【独占配信】おやすみホログラム、リキッドルームが踊った夜 3rdワンマン〈fake a show〉ハイレゾ配信

八月ちゃんとカナミルからなる2人組ユニット・おやすみホログラムが、2016年11月16日(水)、恵比寿リキッドルームにて3rdアルバム・リリース・ワンマン公演〈fake a show〉を開催。ゲストにVMO、浅見北斗(Have a Nice Day!)を迎え、「踊る」ことをテーマに全編打ち込みで制作された3rdアルバム『。。。』をライヴで体現。OTOTOYではその一夜をライヴ・レコーディング、配信開始する。おやホロ史上最大キャパでのワンマン! 本作を聴かずして、2016年の年末は越せないでしょ!?

リキッドルームでの3rdワンマン・ライヴ音源をハイレゾ配信

おやすみホログラム / 3rdアルバムリリースワンマン公演「fake a show」@LIQUIDROOM(24bit/48kHz)

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
まとめ購入のみ 1,500円

【トラック・リスト】
1. sister(interlude)
2. ニューロマンサー
3. forever young〜Tab song
4. 11
5. 夜、走る人
6. note(JitteryJackal remix)
7. 真昼のダンス
8. too young
9. friday
10. fairytale
11. sea song
12. ニューロマンサー(VMO REMIX)
13. エメラルド(remix)(おやすみホログラム, 浅見北斗(Have a Nice Day!))
14. empty page
15. planet

※アルバムまとめ購入のお客さまには、ライヴ写真データで特典でついてきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
All Songs Performed by おやすみホログラム

Recorded by 谷健太
Mixed & Mastered by 徳永宏
Recorded at LIQUIDROOM

All photos by 稲垣謙一

Artist Management 小川晃一、望月慎之輔(オモチレコード)
Project Director 西澤裕郎(OTOTOY)

Produced by OTOTOY、オモチレコード、小川晃一
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LIVE REPORT

2016年11月16日(水)、恵比寿リキッドルームにて、おやすみホログラム(以下、おやホロ)が3rdアルバム・リリース・ワンマン公演〈fake a show〉を開催した。

リキッドルームは約1,000人を収容できるライヴ会場で、近年ではアイドルも大きな節目としてのワンマンを目指す場所のひとつとなっている。

約1年前、新宿LOFTを拠点に「東京アンダーグラウンド」というシーンが生まれ盛り上がりを見せていた。おやホロ、Have a Nice Day! (以下、ハバナイ) 、Nature Danger Gangの3組を中心としたその活動の様子は映画「モッシュピット」に記録されているが、その3組のなかでも一足先にシーンを飛び出したのがハバナイだった。


映画『モッシュピット』DVD 2016年11月9日発売 予告

2015年11月18日、ハバナイが『Dystopia Romance』のリリース・パーティーをリキッドルームで行い925人を集客。おやホロはそのパーティにステージ・ゲストとして登場し「エメラルド」1曲をハバナイと共演した。ハバナイはそのライヴ以降、渋谷のライヴハウス(O-WEST)でワンマンを行ったり、シーン以外のバンドとの対バンも増えていった。

そんな活躍を横目に、おやホロも自分たちの道を探していた2016年だった。彼女たちのアルバムの変遷を辿るとよくわかるが、基本的な精神はオルタナティヴなロックである。アルバムにタイトルをつけたくないというモチベーションや、1stではガレージロック、2ndではエレクトロを取り入れたサウンド、3rdでは「踊る」をテーマにした完全打ち込みのサウンドへと変化を遂げるなど常に進化を求めている。

そんな彼女たちにとって様々な想いを持って臨むことになったのがリキッドルームというハコだった。おやホロは2ndワンマンをO-WESTで行い見事満員御礼のなかでライヴを行ったが、その直前に同会場でハバナイがワンマンを開催するなど、どうしてもハバナイの影を追っているように見えることも少なくなかった。

そうしたなかで臨むリキッドルーム・ワンマン。直前のトーク・イベント「おやすみホログラム爆音視聴会」で、カナミルと八月ちゃんはステージ上で感情をぶつけあうこととなった。筆者は司会進行として登壇しており、そのときの様子を目前で見ていたのだが、ここまでお互い感情的になっている姿を見るのは初めてだった。ハバナイが集めたお客さん以上の人を集めたいという八月ちゃん、それに縛られるのではなく新しいおやホロを見せたいというカナミル、それぞれの主張が涙とともにぶつかりあった一夜。客席では酩酊したお客さんたちも声をあげており、一体ワンマンはどうなってしまうのかとステージの端で思うことしかできなかった。

