【GANG PARADE】ココ・パーティン・ココ、初インタヴュー「自分たち3人が入った理由を証明したい」

POPから改名し活動中のアイドル・グループ、GANG PARADE。シグサワアオ、イヌカイマアヤの脱退を経て、10月2日の名古屋ワンマンで新メンバー、キャン・マイカが加入、10月6日には元SiSメンバー3名ーーテラシマユウカ、ユイ・ガ・ドクソン、ココ・パーティン・ココの電撃加入が発表された。そんな激動のGANG PARADEの改名後初となるアルバム(新メンバー3人を除く4人でレコーディング)をハイレゾ配信開始。新メンバー3人への初インタヴューを3回にわたり掲載する。7人体制でのお披露目ライヴは、11月13日(日)の新宿BLAZEワンマン。ぜひ本作を聴いて足を運んでみてはいかがだろう。

GANG PARADE改名後、初アルバムをハイレゾ配信スタート

GANG PARADE / Barely Last

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 2,000円(税込)

【Track List】
1. sugar
2. crazy night
3. Barely Last
4. don't forget me not
5. ISSIN ITTAI
6. QUEEN OF POP
7. テヲノバス
8. this is love song
9. WE ARE the IDOL
10. Happy Lucky Kirakira Lucky

グループ史上最大キャパでのワンマン・ライヴ開催が決定

GANG PARADE OneMan Live『Barely Last』
2016年11月13日(日)@新宿BLAZE
時間 : Open 16:00 / Start 17:00
料金 : スタンディング 前売 3,000円(税込) 入場時にドリンク代別途必要
※会場内に女性専用エリアを設けます。
チケット一般発売中 : 受付URL イープラス
本公演に関するお問い合わせ : KM MUSIC 045-201-9999

INTERVIEW : ココ・パーティン・ココ

気さくで人懐っこくて、その場を明るくするムードメイカーのココ・パーティン・ココ。BiSの合宿オーディションではパリピと呼ばれていた名古屋出身の彼女は、家にジャングルジムがある破天荒な家庭で育ってきたという。とはいえ、根は真面目で人を思いやる気持ちも人一倍強い。新メンバーの3人のなかでも率先して場を和ませ、GANG PARADEとの顔合わせのときに、自分たちの加入について丁寧に話したのも彼女である。そんなココがどのような想いで激動の数ヶ月を過ごしてきたのか、ロング・インタヴューで迫った。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : Jumpei Yamada

30分以上無言が続いて、みんなのお腹の音が鳴り続けるみたいな

ーーココのTwitterを見ていると、東京に出て来たばかりで希望に満ちているのが伝わってきます。BiSの合宿オーディションに落ちたり、SiSが活動休止になったり、ヘビーな状況を経てきたわけですけど、心が折れそうになったりしませんでしたか?

ココ・パーティン・ココ(以下、ココ) : 心は折れましたよ。BiSに落ちたときよりも、SiSがなくなったときの方がきつかったです。

ーーつまり、SiSに関して大きな希望を持っていたってことですよね。

ココ : 持っていました。周りからの反響だったり、楽しみにしているって聞くことが多かったのもあって、大変だけどやりがいはあるなと思っていて。だけど、一夜限りのグループになっちゃいました…。

ーーSiSのワンマン・ライヴ、どんなライヴでした?

ココ : 前日の23時半くらいにMCやセットリストも配られるくらい本当にギリギリだったんですけど、リハでしっかりできてニコ生でも好評だったんですよ。でもお客さんが入って本番がはじまったら野次がすごくて…。研究員のユーモアがある野次やコールはなんとなく想定していたんですけど、誹謗中傷だったから自分のペースが全部そこで狂っちゃって。私、ペースに乗っかれるとめっちゃ乗れるんですけど、1回外されると一気に全部ダメになっちゃうから、そこからライヴの内容を全然覚えていなくて…。MCの内容も一切出てこなくなって真っ白になっちゃいました。

