サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、初インタヴュー・前編を掲載!

BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。それに先駆け7月7日まで期間限定フリー・ダウンロードを実施する。さらにメンバー初インタヴューを2回にわたり掲載。前編となる今回は全員インタヴューをお届けするっっ!

待望の1stシングルを7月8日よりハイレゾ配信予定

MIGMA SHELTER / Svaha Eraser

【配信形態】
FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】
単曲 200円 まとめ価格 500円

【Track List】
1. Svaha Eraser
2. Deeper
3. Joint

>>>『Svaha Eraser』のフリー・ダウンロード(2017年7月7日まで)はこちら

INTERVIEW : MIGMA SHELTER

これは、AqbiRecの最終兵器といって過言ではないだろう。BELLRING少女ハートの生みの親でディレクターの田中紘治が「売れるグループを作ります」と声高に宣言、蓋を開けてみたら「サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドル」がそこにはいた。本特集の主役、ミシェルことMIGMA SHELTERのことだ。元・BELLRING少女ハートの甘楽から改名したヨネコがリーダーを務め、セイセイ、ミミミユ、コマチ、アマリ、コテジュンといった賑やかで個性豊かなメンバーが集まった。一体彼女たちはどんなグループなのか? まずは、メンバー6人と田中紘治に初めてのインタヴューを行った。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎

「サイケデリック・トランス」という音楽をやっているグループです

ーーMIGMA SHELTER(以下、ミシェル)は、どんなグループですか?

ヨネコ : 「サイケデリック・トランス」という音楽をやっているグループです!

ーーサイケデリック・トランスってどんな音楽ですか?

ヨネコ : えーーーー、わからなーーーい(笑)!

ーーあははは。この6人が揃ったのはいつぐらいの話なんでしょう?

アマリ : バラバラなんですよね。私とコテジュンは去年の10月終わりくらいに合格したので、ゼアゼアに入った新メンバー3人と同期で。しばらく5人でレッスンをしていたんですけど、2017年に入ってセイセイとミミミユとコマチが入って、いまのメンバーになりました。

アマリ

ーーアマリさんとコテジュンさんはゼアゼアに入る可能性もあったということ?

アマリ : なんか、選べました(笑)。面接で「どっちに入りたいですか?」って田中さんに聞かれたので、私は新グループに入りたいって言って。

コテジュン : 私は「だいたいミシェルだよ」って感じで言われていたので、選択肢を与えられなかったです(笑)。

コテジュン

ーー(笑)。なんで、アマリさんは新グループの方がいいって言ったんですか?

アマリ : ベルハーさんのライヴは何回か観にいったことがあったんですけど、あの世界観が私は怖くて、自分にはできないなと思っちゃったんです。面接の時点で、新グループがどういうグループになるか全然わからない状態だったし、ヨネコも入ることが決まっていなくて。既存のグループに入って先からいる人たちに合わせるのが私はちょっと苦手だったので、一斉にみんなでよーいドンでスタートを切れた方がうれしいなって気持ちがあったので、新グループ希望で入りました。

ーーヨネコさんはベルハー在籍中の12月中旬に、新グループに入るということを聞いたそうですね。それを聞いた時はどんな気持ちだったんですか?

ヨネコ : イヤだった。その時はベルハーが終わりに向かっていた時期で、れーれとカイちゃんと3人で頑張ろうねって話をしてたので「え!?」と思って。訳がわからないし嫌すぎて1回考えるのを辞めました。なのでしばらく「いいですよ」って返事はしなかったんですよ。そしたら勝手に私がいいと思っていると田中さんが思って!

田中紘治(以下、田中) : いや、1回前向きな返事したんだよ。そこから思考停止してたっていうから、もう1回町田のライヴで説明したじゃん(笑)。

ヨネコ : 拒否権がない感じだったから、口では「はい」って言いました(笑)。

ーー(笑)。最終的に、ミシェルとゼアゼアのメンバーはどのようにして決まったんでしょう。

コマチ : 田中さんから「じゃあ、みんな一列に並んで」って言われて、ヨネコと、れーれちゃんとカイちゃんに分けられて。1人ずつ呼ばれて、お前はそっち、お前はこっちって感じに振り分けられたんです。

コマチ

アマリ : ハリー・ポッターの組分けの感じです(笑)。みんな入れ替えられる度に冷や冷やしていたと思うんですけど、前から合格が決まっていたメンバーはだいたい決まっていたんですけど、3人はドキドキだったと思う。

ーー3人はどっちのグループに入りたいか希望はあったんでしょうか?

