっていった感じですかね。

渡辺隆雄

――なにがきっかけでロックを聴くようになったんですか?

渡辺 : 僕の場合はマイルス(・デイヴィス)ですかね。ジャズ・フィールドの人ってあんまりロックのことを好意的には見てないじゃないですか? だから、ジャズとロックを対等に見ているって意味で、マイルスがひとつのきっかけになっていますね。

――ジャズもロックも通られている渡辺さんとしては、ご自身をどういう立ち位置で活動しているプレイヤーだと思いますか。

渡辺 : これまでいろんなバンドもやってきているので、パーカッションをやっていた時期や、鍵盤を弾いてた時期もあるんです。いまはぐるっと1周回ってきたっていうか。トランペットでなにが表現できるかってことを考えていて。僕は饒舌なプレイヤーじゃないので、メロディーの部分でどういうことを人に伝えられるのかなっていうことを大事にしていますし、もっと追究したいと考えています。その部分で言ったら、ジャンルは関係ないと思っていて。ブラジル音楽もここ10年ぐらいやってるんですけど、いろんな音楽の中にいいメロディーとかグルーヴがあるので、それを自分のラッパで伝えられたらいいかなと。

――たしかに1曲目の「Ska Junkey」とか、メロディーが際立ってますもんね。

渡辺 : あれ、実はもとはベースラインだったんです(笑)。

――そうなんですか(笑)?

渡辺 : 潤さんが考えてきたんですよ。

――そうなんですね!

渡辺 : 潤さんはベースラインを最初に考えてくることが多いんですけど、そのベースラインを聴くと、「ああ、いいメロディーだな」と思うんですよ。だから、それがをそのままAメロにしたり、サビのメロディーにしたりして、再びベースラインを他に考えてもらうっていうのが多いんですよね。

――まさかそんな経緯があったとは!! ちなみに、潤さんはどういう音楽から入られたんですか?

橋本 : 基本的にビートルズ、ローリング・ストーンズが好きでした。でも、さっきのナベさんのマイルスじゃないけど、ストーンズを追っかけてみるといろんな方向に向いていて。ブルースから、ブラジル、アフリカ、ジャズにも行こうとしてる感じがすごくおもしろいなと。我々がロックのど真ん中にいると思ってた人たちが、実はいろんなとこに目を向けてるんだなっていうのは、影響を受けたと思います。

橋本潤

――先ほど、ゲストに暴れてほしいって仰ってたじゃないですか? どうしても横道坊主のことが思い浮かんでしまうんですけど、暴れるっていっても違う意味ですよね(笑)?

橋本 : (笑)。自分らしくあってほしいっていうか、「あんたはそう言うかもしれないけど、俺はこう思ったよ!」ってプレイをしてくれたら、すごくおもしろいんじゃないかなって。自分で意味を出してほしいっていうか、暴れてほしいんですよね。
渡辺 : こっちでメンバー揃えて曲を持ってって、じゃあこの曲をこういうふうにやってくださいってやり方じゃなくて、曲は持ってったうえで、「はい。じゃあ好きにやってください」ってことですよね。

自分さえ出せれば、同じことを考えていても違うものになる

――ゲストの方が入ってくると、2人が後ろに引かざるを得ない部分もあると思うんですけど、そういう部分でどういうプレイをされるんでしょう。

橋本 : むしろ僕なんかはベースなんで、真ん中にいくことに慣れてないんですよ。誰かが行こうとしたら「どうぞどうぞ!」っていうスタンスなんですよね(笑)。

――むしろ、ゲストの方が入ることで想像を越えるようなことが起こると。

橋本 : もちろん。そちらのほうが大きいですね。
渡辺 : それがバンドの一番の醍醐味ですよね。

――実際にそういう変化ってレコーディングの際に感じましたか。

渡辺 : それはもちろん。今回のアルバムでも、ゲストが4人いるんですけど、4人とも予測をはるかに上回るプレイをしてくれて。コントロール・ルームで聞いていて、あとからゲストの音が重なって音楽自体がこんなに変わるんだっていうのにはビックリしました。
橋本 : その4人っていうのが、ギタリスト3人とピアニストなんですけど、自分の居場所をわかっているというか。一番いい場所にすぽんっ入っていくんですよね。それがおもしろいなって。
渡辺 : そうそう。最後の曲は全員でやっているんですけど、なにも言わずに譜面を渡して、「ここに全員の音が入るので、あんまり音は埋めないでください」ってことだけお願いして。特に指示しないでやったんですけど、いま潤さんが言ったみたいに、数少ない隙間をうまく一人一人が見つけて自分らしさを出していくんですよ。そのガラリと変わる様子が、絵を書いているみたいでした。水彩画だったら、もともとあった色に赤をたらすと滲んでがらっと色が変わったりするじゃないですか。そういう感じが聴いてておもしろかったですね。
橋本 : ちゃんと顔を出している感じですよね。「あれ、どこにいるんだろう?」じゃなくて、いるべきところにいる。
渡辺 : あと今回のアルバムには入ってないんですけど、長見順さんってギター&ヴォーカルの方が、橋渡しの曲に詩をつけてくれて。そういうことをしてもらうとガラっと変わりますよね。「この曲がそんなふうになってしまうの?」って。それがバンドをやっている一番の醍醐味ですよね。ひとつの素材にいろんな命が注ぎ込まれていくっていう。

