sgt.の迫力のライヴ音源を高音質HQDファイルでお送りします

映画音楽的な手法にクラシック、ノイズ、エモ、ジャズ、即興といったジャンルを融合させてきたsgt.。彼らの高音質ライブ音源が遂に発売。録音からミックス、マスタリングまでをオトトイで行い、24bit/48KHzのHQD音源で送るこのライブ・アルバムは、2009年11月25日に下北沢eraにて行われた"Capital of gravity TOUR " FINAL -ONEMAN SHOW-の軌跡を鮮明に記録。結成10年を迎えた彼らの集大成であり、新たなステージでもある1時間を越える大作を、高音質のHQDファイルでどうぞ。

『Capital of gravity TOUR FINAL -ONEMAN SHOW-@下北沢era』

1.囚人達のジレンマゲーム
2.すばらしき光
3.白夜
4.Tears of na-ga
5.Epsilon
6.声を出して考える方法
7.Apollo Program
8.Paranoia
9.再生と密室
10.ムノユラギ
11.銀河を壊して発電所を創れ
12.Ant's planet (encore)

"Capital of gravity TOUR " FINAL -ONEMAN SHOW- 2009.11.25@下北沢era

11月25日の下北沢ERA。バンド結成10周年にして初のワンマン・ライヴを行ったsgt.は、二部構成のステージでアンコールを含めて13曲を披露した。あまりにも濃厚なその時間は、彼らが如何に<聴かせる>タイプのバンドであるかを実感させてくれた。

自身の楽曲である「Kalliope」でsgt.の4人が入場し、「囚人達のジレンマゲーム」で幕を開ける。すぐさまゲスト・ピアノに中村圭作を迎え、曲間なく演奏は進む。観客は個々に横乗りで音に耳を集中させている。ピンと張りつめた緊張感が、各パートの一音一音を浮き上がらせていく。ライヴとは思えないくらい正確なビートとアンサンブルに加え、中村のピアノによる音の厚みがライヴ・ハウスを包み込む。

圧巻はゲスト・サックスの大谷能生を迎えて6人で演奏された「Epsilon」。情緒的でムードあるピアノに、モダン・ジャズや現代音楽にも精通した大谷のサックスと紅一点の成井幹子のヴァイオリンが調和しながらも、他のリズム隊に反発することなくとけ込んでいく。ジャズ調に転換したと思えば、ベースとギターの音が自然に前面に浮かび上がる。決してパート毎に独奏を促すわけではなく、あくまでも全体性を保ちながら自然と各楽器が顔を見せてくる様が非常に面白い。周りを見渡せば、目を瞑ったり身体を自然に揺らせながら各自で一音一音に耳を澄ませている。

休憩を挟んで始まった二部は、ドラムの大野均が観客を盛り上げようとコール&レスポンスを仕掛けながら進んでいく。時間の経過と共に動くスペースもないくらいに人で溢れ返った会場は、個々人の内面から感情が喚起されるような盛り上がりを見せる。会場の温度は確実に熱くなっているのが肌で伝わってくるが、決してダイヴやモッシュが起こる類の盛り上がりではない。耳だけでなく身体全体で音を吸収するような、そんな特殊な体験をsgt.のライヴはもたらしてくれる。2部の最後を締める「銀河の車窓から-reprise-」で、会場の熱気は最高潮に達する。最後のディストーションが懸かったアンサンブルが、それまでの緊張感を一気に解放するかのようにエモーショナルで爆発力のある一体感を創出した。

今回のワンマンは、10月に発売された2ndミニ・アルバム『capital of gravity』のリリース・ツアー・ファイナル。結成10年の総括でもあり、それが張りつめた緊張感をもたらしていたのも事実であるが、彼らの人柄がよくわかる気鋭に満ちたライヴであった。sgt.のエンジニア/マスタリングを担当している山下大輔のライヴ・ハウス下北沢ERAを会場に選び、DJに「銀河の車窓から-reprise-」のリミックスを担当したTyme.を、VJにアルバム・アートワークとPVの制作のmitchelを迎えたことからも、sgt.が真摯でメンバー・シップを大切にするバンドだということが伝わってきた。それは観客に対しても同じで、未発表DVDを特典としてプレゼントしたり、ライヴで一体感を作ろうと盛り上げようと投げかける。そうした姿勢に対して客席の反応が薄いように思えたかもしれないが、それはsgt.の演奏に一音一音に集中していたからであり、観客はsgt.の音楽を正面から受け止め咀嚼していた。

