GANG PARADE インタヴュー、ココ・パーティン・ココ編「みんなの気持ちを繋げる役割になりたい」

POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、GANG PARADEの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタルトレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第3回は、ココ・パーティン・ココ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の3回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!!

>>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.3 はこちら<<

GANG PARADE、現体制2ndシングルを配信スタート

GANG PARADE / FOUL

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. FOUL
2. Close your eyes
3. FOUL(inst)
4. Close your eyes(inst)



GANG PARADE「FOUL」MUSIC VIDEO


INTERVIEW : ココ・パーティン・ココ

2016年9月に行われた新生BiS合宿オーディションの落選メンバーで結成されたグループ「SiS」。そのメンバーとして、テラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソンとともに活動をはじめるも、初ライヴをもってグループは活動休止という事態に。絶望ともいえる状況から諦めずにGANG PARADE(以下、ギャンパレ)への加入を決め、いまでは四六時中ギャンパレのことを考えているというココ・パーティン・ココ。彼女は強いグループへの愛情と高い目標を持ちながら、グループの雰囲気を作るムードメーカーでもある。ココはどのようなことを考え、どういう気持ちで活動しているのか。じっくりと話を訊いた。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : Jumpei Yamada

ここ最近、ずーっとギャンパレのことを考えている

ーーアヤ・エイトプリンスがギャンパレへレンタル移籍し、現在7人で活動中していますけど、ココは現状をどのように捉えていますか?

ココ・パーティン・ココ(以下、ココ) : 悪くはないと思うんですけど、特別よくもないのかなって。みんな仲もいいし雰囲気はいいんですけど、まだいける!! っていう気持ちがあるので、全然満足はしていないです。

ーーまだまだ伸びしろはあるっていう気持ちが強いんですね。

ココ : そうですね。BiSはレンタル移籍した直後にシングル・リリースがあったり、衣装が変わったり、いろいろな変化があったじゃないですか? お客さん的に変化がたくさんある方が楽しいと思うんですよ。そういう面で、ギャンパレは次のシングルに向けてじっくり練習をしている段階なんです。とはいえ、アヤがギャンパレにいる期間はそんなに長くないので、悠長なことは言っていられなくて。そういった焦りもありつつ、「夏、見てろよ!!」と思いながら練習をしたり準備をしたりしています。

ーーTwitterを見ていると、ココは常にギャンパレのことを考えているなと思うことが多くて。ギャンパレ関連のつぶやきへのファボは相変わらず早いですよね(笑)。

ココ : ここ最近、ずーっとギャンパレのことを考えていて。家にいるときも、ギャンパレ以外のことをなにも考えていない。ギャンパレに入ることなく大学生活をしていたらこういうことはなかっただろうし、こんなに熱中できるものも今までなかったから、自分の中でそういうものが1個あることはありがたいことだなと思っています。

ーーちなみに、家にいるときはどんなことを考えているんですか。

ココ : メンバーのことだったり、ファンの人のこと、次のライヴのセトリを見てどういう表現をしようってことを考えたりしています。最初のころは振りを間違えないようにすることで精一杯だったんですけど、もっと格好よく見せたいなと思うようになってきて。自分のフリー・パートでどうやって踊ろうってことを考えたりもします。でも、基本的にはファンの人のことやメンバーのことを考えているかな。

ーーメンバーのことっていうのは?

ココ : 例えば、メンバー間の空気のこととか。正直、ピリピリしている時期とかもあるんですよ。それはそれで大事だと思うんですけど、自分的にはいいピリピリじゃないときが嫌で。緊張感は大事なんですけど、みんなのテンションが相乗的に上がって、いいものができる「プラスの空気感」を常に保っていたい。それをどうやったり作り続けるのかを、メンバーと一緒にいるときも家にいるときも考えています。サキちゃんがいなくなってから圧倒的に指示する人がいなくなったので、みんなで頑張っていかないといけない。実際、それによって1人1人の発言が増えたし、それを聴いて、こうやって思っていたんだってことがパフォーマンス面でもわかるようになってきていて。私とユユ、ドクソンは最初のころ、遠慮して自分の意見を言えなかったんですけど、最近ようやく言えるようにもなってきたんです。

引っ張ってくっていうよりはまとめたいんです

ーーアヤは、2016年9月にBiSの合宿オーディションで一緒に戦った仲間でもあります。BiSに合格したアヤがギャンパレに加入して、一緒に活動することになったときはどういうふうに思いました?

