気鋭のサウンド・クリエイター、細海 魚が提案する“リヴィングルーム・ミュージック”をハイレゾで聴く!

フィールド・レコーディング、ドローン、エレクトロ、アコースティックを独自の観点で折衷し、チル・アウトにもエクスペリメンタルにもよらない“リヴィング・ルーム・ミュージック”を生み出す作曲家、細海 魚(ホソミ サカナ)。彼が去年リリースした本作『とこしえ』をOTOTOYではこのたびハイレゾで配信。アルバムにはシンガー・ソングライターの新居昭乃、コーネリアス、くるり等での“歌うようなドラミング”で知られているあらきゆうこ、charaのプロデュースやコーネリアスのバック・ベーシストとして知られる清水ひろたかなどそうそうたる面々がゲスト参加している。矢野顕子のアレンジ、dipとのコラボレーションなどキーボーディスト・アレンジャー・プロデューサーとしても多彩な活動を行う細海 魚による上質なソロ・ワークをぜひご堪能いただきたい。

細海 魚 / とこしえ(24bit/48kHz)

【配信フォーマット / 価格】
wav / alac / flac : 1,599円(単曲200円)

【Track List】
01. 行先
02. alone@woods II
03. Cloudy November
04. Light Lungs Float
05. にじます
06. 辺境の庭
07. ホームシック
08. North Marine Drive
09. 雨とストーブ
10. Clairvoyance II

音楽は形ではない

アンビエント・ミュージックは、日々の生活のなかに溶け込む機能を持っている。それと同時に、身の回りで鳴っている音に対して、意識を向けさせる役割も持っている。細海 魚のアルバム『とこしえ』は、日々の音への感覚を研ぎすまさせてくれる作品である。これを聴くことで、われわれは普段どれだけ身の回りの音に無頓着なのかを思い知らされる。大きな声で話さなければならないのは、周りで鳴っている音がうるさいからにすぎないのではないか、と。それくらい静と動が、墨汁と白紙のような関係でくっきりと描かれている。そして、この作品に収められている10曲は、さまざまな楽器を使い、丁寧に、繊細に奏でることによって、その表現を確かなものとしている。

本作の作り手、細海 魚は、キーボーディストであり、アレンジャーでもあり、音楽プロデューサーでもある。新居昭乃、ミナクマリ、AZUMA HITOMIのプロデュースを務め、矢野顕子や鳥羽一郎のアレンジも行なう。それだけでなく、山口洋、清水ひろたか、MIGU、dipとのコラボレーションも果たす。そして近年は、b-flower八野英史とのグループ、Livingstone Daisyのアルバムをリリースしたり、坂本龍一主催のKizunaworldへ参加するなど、その才能を惜しむことなく発揮している。これだけ才能あるミュージシャンたちとの関わりが多い理由は、本作『とこしえ』を聴くことによってわかってくる。端的にいえば、聴き手が意識しない音の使いが格別にうまいのである。

最初に述べたように、ある音を引き出すためには、そこで「鳴っていない」音、つまり意識しなくても、そこにあるべき音を引き出すことが重要になってくる。たとえば7曲目の「Homesick」には、鳥の声がサンプリングされているが、それは単なる鳥の声ではなく、鳴いている場所や時間帯をも想像させる。鳥の声を録るのではなく、鳥が鳴いている空間そのものを収めているのである。この場合だったら、まだ誰にも汚されていない自然の朝といった情景が想像できるが、その上でつまびかれるアコースティック・ギターの音色は単にギターを鳴らすより格段に艶かしい。そして、その息づかいをはっきりと感じることができる。これは、あらかじめギターの音色を収めることだけを目的に録音したのでは、絶対に味わうことのできない体験である。背景にあるサウンドが、楽曲全体を際立てている。そうした意味で、細海が他アーティストのアレンジやプロデュースに携わるのは、とても合点がいく。

本作には、新居昭乃、保刈久明、あらきゆうこ、清水ひろたかといった名うてのミュージシャンたちが参加している。インスト曲がメインであるけれど、ヴォーカルの入った曲もあり、ヴァラエティに満ちている。まさに細海の音の使い方を、いろいろな角度から存分に楽しめる作品となっている。そうしたアルバムでだけに、ぜひともハイレゾ版で聴いてほしい。音楽は形ではないということが、これほど雄弁に語られている作品はないんじゃないだろうか。(text by 西澤 裕郎)

