2012年のロックを変えるのは、京都出身の4人組tricotだ!!

中嶋イッキュウ(Vo/Gt)、キダ モティフォ(Gt/Cho)、ヒロミ・ヒロヒロ(Ba/Cho)、komaki♂(Drums)によって結成されたtricot。東京での自主企画をSOLD OUTさせたり、「ARABAKI ROCK FEST.12.」にも出演するなど、日に日に注目度が高まっています。そんな彼女たちの2ndミニ・アルバムがついにリリース!! ライヴを観て一目惚れしたOTOTOY編集部の西澤が、それ以降の東京でのライヴに全て足を運び、満を持してインタビューを決行。OTOTOYが自信を持って大大大プッシュいたします!

tricot / 小学生と宇宙

展開の予測できないスリリングな楽曲、かつ耳から離れない中毒性の高いサウンド、力強くも可憐で繊細なヴォーカル。その3つが絶妙にマッチし唯一無二の世界観を生み出したtricotの2ndミニ・アルバム。

【価格】
単曲 : 200円 / まとめ購入 : 1200円

1. G.N.S / 2. 夢見がちな少女、舞い上がる、空へ / 3. しちならべ / 4. ひと飲みで / 5. フレミング / 6. MATSURI

tricotの爆裂PV集

tricot INTERVIEW

初めてtricotのライヴを見たときの衝撃は、今でもよく覚えている。満員御礼で汗っぽいライヴ・ハウスのステージに登場した彼女たちは、緊張するわけでも、リラックスするわけでもなく、まったく僕の与り知らない感覚を持ってライヴを始めた。あまりにも軽やかなステップで、エッジーな尖ったきっさきで切り進んでいく痛快さと未知の感覚。彼女たちには天性の才能がある。そして彼女たちが何よりも優れているのは、その才能を活かすためにこのメンバーを集めた野性の勘だ。バンドのダイナミズムは、このバンドにすべて詰め込まれている。そう言いきってしまえるくらいtricotは新しい感覚を自然に実現している。

今回、メンバー4人に話を聞いてみて、思いの他大人しいことに驚いた。彼女たちは「tricot movie」という動画シリーズを定期的にYouTubeにあげている。それがシュールすぎておもしろい。それだけに、少し緊張しながら笑顔で話をしてくれるギャップが意外だった。もしかしたら、そうした日常の様子との反動がライヴを勢いのあるものにしているのかもしれない。とにかく、自分たちの感覚を信じて全力でやりきる。非常にシンプルではあるが、彼女たちが信じている感覚は正真正銘の本物である。彼女たちから目を離さないでほしい。

インタビュー&文 : 西澤裕郎 取材写真 : 藤森沙羅
取材協力 : 渋谷 7th FLOOR

本気でぶつかっていける状態が出来てきた

——もともと、キダさんと中嶋さんは高校の軽音の先輩後輩だったんですよね。

中嶋イッキュウ(以下、中嶋) : 先輩は周りからもギターがうまいって騒がれていた憧れの人でした。一方、私は落ちぶれたヴォーカリストだったので、バンドを一緒にやりたいとは思っていたんですけど、私が組めるような人じゃないと思って、何も触れずに卒業したんです。そしたら、まさか先輩が私を誘ってくれて。でも、そのときは私が他の人とバンドをしていて、先輩が私に断わられるという事件があったんです(笑)。

——あはははは。

中嶋 : それから一年後くらいに私のバンドが解散して、しばらく修行の意味でソロでやろうと思ったので、「よかったらサポートでやってくれませんか?」ってお願いしたんです。サポートでやってもらっているうちに、一緒にバンドをやりたい気持ちがふつふつと湧いてきて、「私、バンドやりたいんですよ」ってライヴの打ち上げでポロッと言ったら、「私もいくちゃんとやりたい」って言ってくれて。ここを逃したらいかんと思って、次の日にマクドに集合して、やろうって始まったのがtricotです。

