sgt.の迫力のライヴ音源を高音質HQDファイルでお送りします

映画音楽的な手法にクラシック、ノイズ、エモ、ジャズ、即興といったジャンルを融合させてきたsgt.。彼らの高音質ライブ音源が遂に発売。録音からミックス、マスタリングまでをオトトイで行い、24bit/48KHzのHQD音源で送るこのライブ・アルバムは、2009年11月25日に下北沢eraにて行われた"Capital of gravity TOUR " FINAL -ONEMAN SHOW-の軌跡を鮮明に記録。結成10年を迎えた彼らの集大成であり、新たなステージでもある1時間を越える大作を、高音質のHQDファイルでどうぞ。

『Capital of gravity TOUR FINAL -ONEMAN SHOW-@下北沢era』

1.囚人達のジレンマゲーム
2.すばらしき光
3.白夜
4.Tears of na-ga
5.Epsilon
6.声を出して考える方法
7.Apollo Program
8.Paranoia
9.再生と密室
10.ムノユラギ
11.銀河を壊して発電所を創れ
12.Ant's planet (encore)

"Capital of gravity TOUR " FINAL -ONEMAN SHOW- 2009.11.25@下北沢era

11月25日の下北沢ERA。バンド結成10周年にして初のワンマン・ライヴを行ったsgt.は、二部構成のステージでアンコールを含めて13曲を披露した。あまりにも濃厚なその時間は、彼らが如何に<聴かせる>タイプのバンドであるかを実感させてくれた。

自身の楽曲である「Kalliope」でsgt.の4人が入場し、「囚人達のジレンマゲーム」で幕を開ける。すぐさまゲスト・ピアノに中村圭作を迎え、曲間なく演奏は進む。観客は個々に横乗りで音に耳を集中させている。ピンと張りつめた緊張感が、各パートの一音一音を浮き上がらせていく。ライヴとは思えないくらい正確なビートとアンサンブルに加え、中村のピアノによる音の厚みがライヴ・ハウスを包み込む。

圧巻はゲスト・サックスの大谷能生を迎えて6人で演奏された「Epsilon」。情緒的でムードあるピアノに、モダン・ジャズや現代音楽にも精通した大谷のサックスと紅一点の成井幹子のヴァイオリンが調和しながらも、他のリズム隊に反発することなくとけ込んでいく。ジャズ調に転換したと思えば、ベースとギターの音が自然に前面に浮かび上がる。決してパート毎に独奏を促すわけではなく、あくまでも全体性を保ちながら自然と各楽器が顔を見せてくる様が非常に面白い。周りを見渡せば、目を瞑ったり身体を自然に揺らせながら各自で一音一音に耳を澄ませている。

休憩を挟んで始まった二部は、ドラムの大野均が観客を盛り上げようとコール&レスポンスを仕掛けながら進んでいく。時間の経過と共に動くスペースもないくらいに人で溢れ返った会場は、個々人の内面から感情が喚起されるような盛り上がりを見せる。会場の温度は確実に熱くなっているのが肌で伝わってくるが、決してダイヴやモッシュが起こる類の盛り上がりではない。耳だけでなく身体全体で音を吸収するような、そんな特殊な体験をsgt.のライヴはもたらしてくれる。2部の最後を締める「銀河の車窓から-reprise-」で、会場の熱気は最高潮に達する。最後のディストーションが懸かったアンサンブルが、それまでの緊張感を一気に解放するかのようにエモーショナルで爆発力のある一体感を創出した。

今回のワンマンは、10月に発売された2ndミニ・アルバム『capital of gravity』のリリース・ツアー・ファイナル。結成10年の総括でもあり、それが張りつめた緊張感をもたらしていたのも事実であるが、彼らの人柄がよくわかる気鋭に満ちたライヴであった。sgt.のエンジニア/マスタリングを担当している山下大輔のライヴ・ハウス下北沢ERAを会場に選び、DJに「銀河の車窓から-reprise-」のリミックスを担当したTyme.を、VJにアルバム・アートワークとPVの制作のmitchelを迎えたことからも、sgt.が真摯でメンバー・シップを大切にするバンドだということが伝わってきた。それは観客に対しても同じで、未発表DVDを特典としてプレゼントしたり、ライヴで一体感を作ろうと盛り上げようと投げかける。そうした姿勢に対して客席の反応が薄いように思えたかもしれないが、それはsgt.の演奏に一音一音に集中していたからであり、観客はsgt.の音楽を正面から受け止め咀嚼していた。