アンコール前に成井が少し長めのMCで、バンドに対する愛情や感謝を素直に語っていたが、そこから音楽とは違った視点からのsgt.の熱さが滲みでていた。最初に<聴かせる>と書いたように、sgt.のライヴは音源と遜色ないくらいのハイ・レベルな仕上がりである。音楽に対して真摯でストイックなバンドという部分が強調されがちだが、4人のメンバーの熱さも注目すべき大切な部分だ。成井は、sgt.を家族のようなものと評したが、まさに的を得た表現であろう。今日この場所に集まった全員が家族のような結びつきを見せていた。そのような中でもひとたび演奏が始まると、静まりその音に皆が集中する。これだけ、<聴かせる>というライヴを体現することが出来るのは、10年の歩みと妥協なき姿勢が実を結んだからであろう。絆はますます強くなっていく。その節目として、sgt.初のワンマン・ライヴはとても貴重な夜であったことは間違いない。(text by 西澤裕郎)

sgt. PROFILE

1999年結成。2003年より現在のメンバー編成にて活動。映画音楽的な手法にロック、ジャズ、ノイズ、エモや即興といったサウンドが融合したマルチ・インストゥルメンタル・バンド。2005年11月に1st mini album『perception of causality』でデビュー(mastering engineer : mino takaaki/toe)。翌年11月にgood music! とのSplit CD『sggmt!! 』を発売。これまでにオリジナル、ライブ盤、DVD、オムニバスも含め8作品を製作/参加。
主にライブを活動の主軸に置くスタイルで、ジャーマン・プログレの“CAN”のボーカリストDamo Suzukiと共演(60分の即興ライブ・セッション)や、山本精一(ROVO)を中心に千住宗臣(ボアダムス、ウリチパン郡)やEXPEも参加する PARA、中村達也×勝井祐二とも共演。また、The World Heritage(勝井祐二、鬼怒無月、ナスノミツル、吉田達也)、芳垣安洋(ROVO、ONJQ)率いるVincent Atmicusや、54-71、twin electric violins band(勝井祐二、定村史朗、芳垣安洋、益子樹)とのツーマン・ライブも開催。近年はOTONOTANI、アラバキ・ロック・フェスに出演や、 rega、nhhmbase、Saxon Shore(us)等のツアー・サポートも勤める。2008年9月には約3年振りとなるオリジナル作品を初のフル・アルバムとしてリリース。また作品の全てのアートワークを新進気鋭のクリエイター迫田悠が手掛け、楽曲とリンクしたコンセプチュアルな内容となり話題に。作品自体も海外で高い評価を受ける。現在はサポートだったギターの田岡が正式メンバーとなり4人編成に戻り精力的に活動中。
またメンバーの成井幹子は、大友良英率いるONJOのライブでストリングスへの参加や、木村カエラ、ILL(ex.SUPERCAR)のバック・バンド参加などの経歴がある。ソロとしても勝井祐二とのデュオや、坂本弘道や巻上公一などと共演。

高音質ライヴ録音シリーズ

Parabolica Jam '09 at 渋谷CLUB QUATTRO / LITE
2009年10月28日に渋谷CLUB QUATTROにて行われたLITEが主催する【Parabolica JAM’09】のライブを、CDの2倍以上のデータ量にあたる24bit/48KHzのHQDファイルで高音質配信。LITE独特のプログレッシヴで鋭角的なリフが生み出す、エモーショナルでスリリングな楽曲を、是非HQDファイルで体感してください!!

HQD高音質ライヴ音源 LITE、tera melos、Adebisi Shank

Parabolica Jam '09 at 渋谷CLUB QUATTRO / tera melos
2009年10月28日に渋谷CLUB QUATTROにて行われたLITE主催【Parabolica JAM’09】のtera melosのライブを、CDの2倍以上のデータ量にあたる24bit/48KHzのHQDファイルで高音質配信。Cap'n JazzやMODEST MOUSEなどの泣き変態エモ的な歌メロが乗り、とにかく独創的でアクロバティックな圧巻の演奏です。

HQD高音質ライヴ音源 LITE、tera melos、Adebisi Shank

Parabolica Jam '09 at 渋谷CLUB QUATTRO / Adebisi Shank
2009年10月28日に渋谷CLUB QUATTROにて行われたLITEが主催する【Parabolica JAM’09】でのAdebisi Shankのライブを、CDの2倍以上のデータ量にあたる24bit/48KHzのHQDファイルで高音質配信。掻きなるギター、けたたましいドラム、気狂いベースが作り出す、ぶっ飛んだ世界は異次元そのもの。

HQD高音質ライヴ音源 LITE、tera melos、Adebisi Shank

o

 
 

