2021/07/01 21:00

【ライヴレポート】パピプペポは難しい、夢の舞台へ──恵比寿LIQUIDROOM公演〈復讐〉

パピプペポは難しい

6人組アイドル・グループ、パピプペポは難しいが、ついに夢の舞台だった恵比寿LIQUIDROOMでのワンマン・ライヴ〈復讐〉を開催。今回OTOTOYでは、パピプペポは難しいの結成3周年の集大成となったライヴの模様を、当日の熱気や観客の高まりとともにレポートでお届けします。

最新アルバム『迷走ファンタジー』ハイレゾ配信中


LIVE REPORT : パピプペポは難しいLIVE2021「復讐」

文 : 西田健
撮影 :ヒラノコウタ

東京を中心に活動するアイドル・グループにとって、恵比寿リキッドルームという場所は、夢の舞台のひとつである。そして、2021年6月28日。その夢を叶えた者たちがいる。それが、6人組アイドル・グループ、パピプペポは難しい(通称、パピムズ)だ。

このコロナ禍においても歩みを止めることなく活動を続け、2020年12月には配信ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』の音源をリリース。また、地上波のバラエティ番組への出演するなど、地道に知名度を上げ続け、インディーズながらも着実に勢いをつけてきた。今回のワンマン・ライヴはグループ史上最大規模の会場であるが、チケットはソールドアウト。2018年から活動をはじめた彼女たちにとって、この日の舞台は結成3周年の集大成を見せる重要なライヴだ。

定刻を迎えると、産声、チャイム、ハッピーバースデーの声、それらが入り混じったような混沌としたSEが響き、メンバーが現れた。スポットライトを浴びるカワシマユカのエモーショナルな熱唱で、1曲目の“決まりごと”がスタート。客席では、思い思いのサイリウムが一斉に輝きだす。儚い恋心を綴った歌詞を丁寧に歌い上げるメンバーたち。この日に感情の全てをぶつけるという気合いが感じられる。しかし、2曲目の“ホニャララ・アンビシャス”に入ると、空気はガラッと一変する。さっきまでの感情のぶつかりあいのようなパフォーマンスとは対照的な、「ズンチ・ズン・ズンチ」というコミカルかつファニーな歌詞とダンス。この何でもアリな空間作りが、パピムズの魅力のひとつだ。

さらに、ライヴは“だるい日”、“U・F・O”へと続く。低音の効いたビートの波が、体全身にバシバシぶつかる。こういったビートの強い楽曲はパピムズの武器のひとつだが、リキッドルームのサウンドシステムで鳴らされると、その真価を発揮する。パピムズの音楽は、大箱で鳴らされるべき楽曲たちなのだと感じさせられた。そして、それらの曲に負けない魂の歌声を届けるメンバーたち。ライヴは最初からクライマックスだ。

“しんるーちゅるサイダー”で最初のブロックを終えると、そのままMCヘ入る。しかし、なんだか様子がおかしい。「もう、グリちゃんが犬になっちゃえばいいんじゃない?」というワードに、「キリンが?犬に?」と客席がどうリアクションをとっていいのかわからず戸惑っている間に、次の曲のフォーメーションに入るメンバー。「は!これは茶番だ!」と気づいたときには、“犬迷惑”のイントロが流れ出し、そのまま曲に入っていく。正直、やや強引なような気もするが、こういった観客を翻弄するライヴ・スタイルもパピムズの持ち味だ。

パピムズは、おそらくメンバーであるドン・グリの独特なビジュアルやプロモーションによって、色物のように見られることも少なくなかっただろう。普通はメンバーにキリンがいたら、観客はそっちにばかり気に取られてしまうものだ。しかし、ライヴを観ていると不思議とそうはならない。背の高い木内小百合のダンスは舞台映えするし、一方で小枝みゆは小柄ながらも情感たっぷりに歌声を届けている。もちろん、ドン・グリのパフォーマンスにも、えも言われぬ凄みを感じる。とにかくメンバー全員のパフォーマンスへの気迫がすごいので、しっかりそれぞれのメンバーを目で追ってしまうのだ。これは彼女たちがただの色物ではなく、本物のパフォーマンスができるアイドルであることの証明である。ただの色物なだけで、このリキッドルームに立てるはずがないのだ。