(左から) 今井秀明、橋本潤、渡辺隆雄、グレース

――とはいえ、名うてのプレイヤーたちの集まりなので、そのなかで個性を出すっていうのは難しいんじゃないかなと思ったのですが。

橋本 : 結局、自分さえ出せれば、同じことを考えていても自ずと違うものになるじゃないですか。橋渡しに参加してもらっているのは、それができる人たちなので、そういう意味では楽でしたよね。
渡辺 : ギターが3人いるからおもしろかったですよね。2人目でボトルネック(※スライド奏法に使う特殊な道具。酒瓶の首の部分を切り取って作られたことからこう呼ばれる)を使っちゃったから。
橋本 : 実は3人目がスライド奏法が得意な人だったんですよ(笑)。それはそれで違う居場所を探していくことになって、すごくおもしろかった。あえて不自由ななかでやってもらったわけだけど、それがよかったですね。

音楽だからできること、音楽にしかできないことがあると信じている

――こんなことを聞くのも畏れ多いんですけど、お2人が音楽を続けてこられたのってなんでだと思いますか。30歳前後で解散してしまうバンドも少なくないので。

橋本 : 現実的なことを言えば、親が元気だったりってことはありますよね。僕の知り合いの有名なミュージシャンでも、親の介護でやめざるをえなかったりとかするし。そういう意味では周りの人に感謝ですよね。やらせてもらえているっていう。

――なるほど。

橋本 : もちろん、「また新しいもの見つけちゃったよ、どうしよう」っていう興味もあるし、周りの環境に感謝しつつも、興味を失っていないっていうのは大きい。新しいものが出たら聴いてみたいし、知らないこと言われたらすごく悔しい。っていうのが自分のなかでなくなったら、もうダメかなとは思いますけどね。持っているものだけを家で聴くようになっちゃったら、新しいものを作る資格はないんじゃないかなと思います。ただ、それを踏まえたうえで、それを可能にする環境を作ってくれている周りの人に感謝ですね。

ライヴの様子

――環境もそうですけど、音楽に対する好奇心も覚めないと。

橋本 : そうですね。知らないことを言われたら、なんじゃそりゃって聴いてみたくなるし。っていうのがあるうちは、まだまだできると思っています。正直、もうダメかなとか、もういいかなって思ったこともありますけど、でも、「いやいやいや、まだこれ知らないのは悔しい」とか「せめてこれ聴いておかないと」とかっていうのがあって。それがあるうちは、おもしろがれるから。

――渡辺さんはいかがですか。

渡辺 : 大部分は似ているんですけど、最終的には気持ちが続くかどうかだと思うんですね。タイムリーな話題でいくと、サッカーの本田(圭佑)ってガンバ大阪のジュニア・ユースにいたんですけど、当時のコーチとかにしたら全然印象に残っていなくて。それでも小学校の卒業の作文に「ぼくは将来プロのサッカー選手になって、セリエAにいく」って書いていて、実現させてしまった。目立つ選手じゃなかったのに、強い想いを持ち続けてプロになることも、ヨーロッパに渡ることも、セリエAに入ることも全部実現していった。それは自分の気持ちが折れなかったからだと思うんですね。

――はい。

渡辺 : それと僕の場合、両親も健在だから、そういう意味では好きなことやらせてもらえる恵まれた環境だったんだけど、経済的なことを考えたりすると、とても順調に続けてきたわけじゃなくて。どうしようと思っているときでも、とりあえず練習に行ってみるとか、曲を作ってみるとか、次の一歩を踏み出せる自分が常にいたんですよ。音楽が好きだからっていったらそれまでなんだけど、その気持ちが俺はたまたま折れなかった。本田のことでいうと、俺より上手いトランペッターって世の中にたくさんいるんですよ。子どものころから吹いているんですけど、俺より上手いトランペット吹きっていっぱいいたんですよ。だけど、その人たちが続けているかっていうと、そういうわけじゃない。才能あっても辞めていく人はたくさんいるし、辞めないっていうのは、たまたま気持ちが折れなかったってだけなんじゃないですかね。
橋本 : 続け方にもよると思いますけどね。本当に毎日スタジオに入ってっていう生活ではないですから。ふっと俺はこれでいいのかなって思うこともありますけど、やり始めるとそっちのモードに切り替えられるからまだまだやれるかなって。

