【独占配信】おやすみホログラム、リキッドルームが踊った夜 3rdワンマン〈fake a show〉ハイレゾ配信

八月ちゃんとカナミルからなる2人組ユニット・おやすみホログラムが、2016年11月16日(水)、恵比寿リキッドルームにて3rdアルバム・リリース・ワンマン公演〈fake a show〉を開催。ゲストにVMO、浅見北斗(Have a Nice Day!)を迎え、「踊る」ことをテーマに全編打ち込みで制作された3rdアルバム『。。。』をライヴで体現。OTOTOYではその一夜をライヴ・レコーディング、配信開始する。おやホロ史上最大キャパでのワンマン! 本作を聴かずして、2016年の年末は越せないでしょ!?

リキッドルームでの3rdワンマン・ライヴ音源をハイレゾ配信

おやすみホログラム / 3rdアルバムリリースワンマン公演「fake a show」@LIQUIDROOM(24bit/48kHz)

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
まとめ購入のみ 1,500円

【トラック・リスト】
1. sister(interlude)
2. ニューロマンサー
3. forever young〜Tab song
4. 11
5. 夜、走る人
6. note(JitteryJackal remix)
7. 真昼のダンス
8. too young
9. friday
10. fairytale
11. sea song
12. ニューロマンサー(VMO REMIX)
13. エメラルド(remix)(おやすみホログラム, 浅見北斗(Have a Nice Day!))
14. empty page
15. planet

※アルバムまとめ購入のお客さまには、ライヴ写真データで特典でついてきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
All Songs Performed by おやすみホログラム

Recorded by 谷健太
Mixed & Mastered by 徳永宏
Recorded at LIQUIDROOM

All photos by 稲垣謙一

Artist Management 小川晃一、望月慎之輔(オモチレコード)
Project Director 西澤裕郎(OTOTOY)

Produced by OTOTOY、オモチレコード、小川晃一
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LIVE REPORT

2016年11月16日(水)、恵比寿リキッドルームにて、おやすみホログラム(以下、おやホロ)が3rdアルバム・リリース・ワンマン公演〈fake a show〉を開催した。

リキッドルームは約1,000人を収容できるライヴ会場で、近年ではアイドルも大きな節目としてのワンマンを目指す場所のひとつとなっている。

約1年前、新宿LOFTを拠点に「東京アンダーグラウンド」というシーンが生まれ盛り上がりを見せていた。おやホロ、Have a Nice Day! (以下、ハバナイ) 、Nature Danger Gangの3組を中心としたその活動の様子は映画「モッシュピット」に記録されているが、その3組のなかでも一足先にシーンを飛び出したのがハバナイだった。


映画『モッシュピット』DVD 2016年11月9日発売 予告

2015年11月18日、ハバナイが『Dystopia Romance』のリリース・パーティーをリキッドルームで行い925人を集客。おやホロはそのパーティにステージ・ゲストとして登場し「エメラルド」1曲をハバナイと共演した。ハバナイはそのライヴ以降、渋谷のライヴハウス(O-WEST)でワンマンを行ったり、シーン以外のバンドとの対バンも増えていった。

そんな活躍を横目に、おやホロも自分たちの道を探していた2016年だった。彼女たちのアルバムの変遷を辿るとよくわかるが、基本的な精神はオルタナティヴなロックである。アルバムにタイトルをつけたくないというモチベーションや、1stではガレージロック、2ndではエレクトロを取り入れたサウンド、3rdでは「踊る」をテーマにした完全打ち込みのサウンドへと変化を遂げるなど常に進化を求めている。

そんな彼女たちにとって様々な想いを持って臨むことになったのがリキッドルームというハコだった。おやホロは2ndワンマンをO-WESTで行い見事満員御礼のなかでライヴを行ったが、その直前に同会場でハバナイがワンマンを開催するなど、どうしてもハバナイの影を追っているように見えることも少なくなかった。

そうしたなかで臨むリキッドルーム・ワンマン。直前のトーク・イベント「おやすみホログラム爆音視聴会」で、カナミルと八月ちゃんはステージ上で感情をぶつけあうこととなった。筆者は司会進行として登壇しており、そのときの様子を目前で見ていたのだが、ここまでお互い感情的になっている姿を見るのは初めてだった。ハバナイが集めたお客さん以上の人を集めたいという八月ちゃん、それに縛られるのではなく新しいおやホロを見せたいというカナミル、それぞれの主張が涙とともにぶつかりあった一夜。客席では酩酊したお客さんたちも声をあげており、一体ワンマンはどうなってしまうのかとステージの端で思うことしかできなかった。

