銀杏BOYZのニュー・シングルは、『ピンクローター』!!!

原稿がすすまなくなったので、夜食を買いに傘をさしてコンビニへ向かった。屋根のあるガレージで女の子2人が、毛布にくるまって楽しそうに喋っている。彼女達の周りには、食べ終えたカップ・ラーメンの入れ物が落ちている。小田急沿線、参宮橋駅から歩いて5分のところ。深夜2時である。こんな現実とずれてしまった光景を歌いきるのが、峯田和伸という男。

銀杏BOYZが、名曲「ボーイズ・オン・ザ・ラン」に引き続き、5ヶ月ぶりに、舞台『裏切りの街』の主題歌「ピンクローター」を発売した。にしても、なんて題材。しかも、「ボーイズ・オン・ザ・ラン」とは一転して、ロー・ビートで「ピンクローター〜」と歌い上げる。

Tバック 東京砂漠
コンドーム 子供うむ?
女のオナニー そんなにおかしい?
月にはクレーター ピンクローター

こんな歌詞を歌ってもまったく嫌らしく感じないのは、切なさと飢えが入り交じった峯田の声のせい。彼は、いったいどれほどの錘を抱えているのだろうか。歌う一つ一つの言葉が、重い。その言葉に、バンドは呼応する。ゆっくりと、ゆっくりと…。村井守のドラムのタイム感が、峯田と呼応してさらに楽曲をせつなく聴かす。

同タイミングで、解散から7年たったゴーイング・ステディの楽曲の配信が開始されることになった。ゴーイング・ステディの頃に比べて、声は渋く太く大人びたけれど、彼自身は少しはラクになったのだろうか? スターであるが故に課せられる沢山の人間のエネルギーを、大人になった彼は、優しく歌うことでなんとか外へ吐き出す。その不器用な姿が、昔と変わらず彼を好きな理由だ。参宮橋のガレージに座っていた女の子2人に、この歌が届くように願う。(JJ(Limited Express (has gone?))

そして、ゴーイング・ステディの音源が、待望の配信リリース!

一瞬の夢か幻か… text by 西澤裕郎

90年代終わりから00年代半ばにかけて、全国のライヴ・ハウスで楽器をかき鳴らし歌っていた無名の若者たちが、またたくまに名声を獲得していった。<青春パンク>とか<日本語パンク>などと呼ばれた、今では信じられないくらい大きなブームが日本を駆け巡り、雨後の筍のように毎日沢山のバンドが生まれていった。ガガガSP、175Rやスタンス・パンクスなど名前を挙げればキリがないが、その中でも象徴的なバンドといえば、モンゴル800とゴーイング・ステディだろう。百花繚乱とも思われた多くのバンドの中で、この2つのバンドは他とは違った活動スタイルで、唯一無二のバンドとしての立ち位置を確立した。モンゴル800は、インディーズに基盤を置きながらメディアにほとんど顔を出す事なく、口コミやライヴなどを中心にDIYの精神で200万枚という膨大な枚数のアルバムを売った。それに対してゴーイング・ステディは、<青春パンク>というシーンの最前線を背負うような形でカリスマ性を得ていった。

<青春パンク>と呼ばれるシーンを語る前に、振り返っておきたいことがある。ハイ・スタンダードを中心に盛り上がりを見せたインディ・パンク・ムーブメントである。1991年に結成されたハイ・スタンダードは、グリーン・デイやオフ・スプリングらとツアーを回ったりしながら実績を積み重ね、インディーズ・バンドながらアルバムをオリコン・チャートの上位にランク・インさせる。ハードコアの演奏スタイルでメロディックなサウンドを奏でたことから<メロコア>などと呼ばれたように、BPMの早い演奏に英語の歌詞が乗るスタイルは、海外における同シーンのバンドにもひけを取らなかった。グランジ特有の湿った空気感もなければ、ミクスチャーのように情報過多でもなく、ストレートで衝動的な楽曲は日本全国のキッズたちを熱狂させた。その象徴がAIR JAMというハイ・スタンダード主催のフェスに繋がり、年を重ねる毎に大きな集客を記録した。今見ても、インディ・バンドばかりが集まった野外フェスに3万人が集ったという映像は、血が騒ぐものがある。AIR JAMにも出演したブラフマンやハスキング・ビーなど、どこか尖っていながら耳に残りやすいサウンドは、スケート・ボードやファッションとも結びつきながら、インディーズが単なるメジャーの2軍ではないということを身を以て示したのである。


