カニエやビョークをプロデュースする若き異才、アルカをハイレゾで――クラブものまとめ連載、Beats & Pieces Vol.5

Arca

さて、OTOTOYで配信中のクラブ~レフトフィールドもの1ヶ月まとめ連載、そろそろはじまって半年がたちました! ぜひとも今後もご贔屓に。今回はエイフェックス・ツイン、フライング・ロータスときて、まさに祭状態でハイレゾが盛り上がりつつあるのですが、ここにきて脅威の新人がリリース。しかもハイレゾ配信です! その正体はカニエ・ウェストとビョークにプロデューサーとして抜擢されたアルカ。そして彼による待望の新作『Xen』には、ザ・サイン・マガジン・ドットコム監修のデジタル・ブックレットが付属。今回はそんなアルカを中心に、10月リリースの作品をまとめてドンです!

デジタル・ライナーノーツ「THE SIGN BOOK VOL.2」付き音源がリリース

Arca / Xen(24bit/44.1kHz)+THE SIGN BOOK VOL.2
【配信フォーマット / 価格】
ALAC / FLAC / WAV(24bit/44.1kHz) : 単曲 250円 / まとめ購入 2,571円

【Track List】
01. Now You Know / 02. Held Apart / 03. Xen / 04. Sad Bitch / 05. Sisters / 06. Slit Thru / 07. Failed / 08. Family Violence / 09. Thievery / 10. Lonely Thugg / 11. Fish / 12. Wound / 13. Bullet Chained / 14. Tongue / 15. Promise

◉THE SIGN BOOK VOL.2とは?
ザ・サイン・マガジン・ドットコム監修によるデジタル・ブックレット。ライター、小林祥晴、竹内正太郎、小林雅明による、アルカのサウンド、それを取り巻くシーンを解析した8ページにもおよぶレヴューが収録されています。

エイフェックス・ツインとも比較される若き異才

河村 : ということで、今回はまず、アルカをフィーチャーします。

浜 : まずはアルカといえば、カニエ・ウェストですよね。彼のプロデュースで一気に名前が広がったというか。

河村 : そうそう、『イーザス』の4曲ほどをプロデュースしているんだよね。細かいことは、配信パッケージに付属する、〈The Sign Magazine〉とのコラボ電子ブックレット「THE SIGN BOOK VOL.2」を読んでほしいんだけど。


Kanye West「Blood On The Leaves」


Kanye West「Hold My Liquor」

浜 : たしかにニューエイジぽいシンセとリヴァーブ感とか、それでもゴシック&インダストリアルな感じは彼の音っぽいですよね。

河村 : とてつもなく豪華な人達が名を連ねているからどこまでやっているかはわからないけど、彼が関わっていることは間違いないらしい。で、アルバムは全体的にどことなくインダストリアルなんだよね。テクノなどを聴いていて“インダストリアル”に行くというのがアンダーグラウンドでは話題になってて、個人的には「カニエまで!?」と驚いたけど。

浜 : カニエのプロデュース前の彼といえば、トランスジェンダーなクィア・ラッパーの先駆け、Mykki Blancoのこの音もやってるんですよね。


Mykki Blanco「Join My Militia (Nas Gave Me A Perm)」

河村 : そうそう。このあたりの仕事が認められてカニエのコラボレーター、マシュー・ウィリアムズからお声がかかったのだとか。

浜 : 彼はもともとベネゼエラの出身で、ハイティーンになってからNYの大学に行き、そこから活動をはじめたようですね。ベネゼエラ時代も別名義で活動してたみたいですけど。

河村 : Nuuroって名義でわりと南米っぽいポップなテクノ~ゲットー・ベースっぽいユニットやってたみたいね。で、この後のあるプロデュース仕事が、彼のアーティストとしての名声を上げていくんだよね。

浜 : FKAツイッグス!

