2012年のロックを変えるのは、京都出身の4人組tricotだ!!

中嶋イッキュウ(Vo/Gt)、キダ モティフォ(Gt/Cho)、ヒロミ・ヒロヒロ(Ba/Cho)、komaki♂(Drums)によって結成されたtricot。東京での自主企画をSOLD OUTさせたり、「ARABAKI ROCK FEST.12.」にも出演するなど、日に日に注目度が高まっています。そんな彼女たちの2ndミニ・アルバムがついにリリース!! ライヴを観て一目惚れしたOTOTOY編集部の西澤が、それ以降の東京でのライヴに全て足を運び、満を持してインタビューを決行。OTOTOYが自信を持って大大大プッシュいたします!

tricot / 小学生と宇宙

展開の予測できないスリリングな楽曲、かつ耳から離れない中毒性の高いサウンド、力強くも可憐で繊細なヴォーカル。その3つが絶妙にマッチし唯一無二の世界観を生み出したtricotの2ndミニ・アルバム。

【価格】
単曲 : 200円 / まとめ購入 : 1200円

1. G.N.S / 2. 夢見がちな少女、舞い上がる、空へ / 3. しちならべ / 4. ひと飲みで / 5. フレミング / 6. MATSURI

tricotの爆裂PV集

tricot INTERVIEW

初めてtricotのライヴを見たときの衝撃は、今でもよく覚えている。満員御礼で汗っぽいライヴ・ハウスのステージに登場した彼女たちは、緊張するわけでも、リラックスするわけでもなく、まったく僕の与り知らない感覚を持ってライヴを始めた。あまりにも軽やかなステップで、エッジーな尖ったきっさきで切り進んでいく痛快さと未知の感覚。彼女たちには天性の才能がある。そして彼女たちが何よりも優れているのは、その才能を活かすためにこのメンバーを集めた野性の勘だ。バンドのダイナミズムは、このバンドにすべて詰め込まれている。そう言いきってしまえるくらいtricotは新しい感覚を自然に実現している。

今回、メンバー4人に話を聞いてみて、思いの他大人しいことに驚いた。彼女たちは「tricot movie」という動画シリーズを定期的にYouTubeにあげている。それがシュールすぎておもしろい。それだけに、少し緊張しながら笑顔で話をしてくれるギャップが意外だった。もしかしたら、そうした日常の様子との反動がライヴを勢いのあるものにしているのかもしれない。とにかく、自分たちの感覚を信じて全力でやりきる。非常にシンプルではあるが、彼女たちが信じている感覚は正真正銘の本物である。彼女たちから目を離さないでほしい。

インタビュー&文 : 西澤裕郎 取材写真 : 藤森沙羅
取材協力 : 渋谷 7th FLOOR

本気でぶつかっていける状態が出来てきた

——もともと、キダさんと中嶋さんは高校の軽音の先輩後輩だったんですよね。

中嶋イッキュウ(以下、中嶋) : 先輩は周りからもギターがうまいって騒がれていた憧れの人でした。一方、私は落ちぶれたヴォーカリストだったので、バンドを一緒にやりたいとは思っていたんですけど、私が組めるような人じゃないと思って、何も触れずに卒業したんです。そしたら、まさか先輩が私を誘ってくれて。でも、そのときは私が他の人とバンドをしていて、先輩が私に断わられるという事件があったんです(笑)。

——あはははは。

中嶋 : それから一年後くらいに私のバンドが解散して、しばらく修行の意味でソロでやろうと思ったので、「よかったらサポートでやってくれませんか?」ってお願いしたんです。サポートでやってもらっているうちに、一緒にバンドをやりたい気持ちがふつふつと湧いてきて、「私、バンドやりたいんですよ」ってライヴの打ち上げでポロッと言ったら、「私もいくちゃんとやりたい」って言ってくれて。ここを逃したらいかんと思って、次の日にマクドに集合して、やろうって始まったのがtricotです。

