Vampilliaというブラック・ユーモアを鮮やかなハイレゾ世界で

大阪を拠点にしながら、海外での活動も積極的に繰り広げる“ブルータル・オーケストラ”を名乗るバンド、Vampilliaが、日本国内における1stアルバム『my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness』をリリース。元相対性理論の真部脩一も含む10名以上のメンバーが繰り広げる、カオティックで、美しさを伴ったサウンドに中毒者が続出中。戸川純、BiS、ツジコノリコとのフィーチャリングでも話題を呼んだ日本企画盤『The Divine Move』とともに、新しいポップ・ミュージックを提示する本作を、OTOTOYでは先行ハイレゾ配信。それに伴い、リーダーのstartracks for streetdreamsにメール・インタヴューを決行。これを機にVampilliaの世界観に足を踏み入れてみてはいかがだろう? ただし、自己責任でお願いします。

日本国内における1stアルバムを配信先行リリース

Vampillia / my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness

【配信価格】
WAV、FLAC、ALAC(24bit/48kHz) 単曲 200円 / まとめ価格 1,500円
mp3 単曲 200円 / まとめ価格 1,350円

1. my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness
2. ice fist
3. hiuta
4. seijaku
5. storm of the snow
6. anata ni kakaru niji
7. draumur
8. von
9. tui

日本企画盤をハイレゾで

Vampillia / The Divine Move

【配信価格】
WAV、FLAC、ALAC(24bit/48kHz)、mp3 単曲 200円 / まとめ価格 1,500円

1. lilac bombs 戸川純
2. mirror mirror bombs BiS
3. endless summer 2014 feat ツジコノリコ
4. tasogare feat 長谷川裕倫
5. good religion feat mick barr
6. dizziness of the sun feat ツジコノリコ
7. oops we did it again bombs BiS
8. endless (massaka)summer 2014 feat ツジコノリコand真部脩一
9. lilac bombs 戸川純(perfect ending ver)

INTERVIEW : startracks for streetdreams(リーダー)(from Vampillia)

ごめんなさい、Vampilliaのこと、完全に誤解していました。前作がリリースされた際、インタヴューしたライターさんから「Vampilliaをみてトラウマになった」と聞かされていたり、白塗りの田代まさしがMVに登場していたりと、奇抜で危ないことをやるヤツらという印象だけが強く残っていたんです。しかし、先日リリースされた日本企画盤『The Divine Move』を聴いてビックリ。オーケストラルなサウンドに、戸川純、BiS、ツジコノリコらのヴォーカルが加わることで、音のエッセンスが際だち、そのメロディラインのよさも相まって、音が止めても頭のなかにひっかかって消えなくなってしまっていたのです。これはなんだ? と思い、調べてみると、元相対性理論の真部脩一が加入していたり、アイスランドのGREENHOUSE STUDIOにてレコーディングされていたり、元SWANSのjarboeがフィーチャリングボーカルをしていたり、ミックスをVirgin Babylon Recordsのオーナーでもあるworld's end girlfriendがおこなっておりと、もはや興味が止まらなくなってしまいました。そして思いとまらず、メールで質問を投げてしまいました。その返答をみて、ますます興味がわいてきたのです。ぜひ、音源とあわせて彼らの世界に触れてみてください。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎

基本的にはポップ・ミュージックを作ろうとは思っていません

ーー「いいにおいのする」シリーズや、本作でフィーチャリングしているアーティストを拝見するに、Vampilliaというバンドの根本には、ある種の音楽センスのよさ、コアな音楽カルチャーへの造形があると感じます。そこで、リーダーさんの音楽体験を、できるだけ詳しく教えていただけますか?

