過去を受け止め、まっすぐに音楽を愛すること――元Hysteric BlueのメンバーからなるSabão、昨年末リリース作品をハイレゾでお届け

1998年にメジャー・デビュー。「春~spring~」、「なぜ…」の大ヒットを飛ばし、1999年には紅白歌合戦に出場。まさに、一世を風靡したHysteric Blue。しかしその後、バンド活動における葛藤のための活動休止、そしてメンバーが起こした事件のため解散と、華々しい表舞台から姿を消した。

そんなHysteric Blueの元メンバーである、Tamaと楠瀬タクヤによって2011年に新たに結成されたのがSabão(シャボン)だ。Hysteric Blueの音楽を受け継ぎ、愛すために結成されたというこのバンド。インタヴューでは、Hysteric Blue時代の葛藤、現在の音楽に対する決意も語ってくれた。様々なことを乗り越え、またふたりでまっすぐに音楽に向き合っているSabão。奏でることへのよろこびさえ感じられる、Sabãoの音楽に耳を傾けていただきたい。

今回配信開始となるのは、昨年末に配信リリースされた『Alliance vol.1』の24bit / 48kHzバージョン。松隈ケンタ、nishi-ken、中尾憲太郎と豪華プロデューサー陣とともに制作されたこの3曲。是非ともハイレゾ音質でご堪能ください。

昨年末リリースのシングルをハイレゾで!

Sabão / Alliance vol.1(24bit/48kHz wav)

WAV 単曲 250円 / まとめ購入 1000円

【収録曲】
1. KNOW(produced by 松隈ケンタ)
2. Nightmare before decadence(produced by 中尾憲太郎)
3. ta chi ma chi(produced by nishi-ken)
4. KNOW (instrumental)
5. Nightmare before decadence (instrumental)
6. ta chi ma chi (instrumental)

初のワンマン・ライヴが決定!

Sabão One man live
『Dedicate to Hysteric Blue ~15 Years Compile~』

【開催日】2014年4月6日(日)
【会場】恵比寿リキッドルーム
【OPEN / START】16:15 / 17:00
【チケット】5,347円(税込 / ドリンク代別 ※入場特典付き 未発表1曲シングルCDプレゼント!)

ローソンチケット TEL:0570-084-003(Lコード:70148)
チケットぴあ TEL:0570-02-9999(Pコード:223-562)
イープラス
の各プレイガイドにて

INTERVIEW : Sabão

左から、Tama、楠瀬タクヤ

インタヴュー & 文 : 西澤裕郎
写真 : 雨宮透貴

自分がどこにいるかわからへんくなってしまって(Tama)

――Sabãoについてお伺いする前に、お2人の出会いから教えていただけますか。

Tama : 私が高校1年生のとき、JUDY AND MARYのコピー・バンドを組んでいたんですけど、ドラムがなかなかみつからなくて。地元にドラムやっている子がいるよってことで、友達から(タクヤを)紹介してもらったんです。

――そのときからメジャーで活動したいという目標はあったんですか。

楠瀬タクヤ(以下、タクヤ) : そのときは完全なるアマ指向でしたね。

Tama : うん、あくまで趣味でやろうって感じで。

――じゃあ、Hysteric Blue(以下、ヒスブル)としてプロの世界でやっていくようになったのは、外部的な要因が大きかったんですね。

タクヤ : そうですね。そのバンドで大阪城公園の路上ライヴをやっていたときに、ギターのナオキに声をかけられて。彼が完全にプロ指向だったので、導かれるままというか。

――そしてヒスブルが結成され、2ndシングル『春~spring~』の大ヒットで、一気に全国に知られることになりました。当時すごい勢いでしたよね。クラスのほとんど全員が知っていましたからね。

