もう止まらないネギ!!ーーNegicco、レキシ、MEG、長谷泰宏が参加した2015年初シングルをハイレゾ配信!!

新潟在住の3人組ガールズ・グループ、Negiccoが、2015年1発目のシングルをリリース。「ねぇバーディア」は、レキシの池田貴史が作詞、作曲、編曲、サウンド・プロデュースを手がけた軽快でキラキラしたポップ・ナンバーに。「おやすみ」は、Negiccoのプロデューサー・connieの楽曲を、MEGが作詞、長谷泰宏(ユメトコスメ)が編曲で参加したバラード・ナンバーになっている。また、松井寛による「Summer Breeze(Royal Mirrorball remix)」など、3曲のリミックスも収録。8月16日には東京・日比谷野外大音楽堂にてワンマン・ライヴも控えるNegiccoの楽曲をインタヴューとともに、ハイレゾでじっくりとご堪能ください!

Negicco / ねぇバーディア(24bit/48kHz)

【配信形態】
24bit/48kHz : WAV / ALAC / FLAC / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ購入 1,350円(税込)

【Track List】
01. ねぇバーディア / 02. おやすみ / 03. ねぇバーディア(inst) / 04. おやすみ(inst) / 05. Summer Breeze(Royal Mirrorball remix) / 06. フェスティバルで会いましょう(bo en remix) / 07. ネギさま! Bravo☆(Tomggg remix)


INTERVIEW : Negicco

「夢を叶えた人は夢をあきらめなかった人」。インタヴュー内でNao☆が好きな言葉として語ってくれたそのフレーズは、まさにNegiccoの活動をシンプルに集約している。活動12周年。オリコン・ウィークリー5位を獲得し、憧れて背中を追い続けてきたPerfumeと同じステージに立つなど、コツコツと積み上げてきた努力の結晶は、広く多くの人たちの目に触れ、より一層の輝きを放ちはじめている。

そんな彼女たちより、2015年第1弾シングルが届いた。作詞、作曲、編曲、サウンド・プロデュースを手がけるのは、レキシの池田貴史。カップリング・ナンバー「おやすみ」では、Negiccoプロデューサー・connieの楽曲を、MEGが作詞、長谷泰宏(ユメトコスメ)が編曲を担当している。すっかり定番となったポップ・メイカーとNegiccoの邂逅。一体今回はどのような化学反応を起こしたのか? 少しさかのぼり、『光のシュプール』リリース時のことから、メンバー3人に話を訊いた。


Negicco「ねぇバーディア」MV

取材&文 : 西澤裕郎
写真 : 平林岳志(grasshopper)

自分たちの憧れの人がPerfumeさんでよかったなと思いました

ーー前回の『光のシュプール』のインタヴューでは、「忙しくて夢と現実の境目が分からない」って言ってましたけど、いまの生活はどんな状況ですか?

Nao☆ : いまは毎日Negiccoづくしなので、落ち込むこともなくなったし、立ちたいステージに立てたり、憧れの方と共演させてもらえたり、テレビ番組で歌わせていただいたり、そっちの方が現実か夢なのかっていう感じですね。
Kaede : でも、前より寝る時間がとれるようになってきた気がするよね?
Megu : そうかも。今は1つ1つのことに時間をかけてできているっていうか。 今回も練習が出来る場を設けてもらったり、しっかり時間をかけてやれています。

ーーちょっと振り返らせてもらうと、『光のシュプール』で初のオリコン5位を獲得しました。動画でも、5位にチャートインしたことを聞いたときの瞬間がアップされていますけど、あのときはどんな気持ちでしたか?

Kaede : 実感がなさすぎて。ファンの人に「Kaedeちゃん無反応だったね」って言われるんですけど、それは状況がいまいち飲み込めなかったからで、「ご、5位!?」みたいによくわかっていない感じでした。
Nao☆ : みんな「えっ!? すごーい!」ってなっていたよね。5位だけに!!

Nao☆

ーー… 5位(すごーい)だけに?

