“高田馬場のジョイ・ディヴィジョン”による約1年半ぶりの快作!!
トリプルファイヤー、待望の新作『エピタフ』を先行配信&フル試聴

(左から)大垣翔(Dr)、鳥居真道(Gt)、吉田靖直(Vo)、山本慶幸(Ba)

過去2作『エキサイティングフラッシュ』『スキルアップ』での、無駄を削ぎ落としたタイトなグルーヴと意表を突く歌詞センスでリスナーを驚かせたトリプルファイヤー。彼らが約1年半ぶりとなる新作『エピタフ』を発表した。OTOTOYでは本作をどこよりも早く配信するとともに、収録曲のフル試聴を実施(フル試聴開始は2015年9月9日(水)17:00から)! また、「SEXはダサい」「なんかしゃべんないと友達になれない」など、収録曲名からも伺えるその独特の歌詞を堪能していただくために、歌詞ブックレットも付属。メンバー4人にしか作り上げることの出来ない異質の世界感を、インタヴューとともにお楽しみいただきたい。

期間限定収録曲フル試聴!!

M1「SEXはダサい」、M7「今日は寝るのが一番よかった」のフル試聴を2015年9月9日(水)17:00から実施!!(その他は45秒の試聴になります)


※お手持ちのスマートフォンにOTOTOYアプリをダウンロードすると、ストリーミング再生で簡単に試聴可能!!
※フル試聴期間 : 2015年9月9日(水)17:00〜2015年9月15日(火)

【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC / mp3
※ファイル形式について

【価格】
単曲 150円(税込) / アルバム 1,500円(税込)

>>ご購入はこちらから
ご購入いただくと、特典として歌詞ブックレット(pdf)が付属します

INTERVIEW : トリプルファイヤー

このアルバムは作業用にはまったくもって向いていないので、仕事しながら聴こうと思っている人はさっさと諦めて、ダラダラしながら聴いてください。僕も作業しながら聴こうと思ったんですけど、『エピタフ』はまったくもって無理でした。いきなり〈ロックはもう終わってる〜〉って、ほんとどうでもいいような熱量でヴォーカル吉田が叫んだ(?)と思ったら、〈SEXはダサい〉というフレーズがきてノックアウトされます。このアルバムには、わかりやすい言葉がたくさんあるけれど、使い古された言葉はほとんどありません。というか、わざわざ言う必要ないって言葉が詰め込まれています。それが本当に新しい。4人の見た目と雰囲気に騙されちゃいけません。当たり前すぎて描く必要もないと思っているところに盲点があることを思い知らされます。ぜひ、トリプルファイヤーの『エピタフ』、ダラダラしながら聴いてみてください。気が向いたらインタヴューも読んでみてください。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : 松木彰子

(歌詞の)スタメン落ちすることがある

——前作『スキルアップ』の〈高田馬場のジョイ・ディヴィジョン〉ってフレーズも強烈でしたけど、本作もかなり強烈ですね。まず、アルバム・タイトルが『エピタフ』って(笑)。

吉田靖直(Vo)

吉田靖直(以下、吉田) : なかなかアルバム・タイトルが決まらなくて、スタッフから「集大成的な、これが俺たちだ! みたいな感じの名前をつけよう」って言われて。「例えばエピタフみたいな」って例が出たんですけど、仰々しくて面白いなと思ったので、そうなりました。
一同 : (笑)。
大垣翔(以下、大垣) : ただ、これは深夜のテンションでいいと思っているだけかもしれないから、1回帰って寝て起きてから考えてみようってことになって1回寝たんですけど、大丈夫だったんで、じゃあエピタフにしようって。

——あはははは。

山本慶幸(以下、山本) : 今って何でも検索するじゃないですか? だから、ありきたりな単語だと埋もれちゃうんですよ。エピタフって単語はキング・クリムゾンの「エピタフ」もあるけど、あまり被らないので結構使えるんじゃないかと思ったのもあります(笑)。

——1曲目のインパクトもすごいですよね。「SEXはダサい」って(笑)。しかも、第一声が〈ロックはもう終わってる〉って、ものすごい気怠い感じではじまります。これ、吉田さんはどういう心境で書いているんですか?