ココ : すっごく変な感じでした。私自身、BiSに対してのコンプレックスと対抗心は一生消えないと思うんですよ。仮にギャンパレがBiSよりも売れたとしても消えない。いまでも「SIS消滅の詩」で落選したシーンを観ると、あの時の記憶を鮮明に思い出すんですよ。でも、そのとき合格したメンバーであるアヤにうちらが一生懸命教えていて、アヤがうんうんって聞いているのを観ながら「この人、オーディションで合格してるのになあ」って(笑)。こんなこともあるんだなあって微笑ましい気持ちになったりする時もあるし、同時にしっかりしなきゃとも思うんです。

ーーたしかに、合宿オーディションのときからすると想像しない事態ですよね。

ココ : 「まさかアヤがギャンパレの曲を!?」って感じです(笑)。

ーー ココから見て、アヤはギャンパレに馴染めていますか?

ココ : ギャンパレを楽しんでいる感じはあるし、居心地はいいのかなと思います。ただ、BiSと比べて楽とかそういう気持ちで居心地がいいのであれば嫌だから、その空気感はうちらで作っていかないとと思っています。アヤも〈ギュウ農フェス〉やリキッドルームでBiSのライヴを観ていろいろ思っていることはあると思うんですけど、ギャンパレで頑張りたいと思っているのは本心だなってことがすごく伝わってきている。BiSに未練があるような発言もしないし、ギャンパレに対して頑張りたいって気持ちが上回ってると私は思っています。

ーー逆に、ココの吐き出し口があるのかというのも心配です。さっきの話じゃないですけど、Twitterで気になる発言をしているときもあるじゃないですか。

ココ : 最近は大丈夫です!

ーー何か解消方法が見つかった?

ココ : 今までは、自分のキャラを出すのがいいのか悪いのか探すのに葛藤していたし、わからなかったんですよ。今は、そういうことをあまり考えずにできるようになったのかなと思っていて。「FULL CHORUS」っていうスカパーの番組に出演したときに台本が用意されてたんですけど、流れで私がしゃべるところが過ぎちゃったんですよ。タイミングを見計らってアドリブで話したら、その部分が結構使われていて。そういうところから自分の出し方も少しずつわかってきたし、楽しくなってきた。昔は、これを言ったら嫌われるかな? とか、アイドルとしてこれを言ったら反感を買うかな? とか思っていたんですけど、前よりはナチュラルにできるようになったので、そこに対してあまり悩んだりはしなくなったかなと思います。

ーーココは人一倍、気遣いなところがありますからね。

ココ : そうやって思ってくれる人が少なくて(笑)。

ーーみんな気がついていると思いますよ。ちょっとした空気の変化を読み取って、1番気にしているのはココなんじゃないかなとも思いますし。

ココ : 空気感は大事にしたくて。本当に伝わるんですよ。特に、お客さんは見ているし、伝染するスピードも速い。ギャンパレのなかで私はみんなの気持ちを繋げる役割になりたい。サキちゃんがいなくなって、バラついている気持ちも各々あるだろうし、先輩後輩あんまり関係ない状態に今はしないといけないし、対等に意見を言って相乗効果が起こるようにしないといけないのかなって。自分も意見しつつ、引っ張ってくっていうよりはまとめたいんです。固めたいというか。