左から、ヒロミ・ヒロヒロ、キダ モティフォ、中嶋イッキュウ

——キダさんは、なぜ中嶋さんに声をかけたんですか。

キダ モティフォ(以下、キダ) : 高校のときからヘタクソだったんですけど、なんかいいなと思うとこがあって。

——いいなっていうのは、人柄なども含めてということですか。

キダ : そうですね。ブログとかmixiとかの言葉のチョイスがすごく好きで。なかなか、うまく言えないんですけど…。

——キダさんとヒロミさんは、tricotを始める前に組んでいたバンドで一緒のメンバーだったんですよね。

ヒロミ・ヒロヒロ(以下、ヒロミ) : もともと、私が高校からやっていた3ピースのギャルバンのライヴに来てくれていて、mixiを伝って「バンドでベース弾いてくれへん?」ってメッセージが来たんです。私もいろんなものに挑戦してみたかったので、「じゃあやる」って言って、インスト・バンドをやることになったんです。それでしばらく活動していたら、「いくちゃんと真剣にバンドをやりたいんやけど、ヒロミちゃんにベース弾いて欲しい」ってメールで言われて、じゃあやるーって。
中嶋 : 振り回されてばっかやね(笑)。

——ドラムは2ヶ月で7人も変わったということで、なかなか決まらなかったようですね。そんな中、komaki♂さんが正式加入するに至った決め手は何だったんでしょう?

中嶋 : もともとの友だちじゃなくて、自分からやりたいって言ってきてくれた唯一の人だったんです。なので、しばらくお手合わせって感じでスタジオに入って、ライヴをしていくうちにですね。

komaki♂

——komaki♂さんは、どうしてtricotに声をかけようと思ったのでしょう。

komaki♂ : それまで色んなバンドを掛け持ちでやっていたんですけど、もっと飛び出た音楽がやりたかったんです。友だち伝いに「ドラムを探しているいいバンドおるで」ってことを言われて、まだ3人だった頃のtricotの音源をmyspaceで聴いたら、絶対やりたいと思って。僕から無理矢理「やらしてくれ!」みたいな感じでお願いしました。

——それで実際に4人でやってみたときの手応えがあったわけですね。

ヒロミ : 上手いのはめっちゃ上手いなとは思ったんですけど、プライドが高そうな人が入ってきたなあと。
中嶋 : それまでのサポートの人は、ふにゃっとした男子か女子かって感じだったので、「俺出来るんやで」みたいな感じでスタジオに入ってきて…。3人はけっこう人見知りやし、「恐っ!」みたいな感じで、なかなか自分たちを出せへん日々が続きました。

——あはははは。でも、回数を重ねるうちに馴染んできたと。

中嶋 : ボロが出てきたんです。
komaki♂ : ボロが出て怒られて、日々叱られる日々に変わって…。

——(笑)。komaki♂さんは、実際に叩いてみてどうでしたか?

komaki♂ : 音源でもそうやったんですけど、キダのギターにすごい惹かれて、こいつすげえって思いました。男とか女とか関係なしに、音源もスタジオの音も含めて、サウンド面でグッときたんですよね。

——tricot movieなどを見ていても、3人の仲はかなり濃密じゃないですか。その中に飛び込んでいって、すんなりとけ込めたのかなって余計な心配をしてしまったんですが。

komaki♂ : 取材とかでは、格好つけて「そんなことないです」とか言えたらいいんですけど、人同士だからぶつかるところもあるし。でも、一ヶ月間で一緒にいる時間が丸20日間とかもしょっちゅうあるので、音作りや曲作り、サウンド面でも本気でぶつかっていける状態が出来てきたと思います。それって言葉にもできないし、目にも見えないんですけど、ちょっとずつ濃くなっている感じはしていて。

——音で会話できるようになってきたってことですね。

komaki♂ : ライヴでお客さんや自分たちを120%満足させられたら、小さいところの悩みとか関係ないと思いますし。
中嶋 : なんか、お悩み相談みたいになっているな(笑)。
キダ : …ごめん、あんま聞いてへんかった。
komaki♂ : おーい(汗)。