吉田 : 人から“したり顔”で言われたらむかつきそうなことを書きました。
大垣 : たしかに関根勤の話、言われたらすげえムカつくもんね(笑)。

——〈結局 関根勤が一番面白い〉ってフレーズですね。

吉田 : あとは、自分で昔言っていたら恥ずかしいなってことを書いています。ついつい語ってしまうこととか。

——たしかに〈ロックはもう終わってる〉っていうのも、知った顔で語っている人多そうですよね。僕も言ったことあるかもしれないし…。

吉田 : 終わったとか、終わらないとかって、いろんな人がちょっとなんかロマンチックな顔で言ってますからね。
大垣 : そんな人類見たことないけど(笑)。

——あはははは。それで、そのあとに続くフレーズが〈テクノかヒップホップをやりなさい〉って。このダサさもヤバいですよね。なんもわかってない(笑)。

一同 : (笑)。

——そういうこと言いそうな人はわかるんですけど、〈SEXはダサい〉って意味があんまりわからなくて(笑)。

山本 : このフレーズ自体、たまにライヴで抜けたりするもんね。
大垣 : (歌詞の)スタメン落ちすることがある。
一同 : (笑)。
吉田 : 呑んでいるときに「SEXはだせえよ」みたいに言っている人がいて。「SEXはもう終わってるよ」みたいな感じで、それが自分的にパワーがあったんで。SEXはダサいっていうのを主軸に据えて書いてみたんですけど、だんだん曲のテーマが変わってきて、相容れなくなってきた… みたいな。

吉田のデモって聴いてムカつくんすよね

——基本的に作詞は吉田さんですけど、作曲はほとんど鳥居さんですよね。無駄を削ぎ落としたようなミニマルな感じっていうのは意識されて作っているんですか。

鳥居真道(Gt)

鳥居真道(以下、鳥居) : 最近は、あまり意識してないですね。
大垣 : 前は意識してたの?
鳥居 : なんかミニマルっていうテーマがあったっぽかったから、ちょっと意識してやっていたんですけど…。

——鳥居さんのデモがかなり固まった状態でメンバーに渡されるそうですけど、ドラムのパターンなんかも鳥居さんのほうで組んでしまうんですか。

山本 : ベースもそうっすね(笑)。
大垣 : 完全に設計図をもとに… それをただコピーさせていただいてる。
山本 : 弾かせていただいてる(笑)。

——(笑)。逆に吉田さんが作曲してる曲に関してのデモはどんなものなんでしょう。

山本 : 吉田は、鳥居くんと比べるとデモを作るのが下手なので。
大垣 : デモ力(りょく)やばいよね。高校生と小学生ぐらい違いますよ。
山本 : スタジオに入る1時間前にアップロードしたりして、「どうすんだよこれ…」みたいなこととかもありますね。前まで「トラックに轢かれた」に関してはギターで作ってて、ちょっと前まではiPadでやってたんですけど、今はパソコンでやってんのかな? どんどん、「これ、人力で再現できるのか?」みたいな世界に入っていって。大体ボツになるっていう。
一同 : (笑)。
山本 : その人力でできるのかみたいな曲が「今日は寝るのが一番よかった」です。最初はすげえわけわかんなかったんですよ、これできるか? って(笑)。
大垣 : これは、すげえムカつきました(笑)。は? みたいな。なんなんですかね、吉田のデモって聴いてムカつくんすよね。なんかイラッとくる(笑)。

——なにがそんなにイラっとくるんでしょうね。

山本 : なんというか、親切じゃないんです。これは人に伝えることか? みたいな。
吉田 : その辺のさじ加減がわからないんですよね。
一同 : (笑)。
山本 : 「面白いこと言わない人」は、吉田が多少フレーズを作っていたんですけど、途中で鳥居くんに投げて完成を見るみたいな感じの曲だよね。

——「質問チャンス」の作曲クレジットは、完全に吉田さんですよね。

山本 : これは、けっこう前の曲なんです。この人(吉田)はツールに頼るというか、新しい物を導入すれば「俺でも出来るはずだ」っていうのをずっと思ってる人なので、そのときどきで作り方がどんどん変わっていくんですよ。これは、まだギターとかベースとかを弾いて重ねてた頃の曲なんです。

