BiSが所属する事務所、つばさレコーズより、2012年6月にデビューを果たした、大阪・堀江発のアイドル・グループ、Especia。80'sディスコ・ミュージックやフュージョンの要素を取り入れた音楽性と、カラフルで奇抜なファッションがにわかに注目を集め、東京でのライヴ・デビューも果たしている。そんな彼女たちの1stEP『DULCE』をOTOTOYで配信スタート!! それにあわせて、メンバー全員インタビューも掲載。さらに、まだどこにも出ていない新曲をフリー・ダウンロードでHQD(24bit/48kHzのwav)でプレゼント!! ラッパーのナンブヒトシを迎え、これまでにないラップ調の楽曲を完成させた。BiSの妹分でもあり、BiSのライバルでもある彼女たちの楽曲をぜひ耳にしてほしい!!

>>>Especia「Good Times」のフリー・ダウンロードはこちらから

Especiaの1stEPを配信スタート


Especia / DULCE

1. ナイトライダー
2. FunkyRock
3. きらめきシーサイド
4. Twinkle Emotion

【配信形式】wav / mp3
【価格】 単曲 200円 / アルバム 800円

80'sを現代にアップデートさせた大阪・堀江の6人組、Especia

彼女たちのライヴを初めて見たのは、11月4日に西麻布elevenで行われた「POP SONG 2 U」のステージだった。BiSの妹分と聞いていたため、ロック調で奇抜なことをやるグループなのかと思ったら、80'sディスコやソウルなど、グルーブのある楽曲を安定感のある歌唱力で表現していた。Especiaの楽曲を制作しているのは、BiSの「nerve」「ウサギプラネット」「KFC」などを担当したSCRAMBLESの音楽チーム、Schtein & Longer。その楽曲は、ソウルやブラック・ミュージックなどのエッセンスを強化したもので歌唱力と表現力が求められるが、彼女たちは堂々と歌いこなしていた。それは、彼女たちがアイドル・ブームに乗じて作られた一過性のグループではなく、本格的なミュージシャンとしてのスタンスを確立しようという目的を感じさせてくれるものだった。

今回のインタビューは、そのステージに一瞬で取り憑かれ、その場で取材を申し込み収録させてもらったものだ。Especiaは、その表現力豊かなパフォーマンスで幅広いファンを獲得していくかもしれない。そんな想いを持って本特集を制作していた矢先、2012年12月23日に井立田優香がEspeciaを卒業した。2013年、Especiaは、新しいスタートを切る。まだまだ固まっていない、だからこそおもしろいEspeciaを、あなたも一緒に追いかけてみませんか?

インタビュー&文 : 西澤裕郎

Especia結成

——まずは、簡単に自己紹介をお願いします。

冨永悠香(以下、冨永) : はい、Especiaのリーダー、垂れ目系、はるかっちょこと冨永悠香です。よろしくお願いします!
杉本暁音(以下、杉本) : 癒し系、杉本暁音です。よろしくお願いします!
三瀬ちひろ(以下、三瀬) : クール系、三瀬ちひろです。よろしくお願いします!
絵莉加 : モデル系、えりりんこと絵莉加です。お願いします!
三ノ宮ちか(以下、三ノ宮) : 家畜系、ちかぶーこと三ノ宮ちかです。よろしくお願いします!
脇田もなり(以下、脇田) : 困り系、脇田もなりです。よろしくお願いします!

左から、脇田もなり、杉本暁音、冨永悠香、三瀬ちひろ、三ノ宮ちか、絵莉加

——そもそも、Especiaはどういう風に結成されたグループなんですか?

冨永 : 私が、ジャンカラさんとつばさレコーズさんがコラボしたソクデビっていうオーディションで準グランプリに選ばれ、1年間ボイトレさせていただいていたんです。その後何かしようってなったときに、ちかが「グループをやりたい! 」って言っているのを聞いて、私のやりたいことと重なっていたので、「“堀江”をコンセプトとしたガールズ・グループを結成します」っていう内容のグループ・オーディションを開いて、アイドル・グループとしてやっていこうってことになりました。

——なんで堀江だったんですか?

絵莉加 : やっぱり、お洒落なんで。

——(笑)。堀江ってどんな街なんですか?

冨永 : 堀江はとにかくお洒落な街です。でも実は、このグループを結成するまでは踏み入れたことのない場所だったんですよ。だから、どんなイメージかわからなかったんですけど、行ってみたらめちゃお洒落な感じで。それで私たちも「お洒落な感じの雰囲気でやっていこう! 」ってなりました。

——このメンバーの中に堀江出身の人はいるんですか?

