Bertoia、1年ぶりとなる待望の新作をフリー・ダウンロードで!

80~90年代の洋楽ギター・ロック/ポップ、オルタナティヴ・ロック、シューゲイザー、エレクトロニカの影響を踏襲しつつも、鳴らす音は未来的でドリーミーな5人組のバンド、Bertoia(ベルトイア)が、3月28日に新作をリリース! OTOTOYではリリースに先駆けて、本作『Snow Slide / Under Water』を発売日まで先行フリー・ダウンロードで紹介します。北欧の朝と夕が入り混じるような、哀愁と爽快感を漂わせる彼らの音楽をこの機会にお聴き逃しなく!

『Snow Slide / Under Water』のフリー・ダウンロードはこちらから(期間 : ~2012年3月28日まで)

Bertoia New Single 『Snow Slide / Under Water』

Bertoia 『Snow Slide / Under Water』3月28日リリース! ロングセラー・デビュー・アルバム『MODERN SYNTHESIS』より人気曲「Snow Slide」と、1年ぶり待望の新曲「Under Water」をカップリングした配信限定ダブルA面シングル。

レーベル : NOVEL SOUNDS
配信開始日 : 2012年3月28日
>>Bertoia インタビューはこちらから

かつて80~90年代インディー・ロックにあったワクワク感

音源だけを聴いて、ここまで新鮮な気持ちになったのは、いつぶりのことだろう。いつの間にか鈍感になっていた自分自身の感覚を破ってくれたBertoiaの楽曲に、僕は衝撃を受けた。彼らの1年振りの新曲「Under Water」は、デビュー・アルバム『MODERN SYNTHESIS』の延長線上にあることに変わりない。しかし、耳から入ったサウンドが瑞々しいまま身体を通り抜けていくような、見事な楽曲に仕上がっている。

彼らの音を聴くと、明らかに80~90年代の洋楽インディー・ロック好きということが分かる。それは本人たちも公表していて、HPに掲載されているバイオグラフィには、それぞれのメンバーのベスト10が選出されている。そこに書いてあるのは、Galaxie500、My Bloody Valentine、Lush、Dinosaur Jr、Pixies、Pavementなど、海外のインディー・ロック好きにとっては、なるほどと納得するようなラインナップだ。Bertoiaの楽曲は、今あげたようなバンドに影響を受けていることがわかりすぎる音楽なのに、なぜここまで新鮮に聞こえてくるのだろう。その理由の1つに、洋楽至上主義といった評価軸が消えつつあることがあげられる。2000年代前半くらいまで、洋楽こそが最先端で、日本のバンドはいかにそこに近づけるか、リアル・タイムに共鳴できるかといった評価軸が存在していた。今思うと、僕も無意識のうちにそうした感覚を共有しており、日本のバンドを見る際は、どこかで海外勢の音楽を基軸に見ていた。しかし、ここ最近はいい意味でも悪い意味でも、日本では洋楽の盛り上がりを感じることが少なくなっている。特にインディー・ロック系においては顕著で、例えばUSインディ好きの中でも地域やサウンドによって、いくつもクラスター化していて、全体を貫くムーブメントみたいなものを感じづらくなっている。その弊害もあるだろうが、余計な思い込みなしにフラットに評価できるようになった部分は利点と言っていいと思う。そうした状況の変化もあって、Bertoiaの楽曲を色眼鏡なしで評価できるし、彼らとしても下手にそうした評価軸を意識せずに、思いきって自分たちの音楽を追求できたに違いない。

もう1点、こちらのほうが大きな理由なのだけど、Bertoiaの音楽の完成度が恐ろしいくらい高いことがあげられる。シューゲイザーが基調にあるというのはもちろん、そこに加わるインディー・ロックやギター・ポップの甘いメロディが彼らの武器となっている。それはThe Jusus & Mary Chainの「Just Like Honey」のようなノイジーさと美しいメロディーが同居するような、何ともいえない奇跡的なバランス感に近い。さらに、一つ一つのサウンドが気持ちいいのも大きなポイントだ。それは単に音響系とかいう意味だけではなく、ヘッドフォンを耳に当てながら、アンプラグドでエレキ・ギターでコードをなぞりたくなるような感覚に近い。かつて、80~90年代のインディー・ロックに感じていたようなワクワク感を、彼らの音楽に感じることができるのだ。決して過去を思い忍ぶわけでも、新しい音楽に興奮しているわけでもなく、80~90年代の名盤と並べても遜色ない作品が目の前に現れたことに、胸が高鳴っている。前作に収録されていた「Snow Slide」とともに、Bertoiaの楽曲を聴いて、その煌めきを感じてほしい。当時の音楽好きだった人たちには新鮮に聴こえるだろうし、まったく洋楽を知らない若いリスナーにもまったく新しい体験になることだろう。(text by 西澤 裕郎)

映像クリエイター集団、エレクトリック・シャドウによるBertoia新作PVはこちら!

