『D.A.N.の新譜放談』第7回:国内ツアー・スタート! COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

題字・絵 : 櫻木大悟

ということでひさびさになってしまいましたが、あーだこーだ新譜を聴きながらしゃべるD.A.N.の、音楽しゃべり場な連載『D.A.N.の新譜放談』。2ndアルバム『Sonatine』リリース後、フジロックや中国、台湾、タイなどを巡ったアジア・ツアー、さらには香港のフェスまで、日本を飛び出して活躍。そしてこのあと、11月17日からは仙台を皮切りに福岡、岡山、札幌、大阪、名古屋、金沢、新潟、そしてファイナルとなる東京新木場STUDIO COASTでのファイナルまで、国内ツアー!(詳しくは本ページ下方のスケジュールをチェック) と、移動の多い彼らに今回はハイレゾ・デジタル・オーディオ・プレイヤー、COWONのPLENUEシリーズを渡し、そこに仕込んだ新譜をいろいろ聴いてもらいました。さて、彼らはどんな音に反応したんでしょうか!

2ndアルバム、ハイレゾ配信中
D.A.N.『Sonatine』のインタヴューはこちら



Sonatine JAPAN TOURツアー・スタート

11月17日(土)@仙台darwin
11月21日(水)@福岡BEAT STATION
11月23日(金祝)@岡山YEBISU YA PRO
11月30日(金)@札幌PENNY LANE24
12月05日(水)@大阪梅田CLUB QUATTRO
12月06日(木)@名古屋BOTTOM LINE
12月08日(土)@金沢vanvan V4
12月09日(日)@新潟CLUB RIVERST
12月20日(木)@東京新木場STUDIO COAST


チケットなど詳しい情報はページ下方にて

取材・構成 : 河村祐介
写真 : 沼田学

まずはアジア・ツアーどうだったんでしょうか?

──まずはアジア・ツアーの感想とかからゆるっと入っていこうかと。

櫻木 : とにかくはじめての経験だったので、単純に刺激的ではあったよね。

川上 : やっぱりカルチャー・ショックもどうしてもあるあしね。

櫻木 : でもお客さんが盛り上がってくれたのが単純におもしろかったですよね。

川上 : お客さんは単純にすごかった。

市川 : 敏感という感じがした。

櫻木 : きのせいかもだけど、客席からの「待ってました」感がすごかったと思う。

川上 : これからさらに発展していくっていう感じはすごいした。

──規模的にどのくらいでした?

北澤(D.A.N.マネージャー):一番大きくて上海で600人ぐらいとかですね。

櫻木 : そこもちゃんとけっこう入ってましたね。

──いちばんなにがびっくりしました?

川上 : やっぱりレストランとかですかね(笑)。みんなゲームとか動画みながらイヤフォンで聴いて接客してて。

市川 : もちろんお店にもよると思うんですけど、あの店はとくにという感じだったんじゃないかな(笑)。

川上 : 上海は街がすごいダークなイメージだった。

櫻木 : 街はタイが良かったかな、いろんな言語が聞こえてくる感じ。

川上 : 台湾も良かった。

──ちなみに中国とかってどうやってD.A.N.のこと知るんですか? SNSとか、いわゆるサブスクとかも中国って遮断されてますよね。

北澤 : 正直、中国でローカルのサービスで聴かれているんですけど、違法なんですよ(笑)。でもそれで聴いてライヴは来てくれていて。そのデジタルの流通の部分を今後どうしようかと考えてて。

市川 : あとはVPN経由というのもあるみたいです。

櫻木 : まぁ、現状はまずライヴに来てくれてばいいなという。でも、やっぱりちゃんとした音源の流通があるに越したことはないですね。

──ともかく手応えたはあった?