冨永 : いないんですよー。
三ノ宮 : でもみんな、関西は関西です。

——話している感じだと、関西弁が全然出ないですね。

冨永 : でも普段喋ってる時は、ばりばりの大阪弁で。
三瀬 : マネージャーの清水(大充)さんの影響で標準語になりつつ、みたいな(笑)。
冨永 : そうだねー(笑)。

Especiaのコンセプト

——最初に出てきましたけど、Especiaのコンセプトみたいなものはどういうところにあるんですか?

冨永 : Especiaは80年代をコンセプトにしています。アメリカ村で80年代のファッションが流行ってるんですけど、「その最先端を行こう! 」っていうことで、こういうファッションを取り入れて、プラス80年代に流行ったディスコ・サウンドをやらせていただいて。ファンのみなさんも、昔のディスコ・サウンドを思い出していただきながら、一緒に盛り上がっていきたいなって思っています。

——この中で80年代に生まれた人っているのかな…。みんな90年以降ですか?

三ノ宮 : わたしギリギリ89年です。

——でもまぁ、その当時の記憶って全然ないわけじゃないですか。みんなから見た80年代ってどんなイメージですか?

冨永 : 華やか。
脇田 : バブル?
絵莉加 : なんかオバさんって感じが。
一同 : 失礼、失礼!
絵莉加 : でもオバさんって感じがする!

——自分たちでやってみて、今は最先端な感じがしますか?

冨永 : 最初は奇抜なファッションに「え? 」って思ったりもしていたんですけど、今はプライドを持ってできるというか、これがうちらスタイルみたいな感じですね。

——ちなみにEspeciaってどういう意味なんですか?

冨永 : スペイン語でスパイスって意味です。

——どうしてEspeciaって名前がついたんですか?

冨永 : それぞれの味が出て、みんなの味が混ざったらすごい良い味ができるんじゃないかって。そういう意味を込めて、Especiaって名前を付けました。
三瀬 : 全然似てないもんね。
冨永 : 全然違うスパイスだから。

Especiaの目標

——結成日はいつなんですか。

冨永 : 6月1日が結成日なんですよ。

——じゃあ、まだ4ヶ月なんですね。最初は探りつつも、今はもうみんな好きなことを言い合える仲になってきたんですね。

冨永 : 段々お互いのこともわかるようになってきたし。
脇田 : 仲が良いのも取り柄です!
三瀬 : 仲良すぎてちょっとダメなときもあるけどね。
絵莉加 : せやな~。
冨永 : まぁけじめを付けつつ。

——お姉さんグループとなるBiSの目標として、日本武道館があると思うんですけど、みなさんの目標はどこにあるのでしょう。

杉本 : 大阪の堀江を拠点に活動してるので、みんなで大阪城ホールまで行きたいです。
三瀬 : わたしも大阪城ホールなんですけど、それよりもっと大きい目標があって、世界ツアーとかできるようにしたいなって思ってます。
冨永 : え、最終目標ですか? 今の目標でもいいですか?

——今の時点でもいいですよ(笑)。

冨永 : 今の目標はもちろん大阪城ホールです。
絵莉加 : 私は、えっと、東京ドームですね!
一同 : 上がった、めっちゃ上がった(笑)。
絵莉加 : 大阪城ホールを埋めたいと思ってます! いえい!
脇田 : わたしも、大阪城ホールを満員に、パンパンにしたいと思ってます!

——じゃあまずは拠点の大阪で認知されて、最終的にはもっと多くの人に知ってもらうってことを目指しているんですね。ちなみに、マネージャーの清水さんは元は東京の方ですよね。みなさんにとってどういう存在ですか?

絵莉加 : パパです!
脇田 : パパ!
三瀬 : お父さんみたいに頼れる存在。
冨永 : 清水さんがいないとEspeciaは成り立たないと思います。

——東京から来たっていうので、ノリがなんか違うとかあったりしますか?

冨永 : いや、もう大阪にだいぶ住んでると思うので…。むしろ清水さんのがノリノリのときが多い(笑)。
絵莉加 : うちら冗談通じないことが多くて。
脇田 : 冗談をうちらが素直に受け取っちゃうんで、困らせてしまうこともあります(笑)。

——みなさんが満員の大阪城ホールでライヴをすることを楽しみにしています。また大きくなったみなさんにインタビューさせていただきたいと思います。今日はありがとうございました。

一同 : ありがとうございました!

