Bertoia、1年ぶりとなる待望の新作をフリー・ダウンロードで!

80~90年代の洋楽ギター・ロック/ポップ、オルタナティヴ・ロック、シューゲイザー、エレクトロニカの影響を踏襲しつつも、鳴らす音は未来的でドリーミーな5人組のバンド、Bertoia(ベルトイア)が、3月28日に新作をリリース! OTOTOYではリリースに先駆けて、本作『Snow Slide / Under Water』を発売日まで先行フリー・ダウンロードで紹介します。北欧の朝と夕が入り混じるような、哀愁と爽快感を漂わせる彼らの音楽をこの機会にお聴き逃しなく!

『Snow Slide / Under Water』のフリー・ダウンロードはこちらから(期間 : ~2012年3月28日まで)

Bertoia New Single 『Snow Slide / Under Water』

Bertoia 『Snow Slide / Under Water』3月28日リリース! ロングセラー・デビュー・アルバム『MODERN SYNTHESIS』より人気曲「Snow Slide」と、1年ぶり待望の新曲「Under Water」をカップリングした配信限定ダブルA面シングル。

レーベル : NOVEL SOUNDS
配信開始日 : 2012年3月28日
>>Bertoia インタビューはこちらから

かつて80~90年代インディー・ロックにあったワクワク感

音源だけを聴いて、ここまで新鮮な気持ちになったのは、いつぶりのことだろう。いつの間にか鈍感になっていた自分自身の感覚を破ってくれたBertoiaの楽曲に、僕は衝撃を受けた。彼らの1年振りの新曲「Under Water」は、デビュー・アルバム『MODERN SYNTHESIS』の延長線上にあることに変わりない。しかし、耳から入ったサウンドが瑞々しいまま身体を通り抜けていくような、見事な楽曲に仕上がっている。

彼らの音を聴くと、明らかに80~90年代の洋楽インディー・ロック好きということが分かる。それは本人たちも公表していて、HPに掲載されているバイオグラフィには、それぞれのメンバーのベスト10が選出されている。そこに書いてあるのは、Galaxie500、My Bloody Valentine、Lush、Dinosaur Jr、Pixies、Pavementなど、海外のインディー・ロック好きにとっては、なるほどと納得するようなラインナップだ。Bertoiaの楽曲は、今あげたようなバンドに影響を受けていることがわかりすぎる音楽なのに、なぜここまで新鮮に聞こえてくるのだろう。その理由の1つに、洋楽至上主義といった評価軸が消えつつあることがあげられる。2000年代前半くらいまで、洋楽こそが最先端で、日本のバンドはいかにそこに近づけるか、リアル・タイムに共鳴できるかといった評価軸が存在していた。今思うと、僕も無意識のうちにそうした感覚を共有しており、日本のバンドを見る際は、どこかで海外勢の音楽を基軸に見ていた。しかし、ここ最近はいい意味でも悪い意味でも、日本では洋楽の盛り上がりを感じることが少なくなっている。特にインディー・ロック系においては顕著で、例えばUSインディ好きの中でも地域やサウンドによって、いくつもクラスター化していて、全体を貫くムーブメントみたいなものを感じづらくなっている。その弊害もあるだろうが、余計な思い込みなしにフラットに評価できるようになった部分は利点と言っていいと思う。そうした状況の変化もあって、Bertoiaの楽曲を色眼鏡なしで評価できるし、彼らとしても下手にそうした評価軸を意識せずに、思いきって自分たちの音楽を追求できたに違いない。

もう1点、こちらのほうが大きな理由なのだけど、Bertoiaの音楽の完成度が恐ろしいくらい高いことがあげられる。シューゲイザーが基調にあるというのはもちろん、そこに加わるインディー・ロックやギター・ポップの甘いメロディが彼らの武器となっている。それはThe Jusus & Mary Chainの「Just Like Honey」のようなノイジーさと美しいメロディーが同居するような、何ともいえない奇跡的なバランス感に近い。さらに、一つ一つのサウンドが気持ちいいのも大きなポイントだ。それは単に音響系とかいう意味だけではなく、ヘッドフォンを耳に当てながら、アンプラグドでエレキ・ギターでコードをなぞりたくなるような感覚に近い。かつて、80~90年代のインディー・ロックに感じていたようなワクワク感を、彼らの音楽に感じることができるのだ。決して過去を思い忍ぶわけでも、新しい音楽に興奮しているわけでもなく、80~90年代の名盤と並べても遜色ない作品が目の前に現れたことに、胸が高鳴っている。前作に収録されていた「Snow Slide」とともに、Bertoiaの楽曲を聴いて、その煌めきを感じてほしい。当時の音楽好きだった人たちには新鮮に聴こえるだろうし、まったく洋楽を知らない若いリスナーにもまったく新しい体験になることだろう。(text by 西澤 裕郎)

映像クリエイター集団、エレクトリック・シャドウによるBertoia新作PVはこちら!