櫻木 : ビシビシ感じましたね。あとはこのあと香港のフェス(11月10日に出演)があって、日本国内のツアーがあるという。

ハイレゾで聴きくらべると……

──なるほど、で、今回はCOWONのハイレゾ・プレイヤーに音源を入れて、それを聴いてもらうという方法でやりましたが。とりあえず、だーっと全体行く前に聴いてみて印象深かった音源というとなんですか?

川上 : 俺はリル・ウェインとケレラのリミックスとかかな。ケイトランダのリミックスとかは、本当にリズムがいつもおもしろくてキャッチーで、とにかくその先を聴きたくなるものを作りますよね、彼にリミックスとか俺らも頼みたいって思いましたね。


──ケレラの元のアルバムとかどうした?

市川 : アルバムの前に出してた印象で、もうちょっとキテレツな音色でくるかなと思ってたら、わりとオーソドックスなR&Bでせめてきたというか、メロディもなんなら宇多田ヒカルとかみたいな日本人が馴染みやすいメロディ感があったりして。歌ものとして完成したものを出してきたなって感じがした。

櫻木 : 俺はヘレナ・ハフっすかね。もともと聴いてたから、この機器で聞くことで、そのレンジの広さがよりわかるっていうか。なんだろうね、この人の変なバランス感覚が好きなんですよね。アシッドっぽいシンセのニュアンスと、ストイックなビート感? バカなんだけど真面目みたいな音があんまり他で聴いたことない感じ。レンジの広さで、高い音域が出てて、その倍音が聴こえることでより豊かに聴こえるっていう。でも、全体的に倍音の成分がよく聴こえることで、心地よく聴こえることの肝なんだと思った。あと自分たちの曲だよね、聴こえ方が全然違った。

川上 : これで聴くと、すごい音が良かった。

市川 : そう、使ってみて思ったのは当たり前ですけど、本当に音が良かった。

櫻木 : 単純に、高解像度ですよね。スタジオで、ラインからヘッドフォンで聴いたときの感じというか。あのニュアンスにちょっと近いかな。

市川 : あとは音の伸び方、リヴァーヴとかの伸び方がすごい綺麗だった。シンセの減衰の仕方なんかは特に。

櫻木 : だから、普通のスマフォとかで音を聴くのだと聴こえない部分が聴こえるって感じでしたね。

市川 : 自分たちのスタジオでこだわって作った音の強弱だったりとか、そういうのもちゃんとこまかく聴き取れる。スタジオで自分たちがあーだこーだ言って作ってみて、いざ商品として音源が出回って、ストリーミングで聴いたときに、やっぱりスタジオで聴いたときに比べて物足りない感じがあるんですよね。でも、これだとそこもちゃんと表現できているというか。

櫻木 : 電子音楽はわりにパキッとした印象になる感じするんだけど、あとはバンドとかのジャズとか生音のやつを聴くと結構いい感じになると思う。

川上 : あと、充電しやすい。

──そこなんだ(笑)。

川上 : あとね、ヴォリュームのノブがでっかくて細かく表現できてすごい良かった。もちろん音は良いというのは第一なんだけど。

──でもそういうところも重要っすよね。通常外で聴くとなるとみんなiPhone?

川上 : そうですね。

市川 : もちろんBluetoothとiPhone、音源はサブスクとかでも普段聴くのはいいと思うんですけど、正直その組み合わせだと音は良くないと思うというか、こっちで聴いた方がやっぱり楽しいですよね。あとは生ドラムのザラっとした質感とかがわかりやすいと思いましたね。

川上 : たしかにドラムの生音の感じとかはいいかもしれないですね。

市川 : あとは配置ですね。たとえばシンバルが上の方に抜けていく感じとか、そういうニュアンスも伝わりやすかったですね。

櫻木 : そうなんだよね、とにかくスタジオ寄りのサウンドっていう感じなんですよね。スタジオで聴いているのはこの感覚なんですけど、一般のリスナーにはおそらくそこはなかなか体験できない。でもこれだとその感覚を知れると思う。