やっぱお前らもかっこいいと思うかって

——あははははは。でも、komaki♂さんがいるからtricotは締まっている感じはあると思いますよ。全員が女の子というより、かえってバランスがいいなって気がするんです。

中嶋 : 確かに、私たちみたいな感じの女の人がもう一人いて、ドラマーだったらバラバラだったかも。

——他のインタビューで、影響を受けたバンドとしてtoeとかナンバーガールをあげてますよね。tricotがおもしろいのは、tricot movieで自分たちの身を粉にした映像を流したりし、ライヴのMCで赤裸々なことを言っている点で。オルタナティヴなロックをしながら、かっこいい面以外のことをやるっていうのは、僕の世代なんかから見ると異質なんですよね。

キダ : あくまで音楽的な影響であって、中身は普通のお笑い大好きな女の子なので。
中嶋 : 憧れたとしても、真似したいわけではないし。見た目とか音楽もマネはしたくないっていう気持ちはあります。
ヒロミ : YouTubeは素の自分たちって感じやし。
中嶋 : そうそう。戦略的にっていうよりは、いい映像が撮れたし、UPしてみるかって。

——今、PVなどの映像と一緒に音楽を見たり、ライヴを体験したり、音楽を楽しむ環境が実に豊かになってきていると思うんですね。tricotは、それを戦略的でなく、ごく自然に取り込んでいるバンドだなと思って。よく知り合いに、tricot movieを見せるんですけど、一笑いしたあとにtricotのアルバムを流すと、すごく反応がいいんですよ。

ヒロミ : でも嫌いな人もいるやろうけどね。そういうのは一切無視な感じで、好きなようにやっているだけなんです。
中嶋 : 人にどう思われるかっていうのはあんまり考えずに、自分がおもしろいってことをやっています。自己満みたいな感じですよね。

——あれだけの表現をしているのに、今日話してみたら、人見知りな部分もあるというのが意外すぎて、質問が飛んでしまいました(汗)。

一同 : 笑。

——そのギャップが意外だなっていうか、新鮮ですよね。

キダ : 言葉にしていうのは苦手なんです。ああいう(tricot movie)表現のほうが好きです。
ヒロミ : 表現できているのかはわからんけど。
キダ : 中身がないからね(笑)。
ヒロミ : そう。中身がない方がテンションがあがっちゃう。
中嶋 : しょうもないことを全力でやるのがすごく楽しいんです。

——じゃあ、tricotは誰に向けて音楽をやっていると思いますか。

中嶋 : まずはメンバーですね。私はメンバーが一番納得できる音楽で、かっこいいと思える音楽を一生やりたいです。

——お話を聞くかぎり、曲作りはかなり感覚的に行われているんじゃないかと思ったんですが、いかがですか。

中嶋 : そうですね。誰かが最初から最後まで作ってくるっていうのはないですね。

——その感覚を信じて4人はtricotをやってきているわけですよね。実際に東京での自主企画がSOLD OUTしたり、「ARABAKI ROCK FEST.12.」に出演したりと、周りもザワザワしてきていますよね。そういう意味での環境も変わってきていると思うんですけど、それに対してはどう感じていますか。

中嶋 : 私らがかっこいいと思っているように、やっぱお前らもそう思うかって。

外部の声を聞かずに自分たちのスタイルだけでやってみたい

——それって、つまり自分たちの音楽に自信があるってことですよね。歌詞を聴いていると、よっぽど大人にイヤなイメージがあるのかなって思ってしまったんですが(笑)。

中嶋 : (笑)。メロディとかもそうなんですけど、ぼーっとどこかを散歩しているとか、チャリを漕いでいるとか、寝る前の布団とかでぽっと浮かんだりすることが多いんです。何で今出てくるのかわからないときに出てきたりとかして、急いでメモをするので。悩んでいてふさぎ込んでいるときに出てくるわけじゃなくて、何にも考えていないときに出てくるんです。

——あと、ライヴに行くたびにメジャーの関係者とかが、すごく増えていますよね。これだけ注目を浴びている中でメジャーでやらずに、自分たちのレーベルBAKURETSU RECORDSでやっているのはなぜですか?