普通だったら、まじなんの意味もないんで

——前作『スキルアップ』と聴き比べると、今回の音作りはよりドライな感じがしますよね。もともと装飾が少なくて音も乾いていると思っていたけど、よりストイックになったというか。

鳥居 : あまりニューウェイヴっぽい感じじゃなくしたいっていうことをまず言っていて。個人的に、ニューウェイヴはあまり聴いてないんで… まあ、聴いてますけど。そういうモードじゃなかったんですよ。もっと前のサウンドのほうが今は好きなので、そこはニューウェイヴっぽくない感じでってことをプロデューサーの吉田(肇)さんに言いましたね。

——ニューウェイヴより前って言うと、70年代の音とかですか? 具体的にどういう名前をあげたか教えてもらえますか?

鳥居 : 「戦争の話」では、ミーターズって言ったり。あと、ブラジルのジルベルト・ジルとかトン・ゼーとかああいう70年代のブラジル・ロックみたいな感じで。


Tom Ze - Dor e dor

——作品を重ねるたびに、吉田さんの言葉の精度や感度が鋭くなっているような気がするんですよ。

吉田 : いや、特に鋭くなっていってるとは自分では思ってはいないんですけど、ちょっと面白い組み合わせにしようとかは常に意識はしていますね、歌詞を書くときは。

——言葉を使って表現することが、吉田さんの本質的な芸術活動なんでしょうね。

吉田 : 特に短い大喜利みたいなものは、高校の休み時間とかにみんなでお題を出して考え合ったりとかしていて、そういう向上心だけは強いんですよね。
大垣 : 本当にそこだけだよね(笑)。

大垣翔(Dr)

——誰もが共感できるけど、あえて誰も言ってなさそうな言葉を書いていて、どうってことないように思えてナンセンスなんだけど、誰も口に出していってないから本当に新鮮なんですよ。

山本 : 普通に「今日は寝るのが一番良かった」って言っちゃダメでしょ!
一同 : (笑)。
大垣 : この曲はどうしても入れたいって、吉田が言ってましたからね(笑)。寝るとか寝ないとかじゃなくて、自分でやってしまった失敗とかそういうのを肯定するっていうのはすごくわかるよね。

——「面白いこと一回も言ってない」とかって、吉田さん自身が自分に対して思うことなんですか?

吉田 : いや、それは知らない人とライヴハウスでしゃべっていたら、いきなり「お前つまんねえな」って言われて。まあ確かに面白いこと言ってなかったら面白くない人だよなと思ったんですけど、でもすげえむかつきすぎて、歌詞を作りたくなりました。

——あはははは。知らない人にそんなこと言われる人、いるんですね。

山本慶幸(Ba)

大垣 : 普通言われねえからな(笑)。
山本 : 可哀想にな。
吉田 : そうなんですよ。なんか言いやすい顔してるんですよ。
大垣 : ああこいつなら言えるな。むしゃくしゃしてるしみたいな(笑)。

——「変なおっさん」とかも自分に重ねる部分はあるんですか。〈新しい価値観の若者が スターダムを駆け上がっていく〉っていう歌詞も、若い世代の子たちの状況を俯瞰して書いてるようにも見えたりもしますけど。

吉田 : まあ、それはいつでもあることなんで。というか、自分が関係ないところでいろんなことが起こっているなみたいな感じです。そこまで現実を反映させてる意識はとくにないです。

——トリプルファイヤーは、マイペースにバンドをやっているように見えますけど、どういうときにバンドやっててよかったって思いますか?

吉田 : 例えば、僕が歌詞に書くようなことは、普通だったらみんなまじめに聞いてくれないようなことが多くて。それを人に伝えられる場があるっていうのは結構嬉しいというか。普通だったら、まじなんの意味もないんで。
山本 : 呑んでるときに言うことだもんね。「この前寝るのが一番良かったんだと思ったんだよねえ」とかって。
一同 : (笑)。
大垣 : あるあるで終わるもんね(笑)。作品にまで昇華できるのって、バンドぐらいだからね。
山本 : 伴奏に乗せて人前で歌ってね。

——10年ぐらい前の評価の基準として、新しい音楽を更新していくことが重要だったと思うんですけど、いまはそこがフラットになりつつあって、それでも、誰もやっていない音楽とかサウンドを作りたいという気持ちは強いですか。