ーーしかもそのライヴの後、SiSの活動中止が告げられたわけですけど、それを聞いたとき、どういう気持ちだったんでしょう。

ココ : それを聞いて、どんどん手の色が薄くなっていったんです(笑)。完全にガツンと殴られた感じというか涙も出なくて。ユイ・ガ・ドクソンはライヴでも一切泣かなかったんですけど、そのときだけぽろって泣いたんですよ。テラシマと私は何かを通り越して涙が出なくて。事態も把握できてないし、意味不明過ぎて。ただただこれからのことを考えていました。名古屋に帰らないといけないのかなって。どこまでが予定通りなのかのもわかってなかったし、私も最初茶番じゃないかと思っていたし、でも完全に雰囲気がやばすぎて…。

ーー気を抜くと逆に笑っちゃいそうな雰囲気だったって、ドクソンが話していました。

ココ : 私、1回笑っちゃったんですよ。ハハって。30分以上無言が続いて、みんなのお腹の音が鳴り続けるみたいな。誰も何も言わない状況で、ようやく沈黙が解けたとき、「これでSiS解散ですか?」って言ったら「まあ…」って言われて、私笑っちゃって。本当にそんな空気でした。

ーーそんな状況を経ても、ココはアイドル活動を諦めなかったわけですよね。

ココ : もし名古屋に帰ったらってことを考えていたんですけど、気持ち的にどうしても無理で。ただ活動をするにしても、どこかの事務所に所属しないとダメだと思って。私にはツテもないし右も左も分からない状態だから、帰らざるをえないのかなと思いつつ、メンバーと話し合いに行ったんですよ。そしたらユユ(テラシマユウカ)が「私は絶対帰らへん」って言っていて、私もそうだよね!! ってなって。そこから自分たちで考えないといけないんだなと思うようになりました。だからその話し合いはすごい有意義だったし、その会があってよかったですね。

ーーどういうことを話し合ったんですか。

ココ : 素人なりにいろいろ考えて、最初は渡辺さんに話を通すべきなんじゃないかって。プー・ルイさんがインタヴューで「周りの大人を本気にさせる」っていうことを言っていて、それが1番試されてるんじゃないかと思ったんです。SiSが終わったことは置いておいて、みんな次のことを考えるようになった感じですね。

ーーそれでWACKに行ったら、たまたま淳之介さんと遭遇するんですよね。

ココ : とりあえずまずWACKに行ってみようって感じで行ったら、渡辺さんに会って。え? すごっ!! て。

ーーその後、焼肉に連れていってもらって、自分たちの気持ちを伝えたと。

ココ : その2日後に連れて行っていただいたんですけど、昼過ぎくらいまでずっと話していて。ここで決めないとうちらの人生は終わるよって、みんな緊張していて。肉どころじゃなくて、私、吐いたし。

母親はめっちゃ破天荒でした

ーーそこまで気を張っていたんですね。ココはもともと研究員でもあったんですよね。TwitterでBiSのグッズ写真をアップしたりしていましたよね。

ココ : 引っ越しするときに荷物をまとめていたら横アリのチケットが出てきて。テンコちゃんとかが入ったときくらいから応援していたので、5人時代を知ってるとかはないんですけど、名古屋のライヴとかは行っていました。

ーーBiS合宿の個人面談で家にジャングルジムがあるって話していたじゃないですか? 大学もお嬢様学校だし、結構裕福なお家だったのかなって。

ココ : いやいや、超中流家庭ですよ。大学も他の子たちのほうがすごすぎて。ヘリコプターの免許を持ってる子とか、長寿番付に入っている家庭とか、超高級マンションの最上階全部がその家の部屋だったり。

ーーでも普通はジャングルジムはないんじゃない(笑)。

ココ : 変わっているというか、おもしろい家庭だったとは思いますけど。

ーーどういう家庭だったんですか?

ココ : すごい破天荒というか。うちの親というか家族に大卒者はいなくて、自営業ばっかなんですよ。なかでも母親はめっちゃ破天荒でした。

ーーどんなお母さんだった?