左から、ヒロミ・ヒロヒロ、キダ モティフォ、中嶋イッキュウ

——キダさんは、なぜ中嶋さんに声をかけたんですか。

キダ モティフォ(以下、キダ) : 高校のときからヘタクソだったんですけど、なんかいいなと思うとこがあって。

——いいなっていうのは、人柄なども含めてということですか。

キダ : そうですね。ブログとかmixiとかの言葉のチョイスがすごく好きで。なかなか、うまく言えないんですけど…。

——キダさんとヒロミさんは、tricotを始める前に組んでいたバンドで一緒のメンバーだったんですよね。

ヒロミ・ヒロヒロ(以下、ヒロミ) : もともと、私が高校からやっていた3ピースのギャルバンのライヴに来てくれていて、mixiを伝って「バンドでベース弾いてくれへん?」ってメッセージが来たんです。私もいろんなものに挑戦してみたかったので、「じゃあやる」って言って、インスト・バンドをやることになったんです。それでしばらく活動していたら、「いくちゃんと真剣にバンドをやりたいんやけど、ヒロミちゃんにベース弾いて欲しい」ってメールで言われて、じゃあやるーって。
中嶋 : 振り回されてばっかやね(笑)。

——ドラムは2ヶ月で7人も変わったということで、なかなか決まらなかったようですね。そんな中、komaki♂さんが正式加入するに至った決め手は何だったんでしょう?

中嶋 : もともとの友だちじゃなくて、自分からやりたいって言ってきてくれた唯一の人だったんです。なので、しばらくお手合わせって感じでスタジオに入って、ライヴをしていくうちにですね。

komaki♂

——komaki♂さんは、どうしてtricotに声をかけようと思ったのでしょう。

komaki♂ : それまで色んなバンドを掛け持ちでやっていたんですけど、もっと飛び出た音楽がやりたかったんです。友だち伝いに「ドラムを探しているいいバンドおるで」ってことを言われて、まだ3人だった頃のtricotの音源をmyspaceで聴いたら、絶対やりたいと思って。僕から無理矢理「やらしてくれ!」みたいな感じでお願いしました。

——それで実際に4人でやってみたときの手応えがあったわけですね。

ヒロミ : 上手いのはめっちゃ上手いなとは思ったんですけど、プライドが高そうな人が入ってきたなあと。
中嶋 : それまでのサポートの人は、ふにゃっとした男子か女子かって感じだったので、「俺出来るんやで」みたいな感じでスタジオに入ってきて…。3人はけっこう人見知りやし、「恐っ!」みたいな感じで、なかなか自分たちを出せへん日々が続きました。

——あはははは。でも、回数を重ねるうちに馴染んできたと。

中嶋 : ボロが出てきたんです。
komaki♂ : ボロが出て怒られて、日々叱られる日々に変わって…。

——(笑)。komaki♂さんは、実際に叩いてみてどうでしたか?

komaki♂ : 音源でもそうやったんですけど、キダのギターにすごい惹かれて、こいつすげえって思いました。男とか女とか関係なしに、音源もスタジオの音も含めて、サウンド面でグッときたんですよね。

——tricot movieなどを見ていても、3人の仲はかなり濃密じゃないですか。その中に飛び込んでいって、すんなりとけ込めたのかなって余計な心配をしてしまったんですが。

komaki♂ : 取材とかでは、格好つけて「そんなことないです」とか言えたらいいんですけど、人同士だからぶつかるところもあるし。でも、一ヶ月間で一緒にいる時間が丸20日間とかもしょっちゅうあるので、音作りや曲作り、サウンド面でも本気でぶつかっていける状態が出来てきたと思います。それって言葉にもできないし、目にも見えないんですけど、ちょっとずつ濃くなっている感じはしていて。

——音で会話できるようになってきたってことですね。

komaki♂ : ライヴでお客さんや自分たちを120%満足させられたら、小さいところの悩みとか関係ないと思いますし。
中嶋 : なんか、お悩み相談みたいになっているな(笑)。
キダ : …ごめん、あんま聞いてへんかった。
komaki♂ : おーい(汗)。

やっぱお前らもかっこいいと思うかって

——あははははは。でも、komaki♂さんがいるからtricotは締まっている感じはあると思いますよ。全員が女の子というより、かえってバランスがいいなって気がするんです。