テン年型シューゲイザー・シーンを担うバンドたち

V.A. / LOVELESS -tribute-

参加アーティストは新進気鋭の韓国のシューゲイザー・バンド達。既に全米ツアーを成功させたり、アメリカやヨーロッパのメディアなどから絶賛されたアーティスト達だから、圧倒的なクォリティー!! 言葉が通じなくても、共通の概念として世界中が繋がることが出来るものの一つに「サイケ」がある! そこには1991年から20年の時を経て、アジアに脈々と引き継がれたノイズの遺伝子が横たわっている!!! アルバム一枚を通して今の韓国シューゲイザー・シーンがぼんやり見えてくる失われた20年というタイム・ラグが今、轟音の壁としてアナタに圧し掛かってくるだろう!!!

>>『LOVELESS -tribute-』特集ページはこちらから

PLASTIC GIRL IN CLOSET / cocoro

岩手県在住で、2011年東日本大震災を経験しながらもOTOTOY東日本震災救済支援コンピレーション『Play for Japan vol.7』に参加したPLASTIC GIRL IN CLOSETのセカンド・アルバム。『Play for Japan』に提供した「Collage Flowers」を含む全12曲。シューゲイザーのノイズ・アプローチを取り入れつつ、美しく透き通った泣きのメロディーを男女ツイン・ボーカルが歌う、次世代を担う最重要バンド。必聴です。

>>PLASTIC GIRL IN CLOSETはこちらから

RINGO DEATHSTARR / COLOUR TRIP

未来のシューゲイズ・ポップがここにある! 甘いメロディーと歪んだギターが絶妙なバランスで奏でられる幻想的なサウンド。「彼等のサウンドはThe Jesus and Mary Chain、My Bloody Valentineの黄金時代を思い出させる」とメディアから称賛された彼等の日本デビュー作。

Bertoia PROFILE

Shokk (Yuta Ikawa) : bass, guitar, keybord
Mai Tsuyutani (murmur) : vocal, guitar, glockenspiel
Takumi Negishi : electronics
Yu : guitar
Imamura : drums

哀愁感あふれるドリーミーな東京発・5人組シューゲイズ・インディ・ポップ・バンド「ベルトイア」。80~90'sのUS、UKシーンをルーツに持ちつつも、ギター・ポップ、エレクトロニカ、シューゲイザーを吸収した2010’sサウンドに昇華。2007年の結成から3年近くを費やしその真価を遺憾なく発揮した待望のファースト・アルバム『MODERN SYNTHESIS』を2011年4月にリリース。メンバーの根岸たくみはフォークトロニカ・ユニットswimmingpoo1、露谷まいは、murmurとしてネオアコ/ギター・ポップのソロ・ユニットでも活動中。

>>Bertoia official website

エレクトリック・シャドウ(PV制作チーム) PROFILE

映像ディレクター篠田利隆(NIKE、MINIクーパー、宇多田ヒカルMVなど)、カメラマン丸山和久(ストライド、MTV、松田など)を中心に広告に携わる人間が、自主制作規模でミュージック・クリップを手がける集団「エレクトリック・シャドウ」を立ち上げた。照明、ヘアメイク、スタイリスト、アート・ディレクター、動画エディターなど普段広告に関わる人物で構成され、毎回ほぼ同じスタッフで制作されている。Serph『vent』のPV制作が立ち上げの切っ掛けとなる。今後もBertoiaの新たなPVやkilk recordsのFerriを始めとする様々なミュージシャンのPVを手がける予定。