RECOMMEND

清水ひろたか / 3579

今作にも参加している清水ひろたかによる12年ぶりのソロ・アルバム。本作にはタブラ奏者のU-zhaan、様々なフィールドで活躍するチェリストRobin Dupuy、なんと細海 魚もゲストとして参加している。様々な楽器がいびつな関係でグルーヴを作り出してるさまは、細海 魚同様の独自観点の折衷によるある意味のミクスチャー・ミュージックとなっている。

minakumari / RASA

シタール奏者であり、女性シンガー・ソングライターであるminakumari。チャラやリップスライムなどのレコーディングに参加する彼女が今作で生み出したサウンドは、エレクトロニカとインド音楽の土感が織りなす新感覚のフォークトロニカに仕上がっている。ポップな歌ものあり、ドローンありと、作品全体の振れ幅も面白い。

V.A / Greater Lengths

80〜90年代と現在のアンビエントを繋ぐ名門レーベルを代表するアーティストのハイライトを集めたコンピレーション。ブライアン・イーノやハロルド・バッド、ジョン・ハッセルなどのベテランの名曲を集めつつ、現在の様々なフィールドで活躍するアーティストによるリミックスもコンパイルした、まさに過去と現在を繫ぐコンピレーション。

>>上記作品などのクラブ・ミュージックを特集した連載、“More Beats + Pieces”のVol.1はこちら

PROFILE

細海 魚(ホソミ サカナ)

繭(Maju)、neina、hosomiなどの名義でも活動中。有機的な繊細さに満ちたそのサウンドは内外問わずファンも多く、とくに国内のアーティストやミュージシャンからは唯一無二の音楽観によって絶大な信頼を得ており、新居昭乃、ミナクマリ、AZUMA HITOMIのプロデュースや、矢野顕子や鳥羽一郎のアレンジ、山口洋、清水ひろたか、MIGU、dipとのコラボレーションなどキーボーディスト・アレンジャー・プロデューサーとして多彩な活動を続けている。豪EXTREMEや独Mille Plateauxより多数のリリースがある。近年はb-flower八野英史とのグループ、Livingstone Daisyのアルバム「33 Minutes BeforeThe Light」のリリースや、坂本龍一主宰のKizunaworldへの参加、2013年11月には新居昭乃がプロデュースするPure HeartLabelより、ニューアルバム『とこしえ』を発売するなど、国内での自身の表現活動を加速している。

