ニューウェイヴ脱力アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、9月18日にミニ・アルバム『New Escape Underground!』をリリース。OTOTOYでは、同アルバムをHQD(24bit/48kHzのwav)での先行配信が決定!! ノイ!を意識した10分越えのクラウト・ロック調の楽曲「SWEET ESCAPE」(ジャケットにも注目!)から、カラフルなエレクトロ・ポップ「逃げろ!!」「花のドイリー」、ライヴのオープニング・ナンバー「ゆるトロ (slo-モ!)」まで、いろの違う4曲が、それぞれのインストゥルメンタル楽曲とともに収録。新メンバーの世界同時募集や予告スカウトなど積極的に新メンバー募集も行っており、本作を軸に新しい動きを見せそうな彼女たちから目が離せない!!

新作ミニ・アルバムを高音質で2週間先行配信!!

ゆるめるモ! / New Escape Underground!

【配信形態】
HQD(24bit/48kHzのwav)

【価格】
単曲 200円 / まとめ購入 1,000円

【Track List】
1. ゆるトロ (slo-モ!)
2. 逃げろ!!
3. 花のドイリー
4. SWEET ESCAPE
5. ゆるトロ (slo-モ!) (Instrumental)
6. 逃げろ!! (Instrumental)
7. 花のドイリー (Instrumental)
8. SWEET ESCAPE (Instrumental)

NEU! の遺伝子を感じさせる予期せぬアイドル・グループ

以前、OTOTOYにゆるめるモ! のインタヴューを掲載したとき、プロデューサーの田家大知から、ゆるめるモ! の「!」を全角にしてほしいと言われ、不思議なこだわりを持っている人だなと思ったことがあった。あれから半年の後に届いた2作目となる今品『New Escape Underground!』を聴いて、なるほどそういうことかと思った。本作のアルバム・ジャケットは、ドイツにて70年代に活躍したクラウト・ロック・バンド、ノイ! のファースト・アルバムのオマージュだ。裏ジャケットはこれまたノイ! の『NEU! 86』のオマージュ、さらにいえば1曲目の「ゆるトロ (slo-モ!)」は、同アルバムの「Intro (Haydn slo-mo)」をもじっている。となると、ゆるめるモ! の「!」は、ノイ! の「!」からきているのだろう。だめ押しとして、本作のアルバム・タイトル『New Escape Underground!』の頭文字をつなぎ合わせると…。ここまで言えば、ゆるめるモ! というアイドル・グループが、どれだけノイ! の影響下にあるのかということがわかるだろう。

左から、表ジャケット、裏ジャケット

その影響が最も強い形で現れているのは、本作収録の10分を越えるクラウト・ロック調の楽曲「SWEET ESCAPE」である。おそらくだけど、アイドルがクラウト・ロックを歌うのは初めてなんじゃないだろうか。メンバーが歌っている部分より楽器が鳴っている箇所のほうが多い(笑)。いわゆるハンマー・ビート、機械的な8つ打ちのバスドラが現代風のエレクトロ音と相まって、かわいらしくも無機質に鳴り響いている。

これを聴いていると、田家が本当にやりたいことをやっているんだなと思い、拍手を送りたくなる。BELLRING少女ハートのディレクター、田中紘治も言っていたけれど、大人がやりたいことを妥協せずやらせることによって、予期せぬグルーブが生まれていく。ゆるめるモ! は、田家が原宿と秋葉原の路上でスカウトした女の子によって結成されたグループだ。その時点で、普通のアイドル・グループのようになるはずがない。そもそもアイドルになりたいと思っていた女の子かどうかわからないのだから、行く先がどうなるかは誰にもわからない。ゆえに、ゆるめるモ! のメンバーがノイ! をリスペクトしている必要はまったくなくて、自分たちの思う通りに目の前のことに全力で取り組んでいけば、誰も予期していなかった方向に行き着くに違いない。だったら、田家も自分の好きなことを突き詰めたほうが、おもしろいに決まっている。そうして完成したひとつのかたちが、本作だと言って過言ではない。

左から、けちょん、ももぴ、ゆみこーん

とはいえ、「逃げろ!!」は王道のアイドル楽曲で、ライヴ中にミックスが打たれる光景が想像できる。「ゆるトロ (slo-モ!)」は、ライヴの出囃子で使われている楽曲だ。そういう点で、アイドルという軸もちゃんと持っている。その上で、彼女たちの新たな魅力がみえるのが「花のドイリー」という曲だ。エレクトロ・ポップ調の同楽曲は、メロディとサウンドがインディ・ミュージック調で、2回目のAメロにおけるけちょんの歌声が妙に色っぽい。田家に聞いたところ、風邪の治りかけに収録したということで、それが理由なのだろう。ここまで色気を感じるアイドル楽曲を僕はほとんど聴いたことがない。

