新宿歌舞伎町、深夜5時のハイテンション・パーティ!!ーー世界初(?)のモッシュ・レコーディングでNATURE DANGER GANGをハイレゾ配信

眠らない街、新宿歌舞伎町。怪しげなキャッチで溢れる街中の地下2Fに居を構えるライヴハウス・新宿LOFTにて、1月11日(日)24時より開催されたイベント〈NATURE DANGER GANG presents High Tension Party!〉にOTOTOYライヴ・レコーディング・チームが潜入。ライヴ中に服を脱いじゃうとか、暴れまくるとか、巷で噂の8〜10人の集団・NATURE DANGER GANGのライヴをハイレゾでレコーディングしちゃいました。こちとら負けてられないということで、レコーダーを持って客席でモッシュしながらレコーディングを決行。ハードコア、パンクのエッセンスをレイブ、ベース・ミュージックといった音楽に落とし込み、快楽的な部分のみ濃縮還元させた音楽と深夜のテンションが合致したThis is LIVE音源!! 脳内ハイテンション・パーティのお供にぜひ!!

深夜5時台に行なわれたハイテンションなパーティーをハイレゾにて配信スタート!!


NATURE DANGER GANG / NATURE DANGER GANG presents High Tension Party! at SHINJUKU LOFT(24bit/96kHz)

【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC

【配信価格】 単曲 200円 / まとめ価格 1,500円

収録曲 :
1. カフカ
2. アッパーカット
3. チェ・下痢・バラ
4. we gotta power
5. BIG BOOTY BITCH
6. くノ一Bomber!
7. Dirty Daddy Harry
8. SPEED
9. ふぁにふぁにぱらだいす
10. オレたち!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
All Songs Performed by NATURE DANGER GANG

Recorded & Mixed & Mastered by 徳永宏
Recorded at 新宿LOFT

All photos by 雨宮透貴
Movie by 佐藤祐紀(http://sato-yuki.com/)

Mosh Recording Staff 鶯巣大介、西堂源、近信有利佳

Artist Management 望月慎之輔(オモチレコード)
Project Director 西澤裕郎(OTOTOY)

Produced by OTOTOY、オモチレコード
Special Thanks to 佐々木小夏、KORG MR-2000SKORG MR-2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハイレゾについてはこちらから

テンションの高さがわかるライヴ・レコーディング・ドキュメンタリーMV


NATURE DANGER GANG「カフカ」Movie by 佐藤祐紀

NATURE DANGER GANGのライヴ・レコーディングにあたって

ことのはじまりは、2015年のお正月が明けたばかりの深夜、オモチレコードの望月慎之輔氏から届いた1本のメール。

「1月11日にネイチャー(NATURE DANGER GANG)のライヴがあるんですけど、それを機に音源製作期間に入ってライヴ本数少なくなるので、ライヴ・レコーディングしませんか?」

うほっ、準備時間すくなっ!! と思いながらも、速攻でやりましょう! と返事をしていた。実は半年以上前からオファーはしていたのだけど、なかなかタイミングが合わず実現していなかったのだ。とはいえ、半年前とNATURE DANGER GANGを取り巻く環境は明らかに変わっていた。日刊SPAでのロング・インタヴュー、2014年末にフジテレビの番組に出演するなど、いわゆる音専誌ではない媒体が彼らに興味を持って取り上げた効果か、1月11日のライヴに関しても24時スタートのイベントにも関わらず200名以上のお客さんが詰めかける結果となった。

そもそもNATURE DANGER GANGのことを説明するとなると、まずはライヴ観てくださいと言うのが一番なのだけど、ハードコア、パンクのエッセンスをレイブ、ベース・ミュージックといった音楽に落とし込み、快楽的な部分を濃縮還元したようなサウンドの上でラップする8〜10名の男女混成の集団。メンバーは、ラッパーから元・落語家、レゲエ・ダンサー、サックス、漫画家まで、とにかくユニーク。ライヴがはじまれば曲間なくつながれた約30分近くのトラックとともに圧倒的に肉体的なパフォーマンスを行なう。最終的に女性メンバーが亀甲縛りになっていたり、マネキンの頭を茶碗代わりにソーメンを食べたり、ガムテープで縛られたメンバーが客席をクラウドサーフしたりと、かなりの破天荒さで、観たものに圧倒的なインパクトを与えていく。

