2013年6月18日にデビュー5周年を迎えた、女性シンガーSAWAを、OTOTOYで6月より3ヶ月連続で特集。これまでのSAWAのキャリアを振り返るとともに、彼女のこれからの活動の展望を、音源配信とロング・インタヴューによってあぶり出していきます。まずは、6月9日に開催された自主企画イベント「SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!! ワイワイ!! SAWAのカム着火祭」をレコーディング、DSD配信開始!! また、発売当日7月1日に音霊で行われるライヴもレコーディングし、7月17日にDSD配信いたします。前者は打ち込みメインのライヴ、後者はバンド・セットでのライヴと、同じ曲でも違ったサウンドの色を臨場感溢れるDSD音質でお楽しみいただけます。5周年を迎え、新しい道を踏み出すSAWAの素顔に一緒にせまりませんか?

第1弾配信開始「SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!! ワイワイ!! SAWAのカム着火祭」


SAWA☆Debut 5th Anniversary Live at SHIBUYA Glad

【配信形態】
DSD 5.6MHz+mp3 ver. まとめ購入のみ 900円
HQD(24bit/48kHzのwav) ver. 単曲 200円 / まとめ 900円

【Track List】
1. Blue / 2. Mr.Brown / 3. StarlightPavilion / 4. ハッピーバースデイ / 5. Good day Sunshine


music & performed by SAWA

Recorded & Mixed & Mastered by 高橋健太郎
Recorded at SHIBUYA Glad

All photos by norico
Movie by 藤井伸

Artist Management 高橋亜矢子
Project Director 西澤裕郎(OTOTOY)

>>DSDの聴き方はこちら

※DSD 5.6MHz+mp3 ver.には、楽曲のDSFファイルとDPPファイル、全曲のmp3トラックが同梱されております。5.6MHz DSDの音源は、ご使用の再生環境によっては再生できない可能性もあります。ご購入の前にご確認ください。DSD DISCでお聴きになる場合は、DSD(2.8MHz)にダウン・コンバートしてご使用ください。

※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

LIVE REPORT

2008年、クラブ系アーティストとしてCDリリースし、今ではアイドルをプロデュースするなど活動の幅を広げるSAWAのデビュー5周年を記念した自主企画イベント〈SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!! ワイワイ!! SAWAのカム着火祭〉が6月9日(日)に東京・渋谷GLADにて開催された。このイベントでは、Negicco、のあのわ、そしてSAWA自らがプロデュース(サニーデイ・サービスの田中貴とのツイン・プロデュース)を手がけた4人組声優ユニット・ワンリルキスら、SAWAとゆかりのあるアーティストたちが多数出演。SAWAの5周年に華を添えた。

ロックの日、6月9日にさまざまなイベントがおこなわれる中、エレクトロ・ダンス・ミュージックあり、ロック・バンドあり、アイドルありと、ジャンルレスでカオスな空間となったこの日の渋谷GLAD。開演前のSEでは坂本慎太郎「仮面をはずさないで」やピチカートファイヴ「スウィート・ソウル・レヴュー」など個性的な曲たちが流れている。15時過ぎから始まったイベントのオープニングを飾るのはDJ WASA(ワーサー) a.k.a SAWA。自らのアニバーサリー・イベントを自らのDJでスタート。すでにぎっしり詰まったフロアに向かい、サングラス姿で両手を広げ煽るDJ WASA。観客は圧倒的に男性が多い。モヒカン姿のパンキッシュな男性ファンの姿も見える。佐々木希に提供した楽曲「カラフルワールド」を自身でカバーし、クラブサウンドに改良されたSAWAバージョン等を披露。重く響くキックの4つ打ちと背後のカラフルな映像、天井のミラーボールが気分を盛り上げる。さらにSAWAがカバーした楽曲、レベッカの「ラズベリー•ドリーム」をプレイ。DJ A-beeのライヴにつないでDJ WASAとしての出番は終了。

