Vampilliaというブラック・ユーモアを鮮やかなハイレゾ世界で

大阪を拠点にしながら、海外での活動も積極的に繰り広げる“ブルータル・オーケストラ”を名乗るバンド、Vampilliaが、日本国内における1stアルバム『my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness』をリリース。元相対性理論の真部脩一も含む10名以上のメンバーが繰り広げる、カオティックで、美しさを伴ったサウンドに中毒者が続出中。戸川純、BiS、ツジコノリコとのフィーチャリングでも話題を呼んだ日本企画盤『The Divine Move』とともに、新しいポップ・ミュージックを提示する本作を、OTOTOYでは先行ハイレゾ配信。それに伴い、リーダーのstartracks for streetdreamsにメール・インタヴューを決行。これを機にVampilliaの世界観に足を踏み入れてみてはいかがだろう? ただし、自己責任でお願いします。

日本国内における1stアルバムを配信先行リリース

Vampillia / my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness

【配信価格】
WAV、FLAC、ALAC(24bit/48kHz) 単曲 200円 / まとめ価格 1,500円
mp3 単曲 200円 / まとめ価格 1,350円

1. my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness
2. ice fist
3. hiuta
4. seijaku
5. storm of the snow
6. anata ni kakaru niji
7. draumur
8. von
9. tui

日本企画盤をハイレゾで

Vampillia / The Divine Move

【配信価格】
WAV、FLAC、ALAC(24bit/48kHz)、mp3 単曲 200円 / まとめ価格 1,500円

1. lilac bombs 戸川純
2. mirror mirror bombs BiS
3. endless summer 2014 feat ツジコノリコ
4. tasogare feat 長谷川裕倫
5. good religion feat mick barr
6. dizziness of the sun feat ツジコノリコ
7. oops we did it again bombs BiS
8. endless (massaka)summer 2014 feat ツジコノリコand真部脩一
9. lilac bombs 戸川純(perfect ending ver)

INTERVIEW : startracks for streetdreams(リーダー)(from Vampillia)

ごめんなさい、Vampilliaのこと、完全に誤解していました。前作がリリースされた際、インタヴューしたライターさんから「Vampilliaをみてトラウマになった」と聞かされていたり、白塗りの田代まさしがMVに登場していたりと、奇抜で危ないことをやるヤツらという印象だけが強く残っていたんです。しかし、先日リリースされた日本企画盤『The Divine Move』を聴いてビックリ。オーケストラルなサウンドに、戸川純、BiS、ツジコノリコらのヴォーカルが加わることで、音のエッセンスが際だち、そのメロディラインのよさも相まって、音が止めても頭のなかにひっかかって消えなくなってしまっていたのです。これはなんだ? と思い、調べてみると、元相対性理論の真部脩一が加入していたり、アイスランドのGREENHOUSE STUDIOにてレコーディングされていたり、元SWANSのjarboeがフィーチャリングボーカルをしていたり、ミックスをVirgin Babylon Recordsのオーナーでもあるworld's end girlfriendがおこなっておりと、もはや興味が止まらなくなってしまいました。そして思いとまらず、メールで質問を投げてしまいました。その返答をみて、ますます興味がわいてきたのです。ぜひ、音源とあわせて彼らの世界に触れてみてください。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎

基本的にはポップ・ミュージックを作ろうとは思っていません

ーー「いいにおいのする」シリーズや、本作でフィーチャリングしているアーティストを拝見するに、Vampilliaというバンドの根本には、ある種の音楽センスのよさ、コアな音楽カルチャーへの造形があると感じます。そこで、リーダーさんの音楽体験を、できるだけ詳しく教えていただけますか?

幼少のころはヒップホップ、プリンス、マイケル・ジャクソン、カルチャークラブと80sメタル、ハードロックのバラードが大好きでした。音楽的な嗜好の原点はフェイスノーモアのepicのアウトロです。あとはmr.bungle、weenから広がるあっちの世界です。特にヘビーメタルは好きではありませんが、ブラックメタルはトータルで一番美しい究極の芸術だと思っています。ここ何年も家ではjohn luther adamsとKanye Westしか聴きません。町歩きの時は相対性理論を聴いています。

ーーリーダーさんは、なぜ音楽をはじめたのでしょう。また、Vampilliaでやりたいことというのはどういうことなのでしょう。

自分自身が聴きたい音楽をつくるってことがVampilliaが存在する理由です。基本的にはリスナーさんのためでなく僕のための音楽です。それが新しいポップスになり、皆様にも気に入ってもらえたらラッキー! な感じです。あらゆる感情、悲しさ、歓びなどが理屈ではなく溢れ出す瞬間を音楽で。だから音楽ではなく現象、体験を創造したいというのが理想に近いのかもしれません。

