BELLRING少女ハート・柳沢あやの、卒業、ソロ転向について語るロング・インタヴュー

2016年いっぱいの活動をもって、BELLRING少女ハートから、朝倉みずほ、柳沢あやのの2名が卒業。新体制に向けた準備期間のため、ベルハーは年末で活動を一時休止することも発表した。60年代サイケデリック・ロックから、グランジ・ロック、ポスト・ロック、エレクトロニカなど幅広い音楽性と、黒い羽をつけたセーラー服でステージを駆け回るパフォーマンスで、唯一無二の世界観を作り上げてきたベルハーの活動休止はアイドル・シーンにどのような影響をもたらすのか。OTOTOYでは、年内に卒業、そしてソロ活動への転向を表明している柳沢あやのへのロング・インタヴューを敢行した。

ベルハー初のベスト・アルバムをハイレゾ配信中

BELLRING少女ハート / BEST BRGH

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 150円 / まとめ価格 2,000円

【Track List】
1. the Edge of Goodbye / 2. GIGABITE / 3. ホーネット ’98 / 4. 夏のアッチェレランド / 5. ボクらのWednesday / 6. ROOM 24-7 / 7. アイスクリーム / 8. Starlight Sorrow / 9. ダーリン / 10. Crimson Horizon / 11. サーカス&恋愛相談 / 12. rainy dance / 13. asthma / 14. クロノスの鎌 / 15. c.a.n.d.y.


“東京最凶”ベルハーがおくる限界突破のノンストップ・ライヴ! 遂にDVDリリース決定!!


今年1月と4月に開催されたベルハーのワンマン・ライヴが遂にDVDリリース決定。過去最大規模のキャパと型破りの舞台演出を施した壮大なワンマン・ライヴを余すところなく収録したベルハーを知るにはマストの映像作品。10月28日に目黒・鹿鳴館で開催される単独公演〈STOCKHOLM〉での物販から先行発売スタート。

商品情報 :
◯ライヴDVD『第一弾『Q』2016年1月2日Zepp Tokyo』3,000円(税込)
・編集 : 二宮ユーキ
◯ライヴDVD『第二弾『B』2016年4月30日TOKYO DOME CITY HALL』3,000円(税込)
・編集 : 平井侑馬

「Q」予告編 https://youtu.be/2LT_bB0nrEY
「B」予告編 https://youtu.be/IJYAL_WntLI
※商品情報詳細はこちら

一般発売 : 11月3日(木)全国CDショップにて

目黒・鹿鳴館で開催されるベルハーの単独公演

STOCKHOLM
2016年10月28日(金)@目黒・鹿鳴館
時間 : 開場 19:00 / 開演 20:00
料金 : 前売 2,400円 / 当日 2,900円(+1D)
前売予約 : http://www.brgh.tokyo/ticket/index.html

INTERVIEW : 柳沢あやの

2016年10月10日、渋谷WWWXにて開催されたAqbiRec主催のイベント〈OTOMORE X 10月〉において、BELLRING少女ハートから朝倉みずほの卒業、柳沢あやののソロ転向が発表された。事前に重大発表ありと明言されていたものの、誰も想像しなかった発表に会場はなんと言葉を発していいのかわからない雰囲気に包まれた。その経緯についてはブログなどで後日話す場を設けると語られていたが、いてもたってもいられずディレクターの田中紘治に取材オファー、10月20日に本インタヴューが実現した。なぜベルハーは活動休止をするに至ったのか、そして柳沢あやののソロ転向への展望とは? 柳沢あやのと田中紘治に話を訊いた。

取材&文 : 西澤裕郎

ベルハーに馴染めなくてもいいやと思ったら吹っ切れた

ーー単刀直入に聞きます。ベルハー卒業とソロ転向を決めたきっかけはなんだったんでしょう?

柳沢あやの(以下、あやの) : ソロをやりたいっていう話は何年か前から田中さんとしていたんですけど、9月くらいに「ソロ、やる?」って田中さんから突然言われたんです。やっと5人で頑張ろうってなっていたときだったし、ラジオの収録でも「5人で頑張ります」って言っていたので、頭の中がはてな? になりました。

ーー田中さんは、なぜそのタイミングでソロへの転向を提案したんですか?