──アーティストが作った意図が伝わりやすい。

櫻木 : そうそう、これで再生されると、その音源のこういう意図でこういうことをやっているというのがサウンド的な部分ですごく伝わりやすいと思った。そこまで知りたいんだったら、こういう機材で再生するべきかなと思う。それは自分たちの音源を聴いて余計思ったよね、「本当はこういう感覚で聴いてほしいな」という音が出ててきた。

──ということで新譜もちょくちょく聴いいきましょう。さっき出ましたけどリル・ウェイン。

川上 : なんて言ったらいいんだろう、ラッパーがお母さんに向けて作ってる感じの曲とか、臭くていいなと。でも音もおもしろかったですね。

市川 : 俺はやっぱり前から聴いてて良かったんですけど、オウテカとエイフェックス・ツイン。

櫻木 : オウテカは最高だったね。

川上 : すごかった。

櫻木 : 最高っていうか、本当にヒドイっていうか……もう次元が違うっていうか。

市川 : 今回まずこのなかに入ってた曲で、ハイレゾのちゃんとした音質で聴いてみたいって思って、まずこれを聴いた。

櫻木 : もうなんか宇宙現象をそのまま観察しているというか、良いとか悪いとか超越してますよね。

市川 : もう、曲とかそういう次元じゃなくて、音楽って言って良いのかっていう感じだったんだけど。現象っていうか。

櫻木 : とにかく、すごい音。

市川 : あと僕はヤコブ・ブロ。

──お、ECM。

市川 : この人はちゃんと知らなかったんですけど、最近ECMを聴いているので、ここに入ってて気になって。いまの気分っていうかすごく心地よかったですね。

櫻木 : ジャズ?

──一応そういうくくりなんだけど、質感はかなりアンビエントとか、もっとチルアウトな現代音楽〜ミニマル・ミュージックな感じだね。

櫻木 : コンテンポラリー系か。

市川 : でもこれライヴ音源ですよね? これで聴くとすごい臨場感とか伝わりやすくて、本当、この機材で聴くのにちょうど良い感じ。

川上 : あとはナイトメアズもやっぱり良かったですね。ヴォーカルの感じがよかった。

櫻木 : あとはね、僕は食品さん良かったです。人柄と音楽が全然違くて、おもしろいですよね。独特の浮遊感とリズム感がこの機材でさらに伝わるというか。なかなかない音ですよね。

音の粒子の細かな表現がうれしい

──この前共演したジェイミーの楽曲は?

川上 : バスドラの質感とかがこれで聴くとおもしろかったですね。

櫻木 : ライヴもやっぱりうまかった。

市川 : ライヴで目の前で見る方が説得力があって良かったですよ。

櫻木 : ドラマーのジェイクっていうやつがすごくて。ジャズとかアフリカのミュージシャンとかとセッションしてて。そういう人がああいうバンドで叩いてるのはすごくおもしろなと思う。

──あとはイヴ・トゥモアとかは?

市川 : ほんといままでにないっちゃないっていう感じの人ですよね。ゴスペルとかソウルも入ってて、わりとノイジーだったり、ラウドな感じもあったりとか。いろいろまざってて、聴いたことない音っていう感じだよね。

川上 : あとはドリアン・コンセプトの1曲目、めちゃくちゃなことするなっていう(笑)。ブラッド・オレンジはやっぱり最高でしたね。エイサップ・ロッキーとやってる曲とか。歌がとにかく好きですね、気持ちよくなっちゃう。

市川 : あとこれは新譜じゃないですけど、今回ダニー・ハサウェイのライヴ盤を入れててくれたじゃないですか。これをハイレゾで聴けたんですけど、普通にライヴ盤って携帯とかで聴いたりすると、普通のアルバムと違って、ちょっと音が小さいだけっていう印象になっちゃうときがあるんですけど、これで聴くと演者同士の距離感とかまでわかるというか、本当にライヴ盤を聴く理由ができる感じがしますね。ライヴ盤を聴きたくなるというか。

─なるほど、良いこという!