ココ : 元ヤンでシングルだったんですけど、自営業を始めた1年後くらいにうちを大学に入れてくれて。娘を私立に入れることによって自分の仕事を頑張る糧にするじゃないけど、結構追い込んでたらしくて。母親はもともとモデルだったんですよ。それもあって昔から芸能関係をわりとすすめてくれていて。だから、今回のことは反対しなかったんじゃないかなと思うんです。

ーー大学は辞めちゃったんですか?

ココ : 一応籍は置いています。わりといろいろ大変ですね。

ーーそれを聞くと、たしかに今更名古屋に戻って、元の生活に戻りますってことはできないですもんね。

ココ : そうなんですよ。いろいろ動いちゃったし、お金もかかっているし。自分で言うのもあれなんですけど友だちが多くて、みんなに応援されて来たんですよ。だから後に引けないのもある。一貫校で14年間通ってきた学校だし、親ががんばって入れてくれたっていうのがあって簡単に辞められなかったけど、BiSで活動するんだったら辞めてもいいなと思って合宿に来たから。それなのにここで折られちゃ困ると思って。ここまでオーディションで進んだのも初めてだったし、絶対に手放しちゃだめだって。冷静になって考えたらことの重大さを感じるようになりました。

ーー結果的にGANG PARADEに入って、好きだったBiSのメンバーだったサキちゃんと一緒にグループをやるっていうのは不思議な縁ですよね。

ココ : 不思議ですよね。今でも実感がないというか。

こうやって活動の場を提案してくださったってことが本当に嬉しかった

ーーGANG PARADEのメンバーになることが決まった時はどういう気持ちでした?

ココ : そのときは雑務みたいなことでもいいし、どういう形であれ渡辺さんと仕事がしたかったんです。それがまさかWACK所属になって、しかも活動ができる場を与えてくださったことにびっくりして。GANG PARADEのタイミング的に迷惑がかかるなって思ったんですけど、こうやって活動の場を提案してくださったってことが本当に嬉しかった。SiSが終わってから他のアイドルさんとかを見ていて、衣装があって、自分たちの歌があって、グループ名があって、ライヴができる状況ってすごいんだなと思って。ただ、自分たちだけのことを考えたらすごく嬉しいけど、サキちゃんとか今いる先輩方にとって複雑だろうなと思って。

ーー顔合わせした時はどんな雰囲気でした?

ココ : SiSだった時に、私だけトークショーでユアちゃんとヤママチさんとサキちゃんに会っていたから、お久しぶりですって感じだったんですけど、めっちゃ緊張しました。私が全部経緯を説明したんですけど、めちゃくちゃ慎重に言葉を選んで話して。いい話だからのっかりましたよ思われないように、本当に申し訳ないと思うしってことを説明をして、よろしくお願いしますって気持ちを伝えました。

ーー会う回数が増えてきたり一緒に練習するなかで、少しずつ打ち解けてきた?

ココ : 勝手に私が思ってるだけかもしれないけど打ち解けてきました(笑)。でも、しゃべる回数が増えるにつれて、ちょっとふざけられるようになったり、スキンシップとかは多くなってきて、すごく嬉しいです。

ーーGANG PARADEに対して、どんな印象を持っていましたか?

ココ : 数回しか観たことがなかったんですけど、WACKとか渡辺さん系列のグループの中で1番ダンスがしっかりしているし、パフォーマンス面では1番クオリティが高いっていう印象でした。

ーーそこに自分たちが入ることで、どういうことを変えていきたいと思いますか?