田中紘治(以下、田中) : いまの5人でやりたいという気持ちだったんですけど、みずほの卒業したいという気持ちが覆らなかった。そうなるとあやのが引っ張っていかなければならない。ベルハーをやりながら徐々にソロに移行することも考えたんですけど、それだと現体制の延命になってしまうでしょ。あやのは最年長だから、もう1回ベルハーを立て直すのを待っていたら、ソロ活動のための体力を使い切ってしまうかもしれない。ベルハー以外のことに挑戦するんだったら今がベストだろうと思って提案しました。この2人を同時に失うことは本当にやばいんですけど、挑戦だと思うことにしました。

ーーあやのちゃんもベルハーと並行でソロをやれるんだったらやりたかった?

あやの : それも考えました。やっぱりまだベルハーでやりきった気持ちでもないし、三部作ワンマンの〈K〉が残っているんですよ。

田中 : 活動休止の〈K〉?

あやの : 違うー!!

田中 : あと、正直に言うとここ2年間くらい運営の状況がよくなくて。僕が楽曲やステージの制作に集中するようになって、外向けの仕掛けがほとんど失敗してるんですよ。オタクから細かく削り取ってばかりで。今年6、7月に旧知のスタッフを招いてから、やっと内部が安定してきました。結果を見据えたミーティングもできるし、採算の相談もできて、見通しが立ってきた。そしたらメンバーのタイムリミットがきた。

ーー言葉を単純化すると、ベルハーはチーム作りに失敗したと。

田中 : そう。

ーーあやのちゃんは、ベルハーの中で常にもがいていたというか、いかに爪痕を残すかの葛藤が切実に見えたステージングをしているなと思って僕は観ていたんですけど。

あやの : 私もそういう気持ちでいました。ベルハーに上手く馴染めなかったけど、馴染めなくてもいいやと思ったら吹っ切れて。パフォーマンスでみんなに認めてもらおうって思うようになっていきました。

田中 : みんなって?

あやの : お客さんとか、メンバーとか、田中さんとか全部。田中さんにもすごく怒られたし、自分のお客さんも少なかったし、別にメンバーとも仲良くはなかったし…。そういう要素が全部揃っていたから逆に吹っ切れた。そのうちの1つでもあったらそこに甘えちゃっていたと思うから、その環境のおかげで成長できたのかも。

ベルハーに入って、人として自信がなくなったんですよ

ーーベルハーに入るとき、あやのちゃんは清純派な部分を貫きたいって言っていましたよね。それを貫いていくことは難しかった?

あやの : 清純派っぽいグループにいたけど、大きく踊ったりするのは好きだったんです。だから段々本当の自分が出てきたのかなって感じ。

ーー別に無理をして客席に飛び込んだりしていった訳ではないんですね。

あやの : それはないですね。やれって言われたこともないですし(笑)。前のグループでもそこまで感情を出してライヴをしたことがなかったから、それが出せるようになったのが楽しかった。「出し切ったー!!」ってなるのが、生きてる感じがして好きなんです。

ーーステージ上ですべて発散してるからこそ、ライヴ以外の部分ではモヤモヤしたり葛藤することも増えていったりしませんでしたか?

あやの : もともと1人でいるのが好きなわけじゃなかったんですけど、段々1人でいるようになっちゃって、人と話すのが苦手になりました…。

ーーそれはベルハーのメンバーに限らず?

あやの : 限らず。本当に仲のいい子は平気だけど、同窓会とかでも何を話していいかわからなくなっちゃう。仲良い子の隣じゃないと不安になっちゃう。

ーー逆に1人でいることも増えた分、自分のことを考える時間も増えたわけですよね?

あやの : そうですね。自分で悩んで自分で解決してくようになった(笑)。

ーーとはいえ、1人で解決できることもあれば、グループのことは1人じゃ解決できないこともあるから、そこのバランスは難しいですね。

あやの : はい。そこの面はちょっと放置してきちゃったかも。最近やっとしゃべるようになってきたけど、どっちかというと自分1人でできることをやってきた感じ。メンバーとはずっと適度な距離でいて、そんなに深い話をする感じじゃなかった。今はちょっとあるけど、ちょっと前のベルハーではご飯の話とか、そういう話くらいしかしなかった。

ーーそれは気を遣っていたっていうこと?