コマチ : あの頃はゼアゼアがよかった。だからゼアゼアちゃんのお披露目ライヴを「私もあそこに立ちたかった」って気持ちでボロ泣きしながら観ていました。今はミシェルでよかったと思います。

ミミミユ : 私はベルハーを知らなかったから、どっちでもよかったです。

ミミミユ

ーーミシェルって言われたときはどう思ったんですか?

ミミミユ : 「あ、そうかー」って。田中さんがゼアゼアと新グループですごく迷っていて、行ったり来たり1番入れ替え率が高かったんですよ(笑)。

ーーセイセイさんは、どっちがいいか希望はありましたか?

セイセイ : なかったんですけど、ゼアゼアちゃんではないだろうなと思っていました。髪型とか、れーれちゃんと被っちゃったりするから、ないんだろうなって。

セイセイ

売れるためにはなんでもする

ーーこの6人のメンバーが決まってから、どういうグループにしていきましょうっていう話をしたんですか。

コマチ : 本気で売るグループにするって言われました。売れるためにはなんでもするって。

ヨネコ : それで最初、バンジージャンプの企画だったんですよ。

ーーそういうことなんですね。

コテジュン : Twitterで顔出しするための条件がバンジー飛ぶことだったから、みんな飛んだんだよね。最初のスタートみたいな感じ。

ーーヨネコさんは正面じゃなく後ろ向きで飛んだんですよね。

ヨネコ

ヨネコ : そうです。ベルハーのときもバンジーはしたことがあったんですけど、2回目のほうが怖かったです。

ーー3回目もあるかもしれないですね(笑)。

ヨネコ : 本当に泣きそう!!

コマチ : やりたい!!

ーーやりたいって言ってますよ(笑)。

ヨネコ : 私、Twitterのヘッダーがバンジーのときの写真なんですよ。それを見ていると泣いちゃうくらい怖いから、一昨日くらいにヘッダーを消したんですよ…。ヘッダーの圧がやばくて… 本当にやばい。

ーー田中さん、そういう姿を見たら絶対やりたくなる人ですよ(笑)。

ヨネコ : だからやりたくない…。

グループが崩壊するなと思ったんですよ

ーー結果的にみんなバンジーに成功してTwitterを公開しましたが、そこからライヴをするまで時間がかかりましたよね。その間、どんなことして過ごしていたんでしょう?

ヨネコ : 基礎練習とチラシ配りとツイキャスです。ゼアゼアがライヴをしているのを観て、私たちもライヴをやりたくて仕方なかった。デビューまでが時間かかりすぎて、グループが崩壊するなと思ったんですよ。フラストレーションが溜まりすぎていて、人に優しくなれないじゃないですけど、そんな感じでした。

ーー焦りみたいなのもあったんですね。

アマリ : 「いつ、ライヴできますか?」「いつ、曲できますか?」とか聞いてはいたんですけどズレにズレて。このままライヴがないんじゃないかっていう感覚に陥るくらいめちゃくちゃズレたんですよ。私たちは基礎練しかできなくて、基礎練も週一だし、ダンスも歌も歌えないし大丈夫かなって。やさぐれていたし、とげとげしていました(笑)。


MIGMASHELTER お披露目「Upstairs Down vol.1」渋谷WWW X

ーーゼアゼアのお披露目ライヴの時点で、ミシェルのデビュー日は決まっていなかったんですね。

ヨネコ : なんにも決まっていなかったです。

ーー曲は?

ヨネコ : ないです。

コテジュン : 1曲目が8割くらいできているって言われていたけど完成してなくて。

ーー曲はいつもらったんですか?

ヨネコ : お披露目ライヴの2週間前くらい。あとの2曲はお披露目の前日までかかりました。

コマチ : だから最初めっちゃ絶望だった。私はダンス未経験だったので、みんなができている中全然できなくて。めっちゃ足を引っ張っていたし、辞めたいってなった。

ーーその中で臨んだお披露目ライヴ、今振り返ってみてどうでしたか?

セイセイ : いっぱいいっぱいだった。振り入れも前日だったからできるか不安で。

コマチ : でも、お客さんがたくさん入ってくれて嬉しかったです。

コテジュン : 私はギリギリでやばすぎたんですけど… 時間ってすぎるじゃないですか? なので途中から考えることを辞めました(笑)。不安なところがいっぱいあって押しつぶされそうだったから、やれることをやれるだけやって挑んだんです。

ーー達成感はありました?