ゆるめるモ! は現在、新メンバー・オーディションをしている。しかも、世界同時募集ということで、アジア圏での活動も本格的に考えているようだ。もちろん、路上でのスカウトも続けているようで、本当にこの先どうなっていくのかわからない。それでも、田家の音楽に対してのこだわりがある限り、ゆるめるモ! というグループは、その未知のグルーブを広げていくに違いない。別にアイドルかアイドルじゃないかなんてどうでもいい。僕たちは、おもしろい音楽を聴きたいし、おもしろいものを観たいだけなのだ。そういう意味で、ゆるめるモ! に注目して損はない。(text by 西澤裕郎)

NEU! とは? (『New Escape Underground!』リリースによせて)

最初期のクラフトワークで、サポート・メンバーのようなかたちで参加していたドラマーのクラウス・ディンガーとギタリストのミヒャエル・ローターが、クラフトワークを1971年に脱退し結成したロック・バンド。カンやクラフトワーク、ファウストなど、他の70年代のドイツの実験的なプログレッシヴ・ロック・バンドとともにクラウト・ロックと呼ばれている一群の代表的なバンド。1975年にサード・アルバム『ノイ! 75』をリリースして基本的には解散。その後も、幾度かセッションなどをしているようだが、基本的には仲違いを続けたまま、2008年クラウス・ディンガーは心不全で帰らぬ人となった。

メロディを中心とした展開という、それまでのロックの楽曲のセオリーを完全に無視した、スカスカと延々と反復を続けるシンプルで機械的なドラミング&ワン・コードのペナペナのギターという構成が特徴で、とくにその平坦&ミニマルなドラム・スタイルはハンマービートと呼ばれている。

パンクにはじまり、ニューウェイヴ / ポスト・パンク、現代のロック、さらにはテクノやエレクトロニカ、ポスト・ロックにいたるまで現在のポップ・ミュージックに多大な影響を残している。メンバーの仲違いで海賊版しか出ていなかったその作品が、2000年代をまわって正式に再発。レディオヘッドのトム・ヨークがその影響を公言したりと、どんどんその重要性を増しているようにも。

とはいえ、まさかアイドルまでもがハンマービートとは……。西澤くん、どういうことかね! (text by 河村祐介)

RECOMMEND

NEU! / NEU! 86

1985年に再編したクラウス・ディンガーとミヒャエル・ローターの2人が、翌86年にかけて制作したものの、お蔵入りとなってしまった幻の4thアルバム。トレードマークのディンガーによるハンマー・ビートと、ローターのギターを中心とする多彩なサウンドが織り成す世界はまさしくノイ!。本邦初登場!

Can / Monster Movie

ドイツのプログレッシヴ・ロック・グループ、Canによる1969年発表の1stアルバム。反復ビートとノイジーなギター、キーボード、独り言をわめいているようなヴォーカルらが乱立するガレージ風のサウンドが強烈に鳴り響く。

ゆるめるモ! / HELLO WORLD EP

2012年10月4日に結成された4人組ニューウェイヴ脱力アイドル・グループ、ゆるめるモ!。「窮屈な世のなかを私たちがゆるめるもん!」をコンセプトに、ニューウェーヴ、パンク、ヒップホップ、エレクトロなど多彩なサウンドをぶち込んだ楽曲に加え、ゆるさ満点のMCと佇まいでサブカル界隈を中心に話題を集めている。そんな彼女たちがライヴ会場限定で販売しているシングル『HELLO WORLD EP』を、OTOTOYで配信開始!!

>>ゆるめるモ! へのインタビューはこちら

PROFILE

ゆるめるモ!

2012年10月4日に結成された4人組アイドル・グループ。2012年12月の初ライヴ以降、「窮屈な世の中を私達がゆるめるもん!」をコンセプトに、ニューウェーブ、パンク、ヒップホップ、エレクトロなど多彩なサウンドをぶち込んだ楽曲に加え、ゆるさ満点のMCと佇まいでサブカル界隈を中心に話題を集める。これまでもインドネシアの国民的パンク・バンド、Pee Wee GaskinsのリーダーDochiをはじめ、フレネシ、ぼく脳、HONDALADY、YMCK、Hi-5、ハジメタル(exミドリ)、ダンボール・バットなど、アイドルの枠にとどまらないブッキングや、渋谷WWWで音楽フェス「ゆるフェスモ!」開催、BELLRING少女ハートとの船上ツーマン・ライヴ、温泉フェス「湯るめるモ!」(構想中)など、攻めの姿勢を崩さないユニーク&トリッキーな活動も面白がられている。なお、「ゆるめるモ!」の英語表記は「You’ll melt more!」で、「あなたをもっとトロトロに溶けさせちゃうよ~」という意味合いも含まれている。ライヴ会場限定シングル『HELLO WORLD EP』も絶賛発売中!