あやの : 気を遣っていたというか、それが昔のベルハーのよさだったと私は思うんです。普通の子たちがライヴしているってところ。だんだんメンバーも変わって大人になって踊るようになってきて、そしたら幼いから許されていたものが許されなくなってきた。気づくのがちょっと遅かったけど、そのことに気づきました。

ーー田中さんが新グループをやることを発表したときはどういう気持ちでした?

あやの : そういう話があることはうっすら聞いていたんですよ。ただ、本当にやるとは思っていなくて。田中さんはいつも嘘つくから(笑)、8割くらい本気にしてなかったんですけど、ライヴの後に記事が本当に出て。オタさんとかにチェキの時に言われて、「え!」ってなって。今はちょっと冷静だけど、あのときは「自分の人生が変わるくらい頑張って一生懸命やってきたのに、なんで今捨てるの」って思いました。捨てられたって気持ちだった。

ーーTwitterでも感情的なツイートしていましたよね。

あやの : だってベルハーに入って、人として自信がなくなったんですよ。

ーー人としゃべれなくなったこととか。

あやの : はい、それくらいの気持ちでやっているのに、本当に捨てられたと思って怒りました。

ーー「田中さんはメンバーのことを大事にしてないんじゃないか」っていう意見を聞くことがあるんですけど、その意見に対してはどういうふうに思いますか?

田中 : メンバーはそれでいいと思います。田中さんが優しいとか、別にそんなのはいらない。この世界って、結局どうにかならなかったらどうにもならないじゃないですか? 何者かになるかもしれない子は、外からのいろんな刺激を糧にしなきゃいけないし、それで変われなかったらそれまで。半分育てるし、半分潰すつもりでやっていますよ。

あやの : 潰れたら自分が悪いってことですか?

田中 : それで芸能を辞めるっていうのも選択の1つで、続ける力もないのに続けたって仕方ない。俺が辞めるきっかけになったらそれでもいいし、俺が続ける活力になるんだったらそれでもいい。どっちつかずは嫌なんですよ。やるなら頑張ってと思う。優しくとかはないし、潰れる時は潰れるように育てているつもりです。他のメンバーに対してもそうだし、心を折るつもりでやっているので。

昭和以来のヴォーカリスト、平成にはいないタイプになれるかなって

ーー1つ疑問なのが、あやのちゃんはベルハーに入る前の活動も、ベルハーでの活動もグループだったのに、ここにきてソロをやりたいと思ってたのはなんでなのかなって。

あやの : ベルハーに入ってから「自分らしさ」をすごく考えるようになって。私はベルハーのメンバーだけど、ベルハーにはなれないと思っていたから、自分らしさでいっぱいにしたかった。このままあやのが強くなった感じをやりたいんですよ。私は別に技術がすごいわけでもないし、歌が上手いってわけでもないけど、気持ちを込めたら見た人がそれを感じてくれたりするから、気持ちが動く場所にしたい。

ーーソロの活動は田中さんがプロデュースしていくんですか?

田中 : そうです。衣装のコンセプトとか、曲とか詞のイメージとか、1年経ったらこれができるようになって、2年目にはこういうセットでこういうライヴができるようになってってことまで考えていて。ベルハーで3年以上爆音の中、ほぼ生歌でやりきって、あやのらしさを失わないまま喉も鍛えられてきた。レコーディングをしていて、あやのの歌い出しの曲があると最後まであやののヴォーカルで聴きたいなと感じることがあるんですよ。声にかわいらしさとともに病みがある。奥行きがあるんですよね。森田童子みたいな。

ーー高評価じゃないですか(笑)。

あやの : 高評価ですか!?

田中 : しょっちゅう事務所に来て歌っているのを聴いているんですけど、こっちも病んでくるときがあるんですよ。でもそれってすごいことじゃないですか? フロアのお客さんは幸せになれる。

あやの : えー、病まないですか?

田中 : 俺は昭和以来のヴォーカリスト、平成にはいないタイプになれるかなって思っているんですよ。

あやの : 昭和っぽいってことですか?