鳥居 : 最近ちょっと意識しだしていますね。まあ、別に新しい音楽はいらないじゃん、昔の聴けばいいじゃんって思っているんですけど、その昔の人は当時新しいことをやっていたので、そういう人たちがしてきたことを自分たちは全然出来ていないなと思うと、もうちょっと試行錯誤したほうがいいんじゃないかなって。ちょっと手抜きな気がしてきて。

一同 : (笑)。

——『スキルアップ』を出して以降、トリプルファイヤーの立ち位置がかなりはっきりしてきたと思いますけどね。バンドとか音楽に限らず、ライバルとか意識するものってあったりしますか? 。

山本 : … いないなあ(笑)。
大垣 : いいなって言ってくれてる人がだんだん増えてきて、別に他のバンドのことは全然気にならなくなりましたね。昔は全員殺したる! みたいな感じだったんですけど。
山本 : そんなに(笑)?
大垣 : それはまあ言い過ぎだけど(笑)。少なくとも対抗心はあったけど、いまはもう別にないなって。それを考えても意味ないなと思って。
山本 : 逆にこいつらと一緒にシーンを作っていくぜみたいなのもないじゃん。
大垣 : まあ自分たちがどうするかって話なんで。他のことを気にするのって、すごい無駄だなって思いましたね。

——じゃあいまは、トリプルファイヤーの中での新しいものとか次なるものを作っていくというところのほうが強い?

吉田 : … まあ、自分らがうまくいけばいいなって思います。
一同 : (笑)。

過去作はこちら

トリプルファイヤー / エキサイティングフラッシュ

「パチンコがやめられない」、「つぎやったら殴る」、「おばあちゃん、俺、俺」等ショッキングで、ある意味世相を色濃く反映した詞世界。人間の生活の中での闇を見据えつつ、でもそんな深く掘り下げたりもせず、日常的に思ったことを歌詞にしたような世界観は笑えながらも、各々の心にチクリと刺さってくる。そんな歌とは裏腹に演奏は無駄な音を一切排除した、ストイックなニューウェイヴ・サウンド。トリプルファイヤー、初のスタジオ・レコーディング作!!

>>特集ページはこちら

トリプルファイヤー / スキルアップ

初作品から約1年半ぶりとなる『スキルアップ』は、サウンド・プロデューサーに吉田肇(PANICSMILE)を迎え録音。格好良いサウンドにのせて、好きな人にはたまらない&そうではない人にはそれなりの曲が満載。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

大感謝祭~トリプルファイヤー エピタフ・リリース・ツアー徳島編~
2015年9月19日(土)@徳島銀座CROWBAR

セキ企画〜NETWORK of FRIENDS vol.1〜
2015年9月20日(日)@高知CHAOTICNOISE

SHIMOKITAZAWA INDIE FANCLUB 2015
2015年9月22日(火・祝)@T.B.A

ぐるぐるTOIRO2015
2015年9月26日(土)@さいたまスーパーアリーナTOIRO

WASEDA MUSIC SHOWCASE vol.1
2015年10月11日(日)@渋谷WOMB

東京工芸大学中野祭
2015年10月12日(月・祝)@東京工芸大学中野キャンパス

東京フレンドパーク
2015年10月18日(日)@秋葉原CLUB GOODMAN

ボロフェスタ2015
2015年10月24日(土)@京都KBSホール / METRO

音めがね presents 武蔵野美術大学芸術祭ステージ・イベント
2015年10月25日(日)@武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス 体育館

松石ゲル・プレゼンツ「ワイルドパーティーvol.4」
2015年11月1日(日)@金山ブラジルコーヒー

プププ・イン・ワンダーランド
2015年11月2日(月)@十三ファンダンゴ

トリプルファイヤー『エピタフ』発売記念ワンマン“アルティメット パーティー”
2015年11月24日(火)@渋谷CLUB QUATTRO

『エピタフ』レコ発ツアー福岡編
2015年12月12日(土)@薬院UTERO

PROFILE

トリプルファイヤー

2006年結成、2010年に現在の編成となる。2012年5月『エキサイティングフラッシュ』、2014年2月『スキルアップ』を発表する。「高田馬場のJOY DIVISION」「だらしない54-71」などと呼ぶ人もいる。ソリッドなビートに等身大の歌詞をのせていてかっこいい。人気がある。メンバーはみな性格が良く、友達が多い。