ワンマン開催前の1週間、やホロは3rdアルバム『。。。』をOTOTOYで先行配信、アルバム再現ライヴを新宿LOFTで行うなど、ワンマンまで情報や体力を残すことなく、やれることをやりつくして当日を迎えた。

リキッドルームワンマン当日。リハーサル前の会場につくと、ステージの装飾を八月ちゃんが指揮をとっていた。ステージ両脇には八月ちゃんとカナミルを模した巨大なオブジェが置かれ、天井からは正方形のスクリーンらしきものが垂らされている。これまで2回開催されてきたワンマンはいずれもバンド編成だったが今回は完全なるDJセットであり、まったく違うライヴが繰り広げられることが予想された。そしてスタートした本番はやはり、おやすみホログラムが自分たちの道を示すような内容となった。

白い衣装に身を包みロシア帽をかぶったプロデューサーの小川晃一がDJセット前に表れ「sister(interlude)」を流すと、ステージ上に設置された手作りのスクリーンに映像が流され、さらに白い服装に仮面をかぶったダンサーたちもステージ上に登場。「ニューロマンサー」のイントロが流れると八月ちゃんとカナミルの2人が現れライヴがはじまった。基本的にMCなしで打ち込みのライヴはこれまでのエモーショナルさを極力排除しており、テーマである「踊る」ことに注力したものとなった。本編は11曲、1時間弱という長さで、やや物足りなさを感じるくらいのヴォリュームだった。

少しのインターバルをはさんで始まったアンコール1曲目は、ピアノのイントロではじまる「ニューロマンサー(VMO REMIX)」。VMOの2人がゲストとして登場するとデスヴォイスでおやホロの2人と共演しそのまま客席にダイブを見せた。アンコール2曲目は、因縁のハバナイ・浅見北斗が登場、「エメラルド(remix)」を共演。リミックスが施され完全ダンス仕様となった「エメラルド」はハバナイ色が払拭され、おやホロオリジナルと言えるくらいに変化を見せたものだった。「おやすみホログラム爆音視聴会」で涙ながらにぶつかりあった2人は、このワンマンでおやホロらしさを発揮すること1点に向かっているように見えた。誤解を恐れず言うのなら、このワンマンに置いて、この共演はハイライトではなかった。すでにおやホロはハバナイの影から解き放たれ、おやホロにしか歩めない道を歩んでいた。

「エメラルド(remix)」を歌い終え、再び2人になったおやホロは「empty page」を披露、そして最後に歌ったのは前回のO-WESTワンマンで初披露した楽曲「planet」だった。途中八月ちゃんが「おやホロのダンスを」と叫んだように、じわじわと腰をゆらすディスコ調のサウンドがこの日のワンマンを、そしておやホロがおやホロの道を進んでいることを強く印象付けた。初期衝動に突き動かされるようなぐっちゃぐっちゃで激しいライヴから、じっくり自分たちの歌とコーラスワークを披露するようなライヴへ、アイドルというフォーマットを使いながらもアーティストとしての可能性にも踏み込んだ夜だった。

簡潔に言うのであれば、1stワンマン、2ndワンマンのシンガロングを起こすような肉体的なライヴから、それだけでなく客席で個人個人がステップを踏めるダンスへと変化を見せた3rdライヴ。このライヴの時点で次回のワンマンなどのサプライズ発表はなかったが、プロデューサーの小川はすでに次作への構想を語り始めている。しかも、GREEN DAYの『Dookie』のようなアルバムを作りたいと言っている。

このワンマンから約1ヶ月後、2017年元旦のライヴをもってNature Danger Gangが活動休止することを発表した。「東京アンダーグラウンド」という場所から、それぞれの道へと向かうこととなった3組。そのなかでも、2017年のおやホロがどのような方向に進んでいくかはまだわからない。しかし、この3rdワンマンは確実におやすみホログラムがおやすみホログラムとしてのアイデンティティを示した一夜であったことに間違いない。(text by 西澤裕郎)