田中 : 別にこぶしがきいてるとかじゃないよ。夕暮れの寂しい感じとか情景が浮かんでくるような声をしている。工場地帯の4畳半のアパートで眺めるなスモークで真っ赤になった空っていうのが浮かんでくるような。学生紛争のころとか…。

ーーー昭和じゃないですか(笑)。

田中 : (笑)。あがた森魚さんの世界観でありそうな。

ーーフォークの世界ですね。

田中 : そう、フォーク・ロック。だけど、スタイルとしてはブロンド・レッドヘッドをすごく聴かせていて。なんかね、そういう感じでいきたい。

ーーアイドルってわけじゃないんですか?

あやの : アイドルです!!

田中 : そこはアイドル枠です。アーティストにしたって売れないし、チェキも撮ります。セッションもします。ライヴ終わった後のアフターとか…。

ーーキャバクラみたいになってますけど(笑)。

田中 : ベルハーはライヴ主体でストイックにやってきてる部分があったので、せっかく1人になるんだから、本人さえ頑張ればなんでもできるし、これからはどんどん自分を出していくようなことをしていきたいですね。

あやの : やったー!!

田中 : あとは女性マネージャー募集中です。あやのさんはこんな子なんで、肝っ玉かあさんみたいな人じゃないと。年上年下問わないですけど、あやのが間違ってたらびしっと叱ってくれる、引っ張ってってくれる人が来てほしいですね。

あやの : 肝っ玉かあちゃん募集中です!

病むのに負けないでちゃんと楽しいを作りたい

ーーあははは。ベルハーとして活動する残りの2ヶ月間、田中さんからあやのちゃんに期待することはありますか?

田中 : あやのは常に状況を壊していける子なので、規模にとらわれず、5人体制でピークだろうっていうライヴをやってほしいなと思っています。あとは前向きな言葉をもっと語ってほしいですね。

あやの : 語る?

田中 : MCでもインタヴューでもなんでもそうなんだけど、こんだけエネルギーのある子がソロをやるんだから、これは期待できるぞ!! ってことをみんなに思ってほしい。すんげえライヴをしながら、すんげえ将来のことを語ってほしいの。ベルハーに入ってどうでした? っていう、過去を振り返るインタヴューはこれが最後でいいと思っていて。先を見てほしい。あやのは、ほっといたって歌ってるんだからさ。

あやの : でも、歌うと怒られるんですよ。

田中 : それは俺が仕事をしている横で歌い出すから(笑)。TPOがあんまりないんですよ。俺が記事を書き上げている最中に、向かいのMacでクレヨンしんちゃんとか大きな音を流して見始めるんですよ。それを注意すると、ふてくされる。

あやの : 歩きながら歌っても怒るじゃん。

田中 : それはごめん、本当に俺が病んでいる時だ。でも、勝手に歌っちゃうって俺は大事な条件だと思ってるんですよ。例えば、モーツァルトだって父親が死んでも、なんだっけあれ、あー出てこねー、明るいオペラのえーと、もういいや。とにかく明るいオペラ(※ドン・ジョバンニ)を書いたわけでしょ。悲しみのどん底にいる時にすっげえテンション高い曲を書くわけですよ。それって天才の証明で、あやのも落ち込んでる時にアップテンポな曲を鼻歌で歌っているんですよ。ただ声だけは病んでるもんだから、周りにいる子たちが病む。ものすごい感染力あるんだよ。それを表現としてステージでやるからこそ人に愛される。

ーー一般社会と違って、才能のある人がいきなり評価されちゃうようなことが起こるのが音楽の世界の魅力でもあると思うんですよ。これだけ田中さんが評価して天才って言っているのは、あやのちゃんとしては素直に嬉しいんじゃない?

あやの : 嘘でしょ… って思う。

田中 : 嘘ではない。ただ、世に出れない天才っていうのは多い。いい歌もうたうし、いいライヴもするけど、全然ヒットしない天才っていっぱいいるんですよ。そこはちゃんと導かないとなって。

あやの : 田中さんが導いてくれるってことですか?

田中 : 導くけど、ちゃんとそれについてきてれないと。自分の感情が最優先になっちゃうとただの被害妄想になっちゃうからさ。まずは被害妄想を治そう。

あやの : どうやったら治りますか?

田中 : なかなかパンチが効いた被害妄想してるんですよ。

ーーそんなにですか?