DJ WASA

イベントはライヴ・ステージの転換の間にDJが入れ替わりでプレイして飽きさせない。DJ Megu(Negicco)が登場すると早くもフロアに陣取っていたNegiccoファンが一斉にテンションアップ。のあのわ、Negiccoがライヴでさらに盛り上げていよいよSAWAが登場、の前に映像で改めてSAWAからのメッセージが流れ、歓声が起こる。さらにビデオでおめでとうコメントが届いており、☆Taku Takahashi、ソウルシンガー多和田えみ、HALCALIのHALCA、キマグレンのISEKI、そしてSAWAのデビューを手掛けた元FreeTEMPOの半沢武志からは、「不思議なわけがわからない子ですが(笑)、それだけ魅力的な子です !」とユーモアたっぷりなお祝いコメントが届き、客席から一際大きな拍手が贈られた。

SAWA

映像が終わると「いえぃっ!」とステージに飛び出してきたSAWAの衣装は、銀のスパンコールに肩には白い羽根がふわふわと舞い、下は電飾付きのキュロット・スカートになったドレス。さらにレースのフードを被り、さながら“宇宙からやってきた白雪姫”といった趣き。とにかく派手! しかも後ろを向くと背中はザックリ開いている。エロい! しかし靴はしっかり踊れそうなバスケット・シューズのような白いハイカットスニーカー。この辺りのラグジュアリー感とカジュアルさのミックスこそがSAWAの魅力なのだろう。オープニングは「Discovery」、続いて「Stars」。恍惚とした表情で歌い踊る姿がセクシーだ。

「こんばんはSAWAです! 電気消そうか? 手動だからこれ!」 とドレスの電飾を手動で消しだすSAWA。そのマイペースぶりに早くも翻弄されそうな観客(笑)。「今日は私が本当に良いと思ったアーティストだけを呼んでイベントをやらせてもらいました! 最後まで盛り上がって帰るように!」もちろん客席は大盛り上がりだ。続く曲はデビュー・ミニアルバム『COLORS』収録の「Blue」。シンプルなトラックに乗せたストレートな恋愛ソング。80年代ポップスを思わせる曲調がDJで聴かせたエレクトロ・ミュージックとは違う嗜好の振り幅を感じさせた。可愛らしいスキャットから始まったのは未発表曲「Mr. Brown」。サビの展開が面白いスイング調の曲だ。今度は「新曲やります!」と王道テクノ・ポップな「StarlightPavilion」へ。覚えやすいメロディで、新曲ながら観客もすぐにサウンドに任せて体を揺らし出した。

「この曲は宇宙からの司令の元に、みんな働いたりしてるんだな~っていう曲(?)です。アーティストってみんな宇宙好きじゃないですか!? 宇宙って好き?」とバックDJに振るが反応なし(笑)。「で、曲だけじゃなくグッズにもこめました。宇宙リスペクトタオルというグッズを(笑)。是非みなさん買って下さい!」と宇宙グッズ販売促進トーク。続いて曲はバラード「心の瞳」。グランドピアノの美しい調べとともに、SAWAの伸びやかな歌声が会場の隅々まで届いた。ファルセットになるかならないかの微妙な高音部分の震えるような歌声が曲の真摯なメッセージをよりリアルに伝えていた。「あいにいくよ」は優しいミドル・テンポのポップス。SAWAの声は線が細いようでいて、実に正確なピッチでしっかりと伝えるべき言葉は力強く届けている。客席から時折「5周年おめでとー!」という声が飛び、会場はハッピーな空間に。

ライヴは後半に入り「盛り上がって行こう~! I Can Fly!」と観客と声を合わせてから「I Can Fly」へ。サビでは「I Can Fly!」の大合唱で盛り上がる。続けてデビュー以来SAWAの象徴になっているミラーボールを片手に持って歌いだした「ManyColors」。この曲のMV同様、間奏でミラーボールをボーリングのようにスローイング! 前半のアンニュイなメロディと対照的に高揚していくサビのリフレインが気持ち良い。最後は高々と頭上にミラーボールを掲げてポーズを決め、拍手の嵐の中ステージを後にした。