――いまっていろんな娯楽があるじゃないですか。そのなかで音楽の聴かれ方も変わっていると思うんですけど、そうした状況で、音楽は社会を変えられると思いますか?

渡辺 : それは震災以降ずっと考えていることなんですけど、生活のなかに生きた音楽がどんどんなくなってきているじゃないですか。具体的に言うと、家にステレオがない家庭ってすごく多い。俺たちが子どもの頃って、たいていラジオとかLPとかCDが聴ける環境があったじゃないですか。でもいまってほとんどケータイでしか聴いてないから、そういう意味では、これから社会のなかで音楽がどういう立場になっていくんだろうって考えることは多いですね。

――たしかにそうですね。

渡辺 : あと、震災以降東北に毎年行っているんですけど、音楽だからできること、音楽にしかできないことがあると信じているんですよ。人が生きる勇気をもらうとか、明日もがんばろうって明るい気持ちになれるとか、そういう部分で、経済では計れないんだけど、音楽って人間が生きていくうえで大きなエネルギーになれると思うんですね。ただ、届け方とか、その役割をどうやって果たしていけばいいんだろうっていうのは、ずっと考えていますね。
橋本 : 震災以降、僕は信じられなくなったときがあるんですよね。音楽じゃお腹いっぱいにならないし、食っていけないし。でも、被災した人から一晩中横道を歌ってましたとか聴くと、あ、そういう力のあり方ってあるんだなと思って。実際にお腹はふくれないけど、昔歌っていた歌とかでもすごい力になるんじゃないかって思うんですよね。確かに商売としてはつらいのかもしれないけど、ふとした瞬間に口ずさんでるってことがあれば、すごい力だと思うんですよね。
渡辺 : これからは、本当の豊さがなんなのかってことを考えないといけない時代だと思うんですよ。そこで言うと、音楽の果たせる役割ってあると思うんですよね。

――いろんな取材をするんですけど、こうやってずっと音楽を続けてらっしゃるみなさんの存在って本当に心強いです。ツアーが終わったあとも、橋渡し、ぜひ続けていってほしいです。

橋本 : 絶対に次を作りたいと思っているし、ツアーもほんの狭いエリアしか行けてないので、北だったり南だったり行ってみたいし、どんな人たちに会えるのかっていうのもあるので、楽しみにしていてください。

RECOMMEND

横道坊主 / 悲しみ 月 そして希望

橋本潤が所属するバンド、横道坊主の2013年作。タイトルが示すように、作品のテーマは悲しみと希望。東日本大震災で犠牲になった方たちへの鎮魂、そして復興への願い…。ファンのあいだで人気の「流星」、「High or Low」をはじめ、充実のナンバーを数多く収録した本作は、前作から6年のブランクを経たアルバムながら、バンド史上最高傑作との呼び声も高い一枚。

Orquesta Libre with スガダイロー & タップ・ダンサー / Plays Standards vol.3 -LIVE at PIT INN 2012.06.22-

ドラマーの芳垣安洋が主宰し、渡辺隆雄も参加するプロジェクト、Orquesta Libreの高音質ライヴ音源。スガダイローとタップ・ダンサーをゲストに迎え、「さまざまなジャンルのスタンダード・ナンバーを片っ端からやってみる」というコンセプトのもと、総勢10名のメンバーが縦横無尽にスウィングする。「Creole Love Call」、「Caravan」、「Money Jungle」などを収録。

Date Course Pentagon Royal Garden / 巨星ジーグフェルド 2011.02.20

2011年2月19日、20日に新宿文化センター大ホールで行われたDate Course Pentagon Royal Gardenのライヴ音源をハイレゾ配信。活動再開から間もない時期のライヴながら、バンドとオーディエンスの熱量がぶつかり合い、とてつもない混沌と熱狂を生み出している。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

『Double Ax』発売記念ライヴ!!
2014年2月7日(金) 下北沢 440
開場 / 開演 : 19:00 / 19:30
料金 : 前売 3,000円 / 当日 3,500円 (1ドリンク別)
出演 : 橋渡し(橋本潤、渡辺隆雄、グレース) with 今井秀明(Gt)、酒井泰三(Gt)、高木克(Gt)、吉森信(key)
メール予約 : live@galabox.jp
詳細 : http://www.club251.co.jp/440/ (下北沢 440)