幼少のころはヒップホップ、プリンス、マイケル・ジャクソン、カルチャークラブと80sメタル、ハードロックのバラードが大好きでした。音楽的な嗜好の原点はフェイスノーモアのepicのアウトロです。あとはmr.bungle、weenから広がるあっちの世界です。特にヘビーメタルは好きではありませんが、ブラックメタルはトータルで一番美しい究極の芸術だと思っています。ここ何年も家ではjohn luther adamsとKanye Westしか聴きません。町歩きの時は相対性理論を聴いています。

ーーリーダーさんは、なぜ音楽をはじめたのでしょう。また、Vampilliaでやりたいことというのはどういうことなのでしょう。

自分自身が聴きたい音楽をつくるってことがVampilliaが存在する理由です。基本的にはリスナーさんのためでなく僕のための音楽です。それが新しいポップスになり、皆様にも気に入ってもらえたらラッキー! な感じです。あらゆる感情、悲しさ、歓びなどが理屈ではなく溢れ出す瞬間を音楽で。だから音楽ではなく現象、体験を創造したいというのが理想に近いのかもしれません。

ーー元・相対性理論の真部脩一さんや、ルインズの吉田達也さん、NICE VIEWの竜巻太郎さんの参加というトピックは大きなことではあると思いますが、興味深いのは、それだけ個性のあるメンバーが一同に介しているにもかかわらず、即興的な楽曲にならず、統一されたいわゆるポップ・ミュージックができているところです。どのようにして楽曲制作、アレンジはおこなわれたのでしょう。

上記の人たちも、基本的には僕のために音楽をつくってくれているので、結果的にVampilliaの音楽になるんだと勝手に思っています。本人達がこれを読んだらいなくなっちゃうかもですね。僕達はものすごーく真面目に丁寧に制作、アレンジしてるつもりなんですが、他所様からみるとすこぶる適当、チャランポランらしいので、もし統一性があると感じて頂けるなら、それは奇跡的な偶然と意図の産物なのでしょう。

ーーなぜこのメンバーでポップ・ミュージックをやろうと思ったのでしょうか? むしろ、アンダーグラウンドに振り切るという形への可能性を感じることはありませんか?

基本的にはポップ・ミュージックを作ろうとは思っていません。Vampilliaがやってることがポップスの中に組み込まれたらいいなとは思っています。ですが、そのために自分たちがやりたくない仕事をしようとは思いませんね。自分たちがアングラだとか、ポップスだとかのくくりはないです。ただ、客観的にみたとき自分たちがどちら側だと思われがちなのかは理解していますよね。そういったものを変えたいのです。

ーー別のインタビューで、「世の中に歌詞ってめっちゃたくさんあるけど、ほとんど僕は共感を覚えないんですよ」と発言されていましたが、共感を覚えなくてもいいような歌詞の聴き方というのも世の中にはあるのではないかと思います。例えば、洋楽を聴くときに歌詞を把握せず楽しんでいることもあるはず。Vampilliaの歌詞において、「共感」というのは必要な要素でしょうか。

だから僕は洋楽が好きなのかもしれませんね。勝手に解釈できるし。ただ、共感はしませんが、その発言が指してるような曲を聴いてオセンチにもなるし、熱い気持ちにもその瞬間はありますよ。ただ後々なんにも残らないだけで。まあいい加減だなこいつと思われるかもですが単純に好みですよね。共感とかそんなおこがましいもんじゃなく。後々までひっかかるかどうか。真部がいってた通り、ある種の毒みたいな。

やっぱ僕バンドマン嫌いですね。おもんないやつが多すぎる

ーー「bombs」シリーズについて教えてください。「VampilliaがJ-POP産業に挑戦するコンセプト」ということですが、なぜ「J-POP産業に挑戦」しようと思ったのでしょう。また、リーダーさんが考えるJ-POP産業とはどういうものなのでしょう。

これもすごくいい加減で、ただそれっぽくない? ってだけですよね(笑)。でも最初に言った通りポップスの範囲を広げたいので。J-POPはたまに奇跡が起きますがほとんどが産業的、つまりお仕事っぽいものがほとんどじゃないですか? どう考えてもお仕事っぽくないものが仕事っぽいものを脅かしてみたい。昔のototoyさんのインタヴューでもいいましたが、嫌がらせですよね。あと産業的なJ-POPにも僕はやっぱりガンガン泣くんですよ。会いたくて震えるんだーって。だから嫌いではないんですよ。ただ別に残らない。

ーーJ-POP産業に挑戦することで、どういう結果を期待されていますか? また、それによりVampilliaの作る音楽にどういう変化があると思いますか?