河村 : それとフリーのミックスとしてリリースした『&&&&&&&』

ジェシー・カンダの映像

浜 : この頃から重要な要素としてジェシー・カンダとのコラボがありますよね。ヴィジュアル面で彼のサウンドを完成させてます。

河村 : そうそう、サウンド的にも『Xen』の青写真とも言えるようなアルバムだと思うんだけど、ベース・ミュージックとかビート・ミュージックとか、インダストリアルなエレクトロニクスとか、その混沌として謎めいた音。これと、このジェシー・カンダの謎の虫みたいな生命体とか、ヌメヌメした赤ちゃんっぽい映像とかがひとつ結びついたよね。


Arca & Jesse Kanda - TRAUMA Scene 1

浜 : このドギツい質感が、ネットで一気に話題になりましたよね。

河村 : 彼らは10代の頃からのよき理解者同士って感じみたいだね。彼らふたりでMoMAでインスタレーションをしたり、すでにアートの世界でも認められているみたいだよね。この前の来日のときにふたりと話せる機会があって。

浜 : え、河村さん会ったんですか?

河村 : そうそう。両方とも気さくなお兄ちゃんだったよ。ジェシーにいたっては、日本人の血が入っていて、普通に日本語が通じるという。

浜 : え、そうなんですか?

河村 : だって、名前がカンダでしょ、あれ、“神田”さんだから。

浜 : なるほど、で、このふたりの才能をさらに外へプレゼンしたのがFKAツイッグスとのコラボですよね?


FKA Twigs「Water Me」


FKA twigs「How's That」

河村 : そうだよね、やっぱりこの「Water Me」のインパクトによって彼のイメージは確定したんじゃないかと思っているんだけど。『&&&&&&&』は、それを補完的に捉えるというか。ってか、この「Water Me」は、ふたりの才能がなければ完成しなかったような気もするしね。

浜 : 神経逆なで系の映像ですよね。この質感ってここ数年はわりとポピュラーですけど。やっぱりネットの登場で、ちょっとした刺激的なものじゃあ刺さらないってことなんでしょうね。

河村 : かもね。そのあたりは、このコーナーのFKAツイッグス特集でも触れたのでそちらをどうぞ! で、ここまでの流れで一気に彼に注目が集まったんだ。しかも、このときでまだ23歳だからね。

浜 : うわ、俺より年下だ…。

河村 : くそ若いんだよね~。しかも次はビョークのプロデュース決定って! で、そのアーティストとしての去就というか公式なデビュー・アルバムが注目されていたところでの、このリリースだからね。FKAツイッグスのアルバム含めてのタイミングだったけど、おもしろかった点が、レーベルが〈Mute〉だってところだよね。正直言って〈YONG TURKS〉あたりから出そうだったのに。

浜 : でも名門は名門ですよね。

河村 : もちろん。エレクトロニック・ミュージックの名門ですよ。あとはキャブスとかニッツアー・エブとか、エレクトロニック・ボディとかのインダストリアル系は、アルカの音楽性にちょっと近いものがあるよね、レーベルのカラー的に。ロックはもちろんだけど、最近だとラスター・ノートンのダイアモンド・ヴァージョンも出してたり。

浜 : そうっすね。しかもビョークの新作の共同プロデュースもアルバム・リリースの直前でニュースになったから、もう「いましかない」っていうタイミングで出たわけですよ。

河村 : しかも、その音楽性が比較されることの多いエイフェックス・ツインのリリースが、14年振りってこれまたすごいタイミングですよね。

アルカ、エレクトロニック・ミュージックの未来、その音楽性は?

浜 : まずは、ジェシー・カンダとのコラボMVがリリース前に発表されてましたね。


Arca「Thievery」

河村 : もう、アルカ+ジェシー・カンダ・ワールド全開って感じだね。今作のこの曲はちょっとリズムがデジタル・クンビアっぽくて、音楽的にはまた広がったイメージの楽曲だよね。

浜 : とはいえ、前のNuuro名義のサウンドを考えると南米系のビートは彼のなかにあるものですよね。

河村 : だろうね。でも、今回の作品はアルバムとしての統一感を出すために取捨選択した部分もあると思うよ。

浜 : 結構シンプルですよね。でもドラムがノイジーだったり。あとはメロディが結構強調されているような感じもしますね。

河村 : インダストリアルな雰囲気は、サウンド・コンセプトとしては存在してるよね。細かいサウンド・テクスチャーはメタリックな感じ。

浜 : この感覚は最近のベース・ミュージックとかテクノとか、もっとレフトフィールドな電子音楽の波に通じるところはありますよね。あとはロウ・ハウスとか。

河村 : そうだね。レーベルでいうと、アンディ・ストットとかの〈Modern Love〉とか、ロウ・ハウスをリリースしているNYの〈L.I.E.S〉とか、あとはドイツの〈PAN〉とかそういうレーベルからリリースしている作品に近い感覚はあると思う。あとはピンチが立ち上げた〈CO.LD〉とかのダブステップの感じとかね。