ココ : まずはパフォーマンス面でクオリティーを落とすわけにはいかないと思っていて。自分たちもBiSからのSiSからのっていう話題性もあったから、そこでいい感じの方向にシフトが変わればいいなってサキちゃんにも言ってもらって。3人が入ることで盛り上げれるところは一生懸命使ってもらって、いいふうにしたいなと思っています。

ーーまさにいま、GANG PARADEの変革期だと思うんですよね。今日の3人の感じを見ていて、今までのギャンパレにない要素を持っているなと思ったんです。だから変にギャンパレっぽく合わせるより、3人のキャラクターを生かしつつ活動していったほうがいいんじゃないかとも思いました。

ココ : サキちゃんも、キャラクターを出してっていいからって言ってくれていて。BiSの合宿をやってきたことで、わりと濃い子たちが残ったじゃないですか。自分たちが逆にギャンパレに加入することによるメリットとして、そのぐらい持ち味みたいなのがないと入る意味がないじゃないですか。そうじゃないと、ただ人数が増えただけになっちゃうから、そこは自分たちの魅力じゃないけど、個性を買ってもらえるんだったら、惜しまず出していけたらいいなって。サキちゃんとか他の先輩とかと上手くいい感じに各々が立っていけたらいいなと思っています。

結果的に7人になってよかったねって思ってもらえるように頑張りたい

ーー新メンバー3人の価値基準が、かっこいいとかかわいいじゃなくて、おもしろいかどうかですもんね(笑)。

ココ : 自分の性格でもそういうタイプなんで。かわいいとかより笑いだったりおもしろさを追求しちゃうタイプなんです。

ーー同じ境遇を体験して次のステップに来た2人は、ココにとってどんな存在ですか?

ココ : やっぱり3人で入るっていうのは、1人で入るよりも心強い気持ちはもちろんあるし、ただただ心強いです。3人ってインパクトもあるし、そういう面でも2人がいてくれてよかったなと思います。SiSは最初4人だったけど、最悪1人だけになった可能性だってあっただろうし。志というか気持ちの面でも同じ方向を向いてる人が多ければ多いほどいいと思うし、そういう面では後に引けないみたいな3人だし、安心感もある。

ーーこんな経験を一緒にすること人生でなかなかないと思いますよ。

ココ : そうですよね。超特殊だと思います。

ーーそういえば、ココ・パーティン・ココの名前の由来ってなんなんですか。

ココ : 渡辺さんから3つ候補をもらったんですけど、俺のおすすめだよっていっていたのがココ・パーティーで。私、SiSの時の名前をめっちゃ気に入っていて、親がシャネル好きのシャネラーだったから、あの時の名前を使うのかも考えていて。渡辺さんに相談したら「俺だったら前のは縁起が悪いから使わないけどね」って言われて。そこはやっぱり渡辺さんがつけてくれた名前にしようと思って。そしたらちんこだのなんの、おもしろおかしく渡辺さんが言い出して。ちょっとそれおいしいって思って。挟むタイプ(ココとココでパーティンを挟む)はいなかったじゃないですか? Dとか入れたり、アルファベットを入れたり変化球はあったものの、挟むタイプはいなかったし下ネタだから、これは来た! と思ってこれに決めました(笑)。

ーー(笑)。お披露目となる新宿BLAZEのワンマンに向けて意気込みを教えてもらえますか?

ココ : もともとのギャンパレ・ファンの方からしたら複雑だと思うんですけど、11月13日を観ないとわからないことってたくさんあると思うんですよ。うちら3人は、もちろん自分たちのためでもあるけど、自分たちがグループに入った理由を見出したいし証明したい。入ってよかったねって思ってもらえるように今はがむしゃらにただただ毎日頑張ってるので見に来てほしいです。私は緊張するととんでもないミスをするので心配なんですけど…。

ーーSiSのワンマンの反省を生かして、波に乗らないとですね。

ココ : いい感じの波に乗れればいいんですけど、めっちゃあがり症なんで、どうなるかわからないところもあって。今の4人の歌割りとかもどんどん変わって、私の名前になっているところもあるんですよ。そうなるとファンの方も複雑な気持ちだと思うんです。もちろん先輩方も複雑だと思うし、そういう意味でも中途半端なことは絶対にできない。だからこそ、結果的に7人になってよかったねって思ってもらえるように頑張りたいなと思っています。

これまでの記事もチェックしておこう!!