テン年型シューゲイザー・シーンを担うバンドたち

V.A. / LOVELESS -tribute-

参加アーティストは新進気鋭の韓国のシューゲイザー・バンド達。既に全米ツアーを成功させたり、アメリカやヨーロッパのメディアなどから絶賛されたアーティスト達だから、圧倒的なクォリティー!! 言葉が通じなくても、共通の概念として世界中が繋がることが出来るものの一つに「サイケ」がある! そこには1991年から20年の時を経て、アジアに脈々と引き継がれたノイズの遺伝子が横たわっている!!! アルバム一枚を通して今の韓国シューゲイザー・シーンがぼんやり見えてくる失われた20年というタイム・ラグが今、轟音の壁としてアナタに圧し掛かってくるだろう!!!

>>『LOVELESS -tribute-』特集ページはこちらから

PLASTIC GIRL IN CLOSET / cocoro

岩手県在住で、2011年東日本大震災を経験しながらもOTOTOY東日本震災救済支援コンピレーション『Play for Japan vol.7』に参加したPLASTIC GIRL IN CLOSETのセカンド・アルバム。『Play for Japan』に提供した「Collage Flowers」を含む全12曲。シューゲイザーのノイズ・アプローチを取り入れつつ、美しく透き通った泣きのメロディーを男女ツイン・ボーカルが歌う、次世代を担う最重要バンド。必聴です。

>>PLASTIC GIRL IN CLOSETはこちらから

RINGO DEATHSTARR / COLOUR TRIP

未来のシューゲイズ・ポップがここにある! 甘いメロディーと歪んだギターが絶妙なバランスで奏でられる幻想的なサウンド。「彼等のサウンドはThe Jesus and Mary Chain、My Bloody Valentineの黄金時代を思い出させる」とメディアから称賛された彼等の日本デビュー作。

Bertoia PROFILE

Shokk (Yuta Ikawa) : bass, guitar, keybord
Mai Tsuyutani (murmur) : vocal, guitar, glockenspiel
Takumi Negishi : electronics
Yu : guitar
Imamura : drums

哀愁感あふれるドリーミーな東京発・5人組シューゲイズ・インディ・ポップ・バンド「ベルトイア」。80~90'sのUS、UKシーンをルーツに持ちつつも、ギター・ポップ、エレクトロニカ、シューゲイザーを吸収した2010’sサウンドに昇華。2007年の結成から3年近くを費やしその真価を遺憾なく発揮した待望のファースト・アルバム『MODERN SYNTHESIS』を2011年4月にリリース。メンバーの根岸たくみはフォークトロニカ・ユニットswimmingpoo1、露谷まいは、murmurとしてネオアコ/ギター・ポップのソロ・ユニットでも活動中。

>>Bertoia official website

エレクトリック・シャドウ(PV制作チーム) PROFILE

映像ディレクター篠田利隆(NIKE、MINIクーパー、宇多田ヒカルMVなど)、カメラマン丸山和久(ストライド、MTV、松田など)を中心に広告に携わる人間が、自主制作規模でミュージック・クリップを手がける集団「エレクトリック・シャドウ」を立ち上げた。照明、ヘアメイク、スタイリスト、アート・ディレクター、動画エディターなど普段広告に関わる人物で構成され、毎回ほぼ同じスタッフで制作されている。Serph『vent』のPV制作が立ち上げの切っ掛けとなる。今後もBertoiaの新たなPVやkilk recordsのFerriを始めとする様々なミュージシャンのPVを手がける予定。

このミュージック・クリップは篠田利隆監督率いる映像団体、エレクトリック・シャドウ”による作品です。エレクトリック・シャドウはこの他にもデビューしたばかりの虚弱。やエレクトロニカ界で大人気のSerph、Serphの新プロジェクトReliq などのミュージック・クリップをコンスタントに制作、今勢いのあるインディーズ・ミュージックPVクリエイター集団です。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

