言葉を紡ぐことは本来とても苦しいことである。Twitterやfacebookなどが流行る中、どれだけ短く簡素な言葉で表現するかに目がいきがちだけれど、文学や詩というのは、言葉だけでは掬いとれないものを、何とかして言葉で掬いとろうとする、ある意味とても困難な作業である。蝦名啓太が書く歌詞は、そうした苦しみを通過して生み出された、非常に文学的で影を匂わせるものだ。

2年振りとなる『フォーク』に収められた10曲は、蝦名が自分と向いあった作品であり、明らかに変化を見せた彼の心境の葛藤を描いたドキュメンタリーでもある。前作で加入した吉村秀樹氏(bloodthirsty butchers)の脱退や、東日本大震災を経て、どのように蝦名の気持ちが変わっていったのか。そして、いま蝦名はどういう想いで日々を過ごしているのか。札幌にいる彼に、電話で話を聞いた。

インタビュー&文 : 西澤裕郎


Discharming man / フォーク

元キウイロールのフロントマン、蝦名啓太のソロ・ユニット。待望のセカンド・アルバム! 前作を上回る程の溢れる激情が、グッと心にしみわたる。感動の大傑作。

【Track List】
1. カッコウが鳴いている / 2. blind touch / 3. Re:Fine tuning / 4. バス停2 / 5. OFF / 6. いた / 7. 今 / 8. Disdoor / 9. funnyborn / 10. Good-bye

やりたいと思って始めたのに、やりたくないこともやっているのは何でだろうって

——今、蝦名さんが住んでいるのは、札幌のどの辺りなんですか。

蝦名啓太(以下、E) : 札幌の中心で、ライヴ・ハウスで言えば、counteractionとかSpiritual Lounge、BESSIE HALLなどから歩いて10分以内くらいのところです。今、電話している実家も結構近くで、田舎の都会っ子って感じなんですよ。

——東京は人が多いこともあって、普段は仕事をして休日などにライヴをやる人が多いですが、蝦名さんの周りはいかがですか。

E : 俺の周りのみんなも普通に働いていて、それこそベースの江川さんは服屋さんをやっているし、自営でやっている人も多いですね。同い年くらいの人だったら出世している人もいて、それはそれで軸があっていいんじゃないかなって思っています。

——では、今作について話を訊かせてください。前作『dis is the oar of me』以来、2年振りのアルバムとなりますが、収録されている曲はいつくらいから書き始めたものなんですか。

E : 曲自体は3年くらい前からあるものだったり、もっと前からの曲もありますね。基本的には3年前くらいのものから今に至るまでの曲が収録されています。

——その曲をまとめて、アルバムにしようと思ったのはいつごろですか。

E : けっこう最近で、1年くらい前とかかな。当初は3曲入りのシングルをネット配信しようかって話があったんですけど、折り合いがつかなかったり、吉村さんが抜けることになったりで、バタバタしてしまったんです。そのあとにレコーディングが決まって、録って今に至る感じです。

——吉村さんが脱退されたのは去年ですよね。

E : そうですね。去年10月のnest festival'10のときが最後です。ライヴ後に話をしたら、吉村さんの思い描いていたものと俺の思い描いているものが違ってきていて、結果的に辞めるってことになったんです。

——蛯名さんの思い描いていたものって、どういうものですか。

E : Discharming manは、もともとキウイロールが思うようにいかなくなってきたこともあって、自分のやりたいことをやるために始めたバンドなんです。でも、やっていくうちに色んな人の協力がないと何もできないってことがわかって、2人、3人、4人、5人と、人がどんどん増えてきたんですね。吉村さんは、もっとバンドとして全体的に盛り上げたかったと思うんですけど、俺はもうちょっとパーソナルな部分で進めたかったんです。人は増えたけど、基本的なスタンスや根本的なところは変わってない。だから、そこに対する違和感が、だんだんデカくなっていったんじゃないですかね。

——蛯名さんがやりたいことを、やれなくなってきている部分もあったということですか。

E : もちろん、吉村さんの意見も反映しているところもあります。ただ、違和感を感じる部分もあっても、口に出して言うことはなかったんですね。それが少しずつ重なってきたとき、自分でやりたいと思って始めたのに、やりたくないこともやっているのは何でだろうって、何か変な気持ちになっちゃったんですよ。そういうズレを含めて楽しくやっていたんですけどね。自分の違和感が吉村さんに伝わっていた部分もあると思うし、そういうのを察知してスッと身を引いてくれたんじゃないかと思っています。吉村さんにはすごく沢山のことを教えてもらったので、感謝は尽きないんですけどね。

