【REVIEW】KiWi、クラブ・ミュージックで描く「魔法のキウイを盗んだ少年少女とおばけの織りなす物語」

Maltine Records、TREKKIE TRAXからも作品をリリースするDJ/トラックメイカー・AZUpubschoolと、作詞・作曲・編曲・ミックス・マスタリングまで自身でこなす音楽作家兼アーティスト・COR!Sによるコンポーザー・デュオ、KiWi。魔法のキウイを盗んだ少年少女と、彼らに取り憑くおばけの織りなす物語を描いた音楽集『March』をハイレゾ配信スタート。これまでのEPとシングルに収録された楽曲を中心に、過去曲は再レコーディング・リマスタリングを行い新曲を収録した全13曲。最新鋭のクラブ・ミュージック要素に、おもちゃ箱のような多彩なメロディーを詰め込んだ絵本のような珠玉の作品をお楽しみあれ!!

最新ベースミュージックで描くかわいいファンタジー

KiWi / March
【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC

【価格】
単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)

【収録曲】
1. KiWi物語 / 2. Greed Greed / 3. SUGAR PANIC / 4. Pyrite / 5. 月夜の魔法市 / 6. 星屑のパレード / 7. March / 8. An Ordinary Waltz / 9. おばけのキウィの古時計 / 10. DROLL KITCHEN / 11. ゆめのつづき / 12. 魔法のキウィ (Album Version) / 13. おばけのキウィの絵描きうた

※アルバム購入でデジタルブックレットが特典としてついてきます。

4月1日、2日インデックス大阪にて開催される関西最大級のハンドメイド&イラストの祭典 アートダイブにKiWiのアートワークを手がける若手イラストレーターSHIHOと共同出展決定。オリジナルグッズを販売致します。
ブース番号 : B-25
https://artdive.net/

REVIEW : まるで絵本を読んでいるかのような音世界

音楽を聴いただけで、ここまでファンタジーの世界を表現できるのか。KiWiによる音楽集『March』は、そんな驚きに満ち溢れている。

KiWiの音楽作品は、最初にコンセプトとストーリーを作り、それに基づいて曲が作られている。COR!Sがキウィを好きで毎朝食べてると話をしたのがキッカケとなり、魔法のキウイを盗んだ少年少女と彼らに取り憑くおばけの織りなす物語が創造されたという。その世界観はティム・バートンが描くダークでファニーでポップな世界を思い起こさせるものだ。


KiWi「KiWi物語 (Official Music Video)」

この作品がおもしろいのは、そのコンセプトをクラブ・ミュージック、しかもベース・ミュージックを中心に表現していることである。AZUpubschoolは、doopiioというユニットでJuke / Footwork系のトラックを作っていたり、Seiho主宰のDay Tripper Recordsからdoopiioのアルバムを発売したりするなど、注目の若手トラックメイカーの1人である。COR!Sは、2012年に生まれて初めて応募した『サウンド&レコーディング・マガジン』の読者コンテストで最優秀賞を受賞、『COR!S』名義で本格的に作家活動をスタートすることとなった音楽作家兼アーティストだ。

実力と評価を兼ね備えた2人がユニットを組み、物語という軸に対して持ち球のサウンドを駆使して表現したことによって生まれた音楽によるファンタジー、それが非常に緻密な音作りでありながらキャッチーでわかりやすさを伴っているのがとても素晴らしい。

2016年2月にリリースした『SUGAR PANIC』はディプロのミックスに収録され、同年5月にはディプロが主宰するマッド・ディセントののサブ・レーベルであるグッド・イナフから『M・A・Z・E』を発表、日本人アーティストではtofubeatsに続いて英BBC Radio 1〈Diplo & Friends〉にミックスを提供するなど、そのサウンドは日本にとどまらず評価を受けている。

このたびハイレゾ配信がスタートした『March』は、これまでリリースしてきた3作のEPの収録曲を中心に、グッド・イナフから発表した楽曲や新曲などを加えた13曲入りの音楽集となっている。以前リリースされたシングル『KiWi物語』では、「おばけのキウィのうた」のミュージック・ビデオを2人が独学で制作したという。そのように「魔法のキウイを盗んだ少年少女と彼らに取り憑くおばけの織りなす物語」を表現しようとしている姿勢は、この作品からも伝わってくる。まるで絵本を読んでいるかのような音世界。まだまだ音楽にはたくさんの可能性が秘められている。そう感じる作品集だ。(text by 西澤裕郎)