田中 : 逆に上手く受け取れると、ころっとテンションが上がるんですよ。だから、ぱっと落ちたり、ぱっと上がったりって繰り返し。

あやの : ネガティヴは寝れば治ります。まあいっかってなる。

田中 : っていうけど、何日も前のことで突然泣き始めたりとかするでしょ。

あやの : あー、そうかも。最初から落ちちゃえば大丈夫なんですけど、最初あんまり気にしてなかったことをだんだん考えていくうちに落ちることもあるんです。

田中 : 妄想が妄想を呼んで自分の中でだんだん大きくなっちゃうんでしょ?

あやの : そうそうそう。

田中 : 周りの人がサポートしてくれてるうちに、自分で踏ん張って投げ出さずにやってくれたら大丈夫。俺としてはソロに関しては期待しかしていない。みんなが思ってる以上にすごいことになると思う。あやのがちゃんとやった時にどれだけすごいか、みんな気づいていない。噛み合えばすごいことになる、噛み合わなければ病んでいっちゃう。

ーーベルハーであと2ヶ月、そしてソロに向かってくわけですけど、これからの活動に向けての想いを聞かせてもらえますか。

あやの : ベルハーは最後のグループとしての活動になるので、みんなで作り上げる楽しさとか、みんなだからできることをたくさんやりたいです。それは1人だったらできないことだと思うし、一生経験できなくなるから、それは今ちゃんとやりたい。ソロになってからは不安も大きいけど、ダラダラなんとなく生きていたくないので、病むかもしれないけど、病むのに負けないでちゃんと楽しいを作りたいです。

田中 : 水着もやるんでしょ?

あやの : 水着… やるけど、需要ありますか?

田中 : あると思う。

あやの : かなあ。じゃあ、水着やります!

ベルハーのサイン入りライヴDVDを、各3名計6名様に抽選でプレゼント


以下を記載のうえ「info(at)brgh.tokyo」の(at)を@に変更してメールをお送りください。当選者の方には追ってメールにてご連絡します。

【件名】ベルハーDVDプレゼント
【本文】
お名前 :
性別 :
年齢 :
住所 : 〒
電話番号 :
希望DVD :
※全て必須項目です。
応募締切 : 2016年10月28日(金)23:59まで
※あらかじめinfo(at)brgh.tokyoからのメールを受信できるよう設定してください。

BELLRING少女ハートの過去作もハイレゾ配信中

ベルハー初のベスト・アルバムをハイレゾ配信中

BELLRING少女ハート / 「Q」at Zepp Tokyo

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】 まとめ価格 2,000円

【Track List】
1. アイスクリーム / 2. World World World / 3. c.a.n.d.y. / 4. 憂鬱のグロリア / 5. Preasure ~秘密の言葉~ / 6. ホーネット'98 / 7. Manic Panic / 8. Karma / 9. Mr.メルシー / 10. yOUらり / 11. 無罪:Honeymoon / 12. ROOM 24-7 / 13. low tide / 14. D.S.P. ~だいすぴッ~ / 15. get rid of the Chopper / 16. チャッピー / 17. すなっちゃん・なっぽー / 18. Revelry!!! / 19. ヴァント! / 20. 或いはドライブミュージック / 21. Cherry / 22. ボクらのWednesday / 23. GIGABITE / 24. いんざれいん、いんざだあく / 25. The Victim / 26. Cold Flaver / 27. タナトスとマスカレード / 28. サーカス&恋愛相談 / 29. rainy dance / 30. Starlight Sorrow / 31. 夏のアッチェレランド / 32. WIDE MIND / 33. the Edge of Goodbye / 34. asthma / 35. bedhead

超待望の3rdアルバムを絶賛ハイレゾ配信中

BELLRING少女ハート / BEYOND(24bit/48kHz)

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 150円 / まとめ価格 2,500円

【Track List】
1. ヴァント! / 2. ホーネット'98 / 3. 憂鬱のグロリア / 4. The Victim / 5. Cold Flavor / 6. Manic Panic / 7. すなっちゃん・なっぽー / 8. いんざれいん、いんざだあく / 9. Cherry / 10. BEYOND / 11. Mr. メルシー / 12. チャッピー / 13. ROOM 24-7 / 14. 或いはドライブミュージック / 15. asthma / 16. ぼくらは生きてる / 17. いんざれいん、いんざだあく(朝倉みずほ ver.) / 18. いんざれいん、いんざだあく(宇佐美萌 ver.) / 19. いんざれいん、いんざだあく(柳沢あやの ver.) / 20. いんざれいん、いんざだあく(カイ ver.) / 21. いんざれいん、いんざだあく(甘楽 ver.) / 22. いんざれいん、いんざだあく(仮眠玲菜 ver.)