中嶋 : 結成一年にも満たないころに、興味を持って見にきて下さった方もいたんですけど、何も分からずメジャーに入っても、今の私たちではすぐに消えちゃうんやろうなって思って。もうちょっと自分たちでしっかりして、私たちが私たちとして認められてからでもいいかなと思っていて。

——そこで一歩踏みとどまって、自分たちでやろうと思えたのはなぜなんでしょう。

中嶋 : 自分たちに自信があるからですね。私たちだったらいけるやろっていうのがあって。変に色づけされるよりは、行けるところまでこのメンバーで行きたいんです。

——行けるところっていうのは大きなステージでやるってこと?

中嶋 : それもそうですけど、内面的にも音楽的にももっと突き詰めたい。外部の声を聞かずに自分たちのスタイルだけでやってみたいんです。
komaki♂ : 今は、やりたい放題ですからね。
中嶋 : twitterでも言いたい放題できますし(笑)。

——そういえば、本作の1曲目「G.N.S」の仮タイトルは「U.N.K」で、UNKOの略だったそうですね(笑)。

中嶋 : そうなんです(笑)。多分ある程度好き放題させてもらえないと、いいところも削れていっちゃうような気がするんです。なので、自分たちで自由にできて満足できるようになってからでもいいかなと思って。

——tricotのスタイルを認めてもらってからでも遅くないですからね。

中嶋 : 認められたら、何をやってもそれがtricotだってなると思うんで。今は、それダメやろってことばかりやっちゃっているだろうから(笑)。

——じゃあ、自分たちでやれる可能性はまだまだあると実感しているわけですね。

中嶋 : そうですね。まだまだ一部でしかないと思います。

——これから、どういう音楽をやりたいか理想像は見えていますか。

中嶋 : これがやりたいっていうよりは、もっと違う曲をやりたいなとか、もっといい曲が出来るんやろうなっていう感じで、欲みたいなものが湧き出ています!

LIVE SUCHEDULE

レコ発ライヴ
2012/5/11(金) 京都 MOJO
2012/5/24(木) 新宿 LOFT

tricot “小学生と行く!SPACE TOUR 2012 梅雨”
2012/6/2(土) 宮城・仙台 PARK SQUARE
2012/6/3(日) 岩手・盛岡 club change
2012/6/5(火) 新潟・新潟 CLUB RIVERST
2012/6/7(木) 北海道・札幌 SPIRITUAL LOUNGE
2012/6/9(土) 香川・高松 DIME
2012/6/12(火) 福岡・福岡 graf
2012/6/13(水) 広島・広島 ナミキジャンクション
2012/6/15(金) 石川・金沢 vanvanV4
2012/6/16(土) 大阪・江坂 MUSE
2012/6/17(日) 愛知・名古屋 CLUB Zion

tricot ワンマン・ライヴ
2012年9月21日(金)下北沢SHELTER
開場 / 開演 : 19:00 / 19:30
オールスタンディング

LIVE REPORT

2012年4月8日@下北沢SHELTER「爆祭-BAKUSAI-vol.4」

tricotが、2012年4月8日に下北沢SHELTERで行った自主企画「爆祭-BAKUSAI-vol.4」の様子をレポート。当日の熱気、そして彼女たちを取り巻く状況をリアルに感じてください。

tricot MOVIE BEST SELECTION (by OTOTOY)

PROFILE

tricot

「このメンバーなら凄い事が出来る(絶対)!」と確信し、それまでの各々のバンド活動を終え、2010年9月1日、中嶋イッキュウ(Vo/Gt)、キダ モティフォ(Gt/Cho)、ヒロミ・ヒロヒロ(Ba/Cho)の3人でtricotを結成。2011年5月にサポート・メンバーであったkomaki♂(Drums)が正式加入。