PROFILE

橋渡し
ぶっとい低音で日本のロック・シーンを支えてきた橋本潤(ベース)と、ジャズ、ロック、ブラジル音楽のシーンで存在感を発揮してきた渡辺隆雄(トランペット)。この2人がタッグを組んだ"橋渡し"は、2008年のスタート以来、魂の女性ドラマー、グレースをはじめとする数々の強力なゲスト陣に支えられ、深く、熱く、濃厚な世界を展開する。

>>OFFICIAL HP (Facebook)
>>galabox disx (所属レーベル)

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月22日・【祝・15周年】DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー 2002年9月、「electric / acousticを問わず全てのfree style musicを志を持って無秩序に提示する」をコンセプトに設立されたレーベル、mao。エレクトロニカ、ポストロックの流れを汲むタイトルでスタートしたが、2004年の『Seeds of Dub』のリリースを境にダブの要素を内包したアーティストをメインとした流れに特化。同時にギター・インストゥルメント作品のリリースも開始するなど、広義の意味での「オルタナティヴ」なアーティストを発掘、紹介し続けてきた。 そんなmaoが今年15周年を迎える。レーベル・オーナーの石本聡は、あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーとしてPAを担い、DUBmixをリアルタイムで行うなどライヴでもバリバリ活躍中のミュージシャンでもある。近年はマネジメントを手がけるなどレーベルとしてのあり方をアップデートしていた石本が、2016年に3アーティスト、3作品をmaoからリリースする。しかも、年齢もジャンルも性別も様々。なぜ、このタイミングで石本はmaoを
by 西澤 裕郎
滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界
[CLOSEUP]・2016年07月21日・“なまり”が彩る境界線上のポップス、滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──特別対談 : 川村亘平斎 x Shhhhh OOIOOなどへのガムランでの参加、さらには影絵師としてもceroの「Orphans」のPVにも参加、ワークショップや個展を開催するなど、さまざまな活動を行う川村亘平斎のメイン・ソロ・プロジェクト、滞空時間(便宜上、ソロではあるがほぼ固定のメンバーによるバンド形式)。前作『RAINICHI 来日』から3年振りとなる新作3rdアルバム『ウミトヨル』をこのたび完成させた。ガムランを中心としたアンサンブルながら、いわゆる“ガムラン”のインドネシア古典ではなくどこの国のものともつかない不思議なポップ・ミュージックを奏でる。本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ(24bit/96kHz)で配信。今回から加わったスティール・パン、さらにガムランの倍音、その歌声など、ハイレゾでぜひとも隅々まで聴いて欲しい1作となっております。 今回は本作の道先案内人として、滞空時間の音楽性とも共通する、民族音楽とモダンなダンス・ミュージックをDJで結びつけ、プレゼンし続けるDJのShhhhhに登場してもらい、その魅力を語ってもら
by 河村 祐介
GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月19日・GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー POPから改名し活動中の5人組アイドル・グループGANG PARADEが、改名後初のシングル『WE ARE the IDOL』をリリース。表題曲は松隈ケンタ作曲、ユメノユア作詞によるグループ初のバラード曲。「私たちはアイドルとしてやっていくんだ」という強い意思を表現、歌詞と連動した物語性のある内容となっている。また、カップリング曲「これはきっとaventure」は、田仲圭太作曲、ヤママチミキ作詞のスカチューン。グループの新しい顔を見せる作品に仕上がっている。そんな同作のリリース前日に渋谷WWWで開催されたワンマンライヴを大成功に収めたGANG PARADEだが、メンバーで最年少のシグサワアオが8月5〜7日にかけて開催される〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって脱退することを発表した。OTOTOYでは急遽シグサワアオに取材、脱退インタヴューを掲載、彼女の想いに迫った。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp
by 西澤 裕郎
KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタビュー
[CLOSEUP]・2016年07月20日・KONCOSインタヴュー――〈出会い〉と〈繋がり〉によって生まれた、祝祭感たっぷりのパーティー音楽 元Riddim Saunterの佐藤寛と古川太一によるデュオ、KONCOSがなんと3ピースのバンドに変貌を遂げた。ドラマーの紺野清志が今年4月に正式加入し、新体制となって初のフル・アルバム『Colors & Scale』(通算3作目)は、これまでのポップさにロックなグルーヴが加わり、完全にフロア向けの躍動感ある一枚に仕上がっている。そんな新作について、そして彼らがバンドになるまでの道のりについても、古川にじっくりと語ってもらった。彼の言葉を聞けば、アルバムが聴きたくなると思う。願わくば、ライヴハウスへと足を運んでみてほしい。絶対に最高だから。インタヴュー&文 : 田山雄士 バンド編成になって初となるアルバム。ハイレゾ配信もKONCOS / Colors & Scale'【配信形態 / 価格】【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3価格(24bit/48kHzハイレゾ音源) まとめ購入 2,700円(税込)/ 単曲 324円(税込)価格 まとめ購入 1,851円(