コテジュン : やりきったっていうのはあります。

セイセイ : あまり記憶にないんですよね。あっという間でした。

アマリ : 私はめちゃくちゃ緊張していて…。昔から緊張しいなんですけど、ダンスを間違えないようにとか歌を間違えないようにとか、立ち位置を忘れないようにとか、いろんなこと考えすぎて緊張しかなかったです。まだ、楽しめなかった。

ーーヨネコさんはどうでした?

ヨネコ : 楽しかったです。みんなが緊張しているのがおもしろいというか、かわいいなって(笑)。セイセイはTwitterではヤンキーみたいな感じなのに1番女子になっていたり、アマリは「緊張しちゃうよー」って頼ってくる感じで。セイセイは1人でぷるぷるみたいな感じ。がんばれがんばれー!! って感じでした。

目標はageHaでのワンマンライヴ

ーーヨネコさんはミシェルでリーダーを務めています。リーダーをやってみていかがですか。

ヨネコ : 私は自分で言いたいことがあるタイプなので、やりやすいっていうか。ベルハーでは私は後輩だったじゃないですか? だから遠慮しつつって感じだったんですけど、ゼアゼアに比べてミシェルはめちゃくちゃうるさいんですよ。私がどんなことを言っても「そんなことない!!」って返ってくる。どんなに「お前はくそ!!」って言っても「お前のほうがくそ!!」って返ってきて、そのくらいの本気度でぶつかり合えるからやりがいもあるし楽しいです。

ーーたしかにゼアゼアとかベルハーに比べて、けろっとしている感じがあるというか明るいですよね。

ヨネコ : それはありますね(笑)。

ーーメンバー同士のコミュニケーションはできているわけですね。

ヨネコ : めっちゃあります。この間もミミミユの誕生日にはみんなでコマチちゃんの家に行っておめでとうってしたし、昨日もライヴでスタッフさんから「もう帰って!!」って言われるぐらい反省会をしていたり。

ーー田中さんからメンバーには、どんなことを話しているんですか。

田中 : わりと任せていますね。1個投げると自分たちでそれを育ててくれるメンバーたちだから。このパフォーマンスに関してはこうやってって言えば、それがどんどんよくなっていく。言われたことを忘れないんですよ。もちろんまだ3曲しかないんですけど、その精度が上がっていく感じ。気になるところは言ってはいるけど、そこから先はある程度任せられている感じですかね。

ーー今後のミシェルの目標みたいなものは定めているんでしょうか。

田中 : 僕の中での目標はageHaでのワンマンライヴ。この6人でageHaをしっかり埋めたい。そこを目標に曲作りとメンバー作りを頑張っていこうかなっていう感じです。そこまでの道をメンバーと共有して、そこを自分たちの目標にするヴィジョンを持てれば、いい予感と実感の両方があるんです。

ーーそれは心強いですね。そのために、直前じゃなくもう少し余裕を持って曲を用意してあげてください(笑)!!

一同 : よろしくお願いします(笑)!

7月8日、個別インタヴュー&ハイレゾ音源配信開始!!

BELLRING少女ハートのもう一つの形、There There Theresをハイレゾ配信

ゼアゼア、待望の1stシングルを先行ハイレゾ配信

There There Theres / Upstairs Down

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】単曲 200円 まとめ価格 500円

【Track List】
1. RadicalHead
2. Upstairs Down
3. ペリカン

>>>初インタヴューはこちら

柳沢あやのソロ・プロジェクト、CLOCK & BOTANの初音源をハイレゾ配信

柳沢あやのソロ・プロジェクト、1stシングルをハイレゾ配信

CLOCK & BOTAN / グルーミィ

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】単曲 200円 まとめ価格 400円

【Track List】
1. グルーミィ (作詞 : 空五倍子、作・編曲 : 三富栄治、Mix : 慎 秀範)
2. トウィンクル (作詞 : 空五倍子、作・編曲 : 三富栄治、Mix : 慎 秀範)

>>>初インタヴューはこちら

BELLRING少女ハートの過去作もハイレゾ配信中

ベルハー、赤坂BLITZでのワンマンライヴをハイレゾ配信

BELLRING少女ハート / 「BABEL」at AKASAKA BLITZ

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】まとめ価格 2,000円

【Track List】
1. WIDE MIND / 2. GIGABITE / 3. get rid of the Chopper / 4. ホーネット '98 / 5. チャッピー / 6. ダーリン / 7. アイスクリーム / 8. クロノスの鎌 / 9. プリティ・シャロウ / 10. ライスとチューニング / 11. 2SoundDown / 12. World World World / 13. c.a.n.d.y. / 14. コミュニケーション・カウントダウン / 15. The Victim / 16. karma / 17. ボクらのWednesday / 18. Crimson Horizon / 19. Orange Slumbers / 20. Beady Riot / 21. 憂鬱のグロリア / 22. rainy dance / 23. ROOM 24-7 / 24. 男の子、女の子 / 25. タナトスとマスカレード / 26. サーカス&恋愛相談 / 27. low tide / 28. 鉄の街 / 29. Starlight Sorrow / 30. bedhead / 31. BEYOND / 32. 夏のアッチェレランド / 33. UNDO / 34. 或いはドライヴミュージック / 35. asthma / 36. the Edge of Goodbye / 37. the Edge of Goodbye