ワンマン開催前の1週間、やホロは3rdアルバム『。。。』をOTOTOYで先行配信、アルバム再現ライヴを新宿LOFTで行うなど、ワンマンまで情報や体力を残すことなく、やれることをやりつくして当日を迎えた。

リキッドルームワンマン当日。リハーサル前の会場につくと、ステージの装飾を八月ちゃんが指揮をとっていた。ステージ両脇には八月ちゃんとカナミルを模した巨大なオブジェが置かれ、天井からは正方形のスクリーンらしきものが垂らされている。これまで2回開催されてきたワンマンはいずれもバンド編成だったが今回は完全なるDJセットであり、まったく違うライヴが繰り広げられることが予想された。そしてスタートした本番はやはり、おやすみホログラムが自分たちの道を示すような内容となった。

白い衣装に身を包みロシア帽をかぶったプロデューサーの小川晃一がDJセット前に表れ「sister(interlude)」を流すと、ステージ上に設置された手作りのスクリーンに映像が流され、さらに白い服装に仮面をかぶったダンサーたちもステージ上に登場。「ニューロマンサー」のイントロが流れると八月ちゃんとカナミルの2人が現れライヴがはじまった。基本的にMCなしで打ち込みのライヴはこれまでのエモーショナルさを極力排除しており、テーマである「踊る」ことに注力したものとなった。本編は11曲、1時間弱という長さで、やや物足りなさを感じるくらいのヴォリュームだった。

少しのインターバルをはさんで始まったアンコール1曲目は、ピアノのイントロではじまる「ニューロマンサー(VMO REMIX)」。VMOの2人がゲストとして登場するとデスヴォイスでおやホロの2人と共演しそのまま客席にダイブを見せた。アンコール2曲目は、因縁のハバナイ・浅見北斗が登場、「エメラルド(remix)」を共演。リミックスが施され完全ダンス仕様となった「エメラルド」はハバナイ色が払拭され、おやホロオリジナルと言えるくらいに変化を見せたものだった。「おやすみホログラム爆音視聴会」で涙ながらにぶつかりあった2人は、このワンマンでおやホロらしさを発揮すること1点に向かっているように見えた。誤解を恐れず言うのなら、このワンマンに置いて、この共演はハイライトではなかった。すでにおやホロはハバナイの影から解き放たれ、おやホロにしか歩めない道を歩んでいた。

「エメラルド(remix)」を歌い終え、再び2人になったおやホロは「empty page」を披露、そして最後に歌ったのは前回のO-WESTワンマンで初披露した楽曲「planet」だった。途中八月ちゃんが「おやホロのダンスを」と叫んだように、じわじわと腰をゆらすディスコ調のサウンドがこの日のワンマンを、そしておやホロがおやホロの道を進んでいることを強く印象付けた。初期衝動に突き動かされるようなぐっちゃぐっちゃで激しいライヴから、じっくり自分たちの歌とコーラスワークを披露するようなライヴへ、アイドルというフォーマットを使いながらもアーティストとしての可能性にも踏み込んだ夜だった。

簡潔に言うのであれば、1stワンマン、2ndワンマンのシンガロングを起こすような肉体的なライヴから、それだけでなく客席で個人個人がステップを踏めるダンスへと変化を見せた3rdライヴ。このライヴの時点で次回のワンマンなどのサプライズ発表はなかったが、プロデューサーの小川はすでに次作への構想を語り始めている。しかも、GREEN DAYの『Dookie』のようなアルバムを作りたいと言っている。

このワンマンから約1ヶ月後、2017年元旦のライヴをもってNature Danger Gangが活動休止することを発表した。「東京アンダーグラウンド」という場所から、それぞれの道へと向かうこととなった3組。そのなかでも、2017年のおやホロがどのような方向に進んでいくかはまだわからない。しかし、この3rdワンマンは確実におやすみホログラムがおやすみホログラムとしてのアイデンティティを示した一夜であったことに間違いない。(text by 西澤裕郎)

LIVE SCHEDULE

Beat Happening! 1700回記念PANIC!
2016年12月28日(水)@下北沢basement bar
時間 : OPEN 18:00 / START 18:30
料金 : 前売 2,800円 / 当日 3,300円(+1D)
出演 : 絵恋 / コレサワ / KETTLES / あいみょん / みるきーうぇい / おやすみホログラム / リンダ&マーヤ(N’夙川BOYS)

年末の風物詩PUFF DADDY大感謝祭!
2016年12月30日(金)@心斎橋CONPASS
時間 : OPEN 16:00 START 16:30
料金 : 前売 2,500円 / 当日 3,000円(+1D)
出演 : おやすみホログラム / VMO / OYSMVMO / Laxenanchaos / extremeOBSN / DJ hOLysHiT / and more

関連作品も配信中

おやホロ、3rdアルバムをハイレゾ配信中

おやすみホログラム / 。。。(24bit/48kHz)