建築作品にインスパイアされた作曲家/ピアニストの中島さち子の2ndアルバム、ハイレゾ配信&三者鼎談
[CLOSEUP]・2016年07月04日・音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信 作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。 今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。 Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence【Track List】01. 光
by JJ
ふくろうず、徳間ジャパン移籍後初アルバム発売記念、オワリカラ・タカハシヒョウリと対談
[CLOSEUP]・2016年07月13日・内田万里(ふくろうず)とタカハシヒョウリ(オワリカラ)が語る「人生における選択の積み重ね」 2010年、東京新宿を中心に「TOKYO NEW WAVE 2010」というシーンが熱い盛り上がりをみせた。オワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に、SuiseiNoboAz、シャムキャッツ、東京カランコロンなど、当時20代前半だった東京の若手バンドを集めたコンピレーション・アルバムもリリースされた。あれから約6年。同時期に頭角を現した2組のバンドーーふくろうずとオワリカラが、徳間ジャパンよりフル・アルバムをリリースした。ふくろうずは2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となるフル・アルバム、オワリカラは待望のメジャー1stアルバムとなる。OTOTOYでは2組の最新アルバムをハイレゾ配信。そしてフロントマンである内田万里とタカハシヒョウリの対談を行った。果たして2組はどのような想いで音楽を紡いでいるのか? それぞれのルーツや想いに迫った。 約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをハイレゾ配信ふくろうず / だって、あたしたちエバーグリーン'【Track List】1. 白いシャトー2. メ
by 西澤 裕郎
huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年07月13日・生きている時間、全部を音楽に注ぎこみたいーーフォークロアを詰め込んだhuenicaの2ndをハイレゾ配信 2012年にギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガー・ソングライター伊藤サチコの2人により結成されたユニット、huenica。独特な声質の2人が重ねるハーモニー、ギターとピアノだけによるアコースティックな温もりから生まれる緻密な音楽にはすべてモデルとなる人物や街が存在し、この時代のフォークロア(民間伝承)として人々の心を動かしている。そして年150本超のツアーをまわる彼らが、前作より約2年、2ndアルバム『田の人と旅の人』を完成させた。自宅スタジオ(huenica Studio)と、愛媛県道後のプライベートスタジオ(Village Hototoguiss studio)でのセルフ・レコーディングで、細部の質感までこだわった本作を1週間先行でハイレゾ配信&1曲フリー・ダウンロード。2人へのインタヴューとともにお届けする。音楽への愛に満ちたその楽曲に触れてみてはいかがだろう。 >>>まずは聴いてみよう!! 「田の人と旅の人」のフリー・ダウンロードはこちら 約2年ぶりとなる2ndアルバ
by 岡本 貴之
Ryo Hamamoto、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月13日・"ロックンロール"という様式美の最先端──Ryo Hamamotoの3rdアルバム、ハイレゾ配信 moools(モールス)やハリネコにて卓越したギタープレイで魅せてきた浜本亮が、バンド名義の前作から4年、ソロ名義"Ryo Hamamoto"としては9年ぶりとなる、3枚目のアルバムを完成させた。 今作に収録されたのは声、ギター、ベース、ドラムという最もシンプルなロック・ミュージックのフォーマットで描かれた全9曲。先行7インチ・シングルに収録された「Last Train Home」、「カリブに配属」が異なるミックスにて、さらに濱田岳主演のショート・フィルム『Miss Fortune』のエンディング・テーマとなった「The Photographer」が新録にて収められた。プロデューサー兼ドラムには盟友、神谷洵平(赤い靴、大橋トリオ、Predawn等)が、ベースにはガリバー鈴木(Predawn等)、ミックスおよびマスタリングは原真人(細野晴臣、大森靖子、ザ・なつやすみバンド等)が参加。高純度で紡がれた楽曲をOTOTOYではハイレゾ配信する。 さらに特集では4年ぶりにインタヴューを敢行。ここから彼を知るという方には是
by 渡辺 裕也
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事