そんな彼らのライヴ・レコーディングを普通に録っても仕方ない。はて、どうしたものか? と考えた結果、そのごちゃごちゃ感をしっかり録ろうと思い、KORGさんよりMR-2を3台お借りし、客席で手持ちで集音することに。メインは、一緒にお借りした2台のMR-2000を使用し、2ミックスのダイレクトアウトとステージ脇とステージ後方に立てたアンビエント・マイクの集音をすることに、そして3台のMR-2で客席の熱気を収めることにした。それでもまだ物足りないと思い、現役大学生でライターの鶯巣大介くんにヘルメットをかぶってもらい、そこにOTOTOY所有のMR-2を装填。実際にモッシュしてもらってレコーディングしてもらうことにした。世界初のモッシュ・レコーディングかも? ということで、LEDライトが3種類に光るヘルメットを購入して、万全の体制でレコーディングに臨むことにした。

結果的に、いつも通りダイブ、モッシュ、メンバーの誰かしらも客席に常駐するような激しいライヴになった。朝5時ということを忘れるような湿気の高い、眠気も忘れるようなライヴには、トラック、ラップの他、サックス、パーカッション、ホイッスルの音も入り、祭りさながらのどんちゃん騒ぎ。1年前は「いま東京で一番おもしろいだけのバンド」と呼ばれていた彼らだが、もはや「21世紀のじゃがたら」といっても言い過ぎじゃないと筆者は思う。彼らの音楽を体験していると、流行りとか音楽業界とか、そういうことを忘れて音楽を聴いて遊んでいる気持ちになれる。小難しいことは抜きに音楽で楽しめるのが本当に最高だ。もちろん、ゲットーから生まれたJUKEだったり、アタリ・ティーンエイジ・ライオットのようなデジタル・ハードコア(「SPEED」というのは彼らのカバー、しかも歌詞は空耳!?)だったり、音楽に対してのリスペクトも感じるトラックがあってのこと。

本作品には、そんな彼らとお客さんの熱気が作り上げた一夜の記録が収録されている。モッシュをしながら集音したサウンドも、他3名が手持ちでぐちゃぐちゃな客席のなかで集音したサウンドも、もちろんのことミックスされて収められている。バッキバキのトラックがメインなので、それほどはっきり聴こえるわけではないが、この音源のなかにはしっかりと刻み込まれている。NATURE DANGER GANGの本質に触れるきっかけとして、ぜひ聴いてみていただきたい。そして願わくは、実際に足を運んで彼らのライヴを体感してみてほしい。音楽を聴いて楽しむ。そんな単純で純粋な喜びをわかちあえたら幸いだ。(text by 西澤裕郎)

LIVE PHOTO by 雨宮透貴

EVENT SCHEDULE

PORT by riversidemarket クロージングパーティー

2015年2月21日(土)@高円寺スタジオドム
時間 : 24:00~5:00
料金 : ¥2,500
※riversidemarketアイテム着用で¥1,000 OFF!!!
出演者 :
【LIVE】
NATURE DANGER GANG / MANGA SHOCK / %C/TOSHIKI HAYASHI / パブリック娘。 / JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB / カムエムシィズ / VOTZCO / 弾き語り園太郎
【DJ】
hitori / TOMMY (BOY) / WRACK / セーラーかんな子 / yosh.Yosirish Yogi

NATURE DANGER GANG インストア・ライヴ
2015年2月28日(土)@HMVレコードショップ渋谷
http://recordshop.hmv.co.jp/events/5558/

NATURE DANGER GANG presents High Tension Party!
2015年3月6日(金)@新宿LOFT
詳細未定

オモチレコード・カタログ一挙大公開!!

NATURE DANGER GANG / THE BEST OF NDG NONSTOP MEGAMIX

ハードコア、パンクのエッセンスをレイブ、ベースミュージックといった音楽に落とし込み、快楽的な部分のみ濃縮還元。ライブさながらのノンストップ・メガミックス仕様です! ジャケが素敵ですね。

【配信フォーマット / 価格】
WAV、mp3ともに : 1,800円 (単曲は各200円)

【Track List】
01. プロローグ
02. theme of NDG
03. メディカル ハッピー
04. 世田谷貴族
05. ネクロノミコン
06. Dirty Daddy Harry
07. くノ一Bomber!
08. final atomic war
09. オレたち!