Nao☆ : はい、すみません(笑)。『サンシャイン日本海』からの制作チームだったので、やっとTOP10内に入れたね! って気持ちでいっぱいでした。
Megu : 聞いた瞬間、走馬灯のようにリリース・イベントで頑張った苦労がパッとでてきたり、一緒にフィンランドに行ってミュージック・ビデオを作ってくださったクルーも新潟に来てくださっていたので本当に嬉しくて、言葉と同時に涙がでてきちゃいました。去年1年間すごく忙しかったんですけど、最後の最後で1年の締めになるいいプレゼントをもらったなって気持ちで、すごく嬉しかったです。

ーーその曲が、connieさんによる楽曲だったのも感慨深いですよね。

Nao☆ : connieさんが作った曲でTOP10内に初めて入るっていう、自分たちの理想の形が本当にすごいタイミングで叶ってよかったです。

ーー10年ぶりに「MUSIC JAPAN(以下、MJ)」に出演したことも感動を呼びました。特にKaedeさんの泣くのをこらえられない表情が印象的だったんですけど、どんな気持ちでしたか?

Kaede : リハーサルでステージから客席を見た時点で「ああ、帰ってきたな」って、10年前に立ったときの感動がよみがえってきた感じがしました。それに、本番は本番で、あのPerfumeさんが隣にいると思ったら… 感動してしまって。
Nao☆ : 今回、Negiccoを呼んでくださったのが、10年前「ポップジャム」に出たときのスタッフさんで、ずっと番組に出したいって言ってくださっていたらしいんです。「光のシュプール」で5位をいただけて、MJにでるきっかけができて。歌う前に少ししゃべる時間があるんですけど、好きなだけしゃべっていいよって言ってくれたり、すごくあったかく迎えてくださってたのが嬉しくて。この12年頑張ってきたことを、みんなで応援したいっておっしゃってくれて。
Megu : それに、Negiccoっていう特殊な名前のアイドルとしてじゃなくて、オリコン5位をとって歌っているNegiccoという形で音楽番組に出させていただいたことがすごく嬉しかったです。Perfumeさんに会うのは7年ぶりくらいだったんですけど、事前の挨拶には行かずに、本番で初めて会おうって話をしていて。会ったとき、変わらずやさしく出迎えてくださったんですよ。あーちゃんさんが「やっと会えたね」って言ってくれて。
Nao☆ : ずっとPerfumeさんの背中を見て頑張ってきて、あーちゃんが「またステージに立ちましょうね」って言ってくださったのを信じて頑張ってきて本当によかったなって。自分たちの憧れの人がPerfumeさんでよかったなと思いました。

ドキドキしながらしゃべっていました

ーーこれまでの夢が叶ったり、Negiccoを巡る環境が変わっていく中で、『ねぇバーディア』は2015年初のシングル作品となります。今作のプロデュースはレキシの池田さんですが、楽曲のコラボレーションもだいぶ板についてきましたね。今作の作詞・作曲が池田さんというのは、どのタイミングで知ったんでしょう。

Kaede : カレンダーに「レキシさんに挨拶する日」っていう日が設けてあって、その後にやつい(いちろう)さんにお会いしたとき「次、池ちゃんなんだって?」っておっしゃっていて(笑)。

ーー先に聞いちゃったんですね(笑)。

一同 : (笑)。
Kaede : 「あ、そうなんですね」って言ったら、「あっ知らなかったの?」みたいな感じですごく恐縮されていたんですけど、カレンダーの時点でみんな察してたよね? もしかしたらレキシさんかなって(笑)。

Kaede

ーー最初の顔合わせは、どんな感じで行なわれたんですか?

Megu : ご飯会みたいな感じで(池田さんが)新潟に来てくださって。「今回、曲を書かせていただきます」みたいな挨拶からはじまり、雑談とかもたくさんしました。新曲の歌詞にしたいネタとかをいろいろ教えてって言われて。でも、ほとんどご飯食べてたよね(笑)。
一同 : (笑)。

ーー池田さんはどんな方でした?

Nao☆ : 気さくで、場を盛り上げてくれようと、すごい気をつかってくださって。
Megu : Negiccoは人見知りなんですけど、池ちゃんが気を使ってくださって、自然とお話ができて、すごく楽しかったです。
Kaede : 私は堂島孝平さんの20周年ライヴのときに観て、1番印象的だったのがレキシさんだったんですよ。おもしろい人だなと思っていて。だからいざ会ったときに、緊張してうまくしゃべれなくて。一生懸命盛り上げてくださってるのにノれないみたいなとこがあって、ドキドキしながらしゃべっていました。

ーーご飯会以外に新潟観光とかされていったんですか?

