にじみだす「和」ーー世界のコンテストを制したロックンロール・バンド、花ト散るらんが、2ndアルバムを持って凱旋デビュー!!

こんな形の叩き上げバンドがいただろうか? 大きな舞台に立ちたいという動機から応募した世界最大級のアマチュア・バンドのコンテスト「Emergenza Festival」の日本大会で優勝し、ドイツの「Taubertal Festival」でも日本人初の世界優勝、そしてドイツ、フランス、イタリアとツアーを敢行、カナダ・ケベック州のロック・フェスへも出演するなど、世界を舞台にライヴを重ねながら活動を続けてきた4人組ロック・バンド、花ト散るらん。バンドのテーマとして「和」をかかげているものの、安易な日本的要素を取り入れるのではなく、現代の日本の「和」がにじみ出るような試行錯誤をしながら、いまのスタイルを作り上げた。そんな彼らによる渾身の2ndアルバム『S×M=』を配信開始!! 日本における本格的デビューを果たす。一体どのような旋風を巻き起こすのか? 日本での本格始動を目前とした4人にインタヴューを行い、バンドについて迫った。彼らの快進撃は、ここから加速していく。

「和」がにじみだす本格的ロックンロール

花ト散るらん / S×M

【配信形態】
ALAC、FLAC、WAV、mp3

【価格】
単曲 250円(税込) / まとめ購入 1,350円(税込)

【Track List】
1. C.A.N.D.Y / 2. 散らしてるだけ / 3. 東京エデン
4. DANCE / 5. what’s up / 6. メリーゴーラウンド
7. JUMP / 8. しんとして / 9. 花の散るらむ

INTERVIEW : 花ト散るらん

ーー「花ト散るらん」というバンド名がとても印象的ですよね。これは、いつ頃つけられたバンド名なんでしょう?

夕美帆 : たしか、2008年頃ですね。ギターのコケシさんの実家が四国なんですけど、みんなで車で遊びに行く道中、百人一首の句から取ったんです。その前は縁(えにし)ってバンドをやっていたんですけど、バンド名を変えようって盛り上がって。

ーーそもそも、夕美帆さんとコケシさんの出会いはいつ頃になるんでしょうか?

竹内コケシ(以下、コケシ) : 元々自分が別のバンドをやっていて、彼女はR&Bシンガーをやっていたんです。当時、彼女の事務所の方針で「ロックをやろう」ということになり、僕がギターとして呼ばれたんです。リズム隊も別の所から引っ張ってきたので、正直組まされたような感じで最初は始まりました。

夕美帆

ーーとはいえ、そこからずっと一緒にやってきたってことは、お2人の相性がよかったんでしょうか?

夕美帆 : そうですね(笑)。
コケシ : 彼女はR&Bをやってたんですけど、ロックの気質にあっていて。いろいろ参考にしようとCDを貸したら飲み込みが早いし、彼女が好きだっていうアーティストや曲も僕の感性と似ていて。

ーーちなみにどんなCDを貸していたんですか?

コケシ : あの頃は個人的にUKが好きだったので、レディオヘッドとクーラシェイカーとか。特に、ちょっと民族的な要素があるのが好きだったんですよね。だから、このバンドにおいて共有したい音は洋楽ばっかりでしたね。

ーーバンド名もそうですけど、日本的要素を前面に出そうとしていると思っていたので、それは意外ですね。和洋折衷じゃないけれど、新しいものを作ろうということは考えていましたか。

コケシ : それは、相当意識していましたね。彼女に和風なところがあったので、そこは意識したんですけど、和風のバンドって、やってみるとすごく難しくて。こってりしちゃうし、そうなると変な感じになってしまうんです。誰もやってないような和風バンドってどういうものだろう? って考えて、こってり和風の演奏にファンクとかを取り入れたりとか、演歌を混ぜるとか試行錯誤しました。
夕美帆 : あと、ただ着物を着たり正装したりするだけじゃおもしろくないじゃないですか? せっかく違うジャンルが好きな人たちが集まってるので、なにか組み合わせてみたいなっていう想いがあったんです。

ーーなるほど。和っていうのが一つのテーマにあったとしても、バンド名を変えるっていうのは大きなイメージの変化になると思うんですね。新しい風をバンドに吹き込みたいタイミングでもあったということなんでしょうか?