浜 : 音質的にはそうですよね。ヒップホップ・プロデューサー的な感覚の音ではなくて、エイフェックス・ツインなどの、エレクトロニカとかIDM系の質感に近いですね。もちろん、メロディとかリズムがそこまで強くないから、ダンス系ではないけど。

河村 : なんとなく、トリップホップ・リヴァイヴァルみたいなものにも通じるダウンビート感覚もあるよね。たとえば、この前出たザ・バグのアルバムのヒリヒリした感じはちょっと近いよね。

浜 : そうっすね。でも間違いなくチルアウトではないっていうか。

河村 : ヒリヒリしてるんだけど、メランコリック。そういった意味でもエイフェックスっぽいけど、エイフェックスのメランコリアはもっと乾いてて、チャイルディッシュというか、こちらはもっとセクシャルな部分も含めて情念みたいな感じはあるなと。

浜 : ある意味でブルージーというか。

河村 : そうそう。でも、この電子音の表現、妙なメランコリアもあれば、もっとズタズタでメタリックなところもあったりに部分は、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーとかジェームス・フェラーロとかにも近いと思う。

HYPERDUB 10.3

V.A.

¥ 1,543

浜 : 明確なつながりはないですけど、〈Hyperdub〉が最近やっているアンビエントとか電子音楽方面の感じにも結構近いと思いました。

河村 : まぁ、とにかくエレクトロニック・ミュージックの”時代の音”って感じだよね。エイフェックス・ツインの新作はある意味で、彼以上でも彼以下でもないというか「彼の音」で、実際他の音楽に広がっていく感じがなかったのに対して、本作に関しては、もちろん彼の才能をすごく感じるんだけど、同時にいまの“時代の音”っていう感じがする。具体的に言えば、このダーク&メタリックな音像。シーンをとりまくこの流れが一発でわかるというか、逆に言えばアルカの音が気にいったら、いまの電子音の流れをバンバン聞いてほしいなっていう感じっすわ。

今月の10枚――インディR&Bの王子、カインドネスのメロウ・グルーヴに腰砕け

Kindness / Otherness

河村 : まずは、カインドネス。

浜 : インディR&Bのアーティストですね! 色男!! 最高!!!

河村 : 本当にこの手のシンガーもの=インディR&Bものが、いっぱい出てきてるよね。この手の音としては、今年後半の本命だよね。

浜 : メロウかつファンキー、すばらしいですね。アレンジもいいんですよね。ブラッド・オレンジこと旧友デヴォンテ・ハインズも参加していて。

河村 : この辺は、日本のインディ・ロック系でもひとつ参照元になっているけど、AORとか、日本のシティ・ポップが好きな人もいけるんじゃないかと思うんだけどね。とても心地良い、身を委ねておきたい音楽って感じだよね。

Atari Teenage Riot / Modern Liars(24bit/44.1kHz)

浜 : そしてATRのシングルがハイレゾできましたね。しかもかなり豪華なリミックス陣! クラクソンズにファック・ボタンズ、アンディ・ウェザオール。

河村 : わりと、ATRって独立独歩で他の連中とあまり交わらないイメージがあったから意外だったな。簡単に説明しとくと、クラクソンズは2000年代中頃に”ニューレイヴ”なんて呼ばれた、エレクトロニックなダンス・ロックを牽引したバンド。今回は、わりとストレートにディープ・ハウス調のミックスを提供してておもしろいよね。アンディ・ウェザオールはご存知のように、アシッド・ハウス時代からUKのテクノ/ハウスを牽引するDJ。プライマル・スクリームなどのセカンド・サマー・オブ・ラヴの余波を受けて、スター・バンドにしたDJ。今回は最近の彼らしい緩やかなエレクトロ・ハウスにミックス。でも個人的には、ファック・ボタンのインダストリアルなミックスがいまの気分かな。