Megu : あ、されてました。自分で地図とか観光マップを買われて、行きたいところをピックアップして、歴史博物館に行かれたりとか。スーパーササダンゴマシンさんと仲良しみたいで、新潟の案内をしてもらったって言っていました。

Megu

ーー「愛のかぶと」は新潟のキーワードなんですよね。

Megu : 新潟に、直江兼次っていう武将がいて、『天地人』ってドラマで「愛」って書いてあるかぶとを被っているんですよ。NHKの大河ドラマでもそれをやられていて、その話をしたら面白いねっていってくれて、メモしてくれて。
Nao☆ : あと、わたしが「いたずらなkiss」っていう漫画が好きで…。

ーーそれは新潟とは関係ないですよね?

Nao☆ : ないです(笑)。「いたずらなkiss」入れようかなって言ってたけど、入ってなかったです(笑)。

抱き枕を持ちながら歌ったり、いかにリラックスして歌えるかに挑戦しました

ーー(笑)。カップリング曲の「おやすみ」はMEGさんが作詞、connieさんが作曲、編曲が長谷泰宏さんですが、MEGさんとも事前打ち合せはされたんですか。

Megu : MEGさんとはレコーディング当日にお会いしたんですけど、「いつもと違うNegiccoの魅力を出したい」って言ってくださったんですよ。「おやすみ」ってタイトルなので、レコーディング室を暗くしたり、椅子に座ってレコーディングしたりとか、リラックスしてほしいってことで、ハンド・マイクでレコーディングしたり。いつもと違うスタイルでさせてもらって、それがすごい新鮮というか。聴くとわかると思うんですけど、いつもと違うみんなの感じが出ています。


Negicco「おやすみ」MV

Nao☆ : 最初は普通に歌っていたんですけど、MEGさんの提案で途中から歌い方を変えていって。私、普段抱き枕使ってるんですけど、抱き枕を持ちながら歌ったり、いかにリラックスして歌えるかに挑戦しました。
Megu : その姿がレコーディング室の映像で見えるんですよ。すごいシュールで(笑)。
Kaede : 暗いところでポツンとね。
Megu : 怖くなかったの?
Nao☆ : 眠かったです(笑)。

ーーあははは。

Nao☆ : この歌はMEGさんが書いてくださっているから、女性が作ったっていうところで共感を呼んでると思うんです。女の子が歌うことで気持ちをちゃんと伝えられるっていうか、ちゃんと雰囲気が出たらいいなって思います。

ーーKaedeさんは、そういう暗い中で歌ってみていかがでしたか?

Kaede : その日、なぜか声がハスキー気味になっていて、まずいなってなったんですけど、そういうものって一時期なもので、今しか録れないからってプラスに言ってくださってすごいほっとして。納得したかっていうとちょっと怪しいんですけど、支えてくださったのが、本当にありがたかったです。

ーーそういうシチュエーションで歌った自分の声を聴いて、どう思いましたか?

Kaede : 眠くなりそうになりながら歌っていたので、出来上がったのを聴いたときに、ああ眠くなるなって思いました(笑)。

ーー(笑)。そういうレコーディング・スタイルは、あまり聞いたことないので面白いですね。connieさんは本作について、なにか言ってました?

Megu : 基本、歌が全部録り終わったときに、どのテイクがいいかっていう作業もMEGさんが全部やられていて、それをconnieさんが隣で見ていて「すごい!」って言ってました。こんなに丁寧にやらないって(笑)。すごくこだわってやってくださっていて、なんでも出来る方なんだなって思いました。

この3人でずっと笑顔で過ごせる日が続いたらいいなって思ってます

ーーちなみに「ねぇ、バーディア」のMVは新潟から日比谷野外大音楽堂までの道のりを描いた映像になっていますね。

Nao☆ : みんなの交通手段が違って、好きな人に会いにいきますっていう気持ちで、新潟から最終的に野音に行くっていう作品になってます。

ーー好きな人っていうのは?