LIVE SCHEDULE

Beat Happening! 1700回記念PANIC!
2016年12月28日(水)@下北沢basement bar
時間 : OPEN 18:00 / START 18:30
料金 : 前売 2,800円 / 当日 3,300円(+1D)
出演 : 絵恋 / コレサワ / KETTLES / あいみょん / みるきーうぇい / おやすみホログラム / リンダ&マーヤ(N’夙川BOYS)

年末の風物詩PUFF DADDY大感謝祭!
2016年12月30日(金)@心斎橋CONPASS
時間 : OPEN 16:00 START 16:30
料金 : 前売 2,500円 / 当日 3,000円(+1D)
出演 : おやすみホログラム / VMO / OYSMVMO / Laxenanchaos / extremeOBSN / DJ hOLysHiT / and more

関連作品も配信中

おやホロ、3rdアルバムをハイレゾ配信中

おやすみホログラム / 。。。(24bit/48kHz)

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
単曲 270円 まとめ購入 1,620円

【トラック・リスト】
1. fairytale
2. 真昼のダンス
3. planet
4. friday
5. sister(interlude)
6. sea song
7. empty page

※アルバムまとめ購入でデジタル・ブックレットが特典としてつきます。

おやホロ、2ndアルバムをハイレゾ配信

おやすみホログラム / 2(24bit/48kHz)

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC

【価格】
単曲 250円 / まとめ購入 1,500円

【トラック・リスト】
1. 帰り路
2. too young
3. 11
4. underwater
5. our future
6. strawberry
7. ニューロマンサー

※アルバムまとめ購入のお客さまには、歌詞ブックレットがデータでついてきます。

おやホロ、初フル・アルバム

おやすみホログラム / おやすみホログラム

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC / MP3

【価格】
単曲 250円 / まとめ購入 2,000円

【トラック・リスト】
1. Plan
2. Before
3. Drifter
4. Machine song
5. note
6. 揺れた
7. 夜、走る人
8. forever young(Have a Nice Day! cover)
9. tab song
10. 誰かの庭

※アルバムまとめ購入のお客さまには、歌詞ブックレットがデータでついてきます。

おやホロ、2ndワンマンのライヴ音源をハイレゾ配信

おやすみホログラム / セカンドワンマンライブ『2』@O-WEST(24bit/48kHz)

【配信形態】
ALAC / FLAC / WAV、AAC
>>>ハイレゾとは?

【価格】
まとめ購入 1,500円

【トラック・リスト】
1. too young(DJ set) / 2. note(DJ set) / 3. ニューロマンサー(DJ set) / 4. machine song / 5. plan / 6. last dance / 7. before / 8. strawberry / 9. forever young / 10. underwater / 11. note / 12. 帰り路 / 13. 夜、走る人 / 14. 11 / 15. 誰かの庭 / 16. drifter / 17. ニューロマンサー / 18. planet(DJ set)

「エメラルド」のレコ発にして封印パーティをハイレゾにて配信スタート!!

おやすみホログラム / エメラルド〜おやすみホログラム×Have a Nice Day! "エメラルドEP" リリースパーティー@渋谷WWW(24bit/48kHz)

【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC

【配信価格】 まとめ価格 1,000円

収録曲 :
1. Befotr
2. 夜走る人
3. Last Dance
4. Note
5. Machine Song
6. Drifter

Have a Nice Day! / エメラルド〜おやすみホログラム×Have a Nice Day! "エメラルドEP" リリースパーティー@渋谷WWW(24bit/48kHz)

【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC

【配信価格】 まとめ価格 1,000円

収録曲 :
1. ソンビパーティー
2. too long vacation
3. fuck yesterday
4. 秘密警察
5. Are You Ready?(suck my dick)
6. フォーエバーヤング
7. エメラルド

ハイレゾについてはこちらから

「エメラルド」のハイレゾ配信もしています!!
Have a Nice Day! × おやすみホログラム / エメラルド(24bit/44.1kHz)

【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC

【配信価格】 単曲 200円 / まとめ価格 1,000円

収録曲 :
1. エメラルド
2. Drifter(Have a Nice Day! remix)
3. ロックンロールの恋人
4. 夜、走る人
5. フォーエバーヤング(おやすみホログラム cover.)