新メンバー、キャン・マイカ 初インタヴュー



>>>キャン・マイカ「私が消極的になったら入る意味がない」

GANG PARADE 第1章を振り返るドキュメンタリー・レポート



>>>5人で駆け抜けた416日の青春ーーGANG PARADE、密着ドキュメンタリー・レポート
シグサワアオ脱退インタヴュー



>>>GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
POPのデビュー舞台となった200km対抗駅伝をレポート



>>>BiSHとPOPの200km対抗駅伝はなにを生み出したのか?

はじめてのPOPイタンヴュー



>>>POP、デビュー・アルバムを配信スタート&メンバー初インタヴュー

カミヤサキ活動休止中の4ヶ月を経た4人へのインタヴュー



>>>「100kmマラソン前に4人で過ごしたPOPを振り返る」インタヴュー

密着ドキュメンタリー・レポート



>>>4人で過ごしたPOPの4ヶ月、カミヤサキ100kmマラソン

初のメンバー個別インタヴュー



>>>カミヤサキ編「今は1番目立ちたいし、棟梁みたいな感じでいたい」
>>>イヌカイマアヤ編「続けることで見えてくることもあるのかなって」
>>>ユメノユア編「POPは自分の中ですごい大事な存在だから」
>>>ヤママチミキ編「プラニメがあったからこそ、POPができた」
>>>シグサワアオ編「人生の中での第三次性徴期っていうのかな」

GANG PARADEの音源をまとめてチェック!!

GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!

GANG PARADE / WE ARE the IDOL

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. WE ARE the IDOL
2. これはきっとaventure
3. WE ARE the IDOL(inst)
4. これはきっとaventure(inst)


GANG PARADE「WE ARE the IDOL」MUSIC VIDEO


POPの2ndシングルを配信スタート!

POP / QUEEN OF POP

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3

【配信価格】
単曲 200円(税込) / まとめ 800円(税込)

【Track List】
1. QUEEN OF POP
2. 走る!!
3. QUEEN OF POP(inst)
4. 走る!!(inst)


POP「QUEEN OF POP」MUSIC VIDEO


POPの1stシングルを配信スタート!

POP / Happy Lucky Kirakira Lucky

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 800円

【Track List】
1. Happy Lucky Kirakira Lucky
2. Alarm
3. Happy Lucky Kirakira Lucky(inst)
4. Alarm(inst)


POP「Happy Lucky Kirakira Lucky」PV


POP-Period Of Plastic2Mercy-の1stアルバム、堂々のリリース!!

POP / P.O.P

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp3 単曲 200円 / まとめ 2,000円

【Track List】
1. Plastic 2 mercy(POP ver.)
2. pretty pretty good
3. fly away
4. who am I ?
5. UNIT(POP ver.)
6. NEON
7. Lonely lonely lonely
8. 3rd FLOOR BOYFRIEND
9. Daydream
10. Letter


POP「pretty pretty good」PV


プラニメ時代のシングルもチェック!!

>>>カミヤサキ(プラニメ)へのインタビューはこちら
>>>ミズタマリ(プラニメ)へのインタビューはこちら

LIVE SCHEDULE

Barely Last TOUR

■東京公演
2016年11月13日(日)@新宿BLAZE
時間 : Open 16:00 / Start 17:00
料金 : スタンディング 前売¥3,000(税込) 入場時にドリンク代別途必要
※会場内に女性専用エリアを設けます。
プレイガイド : イープラス(PC&携帯)
お問い合わせ : KM MUSIC 045-201-9999

PROFILE

GANG PARADE

2014年にプラニメとして活動開始。2015年、カミヤサキを中心にイヌカイマアヤ、ヤママチミキ、シグサワアオ、ユメノユアの4名を新メンバーとして迎え、ユニット名をプラニメから“POP”(ピーオーピー)に改名。ロック色の強かったプラニメ時代の楽曲から、POPとしての活動を経てアイドル然とした楽曲へと路線を変更。2016年6月、グループ名をGANG PARADEに再度改名。バリエーションに富んだ活動を行う。TIF2016をもってシグサワアオが脱退。