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
単曲 270円 まとめ購入 1,620円

【トラック・リスト】
1. fairytale
2. 真昼のダンス
3. planet
4. friday
5. sister(interlude)
6. sea song
7. empty page

※アルバムまとめ購入でデジタル・ブックレットが特典としてつきます。

おやホロ、2ndアルバムをハイレゾ配信

おやすみホログラム / 2(24bit/48kHz)

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC

【価格】
単曲 250円 / まとめ購入 1,500円

【トラック・リスト】
1. 帰り路
2. too young
3. 11
4. underwater
5. our future
6. strawberry
7. ニューロマンサー

※アルバムまとめ購入のお客さまには、歌詞ブックレットがデータでついてきます。

おやホロ、初フル・アルバム

おやすみホログラム / おやすみホログラム

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 250円 / まとめ購入 2,000円

【トラック・リスト】
1. Plan
2. Before
3. Drifter
4. Machine song
5. note
6. 揺れた
7. 夜、走る人
8. forever young(Have a Nice Day! cover)
9. tab song
10. 誰かの庭

※アルバムまとめ購入のお客さまには、歌詞ブックレットがデータでついてきます。

おやホロ、2ndワンマンのライヴ音源をハイレゾ配信

おやすみホログラム / セカンドワンマンライブ『2』@O-WEST(24bit/48kHz)

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
まとめ購入 1,500円

【トラック・リスト】
1. too young(DJ set) / 2. note(DJ set) / 3. ニューロマンサー(DJ set) / 4. machine song / 5. plan / 6. last dance / 7. before / 8. strawberry / 9. forever young / 10. underwater / 11. note / 12. 帰り路 / 13. 夜、走る人 / 14. 11 / 15. 誰かの庭 / 16. drifter / 17. ニューロマンサー / 18. planet(DJ set)

「エメラルド」のレコ発にして封印パーティをハイレゾにて配信スタート!!

おやすみホログラム / エメラルド〜おやすみホログラム×Have a Nice Day! "エメラルドEP" リリースパーティー@渋谷WWW(24bit/48kHz)

【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC

【配信価格】 まとめ価格 1,000円

収録曲 :
1. Befotr
2. 夜走る人
3. Last Dance
4. Note
5. Machine Song
6. Drifter

Have a Nice Day! / エメラルド〜おやすみホログラム×Have a Nice Day! "エメラルドEP" リリースパーティー@渋谷WWW(24bit/48kHz)

【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC

【配信価格】 まとめ価格 1,000円

収録曲 :
1. ソンビパーティー
2. too long vacation
3. fuck yesterday
4. 秘密警察
5. Are You Ready?(suck my dick)
6. フォーエバーヤング
7. エメラルド

ハイレゾについてはこちらから

「エメラルド」のハイレゾ配信もしています!!
Have a Nice Day! × おやすみホログラム / エメラルド(24bit/44.1kHz)

【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC

【配信価格】 単曲 200円 / まとめ価格 1,000円

収録曲 :
1. エメラルド
2. Drifter(Have a Nice Day! remix)
3. ロックンロールの恋人
4. 夜、走る人
5. フォーエバーヤング(おやすみホログラム cover.)

>>>トップ・ヲタ座談会はこちらから

PROFILE

おやすみホログラム

2014年9月より現体制で活動を開始。

八月ちゃんと望月かなみからなる二人組ユニットだが、オルタナティヴなバンド・セットやアコースティックセット、ラッパーのハハノシキュウとのコラボなど、ライムベリーのMC MIRIと八月ちゃんのユニット「8mm」など、様々なジャンルをまたいで活動中! また個人として八月ちゃんは美術家として個展やTシャツなどのデザインを手がけ、望月かなみは趣味のゲームを活かしたイベントを組んでいる。