Tama : 本当にいきなりでしたよ。高校2年の年末に佐久間(正英)さんから、一回デモ録りをしようって東京に呼ばれたんですけど、そのときは想い出作りのつもりで行って。プロの現場ってすごくて、ものすごくいい音で録れるし、プロのスタジオとかエンジニア、プロデューサーってすごいなと思って。そこで一気に興味が湧きました。有名になりたいとかじゃなくて、もっと録りたいって。


Hysteric Blue / 春~spring~

――大ヒットによって生活も一変したんじゃないですか。

Tama : 言われるがままに仕事をしていたら、どんどん忙しくなってきて。本当に街を歩けなくなっていって。タクヤくんは高校に行っていたんですけど、わたしは高校を辞めて、ずっと地方でプロモーション活動をしていたので、自分がどこにいるかわからへんくなってしまって。しかもレコーディングをしたいって気持ちでデビューしたので、こんなはずじゃなかったっていう気持ちが大きくなって。音楽をやる時間がないのが、当時はけっこうなストレスになっていて。

――当時のインタビューで、「自分たちの曲を聴いてほしい」とコメントしていたのを読んだんですけど、曲に対する自信はあったんじゃないですか。

Tama : 曲に対しての自信はわからないけど、自分には自信がなかったです。経験もないし、知識もないのに、こんなに売れてもいいのかとか、人前に出て歌ってもいいのかなって。でも練習する暇もないし。人よりうまくなきゃいけないのに、全然そうではないし、ライヴもイヤで。はじめてのツアーがZEPPツアーやったんですよ。それも納得いかへん!! って事務所まで行って「おかしいやん、うちらみたいなペーペーが大きな会場でするのは」って。

タクヤ : ちゃんと階段をのぼっていきたかったんですよ。

Tama : ちゃんといろんな経験を積んだ上で、そういうステージに立つのが理想やったんです。

元ヒスブルっていうことに暗いイメージがつきまとうことを肌に感じていました(タクヤ)

――そんな中、2003年に活動休止をされます。

タクヤ : Tamaが、2ndを出すくらいに一回辞めるって言っていて。それでも話して、首の皮一枚なんとかつながって5枚目まで出したんですけど、ぎくしゃくのマックスまで行ってしまって。3枚目、4枚目、5枚目と、気持ちを新たにやったんですけど、スタッフの人たちも振り回してしまったっていうのもあるし、自分たちの旬が過ぎたっていうのもあるし、僕は僕らで修行が必要というのもあったし、セールスも奮わなくて。

Tama : バンド内もマンネリというか、そういうのもあったしね。シングルを出して、アルバムを出して、ツアーをやって、曲を書いて、シングルを出して… みたいな、そういうローテーションになるじゃないですか。それで煮詰まった感じになったのと、それぞれ音楽の方向とかも違ってきたりしていたので、1回そこの枠から出ていんじゃないか、またやりたくなったらやればいいやんって休止したんです。解散しちゃったら二度とできひんて思ってたから、休止っていうふうにして。

Tama

――活動休止から1年たったころ、ナオキさんの事件が大々的に報じられ、マイナスな印象も広まってしまいました。そういう意味で、メディアの力をプラスにもマイナスにも体験しているバンドだと思うのですが、その件に関してはどういう気持ちでしたか。

タクヤ : 最近ようやく表立って活動する事ができるようになったんですけど、元メンバーが許されないことをしてしまって。僕らも、決まりかけていた仕事が何故か最後の最後でできなくなったり悔しい思いをしました。例えばテレビ番組だったら制作者側からも腫れ物に触るような感じで見られているのかと思うことも多かったし、所属していたレコード会社からもすぐ切られたり、当時一緒に仕事をしていた人がサーッと離れてしまって。それから何年経っても、元ヒスブルっていうことに暗いイメージがつきまとうことを肌に感じていました。ヒスブルのファンたちも「ファンでした」って言うと、そういうことを背負ってしまうのかな、それはかわいそうだなと思ってたんですね。ただ、その間も彼は償い続けていることも事実だし、そこを後ろめたい気持ちで終わらせないために、僕たちも元気で活動してますよという場があってもいいのかもと思い始めたんですね。だから、根本理念として、ヒスブルと関わってた人の居場所であり、受け皿にしたくて。名前を変えてアングラで活動するとかじゃなくて、元ヒスブルのTamaとタクヤとして、ヒスブルっぽい曲もやるし。それでSabãoが好きって気軽に言えた方が絶対いいと思って。