Have a Nice Day! / BLACK EMMANUELLE EP

ブっといベースにウネるシンセ、ごきげんなサンプリング、そして、気だる~く放たれる容赦なくも無意味かつ底抜けに暴力的間抜けさを備えたリリック。既存のヒップホップ、クラブシーンで一切名前を見かけぬこの門外漢グループが市井のヘッズやクラバーに投げかける問題作!

【配信フォーマット / 価格】
WAV、mp3ともに : 1,000円 (単曲は各200円)

【Track List】
01. Are You Ready_(suck my dick)
02. crazy surf
03. a girl say I'm nervous
04. MILK
05. kiss my planet earth
06. scum park

Have a Nice Day! / Welcome 2 SCUM PARK

無駄に派手なダーク・シンセ・サウンドと死ぬほど気だるいラップが炸裂するナード・日本語ラップ!!

【配信フォーマット / 価格】
WAV、mp3ともに : 1,800円 (単曲は各200円)

【Track List】
01. city of snob
02. American Dream,Helters Disco Showcase
03. ハートに火をつけて
04. 夜のハジマリ
05. ゾンビパーティー
06. Kill Me Tonight
07. FUCK UNIVERSE
08. ミッションインポッシブル
09. DEATH FROM ABOVE
10. マッスルシティー
11. tropical storm
12. フォーエバーヤング
13. Kill Me Tonight Remix (Feat. EQ Why)

Fat Fox Fanclub / F

都内を中心に活動する女の子4人組、F.F.F.のデビュー・アルバム。ヒップホップを思わせるクールなアイディアと、黒くファンキーなリズムで作られたスタジオ録音盤。

【配信フォーマット / 価格】
WAV、mp3ともに : 1,000円 (単曲は各200円)

【Track List】
01. T.I.U.
02. Fat Fox
03. Good Job
04. Laugh Song
05. Vampire
06. Y Bitch
07. Big Hip

Gnyonpix / EpiDeMic EP

Gnyonpixはjukeリスナーだけに共有されるべきではない最高にイケてるサイケデリックなシットで、オレはもっと多くのヤツらに聴かせたいなあと勝手に思いついてgnyonpixにDMしたのさ。聴いた瞬間にオレやポニーくんを魅了したわけで、表題曲のEpiDeMic、Summer SonerやDive to The Bassのサンプリングと打ち込みが美しく混在してるヤバいアレはロマンティックかつdope。ブラックスワンやファンタジアが目から入ってくるドラックなようにEpiDeMic EPは耳から入ってくるドラックだよ。(レーベル・オーナー望月談)

【配信フォーマット / 価格】
WAV、mp3ともに : 1,800円 (単曲は各200円)

【Track List】
01. EpiDeMic
02. Summer Sonar
03. Basic is Basic
04. Dive to The Bass
05. Circle of Life
06. Dizziness
07. Homesick
08. One Broken Cannon
09. It's On
10. Steppin Into
11. Emotions
12. Dive to The Bass (remix) feat. Y.I.M & Have a Nice Day!

DJ ののの / CHILLAX SURVIVE

歌舞伎町オモチレコードの新作は、Rap Brainsの女の子DJ、のののによるノンストップDJ Mix!!フットワーク、ジューク、ゲットー・テックにRap Brainsのエクスクルーシヴ曲まで全35曲65分!!

【配信フォーマット / 価格】
WAV、mp3ともに : 1,800円

【Track List】
01. intro_I-tal Shout by RYUKI
02. YAMABUSHI_RAP BRAINS feat.SABO YAMO
03. Sun Tsu Blunt_China Expedisound Yunnan Province
04. The Locksmith_Alice Cohen
05. LogiKaL Knowledge Feat. Drop Logik _Es-K
06. A Closer Love_JayTram
07. I Gotcha_K. Locke
08. CCP_DJ Rashad
09. Jumanji_Azealia Banks
10. CD Is Future_Fan Club Orchestra
11. Sign Yer Name_dDamage vs Miss Hawaii
12. Guacha_Guacha (Copia Doble Systema Remix)_rikstailers
13. 123_LOL Boys
14. Y'all Know_Astronomar
15. MMM Meets Tshetsha Boys_MMM
16. Thatha Lo_LV, Ruffest
17. Electric Kombucha Explosion_Andreilien
18. Money Ah Dem God feat. Lady Chann _Dreadsquad
19. Gangnam Style _CP Trapbahton Remix
20. Baile Folk_Chuck Upbeat
21. SCIENCE FIXION_I-tal
22. What_Bassnectar & Jantsen
23. One Time_Jus Now
24. Take Over_KMC
25. RAW_Paisley Parks
26. Heat Impact_Young Smoke
27. Battle Trak_Jlin
28. Shove It In My Back Door_DJ Flip Tec
29. Din Daa Daa_George Kranz
30. Guilford Avenue Bridge_Dan Deacon
31. Break Some Hearts_Daedelus
32. We Can’t Stop_333 Boyz
33. On A Ragga juke_Ind_Sim_Fris
34. Die Welt Ist Schon_Thomas Freitag
35. Star Wars Theme feat.TOKI_TICO_TA