竹内コケシ

夕美帆 : そうかもしれないですね。縁って漢字が読めなくて「みどり」って呼ばれたり、着物を着ていることによってジャンルを特定されてしまうというか、そこから抜け出したい気持ちはありました。

ーープロフィールには、ミュージカルやヒップホップとのコラボレーションをしてきたと書かれていますが、これはどういうことをされたんでしょう。

コケシ : 例えば、下北沢って劇団が多いじゃないですか? そこの舞台で弾き語り役として彼女が参加したり、その経験を楽曲に取り込んで、劇調のライヴをやっていた時代もありました。ヒップホップに関しては、対バン相手に自分たちの楽曲にラップで参加してもらったりとかですね。当時の楽曲が、だいぶこってりとした和の曲だったんで、合うかな? っていう不安もあったんですけど、カッコよく決まって。

ーーこってりした和を出さないようにしてたっていうことは、意識してもやっぱり出ちゃうものだったんですか?

コケシ : そうなんですよね(笑)。僕たちは「和風を意識したバンド」じゃなくて、「和風がにじみ出るようなバンド」になりたくて。和ってなんだろう? って考えていた頃は、狙ってそうしていたんです。でもいまは、ほっておいても出てくるものだと思っていて。それこそ着物じゃなく、スーツでやってたりもしますし。そういうふうに考えを変えていったんですよね。
夕美帆 : あと、海外に出ることによって、日本に対する気持ちは強くなりましたね。

忍者がスーツを着てスマホを操作しているような、そんな混ざり方

ーーいま話にでましたが、花ト散るらんは、世界25カ国100都市で開催される「Emergenza Festival」の日本大会で優勝、そしてドイツの「Taubertal Festival」で日本人初の優勝されていますよね。なぜ日本のライヴハウスを中心に活動するのではなく、海外に出て行こうとしたんでしょうか?

夕美帆 : それは、たまたまですね(笑)。
コケシ : 詳しく話すと、コンテストを受けたのがきっかけなんです。それもコンテストの決勝が渋谷のO-EASTだったから、というくらいの理由で。そこまで大きいステージに立ったこともなかったし、ノルマもなかったんで、気軽に申し込んじゃったんです。そしたら知らぬ間にドイツのステージ立ってましたね(笑)。

ーーあはははは。それだけ実力があったうえで、気負いなくできたのが、パフォーマンスに繋がったのかもしれないですね。そのコンテストで評価されたのはどこだったかは聞いたりしましたか?

夕美帆 : ステージ・パフォーマンスはとにかく評価されましたね。あと、外国の人たちからみたらやっぱり着物を着てたりっていうのはおもしろかったんじゃないかなと。

柳山カルタ

ーーパフォーマンスっていうのは着物着る以外にはなにかされたんでしょうか?

夕美帆 : 踊ったりしましたね。
コケシ : 飛んだり跳ねたりステージの上ゴロゴロ転がったり。着物とのギャップがよかったんだと思います。このコンテストの世界大会の決勝の評価を見たんですけど、すべての項目がほぼ満点で圧勝だったんですよね。

ーーそれはすごいですね。世界を舞台に評価されたことによって、バンドをどうしていこうとか考えましたか?

夕美帆 : うーん。どちらかというと、周りのお客さんや家族の方が期待が大きかったりして。自分たちはそこまで意識しなかったですね。
コケシ : むしろ、あまりにも評価が高すぎたので、課題が見つからなかくて、おもしろくなかったですね。

ーー逆にどこを目指せばいいかわからないみたいな?

コケシ : そうですね。もちろん嬉しかったんですけど。評価されたことによって、後は気楽にやればいいのかなって思うようになりましたね。

ーー2011年にはドイツ、フランスツアーを行っていますがこれはどういう経緯で?