>>細海 魚 OFFICIAL HP

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

Yasei Collective、最新作『FINE PRODUCTS』をリリース!!&アルバムより1曲を2週間独占先行配信!!
[POWERPUSH]・2017年05月10日・本当の意味での新たな”ヤセイ”──Yasei Collectiveの次なるステージを示す最新作より1曲独占先行配信!! 中毒性の高い楽曲と突出した演奏技術で音楽ファンはもちろん、多くの演者たちをも唸らせるバンド、Yasei Collectiveがこの度、最新作『FINE PRODUCTS』をリリースする。メンバーそれぞれがcero、KID FRESINO、Keishi Tanaka、福原美穂などジャンルも様々なアーティストのライヴのサポートやレコーディングに積極的に参加するなど課外活動的な動きが多かった彼らだが、今作ではそれらがバンド自体にも良い方向にフィードバックされた快作に仕上がった。OTOTOYではそんな今作より、ラスト・ナンバーである「Quinty」をアルバムの発売より2週間独占先行配信開始。メンバー全員のインタヴューと共にお楽しみください。 5/24のアルバム発売に先駆け、M-09 「Quinty」を2週間先行配信!!!Yasei Collective / FINE PRODUCTS'【Track List】01. HELLO02. Interlude-103. Shinkado04. Inter
老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順(LessThanTV)×増子真二(DMBQ)×吉田肇(PANICSMILE)によるアラフィフ対談!!
[POWERPUSH]・2017年05月03日・老害と若作りはどっちが恥ずかしい?──谷ぐち順 × 増子真二 × 吉田肇によるアラフィフ対談!! 日本のアンダーグラウンド・シーン最重要レーベル〈Less Than TV〉主宰、そして現在はフォーク・シンガー・FUCKERとして活動する谷ぐち順、日本、果ては世界で轟音を鳴らし続けてきたDMBQのリーダーとしてはもちろん、BOREDOMSへの参加やエンジニアとしても活動をする増子真二、幾度に渡ってメンバーチェンジを繰り返しながらオルタナティヴ・ロックの地平を切り拓いてきたPANICSMILEのギター、ヴォーカル・吉田肇。そんな泣く子も黙る日本のオルタナティブ・シーンの重要人物3人も、思えば50歳目前。今回、谷ぐちが現在ベースを担当するLimited Express(has gone?)企画「LIVE JUNK」にDMBQとPANICSMILEが出演することを記念し、3人によるSkype対談が行われた。谷ぐちと増子は同郷、初期の〈Less Than TV〉を築いてきた2人であるが、増子と吉田は意外にも初めてのコンタクトということで、もちろんこの3人が集まることは初めての貴重な対談となった。アラフィフ3人の同世代
8bitから、より自由に──歌うDTMガール・谷本早也歌の最新作ハイレゾ配信&期間限定フリーDLスタート!!
[POWERPUSH]・2017年05月02日・8bitから、より自由に──歌うDTMガール・谷本早也歌の最新作ハイレゾ配信&期間限定フリーDLスタート!! 作詞・作曲・歌唱を全て自分で務め、チップチューンをベースに独自の世界観を持つ楽曲を収録した『まほうのおんがく』にてデビューを果たした谷本早也歌。愛知のバンド、H△Gとのスプリット・アルバムやアイドル・グループ、ハッピーくるくるへの楽曲提供、NHK Eテレ「シャキーン! 」へのコラボ・ソング参加など各方面で目覚ましい活躍を見せてきた彼女が1年半ぶりとなる新作『箱の中の少女』をこの度リリースした。前作に比べると8bitサウンドは影潜めたものの、彼女の素晴らしい感性が冴え渡る今作をハイレゾにて配信するとともに、彼女へのインタヴューを掲載。また、リリースを記念してタイトル・ナンバーの「箱の中の少女」の2週間限定フリー・ダウンロードも始まっているのでそちらも是非チェックを。 谷本早也歌 / 箱の中の少女'【Track List】01. 箱の中の少女02. クモリノチハレ03. あわいこい04. 水辺にて05. PALPITO06. 待ちぼうけ07. a piacere08. Mysterious Cave09
『うたわれるもの SUPER LIVE 2016』32bit floatで独占配信&Suaraインタヴュー
[POWERPUSH]・2017年04月26日・『うたわれるもの SUPER LIVE 2016』Suaraインタヴュー&32bitOTOTOY独占配信開始 2016年12月19日CLUB CITTA’ KAWASAKIにて行われた『うたわれるもの SUPER LIVE 2016』。Blu-rayでのリリースに続き、ハイレゾでの音源も到着した。OTOTOYでは32bit floatで独占配信とアルバム購入特典で歌詞データが同梱(M.4以外)。「うたわれるもの」シリーズのアニメ、ゲーム楽曲のみで構成され、クロウ役の小山剛志、エルルゥ役の柚木涼香もゲスト・ヴォーカルで出演した記念すべきライヴについて、「うたわれ」とともに歩んできたSuaraにインタヴュー。 アルバム購入者から抽選で1名にメッセージ入りミニ・サイン色紙プレゼント!Suara / うたわれるもの SUPER LIVE 2016'【Track List】01. 不安定な神様 / 02. 君だけの旅路 / 03. adamant faith / 04. まどろみの輪廻 / 05. 夢想歌2016 / 06. 恋夢 / 07. 永久に2016 / 08. 麗しき世界 / 09. 運命-SADAME-
