Bertoia、1年ぶりとなる待望の新作をフリー・ダウンロードで!

80~90年代の洋楽ギター・ロック/ポップ、オルタナティヴ・ロック、シューゲイザー、エレクトロニカの影響を踏襲しつつも、鳴らす音は未来的でドリーミーな5人組のバンド、Bertoia(ベルトイア)が、3月28日に新作をリリース! OTOTOYではリリースに先駆けて、本作『Snow Slide / Under Water』を発売日まで先行フリー・ダウンロードで紹介します。北欧の朝と夕が入り混じるような、哀愁と爽快感を漂わせる彼らの音楽をこの機会にお聴き逃しなく!

『Snow Slide / Under Water』のフリー・ダウンロードはこちらから(期間 : ~2012年3月28日まで)

Bertoia New Single 『Snow Slide / Under Water』

Bertoia 『Snow Slide / Under Water』3月28日リリース! ロングセラー・デビュー・アルバム『MODERN SYNTHESIS』より人気曲「Snow Slide」と、1年ぶり待望の新曲「Under Water」をカップリングした配信限定ダブルA面シングル。

レーベル : NOVEL SOUNDS
配信開始日 : 2012年3月28日
>>Bertoia インタビューはこちらから

かつて80~90年代インディー・ロックにあったワクワク感

音源だけを聴いて、ここまで新鮮な気持ちになったのは、いつぶりのことだろう。いつの間にか鈍感になっていた自分自身の感覚を破ってくれたBertoiaの楽曲に、僕は衝撃を受けた。彼らの1年振りの新曲「Under Water」は、デビュー・アルバム『MODERN SYNTHESIS』の延長線上にあることに変わりない。しかし、耳から入ったサウンドが瑞々しいまま身体を通り抜けていくような、見事な楽曲に仕上がっている。

彼らの音を聴くと、明らかに80~90年代の洋楽インディー・ロック好きということが分かる。それは本人たちも公表していて、HPに掲載されているバイオグラフィには、それぞれのメンバーのベスト10が選出されている。そこに書いてあるのは、Galaxie500、My Bloody Valentine、Lush、Dinosaur Jr、Pixies、Pavementなど、海外のインディー・ロック好きにとっては、なるほどと納得するようなラインナップだ。Bertoiaの楽曲は、今あげたようなバンドに影響を受けていることがわかりすぎる音楽なのに、なぜここまで新鮮に聞こえてくるのだろう。その理由の1つに、洋楽至上主義といった評価軸が消えつつあることがあげられる。2000年代前半くらいまで、洋楽こそが最先端で、日本のバンドはいかにそこに近づけるか、リアル・タイムに共鳴できるかといった評価軸が存在していた。今思うと、僕も無意識のうちにそうした感覚を共有しており、日本のバンドを見る際は、どこかで海外勢の音楽を基軸に見ていた。しかし、ここ最近はいい意味でも悪い意味でも、日本では洋楽の盛り上がりを感じることが少なくなっている。特にインディー・ロック系においては顕著で、例えばUSインディ好きの中でも地域やサウンドによって、いくつもクラスター化していて、全体を貫くムーブメントみたいなものを感じづらくなっている。その弊害もあるだろうが、余計な思い込みなしにフラットに評価できるようになった部分は利点と言っていいと思う。そうした状況の変化もあって、Bertoiaの楽曲を色眼鏡なしで評価できるし、彼らとしても下手にそうした評価軸を意識せずに、思いきって自分たちの音楽を追求できたに違いない。

もう1点、こちらのほうが大きな理由なのだけど、Bertoiaの音楽の完成度が恐ろしいくらい高いことがあげられる。シューゲイザーが基調にあるというのはもちろん、そこに加わるインディー・ロックやギター・ポップの甘いメロディが彼らの武器となっている。それはThe Jusus & Mary Chainの「Just Like Honey」のようなノイジーさと美しいメロディーが同居するような、何ともいえない奇跡的なバランス感に近い。さらに、一つ一つのサウンドが気持ちいいのも大きなポイントだ。それは単に音響系とかいう意味だけではなく、ヘッドフォンを耳に当てながら、アンプラグドでエレキ・ギターでコードをなぞりたくなるような感覚に近い。かつて、80~90年代のインディー・ロックに感じていたようなワクワク感を、彼らの音楽に感じることができるのだ。決して過去を思い忍ぶわけでも、新しい音楽に興奮しているわけでもなく、80~90年代の名盤と並べても遜色ない作品が目の前に現れたことに、胸が高鳴っている。前作に収録されていた「Snow Slide」とともに、Bertoiaの楽曲を聴いて、その煌めきを感じてほしい。当時の音楽好きだった人たちには新鮮に聴こえるだろうし、まったく洋楽を知らない若いリスナーにもまったく新しい体験になることだろう。(text by 西澤 裕郎)

映像クリエイター集団、エレクトリック・シャドウによるBertoia新作PVはこちら!