——では、今作の曲は吉村さんがメンバーだったときの曲が中心なんですね。

E : そうですね。吉村さんとやることを踏まえた曲が多いんですよ。なので、吉村さんの分をみんなで埋めているような演奏になっています。とはいえ、新しくギターにきっけんが入って、今は5人でやっているんですけど、前よりも乾いた感じのギターが絡む、わりとシンプルな形のロックになっています。演奏もうねっている感じになってきています。

——今作は紆余曲折のあったアルバムということですね。

E : そうなんです。だから、納得はしているけど、100%満足かというと考えてしまう部分もあります。それはやっていく中で出来たものなので、納得しているし、曲としてのアレンジもいいと思うんです。ただ、いろいろ頓挫していた時期があるから、俺の感性はアルバムよりも先に行っちゃっている。色んな紆余曲折が回り回っているアルバムになっています。今のバンド自体は違う感じになっていて、パーカッションや管楽器など、色んな楽器も入れたいと思っているんです。やりたいことも、どんどん変わっていく感じなので、実験しながら進んでいる感じなんですよね。

今に至るまでの葛藤や咀嚼の言葉が今作には多い

——9曲目までは、蝦名さんの内面に潜り込むようなヘヴィーな曲が多いのに対して、最終曲の「Good-Bye」は、演奏が始まる前に「はい、本番」という声が入っていて、急に現実感が出てくる感じがするのですが、これにはどういった意図があるのでしょう。

E : bloodthirsty butchersの『kocorono』の最後に、アコースティックのラジカセで録ったような曲があって、COWPERSのゲンドウ君が「テイクワン」って言っているんですけど、それのイメージなんですよね。9曲目までがグワーって来ているから、最後はおやすみって感じをイメージしました。ベタといえばベタなのかもしれないですけど、実際にそういうことをやったことがないので、入れてもいいかなって。9曲目の「funnyborn」が結構キツい曲で、そこで終わりみたいな部分もあるので、最後におやすみの感じを入れたかったんですよね。

——そうなんですね。それと同時に、すごく救いのある曲だなと思ったんです。「悲しみも全部/手をつなぐ」って歌っているから。

E : 基本的にはどの曲にも救いは入れているというか、ちゃんと最後には出口を設けている部分はあるんですけどね。特にほんわかした曲というか、ああいう単純な曲もいいかなって。

——蝦名さんは以前のインタビューで「人に興味がある」とおっしゃってましたよね。歌詞の中に、“僕”と“君”という言葉が多く出てきますが、ここでいう“君”というのは、具体的な人を指しているのでしょうか。それとも、自分以外の全員を含めて“君”と言っているのでしょうか。

E : すごく特定の自分の好きな人とかの“君”もあるし、世の中の人っていう意味の“君”も、特定の“君”もあるから、一概には言えないですね。基本的に、人に興味あるっていうのは前から言っていますね」

——1曲目の「カッコウが鳴いている」は、「君は僕と同じ/僕は君と同じ」と歌っているように、“僕”と“君”が同一人物ともとれる曲ですよね。

E : そうですね。それは一番そういった曲ですね。実はその“君”って、全部自分だったりするんですよね。

——わりと自分以外の“君”を皮肉っているような歌詞もありますが、これはどういう心境からのことなのでしょう。

E : さっき話したみたいに、仕事をしながら音楽をやる人が多くなってきて、それはすごく素晴らしいことなんですけど、何となく音楽が趣味化しているような気がしたんです。俺も働いているし変わらないんだけど、他の人の作っているものが何か趣味っぽく感じてしまったんですね。みんな一生懸命やっているのは分かっているし、音楽で食っている人がエラいとかそういうことを言うつもりは一切ないんですけど。そういうことを感じていた時期もあったんですけど、そこから歳をとったり、地震があったり色んなことが起こって、それも今はいいんじゃないかって思えるようになりました。楽しく、朗らかに、みんな幸せに愛すべき人と一緒にいて、楽しく過ごせばいいなって。そういうところに今は着地していて、そこに至るまでの葛藤や咀嚼の言葉が今作には多いんだと思います」