ーー元・相対性理論の真部脩一さんや、ルインズの吉田達也さん、NICE VIEWの竜巻太郎さんの参加というトピックは大きなことではあると思いますが、興味深いのは、それだけ個性のあるメンバーが一同に介しているにもかかわらず、即興的な楽曲にならず、統一されたいわゆるポップ・ミュージックができているところです。どのようにして楽曲制作、アレンジはおこなわれたのでしょう。

上記の人たちも、基本的には僕のために音楽をつくってくれているので、結果的にVampilliaの音楽になるんだと勝手に思っています。本人達がこれを読んだらいなくなっちゃうかもですね。僕達はものすごーく真面目に丁寧に制作、アレンジしてるつもりなんですが、他所様からみるとすこぶる適当、チャランポランらしいので、もし統一性があると感じて頂けるなら、それは奇跡的な偶然と意図の産物なのでしょう。

ーーなぜこのメンバーでポップ・ミュージックをやろうと思ったのでしょうか? むしろ、アンダーグラウンドに振り切るという形への可能性を感じることはありませんか?

基本的にはポップ・ミュージックを作ろうとは思っていません。Vampilliaがやってることがポップスの中に組み込まれたらいいなとは思っています。ですが、そのために自分たちがやりたくない仕事をしようとは思いませんね。自分たちがアングラだとか、ポップスだとかのくくりはないです。ただ、客観的にみたとき自分たちがどちら側だと思われがちなのかは理解していますよね。そういったものを変えたいのです。

ーー別のインタビューで、「世の中に歌詞ってめっちゃたくさんあるけど、ほとんど僕は共感を覚えないんですよ」と発言されていましたが、共感を覚えなくてもいいような歌詞の聴き方というのも世の中にはあるのではないかと思います。例えば、洋楽を聴くときに歌詞を把握せず楽しんでいることもあるはず。Vampilliaの歌詞において、「共感」というのは必要な要素でしょうか。

だから僕は洋楽が好きなのかもしれませんね。勝手に解釈できるし。ただ、共感はしませんが、その発言が指してるような曲を聴いてオセンチにもなるし、熱い気持ちにもその瞬間はありますよ。ただ後々なんにも残らないだけで。まあいい加減だなこいつと思われるかもですが単純に好みですよね。共感とかそんなおこがましいもんじゃなく。後々までひっかかるかどうか。真部がいってた通り、ある種の毒みたいな。

やっぱ僕バンドマン嫌いですね。おもんないやつが多すぎる

ーー「bombs」シリーズについて教えてください。「VampilliaがJ-POP産業に挑戦するコンセプト」ということですが、なぜ「J-POP産業に挑戦」しようと思ったのでしょう。また、リーダーさんが考えるJ-POP産業とはどういうものなのでしょう。

これもすごくいい加減で、ただそれっぽくない? ってだけですよね(笑)。でも最初に言った通りポップスの範囲を広げたいので。J-POPはたまに奇跡が起きますがほとんどが産業的、つまりお仕事っぽいものがほとんどじゃないですか? どう考えてもお仕事っぽくないものが仕事っぽいものを脅かしてみたい。昔のototoyさんのインタヴューでもいいましたが、嫌がらせですよね。あと産業的なJ-POPにも僕はやっぱりガンガン泣くんですよ。会いたくて震えるんだーって。だから嫌いではないんですよ。ただ別に残らない。

ーーJ-POP産業に挑戦することで、どういう結果を期待されていますか? また、それによりVampilliaの作る音楽にどういう変化があると思いますか?

自分たちのやることに変化はきっとないでしょうが、期待してるのはバカバカしいことをやる予算が増えることです。僕達は自分らのことをかなりのDIYバンドなんじゃないかと思っているんですよね。DIYをうたってるどんなバンドよりも。やりたいことをひたすら自分らでやるって意味で。だからもうちょっと余裕もってDIYしたい(笑)。レーベルはやってないけど(笑)。