※まとめ購入のお客さまには「いんざれいん、いんざだあく」の各メンバー、ソロ・パート音源が特典としてつきます。

BELLRING少女ハート、新境地を開く2ndアルバムをハイレゾ配信中

BELLRING少女ハート / UNDO THE UNION(24bit/48kHz)

【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz) 単曲 150円 / まとめ価格 1,800円

【Track List】
1. Starlight Sorrow / 2. プリティ・シャロウ / 3. クロノスの鎌 / 4. rainy dance / 5. Orange Slumbers / 6. kUMA GOQLI / 7. c.a.n.d.y. / 8. get rid of the Chopper / 9. 月の真下でオオカミさんに尋ねました。 / 10. ヒバリの空 / 11. プラスチック21g / 12. 男の子、女の子 / 13. Karma / 14. タンジェリン細胞 / 15. Crimson Horizon / 16. UNDO / 17. Revelry!!!

BELLRING少女ハート、衝撃の1stアルバムをハイレゾ配信中

BELLRING少女ハート / BedHead

【配信形態】FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz) 単曲 150円 / まとめ 2,000円

【Track List】
1. World World World / 2. the Edge of Goodbye / 3. D.S.P ~だいすぴッ~ / 4. ボクらのWednesday / 5. Shout!!! / 6. ライスとチューニング / 7. 夏のアッチェレランド / 8. Pleasure ~秘密の言葉~ / 9. サーカス&恋愛相談 / 10. yOUらり / 11. BedHead / 12. ダーリン / 13. アイスクリーム / 14. Teck Teck Walk / 15. WIDE MIND

>>田中紘治(BELLRING少女ハート ディレクター)へのインタビューはこちら

ベルハーによる架空のサントラ・ミニ・アルバムを絶賛ハイレゾ配信中

BELLRING少女ハート / 13 WEEKS LATER EP(24bit/48kHz)

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 200円 / まとめ価格 1,000円

【Track List】
1. タナトスとマスカレード
2. 無罪:Honeymoon
3. GIGABITE
4. 雛鳥エスカレーション
5. low tide
6. 鉄の街

ハイレゾについてはこちらから

リキッドルームでのワンマン・ライヴをOTOTOY独占ハイレゾ配信

BELLRING少女ハート / LIVE at 黒い羽集金ツアー・東京公演(24bit/48kHz)

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 150円 / まとめ価格 2,000円

【Track List】
1. タンジェリン細胞 / 2. 夏のアッチェレランド / 3. World World World / 4. c.a.n.d.y. / 5. ヒバリの空 / 6. クロノスの鎌 / 7. yOUらり / 8. Crimson Horizon / 9. get rid of the Chopper / 10. プラスチック21g / 11. D.S.P. / 12. ボクらのWednesday / 13. 月の真下でオオカミさんに尋ねました。 / 14. REVERLY!!! / 15. Tech Tech Walk / 16. 男の子、女の子 / 17. ダーリン / 18. アイスクリーム / 19. サーカス&恋愛相談 / 20. the Edge of Goodbye / 21. プリティ・シャロウ / 22. Orange Slumbers / 23. rainy dance / 24. WIDE MIND / 25. UNDO / 26. kUMA GOQLI / 27. Karma / 28. Starlight Sorrow / 29. bedhead

※まとめ購入のお客さまには、「黒い羽集金ツアー」最終公演のオープニング映像が特典でつきます。

BELLRING少女ハートのライヴを知らないなんて人生の半分損してるぜ

BELLRING少女ハート / LIVE at お腹が痛い! vol.4

【配信形態】
DSD 5.6MHz+mp3 ver. まとめ購入のみ 1,200円
HQD(24bit/48kHz)ver. 単曲 150円 / まとめ 800円

【Track List】
1. yOUらり / 2. World World World / 3. アイスクリーム / 4. ライスとチューニング / 5. ボクらのWednesday / 6. the Edge of Goodbye



※ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。
※DSD 5.6MHz+mp3 ver.には、楽曲のDSFファイルとDPPファイル、全曲のmp3トラックが同梱されております。