Megu : ファンの人とか、自分の好きな人だったり、いろんな好きな人のこと(笑)?
一同 : (笑)。

ーー野音ってNegiccoにとってどういう場所なんですか?

Nao☆ : ワンマンでやりたいってことは言っていたですけど、唯一場所をとれるかわからないっていう位、場所をとるのが困難みたいで。みんなでOKAMOTO’Sさんのライヴで行ったことはあるんですけど、3人で立ちたいなと思っていてたまたま場所が空いたりとか、そういう偶然が重なって。いまは、偶然じゃなくて必然だったんだなと思って、頑張りたいなっていう気持ちです。
Megu : 8月のちょうどいい時期に、ぽっかり穴があくっていうのが奇跡だなと思ったし、ちょうどシングル・リリースの最終日が野音っていうことで、これまたドラマがあるなあと思います。野音に立てるのはすごい楽しみです。

ーーKaedeさんも、野音には思い入れなどありますか。

Kaede : 野音は、高校生の時に好きなアーティストさんのライヴを見に行ったことがあるんです。高校生だったので学校が終わってから向かったので、開演に間に合わなかったんですけど、音漏れがあるんだっていうのをそこで初めて知って。その音を聴いた時点ですごくドキドキしたし、いざ入ってみると、野外なのに野外じゃない感じがするというか、もうそこが劇場みたいになってる感じがして、そこだけ切り取られた空間みたいになってるのが、すごい素敵な会場だなと思って。いつかここに立ってみたいなって漠然と思っていたんです。2年前に1回、本当に立ちたいなと思ったときがあって、リリース・イヴェントの空き時間に、ホテルから自分で電車に乗って野音に写真を撮りにいったんですよ。で、「ここでいつかやりたいです」ってツイートして。その2年後にこうやって立つことになると思ってなかったので、すごく感動しました。なかなか経験できることじゃないので、今回のライヴは本当にいいものにしたいなと思ってます。

ーーNegiccoは、あきらめないでがんばりつづければ夢は叶うっていうことをすごく体現しているグループで、いろいろな人に勇気を与えると思うのですが、ご本人達としては、そういう状況を経て、どういう気持ちでいらっしゃいますか?

Nao☆ : わたしは「夢を叶えた人は夢をあきらめなかった人」って言葉がすごく好きで、ずっとそれを思いながらやってきたんです。そしたら、自分の想像をはるかに超えた人とも繋がることができるようになってきて。坂本真綾さんとお仕事させていただけたり、ずっとカラオケで自分の曲のように歌ってた曲をカバーさせてもらえたり。頑張っていたら、自分の想像をはるかに超えた素敵なことがこうやって起きてくるんだなってわかって、この先何があるんだろうっていうわくわくになってきています。だからもっと頑張りたいですね。いろんな景色を観たり、いろんな人とお仕事をしたいなって思います。
Megu : 頑張ってきたからこそ、会いたい人に会えたり、夢を叶えられるので、続けてきて本当によかったなって思います。最近、続けてきたことを評価してくださる方が多くて。あと、ファンの人たちも、自分たちを信じてついてきてくださるんですよ。だから武道館もこれからもずっと言い続けたいなって思いますし、いつか叶えたい目標なので、ずっと言い続けたいですね。
Kaede : ここ数年、続けてきてよかったなと思うことばかりで。まさかここまで続けられるとは思ってなかったですし、周りの環境も本当に恵まれていて。信じ続けてたとしても、環境が与えられなくていなくなってっちゃう人たちもたくさんいると思うので、本当に周りの方々の協力だったりとかにすごく感謝してます。これからもありがたみを感じながら、頑張っていきたいなと思います。

ーーこうやって取材のたびにお会いすると、新しいことに挑戦し続けているNegiccoの姿に勇気をもらいます。

一同 : ありがとうございます!

ーー最後に、現時点での夢などがあれば教えてください。

Kaede : この3人でずっと笑顔で過ごせる日が続いたらいいなって思ってます。
Megu、Nao☆ : 拍手
一同 : (笑)。

ーーMeguさんは?