観客からのアンコールの声に間髪入れずステージに上がったSAWAは、鮮やかな赤いドレスに早着替え。MCの途中でステージは真っ暗に。「え!?」っと戸惑うSAWAの元にワンリルキス、Negiccoたちがケーキを持って登場、「ハッピーバースデ~SAWA~♪」と5周年を祝うサプライズ。いつの間に仕込まれていたのか、客席からも一斉にクラッカーが鳴らされる! 驚きと感激の表情のSAWA。「ありがとうございます! デビュー当時は何にもできなかったけど、打ち込みをやり出してDTMマガジンに載るようになり(笑)、ガジェット女子と言われるようになり(笑)」と笑わせながらも感謝の言葉。「自分に向けてじゃないですけど(笑)、ハッピーバースデイという曲があるので、歌います」と一際ポップで親しみやすい曲、「ハッピーバースデイ」を心から楽しそうな表情のSAWAにこちらも嬉しくなってくる。「最後の曲です! 盛り上がって帰って下さい!」と歌われたのは、太陽のように明るいポップ・ソング「Good Day Sunshine」。テクノと扇情的なサビメロが融合してグングン盛り上げ、SAWAも「イエェーイッ!」とテンションをフルにアップ。観客も一斉に手を振り上げてアガる、アガる! この日最大の盛り上がりをみせた。曲が終わると、イベントへの来場に感謝の言葉を述べステージを後にするSAWA。その表情は充実感に満ちているようだった。

長時間ながら、最初から最後まで明るく、文句なく楽しめるライヴばかりで全く飽きさせないイベントとなっていた。また、オープニングのDJ姿とエンディングのポップ・ディーバとしての姿の二面性に、今後どんな活動を見せてくれるのか、一層注目したくなるSAWAの5周年記念ライヴだった。(text by 岡本貴之)

SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!! ワイワイ!! SAWAのカム着火祭
2013年6月9日(日)@渋谷Glad
出演 : A-bee(Live set feat.ellie) / COLD BAND BANK / SAWA / Negicco / のあのわ / ワンリルキス
DJ : A-bee / ☆STAR GUiTAR / ミッツィー申し訳 / DJ WASA / DJ Megu(Negicco)

〈SAWAセットリスト〉
1. Discovery
2. Stars
3. Blue
4. Mr.Brown(未発表曲)
5. StarlightPavilion(新曲)
6. 心の瞳
7. あいにいくよ
8. I Can Fly
9. ManyColors
アンコール
10. ハッピーバースデイ
11. Good Day Sunshine

配信第2弾、3弾のリリースが決定!!

配信第2弾 : 「音霊OTODAMA SEA STUDIO」

【配信形態】
DSD 5.6MHz / HQD(24bit/48kHzのwav)

【配信予定日】
2013年7月17日(水)18時

配信第3弾 : 新曲(オリジナル楽曲)

【配信形態】
HQD(24bit/48kHzのwav)

【配信予定日】
2013年8月上旬

デビュー5周年を迎えたSAWAを辿ったインタビュー

2013年6月21日にデビュー5周年を迎えた、女性シンガー SAWA。そのプロフィールは、かなりスマートだ。幼少期にバイオリンとピアノを習い絶対音感を身に付けたところで、音楽人生をスタートさせた。そして本格的な活動は、FreeTEMPOの全面プロデュース作『COLORS』でのCDデビューから。現在では自ら楽曲制作もおこない、佐々木希やアイドル・グループ、ワンリルキスの楽曲プロデュースしたり、活動の幅を広げている。さらにいうと、アーティスト活動をはじめる前は、高校で英語教師をしていたという。まさに音楽にとどまらない多彩な才能の持ち主なのである。

しかし、そのプロフィールを読んで、楽曲を聴いて、ライヴを見て、彼女を理解しようとすればするほど、SAWAというアーティストの中心にはなにがあるのか気になって仕方がなくなってしまった。なんでもできるからこそ、その中心になにがあるのかも見えづらい。日常生活をそのまま歌にしているわけでもなさそうだし、完全なフィクションの世界を描いているわけでもない。そしてサウンドはクラブ・ミュージックを基軸としたり、最近では独唱もしたりしている。一体SAWAとは、どんなアーティストなのか? デビューから5年を迎えた彼女の魅力をつかむべく、2回にわたるインタヴューでじっくりと迫った。