Tama : わたしも年月が経ってようやく受け入れられるようになってきたというか。当初周りの反応もすごかったし、私自身もヒスブルって言うのがイヤで、ジャケットとかも全部捨てる感じでした。昔の歌を歌うなんてもっての他だって気持ちもありました。でも時間が経つに連れて、自分の中で雪解けというか、ちょっと冷静になってきて。いまでもヒスブルが好きとか、ずっとファンです、って言ってくれてる子がおるのに、私がやってきたことを否定したらあかんやんって、少しずつ受け入れられるようになってきて。聴きたいと言ってくれる人がいることはありがたいことで、素直に受け止めて曲を歌いたい、みんなに喜んでもらいたいという気持ちになりました。だから、絶対ヒスブルってつきまとうけどそれも事実だから、いまはタクちゃんとやっています。

――そうはいっても、当然リセットしたいって気持ちもやはりあったと思うんですよ。

Tama : もちろん、見たくない、否定したいという感じはありましたよ。

タクヤ : でも、時間が経って新しい曲ができたり、我々も歳をとったし。なにより、音楽を辞めなかったことによって、もう一回やってもいいタイミングが来たのかもしれないと思って。

Tama : 辞めていたら、ずっとフタをしてたかもしれない。たぶんそういう話を口にすることもないだろうし。

タクヤ : 音楽じゃない仕事についていたら、もうお互いに連絡をとることも多分なかっただろうと思うし。音楽で知り合ったわけで、今回も「ドラム叩いてよ」から始まってるから。

元ヒスブルとしての僕とTamaの居場所、ファンの居場所、当時作ったものの色褪せない場所がほしかった(タクヤ)

――いまは、TamaさんがはじめたScreaming Frogsでも一緒に活動していますよね。当然、Sabãoとやっていることは違うわけですよね。

タクヤ : そうですね。Sabãoは、僕が曲を書いてTamaが歌う。シンプルなんです。

――Sabãoで一番やりたいことって、なんですか。

タクヤ : ヒスブルが存在していることと、その後があるってことが一番やりたかったことですね。事件を受けて音源が廃盤になってしまったので、久しぶりに聴きたい、買いたいっていう人が、買えない状況だったこともあって、自分たちでもう一回録って、「春~spring~」「なぜ…」くらいは日向に置いてあげたかったんです。最初の最初としては、元ヒスブルとしての僕とTamaの居場所、ファンの居場所、当時作ったものの色褪せない場所がほしかった。Sabãoは、絶対やめちゃいけない定めだと思っています。だから、いま決まっていることを全力でやっている。どこに向かって行くとかはまったくなくて、存在していることが大事なんです。Sabãoとしてはそういうみんなの居場所としてやれればいいですね。

――作った楽曲を、本人たちもお客さんも愛情を持って、できるだけフラットな形で残していく。そこが普通のバンドとは違うおもしろさだなと思います。

タクヤ : そうですね。再結成でもないですし。ファンの心理って僕の中にもあることなんですけど、昔よく聴いていた曲を本物が歌うと嬉しいというか。それが自分たちにもできるならやらない手はないなって。

楠瀬タクヤ

――ヒスブルに関してもSabãoに関しても、自分たちでありながら自分たち自身じゃないというか。バンドって、もっと自分たちの魂の声みたいなイメージもあると思うんですけど、なんか不思議な感覚ですね。

タクヤ : 自分たちの一部、という感じはしますけどね。幼い自分たちというか。ちょっと前まではヒスブルを自分の心に置いとく位置がものすごく遠かったですけど、いまのほうが愛情を持って作品とかに接してあげられている気はします。いいところはいい、悪いところは悪いというように、単純にフラットになれたというか。バンドのリアレンジをしてるような感じかもしれないです。