自分たちのやることに変化はきっとないでしょうが、期待してるのはバカバカしいことをやる予算が増えることです。僕達は自分らのことをかなりのDIYバンドなんじゃないかと思っているんですよね。DIYをうたってるどんなバンドよりも。やりたいことをひたすら自分らでやるって意味で。だからもうちょっと余裕もってDIYしたい(笑)。レーベルはやってないけど(笑)。

ーーリーダーさんは、かなりセルフ・プロデュース能力が高い方だと思っております、音楽以外でなにかをプロデュースされたことはありますか。

そんなことは全くもってないです。表にたたない人間にセルフ・プロデュースって! バンドでも無駄ばっかです!! プロデュースっていえば一昨年女子高生のブラック・メタル・バンドを結成しました。むちゃくちゃ可愛い二人組の。普通はバンドなんてやらないレベルの可愛さ(笑)! で、最初の話し合いから「後々絶対バンドってもめんねやんかー、だからそうなっても割りきってな。仕事として頼むで」ゆうて。そんで合宿とかやって曲つくって、めっちゃ(かわ)いいやんてなった2ヶ月後に、一人の子の彼氏がもう一人のメンバーの子に手だそうとして、もめて終わりました。その彼氏もやっぱバンドマンやって。やっぱ僕バンドマン嫌いですね。おもんないやつが多すぎる。会ったことないけど、どうせそいつも声が高いんですよ。めぐまれなかった思春期をバンドやって見返すみたいな。羨ましい(笑)。

ーー音楽をやるうえで、楽曲制作以外に必要とされているもの、大切にされていることがありましたら教えてください。

どんだけ深いところに行っても最終的に全部含めて笑い飛ばせるってことですね。だからユーモアですね。

ーー最後の質問です。音楽で変えれるものがあるとしたら、それはなんだと思いますか。

バンドやって売れたらどんな不細工でもモテるようになるってことじゃないですか。

RECOMMEND

BiS / WHO KiLLED IDOL?

7月8日、横浜アリーナでの解散が決まったBiSのラスト・アルバムが完成。Dorothy Little Happyとの共作で話題を呼んだ「GET YOU」をはじめ、「BiSimulation」、「Hide out cut」、「DiE」、「MURA-MURA」、「Fly」、「Hi」、「STUPiG」といったシングル収録曲を網羅。さらに、冒頭曲「primal.2」では、HISASHI(GLAY)がギターで参加!! 最終曲では、THE YELLOW MONKEYの「プライマル。」をカヴァー。もちろん新録曲も7曲収録。まさに、異端アイドルBiSの世界観が詰まったロック・アルバム。

>>特集ページはこちら

Tyme. X Tujiko / GYU(24bit/48kHz)

アルバムごとに進化していく、フランス在住の女性音響 / エクスペリメンタル・ポップ・ミュージシャン、ツジコ・ノリコのオリジナルな歌世界にヤマダタツヤ aka Tyme.(MAS)の緻密で豪快なビート感が注ぎ込まれた圧倒的アルバムが完成。Tyme.の不可思議な派手さのあるトラックと、Tujiko Norikoのいつになくポップなメロディが重なり合った、暗くも明るい、踊りながらの年末 / 年始ムード。「階段から転げ落ちる」ツジコと「ハートをギュンギュンいわせる」Tyme. の強力なコンビネーションにカラダが動き、ハートが “ギュー”となってしまう。 2011年最後に大傑作アルバムが到着! 2人の長年の盟友PPAも参加しています。

>>特集ページはこちら

world's end girlfriend / SEVEN IDIOTS

world's end girlfriend自身のレーベル・Virgin Babylon Recordsリリース第一弾となる本作は、最初にAメロ / Bメロ / サビという一般的な形式の唄ものを作曲し、その後、ヴォーカル・パートを完全に消去。残されたトラックに破壊と構築を繰り返し施し作り上げられたもの。異様な緻密さの打ち込み(プログラミング)、美しきストリングス、フリーキーなサックス、強力でカラフルなギター… 幾千幾万の音が渾然一体となって鳴り響きます。これまでのイメージを自らの手で壊しにかかった、異形のポップ・ミュージック・アルバム。

