Daedelus

Dance/Electronica

Discography

Dance/Electronica
音の発明家、アルフレッド・ダーリントンことデイダラス。前作は義和団の乱にインスパイアされた作品であったが、今作は1853〜56年のクリミア争をテーマにしている。音の中で光と闇、穏やかさと激しさ、美しさと恐怖が交錯する、荘厳な音の世界。
Dance/Electronica
LAを拠点に活動するビート・メイカーDaedelusがEP『Overwhelmed EP』が到着。Star Slingerによる「Overwelmed feat. Bilal」のリミックスなどを収録した全5曲。「Overwelmed feat. Bilal」はDaedelusが4月にリリースしたアルバムBespokeに収録されていた楽曲で、この他RaffertieとSepalcureによるリミックスも収録。
Dance/Electronica
Ninja Tuneよりニュー・アルバム『Bespoke』をリリース予定のDaedelus。その新作の中からピックアップされた「Tailor Made」をBRAINFEEDERのTokimonsta、Floating PointsらがRemixしたEPが登場。
Dance/Electronica
<Ninja Tune>に所属し、Low End TheoryなどLAシーンでは、フライング・ロータス、ガスランプ・キラーらと共に最重要人物の一人活躍するデイデラス。 今作でもフィーチャーされている奥方のローラ・ダーリントンも、フライング・ロータス作品にたびたび参加している。独特のアートワークからも、雰囲気がうかがえるが、今作のコンセプトは、中国史に登場する「義和団の乱」のサウンドトラック。70年間に渡って支配されてきたイギリスとその同盟国に宣戦布告した秘密結社、義和団(The Righteous Fists of Harmony)。彼らは、自分たちには銃が効かず、空を自由に飛び、死者を蘇らせることができると信じていた。しかし、イギリス軍が装備した最新鋭の戦争兵器にはまったく歯が立たず、また中国の王朝(清朝)がすぐに失脚したため、戦争に敗北してしまう。デイデラスは、この出来事をインスピレーションに、レクイエムを作り上げた。
Dance/Electronica
V.A.
設立10周年を迎え、怒涛のリリースラッシュ、ソニックマニアでのステージまるごとジャックなど、凄まじい勢いを見せているフライング・ロータス主宰レーベル〈Brainfeeder〉。レーベルの輝かしい10年の歴史の集大成としてコアなファンはもちろん、すべての音楽ファンを魅了する、初出し音源22曲が収録された超豪華コンピレーションがリリース。
Dance/Electronica
V.A.
設立10周年を迎え、怒涛のリリースラッシュ、ソニックマニアでのステージまるごとジャックなど、凄まじい勢いを見せているフライング・ロータス主宰レーベル〈Brainfeeder〉。レーベルの輝かしい10年の歴史の集大成としてコアなファンはもちろん、すべての音楽ファンを魅了する、初出し音源22曲が収録された超豪華コンピレーションがリリース。

News

んoon、初のリミックスEP『Hoajao』リリース決定

んoon、初のリミックスEP『Hoajao』リリース決定

Fuji Rock Festival 2019 Rookie a Go Goへの出演も記憶に新しい、注目のバンド「んoon」。 そんな彼らが10月2日(水)に自身初となるリミックスEP『Hoajao』(読み:ホアジャオ)をデジタルリリースする。 今作はリ