ベルハー初のベスト・アルバムをハイレゾ配信中

BELLRING少女ハート / 「Q」at Zepp Tokyo

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】 まとめ価格 2,000円

【Track List】
1. アイスクリーム / 2. World World World / 3. c.a.n.d.y. / 4. 憂鬱のグロリア / 5. Preasure ~秘密の言葉~ / 6. ホーネット'98 / 7. Manic Panic / 8. Karma / 9. Mr.メルシー / 10. yOUらり / 11. 無罪:Honeymoon / 12. ROOM 24-7 / 13. low tide / 14. D.S.P. ~だいすぴッ~ / 15. get rid of the Chopper / 16. チャッピー / 17. すなっちゃん・なっぽー / 18. Revelry!!! / 19. ヴァント! / 20. 或いはドライヴミュージック / 21. Cherry / 22. ボクらのWednesday / 23. GIGABITE / 24. いんざれいん、いんざだあく / 25. The Victim / 26. Cold Flaver / 27. タナトスとマスカレード / 28. サーカス&恋愛相談 / 29. rainy dance / 30. Starlight Sorrow / 31. 夏のアッチェレランド / 32. WIDE MIND / 33. the Edge of Goodbye / 34. asthma / 35. bedhead

超待望の3rdアルバムを絶賛ハイレゾ配信中

BELLRING少女ハート / BEYOND(24bit/48kHz)

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 150円 / まとめ価格 2,500円

【Track List】
1. ヴァント! / 2. ホーネット'98 / 3. 憂鬱のグロリア / 4. The Victim / 5. Cold Flavor / 6. Manic Panic / 7. すなっちゃん・なっぽー / 8. いんざれいん、いんざだあく / 9. Cherry / 10. BEYOND / 11. Mr. メルシー / 12. チャッピー / 13. ROOM 24-7 / 14. 或いはドライヴミュージック / 15. asthma / 16. ぼくらは生きてる / 17. いんざれいん、いんざだあく(朝倉みずほ ver.) / 18. いんざれいん、いんざだあく(宇佐美萌 ver.) / 19. いんざれいん、いんざだあく(柳沢あやの ver.) / 20. いんざれいん、いんざだあく(カイ ver.) / 21. いんざれいん、いんざだあく(甘楽 ver.) / 22. いんざれいん、いんざだあく(仮眠玲菜 ver.)

※まとめ購入のお客さまには「いんざれいん、いんざだあく」の各メンバー、ソロ・パート音源が特典としてつきます。

BELLRING少女ハート、新境地を開く2ndアルバムをハイレゾ配信中

BELLRING少女ハート / UNDO THE UNION(24bit/48kHz)

【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz) 単曲 150円 / まとめ価格 1,800円

【Track List】
1. Starlight Sorrow / 2. プリティ・シャロウ / 3. クロノスの鎌 / 4. rainy dance / 5. Orange Slumbers / 6. kUMA GOQLI / 7. c.a.n.d.y. / 8. get rid of the Chopper / 9. 月の真下でオオカミさんに尋ねました。 / 10. ヒバリの空 / 11. プラスチック21g / 12. 男の子、女の子 / 13. Karma / 14. タンジェリン細胞 / 15. Crimson Horizon / 16. UNDO / 17. Revelry!!!

BELLRING少女ハート、衝撃の1stアルバムをハイレゾ配信中

BELLRING少女ハート / BedHead

【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz) 単曲 150円 / まとめ 2,000円

【Track List】
1. World World World / 2. the Edge of Goodbye / 3. D.S.P ~だいすぴッ~ / 4. ボクらのWednesday / 5. Shout!!! / 6. ライスとチューニング / 7. 夏のアッチェレランド / 8. Pleasure ~秘密の言葉~ / 9. サーカス&恋愛相談 / 10. yOUらり / 11. BedHead / 12. ダーリン / 13. アイスクリーム / 14. Teck Teck Walk / 15. WIDE MIND

>>田中紘治(BELLRING少女ハート ディレクター)へのインタビューはこちら

ベルハーによる架空のサントラ・ミニ・アルバムを絶賛ハイレゾ配信中

BELLRING少女ハート / 13 WEEKS LATER EP(24bit/48kHz)