夕美帆 : それがいわゆるコンテストのご褒美みたいなやつですね。ジプシーじゃないですけど、一個のトラックに4人で乗って、ずっとツアーをまわりながら生活していたので、おもしろかったですね。
カルタ : 最初がドイツのミュンヘンで、最後もミュンヘンだったんですよ。最初のときとは違うお客さんが最後は見にきてくれたりして。そういうのを観ていて盛り上がったのかなって思いました。

ーー2012年のイタリア・ツアーは賞は関係なく行ったんですか?

コケシ : それは今の事務所を通じて知り合った音楽専門のイタリアの弁護士の方が気に入ってくれて、それでツアーを組んでもらったんですよね。

小林ロッシ

ーーそういうリクエストもそうですけど、「和」の部分が海外でも評価されるようになった実感はありましたか?

コケシ : そうですね。日本の女の子も、和っていうのよく知らなかったりするじゃないですか? 例えば、自分で着物を着れる子がそんなにいなかったり、作法とか全然知らなかったりするんですよね。だから和を意識すると、侍とか忍者を演じるかのようになっていくんですけど、僕が意識したかったのは忍者がスーツを着てスマホを操作しているような、そんな混ざり方で。だからこそ伝わったのかなって。忍者や侍になると海外の方のほうが詳しかったりするんですよね(笑)。
夕美帆 : あと、いまの日本のロックみたいなのは意識してますね。タトゥーとかが入ってたりするのが分かりやすいロックじゃないですか? でも女の人の演歌とかもすごいロックだと思うんですよ。あの「待つ」とか「耐え抜く」精神みたいなのって。日本のロックの形っていうのを向こうに持っていって、少しでも評価されたらいいなって思いはありますね。

過激にSMというものを繋げてみて、足さずに掛けてみたんです

ーー曲作りについて聞きたいんですけど、夕美帆さんとコケシさんでそれぞれクレジットがありますよね。どういうふうに作られているんでしょう。

夕美帆 : 私が作るときは、弾き語りで作ったものを持っていって、そっからアレンジをしていく感じですね。
コケシ : 自分もギターのコードとメロディだけですかね。僕の場合はだいたいの歌詞を付けてから持っていきます。

ーー曲中にあるファンクのような要素は意識して取り入れているんでしょうか?

コケシ : 作曲のときには意識しないですけど、編曲する時には相当意識していますね。

ーーそこにはどういう意図があるんでしょう?

コケシ : スピードのあるファンクと日本の歌謡、演歌の組み合わせって、あまり聴いたことがなかったので、それを合わせてみたかったんですよね。僕たちって、編曲にとにかく時間がかかるんですよ。誰かがこれを試したいってなったら、全部試していくので。僕も作曲って、そんなに難しくないと思っていて。そこに対して「どういう服を着せるか?」が大切だと思っているので、編曲にはすごい時間をかけてますね。

ーーちなみに今回5曲目の「What' up」は4 Non Blondesのカヴァーですが、なぜこの曲を選んだんでしょう。

夕美帆 : 結成前に1人で歌いたいと思ったときに、当時カヴァーしてたのがきっかけですかね。最近は自分で曲を作るようになって歌わなくなったんですけど、海外に行くようになって、新しいアルバムを作るってなったときに、なにかカヴァーが入っててもいいかもねって話になって。で、この曲を選んだんです。


4 Non Blondes「What's Up」

ーーなるほど。アルバム・タイトル『S×M=』にはどんな意味があるんでしょう。

コケシ : 1stアルバムのタイトルが『汚い美人』っていうんですけど、これは夕美帆がパッと出したタイトルなんですね。それが自分はすごく気に入って。

ーーたしかに、どっちなんだろうっていう違和感がありますよね。

コケシ : そのときに思ったのが、自分たちは、世界観が真逆のものや、本来みんなが合わせないようなものを合わせたりとかしてるので、それをタイトルにしたらいいんじゃないかって。ちょっとセクシャルな歌詞もあったりするので、過激にSMというものを繋げてみて、足さずに掛けてみたんです。なのでイコールの先が謎のままっていう。だから、次も真逆のものの組み合わせになるかも知れないですね。

ーー今後の花ト散るらんはどんな方向に進んでいきたいと思いますか。

夕美帆 : とにかく日本でがんばりたいですね。行ったことない国も沢山あるし、知らない人たちも沢山いるんですけど、海外に行ってる場合じゃないというか。

ーー逆にまだ日本は全然回りきれてないということですか?