その盛り上がりの最中である1999年にアルバム『BOYS & GIRLS』を発表したゴーイング・ステディ。メンバーは、峯田和伸(ボーカル、ギター)、浅井威雄(ギター)、安孫子真哉(ベース)、村井守(ドラム)の4人組。山形出身の峯田が上京して知り合った浅井と共にバンドを結成し活動を開始する。<どうして僕は生まれたの>と叫ぶ「Don't trust over 30」から始まる同アルバムは、前のめりで初期衝動に動かされた若いエネルギーで満ちている。とはいうものの、最初はメロコアを踏襲したストレートなパンク・サウンドのひとつに過ぎなかった。確かにキャッチーで一度聴けば耳に残るメロディ・センスは垣間見えるが、楽器初心者ということが明らかに分かる演奏に目新しさはないし、同等のバンドは他にも沢山いたわけである。

そんな彼らが世間に名前を知らしめ、上の世代とは違った独自のアイデンティティを確立したアルバムが、2001年7月にリリースされた2nd『さくらの唄』である。安達哲の漫画からタイトルを拝借した同アルバムにおける一番の変化は、全ての歌詞が日本語で歌われていることだ。更に言えば文学的で難解な歌詞すらそこにはない。誰にでも伝わるストレートな言葉で、自身の青春を切り取った詞は多くの若いリスナーから支持を集め、徐々に熱を帯びていく。<夢の中で僕ら手をつないで飛んでいた/目が覚めて僕は泣いた>と歌う「BABY BABY」などは典型的な歌詞で、ここから女性のファンも増えていった。サウンドもシンセサイザーを使用したり、エフェクトを駆使したりすることで音が厚くなり、格段にバンドとしてのポテンシャルは上がった。2002年にはグリーンデイのJAPANツアーにモンゴル800と参加。2002年6月に発売したシングル「童貞ソー・ヤング」はインディーズながらオリコン3位を記録する。そして勢いそのままにRISING SUN ROCK FESTIVAL 2002 in EZO、FUJI ROCK FESTIVAL'02への出演も果たす。

事実だけ取り出して書き出してみると順風満帆に見える彼らの活動であるが、当時の記憶を掘り起こしてみると「童貞ソー・ヤング」が売れた直前くらいから峯田の様子に変化が見え始めている。髪の毛をアフロにしてジャケットを羽織りはじめ、表情もパンク青年というよりも文系大学生といった感じに変化していく。そして歌詞も童貞を全面に押し出した同曲だったり、女性に対するコンプレックスや羨望を剥き出しにしたものなどが目につくようになる。歌い方も言葉を吐き出すというよりも、空気を湿らせるような歌い方に変化していった。その変化は、からからの気候が一夜にしてジメジメした雨期に変化していくようであり、一気に膨れ上がったバンドのイメージを自ら壊そうとするようにも見えた。ライヴでは客につばや暴言を吐くなど、不安定な光景も垣間見えたことも覚えている。それでも、急速に増えていったファンたちは、峯田の立ち振る舞いが攻撃的であろうとも、更なる熱狂を持って受け入れ、峯田がもがけばもがくほど熱は上がっていった。