RECOMMEND

BiS / IDOL is DEAD

エモいアイドルBiS最強のROCK ALBUM完成!! アイドルの常識をぶち破る傍若無人な活動で話題のBiS!! そんな彼女らにふさわしいアイドルの常識をぶち破るメジャー1st ALBUMが完成した。メジャー・デビュー曲「PPCC」、インディーズ時代の代表曲でライヴの定番でもある「nerve」「MyIxxx」「primal.」「IDOL」の現メンバーでの新録ヴァージョンや、クラブ・シーンのアンセム、大沢伸一の「Our Song」のカヴァー他、新曲7曲を収録。

>>>BiSの特集はこちら

tengal6 / CITY

lyrical school改名前最後のアルバム作品。「プチャヘンザ! 」のプロデュースを行った「tofubeats」の参加は勿論、tengal6結成時からリリックを担当してきた、元ズットズレテルズ「呂布」や、WEEKENDの「泉水マサチェリー」、韻踏合組合のMC「ERONE」餓鬼レンジャー「ポチョムキン」、関西のトラックメイカー「okadada」、以前に「ルービックキューブ」公式remixも担当した「Fragment」など多数のアーティストがプロデューサーとして参加した意欲作!!

tofubeats / 水星

2011 年末に12 インチレコードでリリースされ瞬く間に3度のプレスを重ねたあの" 水星" が待望のデジタル版で登場! tofubeatsとオノマトペ大臣の2 人が作り出した切なくて甘酸っぱくてアーバンで超絶メロウな日本語ラップ・アンセム! 収録のオリジナル・ミックスに加えて今回は若い才能を中心に客演をオファー!

LIVE SCHEDULE

Especia 1st Anniversary Live『Viva Discoteca Especia』開催決定!
2013年5月26日(日)@梅田CLUB QUATTRO
出演 : Especia with FULLBAND
開場 / 開演 : 16:00 / 16:30
After Party付Ticket : ¥6,000 (1Drink別)
ADV / DOOR : ¥3000- / ¥3,500 (1Drink別)
Ticket販売 : ローソンチケット Lコード : 59694

※After Party付Ticketは残りわずか

PROFILE

Especia
大阪・堀江を活動拠点として活動する6人組ガールズ・グループEspecia(エスペシア)。バブル華やかなりし80sを彷彿とさせるデーハーなファッションを2010年代にアップデートさせた装いと、レイト80s~アーリー90sの薫りが充満するサウンドで現在大阪で話題を集めている。

Especia Official Web

抹 aka ナンブヒトシ
インターネット・ラップの先駆者。B-BOY PARKに関東代表として出場。2008年に結成したグループ「Pentaphonic」として佐々木希「ジンジンジングルベル」や「実況パワフルプロ野球2011」OP曲への参加など。2012年末にPentaphonicを脱退し、現在はぼっち。ラップの仕事を探している。

o

 
 