"hqd"の最新アーカイヴ

tomzuin hの新作『Ring』を高音質音源で配信開始&インタビュー! 2週間限定フリー音源有り!
[HQD]・2013年05月16日・ 作編曲家、キーボーディスト、シンセサイザー・プログラマー、音楽プロデューサーと多彩な顔を持つ、エレクトロニック・アーティスト、TOMZUIN H。彼が1stアルバム『bird people』から実に9年振りに、長い沈黙を破っての新作『Ring』をリリースした。コンセプトは“長い音”。OTOTOYでは、24bit/48kHzの高音質音源で配信を開始するとともに、過去作の『bird people』を2週間限定で、全曲フリー配信! 繋がる長い音にこめられた壮大な物語と宇宙を楽曲として描き出した作品集をぜひお聴き下さい! >>>1st album『bird people』のフリーダウンロードはこちらから(〜5/30まで) 9年振りの新作を高音質で!TOMZUIN H / Ring'【価格】mp3 単曲 200円 / まとめ購入 1,000円HQD 単曲 250円 / まとめ購入 1,300円【Track List】1. Helium Leak / 2. At An Angle Of 120 Degrees / 3. Invisible Rays / 4. Silver / 5. Visible Rays / 6
by 純三
HALFBY AND HIS MYSTIC ARCHESTRAのライヴ音源を配信開始!
[HQD]・2011年11月06日・ HALFBY AND HIS MYSTIC ARKESTRAのライヴ音源を配信開始! 高橋孝博のソロ・ユニット・DJとして始動し、活動10周年を迎えたHALFBYが、10月22日、代官山UNITで開催したニュー・アルバム『LEADERS OF THE NEW SCHOOL』のプレ・リリース・パーティーでのライヴ音源を最高音質のDSDで配信スタート。HALFBY AND HIS MYSTIC ARKESTRAというバンド・セット名義で、ソロよりも一段とアグレッシブに進化したパーティ・サウンドを聞いてください。また、11月16日に発売する通算4枚目のニュー・アルバム『LEADERS OF THE NEW SCHOOL』は、DIPLOやA-TRAKが提示する最新ダンス・ミュージックとリンクした、キャリア最高級の完成度。ご期待ください! HALFBY AND HIS MYSTIC ARKESTRA / 『LIVE at UNIT 2011.10.22 -HALFBY 10th ANNIVERSARY-』【配信形態】1)DSD+mp3(320kbps)※約1.4GB2)HQD(24bit / 48kHz)※約6
by 坂本 哲哉
no.9『the history of the day』をHQDで配信スタート
[HQD]・2013年07月05日・ エレクトロニカにさまざまな要素を織り込み、日常の情景をやさしく表現するno.9が新作『The History of the Day』をリリース。15曲入りというヴォリュームたっぷりの1枚ですが、no.9の楽曲はリスナーを疲れさせることなど知らない、木漏れ日のようなやすらぎの音楽です。OTOTOYではHQD(24bit/48kHzのwav)で全曲を配信。是非とも高音質でお楽しみください。※本ページ上で、HQD(24bit/96kHzのwav)との表記がありましたが、正しくは、HQD(24bit/48kHzのwav)です。掲載情報に誤りがあったことを深くお詫び申し上げます。 no.9 / The History of the Day'【価格】※まとめ購入のみ mp3 / wav 1,800円【Track List】''1.inside outside / 2.The History of the day / 3.whisper of rain / 4.there / 5.small promise / 6.fairground spring #02 / 7.balance / 8.flat point /
ホテルニュートーキョーが、4年振りの3rd アルバム『yes?』リリース&インタヴュー
[HQD]・2013年06月12日・ 新作のスタジオ・アルバムを1週間先行で、高音質配信開始!今谷忠弘を中心としたユニット“ホテルニュートーキョー”が、4年振りのアルバムをリリース。今作は、toeの柏倉隆史をはじめ、中村圭作(kowloon、stim、toe、木村カエラ)や後関好宏(在日ファンク、stim、WUJA BIN BIN)など、第一線で活躍するミュージシャンらが集結。互いの個性をぶつけ合いながら、緻密に練り込まれたバンド・アンサンブルを披露。ホテルニュートーキョーの集大成とも言うべく傑作アルバムがここに完成した。もちろんリリースは曽我部恵一のROSE Recordsから。OTOTOYでは1週間先行で、24bit/48kHzの高音質WAV音源での配信がスタート! 1週間先行で配信スタート!ホテルニュートーキョー / yes?'【価格】mp3 単曲 200円 / まとめ購入 1,500円HQD(24bit/48kHzのwav) 単曲 230円 / まとめ購入 1,800円【Track List】''01. カルトヒーロー / 02. Good design makes me happy / 03. Succession / 04.
by 渡辺 裕也
LITE 4th Album『Installation』リリース&インタビュー
