2011/10/24 00:00

11/13(日)『 VANISHING POINT vol.1』に向けて新連載企画スタート

音楽配信サイトとしてこれまで様々な音楽をみなさまにご紹介して参りました我々OTOTOYですが、ご家庭や通勤途中の電車の中など、屋内でご覧になる事が多かったのではないでしょうか? いやはや、毎度どうもありがとうございます。私、OTOTOYのボビーこと水嶋美和と申します。しかしやはり実際に面白いことが起こっているのは屋根のあるところから一歩飛び出したところ、つまりライヴ・ハウスではなかろうか!まあライヴ・ハウスも屋根あるけどね。という訳で、2011年11月13日(日)、今年めでたく一周年を迎える渋谷のWWWにてOTOTOY主催の音楽イベント『VANISHING POINT』を開催します。

さあ、11月13日まであとわずか。出演アーティストに協力してもらい、『VANISHING POINT vol.1』を盛り上げていこうぞ! という趣旨で始まったこのコーナー。第1回は漁港の登場です!

インタビュー & 文 : 水嶋美和

Vol.1?漁港に行く!
Vol.2?MOROHA アフロが語る!
Vol.3?Who's TRIPMEN!!!!!?

OTOTOY present VANISHING POINT vol.1

開催日時 :
2011年11月13日(日)
OPEN / START 15:00

会場 :
渋谷WWW (http://www-shibuya.jp/index.html)

【LIVE&DJ】
world's end girlfriend & BLACK HOLE CARNIVAL / 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 / Open Reel Ensemble / 漁港 / Limited Express (has gone?) / BiS / 青葉市子 / MOROHA / サカモト教授 / TRIPMEN / DJ 池田社長 / DJ G.L.T.

【FOOD】
ボビー VS カレー

【ジャケ弁】
ジャケ弁職人オバッチさんが、VANISHING POINTに出演するあのアーティストのジャケ弁を作ります! そして、当日はジャンケン大会を実施。来場した方の中から1名の方に特製ジャケ弁をプレゼントいたします!
>>ジャケ弁とは?

>>出演者の詳しいプロフィールはこちら

チケット :
前売 3,200円 / 当日 4,000円(1ドリンク別)
★前売りチケットを購入された方には、『VANISHING POINT sampler vol.1』をプレゼント

>>チケットの購入とサンプラーの入手方法の詳細はこちら

■OTOTOY
URL : https://ototoy.jp/feature/2011090902/1

■チケットぴあ
Pコード : 151-398
tel : 0570-02-9999
URL : http://t.pia.jp/

■e+
URL : http://eplus.jp/

フライヤーが出来上がりました & 漁港に会ってきました!

フライヤーが遂に完成と言いながら、結構前に完成しておりました。大量に届いたフライヤーを見つめながら「これが全部札束だったらよかったのに」と切なくなりました。各ライヴ・ハウス、アート・スペース、レコード屋、カフェ、居酒屋、友人宅に撒き散らし始めております。

そんな私がどうしても直接フライヤーを渡したかった出演者、それはマグロの頭部を解体しながらライヴすることで有名な漁港(港は反転)。もちろんメンバーは全員漁師。日本を代表するフィッシュ・ロック・バンドの一つです。一つしかないけどね。愛極まった私は漁港事務所へ連絡。「週末、浦安魚市場まで行く用事があるので、フライヤーを渡しに行ってもいいですか? 」。浦安魚市場まで他に何の用事があるというのだ。

メンバーの深海光一(通称:深サマ)から「よろしくお願いし鱒」との快諾のメールを受け、朝7時起きで東西線に揺られ到着しました、ここ浦安! キラキラと光る魚たち、激安の鰻の蒲焼などを横目に、森田釣竿船長を探す。しかし、いつものグラサンをかけていないので若干分かりづらい。らしき人を見つけるも、魚市場の路上でもじもじしていると…

「チラシかい!? 」

やっぱりこの人だ、船長だ~!! しかもフライヤーではなく、チラシ。こ、これはたまらん! 船長、フライヤーが完成したのでこれを私たちと共に配ってください! そして記念撮影をお願いします!!

ありがとうございました~!

「買って行かねえのかよ! 」

はうわ! 買います! その後笑いながら「冗談だよ、いいよいいよ」と言われたものの、船長スマイルにすっかりやられてしまったので、何か買っちゃおうかしら!

ちなみにこのクジラ、東日本大震災以後、東北地方からやってきた漁師が千葉でとったものだとか。なので、これを購入すると復興支援にも繋がるのです! 繋がるのですが、私は大好物の鮭ハラスを購入。(後日談:ものすごく美味でした)みんなでクジラを買いに浦安へ行こう!

その後、各ライヴ・ハウスへフライヤーを撒きに行くも、同行してくれるスタッフが居なかったので写真を収めることはできませんでした… 。みんな冷たい。まあ、写真があったところで誰だよって話ですよね。ボビーです。

ついに残すところ3週間きりました、OTOTOY presents VANISHING POINT! 思いのほか近々に迫っていて、正直、焦っていることは否めない雰囲気のニュアンスです。なので、これからもフライヤーを撒き散らしに行きます。このフライヤーを配る女子が居たら、約1/2の確率で私です。励ましの声をください。女子に見えたらの話ですけどね。

今度はあなたの手元に届くかもしれない… 。

大海老天丼

TOP