"freedl"の最新アーカイヴ

大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL
[FREEDL]・2014年01月16日・大阪から届いた強烈な宅録プロジェクト、音に敏感!! 8作一斉配信&1曲フリーDL まわりの意見に流されることなく、自分のやりたいことをダイレクトに楽曲に活かし、「さあ、どうだ!!」と迫ってくるアーティストに出会う機会が減った気がする。もちろん名前のあるミュージシャンや、ベテラン・ミュージシャンなどでそういう人はいるけれど、まだ無名ながら前のめりな勢いでやってくる人は多くない。少なくとも、2年近くOTOTOYに来る個人からの配信希望の担当をしている身としては、そう感じることが増えた。 そんななか、「これが自分のすべてなんだ!!」という強い主張を感じるアーティストが久しぶりにやってきた。それが西中島きなこによるソロ・プロジェクト、音に敏感だ。本来なら1月中旬にシングルとミニ・アルバム2作品を配信するはずだったのだが、年末にかけて音源が大量に届き、あれよあれよと8作品ものタイトルが配信スタート。大晦日、そして正月から配信スタートしてほしいと、一刻も早く自分の作品を公表したいという強い想いが伝わってきた。そんな音に敏感の楽曲は、西中島一人の手によって宅録で打ち込み主体で制作されている。訊けば、彼が作る楽曲、そして
by 西澤 裕郎
LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTSが生み出す唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ、1stアルバム配信&1曲フリーダウンロード
[FREEDL]・2016年11月02日・これは「バトルス × ダーティー・プロジェクターズ meets 坂本慎太郎」?──LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS初アルバム配信 マヒルノ、MUSIC FROM THE MARS、school food punishmentの元メンバーというツワモノどもが集まったトリオ、LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS(ルロウニンゲン・アンド・ザ・ファー・イースト・イディオッツ)の1stアルバムがリリースされた。「水墨画のような」「一筆書きのような」と形容される楽曲を、休符や空耳まで駆使したアンサンブルで鳴らす、唯一無二のオルタナティヴ・ブルーズ。東京アンダーグラウンド・シーンの未踏峰へ辿り着いたと言える作品を、OTOTOYではハイレゾ配信! さらに1曲、「バグとデバッグ(Bug And Debug)」を期間限定無料配信でお届けする。 期間限定フリーダウンロード「バグとデバッグ(Bug And Debug)」 LOOLOWNINGEN & THE FAR EAST IDIOTS / CREOLES'【Track List】01. 未踏峰(We Cl
京都のスーパーノアのギター&ヴォーカル、井戸健人のソロ・プロジェクト「イツキライカ」より1stフル・アルバム配信
[FREEDL]・2016年11月01日・関西の音楽家たちと紡いだまばゆいフォーキー・サウンド──イツキライカ、初フル・アルバム配信 スーパーノアのギター/ヴォーカルとしても活動する井戸健人によるソロ・ユニット、イツキライカ。2012年のミニ・アルバム『ピンホール透過光』以降、4年ぶりとなる本作は、自身のバンド、スーパーノアのメンバーをはじめ、LLamaやBaa Baa Blacksheeps、白黒ミドリ、サルバ通りなど同じく関西を拠点とするメンバーを迎えて、まばゆいばかりのギター・アンサンブルと歌声のハーモニーで街の情景を描いた11編の楽曲を収録。アルバム配信と共に、そのなかから2曲目の「Kind of Lou」を期間限定フリーダウンロードでお届けする。 スーパーノアがポスト・ロック的なアプローチで刹那さを感じさせる音楽であるのに対し、イツキライカはコラージュでつくりあげたような音像であり牧歌的だ。イツキライカとして音楽を生み出すこと、その意識の違いや制作過程について井戸健人に話を聞いた。期間限定フリーダウンロード「Kind of Lou」 イツキライカ / Kind of Blue'【Track List】01. おきざりの庭で02. Ki
【期間限定6曲フリーDL】8度目のアメリカ・ツアーに渡ったELEKIBASS、約2年半ぶりの新作先行配信&インタヴュー
[FREEDL]・2016年10月25日・音楽と純粋に向き合うとはどういうことか──ELEKIBASS、新アルバム先行&6曲フリーDL サカモトヨウイチとカメダジュンペイ”JP”によるポップ・デュオ、ELEKIBASSが11月9日にリリースするニュー・アルバム『Theme of Melancholic Matilda』の先行配信をスタートした。かねてから強い海外志向を持ち、オブ・モントリオールとの交流も深く2015年までに7度のアメリカ・ツアーを重ねてきた彼らであるが、今年2016年の8月に再びアメリカへ。ジョージア州アセンズで開催されたインディポップ・ミュージックのフェスティバル〈Athens Popfest〉にディアフーフやエルフ・パワー、ダニエル・ジョンストンらとともに出演してきたのである。 そのアメリカへ提げていくために作られたのが今回のアルバムだというが、なんとおもしろいことに収録楽曲は幕間の楽曲を除きすべて2012年にレコーディングを終えていたらしい。なぜこの4年間楽曲を眠らせ、そしていまアルバムのリリースに至ったのか。そこにはごく簡単で、しかしELEKIBASSの核ともいえる理由が眠っていた。OTOTOYではアルバムのなかから計6曲