OFFICIAL HP

o

 
 

"powerpush"の最新アーカイヴ

the magic vol.7 ~A FIRST AID KIT リリースツアー・ファイナル DIALUCKライヴ・レポート
[POWERPUSH]・2017年02月21日・2人から3人へ、DIALUCKの魔法は進化していくーー リリースツアー・ファイナル・レポート 地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をひっさげたリリースツアー・ファイナルが2月12日に北堀江club visionでおこなわれた。その模様をレポートする。 ライヴ中、ずっとサポートメンバーとして活動していたkanatama(Ba)のサプライズ感ゼロのサプライズ加入発表もあり、最後までDIALUCKらしいファイナルになりました。 初の全国流通ミニ・アルバムをハイレゾ配信中DIALUCK / A FIRST AID KIT【Track List】1. セーシュン2. あの街まで3. 憂日幻想列車4. 勇灯最終列車5. おとぎばなし6. Daydream7. ためいきこちらが、伝説のフォーチュンシングル!!! DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)>>特集ページはこちら LIVE REPORT :
LEARNERSがKiliKiliVillaより2ndアルバム・リリース&インタヴュー掲載!!
[POWERPUSH]・2017年02月07日・楽しいを追求したその先にある"MORE"ーLEARNERS、待望となる2ndアルバムをリリース!! 松田"CHABE"岳二を中心とした5人組ロックン・ロール・バンド、LEARNERS。2015年12月にリリースされた1stアルバム『LEARNERS』は年を跨ぎロング・セールスを記録、ジャンルを問わず魅力的な楽曲をカヴァーするそのセンスとハッピーなライヴ・パフォーマンスは各所にて話題を振り巻き続けている。そんな中リリースされる待望の2ndアルバム『MORE LEARNERS』はオリジナル楽曲はもちろん、ビーチ・ボーイズやダイアナ・ロス、山下達郎もカヴァーしている「WHY DO FOOL FALL IN LOVE」をはじめ、チェッカーズのドゥーワップ・ナンバー「MOONLIGHT REVIEW 50’S」のカヴァーで日本語楽曲にも初挑戦するなど、前作よりも確実に"MORE"な仕上がりとなっている。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信中。そしてリリースにあたり、リーダーである松田"CHABE"岳二にインタヴューを敢行。バンドの結成とそのこだわりについて話を聞いた。 LEARNERS / MORE LEARNERS'
by JJ
日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!!
[POWERPUSH]・2017年01月20日・日本のインディー・シーンを引っ掻きまわすレーベル、KiliKiliVillaがついにOTOTOYにて配信スタート!!! 元銀杏BOYZの安孫子真哉がチーフ・プロデューサーとしてパンク、ハードコア、ギター・ポップ等アンダーグラウンドから飛び出してくる生き生きとした音楽をリリースするレーベルKiliKiliVilla。モデル・歌手のSARAと松田"CHABE"岳二によるユニットから発展した5人組ロックン・ロールバンドLearnersや、栃木・足利を拠点として活動する3人組のCAR10、北海道・苫小牧の若きトリオ、NOT WONKなどなど、現在の音楽シーンにおいてKiliKiliVillaのリリースは目が離せない状態になっている。 OTOTOYでは、すでに発売されているLearnersのファースト・アルバム、NOT WONKの2枚のアルバムを始め、1月11日リリースのSuueat.のシングル『Let's get lost EP.』や1月18日リリースのEccy『Lonely Planet feat.あるぱちかぶと』、『Blood feat.泉まくら』のシングルを配信開始。また、LEARNERS待望の2ndアルバム
Year in Music 2016──岡村詩野音楽ライター講座生による2016年ベスト・ディスク
[POWERPUSH]・2017年01月20日・Year in Music 2016──岡村詩野音楽ライター講座生による2016年ベスト・ディスク OTOTOYが主催するオトトイの学校にて、音楽評論家として活躍する岡村詩野のもと、音楽への造詣を深め、「表現」の方法を学ぶ場として開講している「岡村詩野音楽ライター講座」。 2013年より、年末に製作してきた『Year in Music』。その名のとおり、受講生の選盤によって、その年のベスト・ディスクのレヴューを集めたものになります。ひとりの師を仰ぎながらも音楽の趣味嗜好の異なる書き手たちが選んだ2016年のベスト・ディスクを、2017年につながるひとつの指標としてお楽しみください。 list 『Year in Music 2016』作品一覧(あ-ん) ・agraph『the shader』・イ・ラン『神様ごっこ』・in the blue shirt『sensation of blueness』・エンジェル・オルセン『マイ・ウーマン』・カニエ・ウェスト『ザ・ライフ・オブ・パブロ』・KOHH『DIRTⅡ』・Suchmos『MINT CONDITION』・ジェイムス・ブレイク『ザ・カラー・イン・エニシング』・ス
最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート
[POWERPUSH]・2017年01月17日・最終回は最大級のハーレム状態で締めくくり! 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル♡レポート 清 竜人が一夫多妻アイドル「清 竜人25」結成後、TSUTAYA O-EASTにて定期的に開催していた「清 竜人ハーレム♡フェスタ」。今年6月で清 竜人25が解散するにあたり、最後のハーレム♡フェスタが1月14日に新木場Studio Coastでおこなわれた。今回はスペシャル版ということで規模も出演アイドルもステージも最大数と、まさかのアイドルフェス仕様に。今回はトリを務めた我らが清 竜人25と、フィナーレの模様をレポートする。清家のみなさん、解散まで半年切りましたよぅ・・・! REPORT : 清 竜人ハーレム♡フェスタ♡スペシャル あと何回清 竜人25を見られるのだろうか。ステージを見ながら、そんなことを考えている自分自身に気がついた。 2017年1月14日、新木場Studio Coastで「清 竜人ハーレム♡フェスタ♡SPECIAL」が開催された。 清 竜人25が結成された2014年から、女性アーティストを招いて開催されてきた「清 竜人ハーレム♡フェスタ」。しかし、2017年6月17日の清 竜人25解散をひ
DIALUCK旋風吹き荒れる!初全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』リリース
[POWERPUSH]・2016年11月15日・レペゼン浪速! あっ、良い音楽は DIALUCKにあります。 地元大阪を中心に活動している3ピース・ガールズ・バンド、DIALUCK。OTOTOYでは、タワレコ大阪4店舗限定で販売し爆発的にヒットしたフォーチュンシングル『I AM WHO I AM』のハイレゾ配信も大きな話題になった彼女たちが、ついに初の全国流通ミニ・アルバム『A FIRST AID KIT』をリリース。もうすぐDIALUCK旋風が吹き荒れる! 関西から全国へ、このタイミングを逃してはならない! と、わざわざ編集長自ら関西に出向き、DIALUCK結成から今後の展開までを訊いてきました。 DIALUCK / A FIRST AID KIT【Track List】1. セーシュン2. あの街まで3. 憂日幻想列車4. 勇灯最終列車5. おとぎばなし6. Daydream7. ためいきこちらが、伝説のフォーチュンシングル!!! DIALUCK / I AM WHO I AM(24bit/88.2kHz)【配信形態】ALAC / FLAC / WAV / AAC (24bit/88.2kHz)>>特集ページはこちら INTERVIEW : DIA
でんぱ組.inc、初ベストアルバムリリース記念 ねむきゅんソロ・インタヴュー!
[POWERPUSH]・2016年12月21日・でんぱ組.inc、初ベスト・アルバムリリース記念 夢眠ねむソロ・インタビュー! みなさま、お待たせいたしました…! でんぱ組.inc初ベスト・アルバムリリースを記念して、南波一海による夢眠ねむソロ・インタビューをお届けします!!!!!! でんぱ組.inc / WWDBEST 〜電波良好!〜'【配信形態】(左)(24bit/48kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC(右)(16bit/44.1kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) (左)単曲 324円 / まとめ価格 4,200円(右)単曲 257円 / まとめ価格 2,780円【Track List】 ''1.電波良好! / 2.Future Diver(6人ver.) / 3.でんぱれーどJAPAN / 4.キラキラチューン / 5.W.W.D / 6.冬へと走りだすお! / 7.強い気持ち・強い愛 / 8.Sabotage / 9.でんでんぱっしょん / 10.ノットボッチ…夏 / 11.ORANGE RIUM / 12.君も絶対に降参しないで進まなくちゃ! / 13.くちづけキボンヌ(6人ver
callme、勝負の1年だった2016年を振り返る座談会
[POWERPUSH]・2016年12月19日・自分たちの魅力で勝負を始めた2016年ーーcallmeの3人が今年を振り返る座談会 RUUNA、MIMORI、KOUMIからなるセルフ・プロデュース・ガールズユニット、callme。2016年9月に2ndアルバム『This is callme』をリリースし、現在ツアー「callme Live Museum 2016 This is callme」を開催中。12月30日には、エンターテインメントパフォーマンス集団「Team Black Starz」とのジョイント公演「callme Live Museum 2016 Special Match 『Team Black Starz VS callme ~コドモな師匠とオトナな弟子~』ツアーファイナル公演」もおこなわれる。コンスタントな作品の発表、定期的なライヴの開催などフルスロットルで駆け抜けた2016年を3人に振り返ってもらった。 callme / This is callme(24bit/48kHz)'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 2,700円(税込)【Track L
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事