アンコール前に成井が少し長めのMCで、バンドに対する愛情や感謝を素直に語っていたが、そこから音楽とは違った視点からのsgt.の熱さが滲みでていた。最初に<聴かせる>と書いたように、sgt.のライヴは音源と遜色ないくらいのハイ・レベルな仕上がりである。音楽に対して真摯でストイックなバンドという部分が強調されがちだが、4人のメンバーの熱さも注目すべき大切な部分だ。成井は、sgt.を家族のようなものと評したが、まさに的を得た表現であろう。今日この場所に集まった全員が家族のような結びつきを見せていた。そのような中でもひとたび演奏が始まると、静まりその音に皆が集中する。これだけ、<聴かせる>というライヴを体現することが出来るのは、10年の歩みと妥協なき姿勢が実を結んだからであろう。絆はますます強くなっていく。その節目として、sgt.初のワンマン・ライヴはとても貴重な夜であったことは間違いない。(text by 西澤裕郎)

sgt. PROFILE

1999年結成。2003年より現在のメンバー編成にて活動。映画音楽的な手法にロック、ジャズ、ノイズ、エモや即興といったサウンドが融合したマルチ・インストゥルメンタル・バンド。2005年11月に1st mini album『perception of causality』でデビュー(mastering engineer : mino takaaki/toe)。翌年11月にgood music! とのSplit CD『sggmt!! 』を発売。これまでにオリジナル、ライブ盤、DVD、オムニバスも含め8作品を製作/参加。
主にライブを活動の主軸に置くスタイルで、ジャーマン・プログレの“CAN”のボーカリストDamo Suzukiと共演(60分の即興ライブ・セッション)や、山本精一(ROVO)を中心に千住宗臣(ボアダムス、ウリチパン郡)やEXPEも参加する PARA、中村達也×勝井祐二とも共演。また、The World Heritage(勝井祐二、鬼怒無月、ナスノミツル、吉田達也)、芳垣安洋(ROVO、ONJQ)率いるVincent Atmicusや、54-71、twin electric violins band(勝井祐二、定村史朗、芳垣安洋、益子樹)とのツーマン・ライブも開催。近年はOTONOTANI、アラバキ・ロック・フェスに出演や、 rega、nhhmbase、Saxon Shore(us)等のツアー・サポートも勤める。2008年9月には約3年振りとなるオリジナル作品を初のフル・アルバムとしてリリース。また作品の全てのアートワークを新進気鋭のクリエイター迫田悠が手掛け、楽曲とリンクしたコンセプチュアルな内容となり話題に。作品自体も海外で高い評価を受ける。現在はサポートだったギターの田岡が正式メンバーとなり4人編成に戻り精力的に活動中。
またメンバーの成井幹子は、大友良英率いるONJOのライブでストリングスへの参加や、木村カエラ、ILL(ex.SUPERCAR)のバック・バンド参加などの経歴がある。ソロとしても勝井祐二とのデュオや、坂本弘道や巻上公一などと共演。

高音質ライヴ録音シリーズ

Parabolica Jam '09 at 渋谷CLUB QUATTRO / LITE
2009年10月28日に渋谷CLUB QUATTROにて行われたLITEが主催する【Parabolica JAM’09】のライブを、CDの2倍以上のデータ量にあたる24bit/48KHzのHQDファイルで高音質配信。LITE独特のプログレッシヴで鋭角的なリフが生み出す、エモーショナルでスリリングな楽曲を、是非HQDファイルで体感してください!!