テン年型シューゲイザー・シーンを担うバンドたち

V.A. / LOVELESS -tribute-

参加アーティストは新進気鋭の韓国のシューゲイザー・バンド達。既に全米ツアーを成功させたり、アメリカやヨーロッパのメディアなどから絶賛されたアーティスト達だから、圧倒的なクォリティー!! 言葉が通じなくても、共通の概念として世界中が繋がることが出来るものの一つに「サイケ」がある! そこには1991年から20年の時を経て、アジアに脈々と引き継がれたノイズの遺伝子が横たわっている!!! アルバム一枚を通して今の韓国シューゲイザー・シーンがぼんやり見えてくる失われた20年というタイム・ラグが今、轟音の壁としてアナタに圧し掛かってくるだろう!!!

>>『LOVELESS -tribute-』特集ページはこちらから

PLASTIC GIRL IN CLOSET / cocoro

岩手県在住で、2011年東日本大震災を経験しながらもOTOTOY東日本震災救済支援コンピレーション『Play for Japan vol.7』に参加したPLASTIC GIRL IN CLOSETのセカンド・アルバム。『Play for Japan』に提供した「Collage Flowers」を含む全12曲。シューゲイザーのノイズ・アプローチを取り入れつつ、美しく透き通った泣きのメロディーを男女ツイン・ボーカルが歌う、次世代を担う最重要バンド。必聴です。

>>PLASTIC GIRL IN CLOSETはこちらから

RINGO DEATHSTARR / COLOUR TRIP

未来のシューゲイズ・ポップがここにある! 甘いメロディーと歪んだギターが絶妙なバランスで奏でられる幻想的なサウンド。「彼等のサウンドはThe Jesus and Mary Chain、My Bloody Valentineの黄金時代を思い出させる」とメディアから称賛された彼等の日本デビュー作。

Bertoia PROFILE

Shokk (Yuta Ikawa) : bass, guitar, keybord
Mai Tsuyutani (murmur) : vocal, guitar, glockenspiel
Takumi Negishi : electronics
Yu : guitar
Imamura : drums

哀愁感あふれるドリーミーな東京発・5人組シューゲイズ・インディ・ポップ・バンド「ベルトイア」。80~90'sのUS、UKシーンをルーツに持ちつつも、ギター・ポップ、エレクトロニカ、シューゲイザーを吸収した2010’sサウンドに昇華。2007年の結成から3年近くを費やしその真価を遺憾なく発揮した待望のファースト・アルバム『MODERN SYNTHESIS』を2011年4月にリリース。メンバーの根岸たくみはフォークトロニカ・ユニットswimmingpoo1、露谷まいは、murmurとしてネオアコ/ギター・ポップのソロ・ユニットでも活動中。

>>Bertoia official website

エレクトリック・シャドウ(PV制作チーム) PROFILE

映像ディレクター篠田利隆(NIKE、MINIクーパー、宇多田ヒカルMVなど)、カメラマン丸山和久(ストライド、MTV、松田など)を中心に広告に携わる人間が、自主制作規模でミュージック・クリップを手がける集団「エレクトリック・シャドウ」を立ち上げた。照明、ヘアメイク、スタイリスト、アート・ディレクター、動画エディターなど普段広告に関わる人物で構成され、毎回ほぼ同じスタッフで制作されている。Serph『vent』のPV制作が立ち上げの切っ掛けとなる。今後もBertoiaの新たなPVやkilk recordsのFerriを始めとする様々なミュージシャンのPVを手がける予定。

このミュージック・クリップは篠田利隆監督率いる映像団体、エレクトリック・シャドウ”による作品です。エレクトリック・シャドウはこの他にもデビューしたばかりの虚弱。やエレクトロニカ界で大人気のSerph、Serphの新プロジェクトReliq などのミュージック・クリップをコンスタントに制作、今勢いのあるインディーズ・ミュージックPVクリエイター集団です。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

