Less Than TV presents『METEO NIGHT 2010』

今年で設立から18年。至宝のレーベルLess Than TVが送る極上の夏祭り、メテオナイトの開催が決定!! 渋谷O-west&O-nestの2会場を舞台に、狂乱のフェスティバルが繰り広げられます!! メテオナイトの開催にあたり、OTOTOYでは、Less Than TV総力特集を実施。さらに、ダウンロード・サイトではどこよりも早く、音源の販売を一挙に開始します!

2010年8月8日(日)@東京 渋谷O-WEST + O-nest(2会場同時開催)
OPEN 12:00 / START 13:00
料金 : 前売 2,500円 / 当日 3,000円
Tシャツ付前売り3,500円(一部店舗のみ取り扱い)

出演 :
ANGEL O.D. / THE BITE / BREAK fAST
COSMIC NEUROSE / デラシネ / Dancebeach
Discharming man(solo) / DODDODO / eastern youth
FLUID / GOD'S GUTS / GROUND COVER.
ギターウルフ / KIRIHITO / HARD CORE DUDE
Limited Express (has gone?) / LOW VISION / MASTER PEACE
neco眠る / NICE VIEW / NERVS
プンクボイ / サイプレス上野とロベルト吉野 / SCREWITHIN
SiNE / STRUGGLE FOR PRIDE / SUPER DUMB
TIALA / v/acation / YOUR SONG IS GOOD


←Tシャツ付前売りのTシャツのデザインはこちら!

Tシャツ付限定前売券取り扱い店 : disk union新宿パンクマーケット / disk union渋谷パンク・ヘヴィメタル館 / disk union下北沢店 / 新宿Nat Records / 高円寺Record Shop BASE / 下高井戸TRASMUNDO / 小岩BUSHBASH


We are from Less Than TV!

一つの点を中心に、強烈な自己を持った猛者たちが、衛生の如くグルグルと回っている。そんな惑星系のごときレーベルが、Less Than TVである。そして、その中心にいるのが、レーベルオーナーの谷口順だ。一体どれだけの人が彼に魅了されてきたことだろう。谷口を慕うバンドマン、Less Than TV企画のイベントに毎回足を運ぶ観客、レーベル以前に彼の人柄に惚れた人はとても多い。筆者もその一人で、Limited Express (has gone?)の取材で谷口家を訪れた際、笑顔で向かい入れてもらった。Limited Express (has gone?)に対するいくつかの質問に、横から補足を入れてくれていたと思ったら、息子の共鳴を連れて奥の部屋へ昼寝に行ってしまった。そして取材が終わった後、GOD'S GUTSのライヴを観るため、谷口の運転で小岩のBUSH BASHへ移動した。ライヴは本当に祝祭的な空間で、谷口は年齢に見合わないとてつもない笑顔でベースを弾いていた。

インターネット環境が整い、世間の価値観が多様化している今、”レーベルの存在意義とは何か?”が問われている。多くのレーベルの中で、独自の色を定着させることは難しい。そんな中でも、Less Than TVはレーベルとしての色を強く持ち、これまで以上に存在意義を高めている。パンク/ハードコア色の強いバンドを多くリリースしているというイメージがあるが、その音楽性がハードコアだとしても、すでに評価が確立されているバンドを認めながら、そこからズレた感覚を持ったバンドに興味を示し積極的に支持する。

一聴すると、「なんだこれ!?」と思う歪みを持つバンドも多いが、それこそがLess Than TVが認めるオリジナリティの証明印である。だからこのレーベル内でジャンル分けという行為は、ほとんど意味をなさない。GOD'S GUTS、プンクボイ、ギターウルフ、デラシネやDODDODOなど、音楽性はバラバラでも、どれだけ自分の表現方法にこだわっているかという点で、彼らは共通している。表面上だけでなく、自分たちにしか出来ない音楽をどれくらい追い求めているかという部分で嘘がない。今なおLess Than TVがレーベルとして強い光を発している一番の理由は、そこに対する鋭い嗅覚を持ち続けているからだろう。

”自分自身のことのみに異常にこだわるバンドをリリースするレーベル”として1992年に設立されたLess Than TVも、今年ですでに18周年を迎えている。未だにLess Than TVを慕ってライヴ・ハウスに足を運ぶ人たちが絶えない。端から見れば、身内感という言葉に置き換えられてしまうかもしれないが、その現場に一体感はあれど、馴れ合いはない。同じ場所を共有してはいるが、常に各バンドが競い合っている。ライヴには一貫してどこかしら緊張感が漂っていて、それがあるから緩んだ空気になることはない。一匹狼のバンドの受け皿として広い間口を持って受け入れるが、そこからどうなるかはそのバンド次第である。それだけに、自分に対する自信と強い精神力を持ったバンドが必然的に多くなる。つまり、Less Than TVからリリースされているバンドは、すべてパンクスだと言っても過言ではない。彼らは、自分の道を自分で切り開いていく。Less Than TVには、その土壌がしっかり敷かれている。

それにしても、音楽性だけ見れば、ハードコア、パンク、打ち込み、スカム、オルタナティヴ、ロックンロールなど、あまりに節操のないくらい幅広いミュージシャンをリリースしている。過去のコンピレーションではGOING STEADYも参加したことがある。これだけ雑多な面子が参加し、なおかつ何の違和感もないレーベルは、全国を見渡してもLess Than TVの他ないだろう。それは谷口順の人柄を反映しているとも言える。これだけ幅広いバンドを受け入れられる懐の深さと、彼を支持するバンドたち、レーベル・スタッフ、リスナー。レーベルとしての深さと広がりを18年かけて積み上げてきたLess Than TVは、自分達にしか出来ない音楽を追い続けてきた日本が世界に誇るレーベルである。そして谷口を中心とした惑星は、ブラックホールや星の塵さえも吸収して今も日々広がり続けている。(text by 西澤裕郎)

Less Than TV NEW INFORMATION

8/3 METEO NIGHT DVD発売

2010.08.03 OUT!!!
METEO NIGHT DVD
ch-70 / 1050yen(in tax)
あのひと夏の悪夢が蘇る。2005年に開催された、レスザンTVによるアンダーグラウンド・ミュージックの祭典“メテオナイト”! 恵比寿〜代官山で15時間ぶっ通しで行われた夏祭りが、まさかの映像化! 緊急発売!