——今の話を聞いて、すごく腑に落ちました。この10曲は、この3年間における蝦名さんの心境の変化や葛藤が収められているんですね。

E : 歌を歌ったり、歌詞を書いているうちに、自分がどんどん整ってきたんです。みんな幸せならいいじゃんって。もちろん、日常の仕事をしていたりする中で、世界情勢や日本の政治など、いろんなことに納得いかないなってことや、? がついたりすることはあって、そういうものの掃き溜めに近いものもありますよ。ただ、それだけで終わるんじゃなくて、最後はもっと中庸的な感じで終わるようになったんですよね。書いているときは冷静さを失っていることもあって、けっこう衝動的になっているから分からなかったですけど、そのときの言葉は間違っていないと思うし、あとから見て「うーん」って思うこともあるけど、結局人のことを言っているようで、自分のことだったりするから。僕が歌っている“君”のイヤな部分って、自分のイヤな部分でもあるんだろうなとか、色んなことが見えてきたりするんですよ。

——蝦名さんの歌詞は、表面上の繕った言葉はなくて、自分の中を潜っていってようやく掴んだような力強さと深さがありますよね。

E : フォーク』ってタイトルもそうなんですけど、遠藤ミチロウさんとか、友部正人さんの歌詞は、未だにすごいと思うんですよね。俺は言葉で影響を受けたことが多いので、泥臭くて、野暮ったくて、時代錯誤なことを歌いたいなって。

——ちなみにタイトルが『フォーク』なのは、どうしてなのでしょう。

E : 単純にロックな人間じゃないなと思ったんです。ジャンルを分けるわけじゃないですけど、自分はどちらかというと言葉でやる側の人だなって思って。タイトルをつけるとき、瞬間的なロックの美しさではないような気がしたんですよね。

——「バス停2」とか、フォークのタイトルっぽいですもんね。

E : 全体的にフォークだと思うし、フォークの流れっていうのはあるなと思います。

やめたらどんだけ楽なんだろうと思うこともあります

——前作は70分を越える長編でしたが、今作は50分くらいですよね。アルバムの長さは意識して短くしたんですか。

E : そうですね。前回のアルバム曲をライヴでやろうとすると、全然曲数が出来ないんですよ。4曲とかで終わっちゃったり、不完全燃焼で終わっちゃっていたので、もっと曲をいっぱいやりたいなと思って作り始めました。だから、前作のカウンター・アルバムでもあるんですよ。2つで一つみたいなところはすごくあって、前作があって今作があるんですよね。

——前作は長いものを作ろうとして作ったものだったんですか。

E : 結果的にですね。スケールのでかい曲が好きなんで、無意識に作ると、物理的にも長くなってきちゃうんですよ。そういう曲をどんどん詰め込んだらすごい時間になっちゃって。そこに対する反動はありますね。ライヴで2つが合わさるといい感じになるんじゃないかなって思っています。

——キウイロール時代も含めると、20年以上バンドを続けていらっしゃいますが、その原動力はどこにあると思いますか。

E : 何なんですかね。中学くらいの多感な時期にレコードからCDに切り替わって、CDを沢山買っていたんですよね。そのときから、絶対音楽と触れて生きていくって無意識に抱えていたような気がしますね。もしかしたら聴くだけかもしれないけど、ずっと音楽なんだろうなって思っていて、そのまま来ているんでしょうね。

——家族や子どもが出来ると音楽に対する考え方が変わっていく人が多いので、これから蝦名さんに家族が出来たとしたら、その辺りも楽しみですね。

E : そうなったときにどうなるか、自分でも分からないですね。多分捉え方は変わるでしょうね。そこは自分も楽しみですね。

——続けるということは、簡単そうに見えて大変なことだと思いますが、ここまで続けている中で辞めたいと思うことはなかったですか。

E : それもよく聞かれるんですけど、辞めたらどんだけ楽なんだろうと思うこともあります。自分を表現しないほうが楽なときもあると思うんですよね。でも、常に表裏一体でやっている感覚はあって、辞めるって選択肢も紙一重にありながらやっています。何だかんだでスケジュールが埋まっちゃって、それをこなしていくうちに続いていたって部分もありますね。それはすごい幸せなことだと思うし、求められている部分があると感じてやっています。

——曲を作るということは、子どもを産むときのような、生みの苦しみに通じる部分もあるのかもしれないですね。すごく痛い思いをして子どもを産むけど、生まれたら本当にカワイくなっていくみたいな。