取材 & 文 : 西澤裕郎

>>SAWAの5年を辿るインタビュー(前編)はこちら

PROFILE

SAWA

幼少期にバイオリンとピアノを習い絶対音感を身に付け、音楽人生をスタートさせる。

2008年6月、FreeTEMPOの全面プロデュース『COLORS』でCDデビュー。
2ndミニ・アルバム『TIME&SPACE』でiTune Music Storeのダンス・チャート1位を獲得。
2010年10月、初のワンマン・ライヴを渋谷club asiaで行い、ソールドアウトする。
2010年、打ち込みによる楽曲制作を開始。
同年秋にFM 岡山の番組とのコラボ曲、SAWA作詞作曲による「Mysterious Zone」を配信リリース。
2011年秋、DJ WASA (ワーサー) の名でDJ活動を開始。
2012年4月、佐々木希「カラフルワールド」の作詞・作曲・ボーカル・ディレクションを行い、初のプロデュース作として携わる。(花王プリティアCMソングとしてオンエア)
2012年5月、セルフ・プロデュース曲「Good day Sunshine」を配信リリース。iTunesエレクトロ・チャート初登場5位を獲得。
その歌声が音楽プロデューサー西部敏彦の目にとまり、歌唱参加した「ソプラノレイン」がNHK「みんなのうた」2012年12月、2013年1月のうたとして放送される。
2012年12月19日、6thミニ・アルバム『ソプラノレイン』を2年半ぶりにリリース。
これまでに、6枚のミニ・アルバム、1枚のフル・アルバムをリリース。

ゆるふわなファンシー・ヴォイスとシュールで底抜けに明るいキャラクターで愛され、ヴォーカリストとして多くの作品に参加している、常に多彩な才能が開花し続ける女性アーティストである。

o

 
 