ベイビーレイズJAPAN、メンバーに訊く2ndアルバムとこの2年
[CLOSEUP]・2016年09月09日・改名後の2年間、そして今作に込められた思いとはーーベイビーレイズJAPAN、メンバーに訊く2ndアルバム 2012年に活動を開始した5人組アイドル・グループ、ベイビーレイズJAPAN。9月21日に2年ぶりの2ndアルバム『ニッポンChu! Chu! Chu!』をリリース。数々のライヴやフェスで人気沸騰中の青春エモ・ロック「夜明けBrand New Days」や、ラップを取り入れた「真夏のフィーバー!」、新しいメンバー紹介曲としてライヴで定番となりそうな「Ride On IDOROCK」など、かわいく、暑苦しく、エモい彼女たちのすべてが詰まったアルバムとなった。 待望の2ndアルバム!!!!!ベイビーレイズJAPAN / ニッポンChu! Chu! Chu!'【収録曲】1. Ride On IDOROCK2. 虎虎タイガー!!3. 閃光Believe4. シンデレラじゃいられない5. Pretty Little Baby6. 真夏のフィーバー!7. Baby Kiss8. 栄光サンライズ9. 走れ、走れ10. 少しだけ11. 夜明けBrand New Days12. ニッポンChu! Chu! Chu!【配
Predawn、3年半ぶりのフル・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年09月21日・Predawn、音作りの"文法"、その新境地とはいかに──2ndフル・アルバム『Absence』ハイレゾ配信 溢れ出る才能と音楽への探求を丁寧に綴じ込んだ1stフル・アルバム『A Golden Wheel』から3年半、Predawnが待望の2ndフル・アルバム『Absence』をリリースした。収録楽曲にはライヴでの人気曲 「Universal Mind」を始め、正式な作品としては初めての日本語曲「霞草」など、音源化を待ち望まれていた9曲を収録。初めてアルバム制作にゲスト・ミュージシャンを迎え、より奥行きのある音像を目指したという今作。24bit/44.1kHzのハイレゾ音源は、そのささやかながら匂い立つような歌声と繊細ながら豊かなアレンジ、全編を通して縫い込まれたPredawnの文学を驚くほどダイレクトに、鮮やかに、感じてもらえるだろう。秋の夜長に最適の1枚を、是非。 Predawn、3年半の沈黙を破り待望のフル・アルバム、ハイレゾ配信!Predawn / Absence'【Track List】01. Skipping Ticks02. Black & White03. Universal Mind04
いまっぽい〈黒さ〉で都会を描く――新生bonobosが表現した東京という街
[CLOSEUP]・2016年09月21日・いまっぽい〈黒さ〉で都会を描く――新生bonobosが表現した東京という街 2011年の『Ultra』では管楽器やストリングスを大胆に取り入れ、続く2014年『Hyper Folk』ではさらにエレクトロニックな要素も取り込み壮大な表現を見せたbonobos。7枚目のオリジナル・アルバム『23区』は、それらの表現を引き継いだ… というよりは、過去作を咀嚼した上で新たな方向性をメンバー同士で探り合った結果作られた、バンド感の強い一枚だ。演奏面では、ファンキーでソウルフルな表現がぐっと増え、作品を通して開放的な空気が流れている。〈黒い〉表現が特徴的ではあるが、アーシーというより都会的。風通しがよくて軽やか、これまで以上に洗練されており、かつ折衷的なアルバムと言っていい。本作をOTOTOYでは、それぞれ音源形式に合わせてマスタリングされたというDSD、そしてPCM 24bit/48kHzにてハイレゾ配信を開始する。結成して間もない時期より共に活動してきたドラマーの辻凡人が脱退し、オリジナル・メンバー2人に。さらにその後3人の新メンバーを追加し、5人体制での再スタートという大きなメンバーチェンジは、彼らがアウトプット
イロムク、店舗限定ワンコイン・シングルを独占配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年09月21日・“女々しい系ギター・ロック”を脱ぎ捨てて──再スタートを切るイロムク『四枚目はどうなるの』配信 2013年より活動するギターロック・バンド、イロムクが両A面シングル『四枚目はどうなるの』をタワーレコードとヴィレッジヴァンガード下北沢店の店舗限定でのリリースが決定し、配信はOTOTOYでスタートすることとなった。両A面となる今作には、"とあるメジャー・バンド"(こちらはインタヴュー内で触れている)の1枚目のアルバム発売から3枚目のアルバム発売までの期間における、ある男女2人の生活を歌にした「三枚目」と、SNS上であれやこれやと言う人たちに向けて作った攻撃的ながらユニークな「化け者」が収録。前作との間にメンバー・チェンジを経て、一皮向けたいまの4人に話を伺った。 イロムク / 四枚目はどうなるの'【Track List】01. 三枚目02. 化け者【配信形態 / 価格】''16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込) INTERVIEW : イロムク 2015年8月に桂野敬章(Ba&Cho)と河野智央(Dr)がメ
テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ
[CLOSEUP]・2016年09月16日・世界基準のテクノ / ハウスをハイレゾで聴く! 〈mule musiq〉のOTOTOY限定コンピが登場! 国内外を分け隔てることなく旬のアーティストのリリースを続け、ハウス / テクノのシーンでは世界的に高い評価を受ける本邦のレコード・レーベル〈mule musiq〉。これまでOTOTOYでは、ゴンノ(Gonno)やペトレ・インスピレスク(Petre Inspirescu)、マウスオンザキーズ(mouse on the keys)など、〈mule musiq〉もしくはそのサブ・レーベル〈Endless Flight〉の作品をハイレゾで配信し好評を博してきたが、このたびはOTOTOY完全限定のエクスクルーシヴなハイレゾ・コンピレーション・アルバム2枚の配信を開始する。 レーベル・オーナーである河崎俊哉のコンパイルで『romantic standard』と題されたこのコンピレーションは、ダンス・サイドの『Part 1』とチルアウトな『Part 2』の2枚で構成されており、セオ・パリッシュ(Theo Parrish)やトッド・テリエ(Todd Terje)、ドナート・ドジー(Donato Dozzy)、クニユキ
by 河村 祐介
生活になじむ音楽、〈路地〉1stアルバムリリース&インタヴュー公開
[CLOSEUP]・2016年09月15日・大貫妙子を彷彿とさせる真っすぐな歌声。風景が目の前に広がる〈東京のポップス〉 男性3名、女性1名。東京のバンド〈路地〉。はっぴいえんど「風をあつめて」の冒頭一節に登場する単語であり、ceroにも「Roji」という楽曲がある。ポスト大貫妙子とも称される飯島梢(Vo,Syn)の歌声も含めてシティ・ポップ系譜のサウンドと想像していた。聴いてみると確かにその要素は多分にあるが、突如入るノスタルジックでリバーヴの効いた音の波、ハードなギターソロなど幅広いアプローチが垣間見える。そんなサウンドもやさしさで1つに包み込んでしまう飯島の歌声。地に足のついたリベラルな思考を持つ音楽集団だ。また日常と地続きのサウンドは全員普段フルタイムで仕事をしており、そんな生活の軸の置き方が音楽に反映されていることも大きいだろう。 初めての取材だという今回。結成のいきさつから、本作を含めた路地の音楽への想い、インタヴュワーである筆者も普段は会社員とあって、バンドと同じく大切だという仕事にまで話が及んだ。少し遅めの平日20時半、全員仕事が終わり集合次第でインタヴューが始まった。(ベースの飯田直規は仕事のため欠席) インタヴュー&文 : 峯大貴
SSW中村月子が古民家で録音した新曲を32bit配信
[CLOSEUP]・2016年09月13日・22歳最後の夏の記録ーー古民家にてSSW中村月子の楽曲をビンテージ・ギターとビンテージ・マイクを使い、32bit 88.2KHzで克明に録音! 今年2016年3月に青山のスパイラルホールにて開催された「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」内のイベント"「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」スパイラル 9Fラウンジにて、中村月子の極上の歌声をDSDで録音する"にて記録された楽曲『Experience(24bit/48kHz)』の記憶も新しいシンガー・ソングライターの中村月子の次なる挑戦は「古民家での録音」。今度はエンジニア高橋健太郎の所有するビンテージ・ギターとビンテージ・マイクを使い、32bit 88.2KHzで克明に記録。出来上がった『何度も』は、『Experience(24bit/48kHz)』からの連作として、彼女の歌声がただただ美しい、音質にこだわった素晴らしい作品となった。 中村月子 / 何度も'【Track List】01. 何度も / 02. 街の灯り【配信形態】(左)24bit/44.1kHz (ALAC / FLAC /
夏の魔物、1stアルバム『夏の魔物』発売記念その2 魔物ガールズ × LADY BABY対談
[CLOSEUP]・2016年09月14日・夏の魔物、1stアルバム発売記念第2弾 魔物ガールズ × The Idol Formerly Known As LADYBABY対談 夏の魔物が待望のメジャー1stアルバム『夏の魔物』をリリース!! 3枚の両A面シングルの表題曲に加え、前身ユニット時代に発表した楽曲を再編曲 / 再録し収録。ナレーションには声優の杉田智和、作家陣には、前山田健一、浅野尚志、ARM(IOSYS)、玉屋2060%(Wienners)、大森靖子、畑亜貴らや、演奏陣には、HISASHI(GLAY)、ウエノコウジ、クハラカズユキ、奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、フミ(POLYSICS)など夏の魔物ならではのジャンルレスなアーティストが携わっている。 超強烈な本作に迫るべく、OTOTOYでは2回にわたり夏の魔物を大特集!! 第2回となる今回は、黒宮れいと金子理江の2人ユニット、The Idol Formerly Known As LADYBABYと夏の魔物の女子メンバーの対談を敢行。LADYBABYの「ニッポン饅頭」は、夏の魔物フロントマン・成田大致がプロデュースしたており、そのMVは1700万再生を突破!? 製作陣がほぼ同じ
by 西澤 裕郎
筆者について
西澤 裕郎 (西澤 裕郎)

1982 年生まれ。ファンジン『StoryWriter』編集長。http://storywriter-magazine.com/

同じ筆者による他の記事