[HQD]・2013年06月05日・ 日本のインスト・ロック界の雄、LITEの新作が届きました!! 隙間を生かした繊細な音の積み重ね、1曲1曲がそれぞれ映像作品のように鮮やかで、ダイナミック。ポスト・ロック、エレクトロ二カ、ダブステップなど、あらゆるジャンルを越えて作品ごとに色を変え変化していくLITEのサウンドは、ひらめきが詰め込まれ、独自性を確立しています。OTOTOYではHQD音源も同時リリース!! LITEの音の広がりを、幅広いレンジでカヴァーしたハイレゾ音源の決定版です。ギタリスト、インスト好きは必読の、楽曲制作の裏側を覗いたインタヴューとともにお楽しみください。 LITE / Installation【価格】mp3 単曲 200円 / まとめ購入 2,000円HQD(24bit/48kHzのwav) 単曲 220円 / まとめ購入 2,200円【Track List】1. Starry Morning / 2. Echolocation / 3. Hunger / 4. Alter Ego / 5. Between Us / 6. Bond / 7. Fog Up / 8. Starry Night / 9. Subaru /
sukida dramas、OTOTOY presents お腹が痛い vol.4で収録されたライヴ音源をリリース!!!
[CLOSEUP]・2013年05月30日・ 2013年5月6日、ゴールデンウィーク最終日を熱気120%のなかで締めくくった、OTOTOY presents「お腹が痛い vol.4」@渋谷O-nest! 出演した5組のなかで、若さ溢れるパフォーマンスと、ポップな楽曲で盛り上げたsukida dramas from NAGOYA CITY!! 実は、ライヴの模様をDSD録音していました!! ということで、OTOTOYでのフリー・ダウンロードが話題となった「ゴリラ」を含む4曲のライヴ音源をOTOTOY独占リリース!! じめじめした季節をすっ飛ばしてくれる、爽やかな音源をお楽しみください!! sukida dramas / LIVE at お腹が痛い vol.4'【配信形態】DSD 5.6MHz+mp3 ver. まとめ購入のみ 800円HQD (24bit/48kHzのwav) ver. 単曲 200円 / まとめ 700円mp3 ver. 単曲 150円 / まとめ 600円【Track List】1. Teddy Boy / 2. Randoselu / 3. カーニバルがやってくる / 4. ゴリラ※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありま
『世武裕子 DSD recording sessions vol.2 JOY』リリース
[CLOSEUP]・2013年05月25日・ 東京でのワンマン・ライヴも含め、全国8カ所を巡る〈だいじょうぶ みらいのこどもツアー〉を終えたシンガー・ソングライターの世武裕子。映像音楽作家としても、楽曲提供という形で新たな活躍を見せる彼女のピアノ弾き語りを、DSDのネイティヴ録音、ネイティヴ・ミックスによって、生々しい音源に収めた『世武裕子 DSD recording sessions』の第二弾がついにリリースされる。 福生にあるピアノ・スタジオ「アルト・ノイ・アーティストサービス」で、Fazioli concert grand pianoとYAMAHA C3Bの2種類のピアノを使い、録音された。さらに、録音には世界に3台しかないDSDレコーダー「Clarity」を使用し、エンジニアには奥田泰次(studio MSR)を迎えて、DSDネイティヴ録音、ネイティヴ・ミックスを行っている。 4月2日(火)に配信開始され、好評を博している第一弾『世武裕子 DSD recording sessions vol.1 やもり』では、新曲「やもり」を2台のピアノで弾き比べた音源と、ゆらゆら帝国の「夜行性の生き物3匹」のカヴァーが収録されたが、第二弾となる今回、聴き
クラムボン『LOVER ALBUM 2』をDigital EditionとHQDで配信スタート
[CLOSEUP]・2013年05月23日・ 3年ぶりとなる、クラムボンの新作は、2006年に発表されロング・ヒットを記録した珠玉のカヴァー企画『LOVER ALBUM』の第2弾。前作から引き続き、洋邦問わないクラムボンならではの選曲と彼らならではのアレンジで、それぞれの楽曲が違った色で輝いています。カヴァーなのに、いや、カヴァーだからこそ見えてくる、クラムボンらしさが詰まった14曲を配信でリリース。さらに、その中から中森明菜のカヴァーである「DESIRE-情熱-」、Esbjörn Svensson Trioの「GOLDWRAP」など4曲をHQD(24bit/96kHzのwav)で配信いたします。みずみずしいサウンドをご堪能ください。 高音質HQD(24bit/96kHzのwav) Editionクラムボン / LOVER ALBUM 2(24bit/96kHz)'【価格】HQD(24bit/96kHzのwav) 単曲 400円 / まとめ購入 1,600円【Track List】''1. 呼び声 (24bit/96kHz) / 空気公団2. GOLDWRAP(24bit/96kHz) / e.s.t. (Esbjörn Svensson Trio
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事