浜 : この手のシングルはリミックスだけつまんで買ってもいいので、いま流れがかきているクラブもののハイレゾのお試しで、ぜひとも聴いてほしいですね。

Ibeyi / Oya

河村 : 次は新人である、イベイ。

浜 : 土臭いアフロ・ポップという感じですね。賛美歌みたいなコーラスがミスマッチでおもしろいですね。

河村 : 〈XL〉からの新人、双子姉妹デュオ、イベイ。フランス~キューバ出身の姉妹デュオによるデュオ。アデルとかヴァンパイア・ウィークエンド、M.I.A.を送り出した〈XL〉が、今後一番力を入れるユニットではないかと。

浜 : 資料によれば「キューバの伝説的バンド、ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブで活躍したパーカッショニストのミゲル“アンガ”ディアスを父親に持ち、その才能を存分に受け継いだエキゾチックな19歳の美人双子」って! 音楽優等生感プンプンですね。

河村 : 「River」のツンのめったアフリカのドラムがかっこいいね。ヴォーカルもちょっと声、ビョークに似てない?

浜 : そうですか? ビョークというには声がきれい過ぎるかと。それは置いといて、曲も気持ちいいし、次回作も楽しみです。

河村 : アフロ的な要素といい、〈XL〉の今後のメインのラインになって大物になるんじゃないかとちょっと思います。

Caribou / Our Love

浜 : 次はカリブーのアルバム。少し前にエレクトロニック・ビートものとも言えるアルバム「ダフニ」を出してましたね。

河村 : 今回はその電子音楽の感じと、彼特有のドリーミーなポスト・ロック系のサウンドが融合している感じだよね。かなりエモーショナルな音だし。

浜 : カリブーはじわりじわりと人気ありますよね。ポストロックとエレクトロニカ、それとサイケ・ロックのいいところ取りというか。

河村 : それでいて、かなり音の質感はポップだしね。アーケイド・ファイアのストリングス・アレンジをしているオーウェン・パレットとか〈Hyperdub〉の歌姫で、去年かなりの高い評価を受けたジェシー・ランザなんかも歌っているね。このあたりは、例えばエイフェックスの新作を聞いた人で、あの、優しい感じのエレクトロみたいなのを求めている人はこの辺からいったらいい気がするね。次のボノボもチルアウトってことでなかなかいいですよ。

Caribou

秋の夜長に、ビートメイカーによるチルアウト・トラックが豊作!

Bonobo / The North Borders Tour. ― Live.(24bit/44.1kHz)

浜 : これはツアーのライヴ音源をまとめたものみたいですね。アコギと電子音の混ざり具合から、懐かしいエレクトロニカの匂いがしますが、どの曲もスムーズでめちゃくちゃ聴きやすいですね。

河村 : 秋めいてくるとこの手のチルアウト・ダウンテンポものいいよね。これがまたハイレゾっていうのもいい。エレクトロニクスのダウンテンポ・バンドの、ライヴ音源はハイレゾと絶対に相性いいと思うからどんどん出てほしいな。

浜 : 〈Ninja Tune〉って、結構この手のダウンテンポの宝庫ですよね。ビートのおもしろい音源と、良質なチルアウトものも多いですよね。

河村 : ヨーロッパはこの手のチルアウト・ダウンテンポの伝統ってなんかあるんだよね。ビートメイカーが別名義でこういうチルアウトものを出したりとかあるし。聴けばみんな結構好きだったりするんだろうけど、良い意味で地味だからなかなか辿り着けないという人はぜひ。

Dorian Concept / Joined Ends(24bit/44.1kHz)

河村 : ハイレゾ、チルアウト、ビートメイカーものっていうことでいうとこちらもいい感じ。フライング・ロータスなんかのライヴ・バンドもやっているドリアン・コンセプトのニュー・アルバム。

浜 : 1曲目の目まぐるしいシーケンスから、幻想的な世界に誘われますね。ほんのりチェンバー・ポップ感もあっておもしろいなあ。

河村 : いわゆるビート・ミュージック系の人だけど、今作ではわりとサイケデリックな上物に特化してて、特に今回はミニマル・ミュージックっぽい感覚とかが濃いのかな。幻想的ってことでいえば、デイデラスの新作も結構、変な感じで良かった。