>>特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

Virgin Babylon Night 2
2014年5月4日@(日)渋谷 WWW
出演 : Vampillia / world's end girlfriend & POLTERGEIST ensemble / Go-qualia / bronbaba / BOOL / MINUS_3

2014年5月31日(土)@大阪 難波ロケッツ
出演 : Vampillia / OVUM / Aureole / Yasushi Yoshida / boneville occident / Eadonmm(dj)

いいにおいのするはじめてのレコ発
2014年6月6日(金)@渋谷WWW
出演 : Vampillia bombs 戸川純 / Vampillia bombs BiS / BiS / iiP / 西村ひよこちゃん

PROFILE

Vampillia

Vampillia(ヴァンピリア)は、タスマニアギター、ノイズギター、魂だけファンキーベース、ピアノ、ストリングス、オペラのVelladon、きこりの恋幟モンゴロイド、ツインドラムの吉田達也(Ruins)と竜巻太郎(NICE VIEW、TURTLE ISLAND)、新メンバーの真部脩一ら10人(ときにはサポートなども含めた、それ以上)のメンバーからなるブルータル・オーケストラである。

2005年に大阪で結成され、結成当初は元ボアダムズの吉川豊人が在籍した。

彼らの精力的な活動の足跡を辿れば、元SwansのJarboe / Merzbow / μ-ziq / Nadjaなど、今までに何らかの形でコラボーレションした有名アーティストは数多く、他にもVincent Gallo / Jim O'Rourke / GANG GANG DANCE / Ariel Pink / Alcest / Atras Sound / ARAB STRAP / toe / World's End Girlfriend / Masonna / Boris / Melt Bananaなど、錚々たるアーティストたちとの対バンを果たしている。

>>>Vampillia HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて
[CLOSEUP]・2017年03月10日・Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて 2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。 ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタートEspecia / Wizard'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)【
by 西澤 裕郎
strange world's end、渾身の2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年03月23日・心の闇を突き破る、現代のエモーショナルロックーーstrange world's end、渾身の2ndアルバムに迫る 2017年に結成10周年を迎えたオルタナティヴ・ロック・バンド、strange world's end。オリジナル・メンバーである飯田カヅキ(Vo,Gt)、平マサト(Ba)の2人に、不遣ノ雨のフルカワリュウイチ(Dr)をサポート・メンバーとして迎え、2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』を完成させた。現代に生きる様々な人間の生々しい感情をストレートに表現した歌詞世界と、瑞々しいロック・サウンドで、リスナーの心の闇を揺さぶる問題作。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、そしてメンバーへのインタヴューを敢行した。 渾身の2ndアルバムをハイレゾ配信スタートstrange world's end / やっぱり、お前が死ねばいい。(24bit/96kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. 敗北2.接触3.無知の感染4.カレイドスコープ5.残念6.喪失7.終了8.コロニー9.発狂の渦10.
by 西澤 裕郎
成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースされる。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイ、新シングルを予約受付中! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 1,080円
京都発ギリシャラブ、初のフル・アルバム・リリース&インタビュー
[CLOSEUP]・2017年03月15日・より一層多様に花開いた音楽性──ギリシャラブが初のフル・アルバムをリリース 多くのアーティスト、クリエイターたちが活躍する京都の音楽シーン。そんな京都インディー・シーンの新星「ギリシャラブ」が1stフル・アルバムをリリース。本作にはプロデューサーとして、同じく京都の音楽シーンで活躍をしている、本日休演の岩出拓十郎を迎えた。今回はリリースにあたって峯大貴による、天川悠雅(ヴォーカル、パーカッション)へのメール・インタビューを敢行。バンド結成から現在までの活動、彼らが活躍する京都という街について語ってくれた。 ギリシャラブの1stフル・アルバム ギリシャラブ / イッツ・オンリー・ア・ジョーク'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC、MP3>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 162円(税込) / アルバム 1782円(税込)【収録曲】1. 竜骨の上で2. つつじの蜜 3. 夜の太陽4. セックス5. 機械 6. ヒモ7. パリ、フランス8. よろこびのうた9. パリ、兵庫 10. イッツ・オンリー・ア・ジョーク11. ギリシャより愛をこめて INTERVIEW : ギリ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事