Megu : 1年でこんなに人生って変わるんだというか、環境も状況も変わるんだなと感じた1年だったので、今年も無駄にせず、野音を成功させて、どんどん夢を叶えていきたいです。自分たちだけの夢じゃなくて、ファンの人の夢であったり、周りの人の夢でもあるのでがんばりたいと思います。

ーーでは最後に、Nao☆さん。

Nao☆ : 夢の武道館にワンマンで立つことも憧れだけど、Perfumeさんのステージ(〈Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP Perfume FES!! 2015 ~三人祭~〉)に立つことができるっていうことがすごい嬉しくて。前回はMJで司会者のPerfumeさんとNegiccoっていう形で会えたけど、今回は同じ武道館のステージに立てるいうことがすごいなと思うのでがんばりたいです。いつか自分たちのワンマンで武道館に立てる日が来るように、初心忘れるべからずで頑張りたいと思います!

過去作品配信中!

Negicco / Rice&Snow(24bit/48kHz)

約1年6か月ぶりのセカンド・フル・アルバム。制作陣は、彼女たちをデビューから支え続けているNegiccoプロデューサーのconnieを中心に、西寺郷太、矢野博康、 田島貴男、Shiggy Jr.、北川勝利、スカート、Orland、三浦康嗣、吉田哲人、蓮沼執太が参加。さらにNegiccoメンバーが作詞を行っている楽曲も収録。

Negiccoへのインタヴューはこちら

Negicco / Negiccoと学校 (24bit/96kHz + 5.6MHz dsd)

新潟を拠点に活動を続けるアイドル・ユニット、Negiccoのライヴ音源を、OTOTOY独占の超高音質で配信スタート!! これは、旧・体育の日である10月10日(金)、旧練成中学校を改修して作られた“21世紀型オルタナティブ・アートスペース”3331で、約50名のファンとともに公開でライヴ・レコーディングしたもの。もともと図工室だった教室に学習机を並べ、メンバーの書いた習字が飾られるなか、Negiccoが先生、お客さんが生徒という構図のもと、そうじの時間やチャイムといった学校ならではの演出とともに収録されました。お客さんによるコールはもちろん、先生と生徒に模したNegiccoとお客さんのやりとりも、もれなく配信されています。

特集ページはこちら

Negicco / Melody Palette (24bit/44.1kHz)

結成10年目にして自身初のオリジナル・フル・アルバム! 西寺郷太(NONA REEVES)プロデュース「愛のタワー・オブ・ラヴ」、小西康陽プロデュース「アイドルばかり聴かないで」に加えて、Negiccoの活動を10年間支えてきたプロデューサーconnieの新曲も収録という、まさに彼女達の10年の歩みが音に直結した作品。

>>Negiccoへのインタヴューはこちら

LIVE INFORMATION

Negicco at 日比谷野外大音楽堂 Road of Negiiiiii~Negicco One Man Show~ 2015 Summer
2015年8月16日(日)@日比谷野外大音楽堂

鹿児島でこんにちネギネギ! Negiccoワンマン・ライヴ!
2015年8月23日(日)@鹿児島Club Cave

音楽と髭達 2015
2015年8月29日(土)@HARD OFF ECOスタジアム新潟

@JAM EXPO×アイドル甲子園
2015年8月30日(日)@Tokyo Zepp Diver City

加賀フェスアフターパーティー in 山代温泉
2015年9月5日(土)@石川県山代温泉 葉渡莉 クラブ21

SPA SONIC GROOVIN' SOUND FES in TUKIOKA-SPA 2015
2015年9月13日(日)@新潟県 月岡温泉 月岡カリオンパーク

SKaede 生誕祭 ~月見ルAcoustic live~
2015年9月15日(火)@青山月見ル君想フ

1 on 1 second period~Negicco×チャオ ベッラ チンクエッティ~
2015年9月19日(土)@shibuya duo MUSIC EXCHAGE

ZEPPIN vol.1
2015年9月20日(日)@下北沢GARDEN

Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP Perfume FES!! 2015 ~三人祭~
2015年9月22日(火・祝)@日本武道館