>>DSDの聞き方はこちら
※5.6MHz DSDの音源は、ご使用の再生環境によっては再生できない可能性もありますので、ご購入の前にご確認ください。
※DSD DISCでお聴きになる場合は、DSD(2.8MHz)にダウン・コンバートしてご使用ください。

ベルハー史上最大のキラーチューン、そして最大の問題曲をハイレゾ配信

BELLRING少女ハート / EPEP EP(24bit/48kHz)

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 150円 / まとめ価格 500円

【Track List】
1. rainy dance
2. 男の子、女の子
3. rainy dance(instrumental)
4. 男の子、女の子(instrumental)

朝倉みずほ(BELLRING少女ハート)とちーぼう(ゆるめるモ!)からなる2人組ユニットのデビュー作をハイレゾ配信

Escalator or Elevator / Entrance EP(24bit/48kHz)

【配信形態】 FLAC、ALAC、WAV(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 150円 / まとめ価格 500円

【Track List】
1. The People's Choice
2. 恋と車とデモクラシー
3. The People's Choice(Instrumental)
4. 恋と車とデモクラシー(Instrumental)

2014年初シングルをOTOTOYハイレゾ配信

BELLRING少女ハート / Killer Killer EP(24bit/48kHz)

【配信形態】 HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 150円 / まとめ価格 450円

【Track List】
1. Crimson Horizon
2. プラスチック21g
3. kUMA GOQLI

2013年末にリリースされたシングルをハイレゾで

BELLRING少女ハート / Untouchable EP

【配信形態】 HQD(24bit/48kHz)

【配信価格】 単曲 150円 / まとめ価格 500円

【収録曲】
1. 月の真下でオオカミさんに尋ねました。
2. c.a.n.d.y.
3. ライスとチューニング 懺悔MIX (TAICHI MASTER feat.HELクライム)
4. 月の真下でオオカミさんに尋ねました。(off vocal)
5. c.a.n.d.y.(off vocal)


『Untouchable EP』より「c.a.n.d.y.」のMV


LIVE SCHEDULE

Shallow Grave「ベルめるモ!」
2016年12月5日(月)@渋谷WWW X
出演 : BELLRING少女ハート × ゆるめるモ!
時間 : 開場 18:30 開演 19:30
料金 : 前売 3,000円 当日 3,500円
チケット : イープラス 10月29日(土)10:00〜発売開始
※運営予約なし

Shallow Grave「BELL / CODE」
2016年12月31日(土)@渋谷O-nest
出演 : BELLRING少女ハート × PassCode
時間 : 開場 12:00 開演 13:00
料金 : 前売 3,500円(+D)当日なし
チケット : イープラス 10月29日(土)10:00〜発売開始
※運営予約なし

PROFILE

BELLRING少女ハート

ー2012年4月活動開始。

THE MODERN FREAKS OF "CHIKA" IDOL DEPARTMENT IN JAPAN.
「東京最凶」を標榜する異色のインディペンデント・アイドル・ユニット。

漆黒のセーラー服と異形の羽を身にまとった「モダン・フリークス」とも呼べる独特なビジュアルと、その自由奔放なキャラクターが生み出すライヴ・パフォーマンスに加え、60年代サイケデリック・ロックから、グランジ・ロック、ポスト・ロック、エレクトロニカなど幅広い音楽性を誇り、そのキャラクターからくる独特のゆるさと、魂を擦り減らしながらも自らを鼓舞し、観るものを魅了する強く激しいライヴ・パフォーマンスが唯一無二の世界観を作り上げ、数多くのファンの支持を得る。

そのファン・マナーから、粗野なイメージで語られやすいが、ライヴでは一定の秩序が保たれており、メンバーの脱退・加入を重ねながら、徐々にそのファン層を拡大。2016年1月2日『ZEPP TOKYO』、4月30日『TOKYO DOME CITY HALL』でのワンマン・ライヴは、延べ2,000人を超える観客を集め、その壮大な演出とライヴ・パフォーマンスは、インディーズの枠にとどまらないエンターテイメントとしての新たな可能性を提示した。

同年8月16日には、その活動4年の集大成となるベスト・アルバム『BEST BRGH(ベスト・ベルハー)』を発売。いま最も注目すべきインディーズ・アイドルのひとつと言われている。

公式サイト
YouTube

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事