ーーリーダーさんは、かなりセルフ・プロデュース能力が高い方だと思っております、音楽以外でなにかをプロデュースされたことはありますか。

そんなことは全くもってないです。表にたたない人間にセルフ・プロデュースって! バンドでも無駄ばっかです!! プロデュースっていえば一昨年女子高生のブラック・メタル・バンドを結成しました。むちゃくちゃ可愛い二人組の。普通はバンドなんてやらないレベルの可愛さ(笑)! で、最初の話し合いから「後々絶対バンドってもめんねやんかー、だからそうなっても割りきってな。仕事として頼むで」ゆうて。そんで合宿とかやって曲つくって、めっちゃ(かわ)いいやんてなった2ヶ月後に、一人の子の彼氏がもう一人のメンバーの子に手だそうとして、もめて終わりました。その彼氏もやっぱバンドマンやって。やっぱ僕バンドマン嫌いですね。おもんないやつが多すぎる。会ったことないけど、どうせそいつも声が高いんですよ。めぐまれなかった思春期をバンドやって見返すみたいな。羨ましい(笑)。

ーー音楽をやるうえで、楽曲制作以外に必要とされているもの、大切にされていることがありましたら教えてください。

どんだけ深いところに行っても最終的に全部含めて笑い飛ばせるってことですね。だからユーモアですね。

ーー最後の質問です。音楽で変えれるものがあるとしたら、それはなんだと思いますか。

バンドやって売れたらどんな不細工でもモテるようになるってことじゃないですか。

RECOMMEND

BiS / WHO KiLLED IDOL?

7月8日、横浜アリーナでの解散が決まったBiSのラスト・アルバムが完成。Dorothy Little Happyとの共作で話題を呼んだ「GET YOU」をはじめ、「BiSimulation」、「Hide out cut」、「DiE」、「MURA-MURA」、「Fly」、「Hi」、「STUPiG」といったシングル収録曲を網羅。さらに、冒頭曲「primal.2」では、HISASHI(GLAY)がギターで参加!! 最終曲では、THE YELLOW MONKEYの「プライマル。」をカヴァー。もちろん新録曲も7曲収録。まさに、異端アイドルBiSの世界観が詰まったロック・アルバム。

>>特集ページはこちら

Tyme. X Tujiko / GYU(24bit/48kHz)

アルバムごとに進化していく、フランス在住の女性音響 / エクスペリメンタル・ポップ・ミュージシャン、ツジコ・ノリコのオリジナルな歌世界にヤマダタツヤ aka Tyme.(MAS)の緻密で豪快なビート感が注ぎ込まれた圧倒的アルバムが完成。Tyme.の不可思議な派手さのあるトラックと、Tujiko Norikoのいつになくポップなメロディが重なり合った、暗くも明るい、踊りながらの年末 / 年始ムード。「階段から転げ落ちる」ツジコと「ハートをギュンギュンいわせる」Tyme. の強力なコンビネーションにカラダが動き、ハートが “ギュー”となってしまう。 2011年最後に大傑作アルバムが到着! 2人の長年の盟友PPAも参加しています。

>>特集ページはこちら

world's end girlfriend / SEVEN IDIOTS

world's end girlfriend自身のレーベル・Virgin Babylon Recordsリリース第一弾となる本作は、最初にAメロ / Bメロ / サビという一般的な形式の唄ものを作曲し、その後、ヴォーカル・パートを完全に消去。残されたトラックに破壊と構築を繰り返し施し作り上げられたもの。異様な緻密さの打ち込み(プログラミング)、美しきストリングス、フリーキーなサックス、強力でカラフルなギター… 幾千幾万の音が渾然一体となって鳴り響きます。これまでのイメージを自らの手で壊しにかかった、異形のポップ・ミュージック・アルバム。

>>特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

Virgin Babylon Night 2
2014年5月4日@(日)渋谷 WWW
出演 : Vampillia / world's end girlfriend & POLTERGEIST ensemble / Go-qualia / bronbaba / BOOL / MINUS_3

2014年5月31日(土)@大阪 難波ロケッツ
出演 : Vampillia / OVUM / Aureole / Yasushi Yoshida / boneville occident / Eadonmm(dj)

いいにおいのするはじめてのレコ発
2014年6月6日(金)@渋谷WWW
出演 : Vampillia bombs 戸川純 / Vampillia bombs BiS / BiS / iiP / 西村ひよこちゃん

PROFILE

Vampillia

Vampillia(ヴァンピリア)は、タスマニアギター、ノイズギター、魂だけファンキーベース、ピアノ、ストリングス、オペラのVelladon、きこりの恋幟モンゴロイド、ツインドラムの吉田達也(Ruins)と竜巻太郎(NICE VIEW、TURTLE ISLAND)、新メンバーの真部脩一ら10人(ときにはサポートなども含めた、それ以上)のメンバーからなるブルータル・オーケストラである。