PROFILE

NATURE DANGER GANG

リーダー兼次期町田市市長候補の関が2011年に世界に散らばった7つの玉を2年の歳月を掛けて拾い集め、がんばって神に祈った刹那、玉が人の姿に化身し、NDGのメンバーとなった。その後、いろいろあって現在に至る。

>>NATURE DANGER GANG tumblr

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.10 ELE TOKYOでのリリパ終了、吉田豪によるメンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月30日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーVol.10 吉田豪によるメンバー・インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 運命の日、5月29日。リリース・パーティの本編が終わり、プロデューサー・水江文人から発表された売り上げ枚数は… 4,880枚。1万枚を売りあげることができず見事解散を免れた。同時に2つの卒業を発表。1つは、マネージャーの平川氏の卒業。もう1つは、CDを売ることからの卒業(今後は配信に移行)。そんな中10週目となる今回の連載は、吉田豪によ
THE FULL TEENZ、1stフル・アルバム『ハローとグッバイのマーチ』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年05月27日・THE FULL TEENZ、誰にでも突き刺さる初期衝動ーー安孫子真哉ミックスによる期待の1stフル・アルバム 京都在住の3人組バンド、THE FULL TEENZが、1stフル・アルバム『ハローとグッバイのマーチ』をセカンド・ロイヤル・レコーズよりリリース。2014年には、8曲8分という衝撃のep『魔法はとけた』をメンバー自らが運営するレーベル「生き埋めレコーズ」より発売、手売りと一部レコードショップのみの販売にもかかわらず500枚をソールド・アウトさせた。2015年には〈FUJI ROCK FESTIVAL'15 "ROOKIE A GO-GO"〉に出演するなど、じわじわと注目を集める彼らの1stアルバムは、エンジニアをHomecomings等を手がける荻野真也が、ミックスをKiliKiliVilla / 元銀杏BOYZの安孫子真哉が担当。OTOTOYでは、22〜3歳ならではの歌詞とグッド・メロディと怖いもの知らずの無垢でキラキラした演奏によって描かれた本作をハイレゾ配信し、インタヴューでTHE FULL TEENZに迫った。 初期衝動に満ちた1stフル・アルバムをハイレゾ配信THE FULL TEE
by JJ
2016年夏の決定盤、never young beachの2ndアルバム予約&先行曲配信スタート! インタヴュー前編も公開
[CLOSEUP]・2016年05月25日・明るい現実との向き合い方──快楽&実行主義なnever young beachの2ndアルバム先行曲配信&予約開始 『YASHINOKI HOUSE』をリリースしてから1年。そのトロピカルなフォークロックははっぴいえんどの再来を思い浮かべさせるも、より現代のインディ・シーンやカルチャーと密接な存在として異彩を放つようになったnever young beach。1年を圧倒的なライヴ量で走り続けてきた彼らから、待望の2ndアルバムがリリースされる。アナログ12インチの『YASHINOKI HOUSE』に追加収録された「Pink Jungle House」やライヴ定番曲となっていた「お別れの歌」「Motel」、バンドがリスペクトする高田渡の「自転車にのって」カヴァーを含む全9曲。その内容は後述の岡村詩野による考察とインタヴューに任せるとして、本当に誠実で人懐こく気持ちの良いアルバムであることは強く強く推しておきます。 そのリリースも約2週間後の6月8日と迫るなか、OTOTOYでは2週間先行でハイレゾ版の予約販売を開始! しかもすでにライヴで披露され、ひときわの輝きを放っている「明るい未来」(ミュージックビデオも
VIDEOTAPEMUSIC『Sultry Night Slow』ハイレゾ音源OTOTOY先行リリース
[CLOSEUP]・2016年05月25日・配信限定シングル『Sultry Night Slow』リリース記念。改めてVIDEOTAPEMUSICの世界を振り返る 6月からスタートするツアー・タイトルと同名の配信限定シングル『Sultry Night Slow』をリリースしたVIDEOTAPEMUSIC(OTOTOYはハイレゾ版を他のサイトに先駆けて販売)。このシングルのリリースに合わせて、昨年リリースされたセカンド・アルバム『世界各国の夜』を振り返るとともに、『Sultry Night Slow』がどんな作品なのかを読み解いてみる。 ツアーと同名の配信限定シングル。OTOTOYはハイレゾ版を先行配信!VIDEOTAPEMUSIC / Sultry Night Slow(24bit/48kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込)、まとめ購入 540円(税込)【トラック・リスト】''1. Sultry Night Slow 2. Sultry Night DUB VIDETAPEMUSICが行ってきたこと VIDEOTAPEMUSICがどんな活動をしているのか、いまいち掴みづらいところがある。