市川 : でもさっきも言いましたけど、自分たちの音源の聴き比べが一番おもしろかったかも。

川上 : すごい音がいいのがわかる。

市川 : 音が良かった。

櫻木 : 言ったら、自分たちの音源て完成までに何回も聴いてるから、そりゃ一番、音の違いがわかるよね。

市川 : D.A.N.の楽曲って、あまりコンプでつぶしたりとか、そういうことをしなくて、倍音をそのまま録っていたり。あとはドラムもアンビエンスとかも大事にしてミックスしているので、これで再生すると、それが如実に聴こえる。倍音とかリバーブの粒子の細かさとか、それがちゃんと出て、それがとにかくうれしかったですね。

──ということで国内ツアーがはじまりますが。

櫻木 : 海外を回って、バンドとしてはまたどっしりしたと思うので、そういうところを表現できたらなと思っています。バンドとしての幹が太くなったと思うので。それでスタジオコースト、あの規模でワンマンするのはじめてですからね。

川上 : この記事見たひと全員来てください!

前回までの連載
『D.A.N.の新譜放談』第6回はこちら
『D.A.N.の新譜放談』特別編「Mount Kimbie」はこちら
『D.A.N.の新譜放談』第5回はこちら
『D.A.N.の新譜放談』第4回はこちら
『D.A.N.の新譜放談』第3回はこちら
『D.A.N.の新譜放談』第2回はこちら
『D.A.N.の新譜放談』第1回はこちら

今回再生に使用した機材 : PLENUEシリーズとは?

まさにこれとお気に入りのヘッドフォン / イヤフォンさえあれば、どこでも最高音質でダジタル・オーディオが楽しめる携帯型のハイレゾ・デジタル・オーディオ・プレイヤー、PLENUEシリーズ。D.A.N.本人たちも太鼓判を押しているように、その繊細な表現はスタジオ・クオリティー=アーティストが目指し、ジャッジした細かな音質までを再現できてしまう。PLENUEは、そんな高音質環境をどこでも持ち運ぶことができる、COWONのハイレゾDAPのシリーズだ。また2018年夏にはその音質をさらに向上させた新機種、PLENUE Vもリリースされたばかりだ。

PLENUE 2 MarkII

ハイエンド機に搭載されている最高の音質性能を持つDAC AK4497EQを採用するなどPLENUE 2が提供する最高のサウンドをそのまま受け継いだPLENUE 2 Mark Ⅱ。PLENUE 2の2倍の保存容量とパワフルな出力を誇り、スマートAI機能などを備え、再生時間も10時間30分へと増加。

詳細スペックなどはコチラ
http://www.cowonjapan.com/product_wide/PLENUE2/product_page_6.php
PLENUE 2

こちらもDAC AK4497EQを搭載、技術を集約したSoundPlus高性能アンプ、ユーザーの利便性を最大限に発揮するために新たに設計されたデュアルコントロールホイール、正確できめ細かなサウンドを再生するための超精密Dual TCXOを搭載、そして高品質で鮮明な音のためのバランス出力を兼ね備えている。

詳細スペックなどはコチラ
http://www.cowonjapan.com/product_wide/PLENUE2/product_page_1.php
PLENUE S

DSD256(1bit/11.2MHz)をネイティヴ再生、超高音質Burr-Brown PCM1792A DAC、高品質バランス出力、超精密デュアルTCXOクロック、 完璧なサウンドのための3Vrms出力の強力なドライビング性能を実現。

詳細スペックなどはコチラ
http://www.cowonjapan.com/product_wide/PLENUES/product_page_1.php


後日PLENUEシリーズのプレゼント企画も!