GANG PARADE Official HP

o

 
 

連載

BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode40 セントチヒロ・チッチ「未来を見据えるというよりは、今をどれだけ必死にやるか」
[BISH]・2017年09月22日・【BiSH】Epsode40 セントチヒロ・チッチ「未来を見据えるというよりは、今をどれだけ必死にやるか」 2016年10月にメジャー・ファースト・アルバム『KiLLER BiSH』をリリース、2017年7月22日には幕張メッセ・幕張イベントホールで開催された全国ツアー・ファイナル〈BiSH NEVERMiND TOUR RELOADED THE FiNAL “REVOLUTiONS“〉を7,000人の観客を集め大成功させた“楽器を持たないパンク・バンド”BiSH。セブン‐イレブンのおでんCMを歌ったり、音楽ファンを越えて浸透しはじめている彼女たちの6周目となるメンバー個別インタヴュー掲載。第1回はセントチヒロ・チッチのインタヴューをお届けする。 BiSH初のミニ・アルバムをハイレゾ配信中 BiSH / GiANT KiLLERS'【配信価格】WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 540円 / まとめ購入 750円【Track List】1. GiANT KiLLERS 2. Marionette 3. Nothing. 4. 社会のルール 5. VOMiT SONG※アルバムをまとめ
by JJ
D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!
・2017年09月15日・D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く! ということで、ひさびさ登場「D.A.N.の新譜放談」、今回は少々趣向を変えまして「特別番外編」と題し、マウント・キンビー新作『Love What Survives』にフォーカスしたいと思います。こちらは4年ぶりにリリースされた新作。この新作を提げて10月の頭には、D.A.N.も出演の朝霧JAM、そして東京、大阪での単独来日公演(まだ間に合う!)も控えている彼ら。音楽性に、彼らに大きな影響をうけたというD.A.N.の3人に迫ってもらいました。D.A.N.といえば、年末に向けたワンマン・ツアーも。こちらいまや完売必至。一般発売は9月23日(土)となりますので、お忘れなく (詳しくは記事後半の告知にて)! それではレッツラ行って見ましょう! 取材 : 河村祐介 Mount Kimbie / Love What Survives(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Four Years and One Day02. Blue Train Lines (feat. King Krule)03. Audition04. M
by 河村 祐介
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回
[REVIEW]・2017年09月11日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第8回 8月も終わり、夏もじわじわと過ぎ去りつつある今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか? 先月は「夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書」ということで、北千住を根城に活動するマイク集団・VLUTENT ALSTONESのクルーとして初となる作品『2017』と一十三十一の約2年ぶりとなるアルバム『ECSTASY』、そして新しく創刊されたヒップホップ専門誌「FRESTA(フリスタ)」を紹介いたしました。今月は先日リリースが発表されたばかりのあのアルバムをリリース前に一早くレヴュー掲載! オトトイでも配信予定なので記事を読んで気になった方はそちらもぜひチェックお願いします! 第8回 GRADIS NICE & YOUNG MAS 『L.O.C -Talkin About Money- 』 今月はリリースが楽しみで仕方ない1枚を先走って紹介します。 GRADIS NICE & YOUNG MASによる『L.O.C -Talkin About Money- 』。全編GradiceNiceの曲にFebbのラップで
by 斎井 直史
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回
[REVIEW]・2017年08月10日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第7回 東京は亜熱帯になってしまったんでしょうか? 嫌な湿気と暑さですっかりバテてきてる感じですが、まだまだ暑さは続きそうです。ですが今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」は元気にいきますよ! 先月は「気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚」ということでAlfred Beach SandalとSTUTSによる共作ミニ・アルバムと神奈川を拠点とするヒップホップ・グループ・CBSの初CD作品、そして話題のフィメール・ラップ・デュオ・chelmicoのメンバーである鈴木真海子のソロ作をピックアップしました。気になる今月は音源に加えて、雑誌も1冊紹介してくれるみたいですよ! Don't miss it! 第7回 夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書 8月に入っても梅雨みたいな天気が続き…なんて書いていたことが懐かしくなる事を祈ってます。先月膨らませた夏の妄想を、湿気で腐らせない2枚と夏休みの課題図書を1冊セレクトしました! まず、1枚目。VLUTENT ALSTONES『2017』。Playboi Cart