2005年に大阪で結成され、結成当初は元ボアダムズの吉川豊人が在籍した。

彼らの精力的な活動の足跡を辿れば、元SwansのJarboe / Merzbow / μ-ziq / Nadjaなど、今までに何らかの形でコラボーレションした有名アーティストは数多く、他にもVincent Gallo / Jim O'Rourke / GANG GANG DANCE / Ariel Pink / Alcest / Atras Sound / ARAB STRAP / toe / World's End Girlfriend / Masonna / Boris / Melt Bananaなど、錚々たるアーティストたちとの対バンを果たしている。

>>>Vampillia HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!
[CLOSEUP]・2016年07月27日・「まだあまり歌われていない愛がある気がして」──坂本慎太郎の3rdソロ、ついにハイレゾ配信 前作から2年、坂本慎太郎の新作『できれば愛を』がここにリリースされた。なんと今回は初のハイレゾ配信も! しかもカセット・テープも含む主要全5フォーマットで同時リリースだとか。新作はどっしりとしたドラムとベースと坂本慎太郎ワールドとしか言いようのない、ユーモアとシリアスがミックスされた世界観が横たわっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ版(24bit/48kHz)で配信するとともに、ハイレゾ配信では唯一となる歌詞ブックレットPDF付き! さらに『できれば愛を』という意味深なタイトルをつけた坂本慎太郎本人のインタヴューをお届けしよう。 ハイレゾ版(24bit/48kHz)にはアルバムまとめ買い特典として歌詞ブックレットPDFが付属坂本慎太郎 / できれば愛を'【Track List】01. できれば愛を02. 超人大会03. べつの星04. 鬼退治05. 動物らしく06. 死にませんが?07. 他人08. マヌケだね09. ディスコって10. いる【配信形態 / 価格】【左】24bit/28kHz WAV / ALA
by 河村 祐介
女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月24日・エレガントなストリート・ミュージックを──女流ニューポップの大本命、大比良瑞希の1stアルバム ヨーロピアンなテイストを下地にジャンルレスに取り込まれた斬新なエッセンスとロマンティックなムードで惹きつけ、イタリア電機メーカー「デロンギ」のCMソングに起用されるなど注目を浴びていたバンド、ヘウレーカ。2014年に活動休止後、その中心人物である大比良瑞希がソロ活動を開始したのが2015年初頭のこと。1stミニ・アルバム『LIP NOISE』リリース後に公開されたPVから話題が広がり、FUJI ROCK FESTIVA‘L 15の出演をはじめ、tofubeatsやLUCKY TAPESの楽曲におけるコーラス参加などで"大比良瑞希"としての活動を広めてきた。 そして7月、満を持してリリースされたのが1stフル・アルバム『TRUE ROMANCE』。ラグジュアリーなアーバン・メロウからウェットなフォーク・ミュージックまで、より洗練された内容は彼女の才覚を感じさせるものとなった。 特集においては大比良と共に前作に引き続きプロデュースを手がけている作曲家 / チェリストの伊藤修平を呼び、彼女たちの目指すところ、その意思を
by JJ
DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月22日・【祝・15周年】DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー 2002年9月、「electric / acousticを問わず全てのfree style musicを志を持って無秩序に提示する」をコンセプトに設立されたレーベル、mao。エレクトロニカ、ポストロックの流れを汲むタイトルでスタートしたが、2004年の『Seeds of Dub』のリリースを境にダブの要素を内包したアーティストをメインとした流れに特化。同時にギター・インストゥルメント作品のリリースも開始するなど、広義の意味での「オルタナティヴ」なアーティストを発掘、紹介し続けてきた。 そんなmaoが今年15周年を迎える。レーベル・オーナーの石本聡は、あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーとしてPAを担い、DUBmixをリアルタイムで行うなどライヴでもバリバリ活躍中のミュージシャンでもある。近年はマネジメントを手がけるなどレーベルとしてのあり方をアップデートしていた石本が、2016年に3アーティスト、3作品をmaoからリリースする。しかも、年齢もジャンルも性別も様々。なぜ、このタイミングで石本はmaoを
by 西澤 裕郎
滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界
[CLOSEUP]・2016年07月21日・“なまり”が彩る境界線上のポップス、滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──特別対談 : 川村亘平斎 x Shhhhh OOIOOなどへのガムランでの参加、さらには影絵師としてもceroの「Orphans」のPVにも参加、ワークショップや個展を開催するなど、さまざまな活動を行う川村亘平斎のメイン・ソロ・プロジェクト、滞空時間(便宜上、ソロではあるがほぼ固定のメンバーによるバンド形式)。前作『RAINICHI 来日』から3年振りとなる新作3rdアルバム『ウミトヨル』をこのたび完成させた。ガムランを中心としたアンサンブルながら、いわゆる“ガムラン”のインドネシア古典ではなくどこの国のものともつかない不思議なポップ・ミュージックを奏でる。本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ(24bit/96kHz)で配信。今回から加わったスティール・パン、さらにガムランの倍音、その歌声など、ハイレゾでぜひとも隅々まで聴いて欲しい1作となっております。 今回は本作の道先案内人として、滞空時間の音楽性とも共通する、民族音楽とモダンなダンス・ミュージックをDJで結びつけ、プレゼンし続けるDJのShhhhhに登場してもらい、その魅力を語ってもら