LEF!!! CREW!!! は迎合しない──転機の2017年、パンクとしてのダンス・ミュージックを極めるWSZ80決意表明インタヴュー
[POWERPUSH]・2017年03月17日・LEF!!! CREW!!! は迎合しない──転機の2017年、パンクとしてのダンス・ミュージックを極めるWSZ80決意表明インタヴュー UKやUSのアンダーグラウンド・ミュージックに触発されたパンク・ロッカー、WSZ80(ワシズ・エイティ)によるダンス・ミュージック・ユニットLEF!!! CREW!!! 。彼らの高い熱量を持って繰り広げるDJパフォーマンスとフロアの狂乱ぶりは東京のアンダーグラウンド・カルチャーを語る上で欠かせない物語を生んできた。この度、2016年よりWSZ80のみのワンマン体制となったLEF!!!CREW!!! が転機のEPをリリース。OTOTOYではそのニューEPを、WSZ80へのインタヴューを付してお届けする。 LEF!!! CREW!!! のNEW EPをハイレゾ配信LEF!!! CREW!!! / BOOTLEF 001: STANCE'【収録曲】1. K.I.L.L (short) 2. I Love James Dance, Right? (How To Make A Punk Rock Song)【配信形態】24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC /
sora tob sakana、ファースト・ミニ・アルバムを独占ハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年04月11日・さあ、ファンタジーの世界へーーsora tob sakana、ファースト・ミニ・アルバムを独占ハイレゾ配信 神﨑風花、山崎愛、寺口夏花、風間玲マライカによる4人組アイドル・ユニット、sora tob sakana。1stアルバム『sora tob sakana』もロング・セールスとなっている彼女たちが初のミニ・アルバム『cocoon ep』をリリースした。OTOTOYではこの作品をハイレゾ独占配信。技巧的な楽曲に少女たちの歌声が力強く響く6つのファンタジーを、金子厚武のレヴュー&sora tob sakanaの音楽プロデューサー、照井順政からのコメントともにじっくり味わっていただきたい。 アルバム購入にはブックレットがつきます。sora tob sakana / cocoon ep'【Track List】1. ribbon2. タイムマシンにさよなら3. 夢の盗賊4. tokyo wave5. 透明な怪物6. 夜間飛行 【配信形態】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC) / AAC【価格】''単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込) REVIEW : cocoon
「一夫多妻制アイドル」清 竜人25、OTOTOYラスト・インタヴュー
[POWERPUSH]・2017年04月12日・「一夫多妻制アイドル」が築いた3年の絆ーー清 竜人25、OTOTOYラスト・インタヴュー 清 竜人と5人の妻からなる一夫多妻制アイドル・グループ、清 竜人25。6月17日に幕張メッセイベントホールのコンサートをもって「解散」する彼らが、ラスト・アルバム『WIFE』をリリースした。OTOTOYでは、(1stシングルをのぞいて)リリース毎におこなってきた宗像明将による全員インタヴューも今回がラスト…。果たして有終の美でインタヴューは終われたのか?! どうぞ、『WIFE』を聴きながらお読みいただければ幸いです。 ハイレゾ版購入者に抽選でサインプレゼント!清 竜人25 / WIFE'【Track List】1. 愛してる♡キスしたい♡Hしたい♡2. My Girls♡3. アバンチュールしようよ♡4. 25♡5. Christmas♡Symphony6. Sundayはわたしのモノ♡7. Coupling♡8. マリッジブルーを抱きしめて♡9. マイ♡ワイフ♡イズ♡アイドル10. ねえねえ...11. LOVE&WIFE&PEACE♡【配信形態】【左】24bit/48kHz (WAV / FLAC / ALAC)
極上の「王道ポップス」を! つりビット、2ndアルバムをハイレゾ配信
[POWERPUSH]・2017年04月05日・アイドル・シーンに極上の「王道ポップス」をーーつりビット、2ndアルバムをハイレゾ配信 5人組アイドル・ユニットのつりビットが2ndアルバム『Blue Ocean Fishing Cruise』をリリースした。インパクトのある「つりビット」という名前でデビューをしてから5年。"いちアイドルのアルバム"だけではとどまらない上質な作品性は、前作を更に上回っている。そんな極上の「王道ポップス」をハイレゾでご堪能あれ。 アルバム購入でブックレットPDFつき! さらに抽選でポスタープレゼント!つりビット / Blue Ocean Fishing Cruise'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 2,800円(税込)【Track List】''01.Blue Ocean Fishing Cruise02.裸足のマーメイド03. 渚でラテアート04.妄想フィッシング学園05. Get ready Get a chance06. Chuしたい07. ギョギョギョムーチョ08. 釣り銭はいらねぇぜ09. レモン海岸10. 潮風日記11.
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事