このミュージック・クリップは篠田利隆監督率いる映像団体、エレクトリック・シャドウ”による作品です。エレクトリック・シャドウはこの他にもデビューしたばかりの虚弱。やエレクトロニカ界で大人気のSerph、Serphの新プロジェクトReliq などのミュージック・クリップをコンスタントに制作、今勢いのあるインディーズ・ミュージックPVクリエイター集団です。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月22日・【祝・15周年】DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー 2002年9月、「electric / acousticを問わず全てのfree style musicを志を持って無秩序に提示する」をコンセプトに設立されたレーベル、mao。エレクトロニカ、ポストロックの流れを汲むタイトルでスタートしたが、2004年の『Seeds of Dub』のリリースを境にダブの要素を内包したアーティストをメインとした流れに特化。同時にギター・インストゥルメント作品のリリースも開始するなど、広義の意味での「オルタナティヴ」なアーティストを発掘、紹介し続けてきた。 そんなmaoが今年15周年を迎える。レーベル・オーナーの石本聡は、あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーとしてPAを担い、DUBmixをリアルタイムで行うなどライヴでもバリバリ活躍中のミュージシャンでもある。近年はマネジメントを手がけるなどレーベルとしてのあり方をアップデートしていた石本が、2016年に3アーティスト、3作品をmaoからリリースする。しかも、年齢もジャンルも性別も様々。なぜ、このタイミングで石本はmaoを
by 西澤 裕郎
滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界
[CLOSEUP]・2016年07月21日・“なまり”が彩る境界線上のポップス、滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──特別対談 : 川村亘平斎 x Shhhhh OOIOOなどへのガムランでの参加、さらには影絵師としてもceroの「Orphans」のPVにも参加、ワークショップや個展を開催するなど、さまざまな活動を行う川村亘平斎のメイン・ソロ・プロジェクト、滞空時間(便宜上、ソロではあるがほぼ固定のメンバーによるバンド形式)。前作『RAINICHI 来日』から3年振りとなる新作3rdアルバム『ウミトヨル』をこのたび完成させた。ガムランを中心としたアンサンブルながら、いわゆる“ガムラン”のインドネシア古典ではなくどこの国のものともつかない不思議なポップ・ミュージックを奏でる。本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ(24bit/96kHz)で配信。今回から加わったスティール・パン、さらにガムランの倍音、その歌声など、ハイレゾでぜひとも隅々まで聴いて欲しい1作となっております。 今回は本作の道先案内人として、滞空時間の音楽性とも共通する、民族音楽とモダンなダンス・ミュージックをDJで結びつけ、プレゼンし続けるDJのShhhhhに登場してもらい、その魅力を語ってもら
by 河村 祐介
GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月19日・GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー POPから改名し活動中の5人組アイドル・グループGANG PARADEが、改名後初のシングル『WE ARE the IDOL』をリリース。表題曲は松隈ケンタ作曲、ユメノユア作詞によるグループ初のバラード曲。「私たちはアイドルとしてやっていくんだ」という強い意思を表現、歌詞と連動した物語性のある内容となっている。また、カップリング曲「これはきっとaventure」は、田仲圭太作曲、ヤママチミキ作詞のスカチューン。グループの新しい顔を見せる作品に仕上がっている。そんな同作のリリース前日に渋谷WWWで開催されたワンマンライヴを大成功に収めたGANG PARADEだが、メンバーで最年少のシグサワアオが8月5〜7日にかけて開催される〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって脱退することを発表した。OTOTOYでは急遽シグサワアオに取材、脱退インタヴューを掲載、彼女の想いに迫った。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp
by 西澤 裕郎
KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタビュー
[CLOSEUP]・2016年07月20日・KONCOSインタヴュー――〈出会い〉と〈繋がり〉によって生まれた、祝祭感たっぷりのパーティー音楽 元Riddim Saunterの佐藤寛と古川太一によるデュオ、KONCOSがなんと3ピースのバンドに変貌を遂げた。ドラマーの紺野清志が今年4月に正式加入し、新体制となって初のフル・アルバム『Colors & Scale』(通算3作目)は、これまでのポップさにロックなグルーヴが加わり、完全にフロア向けの躍動感ある一枚に仕上がっている。そんな新作について、そして彼らがバンドになるまでの道のりについても、古川にじっくりと語ってもらった。彼の言葉を聞けば、アルバムが聴きたくなると思う。願わくば、ライヴハウスへと足を運んでみてほしい。絶対に最高だから。インタヴュー&文 : 田山雄士 バンド編成になって初となるアルバム。ハイレゾ配信もKONCOS / Colors & Scale'【配信形態 / 価格】【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3価格(24bit/48kHzハイレゾ音源) まとめ購入 2,700円(税込)/ 単曲 324円(税込)価格 まとめ購入 1,851円(