中嶋 : 確かに、私たちみたいな感じの女の人がもう一人いて、ドラマーだったらバラバラだったかも。

——他のインタビューで、影響を受けたバンドとしてtoeとかナンバーガールをあげてますよね。tricotがおもしろいのは、tricot movieで自分たちの身を粉にした映像を流したりし、ライヴのMCで赤裸々なことを言っている点で。オルタナティヴなロックをしながら、かっこいい面以外のことをやるっていうのは、僕の世代なんかから見ると異質なんですよね。

キダ : あくまで音楽的な影響であって、中身は普通のお笑い大好きな女の子なので。
中嶋 : 憧れたとしても、真似したいわけではないし。見た目とか音楽もマネはしたくないっていう気持ちはあります。
ヒロミ : YouTubeは素の自分たちって感じやし。
中嶋 : そうそう。戦略的にっていうよりは、いい映像が撮れたし、UPしてみるかって。

——今、PVなどの映像と一緒に音楽を見たり、ライヴを体験したり、音楽を楽しむ環境が実に豊かになってきていると思うんですね。tricotは、それを戦略的でなく、ごく自然に取り込んでいるバンドだなと思って。よく知り合いに、tricot movieを見せるんですけど、一笑いしたあとにtricotのアルバムを流すと、すごく反応がいいんですよ。

ヒロミ : でも嫌いな人もいるやろうけどね。そういうのは一切無視な感じで、好きなようにやっているだけなんです。
中嶋 : 人にどう思われるかっていうのはあんまり考えずに、自分がおもしろいってことをやっています。自己満みたいな感じですよね。

——あれだけの表現をしているのに、今日話してみたら、人見知りな部分もあるというのが意外すぎて、質問が飛んでしまいました(汗)。

一同 : 笑。

——そのギャップが意外だなっていうか、新鮮ですよね。

キダ : 言葉にしていうのは苦手なんです。ああいう(tricot movie)表現のほうが好きです。
ヒロミ : 表現できているのかはわからんけど。
キダ : 中身がないからね(笑)。
ヒロミ : そう。中身がない方がテンションがあがっちゃう。
中嶋 : しょうもないことを全力でやるのがすごく楽しいんです。

——じゃあ、tricotは誰に向けて音楽をやっていると思いますか。

中嶋 : まずはメンバーですね。私はメンバーが一番納得できる音楽で、かっこいいと思える音楽を一生やりたいです。

——お話を聞くかぎり、曲作りはかなり感覚的に行われているんじゃないかと思ったんですが、いかがですか。

中嶋 : そうですね。誰かが最初から最後まで作ってくるっていうのはないですね。

——その感覚を信じて4人はtricotをやってきているわけですよね。実際に東京での自主企画がSOLD OUTしたり、「ARABAKI ROCK FEST.12.」に出演したりと、周りもザワザワしてきていますよね。そういう意味での環境も変わってきていると思うんですけど、それに対してはどう感じていますか。

中嶋 : 私らがかっこいいと思っているように、やっぱお前らもそう思うかって。

外部の声を聞かずに自分たちのスタイルだけでやってみたい

——それって、つまり自分たちの音楽に自信があるってことですよね。歌詞を聴いていると、よっぽど大人にイヤなイメージがあるのかなって思ってしまったんですが(笑)。

中嶋 : (笑)。メロディとかもそうなんですけど、ぼーっとどこかを散歩しているとか、チャリを漕いでいるとか、寝る前の布団とかでぽっと浮かんだりすることが多いんです。何で今出てくるのかわからないときに出てきたりとかして、急いでメモをするので。悩んでいてふさぎ込んでいるときに出てくるわけじゃなくて、何にも考えていないときに出てくるんです。

——あと、ライヴに行くたびにメジャーの関係者とかが、すごく増えていますよね。これだけ注目を浴びている中でメジャーでやらずに、自分たちのレーベルBAKURETSU RECORDSでやっているのはなぜですか?

中嶋 : 結成一年にも満たないころに、興味を持って見にきて下さった方もいたんですけど、何も分からずメジャーに入っても、今の私たちではすぐに消えちゃうんやろうなって思って。もうちょっと自分たちでしっかりして、私たちが私たちとして認められてからでもいいかなと思っていて。

——そこで一歩踏みとどまって、自分たちでやろうと思えたのはなぜなんでしょう。

中嶋 : 自分たちに自信があるからですね。私たちだったらいけるやろっていうのがあって。変に色づけされるよりは、行けるところまでこのメンバーで行きたいんです。

——行けるところっていうのは大きなステージでやるってこと?