展開の予測できない独特でスリリングな楽曲、それでいて耳から離れない中毒性の高いサウンドに、力強くも可憐で繊細なヴォーカルが絶妙にマッチし唯一無二の世界観を生み出している。ライヴでは見た目から想像出来る範囲を大きく超えた激しいパフォーマンスを披露し、リスナーはもちろん、ライヴ・ハウス関係者などからも絶賛されている。

>>tricot official HP

o

 
 

"notable"の最新アーカイヴ

大森靖子『大森靖子黒歴史 EP』を配信開始 & インタビュー
[NOTABLE]・2013年08月16日・ 2013年3月に1stフル・アルバム『魔法が使えないなら死にたい』をリリースした女性シンガー・ソングライター、大森靖子。同アルバムのツアー・ファイナルを渋谷クアトロで開催、レーベル無所属のままソールド・アウトさせ、関係者をはじめ、さまざまな場所で話題をさらった。また、ジャンルの垣根を簡単に飛び越え、BiSやアップアップガールズ(仮)などアイドルとの共演もするなど、いま最も注目を集めるアーティストといえる。そんな大森晴子の黒歴史を暴きだす音源をOTOTOY独占で配信スタート。活動初期に録り溜めた楽曲、いまでは入手困難な楽曲など、全11曲を収録。初期音源のため音が悪いという理由からmp3配信のみだが、大森を知る上では聴かずに通れない作品集となっている。また、9月には教会にてDSDでレコーディングした音源の配信も決定!! アナログ・レコードのような滑らかさと、デジタルならではの透明度を合わせ持つDSDでの音質でお届けする。過去と現在、それぞれを聴き比べて、本人へのインタビューを読んで、大森靖子をより深く知っていただきたい。 いまでは入手困難な初期音源をOTOTOY限定で配信スタート!!大森靖子 / 大森靖子黒歴
by 純三
空気公団と倉本美津留の音楽ユニット、くうきにみつるのファースト・ミニ・アルバムを先行配信&フル視聴スタート!
[NOTABLE]・2013年11月08日・ 空気公団と、放送作家であり、ミュージシャンとしても活動する倉本美津留。この2組が新たな音楽ユニット"くうきにみつる"を結成した。 「なぜこの2組が?」その疑問は少し置いておいて、まずはこの2組が惹かれあい、音楽ユニットを結成した喜びを分かち合いたい。なのでOTOTOYでは今回、アルバムから2曲、フル視聴を行います! フル視聴曲は、倉本が作詞作曲したM2「いっぱい」と、空気公団の山崎ゆかりが作詞作曲したM4「ほんとうの街につもる」をお届け。アルバムでも倉本と山崎が、半々で作詞作曲を担当しています。 さらにはCDより2週間早く、配信をスタート! サウンド・プロダクツにはキセルの辻村豪文、GREAT3の白根賢一、山口ともを迎え完成したファースト・ミニ・アルバム「いろはにほへと」。ぜひいちはやく、あなたの手元に置いてもらいたい。 「いっぱい」と「ほんとうの街につもる」をフル視聴にてお届け!(〜12/10まで)iPhone、iPod touchなどに対応のOTOTOYアプリでも同時に全曲フル視聴を実施中!! OTOTOYアプリについてはこちらをご覧ください。 2週間先行配信もスタート!くうきにみつる(空気公団×
by 西澤 裕郎
埼玉音楽シーン大特集!『SAITAMA LOCAL MUSIC RECONSTRUCTION』