私、すっごく心配性なんですよ

ーー最初、サキちゃんが加入したBiSを観たときは、どういうことを感じましたか。

ココ : 〈ギュウ農フェス〉のときは、うちらのライヴが悪かったわけではないんですけど、BiSのライヴのほうが刺さるものがあって。4月の後半はギャンパレのワンマンがあったり、リリース週があったりしたので、あまり練習に入れなかったんですよ。その時、BiSはしっかり練習して詰めていてから、その結果が出たのかなって。うちらももっと無理してレッスンを入れるべきだったし、そういう面を反省して今は練習量を増やしたりしています。うちらのリリースがない時期に、詰めてやりたいなと思ってめちゃくちゃ練習しています。〈ギュウ農フェス〉のとき、最高だったと思える準備段階が少なくて自分たちに自信が持ちきれなかったから、悔しい気持ちが出ちゃったと思うんですよ。パフォーマンス云々より、自分たちの心持ちがぎゅって固まりきれてなかった。

ーーあのとき、BiSはやり残したことがないといえるくらい考えつくして、練習し尽くしてライヴに臨んでいるのが伝わってきましたからね。

ココ : そう。5人の練習と、新メンバーが入った7人での練習を並行してやっていたと思うんですけど、両方しっかりやっていたんだと思う。時間がなかったっていうのは言い訳にしたくないし、そういう気持ちの面で負けちゃったのかなって。

ーーその悔しさを経たことで、意識も練習方法を変わったんですね。

ココ : 練習を増やしました。1曲1曲細かく決め事を決めてやっている状態です。何回も動画を確認して練習している。「サキちゃんがいなくなったから、揃っていないね」とか言われないように、1曲1曲精度を上げるように前より丁寧になったし、この1ヶ月でだいぶ精度的なものは上がったかなって。まだ全然なんですけど。

ーーBiSのリキッドルーム・ワンマンも7人で見にきていましたけど、あの時はどういうこと思いましたか?

ココ : 〈ギュウ農フェス〉のときは落ち込んじゃったんですけど、リキッドのときはBiSのライヴを観て奮闘する感じというか、触発されて「うちらもいける!!」って気持ちになった。観てよかったなと思ったし、あのときはキカ、ゴジ、ペリを見ていました。1番意識してかないといけないのは、そこかなって。

ーーその3人の動きはどうでした?

ココ : 格好よかった。全然前と違いました。それまでプー・ルイさんと他のメンバーで1対4みたいな感じだったんですけど、すごい平等に見えた。前のギャンパレもそうだったと思うんですけど、いろんな時期のメンバーが混ざることによって平等になるというか、いろんなメンバーに目がいくようになったので、ギャンパレも油断してられないなと思いました。

ーー心のどこかで、サキちゃんが戻ってくるかどうかってことは考えていたりする?

ココ : 戻る・戻らないってことは、最初の方に頭から消えていて。それを考えるのが無駄すぎるなと思ったんです。戻ってきても来なくても、頑張り続けないとヤバいじゃないですか? この5ヶ月間で成長して結果を残さないと、どっちにしろ次には繋がらないので、今どうするかを考えて活動しています。

ーーこれから全国5箇所を巡るワンマン・ツアーが始まって、シングルのリリースもあります。そこに対して、どういう気持ちでいますか?

ココ : 6月に入ってまだ2日しか経っていないんですけど(※取材日は6月2日)、夏に向けてどうするかを考えるようになっていて。サキちゃんにずっと任せてたものをやらないといけない。新曲の振りとか時間がかかると思うので、そろそろ意識は新曲に向けていかないとと思っています。それは口で言っているだけじゃなくて、パフォーマンスとかライヴで証明できないと意味がないから、どうやってそれを形で見せたらいいんだろうってことを考えています。

ーーココの中で、どういうふうになったら結果に残ったと思えるんでしょうね?

ココ : 渡辺(淳之介 / GANG PARADE所属する事務所WACK社長)さんから「お前は結果をすぐに出そうとしすぎ」「目先の結果にとらわれすぎ」って言われたことがあって。ギャンパレは、徐々に徐々に積み重ねて進んで来ているのに「お前は徐々にが待てないから」って言われたとき、あーたしかにと思ったんです。この9ヶ月間も徐々に徐々に積み重ねてここまできたわけで、振り返るとたしかにそうだなって。

ーーただ、目に見える形で結果がでないと心配になることもありますからね。

ココ : 私、すっごく心配性なんですよ。ギャンパレとBiSで比べられている今も、すごく焦っちゃうんですよ。そこは今は堪えて気づいたら結果がついてたって感じにしたい。今は虎視眈々的にそれを狙っています。

1人で家にいるときが1番死にそうなんです(笑)

ーー全国ツアー、地元・名古屋公演はココの誕生日前日なんですよね。

ココ : そうなんです! 海の日。すごく楽しみ!