レッツポコポコ〈オトトイのススメ!〉でのライヴ音源をハイレゾ配信ーー千歳ちの、琴海りおインタヴュー
[CLOSEUP]・2016年11月22日・レッツポコポコ〈オトトイのススメ!〉でのライヴ音源をハイレゾ配信ーー千歳ちの、琴海りおインタヴュー ゆるめるモ! プロデュース・チームが手がけるアイドル・グループ、レッツポコポコが、2016年10月12日(水)、渋谷TSUTAYA O-nestで開催された〈オトトイのススメ! vol.8〉で披露したライヴ音源を独占ハイレゾ配信スタート。「なつかしくて新しい」をテーマにした昭和歌謡リスペクトな楽曲と、ファンによる声援と掛け声が一体になった初めてのライヴ音源を聴けば、当日の臨場感が蘇ること間違いなし。本作のリリースを記念し、ゆるめるモ! から移籍した千歳ちのと新メンバー琴海りおへのインタヴュー、〈オトトイのススメ! vol.8〉のライヴレポートを掲載。音源を聴きながらお楽しみください。 レッポコ初のライヴ音源をハイレゾ配信レッツポコポコ / LIVE at オトトイのススメ!(24bit/48kHz)'【収録曲】1. ポコトロ2. セイセイマゴマゴ3. mc4. 風風サマー5. 恋は蜃気楼6. ああ、リチャード7. mc8. 魔法の「カギカッコ」9. 君と空飛べらりるれろ【配信形態】24bit/48kHz
OTOTOY AWARD 2016──2016年、年間ベスト、50位〜31位
[CLOSEUP]・2016年12月05日・OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、50位〜31位を発表! 2016年もあと少し。ということで、今年もやってまいりました。その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。2016年のOTOTOY AWARDは、ジャンルの垣根をぶち抜いて、総合チャートとして、アルバム、シングルに関わらず50枚を選出しました。まずは50位から31位までの20作品を発表いたします! >>30位から11位はコチラ>>10位から1位はコチラ 50. Predawn『Absence』【作品詳細】Predawn (プリドーン=夜明け前)を名乗る、女性ソロ・シンガー・ソングライターの2ndアルバム。UKロック、オルタナティヴ・ロック、ルーツ・ミュージックを独自に昇華し、少々ひねくれつつもドリーミングかつヒーリング的な聴き心地が融合。初のゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある作品に。>>本作に関する特集ページ【配信形態】24bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【アルバム配信価格】 1,650円(税込) 49. ART-SCHOOL『Hello darkness, m
OTOTOY AWARD 2016──30位〜11位編──
[CLOSEUP]・2016年12月07日・OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、30位〜11位を発表! その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。今年はジャンルをぶち抜いて、アルバム、シングル含めて総合チャートとして、2016年にイキの良かった50枚を選出しました。こちらでは30位から11位を発表します。今年の音楽、ちゃんとチェックしてから2017年へいきましょうぞ。 >>50位から31位はコチラ>>11位から1位はコチラ 30. HIROSHI WATANABE『MULTIVERSE』【作品詳細】KAITO名義でのジャーマン・テクノ名門〈コンパクト〉からのリリースでも知られる、HIROSHI WATANABEのデトロイト・テクノの伝説的レーベル、デリック・メイの〈トランスマット〉よりリリースされたアルバム。まっすぐにエネルギッシュなテクノ・アルバム。>>本作に関する特集ページ【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【アルバム配信価格】 2,700円(税込) 29. ミツメ『A Long Day』【作品詳細】インドネシア、台湾、テキサス、ニューヨークなどでの海外公演も含
OTOTOY AWARDS 2016──気になる1位は? 10位から1位を発表──
[CLOSEUP]・2016年12月09日・OTOTOY AWARD 2016──気になる1位は? 10位から1位を発表── 50位から発表してまいりました、OTOTOY AWARD 2016。アルバムやシングルなど、とにもかくにも2016年を印象付けた作品を50枚選出して発表しています。そして、こちらのページは映えある2016年の、OTOTOYが配信するさまざまなジャンルから選んだ、2016年の10枚。さて、1位は????????? >>50位から31位はコチラ>>30位から11位はコチラ 10. おやすみホログラム『2』【レヴュー】八月ちゃんとカナミルによる2人組ユニット・アイドル・ユニット、おやすみホログラムの2ndアルバム。初期衝動に満ちたガレージ・ロック調の1stから一転、プロデューサーの小川晃一が指向したのは2ndらしい2ndアルバム。キクイマホ(HOMMヨ、ex うみのて)、高石晃太郎、小林樹音(THE DHOLE)、吉嶋智仁、タカスギケイ、上野翔(毛玉、箱庭の室内楽)といった叩き上げのミュージシャンたちがアルバムに参加、八月ちゃんとカナミルのコーラスワークにも磨きがかかり録音作品としてのレベルも一気に向上した。バンド・カルチャーを塗