Tama : 私は、いまでも好きって言ってくれるファンの人には本当に感謝してます。一方で、批判があるのも分かってるし、それは甘んじて受け止めるし、ごめんなさいでしかないけど、その気持ちの持っていきどころが、なんとなくできるようになってきたというか。それによって昔の曲にも愛情や愛着を持てるようになってきました。過去は変えられないので、受け止めていくしかないから、Sabãoもやる気になれたのかな。素直に楽しんでできるようになったのかなって。

タクヤ : 同じ曲でも歌いたくないと思って歌ったら全然違うもんね。

Tama : うん。離れていった人がいるっていうのも仕方のない事実だし。でも側にいてくれてる人もいて、大事なものを本当に大事にするようになりました。

いまはそういう余計なことを考えずにただ歌を歌いたいように歌う(Tama)

――今回配信する3曲は、昨年末に新しく作られた曲じゃないですか。この曲は活動休止期間からの続きの曲作りという意識の曲なんでしょうか。

タクヤ : 違いますね。活動休止期間は、お互いに離れている時期でしたし、抜け落ちているんです。だから、その続きが急に2013年に始まったとも思わないし、やっぱり「いま」やっている感じですね。配信の3曲に関しては、僕の仲がいい人に頼みました。Tamaちゃんのパブリック・イメージを塗り替えてもらえるような人たちです。よくプロデューサーが変わるとイメージが変わるってありますよね? 友達の中でも特色が音として分かりやすい人たちを選んだつもりなんです。で、やっぱりうまく分かりやすい方向に変わったと思っています。どの曲もよくて。各プロデューサー共通の「約束事」は「僕が書いて彼女が歌う以外は丸投げですべてよろしくお願いします!」という大変な仕事をやってくれたんですけど。だから、もしヒスブルが続いていたらこうなった、というのともまた違うんですよね。

Tama : うんうん。

タクヤ : Sabãoというお皿ができたからこそ、作ることができた作品ですね。いまの我々ができるものを持ちよった曲ができたと思っています。

――Tamaさんは、ヒスブル時代よりも素の部分を出しながらできると思いますか。

Tama : そうですね。昔はよくわかっていないことが多かったから、無駄に頑張りすぎてたんだと思います。それが空回りして、自分がなにをしたいのか、どうすればいいのかがわからなくなったりして、勝手にパニクってたんです。いまはそういう余計なことを考えずにただ歌を歌いたいように歌う。いい作品になるように、ということをシンプルに考えられるようになりました。人からの見られ方とかも自分の中で整理できるようになったので、気にしなきゃいけないことだけ気にして、それ以外は気にしないようになったと思います。

――リキッドルームでワンマン・ライヴをやるっていうのも、ヒスブルを好きだったお客さんとかに聴いてもらいたいということからの選択なんでしょうか。

タクヤ : そうですね。ヒスブルって始めからZeepでコンサートっぽい感じでやっていたので、そういうことをまたやりたいなと思っています。もちろん自分たちの力だけではできないので、当時一緒にやって下さった方々に協力していただいているんです。主催とか照明とかPAとか、当時のチームでまたやりたいと思ってるんですよね。自分たちがやってきたことを咀嚼して、いま自分たちがいいと思えるふうにやれるかなというのが挑戦ではありますね。解散してから好きになりましたみたいな人も増えてきたので、好きになったけどもうバンドがなかったっていう人たちにも見てほしいです。

――実際、多くのお客さんの前に立つことに対してはどういう気持ちでいますか。

タクヤ : めっちゃ恐いな、人入るのかな、という気持ちはあるんですけど、佐久間さんの還暦パーティーがあったときに当時のヒスブル・メンバーでヒスブルとして出たんですね。その時に、染み込んでるものじゃないけど、これはやりやすいとTamaちゃんが言ったのを覚えていて。そういう感覚を寝かし続けているので、それを発揮したいと思いますね。元々持っていたものがいいものだったとしたら、それをもう一度発揮したいです。眠ってたとしたらそれを起こせるチャンスかなと思います。