E : 同じかも知れないですね。自分もそう思いながら前からやっていたんですけど、震災があって、リアルに子どもを残していかないとって思うようにもなってきたんです。前からうっすら思っていたんですけど、子どもがいっぱいいる人とかエラいとか思っちゃいますもんね。

裸になっていく感覚があるんですよ

——話を聞いていて思ったんですけど、本当に穏やかな気持ちに着地しているんですね。

E : そうですね。みんな穏やかでいれたらいいなっていう理想があるんですよね。仲間でバーベキューをしているときとか、すごく楽しいじゃないですか。そういうのでいいんじゃないかって。俺がおっさんになったのかわからないですけど、安心するんですよね。こっちって、震災のときはそこまで揺れたわけではないけど、テレビではイヤな映像ばかり流れていて不安な気持ちになったから、安心するんですよね。みんなが笑っているのとか見ていると。あと、世界陸上とかを見ていて、どこかの国の人が予選を通過して泣いて喜んでいるのを見て、いいなとか一人で思っているんですよ(笑)。

——その感情に至るまでの過程がこのアルバムには収められていると。

E : もちろん、その気持ちは1年単位で変わっていたり、敵も自分みたいな気持ちはあるんですよね。"君"って言っている人も、自分みたいな感じがしていて。あながち、敵と思えないというか、何だこいつって思うやつも敵じゃないんですよね。何か自分のような気がしてしまって。

——両義的な思いも、蝦名さんの歌詞の特徴には挙げられますよね。好きなんだけど嫌いとか、相反する感情が同時に存在している。「disdoor」では、「君の不幸せ祈っている/僕の幸せだけ祈っている」って歌ってますよね。

E : 誰しも生きている間に一瞬は思うと思うんですよね。でも、そういうのが自分の中でイヤだなって思うこともあって。思っちゃったのは嫌だけど、思ったことは事実なので、そういう気持ちも隠さず歌っている。そういう掃き溜めみたいな部分もありますよね。掃き溜めではあるけど、最後は「今なら話せる亡くしたこと」って歌っているんです。それを聴いて、少しでもそうだなって思えたらよかったなって思いますね。

——「平たくいうと裸のアルバム」と蝦名さん自身がコメントしているように、隠すことのない感情の変化が描かれていますね。

E : なんか裸だなって。解散してしまったバンドのECHOと解散間際に関わることが多くて、彼らが解散する何ヶ月か前に、札幌の旭川でライヴをやってくれたんですね。そのとき、ベースの小野寺くんに「最近のECHOの曲とか音楽はすごいんよね」、「どうしたの? 」って訊いたら「どんどん裸になってるんだよね」って言っていて、そういうのがいいなって思ったんです。そういう風になっていく年頃でもあるのかなって思って、すごい共感できたんです。裸になっていく感覚があるんですよ。

——さらに裸になった新しい作品も楽しみですね。今後の予定ややっていきたいことなどを最後に教えてもらえますか。

E : 今のメンバーで、早めに新しいアルバムを作って出したいですね。あと、5B Recordsってレーベルをやっているんですけど、もうちょっと動かしたいって気持ちがあります。札幌のバンドで、埋もれているバンドとか行く当てのないバンドが結構いて、サポートできるのは俺くらいしかいないんじゃないかって最近思い始めたんです。だから、そういうバンドの音源をミニマムな方法で安い料金で出したい。カセット・テープとかそういう媒体にも興味があって、すごくミニマムなフォーマットで出したいんです。ダニエル・ジョンストンがテープでリリースしたりする、そういう感じがいいなと思っていたりして。昔、札幌のバンドとかもデモ・テープを結構出していて、それを聴くのがすごい好きだったんですよね。本気でガツンとも出したいですけど、軽いデモ的なものも出せたらいいなって。SSTとかにしても、全然知らないようなバンドを本当にいっぱい出していて、こんなの出していたんだって部分がおもしろいと思うんです、レーベルって。みんなSSTって言ったら、Black FlagとかDinosaur Jr.とかHusker Duとかしか知らないけど、もっといっぱい変なバンドを出しているんです。だから、今あえてレーベルで出来たらって気持ちはあります。

——確かにもっと札幌の音楽を盛り上げていってほしいと思う人や、知りたい人は沢山いると思うので期待しています!