夕美帆 : そうですね。ほとんど東京でしかやっていないので、この間千葉で初めてライヴをやったのが新鮮でした。

ーーそれは逆に珍しいですよね。これだけ海外でライヴしているのに、日本はほどんどやっていないっていう。これから日本を回っていく上で、意気込みみたいなものはありますか。

ロッシ : とにかくコツコツがんばっていこうと思います。
夕美帆 : やってやるぞって感じですね。YouTubeや音源では体感出来ない部分をやっぱりライヴハウスで届けたいと思っています。
カルタ : いろんなところにいって、いろんな人に聴いてもらいたいっていうのが1番ですね。とりあえず見てもらわないと始まらないんで、やっぱり生で見てもらいたいです。僕らもこれからどんどんいろんなところに出て行きたいです。
コケシ : 時間をかけて、ゆっくりこういうふうに変化をしてきて、いま、いいものができていると思うんです。実際評価も頂けるようになったので、後は広めるだけですね。とにかくそれ一心です。

インタヴュー&文 : 西澤裕郎
写真 : 雨宮透貴

RECOMMEND

つしまみれ / つしまみれまみれ シングルカット

15周年を機にリリースされたベスト・アルバム『つしまみれまみれ』に収録されている新曲「スピーディーワンダー」と、初回限定盤スペシャルCDに収録された同曲の別アレンジ・バージョンをOTOTOY配信限定でシングルカット!! 2014年、いまのつしまみれを知りたいならここから!!

>>特集ページはこちら

WHERE'S ANDY / SECOND SHOCK

ラウドでキャッチーなガールPOPバンド、WHERE’S ANDYのセカンド・アルバム。初の男子メンバーNORI(D)の加入がバンドに劇的な変化をもたらし、よりタフに、よりハードに生まれ変わったサウンドを提示。従来のポップ・センスはそのままに、さらなる攻撃性と毒がふんだんに盛り込まれた作品。

>>特集ページはこちら

LIVE SCHEDULE

2014年9月23(火)@京都MUSE
2014年9月24日(水)@大阪 阿倍野 ROCK TOWN
2014年9月25日(木)@兵庫 神戸VARIT
2014年9月26日(金)@大阪 南堀江Knave
2014年9月28日(日)@名古屋 SiX-DOG
2014年10月13日(月)@千葉 稲毛K's dream
2014年10月30日(木)@千葉LOOK
2014年11月5日(水)@渋谷 egg man
2014年11月14日(金)@渋谷 BURROW

花ト散るらんワンマンショー『S×M=LIVE』
2014年12月18日(木)@渋谷egg man

PROFILE

花ト散るらん

2008年に結成。夕美帆(ボーカル / ギター)、竹内コケシ(ギター)、柳山カルタ(ベース)、小林ロッシ(ドラム)による、和を核としたロックが魅力の日本のオルタナティブ・ロック・バンド。2010年の「エマージェンザ・ミュージック・フェスティバル」における日本優勝、世界優勝を皮切りに、ドイツ、フランス、イタリア、カナダへと確実に世界へ活動のフィールドを広げ、ワールド・ワイドにオーディエンスを熱狂させてきた。