RECOMMEND

水曜日のカンパネラ / SUPERMAN

水曜日のカンパネラのメジャー1stアルバム『SUPERMAN』をハイレゾ配信スタート。全曲ケンモチヒデフミによる作詞・作曲による本作は、2016年11月にリリースされたシングル『SUPERKID』より「アラジン」、「カメハメハ大王」を含む全10曲入り。

>>特集ページはこちら

DE DE MOUSE / summer twilight(24bit/48kHz)

DE DE MOUSEが夏祭りをテーマにした新EPをリリース。今作は祭、夏、夜、朝、森、女、夢をキーワードに紡ぎ上げられ、盆踊りなどの祭囃子を散りばめた、走り去る夏の思い出のような珠玉の8曲を収録。

>>特集ページはこちら

Seiho / Collapse(24bit/48kHz)

魅惑的なリズムが互いに絡み合いながら弾け、時にまごつきながら光輝くサイリウム液に溶けてゆく。春の息吹を感じる。Pitchforkテン年代の日本電子音楽シーンを代表する異能Seihoが遂にワールドワイド・デビュー。待望の最新作『Collapse』をハイレゾ配信。

>>特集ページはこちら

PROFILE

KiWi(キウィ)

共にアーティスト兼プロデューサーとして活躍するAZUpubschoolとCOR!Sによるコンポーザー・デュオ。

エレガントでどこか奇妙な楽曲は、コンセプト・ストーリーである『KiWi物語』をテーマに創られる。そのストーリーは、音楽だけでなく様々なコンテンツを通して少しずつ明らかになっていく。米プロデューサー・DJであるDiplo主催のレーベル〈Mad Decent〉より2016年7月に『SUGAR PANIC EP』をリリース。 同年クリスマスには同レーベルより、Major Lazerらが参加するコンピレーション『A Very Decent Christmas 4』に参加。10月には〈ヴィレッジヴァンガードミュージック〉より初のCD作品『KiWi物語』をリリースした他、BBC Radio 1 and 1Xtra〈Diplo & Friends〉にて1時間のMIXが公開されるなど、国内外から高い注目を集めている。そして2017年1月、これまでの楽曲を集めたCD作品『March』をリリース。

KiWi Official HP

o

 
 

