【WiLL ソロ企画】第1弾、本間美咲が山手線でワンマン・チケットを届けに行く企画に密着してきた!

「クール&ビューティー」をテーマに掲げ、2016年6月にデビューを果たしたガールズ・グループ、WiLL。ダンス・ミュージックをメインにした多彩な楽曲と切れのあるダンスが耳の早いリスナーの注目を集め、地方でや台湾といった海外でのロック・イベントに呼ばれるなどアイドルという垣根を超えて活動中だ。12月8日にはTSUTAYA O-WESTで1stワンマンを行うことを発表している彼女たち。OTOTOYでは3ヶ月に渡りWiLLに迫る特集を展開。第2弾は、メンバー4人のソロ企画を4回に渡り掲載していく。第1弾は本間美咲がご希望の駅へワンマン・チケットを届けに行く企画を実況レポート。そして配信第2弾として「fallin’」の無料配信&ハイレゾ配信をスタート!!

WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第2弾音源を配信開始

OTOTOY独占ハイレゾ配信スタート

WiLL / fallin’(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込)

>>「fallin’」のフリー・ダウンロード(mp3)はこちら

記念すべき初ワンマンをO-WESTにて開催

WiLL 1stワンマン・ライヴ「Will Grab Dream」
2016年12月8日(木)@TSUTAYA O-WEST
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
料金 : ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(DRINK別)

レポート : 本間美咲が12月8日のワンマン・チケットを届けに行ってきた

2016年11月4日(金)、WiLLのスタッフのTwitterアカウントから以下のつぶやきが発信された。


なんと、ワンマン・ライヴのチケットをメンバー自らが希望の駅まで届けてくれるという!! 届けにいくのは、メンバーごとに写真がプリントされた「ピクチャー版チケット」。販売枚数が伸びるほど、メンバーの希望する願いが叶う仕組みになっている。今回企画を行う本間美咲は、メンバーのなかで最初に30枚販売達成、全国流通雑誌への掲載を手に入れた実績の持ち主。

そんな本間が次に掲げる目標は50枚。達成した際のご褒美は「メンバーの坂本愛里さんとのユニット曲制作」!! この企画を行う時点での販売枚数は45枚。果たしてこの日50枚を達成できるのか?

まずは、この日のルールを下記に掲載。

【方法】
・ワンマンチケットご購入希望の方は、WiLLの公式Twitterにリプライ、もしくはDMでご依頼ください。細かな待ち合わせ場所、具体的な時間などはTwitterのDMを使ってリアルタイムで連絡を取らせていただきます。
・ご購入いただいたお客様はその場で記念に2ショット写真を撮らせていただきます。(お客様のスマートフォンやデジタルカメラなどを使わせていただきます。)

【ルール】
・日時は 11/5(土)18:00~受付開始。移動時間なども考慮して、実際にお届けできるのは19時頃を予定しております。終了予定時刻は未定ですが、21時頃までは依頼が入らなくても待機いたします。
・当日、本間美咲がお伺いできるのは山手線沿線の駅のみになります。待ち合わせ場所も改札付近に限らせていただきます。
・ワンマンチケットは1枚3000円です。なるべくお釣りのないようにご用意頂ければ幸いです。
・当日はWiLLスタッフの他に、今回の企画、及び取材スタッフが同行させていただきます。ご了承くださいませ。

O-Westでのワンマン・ライヴは12月8日。あと約1ヶ月。

目標のチケット売り上げ枚数は350枚、そして11月4日時点での売り上げ枚数は182枚。少しでも沢山の人にWiLLを知ってもらえるよう、自分たちでできることをするというのが今回の企画の発端となっており、本間は「行動するのが好きで、ビラを撒いたり、考えるより行動するタイプ」。今回の企画にも気合いが入っているのが伝わってくる。

この日渋谷でライヴを行っていたWiLL。ライヴ終わりに渋谷駅まで駆けつけ、企画はスタートを迎えた。

約3時間に渡る山手線でのワンマン・チケットお渡し企画スタート!!

