Arca

Dance/Electronica

Discography

People who bought this artist's album also bought

Popular albums of same genre

News

ARCA & JESSE KANDAのAV SET公演が決定

ARCA & JESSE KANDAのAV SET公演が決定

フジロックにも出演が決まっているARCA、そしてその映像を手がけ、こちらもフジロックに出演、またさきごろリキッドルームで、アート&サウンド・エキシヴィジョンを行なったJESSE KANDA。 そのサウンド、映像、それぞれのふたりの鬼才が合間見える「ARC

Jesse Kanda / doon kandaのサウンド&アート・インスタレーション──ビョーク、アルカ、FKAツイッグスを手がけた、衝撃のサウンド&アート・プログラム

Jesse Kanda / doon kandaのサウンド&アート・インスタレーション──ビョーク、アルカ、FKAツイッグスを手がけた、衝撃のサウンド&アート・プログラム

いちど見たら忘れれない、グロテクスでエロティックな抗えぬ淫靡な魅力が共存した異形のクリーチャー。そんな映像がSNSが駆け巡る。FKAツイッグスやアルカといった存在の拡散には彼のヴィジャルは大きく作用したのではないだろうか。 そんなヴィジュアルを手がけた、

「セックスを呼び起こすと、獣性がかきたてられる」― アルカが新たなMV「REVERIE」を公開

「セックスを呼び起こすと、獣性がかきたてられる」― アルカが新たなMV「REVERIE」を公開

アルカが、新曲「Reverie」をMVと共に解禁した。 XL Recordingsとの契約。そして、4月7日にリリースされるセルフ・タイトル作の最新アルバム『Arca』を、『Pitchfork』が「我々の期待を完全に超えている」と賞賛するなど、注目を集め

〈TAICOCLUB'16〉第2弾発表でアルカ(DJ Set)、あふりらんぽ、ロード・エコー、スペアザ

〈TAICOCLUB'16〉第2弾発表でアルカ(DJ Set)、あふりらんぽ、ロード・エコー、スペアザ

野外音楽フェスティバル〈TAICOCLUB'16〉が6月4日(土)、5日(日)に長野県木曽郡木祖村の「こだまの森」で開催。このたび、その出演者第2弾が発表された。 今回出演が明らかになったのはArca(DJ Set)、あふりらんぽ、LORD ECHO、S

アルカとディーン・ブラントがコラボ曲を発表

アルカとディーン・ブラントがコラボ曲を発表

現在のアンダーグラウンドなエレクトロニック・ミュージック・シーンを代表する2人の才能によるコラボレーションが、本人たちのSNSにて、このたび発表された。 相方のインガ・コープラント(来日間近!)とともにハイプ・ウィリアムス(同名の映像作家とはまったく関係

ただならぬ落ち武者感がやばいアートワークも強烈! アルカ、セカンド・アルバムを11月にリリース決定

ただならぬ落ち武者感がやばいアートワークも強烈! アルカ、セカンド・アルバムを11月にリリース決定

カニエ・ウェスト『Yeezus』、ビョーク『Vulnicura』といった大物アーティストのアルバムへの参加、また新世代の歌姫FKAツイッグスやケレラのプロデュースなど、いま最も注目されているエレクトロニック・ミュージック・アーティスト、アルカ。 昨年リリ

More News Collapse
アルカ、ビョークに新曲を拡散をしてもらう

アルカ、ビョークに新曲を拡散をしてもらう

ビョークの最新アルバム『Vulnicura』の共同プロデューサーとしても知られるアルカ。 アルバム『Xen』リリース後も楽曲をたびたび自身のSoundCloudなどにあげているが、このたび新たな楽曲をアップロードした。 楽曲の詳細はクリアになっていないが

ビョークがDJプレイを公開、しかもハイセンス!

ビョークがDJプレイを公開、しかもハイセンス!