[NOTABLE]・2012年02月16日・ OTOTOYローカル・コンピレーション・シリーズ第3弾は、埼玉!!s-explodeの今井君から、熊谷に在るBLUE FORESTというライヴ・ハウスの店長が急に辞めてしまって非常に困っていると言う旨の連絡をもらう。 飯田「えっ! じゃぁBLUE FORESTは今どうなっているの?」今井「僕と山崎さん(MORTAR RECORD)が無給でブッキングとかしてなんとかまわしているんです。」飯田「えっ! なんでそこまで... 」今井「だって、熊谷が、埼玉が好きなんすよね! 」こんなエモい言葉を言われたらOTOTOY編集長も黙ってはいられません。「今の話、もっと詳しく教えて! ってか、熊谷のこと、埼玉のことをもっと教えてよ! 」 京都、名古屋と続くOTOTOYローカル・コンピレーション・シリーズ第3弾は、埼玉。埼玉のキーパーソン、熊谷から今井(s-explode)と山崎やすひろ(MORTAR RECORD)、大宮からkussy(Fragment)、秩父からヒキマ(ladderladder / HOCKLE HOCK)と共に伝える『埼玉の今』。彼らが集めた27バンドのコンピ『SAITAMA LOCAL MUSIC
by JJ
大森靖子、教会でDSDネイティヴ録音&ネイティヴ・ミックスした音源を26歳誕生日にリリース!
[NOTABLE]・2013年09月18日・ 「なんでもない日おめでとう!」なんて言葉もあるが、本日9月18日は特別な人の誕生日である。そしてその特別な人の誕生日を、もっと特別にするために、OTOTOYから新たな音楽をリリースする。 『大森靖子 at 富士見丘教会』。そう、9月18日は大森靖子の生誕日なのだ。 ギター一本で、あらゆるライヴハウスに行き、時にはアイドル・シーンにも切り込んで、やわらかな歌声で歌ったかと思えば、突き飛ばすようにギターをかきむしる。激情的なようで非常に冷静にも見える。簡単に理解できないからこそ心奪われるシンガー・ソング・ライター、大森靖子。OTOTOYではDISK UNIONとの共同企画「NEW SENSATION」からはじまり、度重なるライヴ・レポート、そして『黒歴史音源』のリリースと、彼女に注目し続けてきた。 そんな彼女と、楽器/音響機器メーカーKORG社の協力によって、今回、世武裕子のピアノ聴き比べ、キセルの「お風呂でキセル」と続く、DSD5.6MHzネイティヴ録音&ネイティヴ・ミックスによる音源制作を行った。 場所は下北沢、富士見丘教会。蝉の声が鳴り止まない夏の日、教会のやわらかな反響。詳しくは下記レコーディング・
by 純三
2013年、OTOTOYが取り組んできたDSD関連の活動を総まとめ!!
[NOTABLE]・2013年12月27日・ 2013年もいよいよ大詰め。今年もいろんなことがありましたね。音楽業界に限って言えば、2013年はSONYが"ハイレゾ音源"対応の再生機器を一挙に発表したことで、CD以上の音質で音楽を聴くということが、かなり一般的になった一年だったと思います。そして、そんな"ハイレゾ音源"の最高峰に位置しているのがDSDです。DSDとは、一般的なCDとはまったく違うレコーディング形式を採用し、アナログ・レコードのように滑らかな音質と、デジタルならではの透明度を両立させた高音質フォーマットのこと。OTOTOYでは、2010年からDSD配信を進めてきましたが、今年に入ってようやく、その魅力が多くの人に伝わってきたな、という手ごたえを感じているのです。そこで、2013年、OTOTOYがどのようなDSD音源をリリースし、どのような活動を展開してきたか、簡単に歩みを振り返ってみたいと思います。OTOTOYによる2013年のDSD総まとめ、ぜひご覧ください。 OTOTOYによる独自レコーディング音源、売れてます何と言っても、OTOTOYが最も力を入れて取り組んできたのは、OTOTOY独自のDSD音源のリリースです。銭湯、教会、キャ
湯川潮音、大倉山記念館で行ったDSD録音をリリース