夏の空気を感じさせる“サマータイマー”まで披露し終えると、メンバーはステージからいなくなってしまった。すると、スクリーンに「スーパーSAMURAI忍者・カラテマン」という文字が現れ、崖の下で歌い踊るメンバーの映像が流れ出す。これは新曲のMVであり、クラウドファンディングのサクセスによって作られたものだという。ファンの応援が文字通り爆発していた。映像が終わると、MVで着用していたメンバーカラーをあしらった新衣装で登場。そのまま先ほどMVを披露したばかりの新曲“スーパーSAMURAI忍者・カラテマン”がはじまる。特撮オマージュに溢れた熱血ソングなのだが、とにかくサビのメロディーがキャッチーで、2回しか聴いていないにもかかわらずしっかり耳に残った。最後の鈴木めがねの「待て、次回!」の全力シャウトに心をグッと掴まれてしまった。これから多くの場所でライヴの起爆剤として披露されていくのが楽しみだ。

パピプペポは難しい“スーパーSAMURAI忍者・カラテマン”MV
パピプペポは難しい“スーパーSAMURAI忍者・カラテマン”MV

ライヴは、後半戦へ。“ラブげっちゅ! -お誕生日のお歌-”、“世界の終わりには牛丼つゆだくをあなたと食べたい ”というテンションの高い楽曲を叩き込み、フロアを熱狂の渦に巻き込む。ファンも声こそ出せないが、全力で拳を上げて跳び上がり、彼女たちの全力のパフォーマンスに応える。ステージと客席が一体となってライヴを作り上げていくのを感じた。

終盤、今回のライヴへの想いをメンバーそれぞれが自分の言葉で語った。白羽根優衣の「もうカワシマとは5年いっしょにアイドルやってるんですよ」という言葉に胸がキュッとなる。5年という年月は決して短いものではない。ここまでの道のりには苦労や衝突もあっただろう。彼女たちはそれらを乗り越えてここに立っている。

最後に、メンバーでありプロデューサーも務めるカワシマユカが「人生のうちの貴重な1日を私たちの夢を叶えるために、来てくれてありがとう」と感謝を伝える。パピプペポは難しいは、自分たちの力だけで活動を続けてこれたのではない。応援してくれたファンがいたからこそ、夢を叶えることができたのだ。この日のステージはファンとともにたどり着いた場所なのだと感じた。

最後の曲“シャニムニ”を全力でパフォーマンスし、ライヴはフィナーレを迎える。ステージからメンバーがいなくなると、スクリーンには、エンディング・ムービーが映し出された。その内容は6人の記録を集めたスライドショー。彼女たちがこれまで辿った軌跡を感じられる映像だ。最後には、今回のライヴの写真も映し出されていた。パピムズの物語は、これからもどんどん続いていく。パピムズにとって、リキッドルームは夢の舞台だったかもしれない。しかし、これは通過点に過ぎないのだと思う。彼女たちはもっと大きな舞台で活躍できるグループだ。そして、これからさらに飛躍していく、パピプペポは難しいの未来を想像するのは、きっとそんなに難しくないはずだ。

パピプペポは難しいLIVE2021「復讐」LIQUIDROOM【ED Video】
パピプペポは難しいLIVE2021「復讐」LIQUIDROOM【ED Video】

■セットリスト

パピプペポは難しいLIVE2021「復讐」
2021年6月28日(月)恵比寿LIQUIDROOM

M1.決まりごと
M2.ホニャララ・アンビシャス
M3.だるい日
M4.U・F・O
M5.しんるーちゅるサイダー
M6.犬迷惑
M7.バーサーク
M8.神様のきまぐれ
M9.my life
M10.ロンリーバード
M11.サマータイマー
M12.スーパーSUMRAI忍者・カラテマン
M13.ラブげっちゅ! -お誕生日のお歌-
M14.世界の終わりには牛丼つゆだくをあなたと食べたい
M15.Charm
M16.アイマイニ―
M17.ねぇ これから
N18.シャニムニ

この記事の筆者
西田 健

1990年生まれ。熊本出身の九州男児。2019年までイベント業界で働きながら、福岡親不孝通りにてJ-POP、アニソンのDJ活動を行う。その後上京し、OTOTOY編集部にてアイドル、アニメ関連を中心に担当。映画、深夜ラジオが好き。

メンバー全員が作詞・作曲・編曲まで手がける音楽ギルド、月蝕會議──特異な楽曲制作の秘密に迫る!

メンバー全員が作詞・作曲・編曲まで手がける音楽ギルド、月蝕會議──特異な楽曲制作の秘密に迫る!