Daedelus / The Light Brigade

浜 : そうですね。こちらは幻想的といっても、なんか民俗音楽っぽい感じもありますね。サウンドがほこりっぽくてかっこいいです。

河村 : 南米のサイケデリック・フォークとか、なんかヨーロッパの古典音楽的な感覚もあって謎だよね。すごくいいんだけど、ぶっちゃけ、なかなかここにたどり着いてくれる人は少なそう。でも個人的には、この人のいままでのアルバムのなかでは一番好きかも。

浜 : なんか… 枯れてますね。暗ーいボサノヴァとか、ショーロとかの入り口にもなりそう。

河村 : もはや、ビートメイカーっていうよりも完全にアコギのギタリストが作ったアンビエント・アルバムって感じだよね。エレクトロニクス感はすごく希薄だけど。かなり極上のチルアウト・アルバムっていう感じ。

INNER SCIENCE / Assembles 1-4

河村 : こっちもビート・メイカー経由のチルアウトということで日本人アーティスト、インナー・サイエンスのニュー・アルバム。

浜 : これはインナー・サイエンスのメインのスタイルとはまた違うようなことが書いてますね。簡単にいうと、実験的な電子音楽とコラージュ・ミュージックにフォーカスした作品だとか。

河村 : そうだね。でもこの前のアルバム『Self Figment』でもそうだったけど、ヒップホップ系のビート・メイカーなのに、シンセの使い方にすごくセンスのある人だから、こういうのも納得っていうか。この手のエレクトロニカっぽい作品でよくありがちな、綺麗なメロディとかコードとかでごまかすみたいなことができない分、電子音の音作りのセンスの良し悪しが浮き彫りになると思うんだけど、これはもちろん”良し”の部分が存分に発揮されてて、ザ・最高ですよ!

KODE9 & THE SPACEAPE / KILLING SEASON EP

浜 : お次は、コード9。今年10周年を迎えた〈Hyperdub〉のドン、コード9のシングルですね。10周年コンピの怒涛のリリースの合間に、正直唐突感はありますが。

河村 : 彼のファースト・アルバムにも参加していたスペースエイプっていうMC / シンガーがいるんだけど、彼が先日、闘病中のところ急逝してしまったんだよね。かなりやばい状態だったから、スペースエイプのためにこのシングルはリリースを早めたんだって。でもリリース直後になくなってしまって…。

浜 : そうなんですね。

河村 : これもいわゆるダブステップの音でもなくて、トラップとかヒップホップのいまのリズムを取り込んだシングルで、スペースエイプの声も相変わらずかっこいいからすごい残念だよね。OTOTOYでの配信がないんだけど、このコンビによる2006年のファースト・アルバム『Memories Of The Future』はいま聴いても傑作なのでぜひとも聴いてほしいな。ダブステップがアルバム・サイズの表現にも耐えうると証明したって感じの作品ですので追悼のためにもぜひとも!

Scott Walker + Sunn O))) / Soused

浜 : うぉーー、来たーーー! 床が揺れるようなドゥーム感と、スコット・ウォーカーによるメタル・パーカッション、かなり相性いいですね!

河村 : さすが、浜くんはアヴァンギャルドだな。ということで、ちょっと暗くなった心にさらに追い討ちをかけそうな大暗黒大会。

浜 : ベテラン、スコット・ウォーカーと、ドゥーム・メタル・バンドのサン・O)))のコラボレーション・アルバム。

河村 : もう、これはダーク&ヘヴィーだな……。おどろおどろしい……。もう、スピーカーからお化けが出てきそうだよ。スコット・ウォーカーの暗黒卿っぷりもはんぱないよな。「沈み込む」っていう言葉がこれほどまでに似合う音楽はないよな。

浜 : 最高じゃないですか! って、ことで、今月といえば、これに加えてフライング・ロータスとエイフェックス・ツインの新作がハイレゾでリリースされてヒットしまくりましたね。

河村 : 今回はすごかったね。わりとハイレゾとこの手のエレクトロニック・ミュージックは読んで字のごとく「音を聴く」ことにわりと特化したジャンルだから、ぜひとももっといい感じにこの楽しみ方が広がってほしいな。

Scott Walker + Sunn O)))

>>More Beats + Pieces Vol.1はこちら

>>More Beats + Pieces Vol.2はこちら

>>More Beats + Pieces Vol.3はこちら

>>More Beats + Pieces Vol.4はこちら

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

TOP