ーーツアーのチケットも各場所、すぐ売り切れるなど、ちゃんと結果はついてきていると思うので、それを続けていって、さらにたくさんの人に届くといいですね。

ココ : そこは、アヤが加入して活動している5ヶ月間の私たちの目標でもあって。私は焦っちゃうのがよくないなと思っているので、どんっと構えてやっていきたい。

ーーこうやって話していると、ココは本当にいろんなことを考えているんですね。

ココ : 考え過ぎなのかな? ただ、ギャンパレに入る前から常に何かを考えているんですよ。ぼーってする時間が全然なくて、朝起きてから寝るまでずーっと何かを考えている。アヤを見ていると、普段何を考えているんだろうって思う(笑)。

ーーあははは。アヤは考える前に身体を動かすタイプな印象がありますもんね。

ココ : 自分はわりとぐるぐる考えちゃうタイプで、気づいたら常に何か考えて生きてることに最近気づきました。

ーーココはよくしゃべるし雑学も豊富だから、ラジオのパーソナリティとかハマりそうだなって気もします。

ココ : やりたい! 最近、ラジオの番組だったりテレビとか、ライヴ以外のところでしゃべる機会があるんですけど、台本で決められているとマジでヤバくて全然できないんですよ。自分で考えて話すことが好きなので、そういう仕事が増えたら嬉しいなって思います。あと、インタヴューもめっちゃ好きで、インタヴューの度にすごいわくわくして、何話そうかなって思って今日もきました。

ーーライヴに加えて、話す仕事も増えていくといいですね。

ココ : そうですね。ただ、ライヴも大好きで。ライヴもコミュニケーションがとれる場所だと思っているんです。私は人とコミュニケーションをとるのが好きなので、ライヴは自分の表現を通して、お客さんの反応を見たりするレスポンスが楽しいなと思っている。だから、1人で家にいるときが1番死にそうなんです(笑)。

ーー1人で考えすぎた結果、見ていて心配になるツイートが生まれてくるんですね。

ココ : 1人でいると本当にダメなんですよね。煮詰まりすぎちゃう(笑)。

ーー家にいる暇もないぐらい忙しくなるかもしれないですよ?

ココ : 6月7月は忙しくなると思うので、どんどん充実させていきたいです!

>>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこちら<<
>>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.2 はこちら<<
>>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.3 はこちら<<

これまでの記事もチェックしておこう!!

個別インタヴュー テラシマユウカ編



>>>「闘志は持ちつつ、落ち着いて自分らしく」
個別インタヴュー アヤ・エイトプリンス編



>>>「今までで1番のギャンパレを絶対に作る」
7人体制での2ndシングル『FOUL』リリース時 インタヴュー



>>>カミヤ、ヤママチ、マイカ、ココ、ドクソンのインタヴューはこちら
>>>ユメノユア、テラシマユウカのインタヴューはこちら
7人体制での1stシングル『Plastic 2 Mercy』リリース時 インタヴュー



>>>カミヤサキ、ユメノユア、ヤママチミキへのインタヴューはこちら
>>>キャン・マイカへのインタヴューはこちら
>>>ココ・パーティン・ココ、ユイ・ガ・ドクソン、テラシマユウカへのインタヴューはこちら
新メンバー、テラシマユウカ 初インタヴュー