"notable"の最新アーカイヴ

大森靖子『大森靖子黒歴史 EP』を配信開始 & インタビュー
[NOTABLE]・2013年08月16日・ 2013年3月に1stフル・アルバム『魔法が使えないなら死にたい』をリリースした女性シンガー・ソングライター、大森靖子。同アルバムのツアー・ファイナルを渋谷クアトロで開催、レーベル無所属のままソールド・アウトさせ、関係者をはじめ、さまざまな場所で話題をさらった。また、ジャンルの垣根を簡単に飛び越え、BiSやアップアップガールズ(仮)などアイドルとの共演もするなど、いま最も注目を集めるアーティストといえる。そんな大森晴子の黒歴史を暴きだす音源をOTOTOY独占で配信スタート。活動初期に録り溜めた楽曲、いまでは入手困難な楽曲など、全11曲を収録。初期音源のため音が悪いという理由からmp3配信のみだが、大森を知る上では聴かずに通れない作品集となっている。また、9月には教会にてDSDでレコーディングした音源の配信も決定!! アナログ・レコードのような滑らかさと、デジタルならではの透明度を合わせ持つDSDでの音質でお届けする。過去と現在、それぞれを聴き比べて、本人へのインタビューを読んで、大森靖子をより深く知っていただきたい。 いまでは入手困難な初期音源をOTOTOY限定で配信スタート!!大森靖子 / 大森靖子黒歴
by 純三
空気公団と倉本美津留の音楽ユニット、くうきにみつるのファースト・ミニ・アルバムを先行配信&フル視聴スタート!
[NOTABLE]・2013年11月08日・ 空気公団と、放送作家であり、ミュージシャンとしても活動する倉本美津留。この2組が新たな音楽ユニット"くうきにみつる"を結成した。 「なぜこの2組が?」その疑問は少し置いておいて、まずはこの2組が惹かれあい、音楽ユニットを結成した喜びを分かち合いたい。なのでOTOTOYでは今回、アルバムから2曲、フル視聴を行います! フル視聴曲は、倉本が作詞作曲したM2「いっぱい」と、空気公団の山崎ゆかりが作詞作曲したM4「ほんとうの街につもる」をお届け。アルバムでも倉本と山崎が、半々で作詞作曲を担当しています。 さらにはCDより2週間早く、配信をスタート! サウンド・プロダクツにはキセルの辻村豪文、GREAT3の白根賢一、山口ともを迎え完成したファースト・ミニ・アルバム「いろはにほへと」。ぜひいちはやく、あなたの手元に置いてもらいたい。 「いっぱい」と「ほんとうの街につもる」をフル視聴にてお届け!(〜12/10まで)iPhone、iPod touchなどに対応のOTOTOYアプリでも同時に全曲フル視聴を実施中!! OTOTOYアプリについてはこちらをご覧ください。 2週間先行配信もスタート!くうきにみつる(空気公団×
by 西澤 裕郎
埼玉音楽シーン大特集!『SAITAMA LOCAL MUSIC RECONSTRUCTION』
[NOTABLE]・2012年02月16日・ OTOTOYローカル・コンピレーション・シリーズ第3弾は、埼玉!!s-explodeの今井君から、熊谷に在るBLUE FORESTというライヴ・ハウスの店長が急に辞めてしまって非常に困っていると言う旨の連絡をもらう。 飯田「えっ! じゃぁBLUE FORESTは今どうなっているの?」今井「僕と山崎さん(MORTAR RECORD)が無給でブッキングとかしてなんとかまわしているんです。」飯田「えっ! なんでそこまで... 」今井「だって、熊谷が、埼玉が好きなんすよね! 」こんなエモい言葉を言われたらOTOTOY編集長も黙ってはいられません。「今の話、もっと詳しく教えて! ってか、熊谷のこと、埼玉のことをもっと教えてよ! 」 京都、名古屋と続くOTOTOYローカル・コンピレーション・シリーズ第3弾は、埼玉。埼玉のキーパーソン、熊谷から今井(s-explode)と山崎やすひろ(MORTAR RECORD)、大宮からkussy(Fragment)、秩父からヒキマ(ladderladder / HOCKLE HOCK)と共に伝える『埼玉の今』。彼らが集めた27バンドのコンピ『SAITAMA LOCAL MUSIC
by JJ
大森靖子、教会でDSDネイティヴ録音&ネイティヴ・ミックスした音源を26歳誕生日にリリース!
[NOTABLE]・2013年09月18日・ 「なんでもない日おめでとう!」なんて言葉もあるが、本日9月18日は特別な人の誕生日である。そしてその特別な人の誕生日を、もっと特別にするために、OTOTOYから新たな音楽をリリースする。 『大森靖子 at 富士見丘教会』。そう、9月18日は大森靖子の生誕日なのだ。 ギター一本で、あらゆるライヴハウスに行き、時にはアイドル・シーンにも切り込んで、やわらかな歌声で歌ったかと思えば、突き飛ばすようにギターをかきむしる。激情的なようで非常に冷静にも見える。簡単に理解できないからこそ心奪われるシンガー・ソング・ライター、大森靖子。OTOTOYではDISK UNIONとの共同企画「NEW SENSATION」からはじまり、度重なるライヴ・レポート、そして『黒歴史音源』のリリースと、彼女に注目し続けてきた。 そんな彼女と、楽器/音響機器メーカーKORG社の協力によって、今回、世武裕子のピアノ聴き比べ、キセルの「お風呂でキセル」と続く、DSD5.6MHzネイティヴ録音&ネイティヴ・ミックスによる音源制作を行った。 場所は下北沢、富士見丘教会。蝉の声が鳴り止まない夏の日、教会のやわらかな反響。詳しくは下記レコーディング・
by 純三