Tama : 懐かしくてそれでいて新しい感じになるんじゃないかなと想像して、すごくワクワクします。1つの区切り、ゴールではあるよね。

――そこからまた何か見えてくるかもしれないですしね。

タクヤ : そうなればいいよね。「Alliance」って企画を10人くらいのプロデューサーとともにやれたら、それをアルバムにできたらいいなって思います、4年後くらいに。東京オリンピックのときくらいにやっとできましたねって(笑)。

Sabãoの過去作をチェック!

RECOMMEND

KAMAMOTOMIKA / iii

名刺代わりのキラー・チューン「マジックミラー」や、ライヴでの定番曲「マホウ」、トミカのエモーショナルなヴォーカルが際立つ新曲「汚い世界」など、KAMAMOTOMIKAの世界観を余すところなく詰め込まれた今作。特に「ありのままのKAMAMOTOMIKAを表現する」ということを重視し、これからKAMAMOTOMIKAを知ってくれる人に対して、ライヴで再現できないことは取り入れず、生身の自分達を感じとってもらうことを考え制作された。そしてタイトル『iii』にも、“「3人でKAMAMOTOMIKAであること」をはじめてのアルバムで提示する”という想いが込められ、まさにKAMAMOTOMIKAをあますことなく伝える1作が完成した。

>>特集ページはこちら

SAWA / Mr.Brown(HQD ver.)

2013年6月18日にデビュー5周年を迎えた女性シンガーSAWAを3ヶ月に渡り大プッシュ!! 第3弾となる今回は、SAWAにとって8ヶ月ぶりとなるニュー・シングル「Mr.Brown」をHQDで配信スタート!! SAWA初となるスウィング・ジャズ調の楽曲に、こぼれ出るリズミカルなスキャット、スウィングしたドラムリズムとはねるメロディー・ラインが印象的な作品となっています。打ち込みメインの第1弾ライヴ音源『SAWA☆Debut 5th Anniversary バシバシ!! ワイワイ!! SAWAのカム着火祭』、バンド・セットでの第2弾ライヴ音源『Live at 音霊OTODAMA SEA STUDIO』とあわせて、どっぷりとSAWAの世界に浸ってみませんか。

>>特集ページはこちら

川本真琴 / Remix

Ovallのメンバーmabanuaと共同プロデュースで制作された、川本真琴の2013年の作品『願いがかわるまでに』は、黒人音楽への嗜好性を取り込み、彼女のイメージを押し広げた名作であった。このたび、同作に収録された楽曲を、Jimanica、mergrim、Hu La Soulといったアーティストたちがリミックスした『Remix』を配信リリースすることが決定。もともとは、ツアー「風流銀河girl 2」の会場で限定販売されていた本作であるが、配信用にHu La Soulの「gradation (HOTCAKE mix)」も収録。リミックスから川本真琴の新しい魅力を感じてほしい。

>>特集ページはこちら

PROFILE

Sabão

元Hysteric BlueのメンバーであるTama(Vo.)と楠瀬タクヤ(Dr.)による新しい表現のかたち。
ふたり以外のメンバーを定めず、楽曲ごとに異なるミュージシャンの起用はもちろんのこと、音楽以外の業界とも柔軟なコラボレーションを実現できるようなシャボン玉のようなふんわりとしたユニット形式を目的地としている。


結成は2011年、Tamaのバンド「Screaming Frogs」に楠瀬がメンバーとして加入し、Hysteric Blue解散以来7年ぶりにコンビネーションが復活したのと機を同じくして、ふたりに或る楽曲制作の依頼が舞い込み、そのタイミングでのユニット形成となった。

>>OFFICIAL WEB

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介