HQD高音質ライヴ音源 LITE、tera melos、Adebisi Shank

Parabolica Jam '09 at 渋谷CLUB QUATTRO / tera melos
2009年10月28日に渋谷CLUB QUATTROにて行われたLITE主催【Parabolica JAM’09】のtera melosのライブを、CDの2倍以上のデータ量にあたる24bit/48KHzのHQDファイルで高音質配信。Cap'n JazzやMODEST MOUSEなどの泣き変態エモ的な歌メロが乗り、とにかく独創的でアクロバティックな圧巻の演奏です。

HQD高音質ライヴ音源 LITE、tera melos、Adebisi Shank

Parabolica Jam '09 at 渋谷CLUB QUATTRO / Adebisi Shank
2009年10月28日に渋谷CLUB QUATTROにて行われたLITEが主催する【Parabolica JAM’09】でのAdebisi Shankのライブを、CDの2倍以上のデータ量にあたる24bit/48KHzのHQDファイルで高音質配信。掻きなるギター、けたたましいドラム、気狂いベースが作り出す、ぶっ飛んだ世界は異次元そのもの。

HQD高音質ライヴ音源 LITE、tera melos、Adebisi Shank

o

 
 

ライヴレポート

ゆるめるモ!、 ツアーファイナル・赤坂BLITZワンマンの音源をハイレゾ配信!
[FEATURE]・2017年08月25日・誰も同じになんてなれない、同じものなんて1つもない!ーーゆるめるモ! 赤坂BLITZワンマンをハイレゾ配信 ニューウェイヴ・グループ、ゆるめるモ! が、2017年7月23日、赤坂BLITZにて開催したワンマン・ライヴ〈ディスコサイケデリカツアーファイナル〉のハイレゾ音源を、OTOTOYにて独占配信スタート。同ワンマンは、6月28日に発売されたミニ・アルバム『ディスコサイケデリカ』を引っさげ行われた全国ツアー〈ディスコサイケデリカツアー〉のツアー・ファイナル。グループとしては2回目の赤坂BLITZワンマンであり、バンド編成で気合いの入った熱い一夜となった。10月4日には5周年を記念したシングル、11月29日にはフル・アルバムのリリース、各作を引っさげたツアーも決定。2018年1月6日にはZepp Tokyoでツアー・ファイナルを行うゆるめるモ! の勢いは止まらない!! 4人体制初となる赤坂BLITZワンマンのライヴ音源をハイレゾ配信ゆるめるモ! / ディスコサイケデリカツアーファイナル at 赤坂BLITZ(24bit/48kHz)'【Track List】1. melted2. うんめー3. 1!2!か
胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月04日・胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始 2017年7月18日、渋谷O-nestにて“ふたりの文学”による自主企画〈ふたりの文学〜二綴り目〜〉が開催された。このライヴは彼らの2ndシングル『シティライナー』のリリース・パーティーとして開催された。「東京を感じさせる日」をテーマに、表現の仕方は違いつつも、つねに“気持ちのいい”音楽を届けている3アーティストが揃ったライヴとなった。OTOTOYでは本公演のライヴ・レポートをお届け。と、ともに会場と通販でリリースし、すでにソールドアウトしていた、ふたりの文学の1stシングル『わだかまりの秘密』を配信開始。さらには、2017年8月4日から8月10日までの期間限定でリード曲「わだかまりの秘密」のフリー配信も。ぜひライヴ・レポート、楽曲ともにお楽しみください。 通販で即完売した音源がOTOTOYで待望のリリースふたりの文学 / わだかまりの秘密'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 円(税込) / まとめ 円(税込) 【収録曲】''1. わだかまりの秘密2. 偏西風のあの人
by 阿部文香
演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバム『DRAWINGS』を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年08月01日・演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバムを予約受付開始! フェスへの多数出演経験、海外公演を行うなど精力的活動を見せる彼らが、2017年8月23日、3年2ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム『DRAWINGS』をリリースする。その発売とリリース・ツアーに先駆け、渋谷WWWにて先行レコ発ライヴ〈Nabowa Drawing〉を決行。OTOTOYでは今作の独占ハイレゾ配信を予定。現在予約受付中です、おたのしみに! OTOTOYにて独占ハイレゾ配信! 予約受付中! Nabowa / DRAWINGS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム販売のみ 2,300円(税込)【収録曲】1. Slipper de2. Ping Pong3. Ooh la la4. My Heartbeat (Belongs To You) [feat. Naz Yamada]5. Casablanca6. Af-roman7. Bell8. Seven Seasons9. Swan10. U411. Precious Mome
300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信