花ト散るらん 公式HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月24日・もはや聴かない理由がみつからない極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組ガールズ・グループNegiccoが、約1年4ヶ月振り3作目となるオリジナル・アルバム『ティー・フォー・スリー』をリリース。オリコンTOP10入りした「ねぇバーディア」「矛盾、はじめました。」、『圧倒的なスタイル -NEGiBAND ver.』のカップリング曲「カナールの窓辺」、再録となる「おやすみ(Album Ver.)」、中野サンプラザにて7インチ・レコードが先行発売された「土曜の夜は」を収録。加えて、坂本真綾、オカモトコウキ(OKAMOTO'S)、Spangle call Lilli line、平賀さち枝、Magic,Drums&Loveといった豪華製作陣が参加。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、Negiccoの3人にインタヴュー。7月30日(土)にはNHKホールでのワンマンも控えた彼女たちの現在を見逃さぬよう。 1年4ヶ月ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信スタートNegicco / ティー・フォー・スリー(24bit/48kHz)【配信形態】WAV、ALAC、FLA
by 西澤 裕郎
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月23日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.9 ELE TOKYO直前メンバー・インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第9弾となる今回は、5月29日に開催される『Dancing Again』のリリース・パーティを目前に控えたStereo Tokyoに現在の心境をインタヴュー。また、ELE TOKYOに向けてメンバー5人に意気込みを色紙に書いてもらい掲載する。約2ヶ月に渡り行われてきた本企画も終盤戦。果たして、CDは1万枚売れ、Stereo
by 西澤 裕郎
Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年05月21日・彼のディープ・エレクトロニクス・サイドを堪能せよ──Seiho、3年ぶりの新作をハイレゾ配信 ソロでの「I Feel Rave」のヒット、Avec AvecとのSugar's Campaign、さらにはさまざまなリミックスやコラボ、プロデュースを経て、3年ぶりにSeihoがアルバムを完成させた。しかも本作にてワールドワイドでのデビューともなる。いま最も頻繁にクラブ・シーンでライヴ活動をしている国内のエレクトロニック・ミュージックのプロデューサーのひとりでもありながら、さらにはここ数年でメジャーなポップ・フィールドにまでその歩みを進めている。本作では、そんな彼がディープ・エレクトロニクスであえて表現した独自の世界観が広がっている。OTOTOYでは、本作をハイレゾ(24bit/48kHz)と、CDと同等音質のロスレス配信を行う。 Seiho / Collapse'【Track List】01. COLLAPSE (Demoware)02. Plastic03. Edible Chrysanthemum04. Deep House05. Exhibition06. The Dish07. Rubber08. P
by 河村 祐介
植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信開始
[CLOSEUP]・2016年05月20日・挨拶代わりのダンス・ポップEP──植谷よしえ(ex.fifi)によるAUNTIES、初音源をハイレゾ&フリーDL配信 2015年8月に惜しまれつつも解散したfifi。その音楽性の中核を担ったのが植谷よしえだ。そんな彼がこのたびソロ・バンド・プロジェクト、AUNTIES(アンティーズ)としての活動を開始した。 そしてAUNTIESの初音源となるEP、『weekend magic』をOTOTOYにてハイレゾ配信。さらには表題曲を期間限定フリー・ダウンロード。本作は、ダンス・ミュージックを経由したポップな曲に甘い歌声が乗る。そんなfifi時代のギターロックから、いわば植谷よしえの心機一転の意欲作を、レヴューとともにお楽しみあれ。 >>weekend magicのフリー・ダウンロードはこちらから! AUNTIES / weekend magic (24bit/48kHz)'【Track List】01. weekend magic02. Missing Days 03. Treasure【配信形態】24bit/48kHz (WAV / ALAC / FLAC) / AAC >>ハイレゾとは?>>ファイル形式について