シリーズ最新機種「PLENUE V」
詳細スペックなどはコチラ
http://www.cowonjapan.com/product_wide/PLENUEV/product_page_1.php

TOUR SCHUDULE

日本国内のツアーがスタート!
D.A.N. TOUR 2018 “Sonatine”
JAPAN TOUR

11月17日(土)
@仙台 darwin
OPEN/START:19:30/20:00
前売 3,500円 / 当日 4,000円 (税込/D別)
問合せ:Coolmine 022-292-1789

11月21日(水)
@福岡BEAT STAITON
OPEN/START:19:30/20:00
前売 3,500円 / 当日 4,000円 (税込/D別)
問合せ:BEA 092-712-4221

11月23日(金・祝)
@岡山 YEBISU YA PRO
OPEN/START:17:30/18:00
前売 3,500円 / 当日 4,000円 (税込/D別)
問合せ:夢番地岡山 086-231- 3531

11月30日(金)
@札幌PENNY LANE24
OPEN/START:19:30/20:00
前売 3,500円 / 当日 4,000円 (税込/D別)
問合せ:WESS 011-614-9999

12月05日(水)
@大阪梅田CLUB QUATTRO
OPEN/START:19:00/20:00
前売 3,500円 / 当日 4,000円 (税込/D別)
問合せ:SMASH WEST 06-6535-5569

12月06日(木)
@名古屋 BOTTOM LINE
OPEN/START:19:00/20:00
前売 3,500円 / 当日 4,000円 (税込/D別)
問合せ:ジェイルハウス 052-936-6041

12月08日(土) 金沢 vanvan V4
OPEN/START:17:30/18:00
前売 3,500円 / 当日 4,000円 (税込/D別)
問合せ:FOB金沢 076-232-2424

12月09日(日) 新潟 CLUB RIVERST
OPEN/START:17:00/17:30
前売 3,500円 / 当日 4,000円 (税込/D別)
問合せ:FOB新潟 025-229-5000

12月20日(木) 東京 新木場STUDIO COAST
OPEN/START:19:00/20:00
前売 スタンディング・2F席指定 3,500円 / 当日 4,000円 (税込/D別)
問合せ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

主催:各地イベンター企画制作:BAYON PRODUCTION/HOT STUFF PROMOTION

詳しいチケット情報などはコチラでhttp://d-a-n-music.com/

PROFILE

D.A.N.

2014年8月に、櫻木大悟(Gt,Vo,Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。様々なアーティストの音楽に対する姿勢や洗練されたサウンドを吸収しようと邁進し、いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求したニュージェネレーション。2014年9月に自主制作の音源である、CDと手製のZINEを組み合わせた『D.A.N. ZINE』を発売し100枚限定で既に完売。2015年7月にデビューe.p『EP』を7月8日にリリースし、7月末にはFUJI ROCK FESTIVAL ’15《Rookie A Go Go》に出演。 2016年4月20日に待望の1sアルバム『D.A.N.』をリリースし、CDショップ大賞2017の入賞作品に選ばれる。7月には2年連続でFUJI ROCK FESTIVAL’16の出演を果たす。また、FUJI ROCK FES’17のオフィシャルアフタームービーのBGMで「Zidane」が起用される。2017年2月にJames Blakeの来日公演でO.Aとして出演。自主企画〈Timeless 2〉で、LAからMndsgnを招聘し2マンで共演を果たす。4月には新作ミニアルバム『TEMPEST』をリリース。11月に初の海外公演をLONDONで行い称賛を浴びる。また、滞在中にFloating Pointsのスタジオで制作活動を行い、ジャイルス・ピーターソンのラジオ番組〈Worldwide FM〉に出演。スタジオライブが後日オンエアされる。帰国後、全国7箇所でのワンマンツアーは各地ソールドアウトで幕を閉じる。2018年2月には、The xxのJAPAN TOUR東京公演@幕張メッセでO.Aを務め称賛を浴びる。^
D.A.N. Official Web Site
Twitter

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

TOP