中嶋 : それもそうですけど、内面的にも音楽的にももっと突き詰めたい。外部の声を聞かずに自分たちのスタイルだけでやってみたいんです。
komaki♂ : 今は、やりたい放題ですからね。
中嶋 : twitterでも言いたい放題できますし(笑)。

——そういえば、本作の1曲目「G.N.S」の仮タイトルは「U.N.K」で、UNKOの略だったそうですね(笑)。

中嶋 : そうなんです(笑)。多分ある程度好き放題させてもらえないと、いいところも削れていっちゃうような気がするんです。なので、自分たちで自由にできて満足できるようになってからでもいいかなと思って。

——tricotのスタイルを認めてもらってからでも遅くないですからね。

中嶋 : 認められたら、何をやってもそれがtricotだってなると思うんで。今は、それダメやろってことばかりやっちゃっているだろうから(笑)。

——じゃあ、自分たちでやれる可能性はまだまだあると実感しているわけですね。

中嶋 : そうですね。まだまだ一部でしかないと思います。

——これから、どういう音楽をやりたいか理想像は見えていますか。

中嶋 : これがやりたいっていうよりは、もっと違う曲をやりたいなとか、もっといい曲が出来るんやろうなっていう感じで、欲みたいなものが湧き出ています!

LIVE SUCHEDULE

レコ発ライヴ
2012/5/11(金) 京都 MOJO
2012/5/24(木) 新宿 LOFT

tricot “小学生と行く!SPACE TOUR 2012 梅雨”
2012/6/2(土) 宮城・仙台 PARK SQUARE
2012/6/3(日) 岩手・盛岡 club change
2012/6/5(火) 新潟・新潟 CLUB RIVERST
2012/6/7(木) 北海道・札幌 SPIRITUAL LOUNGE
2012/6/9(土) 香川・高松 DIME
2012/6/12(火) 福岡・福岡 graf
2012/6/13(水) 広島・広島 ナミキジャンクション
2012/6/15(金) 石川・金沢 vanvanV4
2012/6/16(土) 大阪・江坂 MUSE
2012/6/17(日) 愛知・名古屋 CLUB Zion

tricot ワンマン・ライヴ
2012年9月21日(金)下北沢SHELTER
開場 / 開演 : 19:00 / 19:30
オールスタンディング

LIVE REPORT

2012年4月8日@下北沢SHELTER「爆祭-BAKUSAI-vol.4」

tricotが、2012年4月8日に下北沢SHELTERで行った自主企画「爆祭-BAKUSAI-vol.4」の様子をレポート。当日の熱気、そして彼女たちを取り巻く状況をリアルに感じてください。

tricot MOVIE BEST SELECTION (by OTOTOY)

PROFILE

tricot

「このメンバーなら凄い事が出来る(絶対)!」と確信し、それまでの各々のバンド活動を終え、2010年9月1日、中嶋イッキュウ(Vo/Gt)、キダ モティフォ(Gt/Cho)、ヒロミ・ヒロヒロ(Ba/Cho)の3人でtricotを結成。2011年5月にサポート・メンバーであったkomaki♂(Drums)が正式加入。

展開の予測できない独特でスリリングな楽曲、それでいて耳から離れない中毒性の高いサウンドに、力強くも可憐で繊細なヴォーカルが絶妙にマッチし唯一無二の世界観を生み出している。ライヴでは見た目から想像出来る範囲を大きく超えた激しいパフォーマンスを披露し、リスナーはもちろん、ライヴ・ハウス関係者などからも絶賛されている。

>>tricot official HP

o

 
 