[CLOSEUP]・2017年07月06日・300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信 2017年6月30日、Helsinki Lambda Clubが自主レーベル、Hamsterdam Recordsの設立記念として、ワンマン・ライヴを行った。開場から開演までの間も、来場特典や上映会、型抜き大会などなど、お楽しみ企画が盛りだくさん。ヘルシンキなりのユニークなおもてなしで、渋谷WWWは開演前から大賑わい。様々なバンドと対バンして、成長した彼らがワンマン・ライヴで見せてくれるのはどんな景色なのだろうか。ライヴ・レポート掲載と同時に、Hamsterdam Records第1弾作品『split』から2曲を配信開始! 盟友、tetoとの相乗効果でさらなる磨きをかけた圧倒的センスを存分に体感して欲しい。 ブラーvsオアシスを予感させるスプリットの最高傑作Helsinki Lambda Club & teto / split'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 216円(税込) / まとめ 432円(税込) 【収録曲】''1. Ki
by 宮尾茉実
底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月24日・底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信 ニューウェイヴ・アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、2017年3月26日にTSUTAYA O-EASTにて開催した東名阪ワンマン・ツアー〈孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」〉の東京編をライヴ・レコーディング、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信スタート。3月15日に発売されたシングル『孤独と逆襲EP』を携え、新バンドを従えて全公演生バンド編成で行ったタイトなツアーを生々しくパッケージ。当日のライヴレポートも掲載して当日を振り返る。6月にはミニ・アルバムのリリース、同作を携えた全国ツアー(ファイナルは赤坂BLITZ)も決まっているゆるめるモ! の熱い夏から目が離せない!! 新バンド従えた東京ワンマンの音源を独占ハイレゾ配信ゆるめるモ! / 孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー at TSUTAYA O-EAST(24bit/48kHz)'【Track List】1. idアイドル2. Hamidasumo!3. 不意打て!!4. 私の話、これでおしまい5. アントニオ6. 人間は少し不真面
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[CLOSEUP]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
3週間に渡る、CHAIのドタバタ全米8都市ツアーを現地レポート!
[CLOSEUP]・2017年04月03日・ニュー・エキサイト・オンナバンドCHAIが3週間のドタバタ全米ツアーより帰ってきた! 現地レポート到着! 奔放な楽曲とパフォーマンスと卓越した演奏で話題騒然の『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』CHAI。ある日突然Spotify UKチャートランクインするなど、まるで冗談のような快進撃でなにかとお騒がせな彼女たち。 昨年10月に行われたSony MusicとJapan Niteが主催する〈グランプリ、いきなり米国フェス出演オーディション〉にて見事グランプリを獲得したCHAIは、その特典として3月に米国で開催された世界最大級フェスティバル〈2017 SXSW Music Festival〉内で開催されるJapan Niteに出演し、その後7都市に渡る全米ツアーを敢行した。 かつては世界で随一の音楽見本市にして、今年はミュージック以外にもインタラクティブ、フィルム、ミュージック、コメディの4部門が催される年に一度の祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2017」。「世界3位になってグラミー賞をとる」という半ば矛盾している夢を掲げる彼女たちにとって、今回が初の海外公演であり、そこにかける思い
GOODWARP、日本のポップスの頼もしさと可能性を見せたツアーファイナル
[LIVEREPORT]・2017年03月19日・【ライヴレポート】日本のポップスの頼もしさと可能性が見えた! GOODWARPツアーファイナル ふらっと立ち寄った本屋にはいく種類ものボブ・ディランについての本が平積みされていた。彼がノーベル文学賞をとったことは、彼を知らなくても事実として知っている人も少なくないだろう。彼の書く歌詞の世界観や深みは世界中の人々に評価され、受賞に至ったわけだが、やはり日本人である私たちは『母国語』として理解することはできないという言葉の壁を痛感させられる。歌詞の意訳や、翻訳というものもあくまで解釈の一端であり、彼の言葉全てを受け取るというものでもない。なんだかなあといった気持ちで本屋を後にし、代官山UNITへと向かった。ライヴハウス前にはGOODWARPのツアー千秋楽を心待ちにしているファンが長蛇の列を成していた。 テキスト : 宮尾茉実写真 : 後藤壮太郎 REPORT 2017年3月16日、時刻は19時半をすぎ、会場が暗くなりライトが照らせれると、ステージ上にはメンバーのシルエットが大きな幕に映し出された。「レイニー白書」が披露され幕が降りると電飾に身を包んだGOODWARPの姿が現れる。CD音源化されていないが彼らの
by 宮尾茉実
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事