"review"の最新アーカイヴ

髭、新アルバム『すげーすげー』をリリース──沈黙を破る、変容の先のグッド・メロディー
[REVIEW]・2017年05月24日・髭、新アルバム『すげーすげー』をリリース──沈黙を破る、変容の先のグッド・メロディー 2006年のデビュー以来、サイケデリックかつロマンチックな世界観で、シーンを魅了し続けているロック・バンド“髭”。10年代に入り、邦楽シーンが盛り上がりを見せるなか、ガレージやサイケといったスタイルから、シンプルでストレートな王道のロックに変容を遂げてきた。髭のプリティ・サイケなスタイルはそのままに、どこかトリップ感のある楽曲が並び、新たなモード感を提示することとなった前作『ねむらない』から約1年半。沈黙を破り、新アルバム『すげーすげー』がリリース! ギターロックへの回帰ともいえる今作だが、その先にあるものとは? 待望の新アルバムを、レヴューとともにお届けします。 ギターロックへ「回帰」した新アルバム! 髭 / すげーすげー'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム価格 2,469円(税込)【収録曲】''01. もっとすげーすげー02. ヘルシンキ03. S.O.D.A.04. TOMATO05. スターマイン06. CLASH! LAOC
by 中の人
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、聞き逃せない第2弾フリー音源到着
[REVIEW]・2017年04月20日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、聞き逃せないフリー音源到着 突如、アーティスト写真もなく素性のいまいち知れない2人組のギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。バンド名にポエム調なものが多く見受けられる昨今、なかなか潔い名前だという印象だった。彼らは前代未聞の《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYにて予定している。そんなぶっ飛んだ企画をスタートさせた彼ら、前作「beyond」が好評な中、期待の第2弾「sunny」が届いた。 goodtimes無料配信、第2弾(只今無料配信は終了し、有料配信中)goodtimes / sunny '【配信形態】24bit/48kHz WAV、ALAC、FLAC / AAC 【収録曲】''1. sunny REVIEW : 細身で髪型はマッシュ・ベースのセンターわけ。身長はそんなに高くなくてもいいけど、ご飯の食べ方が綺麗で、子供と映画と池脇千鶴が好きな男の子。あと、自分の家族に優しくて私の家族にもおどおどしなくて、それから…。付き合う前にも理想はたくさんあるし、付き合ってからもああだったらな、こうだ
by 宮尾茉実
【REVIEW】ISSUGI & GRADIS NICE、昨年リリースのアルバム 『DAY and NITE』のリミックス盤をリリース!!
[REVIEW]・2017年05月18日・【REVIEW】ISSUGI & GRADIS NICE、昨年リリース『DAY and NITE』のリミックス盤をリリース!! MONJU、SICKTEAM、DOWN NORTH CAMPのメンバーであり、東京を代表するラッパー、ISSUGI。そしてニューヨーク・ ブルックリンを拠点とし、5lackの『5 sence』や、C.O.S.A.×KID FRESINOの『Somewhere』など近年の日本のヒップホップの名盤にいくつも参加しているプロデューサーGRADIS NICE。この2人がタッグを組み、昨年2016年アルバム『DAY and NITE』をリリース。今作はそのリミックス盤ということで国内外を問わず彼らと親交のあるプロデューサーたちが集結。さらに、長野県松本市を中心に活動するラッパー、トラック・メイカーであるMASS-HOLEのプロデュースによる新曲も収録。こちらにはセカンド・アルバム『So Sophisticated』をリリースしたばかりのFEBBがゲストとして参加しており、FEBBのビートによる新曲「RHYZMIK & POET」も収められている。2曲の新曲とまた別の顔を見せるリミックス楽曲。
【REVIEW】再び火のついた初期衝動──アット・ザ・ドライヴ・イン、実に17年ぶりとなるアルバムをリリース!!
[REVIEW]・2017年05月05日・再び火のついた初期衝動──アット・ザ・ドライヴ・イン、17年ぶり(!!)となるアルバムをリリース!! アメリカを代表するエモ、ポスト・ハードコア・バンド、アット・ザ・ドライヴ・イン。2001年に無期限の活動休止を宣言し、以降はマーズ・ヴォルタ、スパルタなどで精力的に活動を続けていた彼らですが、突如として2012年活動再開。海外フェスであるコーチェラやロラパルーザにヘッドライナーとして出演し、日本でもフジロックに出演した。その後はしばらく沈黙が続いたものの、2016年には活動休止後は初となる大規模なワールド・ツアーを実施。圧巻のライヴを世界各地で見せつけた彼らは今年2017年、満を持して17年ぶりとなるアルバム『in∙ter a∙li∙a』をドロップ。伝説となっていたバンドを再びその前線へと引き戻す快作。是非ともハイレゾで。 At The Drive-In / in∙ter a∙li∙a'【Track List】01. NO WOLF LIKE THE PRESENT02. CONTINUUM03. TILTING AT THE UNIVENDOR04. GOVERNED BY CONTAGIONS05. P
HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回
[REVIEW]・2017年05月11日・HIP HOPライター斎井直史による定期連載──「パンチ・ライン of The Month」 第4回 桜咲く4月もあっという間過ぎ去り、早くも5月。夏に向かってじわじわと気温も上がってきている今日この頃ですが、今月もHIP HOPライター・斎井直史による定期連載「パンチ・ライン of The Month」いきますよ〜! 先月は『So Sophisticated』をリリースしたFla$hBackS、DOGGIESのFebbを迎えての本人解説によるパンチ・ライン特集ですが、今月は名古屋を中心に活躍するラッパー、SOCKSがリリースしたアルバム『JAPANESE THAN PARADISE』より「KUTABARE feat.般若」をピックアップ! 残念ながら今作はOTOTOYでの扱いは無いのですが、ページの下の方に名古屋産・ヒップホップをいくつかチョイスしたのでコラムと共にそちらも是非。では今月もいきましょ〜!! 第3回 SOCKS 「KUTABARE feat.般若」 平日は忙しくてもニュースを観るのに、連休中は時間があってもニュースはそんな観ない。これって自分だけですかね。とはいえGW中にニュースを観なく
by 斎井 直史
【REVIEW】新たな扉を開いたTOTALFAT、8枚目のフル・アルバムリリース!
[REVIEW]・2017年05月04日・【REVIEW】新たな扉を開いたTOTALFAT、8枚目のフル・アルバムリリース! TOTALFATが約2年振りに8枚目のフル・アルバム『FAT』をリリースした。TOTALFATというバンドの身体の一部である言葉を切り取り「FAT」と名付けられたアルバム、そのタイトルの中にTOTALFATの歩んできた17年間が垣間見えるデザインになっている。そんな想いが詰まった今作を紹介しよう。 TOTALFAT / FAT'【配信形態】alac,flac,wav【配信価格】単曲 200円(税込) / アルバム価格 1,650円(税込)【収録曲】''01. R.E.P02. スクランブル03. Delight feat. J-REXXX04. 晴天05. Chanse06. Wanna Be07. Revenge of Underdogs08. 宴の合図09. マエニマエニ10. Eyes11. CALLING YOU faet. LIBRO12. ONE FOR THE DREAMS 【REVIEW】TOTALFAT『FAT』これまでTOTALFATのアルバムは疾走感のあるメロディックなサウンドが魅力的で、何よりも全神経
【REVIEW】USツアーを経てパワーアップしたCHAIの2nd EPをハイレゾ配信!
[REVIEW]・2017年04月26日・USツアーを経てパワーアップしたCHAI、最強の2nd EP『ほめごろシリーズ』をリリース! 今年3月に米国で開催された世界最大級フェスティバル〈2017 SXSW Music Festival〉内で開催されるJapan Niteに出演し、その後7都市に渡る全米ツアーを敢行したCHAI。USツアーから帰ってきて、さらにたくましさを増した彼女たちの2nd EP『ほめごろシリーズ』がリリース。本作にはCHAI初のアナログ・リリースとなった「Sound & Stomach」「ボーイズ・セコ・メン」をはじめとした5曲を収録。オトトイではこちらをハイレゾ配信中です! さらに今回はOTOTOYインターン5人によるクロス・レヴューを掲載。CHAIメンバーとほぼ同世代の彼らにとって、CHAIの音楽はどんな風に聞こえているのか、その音楽からはどのようなものを感じ取っているのか、語ってもらいました。ぜひ音源と共にお楽しみください。 パワー・アップしたCHAIの2nd EP!!! CHAI / ほめごろシリーズ 【配信形態】 ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC >>>ハイレゾとは? 【配信価
【REVIEW】街から街へと旅する現代の流れ者たちのための歌──SSW・松井文、5年ぶりとなるアルバムをリリース
[REVIEW]・2017年04月26日・街から街へと旅する現代の流れ者たちのための歌──SSW・松井文、5年ぶりとなるアルバムをリリース 1989年生まれ、横浜出身のシンガー・ソング・ライター松井 文(まつい あや)。そんな彼女が1stアルバム『あこがれ』から5年の月日を経て、2ndアルバム『顔』をこの度リリースした。折坂悠太、夜久一(やく)と共に運営するレーベル「のろしレコード」通算4枚目となる今作は、昨年発売した1stフルアルバム「たむけ」が好評を得た折坂悠太が初のサウンド・プロデュースを担当。折坂のほか、田中悠貴(ex. THE NAMPA BOYS)、三輪二郎といった多くのミュージシャンが作品に彩りを加えている。OTOTOYでは本作の配信とともに、彼女のキャリアのスタートから今作までを記したレヴューを掲載。彼女が描く10の様々な「顔」たちに是非とも触れていただきたい。 松井文 / 顔'【Track List】01. 相槌02. ああ無常03. いつになったら04. 安いバーボン05. カエル06. 海は遠かった07. 水平線08. 家路09. 君の顔が霞んでみえる10. すきま【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz WAV