平均22歳の5人組、odolのバンドの革新感じる2ndアルバムを配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月19日・平均22歳の5人組、odolが表現する"鮮やかな"モラトリアム──新たな章の始まりとなる2ndアルバム完成 現在、平均22歳──つまり〈FUJI ROCK FESTIVAL'14〉に出演の際は平均20歳という驚異のキャリアを持つ5人組、odol(オドル)。1stアルバム『odol』から1年を経て、2ndアルバム『YEARS』をリリースした。アルバムはオルタナティヴなアプローチはそのままに、音と溶け合うなかにも芯を感じさせるようになったミゾベリョウの歌声と、より客観性を持って突き詰めたサウンドの進化によって、バンドの革新を感じさせる内容。この1年の驚くべき成長スピードの裏には何があったのか。バンドにとっても初だという、メンバー5人揃ってのインタヴューから読み明かす。 odol / YEARS'【Track List】01. years02. グッド・バイ03. 綺麗な人04. 逃げてしまおう05. 1706. 退屈07. ベッドと天井08. 夜を抜ければ【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3単曲 205円(税込) / アルバム 1
BAND-MAID、最新アルバムを配信スタート&メンバー・インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年05月18日・メイド姿のハード・ロックな5人組ーーBAND-MAID、ギャップ萌えで目指すは“世界征服”!? 2016年大注目のニュー・カマー登場です!! 「Thrill(スリル)」のMV再生回数が200万回を超えるなど、日本のみならず海外からも視線を浴びているメイド服を纏った5人組ガールズ・バンド、BAND-MAID。ファンを「ご主人様」「お嬢様」、ライヴを「お給仕」と呼び、メイド文化をバンドで再現しながらも、サウンドを聴けば可愛い姿から一変。ハード・ロックを基調とした楽曲、あてぶりなしの激しいライヴ・パフォーマンスでギャップ萌え間違いなし。そんな彼女たちが制作からアレンジまで担当した楽曲も収録した3rdミニ・アルバム『Brand New MAID』を配信スタート。世界征服に向け、進化を続けるBAND-MAIDのインタヴューを掲載します。イロモノだと思っている人こそ、まずはご一聴を!! 世界征服に向けて踏み出す3rdミニ・アルバムBAND-MAID / Brand New MAID【配信形態】WAV、ALAC、FLAC / AAC【配信価格】単曲 324円 / まとめ購入 2,000円(税込)【Track List】
by 西澤 裕郎
音楽と映像の融合、メディア・アーティスト後藤英の最新作をハイレゾ配信ーー渋谷WWWでの帰国ツアーを密着レポート
[CLOSEUP]・2016年04月14日・人間が感じられなかった知覚を引き出したいーーニューメディア・アーティスト後藤英の帰国ツアーを密着レポ ヨーロッパで数多くのアート関係の賞を受賞し、世界の最先鋭を走り続けるフランス在住のニュー・メディア・アーティスト、後藤英。エレクトロニカ、テクノやアンビエントを基調とした楽曲とロボットやボディースーツなどのテクノロジーを融合させるなど先鋭的な表現方法を探り続けている後藤が、1997年~2014年まで日仏をまたぎ録りためた音源をまとめたアルバム『CsO』をリリース。その発売を記念し、帰国ツアーを2016年3月22日(火)に渋谷WWWで開催。世界的に活躍する映像クリエイターであるアントワーヌ・シュミット、ルシオ・アリーズ、テンパトリック・ドアンが同アルバムの楽曲を元に映像作品を作成、後藤のサウンドとエレクトロニック・アートスペクタクルを繰り広げた。OTOTOYはその様子を密着レポート。芸術の可能性を感じる一夜を追体験してほしい。 1997年~2014年まで日仏をまたぎ、録りためた貴重な音源をハイレゾ配信後藤英 / CsO(24bit/44.1kHz)【配信形態】24bit/44.1kHz(WAV / ALAC
STEREO JAPAN緊急連続企画ーー5月4日リリースのシングルが1万枚売れたら解散!? リリパまでの約2ヶ月間を追う!! Vol.8 すーさん(Stereo Tokyoファン)インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年05月16日・STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.8 すーさん(Stereo Tokyoファン)インタヴュー EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。 特集第8弾となる今回は、三浦菜々子大マラソン大会にてCDを40枚買って走ったStereo Tokyoのファン、すーさんへのメール・インタヴューを掲載。かつてOTOTOYでは「アイドル・ヲタクをEDMで解放せよ!!」というタイトルでプロデューサーの水江文人へのインタヴューを掲載したが、すーさんはStereo Tokyo
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事