@LIQUID ROOM
idea of a joke / bloodthirsty butchers / イルリメ / herpiano / ECHO / VOLUME DEALERS / BREAKfAST / M.A.G.O. / DEW UNDER / U.G MAN / YOUR SONG IS GOOD

Street LIVE / プンクボイ

UNIT
nemo / ECD & ILLICIT TSUBOI / 赤い疑惑 / STRUGGLE FOR PRIDE / corrosion / デラシネ / サイプレス上野とロベルト吉野 / SUSPIRIA / TEXACO LEATHERMAN / ANGEL O.D.

interview
森川(idea of a joke) / 吉村秀樹(bloodthirsty butchers) / イルリメ / 斧寺カズトシ(ECHO) / 森本雑感(BREAKfAST) / JxJx(YOUR SONG IS GOOD) / ECD / 今里(STRUGGLE FOR PRIDE) / 風間コレヒコ(デラシネ) / やけのはら / プンクボイ

7/21 TIALA new album『DIRTY FLOOR IN BRIGH』発売

小岩から世界へ咆哮し続けるTIALA、待望のフル・レングス・アルバムが全壊で完成!!! 既成の枠組みには到底収まりきれず、どこかハミ出してしまう彼らが、気合いたっぷりに挑んだ今作。変則リズムでループし突き進み、ダンサブルかつカオティックにトランスしまくる、息もつかせぬ音魂を惜しげもなく炸裂。USハードコアをベースにしながらも、パンク〜ハードコア〜カオティック〜アヴァンギャルド〜ニュー・ウェーブ〜ブラック・ミュージック〜ダンス・ミュージックまでをも消化した独自のハードコア・サウンドが、更に奥深い新境地へと進み、新たな可能性を秘めたカオス渦巻く激ナンバー全10曲!!!

1. dirty floor in bright / 2. polartang / 3. EXPENSIVE TALK / 4. 断絶 / 5. write d / 6. my sweet / 7. life on stole / 8. cabs nowhere / 9. no title / 10. quiet time

7/23 TIALA Release Party『ROCK CANDY vol.20』@渋谷O-nest

OPEN 18:00 / START 19:00
料金 : 前売 1,700円 / 当日 2,000円(ドリンク別)
LIVE : TIALA / イルリメ / drumno / COSMIC NEUROSE / SUPER DUMB
DJ : AKIBA(bcc basement/tpx) / BONQ(bcc basement)

7/30 GROUNDCOVER. 『GRHOI PSYCHO BASE Release PARTY』@下北沢 THREE

OPEN / START 20:00 ALL NIGHT !!!
料金 : 2,000円(w/2d)
LIVE : GROUNDCOVER.(PSYCHO BASS VERSION) / GROUNDCOVER.(REAL BASS VERSION) / Ultra Functor(伊東篤宏+Micro Diet) / Limited Express(has gone?) / kuruucrew / PASTA FASTA / nemo / bahAMaba
DJ : FUKUYOKA / たみこ / Pencil-03

さらにOTOTOYでは...

7月末には、カワナミ氏(ex.U.G MAN)のインタビューとch-82以前の過去作品の配信を開始します! お楽しみに。

Discography of Less Than TV

ch-121 GROUNDCOVER. 『PSYCHO BASS』
ch-119 COSMIC NEUROSE『IMEGE DAMN』
ch-118 BLACK GANION『Rest In Peace AI』
ch-117 U.G MAN『AH…GOOD』
ch-115 TIALA×nemo『Fatherfucker's Operation』

ch-114 Suspiria『CRUEL CROSS』
ch-113 MASTERPEACE×STRIKE OUT『FUTURISM』
ch-112 nemo『シンカイシャク55355』
ch-111 Limited Express (has gone?)×DODDODO『S/T』
ch-109 SHIFT×TIALA×deepslauter『more huge tiny』

ch-108 PIGMEN『サヨナラクソ世界』
ch-107 U.G MAN『U.G LAND』
ch-105 ANGEL O.D.『For all the beloved bullshit from the past, present, and future.』
ch-103 NERVS『S/T』
ch-101 SCREWITHIN『Peace as Fuck』

ch-97 ヨルズインザスカイ『YOLZ IN THE SKY』
ch-95 CHARM×U.G MAN『SOME SECRET』
ch-92 SUSPIRIA『PLESURE OF FRANTICO』
ch-89 デラシネ『デラシネ』
ch-88 ANGEL O.D., Low Vision『split』

ch-86 nemo『nemoの見た4つの悪夢』
ch-85 corrosion『cops on logics.』
ch-84 EVIL SCHOOL『THE ESSENCE OF EVIL』
ch-83 TRADEMARKS『trademark』
ch-82 ECHO『Victor Four』

Less Than TV

Less Than TV HP : http://www.lessthan.tv/
Less Than TV Twitter : http://twitter.com/lessthantv
Twitter ハッシュタグ : #LessThanTV

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事