>>>テラシマユウカ「いつか死ぬけど、なあなあなまま生きていたくない」

新メンバー、ユイ・ガ・ドクソン 初インタヴュー



>>>ユイ・ガ・ドクソン「期待は越えられなくても想像は越えたい」

新メンバー、ココ・パーティン・ココ 初インタヴュー



>>>ココ・パーティン・ココ「自分たち3人が入った理由を証明したい」

新メンバー、キャン・マイカ 初インタヴュー



>>>キャン・マイカ「私が消極的になったら入る意味がない」

GANG PARADE 第1章を振り返るドキュメンタリー・レポート



>>>5人で駆け抜けた416日の青春ーーGANG PARADE、密着ドキュメンタリー・レポート
シグサワアオ脱退インタヴュー



>>>GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
POPのデビュー舞台となった200km対抗駅伝をレポート



>>>BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか?

はじめてのPOPイタンヴュー



>>>POP、デビュー・アルバムを配信スタート&メンバー初インタヴュー

カミヤサキ活動休止中の4ヶ月を経た4人へのインタヴュー



>>>「100kmマラソン前に4人で過ごしたPOPを振り返る」インタヴュー

密着ドキュメンタリー・レポート



>>>4人で過ごしたPOPの4ヶ月、カミヤサキ100kmマラソン

初のメンバー個別インタヴュー



>>>カミヤサキ編「今は1番目立ちたいし、棟梁みたいな感じでいたい」
>>>イヌカイマアヤ編「続けることで見えてくることもあるのかなって」
>>>ユメノユア編「POPは自分の中ですごい大事な存在だから」
>>>ヤママチミキ編「プラニメがあったからこそ、POPができた」
>>>シグサワアオ編「人生の中での第三次性徴期っていうのかな」

GANG PARADEの音源をまとめてチェック!!

GANG PARADE改名後、初アルバムをハイレゾ配信中

GANG PARADE / Barely Last

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 2,000円(税込)

【Track List】
1. sugar
2. crazy night
3. Barely Last
4. don't forget me not
5. ISSIN ITTAI
6. QUEEN OF POP
7. テヲノバス
8. this is love song
9. WE ARE the IDOL
10. Happy Lucky Kirakira Lucky

GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!

GANG PARADE / WE ARE the IDOL

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. WE ARE the IDOL
2. これはきっとaventure
3. WE ARE the IDOL(inst)
4. これはきっとaventure(inst)


GANG PARADE「WE ARE the IDOL」MUSIC VIDEO


POPの2ndシングルを配信スタート!

POP / QUEEN OF POP

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. QUEEN OF POP
2. 走る!!
3. QUEEN OF POP(inst)
4. 走る!!(inst)


POP「QUEEN OF POP」MUSIC VIDEO


POPの1stシングルを配信スタート!

POP / Happy Lucky Kirakira Lucky

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 800円

【Track List】
1. Happy Lucky Kirakira Lucky
2. Alarm
3. Happy Lucky Kirakira Lucky(inst)
4. Alarm(inst)


POP「Happy Lucky Kirakira Lucky」PV


POP-Period Of Plastic2Mercy-の1stアルバム、堂々のリリース!!

POP / P.O.P

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 2,000円

【Track List】
1. Plastic 2 mercy(POP ver.)
2. pretty pretty good
3. fly away
4. who am I ?
5. UNIT(POP ver.)
6. NEON
7. Lonely lonely lonely
8. 3rd FLOOR BOYFRIEND
9. Daydream
10. Letter


POP「pretty pretty good」PV


プラニメ時代のシングルもチェック!!

>>>カミヤサキ(プラニメ)へのインタビューはこちら
>>>ミズタマリ(プラニメ)へのインタビューはこちら

PROFILE

GANG PARADE

2014年にプラニメとして活動開始。2015年、カミヤサキを中心にイヌカイマアヤ、ヤママチミキ、シグサワアオ、ユメノユアの4名を新メンバーとして迎え、ユニット名をプラニメから“POP”(ピーオーピー)に改名。ロック色の強かったプラニメ時代の楽曲から、POPとしての活動を経てアイドル然とした楽曲へと路線を変更。2016年6月、グループ名をGANG PARADEに再度改名。バリエーションに富んだ活動を行う。

GANG PARADE Official HP