インタヴュー

桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! ロング・インタヴュー掲載
・2017年07月17日・マリー・アントワネットが2017年に転生したら?ーー桃井はるこ、「アニカル部!」テーマ楽曲を配信解禁!! 声優、作詞・作曲・編曲・歌唱をこなすシンガー・ソングライターであり、秋葉原をはじめとした日本のサブカルチャーにも造形の深い、桃井はるこ。彼女が2017年6月7日にリリースしたシングル『純愛マリオネット』を遂にOTOTOYで配信開始!! tokyo toricoへレーベル移籍し初めて発表した本作の表題曲「純愛マリオネット」は、アニマックスにて放送中の番組「アニカル部!」のオープニング・テーマとなっている。桃井は、アニソン、コスプレ、声優、ダンス、聖地巡礼など​日本が世界に誇るアニメ・カルチャーを毎回ゲストを招いて紹介していく同番組の顧問として出演もしており、まさに大活躍中。OTOTOYでは配信を記念し、桃井はるこへのロング・インタヴューを掲載する。 アニカル部! のオープニング・テーマを配信スタート!!桃井はるこ / 純愛マリオネット'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】単曲 257円(税込) / まとめ 500円(税込)【収録曲】''1. 純愛マリオ
by 西澤 裕郎
【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!!artist=173725
・2017年07月12日・【ハイレゾ独占配信】Borisの音の渦に呑み込まれて乾涸びろ!! これが世界最高峰の”より豊かな音楽”だ!! 1992年より活動開始。つまり結成25周年! 海外での評価が恐ろしく高く、ドゥームの重鎮サン O)))との共作、ナイン・インチ・ネイルズの全米アリーナツアーをサポート、オール・トゥモローズ・パーティー等の大規模フェスへの出演、幾度となるヘッドライン・ツアー、日本ではメジャー・レコード会社、エイベックスからのリリース経験もあるBoris。ヘヴィーな作品では大文字BORIS、実験的な作品では小文字borisと名義を使い分けていたが、近年ではその双方を盛り込んだ形態としてBoris名義で作品をリリースしている。そして彼らは2017年7月12日に、アルバム『DEAR』をリリース。ぶっちゃけ、じっくり聴かなくたって良い。これがなんなのかなんて考えなくていい。ただただ爆音で、音の渦にのまれてほしい。この音源がなんなのかは、あなたが音の渦に呑み込まれて乾涸びたあとに、じっくり以下のインタビューを読めば良いのだから。 ってことで、乾涸びた皆様のために、OTOTOY編集長でありバンド・Limited Express
by JJ
90年代USグランジ難破船が時代を辿り着いた先──新時代を告げるグランジ大型船、ニトロデイが横浜から出港
[CLOSEUP]・2017年07月12日・90年代USグランジ難破船が辿り着いた先は──新時代を告げる“ニトロデイ”という名の大型船が出港 新時代の到来だ。昨年の12月に〈RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN〉で他のバンドとは明らかな異彩を放ち優勝を果たしたロック・バンド、ニトロデイ。結成わずか1年足らずでの優勝という実績からもバンドの非凡な才能がひしひしと感じられる。なによりもこのバンドの最大の特徴はその若さと、いまの時代や流行を無視した音楽性だ。メンバーは現役高校生が主で、その高校生たちが鳴らす音楽は90年代のUSオルタナをルーツにした、いわゆるグランジである。現役高校生がグランジというだけでも興味を持っていただけるはずだが、インタヴューを通じてバンドの頭脳であるヴォーカル、小室ぺいのルーツや現況が見えてきた。大型新人、ニトロデイのインタヴューをぜひお楽しみください。 Nirvana meets NUMBER GIRLな国産グランジ! ニトロデイ / 青年ナイフEP'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 600円(税込)【
by JJ
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!
・2017年07月07日・フジロックいく人も、行かない人、これぐらい聴かなきゃ! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始! え、エイフェックス・ツインったら、コレでコレもんでしょう、え、聴いたことないの? とか言われちゃうマスト音源満載の過去音源が一挙OTOTOYでも配信開始です。具体的に言うと名門〈WARP〉に残してきたエイフェックス・ツイン名義の1990年代から2000年代初頭にかけての作品群。しかも、7月に行われるフジロックでは、2日目、7月29日(土)のヘッドライナーとしてひさびさの来日ライヴ! ということで、この作品群とともに、かなりの駆け足でそのキャリアでおさらいします。また今回の過去作配信開始に合わせて、これまでOTOTOYで配信していた2010年代の作品(ハイレゾ配信)にライナーPDFが付属するようになりました(すでに購入済みという方はアプリや再ダウンロードでどうぞ)。そして今回配信を開始した過去アルバム4作品もライナーPDF付きでお届けします。またアルバム未収録の、1990年代のシングルたちもロスレス形式で配信開始です。 WARP移籍までのエイフェックス・ツイン(面倒なら読み飛ばしちゃっても!)とりあえず抑えて