E : 本当に繋がりが持てないバンドが多くて居場所のないバンドがけっこういるので、盛り上げていきたいですね。

RECOMMEND

中川敬 / 街道筋の着地しないブルース

ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬、初のアコースティック・ソロ・アルバム! 新曲、セルフ・カヴァー、アイリッシュ・トラッド、浅川マキやチューリップのカヴァー等、中川敬がひとりで作り上げた全14曲の解放歌集。OTOTOYのみのアート・ワーク付きで配信!

ゆーきゃん / 20071008

京都の吟遊詩人ゆーきゃんのライヴ・アルバムは張りつめた空気の中から聞こえる優しい歌声に、癒される事間違い無し。アコースティック・ギター一本による弾き語り、全4曲20分という短い時間ながら、そこに居た数百人のオーディエンスに「うた」が届いた瞬間がパッケージされた貴重な作品となっている。

長谷川健一 / 震える牙、震える水

正に魔都京都から届けられた最後の歌とでも言おうか。歌が純粋に歌として響くことの素晴らしさを思い起こしてくれるシンガー・ソング・ライター長谷川健一。繊細で冷たい穏やかな光が暖かく震えながら降り注ぐ誰にも真似できないハセケンの世界。

INFORMATION

  • 2011年09月25日(日)@札幌 HALL SPIRITUAL LOUNGE
  • 2011年11月03日(木・祝)@渋谷 O-NEST
  • 2011年11月13日(日)@札幌 SOUND CRUE

PROFILE

Discharming man
札幌を中心に活動を開始し、2004年12月に札幌で行われたライヴを最後に解散したバンド「キウイロール(KIWIROLL)」のボーカル蛯名啓太のソロ・ユニット。2009年1月21日にはデビュー・アルバム『dis is the oar of me』をリリース。札幌の先輩バンドでもあるBloodthirsty Butchersの吉村秀樹がプロデュースを務めるほか、ライヴ・メンバーとしてバンドに参加している。

Discharming man Web

o

 
 

インタヴュー

インディペンデント・J-ROCK・シーンの雄、DEATHROが両A面シングルをリリース&インタヴュー掲載!!
[INTERVIEW]・2017年08月18日・俺たちを眠らせない狂詩曲──DEATHRO、新たなJ-ROCKのアンセムとなる両A面シングルをリリース!! 現在、全国各地にて中毒者急増中!! 神奈川県央ナンバーワン・ロック・ヴォーカリスト、DEATHROが昨年末にリリースしたファースト・アルバム『PROLOGUE』より8ヶ月ぶりとなる作品をリリース!! 両A面となる今作はワイルドな中にも煌びやかさと淫靡さを感じさせる王道の8ビート・ナンバー「SLEEPLESS」とDEATHRO流”優しさロック”を体現した極上のポップ・ソング「RHAPSODY」の2曲を収録。バックの演奏は前作に引き続き、川又慎(Not it?Yeah)(Dr)、YUKARI(limited express(has gone?) / ニーハオ!!!!)(B)、小野寺陽多(Groaning Groove / Daiei Spray)(G)、FUCKER(Less Than TV)(G)の4人=”TEAM DEATHRO”による鉄壁の演奏がヴォーカルを支えている。OTOTOYでは、前作に引き続きインタヴューを掲載。さらに大きくなるであろうDEATHROウェーヴに乗り遅れるな!! 渾身の”DOU
2ndフル・アルバムの予約受付を開始!──鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界
[CLOSEUP]・2017年08月23日・鳴ル銅鑼がつくりだす「万物に神が宿る」新世界──2ndフル・アルバムの予約受付を開始! 昨年10月にリリースした2nd EP『文明開化』が「第9回CDショップ大賞2017 東海ブロック賞」を受賞、そして数多くのライヴをこなし、ライヴ・シーンにおいてもひときわ注目を集めているロック・バンド“鳴ル銅鑼(ナルドラ)”。そんな彼らの2nd フル・アルバム『汎神論』が2017年9月6日にリリースされる。注目を集めつつあるいま、バンドの真価を問われる作品とも言えるだろう。しかし彼らはそんなハードルをものともしない、キラーチューン満載のアルバムをつくりあげた。OTOTOYでは今作をハイレゾ配信…… の前に予約受付を開始! さらにリード曲「DUNE」の期間限定フリー配信、2nd EP『文明開化』のハイレゾ配信がスタート! 9月にリリースされる新アルバムについて、ソングライターの三輪和也が語ってくれたインタヴューをお楽しみください。 9月6日リリースの最新作を予約受付開始! 鳴ル銅鑼 / 汎神論'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 324円(税
by 岡本 貴之
その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事