GUNMA GIRLS COLLECTION 6
2015年10月12日(日)@エテルナ高崎

PROFILE

Negicco

2003年に結成された新潟発アイドル・ユニット。メンバーはNao☆、Megu 、Kaede。現在「にいがた観光特使」「東アジア文化都市2015新潟市文化親善大使」を務める。西寺郷太、小西康陽、矢野博康、田島貴男などのプロデュースによる楽曲をリリースし、2014年「光のシュプール」でオリコン・ウィークリー5位を獲得。8月11日、ニュー・シングル・リリースと、8月16日初の野音ワンマン・ライヴが決定している。

Negicco HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.10 ELE TOKYOでのリリパ終了、吉田豪によるメンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月30日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーVol.10 吉田豪によるメンバー・インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 運命の日、5月29日。リリース・パーティの本編が終わり、プロデューサー・水江文人から発表された売り上げ枚数は… 4,880枚。1万枚を売りあげることができず見事解散を免れた。同時に2つの卒業を発表。1つは、マネージャーの平川氏の卒業。もう1つは、CDを売ることからの卒業(今後は配信に移行)。そんな中10週目となる今回の連載は、吉田豪によ
THE FULL TEENZ、1stフル・アルバム『ハローとグッバイのマーチ』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年05月27日・THE FULL TEENZ、誰にでも突き刺さる初期衝動ーー安孫子真哉ミックスによる期待の1stフル・アルバム 京都在住の3人組バンド、THE FULL TEENZが、1stフル・アルバム『ハローとグッバイのマーチ』をセカンド・ロイヤル・レコーズよりリリース。2014年には、8曲8分という衝撃のep『魔法はとけた』をメンバー自らが運営するレーベル「生き埋めレコーズ」より発売、手売りと一部レコードショップのみの販売にもかかわらず500枚をソールド・アウトさせた。2015年には〈FUJI ROCK FESTIVAL'15 "ROOKIE A GO-GO"〉に出演するなど、じわじわと注目を集める彼らの1stアルバムは、エンジニアをHomecomings等を手がける荻野真也が、ミックスをKiliKiliVilla / 元銀杏BOYZの安孫子真哉が担当。OTOTOYでは、22〜3歳ならではの歌詞とグッド・メロディと怖いもの知らずの無垢でキラキラした演奏によって描かれた本作をハイレゾ配信し、インタヴューでTHE FULL TEENZに迫った。 初期衝動に満ちた1stフル・アルバムをハイレゾ配信THE FULL TEE
by JJ
2016年夏の決定盤、never young beachの2ndアルバム予約&先行曲配信スタート! インタヴュー前編も公開
[CLOSEUP]・2016年05月25日・明るい現実との向き合い方──快楽&実行主義なnever young beachの2ndアルバム先行曲配信&予約開始 『YASHINOKI HOUSE』をリリースしてから1年。そのトロピカルなフォークロックははっぴいえんどの再来を思い浮かべさせるも、より現代のインディ・シーンやカルチャーと密接な存在として異彩を放つようになったnever young beach。1年を圧倒的なライヴ量で走り続けてきた彼らから、待望の2ndアルバムがリリースされる。アナログ12インチの『YASHINOKI HOUSE』に追加収録された「Pink Jungle House」やライヴ定番曲となっていた「お別れの歌」「Motel」、バンドがリスペクトする高田渡の「自転車にのって」カヴァーを含む全9曲。その内容は後述の岡村詩野による考察とインタヴューに任せるとして、本当に誠実で人懐こく気持ちの良いアルバムであることは強く強く推しておきます。 そのリリースも約2週間後の6月8日と迫るなか、OTOTOYでは2週間先行でハイレゾ版の予約販売を開始! しかもすでにライヴで披露され、ひときわの輝きを放っている「明るい未来」(ミュージックビデオも
VIDEOTAPEMUSIC『Sultry Night Slow』ハイレゾ音源OTOTOY先行リリース
[CLOSEUP]・2016年05月25日・配信限定シングル『Sultry Night Slow』リリース記念。改めてVIDEOTAPEMUSICの世界を振り返る 6月からスタートするツアー・タイトルと同名の配信限定シングル『Sultry Night Slow』をリリースしたVIDEOTAPEMUSIC(OTOTOYはハイレゾ版を他のサイトに先駆けて販売)。このシングルのリリースに合わせて、昨年リリースされたセカンド・アルバム『世界各国の夜』を振り返るとともに、『Sultry Night Slow』がどんな作品なのかを読み解いてみる。 ツアーと同名の配信限定シングル。OTOTOYはハイレゾ版を先行配信!VIDEOTAPEMUSIC / Sultry Night Slow(24bit/48kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込)、まとめ購入 540円(税込)【トラック・リスト】''1. Sultry Night Slow 2. Sultry Night DUB VIDETAPEMUSICが行ってきたこと VIDEOTAPEMUSICがどんな活動をしているのか、いまいち掴みづらいところがある。