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 200円 / まとめ価格 1,000円

【Track List】
1. タナトスとマスカレード
2. 無罪:Honeymoon
3. GIGABITE
4. 雛鳥エスカレーション
5. low tide
6. 鉄の街

ハイレゾについてはこちらから

リキッドルームでのワンマン・ライヴをOTOTOY独占ハイレゾ配信

BELLRING少女ハート / LIVE at 黒い羽集金ツアー・東京公演(24bit/48kHz)

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 150円 / まとめ価格 2,000円

【Track List】
1. タンジェリン細胞 / 2. 夏のアッチェレランド / 3. World World World / 4. c.a.n.d.y. / 5. ヒバリの空 / 6. クロノスの鎌 / 7. yOUらり / 8. Crimson Horizon / 9. get rid of the Chopper / 10. プラスチック21g / 11. D.S.P. / 12. ボクらのWednesday / 13. 月の真下でオオカミさんに尋ねました。 / 14. REVERLY!!! / 15. Tech Tech Walk / 16. 男の子、女の子 / 17. ダーリン / 18. アイスクリーム / 19. サーカス&恋愛相談 / 20. the Edge of Goodbye / 21. プリティ・シャロウ / 22. Orange Slumbers / 23. rainy dance / 24. WIDE MIND / 25. UNDO / 26. kUMA GOQLI / 27. Karma / 28. Starlight Sorrow / 29. bedhead

※まとめ購入のお客さまには、「黒い羽集金ツアー」最終公演のオープニング映像が特典でつきます。

BELLRING少女ハートのライヴを知らないなんて人生の半分損してるぜ

BELLRING少女ハート / LIVE at お腹が痛い! vol.4

【配信形態】
DSD 5.6MHz+mp3 ver. まとめ購入のみ 1,200円
HQD(24bit/48kHz)ver. 単曲 150円 / まとめ 800円

【Track List】
1. yOUらり / 2. World World World / 3. アイスクリーム / 4. ライスとチューニング / 5. ボクらのWednesday / 6. the Edge of Goodbye



※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。
※DSD 5.6MHz+mp3 ver.には、楽曲のDSFファイルとDPPファイル、全曲のmp3トラックが同梱されております。

>>DSDの聞き方はこちら
※5.6MHz DSDの音源は、ご使用の再生環境によっては再生できない可能性もありますので、ご購入の前にご確認ください。
※DSD DISCでお聴きになる場合は、DSD(2.8MHz)にダウン・コンバートしてご使用ください。

ベルハー史上最大のキラーチューン、そして最大の問題曲をハイレゾ配信

BELLRING少女ハート / EPEP EP(24bit/48kHz)

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 150円 / まとめ価格 500円

【Track List】
1. rainy dance
2. 男の子、女の子
3. rainy dance(instrumental)
4. 男の子、女の子(instrumental)

朝倉みずほ(BELLRING少女ハート)とちーぼう(ゆるめるモ!)からなる2人組ユニットのデビュー作をハイレゾ配信

Escalator or Elevator / Entrance EP(24bit/48kHz)

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 150円 / まとめ価格 500円

【Track List】
1. The People's Choice
2. 恋と車とデモクラシー
3. The People's Choice(Instrumental)
4. 恋と車とデモクラシー(Instrumental)

2014年初シングルをOTOTOYハイレゾ配信

BELLRING少女ハート / Killer Killer EP(24bit/48kHz)

【配信形態】 HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 150円 / まとめ価格 450円

【Track List】
1. Crimson Horizon
2. プラスチック21g
3. kUMA GOQLI

2013年末にリリースされたシングルをハイレゾで

BELLRING少女ハート / Untouchable EP

【配信形態】 HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 150円 / まとめ価格 500円

【収録曲】
1. 月の真下でオオカミさんに尋ねました。
2. c.a.n.d.y.
3. ライスとチューニング 懺悔MIX (TAICHI MASTER feat.HELクライム)
4. 月の真下でオオカミさんに尋ねました。(off vocal)
5. c.a.n.d.y.(off vocal)


『Untouchable EP』より「c.a.n.d.y.」のMV


PROFILE

MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)

2017年4月16日デビュー・ライヴ。
サイケデリックトランスで歌い踊る幻覚系アイドル・ユニット!
あなたもミシェルと共に刺激的な音を求めてバッキバキの旅に出よう!
ヨネコ、セイセイ、ミミミユ、コマチ、アマリ、コテジュンの6人組。

公式サイト

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事