>>おやすみホログラム OFFICIAL HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表
[CLOSEUP]・2017年02月10日・【リミックス・コンテスト優秀作品フリーDL】PAELLASがリミックス・コンテストの結果を発表 昨年末にリリースされたPAELLASの『Pressure』。現在の空気にドンピシャなインディR&Bのサウンドを携えたモダンなバンド・サウンドで話題を集めている。このアルバムのリリースに際して、OTOTOYではリミックス・コンテストを開催しました。制作期間は、ほぼ1ヶ月程度とかなりタイトな日程のなかでたくさんのご応募ありがとうございました! ということで本ページにて優秀作品を発表させていただきます。またこの優秀作品は後ほどOTOTOYでも配信開始。 リミックス・コンテスト優秀作品フリーDLPAELLAS / REMIXES(24bit/48kHz)'【Track List】01. girl talk msd.remix 02. P house feat. ENNE blur Like Progressive House Remix03. P house feat. ENNE My Little Bears re:mix04. P house feat. ENNE (Yasuha. Remix)05. P hous
by 河村 祐介
【ハイレゾ配信】トータスのギタリストによるポスト・ディラ・ビートなアルバム
[CLOSEUP]・2017年04月14日・トータスのギタリスト、ジェフ・パーカー、ディラからの影響を公言する作品をハイレゾ・リリース! Chicago Underground、Activities Of Dustをはじめ、現在もトータスのメンバーとして活躍する名手、ギタリストのジェフ・パーカーが2016年6月にリリースしたソロ2作目『The New Breed』の日本盤がリリースされた。日本盤では、レーベルメイトであるシカゴ在住のドラマー、マカヤ・マクレイヴンによる「Logan Hardware Remix」が追加収録されている。シカゴの新興レーベル〈International Anthem〉から昨年リリースされていた本作は、NPR、Observer、New York Times、Los Angeles Times、Aquarium Drunkard、Bandcamp等アメリカの音楽メディアで年間ベストにランクインし、非常に高い評価を獲得している。OTOTOYでは、こちらハイレゾ版のデジタル配信を行うとともに、アルバム全体購入に、CDと同様、柳樂隆光(『JAZZ THE NEW CHAPTER』監修者)によるライナーノーツをPDFで同梱。きめ細やか
by 寺島 和貴
はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておこう
[CLOSEUP]・2017年04月07日・はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし おかげさまで、OTOTOYでは女性アイドル&グループを取り上げることが増えました。きっかけになったのは新生アイドル研究会ことBiSの存在。当時、インディ・ロックのツボを押さえたエモーショナルな楽曲は新鮮で、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、Especia、Negicco、おやすみホログラムをはじめ、3776、KOTO、amiinAなど、バラエティ豊かなアイドルたちを特集してきました。いまなお、ヤなことそっとミュートや新しいアイドルたちが登場しており、ワクワクした状況が続いています。 そんな折、OTOTOYでは男性アイドル&グループをほとんど取り上げていないことに気がつきました。BiSをきっかけにいろいろなグループに魅了されたように、男性アイドルやグループにも、たくさんの魅力があるんじゃないか。そう思い立ち、一度男性アイドル&グループ特集を組んでみることにしました。男性アイドル・グループを愛してやまない音楽関係者Mr.Kに話を聴きながら、これは押さえておいたほうがいいというグループをまとめてみました。こんなの常識でしょ? と思われる方もい
by 西澤 裕郎
★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月13日・日常こそスペシャルに──★STAR GUiTAR、全編インストのベスト・アルバムをリリース 華麗なピアノの音色とテクノを基軸にダンス・ミュージックの歴史に挑み続ける「★STAR GUiTAR」。昨年11月にリリースされた歌モノにフォーカスしたベスト・アルバム『Here and There』に続き、今回は彼の真骨頂ともいうべきインスト楽曲のベスト盤をリリース! オトトイではもちろんハイレゾ配信を実施。今作には、JAZZとダンス・ミュージックをクロスオーバーする話題のバンドStill Caravanをはじめ、Chieko Kikuchi(KAGERO)、fox capture plan、H ZETT M、Hidetake Takayama、Hiroko Sebu、MELTEN (JABBERLOOP,fox capture plan)、re:plus、Schroedr-Headzという超豪華な面々が集結。珠玉の楽曲が15曲収録されています。今回のインタヴューでは、インストを手がけるなかで生じた彼自身の考え方の変化や、このアルバムに対する思いなどを語ってもらった。 インスト楽曲のベスト・アルバムをハイレゾで! ★
by JJ
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月12日・「天才」が歩んだ10年間の軌跡──長澤知之、全34曲収録のアンソロジー・アルバムをリリース 長澤知之が2017年4月12日にアンソロジー・アルバム『Archives #1』をリリースする。2006年に驚異の才能でデビューを飾り、以降“孤高の天才”と称された彼の10年間の軌跡が、このアルバムには詰まっている。今回OTOTOYでは金子厚武による長澤へのインタヴューを敢行。10年間の活動を紐解くとともに、長澤知之という人物にもフォーカスしたインタヴューとなっています。ぜひ『Archives #1』を聴きながら楽曲で、そしてインタビューで彼の活動を振り返ってみてください。 デビュー10周年を記念するアンソロジー・アルバム 長澤知之 / Archives #1'【配信形態】AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 2,400円(税込)【収録曲】''1. あんまり素敵じゃない世界2. フラッシュバック瞬き3. 夢先案内人4. バベル 5. センチメンタルフリーク6. スーパーマーケット・ブルース7. Stop The Music8. バニラ (2014 Acoustic) 9. MEDAMAYAKI10.
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事