あのビョークが、とあるレーベルのアニヴァーサリーにサプライズでDJとして出演。 その音源が公開されてただいま話題になっている。 ビョークがプレイしたのは、アンダーグラウンドなエレクトロニック・ミュージックの牙城ともいえる〈Tri Angle Record

“ストリート・テクノ” Arcaを追随するベルリンの新鋭M.E.S.H.が来日記念盤

“ストリート・テクノ” Arcaを追随するベルリンの新鋭M.E.S.H.が来日記念盤

ベルリンを拠点とするDJ/プロデューサーのM.E.S.H.が初の来日を記念し、日本限定のCD『Scythians』を5月24日(日)にリリースする。今作はレーベル〈PAN〉からのデビューEPに、未発表音源とリミックス集が追加収録されたものとなっている。

【グロ注意】アルカのニューMVは、背中が大変! 「ぶつぶつ恐怖症」の方はご用心!

【グロ注意】アルカのニューMVは、背中が大変! 「ぶつぶつ恐怖症」の方はご用心!

ビョークの新作の共同プロデューサーに抜擢されるなど、とにかく時代の寵児といった存在感を放つ、若きエレクトロニック・ミュージックのプロデューサー、アルカ。 昨年リリースのアルバム『Xen』から新たなMVが公開された。これがまた映像面の相棒、ジェシー・カンダ

スフィアン・スティーヴンスの美しき新作——The Sign Magazineとのコラボ配信第4弾

スフィアン・スティーヴンスの美しき新作——The Sign Magazineとのコラボ配信第4弾

これまで、SpoonやArca、さらにはGotchなど、洋楽邦楽問わず、刺激的な作品のハイレゾ音源と、さらに音楽を掘り下げ楽しむための文章データによる配信を行ってきた企画「THE SIGN BOOK」。 小林祥晴編集長、クリエティヴ・ディレクターに田中宗

【追記あり】ビョークのライヴ音源フルで録って出し! フリーDL! しかもFLACもある!

【追記あり】ビョークのライヴ音源フルで録って出し! フリーDL! しかもFLACもある!

リークなどで、てんやわんやの『Vulnicura』緊急リリース。さらには強烈なCDジャケットなどでも話題を振りまくビョーク。 このたび、3月25日(水)にNYで行われたライヴをなんと直後、現地時間の3月26日にフリーで公開した。 今回公開されたのは3月2

単独来日間近! FKAツイッグス、新ライヴ映像&緊縛MV公開!

単独来日間近! FKAツイッグス、新ライヴ映像&緊縛MV公開!

1/22(木)恵比寿LIQUIDROOMの単独来日まじかのFKAツイッグス、先日公開されたばかりの話題の「Pendulum」の緊縛MVに加えて新ライヴ映像を公開した。 今回公開されたライヴ映像は、BRIT AWARDS 2015のノミネーション・ローンチ

オンライン・アンダーグラウンド電子音響筆頭、D/P/Iが来日ツアー!

オンライン・アンダーグラウンド電子音響筆頭、D/P/Iが来日ツアー!

現在のレフトフィールド電子音響の騎手、D/P/I名義などで活動するアレックス・グレイが、このたび2月初頭に来日ツアーを行う。 彼はさまざまな名義を使い分け、昨年、D/P/I名義でリリースしたアルバム『MN.ROY / RICO』が、さまざまなメディア、媒

ARCA、センセーショナルなジェシー・カンダによる新MV

ARCA、センセーショナルなジェシー・カンダによる新MV

先ごろアルバム『Xen』をリリースし、いまやエレクトロニック・ミュージックの最も注目されるアーティストとなったARCA。このたび、アルバムのタイトル・トラックの新たなMVが発表された。 ビョークの次回作や共同プロデュース決定や、これまでカニエ・ウェストや

ビョーク、カニエらを魅了する若き異才、ARCA、デビュー・アルバムをThe Sign MagazineとコラボでOTOTOYにてハイレゾ配信!

ビョーク、カニエらを魅了する若き異才、ARCA、デビュー・アルバムをThe Sign MagazineとコラボでOTOTOYにてハイレゾ配信!

すでに海外の多くのメディアで、今年を締めくくる最重要作として高い評価をうけているアルバムのハイレゾ配信が決定! ARCAのファースト・アルバム『Xen』だ。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信を決定、 また以前にSpoonの『They Want My So

Collapse

Articles

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

レヴュー

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

カニエやビョークをプロデュースする若き異才、アルカをハイレゾで――クラブものまとめ連載、Beats & Pieces Vol.5さて、OTOTOYで配信中のクラブ~レフトフィールドもの1ヶ月まとめ連載、そろそろはじまって半年がたちました! ぜひとも今後もご…