19時10分。スタートは渋谷駅から。先ほどまで行なっていたライヴ会場に来ていたお客さんが「Tweitterを見て、本間のがんばっている姿を応援したい」と駅で待ってくれていました。記念すべき1枚目の手渡しに成功。

約10分くらいお客さんとお話をして次の駅に向かいます。ドキドキワクワクしている様子が伝わってきます。

19時35分。池袋に移動し2人目のお客さんに無事チケットを手渡し。待っている間の心境を尋ねると「ドキドキ感は特になかった」とそっけない返事。「ちょっとー」と笑顔で怒る本間。しかし本間の魅力を伺うと「笑顔でがんばっている姿に目がいく」との本音が。

時間を確認します。次のお客さんまでちょっと時間があくのでTweetしようとしたとき新たな依頼が入り、急遽五反田まで移動することに。

これが今回お届けしている本間美咲のピクチャー・チケット。もちろん本人のサイン付きです。

山手線に揺られながらTwitterで発信しているうちに五反田駅に到着です。

本日3人目のお客さんにチケットを渡す本間。

特典としてお客さんのスマホでも2ショット撮影をプレゼント。

バイト終わりで駆けつけた彼はこの日偶然「HONMA」のシャツを着ており、本間のテンションの上がる。本間の魅力を尋ねると「言葉にあらわせないオーラがある」とのこと。

次に来たのは秋葉原。広い構内を駆け巡りお客さんの元を目指します。

4人目のお客さんにチケットを無事お届け成功。通算49枚目。本間の魅力を聞くと「ぐいぐいと来てくれるところ」。実は初めてのライヴで本間が物販に強制連行(!?)したことがきっかけだったとのことで、本間の前向きな行動力も魅力になっていることがわかった。

パシャりと記念撮影。ライヴにしばらく足を運べず、Twitterでリプ返しをしていたそうで、久しぶりにいろいろと話が弾みます。

再び、池袋に移動。人混みのなかで渡したチケットは、通算50枚目!! おめでとう!! 目標達成で、本間の願いであるデュエット楽曲の制作が決定!!!

記念の2ショット。本間の好きなところは「人間味のあるところ」。実は2人は同い年!! 緊張していないように見えて緊張していたとのことでした。嬉しそうな顔をしている本間。

自然と笑みがこぼれます。「50枚に達するまでは家族や友達には売らないと決めていた」「雑誌に掲載されるのが決まるまでお腹が痛かった」と心の内を明かしてくれました。50枚達成、本当におめでとう!!

続いてやってきたのは高田馬場駅。

6人目のお客さんにチケットをお届け。「可愛くなったからドキドキした」と嬉しい言葉に「いままで可愛くなかったの?」と照れ隠しのように返す本間。ももクロのダンスを踊っているすが見たのがきっかけで知ったそう。好きなところは「元気きなところ」。

再び池袋に戻ってきました。本日3回目。プロデューサーさんから差し入れをもらい喜ぶ本間。

これが本日最後のお客さんです。いま池袋に向かっているとの連絡が入り、どちらから来るかなーと周りを見渡す本間。

無事、会うことができて一安心の2人。近況を話したり雑談をしたりしています。

そして本日7人目、そして52、53枚目の2枚をご購入くださいました。2人で記念撮影をぱしゃり。

約2時間半にわたるチケットお届け企画が終了し、池袋をあとにしました。実は「本当に依頼がくるのか意外とビクビクしていました。実は人見知りなんですよ。あと、家で1人でいるとき、ずっとボーっとしているんですけど、そこで元気がチャージされます」と本間の一面を教えてくれました。

「おもしろいことをしたい」という提案からはじまった今回の企画。「じわじわと嬉しさが込み上げてきますね。これからもおもしろいと思われることをいっぱいしたい」と最後に話してくれました。次の機会があった際はぜひみなさんもご参加してみてはいかがでしょう? おつかれさまでした!

WiLL 3ヶ月連続配信リリース、第1弾音源を絶賛配信中

WiLL初のハイレゾ音源を独占配信スタート

WiLL / wherever you go(24bit/96kHz)

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC

【配信価格】
単曲 200円(税込)

>>「wherever you go」のフリー・ダウンロード(mp3)はこちら

LIVE INFORMATION

WiLL 1stワンマン・ライヴ「Will Grab Dream」
2016年12月8日(木)@TSUTAYA O-WEST
時間 : OPEN 19:00 / START 19:30
料金 : ADV 3,000円 / DOOR 3,500円(DRINK別)

PROFILE

WiLL

WiLLはダンス・ミュージックをメインに、cool&beautyをコンセプトとしたダンス&ヴォーカル・グループ。グループ名のWiLLは世界(World)に向けて、ヤバくカッコいい(iLL)グループになるという意味を持つ造語。あわせてWill(意思)という意味も持つ。2016年春活動スタート。

>>公式HP

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事