2013年、OTOTOYが取り組んできたDSD関連の活動を総まとめ!!
[NOTABLE]・2013年12月27日・ 2013年もいよいよ大詰め。今年もいろんなことがありましたね。音楽業界に限って言えば、2013年はSONYが"ハイレゾ音源"対応の再生機器を一挙に発表したことで、CD以上の音質で音楽を聴くということが、かなり一般的になった一年だったと思います。そして、そんな"ハイレゾ音源"の最高峰に位置しているのがDSDです。DSDとは、一般的なCDとはまったく違うレコーディング形式を採用し、アナログ・レコードのように滑らかな音質と、デジタルならではの透明度を両立させた高音質フォーマットのこと。OTOTOYでは、2010年からDSD配信を進めてきましたが、今年に入ってようやく、その魅力が多くの人に伝わってきたな、という手ごたえを感じているのです。そこで、2013年、OTOTOYがどのようなDSD音源をリリースし、どのような活動を展開してきたか、簡単に歩みを振り返ってみたいと思います。OTOTOYによる2013年のDSD総まとめ、ぜひご覧ください。 OTOTOYによる独自レコーディング音源、売れてます何と言っても、OTOTOYが最も力を入れて取り組んできたのは、OTOTOY独自のDSD音源のリリースです。銭湯、教会、キャ
湯川潮音、大倉山記念館で行ったDSD録音をリリース
[NOTABLE]・2013年12月13日・ まさにDSDの真価を発揮する、そんな音源に仕上がりました。〈DSD SHOP 2013〉とのコラボの一貫として生まれた『湯川潮音 at 大倉山記念館』。最新アルバム『濡れない音符』から「にじみ」、2010年の3rdアルバム『クレッシェンド』から「ロンリー」、この2曲に加えて、なんと、ライヴ以外ではいまはここでしか聴けない、チャーミングな新曲「お客様故障サポートセンター」を演奏しています。豊潤なチェロの響き、ピアノはときに優しく語りかけ、ときにダイナミックにスウィングする、湯川のギターとヴォーカルは楽曲ごとに、いや楽曲のなかでも豊かに表情を変えていく――それらはすべてこの音源データのなかへと封じ込められているかのようだ。再生をすると、楽器の配置や、部屋の奥行き、空気の振動、アーティストの息遣いすらもそこに立ち現れる。この音源は、できればDSDで、そしてハイレゾ音源(24bit/48kHzのWAV)で、音と音の間、その余韻も含めてじっくりと楽しんで欲しい。そんな音楽となりました。 会場として選ばれたのは、神奈川県大倉山にある大倉山記念館。北海道銀行本店、横浜正金銀行東京支店など重厚で格調高い建築を数多く手が
by 浜 公氣
平賀さち枝、天命反転住宅で行ったDSD録音音源をリリース!
[NOTABLE]・2013年12月06日・ キセルとお風呂、大森靖子と教会、バンバンバザールと森などなど、OTOTOYは特別な場所の響きを"DSD"という最高音質で録音し、お届けしてきました。しかし、その"DSD"は、なかなか一般的に聴ける環境ではないことも事実。そこで、その音を絶対に体感してほしいという想いのもとはじまったのが《OTOTOY DSD SHOP》。その《OTOTOY DSD SHOP 2013》が開催することを祝してDSDレコーディングを決定! それが今回リリースとなる『平賀さち枝と天命反転住宅』。不思議な地場を持つ住宅で、アコースティック・ギターの弾き語りの録音をじっくりと行ってきました。 三鷹天命反転住宅は、2005年に芸術家、建築家の荒川修作+マドリン・ギンズにより建てられた「死なないための住宅」。「In Memory of Helen Keller ~ヘレン・ケラーのために~」とも謳われている。一見不自然である特殊な空間ゆえに、さまざまな身体能力の違いを越えて住む人それぞれに合った使用の方法があり、それは自由である。与えられた環境・条件をあたりまえと思わずにちょっと過ごしてみるだけで、今まで不可能と思われていたことが可能に
by 純三
クラムボン原田郁子が手掛けた、舞台「cocoon」のサウンドトラックをOTOTOYで独占配信!!
[NOTABLE]・2013年11月21日・ マンガ家、今日マチ子の描いた「cocoon」。第二次世界大戦末期・沖縄戦に動員された少女たちから着想を得た代表作である。この作品が2013年夏、藤田貴大が主催する演劇団体「マームとジプシー」によって舞台化。原作にそのまま取り組むだけではなく、今日自身が書き下ろした新しいイラストや、藤田の独特な身体感覚・立体感覚、役者たちの瑞々しい存在感、そしてSEを交えた音空間により、新たな解釈、息吹が与えられた。 舞台の音楽を手掛けたのはクラムボン、原田郁子。「彼女たちにとってのcocoon(繭)とは?」を手がかりに「聴きたかった音、声は?」「海とは?」などの問いを、藤田貴大、そしてレコーディング・エンジニアのzAkとともに丁寧に見つめ、舞台の閉幕まで試行錯誤をつづけ、そしていま、ここに集約された。 舞台のために書き下ろされた新曲「とぅ まぁ でぃ」をはじめ、ソロ曲「青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている」や「風色夏恋」の新録、フィッシュマンズやbloodthirsty butchers、ニール・ヤングなどのカヴァー曲を含む、全32曲。ほぼ劇中で使われた時系列のまま並んでおり、教室での無邪気なシーンから、ガ
by JJ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事