【期間限定フリーDL】スウェーデンのポップ職人デュオ、MARCHING BANDより3年ぶりの新アルバム、ハイレゾ配信
[FREEDL]・2016年10月07日・MARCHING BAND祝来日! ゆーきゃんが案内する傑作4thアルバム『So Much Imagine』 MARCHING BANDの前作『So Much Imagine』は、2人だけで制作された全21曲、70分超の濃厚なポップ・アルバムだった。みんなが口をそろえて言った「魔法がかったメロディー、繊細なアレンジ、果てしない多幸感」。そして2014年の奇跡的な来日公演は、とにかく“from Sweden, via US-INDIE, to everywhere”。夢の国で生まれたような彼らのサウンドを聴いた者は、決まって恋に落ちたのだ。 そんな彼らの新作は「温かく迎えてくれた日本のファンへの恩返しでもあり、12年にも及ぶ彼らの音楽活動の、集大成とも言える作品」でもあるらしい。 これまでにカーディガンズやクラウドベリー・ジャムなどの作品を生んだスウェディッシュ・ポップの聖地である〈タンバリン・スタジオ〉でレコーディングされ、曲ごとに異なる7人のミキサー(驚くべきことに、そこにはWATER WATER CAMELの田辺玄も名を連ねている)を起用したというこの『Heart Jewel』は、一聴して『So Mu
伊豆のバンド、ヤングの『ニューパーク』配信開始! 歌いだす楽曲で全国のフロアをステップさせる!!
[FREEDL]・2013年08月29日・ 豊かな自然と海、そしてちょっとヘンテコな博物館が多い静岡県・伊豆。そんな伊豆で生まれ、「かわいい女の子スタジオ」というこれまたちょっと不思議な名前のスタジオを拠点とするロック・バンドがいる。その名はヤング。昨年まで乍東十四雄(さとうとしお)という名で活動していた5人組ロック・バンドである。SEBASTIAN X、フジロッ久(仮)、シャム・キャッツらと肩を並べ、ライブ・ハウス「南池袋ミュージック・オルグ」などを中心とする東京インディ・シーンの中で活躍してきた。2008年にはフジロックの新人ステージ「ルーキー・ア・ゴーゴー」への出演も果たしている。そして今回、ヤング改名後初となるアルバム『ニューパーク』をリリース! >>「ももいろダンス」のフリー・ダウンロードはこちら ヤング / ニューパーク'【配信価格】WAV、mp3ともに 単曲 200円 / アルバム購入 1,600円【Track List】''01. ももいろダンス / 02. やってみようよ / 03. Day to Day / 04. レストラン / 05. タイム / 06. ムーンのライト / 07. 国語と天丼 / 08. パーク ヤングのサ
by 梶原 綾乃
JariBu Afrobeat Arkestra『AfroSoundSystem』text by 渡辺裕也
[FREEDL]・2009年07月31日・ フェラ・クティの魂はここにもある フェラ・クティが自身の作り上げた音楽を「アフロビート」と名付けてから40年以上、そのフェラが亡くなって10年以上の月日が経った今でもなお、アフロビートは世界中で支持され、受け継がれてきている。 先日のフジ・ロック・フェスティバルでは、フェラの実子シェウン・クティが父のバンドであるエジプト80を率いて来日公演を果たした。そしてフェラと並ぶアフロビートの第一人者トニー・アレンも今年新作を発表したばかりだ。彼らのようなフェラと直接的な関係で結ばれた者がアフロビートを現在まで引率しているのは確かな一方で、この音楽に魅了される若い世代のミュージシャンは、欧米そして日本でも後を絶たない。アフロビートのルーツを辿ると、どうしてもポリティカルな側面を避ける事は出来ないし、そこには苦い歴史も少なからずあるのだが、それ以上にこの音楽には他にはない享楽性、自由度の高さがある。フェラの意志はそのサウンドに宿る事で未だ求心力を保っているのだ。ジャリブ・アフロビート・アーケストラが演奏するのも、その名に冠している通りアフロビートだが、彼らはこのハイブリット・ミュージックを方法論として用いるのではなく
by 渡辺 裕也
The Shut-Ups レビュー
[FREEDL]・2008年12月11日・The Shut-Ups インディー・ロックDEグッド・ミュージック! 2000年代のサタデー・ナイトを体現する魔法のバンド、シャラップス! どうしてこうも、大学街というのは面白いバンドが集まるのだろう。今回、めでたく日本盤として紹介される機会を得The Shut-Upsもそのひとつだ。Block Party〜Clap Your Hands Say YeahなどのWichita Recordingsに対する、Of montreal、Apples in stereoなどelephant6勢からの回答! というフレコミのこの作品。NRBQの遺伝子を受け継ぐ精神的ドサ廻り系完全エンタテイメント・バンド、エレキベースの主催するワイキキ・レコードからリリースされているのだから、ヒット・チャートで売れてる・売れてないは関係なくオール・タイム・グッド・ミュージック・ファンのアンテナには引っかかってしまうのだろう。 アセンズという学生街のインディー・ロック畑のバンドと日本の良質インディー・ロックの発信地・ワイキキ・レコードというリンクの仕方も今となっては必然のように思えてならない
by 南日 久志
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事