2002年12月には何の予告もなしに突然シングル「若者たち/夜王子と月の姫」をリリース。完全ノン・プロモーションにも関わらずオリコン初登場5位を記録する。そしてこの約1ヶ月後、突如ゴーイング・ステディは解散を発表する。これは言葉通り突然の知らせだった。全国ツアーが直前に控えており、そのチケットは多くの会場でSOLD OUTしていたのだ。この出来事は当時ゴーイング・ステディひいては<青春パンク>に熱を上げたリスナーにとって、非常に困惑する出来事であった。なぜなら、ゴーイング・ステディなきシーンには、彼らを追って出てきたようなモノマネ・バンドばかりしか残っていなかったのである。モンゴル800は、DIYを貫きメディアに露出しないという独自のスタンスを貫いていたため、ゴーイング・ステディの解散と共に<青春パンク>という土壌は一気に収縮していった。もちろん残っていったバンドもいるが、そのほとんどは今では耳にすることも少なくなってしまった。盛り上がりがあっという間だったように、終焉もあっという間の出来事だった。

どんな理由であれ峯田和伸は自らの手でゴーイング・ステディを解散させることで、肥大化しすぎたシーンを終結させた。しかし、その後遺症はしばらく続くことになる。それは峯田が新しく始めた銀杏BOYZのアルバム2枚にゴーイング・ステディ時代の曲が多く収められていることや、シングル曲こそあれ銀杏BOYZの新しいアルバムが完成していないことからも明らかだ。<青春パンク>というブームの真ん中で支持されたゴーイング・ステディ。インディーズという枠を飛び越えて大きくなりすぎたある意味不健全とも言える流れを終結させ、自分たちの新しいバンド銀杏BOYZでその尻拭いをしようとしたのなら、今もその決着はついていないのだろう。それくらいゴーイング・ステディとは時代と共に生き、10代や20代の若者たちに必要とされていたバンドだった。そして彼らは真っ正面から時代に向かいあったため、今なおもがいている。そう、ハイ・スタンダードが未だにバンドを復帰していないように、ゴーイング・ステディもあの時のまま時間が止まってしまったままだ。

解散を発表してからゴーイング・ステディは1枚のシングルを発売している。タイトルは「青春時代」。<僕は何かやらかしてみたい/そんなひとときを青春時代と呼ぶのだろう>。峯田和伸は銀杏BOYZというバンドを始めたが、同時並行する別の世界があるとすれば、きっとまだゴーイング・ステディというバンドで青春時代を駆け抜けているのだろう。しかし、峯田も我々も銀杏BOYZとしての道を選んだ世界に生きている。その2つの世界一すなわちゴーイング・ステディ銀杏BOYZを結びつけるかどうかを知っているのは、まだ見ぬ銀杏BOYZの2ndアルバムだけである。

銀杏BOYZ PROFILE

2003年1月、ゴーイング・ステディを突然解散させた峯田和伸(ヴォーカル/ギター)が、当初ソロ名義の「銀杏BOYZ」として活動。のちに同じくゴーイング・ステディの安孫子真哉(ベース)、村井守(ドラム)と、新メンバーのチン中村(ギター)を加え、2003年5月から本格的に活動を開始。2005年1月にアルバム「君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命」と「DOOR」を2枚同時発売し、続くツアーやフェス出演では骨折、延期、逮捕など多くの事件を巻き起こす。2007年にはメンバー自ら編集に参加したDVD「僕たちは世界を変えることができない」、シングル「あいどんわなだい」「光」を発売。2008年にシングル「17才」を発売。ヴォーカル峯田は「アイデン&ティティ」「色即ぜねれいしょん」」「ボーイズ・オン・ザ・ラン」など映画出演も多数。

official website : http://www.hatsukoi.biz

GOING STEADY PROFILE

GOING STEADY(ゴーイング・ステディ)は、日本の4人組パンク・ロック・バンド。1996年に母体を結成。パンクを主体としたサウンドと強烈であり時には青春時代を切なく描いた歌詞で人気を博した。レーベルは当初UKプロジェクト傘下のLibra records、2002年12月からはUKプロジェクト傘下に設立した自身のレーベル「初恋妄℃学園」(はつこいモードがくえん)に所属。2003年1月15日、全国ツアー ・スタート直前に突然解散を発表した。現在はメンバーのうち3人が銀杏BOYZとして活動しており、初恋妄℃学園も銀杏BOYZに引き継がれている。バンド名はメンバーがリスペクトするパンク・バンド、バズコックスのベスト盤『SINGLES GOING STEADY』に由来。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事