by 河村 祐介
GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月19日・GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー POPから改名し活動中の5人組アイドル・グループGANG PARADEが、改名後初のシングル『WE ARE the IDOL』をリリース。表題曲は松隈ケンタ作曲、ユメノユア作詞によるグループ初のバラード曲。「私たちはアイドルとしてやっていくんだ」という強い意思を表現、歌詞と連動した物語性のある内容となっている。また、カップリング曲「これはきっとaventure」は、田仲圭太作曲、ヤママチミキ作詞のスカチューン。グループの新しい顔を見せる作品に仕上がっている。そんな同作のリリース前日に渋谷WWWで開催されたワンマンライヴを大成功に収めたGANG PARADEだが、メンバーで最年少のシグサワアオが8月5〜7日にかけて開催される〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって脱退することを発表した。OTOTOYでは急遽シグサワアオに取材、脱退インタヴューを掲載、彼女の想いに迫った。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp
by 西澤 裕郎
KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタビュー
[CLOSEUP]・2016年07月20日・KONCOSインタヴュー――〈出会い〉と〈繋がり〉によって生まれた、祝祭感たっぷりのパーティー音楽 元Riddim Saunterの佐藤寛と古川太一によるデュオ、KONCOSがなんと3ピースのバンドに変貌を遂げた。ドラマーの紺野清志が今年4月に正式加入し、新体制となって初のフル・アルバム『Colors & Scale』(通算3作目)は、これまでのポップさにロックなグルーヴが加わり、完全にフロア向けの躍動感ある一枚に仕上がっている。そんな新作について、そして彼らがバンドになるまでの道のりについても、古川にじっくりと語ってもらった。彼の言葉を聞けば、アルバムが聴きたくなると思う。願わくば、ライヴハウスへと足を運んでみてほしい。絶対に最高だから。インタヴュー&文 : 田山雄士 バンド編成になって初となるアルバム。ハイレゾ配信もKONCOS / Colors & Scale'【配信形態 / 価格】【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3価格(24bit/48kHzハイレゾ音源) まとめ購入 2,700円(税込)/ 単曲 324円(税込)価格 まとめ購入 1,851円(
建築作品にインスパイアされた作曲家/ピアニストの中島さち子の2ndアルバム、ハイレゾ配信&三者鼎談
[CLOSEUP]・2016年07月04日・音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信 作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。 今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。 Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence【Track List】01. 光
by JJ
ふくろうず、徳間ジャパン移籍後初アルバム発売記念、オワリカラ・タカハシヒョウリと対談
[CLOSEUP]・2016年07月13日・内田万里(ふくろうず)とタカハシヒョウリ(オワリカラ)が語る「人生における選択の積み重ね」 2010年、東京新宿を中心に「TOKYO NEW WAVE 2010」というシーンが熱い盛り上がりをみせた。オワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に、SuiseiNoboAz、シャムキャッツ、東京カランコロンなど、当時20代前半だった東京の若手バンドを集めたコンピレーション・アルバムもリリースされた。あれから約6年。同時期に頭角を現した2組のバンドーーふくろうずとオワリカラが、徳間ジャパンよりフル・アルバムをリリースした。ふくろうずは2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となるフル・アルバム、オワリカラは待望のメジャー1stアルバムとなる。OTOTOYでは2組の最新アルバムをハイレゾ配信。そしてフロントマンである内田万里とタカハシヒョウリの対談を行った。果たして2組はどのような想いで音楽を紡いでいるのか? それぞれのルーツや想いに迫った。 約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをハイレゾ配信ふくろうず / だって、あたしたちエバーグリーン'【Track List】1. 白いシャトー2. メ
by 西澤 裕郎
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事