by 斎井 直史
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回
[REVIEW]・2017年05月11日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第4回 桜咲く4月もあっという間過ぎ去り、早くも5月。夏に向かってじわじわと気温も上がってきている今日この頃ですが、今月もHIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」いきますよ〜! 先月は『So Sophisticated』をリリースしたFla$hBackS、DOGGIESのFebbを迎えての本人解説によるパンチ・ライン特集ですが、今月は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」をピックアップ! 残念ながら今作はOTOTOYでの扱いは無いのですが、ページの下の方に名古屋産・ヒップホップをいくつかチョイスしたのでコラムと共にそちらも是非。では今月もいきましょ〜!! 第4回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」 平日は忙しくてもニュースを観るのに、連休中は時間があってもニュースはそんな観ない。これって自分だけですかね。とはいえGW中にニュースを観なくとも、隣国
by 斎井 直史
*ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回
[REVIEW]・2017年07月10日・ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第6回 暑い! 暑い! 暑い! 最近の東京はジメジメと暑く、いよいよ夏本番がすぐそこに来てるという感じですが、いかかがお過ごしでしょうか? この斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」も6回目ということで掲載から半年! これからも細く長く続けていければと思っております! さて、先月は「#超WAVYでごめんね」というキラー・フレーズが話題を呼んでるJP THE WAVY(例の楽曲、SALUもリミックスしてましたね)と、先月待望の初来日を果たしたDC出身のラッパーGoldlinkを取り上げましたが、今月はすでにやってきているうだるような暑さも忘れられるような気持ちいいアルバム3枚をピックアップしてるみたいですよ!(2ヶ月ぶり、今月はOTOTOYでも配信があるぞ!) 第6回 気持ちのいい夏の始まりのイメトレに適した3枚 ちょっと買い物に外を出た瞬間、ワクワクするような夏の空を不意に見つけて胸が高ま…りたい。 海へ向かう車内で曲を流し、「これ最高だよなぁ〜」なんて友達に言わ…せたい。 そんな気持ちのいい夏
by 斎井 直史
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.7 ユメノユア&連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.7掲載!!
[GANGPARADE]・2017年07月29日・GANG PARADE インタヴュー、ユメノユア編「今のギャンパレで戦っていく自信はある」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、ギャンパレの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタル・トレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第7回は、ユメノユア編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の7回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.7 はこちら>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこ
by 西澤 裕郎
GANG PARADE、ソロ・インタヴューvol.6 ヤママチミキ&連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」vol.6掲載!!
[GANGPARADE]・2017年07月28日・GANG PARADE インタヴュー、ヤママチミキ編「ここが私の居場所だから」 POPから改名し活動中の7人組アイドル・グループ、GANG PARADE(以下、ギャンパレ)。2017年3月28日より5泊6日にわたって開催されたBiS、BiSH、ギャンパレの合同オーディションにはユメノユアとテラシマユウカが参加しグループとしての存在感を示した。しかし最終日に開催されたフリー・イベント〈WACK EXHiBiTiON〉にて、カミヤサキとBiSのアヤ・エイトプリンスの期間限定レンタル・トレードが発表、現在アヤを入れた7人で活動をスタートさせている。そんな彼女たちに迫るべく、7回に渡り個人インタヴューを掲載する。第6回は、ヤママチミキ編。また、ユイ・ガ・ドクソンによる初連載「ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen」の6回目も掲載!! ドクソンが真剣にラーメンを食レポをし、ミッションをクリアできないと即打ち切りに!? こちらも合わせて要チェック!! >>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.6 はこちら>ユイ・ガ・ドクソンのFueled by Ramen vol.1 はこちらユイ・
by 西澤 裕郎
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事