by 河村 祐介
遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出したアイドル・HAMIDASYSTEM
・2017年07月07日・遅刻魔、自信がない、人と関わるのが苦手──自分の殻からハミ出すアイドル、それが、HAMIDASYSTEM 「今の自分からはみ出すために、新しいシステムを作ろう。」という想いから結成された3人組アイドル・グループ、HAMIDASYSTEM。内気で自信が持てないメンバーのアイドルらしからぬ性格と、ポップな楽曲・激しいダンスが絶妙なギャップを生み出している。そんな彼女たちが、結成から半年の集大成となる1st mini album『START THIS SYSTEM!』をリリース。7月15日リリースの今作を、OTOTOYでは一足お先にハイレゾ音質で聴けちゃいます! さらにMP3音源は無料配信! こちらは1ヶ月の期間限定配信なので、ダウンロードはお早めに! 今回のインタヴューではネガティヴな言葉の中からも、結成に至るまでの経緯や直近の目標、そして遠い未来のことまで語ってもらった。ぜひ『START THIS SYSTEM!』と共にお楽しみください。 デビューから半年間の集大成! HAMIDASYSTEM / START THIS SYSTEM!'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) /
by JJ
【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP
[CLOSEUP]・2017年07月05日・【連続特集】第1弾、THE 夏の魔物「魂の共鳴」とは?ーー泉茉里&麻宮みずほが語る全員で作りあげたEP ロック・フェス〈夏の魔物〉の主催者・成田大致によって結成されたペンライトをふれるロックンロール・バンド、THE 夏の魔物が、7月12日にVAPより『シン・ マモノボンバイエ EP』をリリース。前山田健一作曲による「シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~」、DOTAMAがラップで参加した「RNRッッッ!!!」、麻宮みずほ作詞の「ハジメまして」など全5曲を収録。シン・マモノBAND(Gt.越川和磨、Ba. えらめぐみ、Dr.中畑大樹、Key.ハジメタル)によるバンド・スタイルでレコーディングされた本作に迫るべく、2週に渡り特集を敢行!! 第1週目は、メンバーの泉茉里と麻宮みずほへのインタヴューをお届けする。 THE 夏の魔物、メジャー・シングルを7月12日より配信開始THE 夏の魔物 / シン・マモノボンバイエ EP'【Track List】''1. シン・魔物BOM-BA-YE ~魂ノ共鳴編~2. RNRッッッ!!!3. マモノ・アラウンド・ザ・ワールド4. ハジメまして5. 恋しちゃいなびびっど
by 岡本 貴之
FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け”
[CLOSEUP]・2017年07月05日・FILMREEL、1stアルバムをリリース──ストロングゼロを飲むしかなかった男に訪れた“夜明け” 笹口騒音&ニューオリンピックスのギタリストである村井隆文が中心となり活動をする、FILMREEL。2015年、各所で話題を呼んだデビューEP『Snoozing.e.p』から約1年半、ついに1stフル・アルバム『フィルムの夜明け』が完成した。ニューウェイヴやシューゲイザーから影響を感じさせながらも、実にポップなサウンドをまとわせた楽曲が並ぶ今作『フィルムの夜明け』。OTOTOYでは7月5日(水)より、今作のハイレゾ配信を開始。合わせて7月12日(水)までの期間限定で、アルバムに収録されている全楽曲のフル試聴を実施。前作をリリース後、頭が真っ白になり、酒を飲むしかなかったという村井。そんな彼が、酔いから醒め世間に放つ今作を、ぜひこの機会に聴いてみてはいかがだろう。 新アルバムをハイレゾ配信 & 期間限定(7月5日から7月12日まで)フル視聴!! FILMREEL / フィルムの夜明け'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 216円(税
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事