>>トリプルファイヤー Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

THE FULL TEENZ、1stフル・アルバム『ハローとグッバイのマーチ』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年05月27日・THE FULL TEENZ、誰にでも突き刺さる初期衝動ーー安孫子真哉ミックスによる期待の1stフル・アルバム 京都在住の3人組バンド、THE FULL TEENZが、1stフル・アルバム『ハローとグッバイのマーチ』をセカンド・ロイヤル・レコーズよりリリース。2014年には、8曲8分という衝撃のep『魔法はとけた』をメンバー自らが運営するレーベル「生き埋めレコーズ」より発売、手売りと一部レコードショップのみの販売にもかかわらず500枚をソールド・アウトさせた。2015年には〈FUJI ROCK FESTIVAL'15 "ROOKIE A GO-GO"〉に出演するなど、じわじわと注目を集める彼らの1stアルバムは、エンジニアをHomecomings等を手がける荻野真也が、ミックスをKiliKiliVilla / 元銀杏BOYZの安孫子真哉が担当。OTOTOYでは、22〜3歳ならではの歌詞とグッド・メロディと怖いもの知らずの無垢でキラキラした演奏によって描かれた本作をハイレゾ配信し、インタヴューでTHE FULL TEENZに迫った。 初期衝動に満ちた1stフル・アルバムをハイレゾ配信THE FULL TEE
by JJ
2016年夏の決定盤、never young beachの2ndアルバム予約&先行曲配信スタート! インタヴュー前編も公開
[CLOSEUP]・2016年05月25日・明るい現実との向き合い方──快楽&実行主義なnever young beachの2ndアルバム先行曲配信&予約開始 『YASHINOKI HOUSE』をリリースしてから1年。そのトロピカルなフォークロックははっぴいえんどの再来を思い浮かべさせるも、より現代のインディ・シーンやカルチャーと密接な存在として異彩を放つようになったnever young beach。1年を圧倒的なライヴ量で走り続けてきた彼らから、待望の2ndアルバムがリリースされる。アナログ12インチの『YASHINOKI HOUSE』に追加収録された「Pink Jungle House」やライヴ定番曲となっていた「お別れの歌」「Motel」、バンドがリスペクトする高田渡の「自転車にのって」カヴァーを含む全9曲。その内容は後述の岡村詩野による考察とインタヴューに任せるとして、本当に誠実で人懐こく気持ちの良いアルバムであることは強く強く推しておきます。 そのリリースも約2週間後の6月8日と迫るなか、OTOTOYでは2週間先行でハイレゾ版の予約販売を開始! しかもすでにライヴで披露され、ひときわの輝きを放っている「明るい未来」(ミュージックビデオも
VIDEOTAPEMUSIC『Sultry Night Slow』ハイレゾ音源OTOTOY先行リリース
[CLOSEUP]・2016年05月25日・配信限定シングル『Sultry Night Slow』リリース記念。改めてVIDEOTAPEMUSICの世界を振り返る 6月からスタートするツアー・タイトルと同名の配信限定シングル『Sultry Night Slow』をリリースしたVIDEOTAPEMUSIC(OTOTOYはハイレゾ版を他のサイトに先駆けて販売)。このシングルのリリースに合わせて、昨年リリースされたセカンド・アルバム『世界各国の夜』を振り返るとともに、『Sultry Night Slow』がどんな作品なのかを読み解いてみる。 ツアーと同名の配信限定シングル。OTOTOYはハイレゾ版を先行配信!VIDEOTAPEMUSIC / Sultry Night Slow(24bit/48kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込)、まとめ購入 540円(税込)【トラック・リスト】''1. Sultry Night Slow 2. Sultry Night DUB VIDETAPEMUSICが行ってきたこと VIDEOTAPEMUSICがどんな活動をしているのか、いまいち掴みづらいところがある。
by 原田 星
極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月24日・もはや聴かない理由がみつからない極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組ガールズ・グループNegiccoが、約1年4ヶ月振り3作目となるオリジナル・アルバム『ティー・フォー・スリー』をリリース。オリコンTOP10入りした「ねぇバーディア」「矛盾、はじめました。」、『圧倒的なスタイル -NEGiBAND ver.』のカップリング曲「カナールの窓辺」、再録となる「おやすみ(Album Ver.)」、中野サンプラザにて7インチ・レコードが先行発売された「土曜の夜は」を収録。加えて、坂本真綾、オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、Spangle call Lilli line、平賀さち枝、Magic,Drums&Loveといった豪華製作陣が参加。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、Negiccoの3人にインタヴュー。7月30日(土)にはNHKホールでのワンマンも控えた彼女たちの現在を見逃さぬよう。 1年4ヶ月ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信スタートNegicco / ティー・フォー・スリー(24bit/48kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLA
by 西澤 裕郎
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月23日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第9弾となる今回は、5月29日に開催される『Dancing Again』のリリース・パーティを目前に控えたStereo Tokyoに現在の心境をインタヴュー。また、ELE TOKYOに向けてメンバー5人に意気込みを色紙に書いてもらい掲載する。約2ヶ月に渡り行われてきた本企画も終盤戦。果たして、CDは1万枚売れ、Stereo
by 西澤 裕郎
Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月21日・彼のディープ・エレクトロニクス・サイドを堪能せよ──Seiho、3年ぶりの新作をハイレゾ配信 ソロでの「I Feel Rave」のヒット、Avec AvecとのSugar's Campaign、さらにはさまざまなリミックスやコラボ、プロデュースを経て、3年ぶりにSeihoがアルバムを完成させた。しかも本作にてワールドワイドでのデビューともなる。いま最も頻繁にクラブ・シーンでライヴ活動をしている国内のエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーのひとりでもありながら、さらにはここ数年でメジャーなポップ・フィールドにまでその歩みを進めている。本作では、そんな彼がディープ・エレクトロニクスであえて表現した独自の世界観が広がっている。OTOTOYでは、本作をハイレゾ(24bit/48kHz)と、CDと同等音質のロスレス配信を行う。 Seiho / Collapse'【Track List】01. COLLAPSE (Demoware)02. Plastic03. Edible Chrysanthemum04. Deep House05. Exhibition06. The Dish07. Rubber08. P
by 河村 祐介
植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信開始
[CLOSEUP]・2016年05月20日・挨拶代わりのダンス・ポップEP──植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信 2015年8月に惜しまれつつも解散したfifi。その音楽性の中核を担ったのが植谷よしえだ。そんな彼がこのたびソロ・バンド・プロジェクト、AUNTIES(アンティーズ)としての活動を開始した。 そしてAUNTIESの初音源となるEP、『weekend magic』をOTOTOYにてハイレゾ配信。さらには表題曲を期間限定フリー・ダウンロード。本作は、ダンス・ミュージックを経由したポップな曲に甘い歌声が乗る。そんなfifi時代のギターロックから、いわば植谷よしえの心機一転の意欲作を、レヴューとともにお楽しみあれ。 >>weekend magicのフリー・ダウンロードはこちらから! AUNTIES / weekend magic (24bit/48kHz)'【Track List】01. weekend magic02. Missing Days 03. Treasure【配信形態】24bit/48kHz (WAV / ALAC / FLAC) / AAC >>ハイレゾとは?>>ファイル形式について
平均22歳の5人組、odolのバンドの革新感じる2ndアルバムを配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月19日・平均22歳の5人組、odolが表現する"鮮やかな"モラトリアム──新たな章の始まりとなる2ndアルバム完成 現在、平均22歳──つまり〈FUJI ROCK FESTIVAL'14〉に出演の際は平均20歳という驚異のキャリアを持つ5人組、odol(オドル)。1stアルバム『odol』から1年を経て、2ndアルバム『YEARS』をリリースした。アルバムはオルタナティヴなアプローチはそのままに、音と溶け合うなかにも芯を感じさせるようになったミゾベリョウの歌声と、より客観性を持って突き詰めたサウンドの進化によって、バンドの革新を感じさせる内容。この1年の驚くべき成長スピードの裏には何があったのか。バンドにとっても初だという、メンバー5人揃ってのインタヴューから読み明かす。 odol / YEARS'【Track List】01. years02. グッド・バイ03. 綺麗な人04. 逃げてしまおう05. 1706. 退屈07. ベッドと天井08. 夜を抜ければ【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3単曲 205円(税込) / アルバム 1
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事