壊れかけのテープレコーダーズ『Silent Sunrise』配信スタート&ハバナイ浅見を迎え対談を敢行
[CLOSEUP]・2016年10月14日・壊れかけのテープレコーダーズ『Silent Sunrise』配信スタート&ハバナイ浅見を迎えた対談記事を掲載 男女ツイン・ヴォーカルとヴィンテージ・オルガンをフィーチャーしたサイケデリックな音像で唯一無二なサウンドを奏でるバンド、壊れかけのテープレコーダーズが、約2年ぶりとなる5作目のフル・アルバム『Silent Sunrise』をリリース。録音とミックスを馬場友美が、マスタリングを中村宗一郎が担当し、これまでのバンドの集大成的なサウンドが収録された作品となっている。本作の配信を記念し、壊れかけのテープレコーダーズの遊佐春菜がキーボードを担当し、東京アンダーグラウンドを象徴するバンド、Have A Nice Day! のフロントマン、浅見北斗を迎え対談を敢行した。 2年ぶりとなるフル・アルバムを配信スタート壊れかけのテープレコーダーズ / Silent Sunrise1. go to2. virgin insanity3. idiot o'clock4. ゴールドラッシュ5. サイレント6. 水瓶座の時代7. MECHANICAL HEART8. METALLIC DREAM9. rising sun10
by 西澤 裕郎
Maison book girl、メジャー・デビュー作『river (cloudy irony)』をハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2016年11月30日・Maison book girl、徳間ジャパンよりメジャー・デビュー!! 現代音楽とアイドル・ポップスの融合を聴け! コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組アイドル・グループ「Maison book girl」がシングル『river(cloudy irony)』にて、徳間ジャパンコミュニケーションズよりメジャー・デビュー。音楽家・サクライケンタが楽曲制作、総合プロデュースを行い、映画出演、ファッションブランドとのコラボレーションなど多岐にわたって活動を展開してきた彼女たちによる渾身のデビュー作。アイドルファンのみならず様々なジャンルのアーティスト、評論家からも支持を得ている現代音楽とアイドル・ポップスを融合させた独自の美学に貫かれた作品をハイレゾでお楽しみください。 メジャー・デビュー作をハイレゾ配信Maison book girl / river (cloudy irony)【Track List】1. cloudy irony2. karma3. 14days4. cloudy irony instrumental5. karma instrumental6. 14days instru
by 西澤 裕郎
カネコアヤノ1st EP『さよーならあなた』発売記念対談 : カネコアヤノ × 林宏敏(ex.踊ってばかりの国)
[CLOSEUP]・2016年12月07日・カネコアヤノ×林宏敏(ex.踊ってばかりの国)対談──可能性を広げた幸せな邂逅の産物 2016年は劇団ロロの三浦直之の作/演出舞台『光の光の光の愛の光の』へ出演、次いで東京国際映画祭スプラシッシュ部門に選出された今泉力哉監督作品『退屈な日々にさようならを』の主題歌&挿入歌を監督オファーにより提供。同作へ俳優出演も行い、その独特の空気感をまとったアーティスト性に音楽界隈以外から声がかかることも多かったカネコアヤノ。もちろん4月にリリースした弾き語り作品『hug』も彼女のソングライターとしてのセンスを遺憾なく発揮したものであった。それから半年経たずながら待望されていた新作がこの度リリース。4曲とボーナストラックが収録されたEP『さよーならあなた』がハイレゾ音源含めて配信スタートした。 11月19日のライヴをもって踊ってばかりの国を脱退したギタリスト、林宏敏がバンド・メンバーとして参加したタイトル曲「さよーならあなた」は、暢気さと不穏さが織り交じった奇妙な快感で惹きつけるキラーソング。もう1曲バンドで録音された「退屈な日々にさようならを」は前述した同タイトルの映画主題歌であり待望の音源化となる。さらに弾き語り2
by 西澤 裕郎
Alaska Jam、3rdミニ『BE YOUNG! BE HAPPY!』&過去作配信開始
[CLOSEUP]・2016年12月07日・バンド・マジックの第2章へと至る「原点回帰」──Alaska Jam、3rdミニ&過去作配信開始 それぞれ、さまざまバンドやソロ・アーティスト、サポート・メンバーなどで活躍するアーティストたちでもあるAlaska Jam。そのサウンドは、森のラップが、ソリッドで軽快なファンク・ビートとともに疾走する、ミクスチャーとも違った軽快感とともに、ラップの言葉の力とロックのダイナミックな演奏が結実する、そんなサウンドだ。そんな彼らが2年半ぶりに新作として、3rdミニ・アルバム『BE YOUNG! BE HAPPY!』をリリース。OTOTOYでは本作を配信するとともに、過去2作も同時に配信開始する。2年半を経て彼がたどり着いた境地とは? 金子厚武によるインタヴューとともにお届けしよう。 最新作、3rdミニ・アルバムAlaska Jam / BE YOUNG! BE HAPPY!'【Track List】01. カミナッチャ! 02. 東京アンダーグラウンド03. Hello from Asia04. FASHION05. Champagne06. スーパースパイシー07. BLUE【配信形態 / 価格】''16bit
by 金子 厚武
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事