by 原田 星
極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月24日・もはや聴かない理由がみつからない極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組ガールズ・グループNegiccoが、約1年4ヶ月振り3作目となるオリジナル・アルバム『ティー・フォー・スリー』をリリース。オリコンTOP10入りした「ねぇバーディア」「矛盾、はじめました。」、『圧倒的なスタイル -NEGiBAND ver.』のカップリング曲「カナールの窓辺」、再録となる「おやすみ(Album Ver.)」、中野サンプラザにて7インチ・レコードが先行発売された「土曜の夜は」を収録。加えて、坂本真綾、オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、Spangle call Lilli line、平賀さち枝、Magic,Drums&Loveといった豪華製作陣が参加。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、Negiccoの3人にインタヴュー。7月30日(土)にはNHKホールでのワンマンも控えた彼女たちの現在を見逃さぬよう。 1年4ヶ月ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信スタートNegicco / ティー・フォー・スリー(24bit/48kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLA
by 西澤 裕郎
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月23日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第9弾となる今回は、5月29日に開催される『Dancing Again』のリリース・パーティを目前に控えたStereo Tokyoに現在の心境をインタヴュー。また、ELE TOKYOに向けてメンバー5人に意気込みを色紙に書いてもらい掲載する。約2ヶ月に渡り行われてきた本企画も終盤戦。果たして、CDは1万枚売れ、Stereo
by 西澤 裕郎
Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月21日・彼のディープ・エレクトロニクス・サイドを堪能せよ──Seiho、3年ぶりの新作をハイレゾ配信 ソロでの「I Feel Rave」のヒット、Avec AvecとのSugar's Campaign、さらにはさまざまなリミックスやコラボ、プロデュースを経て、3年ぶりにSeihoがアルバムを完成させた。しかも本作にてワールドワイドでのデビューともなる。いま最も頻繁にクラブ・シーンでライヴ活動をしている国内のエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーのひとりでもありながら、さらにはここ数年でメジャーなポップ・フィールドにまでその歩みを進めている。本作では、そんな彼がディープ・エレクトロニクスであえて表現した独自の世界観が広がっている。OTOTOYでは、本作をハイレゾ(24bit/48kHz)と、CDと同等音質のロスレス配信を行う。 Seiho / Collapse'【Track List】01. COLLAPSE (Demoware)02. Plastic03. Edible Chrysanthemum04. Deep House05. Exhibition06. The Dish07. Rubber08. P
by 河村 祐介
植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信開始
[CLOSEUP]・2016年05月20日・挨拶代わりのダンス・ポップEP──植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信 2015年8月に惜しまれつつも解散したfifi。その音楽性の中核を担ったのが植谷よしえだ。そんな彼がこのたびソロ・バンド・プロジェクト、AUNTIES(アンティーズ)としての活動を開始した。 そしてAUNTIESの初音源となるEP、『weekend magic』をOTOTOYにてハイレゾ配信。さらには表題曲を期間限定フリー・ダウンロード。本作は、ダンス・ミュージックを経由したポップな曲に甘い歌声が乗る。そんなfifi時代のギターロックから、いわば植谷よしえの心機一転の意欲作を、レヴューとともにお楽しみあれ。 >>weekend magicのフリー・ダウンロードはこちらから! AUNTIES / weekend magic (24bit/48kHz)'【Track List】01. weekend magic02. Missing Days 03. Treasure【配信形態】24bit/48kHz (WAV / ALAC / FLAC) / AAC >>ハイレゾとは?>>ファイル形式について
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事