[NOTABLE]・2013年12月13日・ まさにDSDの真価を発揮する、そんな音源に仕上がりました。〈DSD SHOP 2013〉とのコラボの一貫として生まれた『湯川潮音 at 大倉山記念館』。最新アルバム『濡れない音符』から「にじみ」、2010年の3rdアルバム『クレッシェンド』から「ロンリー」、この2曲に加えて、なんと、ライヴ以外ではいまはここでしか聴けない、チャーミングな新曲「お客様故障サポートセンター」を演奏しています。豊潤なチェロの響き、ピアノはときに優しく語りかけ、ときにダイナミックにスウィングする、湯川のギターとヴォーカルは楽曲ごとに、いや楽曲のなかでも豊かに表情を変えていく――それらはすべてこの音源データのなかへと封じ込められているかのようだ。再生をすると、楽器の配置や、部屋の奥行き、空気の振動、アーティストの息遣いすらもそこに立ち現れる。この音源は、できればDSDで、そしてハイレゾ音源(24bit/48kHzのWAV)で、音と音の間、その余韻も含めてじっくりと楽しんで欲しい。そんな音楽となりました。 会場として選ばれたのは、神奈川県大倉山にある大倉山記念館。北海道銀行本店、横浜正金銀行東京支店など重厚で格調高い建築を数多く手が
by 浜 公氣
平賀さち枝、天命反転住宅で行ったDSD録音音源をリリース!
[NOTABLE]・2013年12月06日・ キセルとお風呂、大森靖子と教会、バンバンバザールと森などなど、OTOTOYは特別な場所の響きを"DSD"という最高音質で録音し、お届けしてきました。しかし、その"DSD"は、なかなか一般的に聴ける環境ではないことも事実。そこで、その音を絶対に体感してほしいという想いのもとはじまったのが《OTOTOY DSD SHOP》。その《OTOTOY DSD SHOP 2013》が開催することを祝してDSDレコーディングを決定! それが今回リリースとなる『平賀さち枝と天命反転住宅』。不思議な地場を持つ住宅で、アコースティック・ギターの弾き語りの録音をじっくりと行ってきました。 三鷹天命反転住宅は、2005年に芸術家、建築家の荒川修作+マドリン・ギンズにより建てられた「死なないための住宅」。「In Memory of Helen Keller ~ヘレン・ケラーのために~」とも謳われている。一見不自然である特殊な空間ゆえに、さまざまな身体能力の違いを越えて住む人それぞれに合った使用の方法があり、それは自由である。与えられた環境・条件をあたりまえと思わずにちょっと過ごしてみるだけで、今まで不可能と思われていたことが可能に
by 純三
クラムボン原田郁子が手掛けた、舞台「cocoon」のサウンドトラックをOTOTOYで独占配信!!
[NOTABLE]・2013年11月21日・ マンガ家、今日マチ子の描いた「cocoon」。第二次世界大戦末期・沖縄戦に動員された少女たちから着想を得た代表作である。この作品が2013年夏、藤田貴大が主催する演劇団体「マームとジプシー」によって舞台化。原作にそのまま取り組むだけではなく、今日自身が書き下ろした新しいイラストや、藤田の独特な身体感覚・立体感覚、役者たちの瑞々しい存在感、そしてSEを交えた音空間により、新たな解釈、息吹が与えられた。 舞台の音楽を手掛けたのはクラムボン、原田郁子。「彼女たちにとってのcocoon(繭)とは?」を手がかりに「聴きたかった音、声は?」「海とは?」などの問いを、藤田貴大、そしてレコーディング・エンジニアのzAkとともに丁寧に見つめ、舞台の閉幕まで試行錯誤をつづけ、そしていま、ここに集約された。 舞台のために書き下ろされた新曲「とぅ まぁ でぃ」をはじめ、ソロ曲「青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている」や「風色夏恋」の新録、フィッシュマンズやbloodthirsty butchers、ニール・ヤングなどのカヴァー曲を含む、全32曲。ほぼ劇中で使われた時系列のまま並んでおり、教室での無邪気なシーンから、ガ
by JJ
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事