>>>トップ・ヲタ座談会はこちらから

PROFILE

おやすみホログラム

2014年9月より現体制で活動を開始。

八月ちゃんと望月かなみからなる二人組ユニットだが、オルタナティヴなバンド・セットやアコースティックセット、ラッパーのハハノシキュウとのコラボなど、ライムベリーのMC MIRIと八月ちゃんのユニット「8mm」など、様々なジャンルをまたいで活動中! また個人として八月ちゃんは美術家として個展やTシャツなどのデザインを手がけ、望月かなみは趣味のゲームを活かしたイベントを組んでいる。

>>おやすみホログラム OFFICIAL HP

o

 
 

ライヴレポート

【LIVEREPORT】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデ、2時間のピアノ・ソロ・ライヴ
[CLOSEUP]・2017年10月13日・【ライヴ・レポート】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデが2時間のピアノ・ソロ・ライヴで見せたもの ワンダフルボーイズのヴォーカルや、天才バンドの鍵盤、ベース、さらに読書ラバダブDJ、イベントLove sofaのオーガナイザーまで務めるマルチ・アーティスト、Sundayカミデ。そんな彼が2017年9月24日(日)、上野恩賜公園野外ステージでピアノ・ソロ・ライヴを行った。サックス奏者のUJをはじめ、エレキコミックのやついいちろう、ナイツの塙宣之をゲストに向かえた今回のライヴ。彼らとの共演で、果たしてどのようなステージが繰り広げられたのだろうか。Sundayカミデらしい、感動と笑いたっぷりのライヴの様子をお届けします。 LIVE REPORT : Sundayカミデ Sundayカミデ(以下、Sunday)のピアノ・ソロ・ライヴ〈ピアノKISS!!! ~君が誰かの平和 to the ダラダラ天王寺ストーリーTHIS IS 君は僕の最高の夜のベイビーParty in the フューチャーになりくさっても!!!~〉が9月24日、上野恩賜公園野外ステージ(上野水上音楽堂)で行われた。 先日OTOTOYでイン
ゆるめるモ!、 ツアーファイナル・赤坂BLITZワンマンの音源をハイレゾ配信!
[FEATURE]・2017年08月25日・誰も同じになんてなれない、同じものなんて1つもない!ーーゆるめるモ! 赤坂BLITZワンマンをハイレゾ配信 ニューウェイヴ・グループ、ゆるめるモ! が、2017年7月23日、赤坂BLITZにて開催したワンマン・ライヴ〈ディスコサイケデリカツアーファイナル〉のハイレゾ音源を、OTOTOYにて独占配信スタート。同ワンマンは、6月28日に発売されたミニ・アルバム『ディスコサイケデリカ』を引っさげ行われた全国ツアー〈ディスコサイケデリカツアー〉のツアー・ファイナル。グループとしては2回目の赤坂BLITZワンマンであり、バンド編成で気合いの入った熱い一夜となった。10月4日には5周年を記念したシングル、11月29日にはフル・アルバムのリリース、各作を引っさげたツアーも決定。2018年1月6日にはZepp Tokyoでツアー・ファイナルを行うゆるめるモ! の勢いは止まらない!! 4人体制初となる赤坂BLITZワンマンのライヴ音源をハイレゾ配信ゆるめるモ! / ディスコサイケデリカツアーファイナル at 赤坂BLITZ(24bit/48kHz)'【Track List】1. melted2. うんめー3. 1!2!か
演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバム『DRAWINGS』を予約受付開始!
[CLOSEUP]・2017年08月01日・演奏、歌、映像が三位一体となった、Nabowa先行レコ発ライヴ──新アルバムを予約受付開始! フェスへの多数出演経験、海外公演を行うなど精力的活動を見せる彼らが、2017年8月23日、3年2ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム『DRAWINGS』をリリースする。その発売とリリース・ツアーに先駆け、渋谷WWWにて先行レコ発ライヴ〈Nabowa Drawing〉を決行。OTOTOYでは今作の独占ハイレゾ配信を予定。現在予約受付中です、おたのしみに! OTOTOYにて独占ハイレゾ配信! 予約受付中! Nabowa / DRAWINGS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム販売のみ 2,300円(税込)【収録曲】1. Slipper de2. Ping Pong3. Ooh la la4. My Heartbeat (Belongs To You) [feat. Naz Yamada]5. Casablanca6. Af-roman7. Bell8. Seven Seasons9. Swan10. U411. Precious Mome
胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月04日・胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始 2017年7月18日、渋谷O-nestにて“ふたりの文学”による自主企画〈ふたりの文学〜二綴り目〜〉が開催された。このライヴは彼らの2ndシングル『シティライナー』のリリース・パーティーとして開催された。「東京を感じさせる日」をテーマに、表現の仕方は違いつつも、つねに“気持ちのいい”音楽を届けている3アーティストが揃ったライヴとなった。OTOTOYでは本公演のライヴ・レポートをお届け。と、ともに会場と通販でリリースし、すでにソールドアウトしていた、ふたりの文学の1stシングル『わだかまりの秘密』を配信開始。さらには、2017年8月4日から8月10日までの期間限定でリード曲「わだかまりの秘密」のフリー配信も。ぜひライヴ・レポート、楽曲ともにお楽しみください。 通販で即完売した音源がOTOTOYで待望のリリースふたりの文学 / わだかまりの秘密'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 円(税込) / まとめ 円(税込) 【収録曲】''1. わだかまりの秘密2. 偏西風のあの人
by 阿部文香
300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信
[CLOSEUP]・2017年07月06日・300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信 2017年6月30日、Helsinki Lambda Clubが自主レーベル、Hamsterdam Recordsの設立記念として、ワンマン・ライヴを行った。開場から開演までの間も、来場特典や上映会、型抜き大会などなど、お楽しみ企画が盛りだくさん。ヘルシンキなりのユニークなおもてなしで、渋谷WWWは開演前から大賑わい。様々なバンドと対バンして、成長した彼らがワンマン・ライヴで見せてくれるのはどんな景色なのだろうか。ライヴ・レポート掲載と同時に、Hamsterdam Records第1弾作品『split』から2曲を配信開始! 盟友、tetoとの相乗効果でさらなる磨きをかけた圧倒的センスを存分に体感して欲しい。 ブラーvsオアシスを予感させるスプリットの最高傑作Helsinki Lambda Club & teto / split'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 216円(税込) / まとめ 432円(税込) 【収録曲】''1. Ki
by 宮尾茉実
底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年05月24日・底辺は最高だー!ーーゆるめるモ!、新バンド従えた東京TSUTAYA O-EASTワンマンを独占ハイレゾ配信 ニューウェイヴ・アイドル・グループ、ゆるめるモ! が、2017年3月26日にTSUTAYA O-EASTにて開催した東名阪ワンマン・ツアー〈孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」〉の東京編をライヴ・レコーディング、OTOTOYにて独占ハイレゾ配信スタート。3月15日に発売されたシングル『孤独と逆襲EP』を携え、新バンドを従えて全公演生バンド編成で行ったタイトなツアーを生々しくパッケージ。当日のライヴレポートも掲載して当日を振り返る。6月にはミニ・アルバムのリリース、同作を携えた全国ツアー(ファイナルは赤坂BLITZ)も決まっているゆるめるモ! の熱い夏から目が離せない!! 新バンド従えた東京ワンマンの音源を独占ハイレゾ配信ゆるめるモ! / 孤独と逆襲〜てえへんだ! 底辺だ〜ツアー at TSUTAYA O-EAST(24bit/48kHz)'【Track List】1. idアイドル2. Hamidasumo!3. 不意打て!!4. 私の話、これでおしまい5. アントニオ6. 人間は少し不真面
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[CLOSEUP]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
3週間に渡る、CHAIのドタバタ全米8都市ツアーを現地レポート!
[CLOSEUP]・2017年04月03日・ニュー・エキサイト・オンナバンドCHAIが3週間のドタバタ全米ツアーより帰ってきた! 現地レポート到着! 奔放な楽曲とパフォーマンスと卓越した演奏で話題騒然の『NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド』CHAI。ある日突然Spotify UKチャートランクインするなど、まるで冗談のような快進撃でなにかとお騒がせな彼女たち。 昨年10月に行われたSony MusicとJapan Niteが主催する〈グランプリ、いきなり米国フェス出演オーディション〉にて見事グランプリを獲得したCHAIは、その特典として3月に米国で開催された世界最大級フェスティバル〈2017 SXSW Music Festival〉内で開催されるJapan Niteに出演し、その後7都市に渡る全米ツアーを敢行した。 かつては世界で随一の音楽見本市にして、今年はミュージック以外にもインタラクティブ、フィルム、ミュージック、コメディの4部門が催される年に一度の祭典「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2017」。「世界3位になってグラミー賞をとる」という半ば矛盾している夢を掲げる彼女たちにとって、今回が初の海外公演であり、そこにかける思い
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事