by 原田 星
極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月24日・もはや聴かない理由がみつからない極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組ガールズ・グループNegiccoが、約1年4ヶ月振り3作目となるオリジナル・アルバム『ティー・フォー・スリー』をリリース。オリコンTOP10入りした「ねぇバーディア」「矛盾、はじめました。」、『圧倒的なスタイル -NEGiBAND ver.』のカップリング曲「カナールの窓辺」、再録となる「おやすみ(Album Ver.)」、中野サンプラザにて7インチ・レコードが先行発売された「土曜の夜は」を収録。加えて、坂本真綾、オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、Spangle call Lilli line、平賀さち枝、Magic,Drums&Loveといった豪華製作陣が参加。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、Negiccoの3人にインタヴュー。7月30日(土)にはNHKホールでのワンマンも控えた彼女たちの現在を見逃さぬよう。 1年4ヶ月ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信スタートNegicco / ティー・フォー・スリー(24bit/48kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLA
by 西澤 裕郎
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月23日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第9弾となる今回は、5月29日に開催される『Dancing Again』のリリース・パーティを目前に控えたStereo Tokyoに現在の心境をインタヴュー。また、ELE TOKYOに向けてメンバー5人に意気込みを色紙に書いてもらい掲載する。約2ヶ月に渡り行われてきた本企画も終盤戦。果たして、CDは1万枚売れ、Stereo
by 西澤 裕郎
Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月21日・彼のディープ・エレクトロニクス・サイドを堪能せよ──Seiho、3年ぶりの新作をハイレゾ配信 ソロでの「I Feel Rave」のヒット、Avec AvecとのSugar's Campaign、さらにはさまざまなリミックスやコラボ、プロデュースを経て、3年ぶりにSeihoがアルバムを完成させた。しかも本作にてワールドワイドでのデビューともなる。いま最も頻繁にクラブ・シーンでライヴ活動をしている国内のエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーのひとりでもありながら、さらにはここ数年でメジャーなポップ・フィールドにまでその歩みを進めている。本作では、そんな彼がディープ・エレクトロニクスであえて表現した独自の世界観が広がっている。OTOTOYでは、本作をハイレゾ(24bit/48kHz)と、CDと同等音質のロスレス配信を行う。 Seiho / Collapse'【Track List】01. COLLAPSE (Demoware)02. Plastic03. Edible Chrysanthemum04. Deep House05. Exhibition06. The Dish07. Rubber08. P
by 河村 祐介
植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信開始
[CLOSEUP]・2016年05月20日・挨拶代わりのダンス・ポップEP──植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信 2015年8月に惜しまれつつも解散したfifi。その音楽性の中核を担ったのが植谷よしえだ。そんな彼がこのたびソロ・バンド・プロジェクト、AUNTIES(アンティーズ)としての活動を開始した。 そしてAUNTIESの初音源となるEP、『weekend magic』をOTOTOYにてハイレゾ配信。さらには表題曲を期間限定フリー・ダウンロード。本作は、ダンス・ミュージックを経由したポップな曲に甘い歌声が乗る。そんなfifi時代のギターロックから、いわば植谷よしえの心機一転の意欲作を、レヴューとともにお楽しみあれ。 >>weekend magicのフリー・ダウンロードはこちらから! AUNTIES / weekend magic (24bit/48kHz)'【Track List】01. weekend magic02. Missing Days 03. Treasure【配信形態】24bit/48kHz (WAV / ALAC / FLAC) / AAC >>ハイレゾとは?>>ファイル形式について
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事