建築作品にインスパイアされた作曲家/ピアニストの中島さち子の2ndアルバム、ハイレゾ配信&三者鼎談
[CLOSEUP]・2016年07月04日・音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信 作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。 今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。 Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence【Track List】01. 光
by JJ
ふくろうず、徳間ジャパン移籍後初アルバム発売記念、オワリカラ・タカハシヒョウリと対談
[CLOSEUP]・2016年07月13日・内田万里(ふくろうず)とタカハシヒョウリ(オワリカラ)が語る「人生における選択の積み重ね」 2010年、東京新宿を中心に「TOKYO NEW WAVE 2010」というシーンが熱い盛り上がりをみせた。オワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に、SuiseiNoboAz、シャムキャッツ、東京カランコロンなど、当時20代前半だった東京の若手バンドを集めたコンピレーション・アルバムもリリースされた。あれから約6年。同時期に頭角を現した2組のバンドーーふくろうずとオワリカラが、徳間ジャパンよりフル・アルバムをリリースした。ふくろうずは2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となるフル・アルバム、オワリカラは待望のメジャー1stアルバムとなる。OTOTOYでは2組の最新アルバムをハイレゾ配信。そしてフロントマンである内田万里とタカハシヒョウリの対談を行った。果たして2組はどのような想いで音楽を紡いでいるのか? それぞれのルーツや想いに迫った。 約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをハイレゾ配信ふくろうず / だって、あたしたちエバーグリーン'【Track List】1. 白いシャトー2. メ
by 西澤 裕郎
huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年07月13日・生きている時間、全部を音楽に注ぎこみたいーーフォークロアを詰め込んだhuenicaの2ndをハイレゾ配信 2012年にギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガー・ソングライター伊藤サチコの2人により結成されたユニット、huenica。独特な声質の2人が重ねるハーモニー、ギターとピアノだけによるアコースティックな温もりから生まれる緻密な音楽にはすべてモデルとなる人物や街が存在し、この時代のフォークロア(民間伝承)として人々の心を動かしている。そして年150本超のツアーをまわる彼らが、前作より約2年、2ndアルバム『田の人と旅の人』を完成させた。自宅スタジオ(huenica Studio)と、愛媛県道後のプライベートスタジオ(Village Hototoguiss studio)でのセルフ・レコーディングで、細部の質感までこだわった本作を1週間先行でハイレゾ配信&1曲フリー・ダウンロード。2人へのインタヴューとともにお届けする。音楽への愛に満ちたその楽曲に触れてみてはいかがだろう。 >>>まずは聴いてみよう!! 「田の人と旅の人」のフリー・ダウンロードはこちら 約2年ぶりとなる2ndアルバ
by 岡本 貴之
Ryo Hamamoto、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月13日・"ロックンロール"という様式美の最先端──Ryo Hamamotoの3rdアルバム、ハイレゾ配信 moools(モールス)やハリネコにて卓越したギタープレイで魅せてきた浜本亮が、バンド名義の前作から4年、ソロ名義"Ryo Hamamoto"としては9年ぶりとなる、3枚目のアルバムを完成させた。 今作に収録されたのは声、ギター、ベース、ドラムという最もシンプルなロック・ミュージックのフォーマットで描かれた全9曲。先行7インチ・シングルに収録された「Last Train Home」、「カリブに配属」が異なるミックスにて、さらに濱田岳主演のショート・フィルム『Miss Fortune』のエンディング・テーマとなった「The Photographer」が新録にて収められた。プロデューサー兼ドラムには盟友、神谷洵平(赤い靴、大橋トリオ、Predawn等)が、ベースにはガリバー鈴木(Predawn等)、ミックスおよびマスタリングは原真人(細野晴臣、大森靖子、ザ・なつやすみバンド等)が参加。高純度で紡がれた楽曲をOTOTOYではハイレゾ配信する。 さらに特集では4年ぶりにインタヴューを敢行。ここから彼を知るという方には是
by 渡辺 裕也
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事