いま、いちばん身近な幸せをあなたに──味覚の秋、kiki vivi lilyが届ける極上の音楽のフルコース

いま、いちばん身近な幸せをあなたに──味覚の秋、kiki vivi lilyが届ける極上の音楽のフルコース

ヴァーチャル・ラップ・シンガー、春猿火が“心の眼”で見つめる、もうひとつの世界

ヴァーチャル・ラップ・シンガー、春猿火が“心の眼”で見つめる、もうひとつの世界

子どもの頃の悩んでいる自分へ──そらるが豪華作家陣を迎え、珠玉の“声”の表現で描いた作品集

子どもの頃の悩んでいる自分へ──そらるが豪華作家陣を迎え、珠玉の“声”の表現で描いた作品集

MyDearDarlin’が伝えたい、アイドル活動の心得

MyDearDarlin’が伝えたい、アイドル活動の心得

日常のリアルを歌い上げるシンガーソングライター近石涼

日常のリアルを歌い上げるシンガーソングライター近石涼

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.132 祝!ABBA復活!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.132 祝!ABBA復活!

全てのソロ活動はももクロに返ってくる──初のソロ・アルバムに詰め込まれた、高城れにの世界

全てのソロ活動はももクロに返ってくる──初のソロ・アルバムに詰め込まれた、高城れにの世界

豊田あさが飛び込んだ、JamsCollectionというアイドルの世界

豊田あさが飛び込んだ、JamsCollectionというアイドルの世界

JamsCollectionが成長するきっかけに──津代美月が抱くグループへの想い

JamsCollectionが成長するきっかけに──津代美月が抱くグループへの想い

これは、JamsCollectionの挑戦──一宮彩夏が抱く大きな舞台への想い

これは、JamsCollectionの挑戦──一宮彩夏が抱く大きな舞台への想い

新生フレンズ、太陽のような新作アルバム『SOLAR』

新生フレンズ、太陽のような新作アルバム『SOLAR』

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

ヴァーチャル・シンガー理芽がはじめて語る、これまでの軌跡──彼女は、いかに音楽の世界に飛び込んだのか

ヴァーチャル・シンガー理芽がはじめて語る、これまでの軌跡──彼女は、いかに音楽の世界に飛び込んだのか

TikTokで話題の現役保育学生SSW、ちゃんゆ胃の音楽に対する想い

TikTokで話題の現役保育学生SSW、ちゃんゆ胃の音楽に対する想い

「わからないまま、ただ走り続ける」──めろん畑a go goが考える、アイドルとして生きる道

「わからないまま、ただ走り続ける」──めろん畑a go goが考える、アイドルとして生きる道

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.123 閃光の退勤

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.123 閃光の退勤

【ライヴレポート】パピプペポは難しい、夢の舞台へ──恵比寿LIQUIDROOM公演〈復讐〉

【ライヴレポート】パピプペポは難しい、夢の舞台へ──恵比寿LIQUIDROOM公演〈復讐〉

新生フレンズは、これからも音楽を届け続ける──〈"UNO!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

新生フレンズは、これからも音楽を届け続ける──〈"UNO!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

サンダルテレフォンが新作EPで魅せたクール&ファンキーな2つの表情

サンダルテレフォンが新作EPで魅せたクール&ファンキーな2つの表情

『電音部 ベストアルバム シーズン.0』──クリエイター陣が語る、楽曲制作へのこだわり

『電音部 ベストアルバム シーズン.0』──クリエイター陣が語る、楽曲制作へのこだわり

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.117 カヴァー・ソング沼

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.117 カヴァー・ソング沼

ありぃ(ex.uijin)プロデュースのアイドル・グループ、PRSMIN、始動!

ありぃ(ex.uijin)プロデュースのアイドル・グループ、PRSMIN、始動!

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

この記事の編集者
安達瀬莉

【PIGGS、とらえる vol.8】大きなステージへ立ち向かう、PIGGSの成長の軌跡

【PIGGS、とらえる vol.8】大きなステージへ立ち向かう、PIGGSの成長の軌跡

【BiSH連載】Episode88 アユニ・D「壊したあとに何かを作り出したい」

【BiSH連載】Episode88 アユニ・D「壊したあとに何かを作り出したい」

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

【BiSH連載】Episode87 ハシヤスメ・アツコ「自分自身も成長したいし頑張りたい」

【BiSH連載】Episode87 ハシヤスメ・アツコ「自分自身も成長したいし頑張りたい」

【PIGGS、とらえる vol.7】「いまは多くの人が見に来てくれるのが嬉しい」──SHELLMEの変化と成長

【PIGGS、とらえる vol.7】「いまは多くの人が見に来てくれるのが嬉しい」──SHELLMEの変化と成長

【ライヴレポート】パピプペポは難しい、夢の舞台へ──恵比寿LIQUIDROOM公演〈復讐〉

【ライヴレポート】パピプペポは難しい、夢の舞台へ──恵比寿LIQUIDROOM公演〈復讐〉

TOP