2021/07/05 18:00

音楽がやっぱり好き!──TikTokで“Dear.a”が話題の現役保育学生SSW、ちゃんゆ胃の音楽に対する想い

ちゃんゆ胃

親友に送った楽曲“Dear.a”が、TikTokで合計200万を超えるいいねを獲得するなど、いま話題の愛媛県在住19歳の現役保育学生SSW、ちゃんゆ胃。以前よりSNSにオリジナル楽曲を投稿してきた彼女。今回のインタヴューでは、気になる名前の由来から、幼少期から音楽に慣れ親しんできたという彼女のルーツ、作詞作曲をはじめたきっかけなど、パーソナルな部分まで語っていただきました。今後は、大人な恋愛ソングにも挑戦したいという彼女の活躍に、これからも注目です!

最新シングル「年下でもいいじゃない」ロスレス配信中!

INTERVIEW : ちゃんゆ胃

TikTokで発表したオリジナル曲“Dear.a”が200万いいねを獲得した現役保育学生SSW、ちゃんゆ胃。その楽曲に込められた純粋でまっすぐな想いは、多くの人々の共感を得ている。彼女に話を訊いてみると、インスタグラムで楽曲を発表し、そのなかで他のアーティストと交流を深めていったのだという。また、SNSにあげるために、楽曲はサビだけ先に作ってアップするいうスタイルにも驚かされた。新たな時代の到来を感じさせるアーティスト、ちゃんゆ胃。大きなチャンスを掴んだ彼女は、これからどんな活躍を見せるのか、期待していようと思う。

インタヴュー&文: 西田 健

中学3年生のときにサンタさんにギターをもらいました

まずお名前ですが、ちゃんゆ胃という名前はどなたが決めたんですか?

ちゃんゆ胃:自分です。本名が”ゆい”なので、”ゆいちゃん”が反対になって”ちゃんゆい”って呼ばれていました。でも”胃”という漢字にした理由は特になくて(笑)。ひらがなで”ちゃんゆい”って活動している人がたくさんいたので、活動するうえで一目で「あ、この人が”ちゃんゆ胃”っていう人だ」って覚えてもらえるような名前にしたかったんです。

──なるほど。特に、すごい胃袋が大きいとかそういうわけではないんですね?

ちゃんゆ胃:あ、全然。弱いです、胃は(笑)。

──(笑)。シンガー・ソング・ライターとして活動をされていますが、いつごろから音楽はやられていたんでしょう。

ちゃんゆ胃:音楽はもうずっとやっていました。小さい頃から童謡の歌のコンクールやピアノの発表会に出たり、物心ついたときにはずっと音楽をしていて。中学も高校も吹奏楽部で楽器を演奏したりしてたんで、ずっと音楽をしてきましたね。

──「幼少期から童謡のコンクールに出場していた」というのはご両親の影響で?

ちゃんゆ胃:そうですね。母の妹がピアノと歌の先生をしていて、「コンクールとか発表会に一緒に出てみる?」みたいな感じで出たのがはじめだと思います。母親の方が音楽一家で。

──お母さんが聴いていた曲は結構聴いてました?

ちゃんゆ胃:はい。童謡コンクールってこともあって童謡をすごく聴いていたのと、母親が保育士だったので、保育系の子供の歌も聴いてました。

──いまは現役の保育学生なんですもんね。好きな童謡はありますか?

ちゃんゆ胃:そうです。コンクールで歌った、”夕焼け小焼け”という曲がすごい好きで、いまもたまに弾き語りで歌ったりします。

──ぜひ聴いてみたいです。それで小学校の4年生から高校の1年生までは吹奏楽部に所属していたんですよね?

ちゃんゆ胃:はい。小学校の4年生から金管バンド部に入って3年間トランペットをして、中学校の3年間と高校の1年間ホルンをしていました。特にホルンは「金管楽器でいちばん難しい楽器」って言われてるぐらいなので苦戦しましたね。

──最初は金管楽器だったんですね。それまでは、なにか他の楽器も触ってました?

ちゃんゆ胃:独学でピアノをしていました。(音楽は)やっぱり好きなことだから、自分で勉強して取り入れていこうっていう意欲はすごかったです。

──いまは、ギター1本の弾き語りがメインですよね。そこからギターを手にしたきっかけを教えてください。

ちゃんゆ胃:中学のとき、バンドが好きで、特にKEYTALKにめちゃめちゃハマりまして。普段エレキ・ギターで演奏しているのをずっと見ていたんですけど、あるとき、エレキじゃなくてアコースティック・ギターを持って演奏しているのを見て自分もやりたいなと思って、中学3年生のときにサンタさんにギターをもらいました(笑)。ギター・ヴォーカルの寺中友将さんがすごい好きなんですけど、彼が下北沢とかでギター1本で弾き語りしていて。とにかく同じことをしたいっていう一心でギターを手にしました。

──ちゃんゆ胃さんが作曲をはじめたのは、いつごろからですか?

ちゃんゆ胃:高校2年生ぐらいです。最初はTwitterなどのSNSで弾き語りをしている人やオリジナル曲作っている人を見て、「自分も書きたいなー」と思って書きはじめました。とりあえずサビだけ作って、気に入ったやつだけフルを付けるみたいな感じのよくやっていたんです。

ちゃんゆ胃によるオリジナル音源まとめ
ちゃんゆ胃によるオリジナル音源まとめ

──じゃあ、サビのフレーズが浮かんだ状態から作りはじめることが多いんですね。それってSNSにあげるための戦略だったりしますか?

ちゃんゆ胃:それはあります。サビをやっぱり聴いてほしいなっていうのもありますし。

──詩とメロディーどちらから制作されますか?

ちゃんゆ胃:はじめのほうは、詩ばっかり書いて、そのなかからメロディーをつけていました。いまは「ギター持ったときに考えよう」って最近は考えるようになりまして、同時にやってます。なんか降りてきそうだなってなったときにギター持つ、みたいな感じです。適当にコード弾いてたら、メロディと歌詞が浮かんでくるので。

──コード感も考えたりするんですか?

ちゃんゆ胃:こう見えてあんまりギターが得意じゃないんですよ(笑)。難しいコードから片っ端から逃げてきたんで(笑)。自分の好きなアーティストさんの曲のコードを自分のものにして曲を作ったりっていうのはよくしてます。

──もともとこれまでの音楽人生の中で、ピアノもやっていたとのことですが、作曲はピアノではなく、ギターなんですね。

ちゃんゆ胃:ピアノもそこまで得意っていうわけじゃなくって、自分で弾きたいときに弾くだけっていう感じだったんで、曲作るのは難しいですね。いま、かなり勉強をがんばっているところです。

この記事の筆者
西田 健

1990年生まれ。熊本出身の九州男児。2019年までイベント業界で働きながら、福岡親不孝通りにてJ-POP、アニソンのDJ活動を行う。その後上京し、OTOTOY編集部にてアイドル、アニメ関連を中心に担当。映画、深夜ラジオが好き。

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

ヴァーチャル・シンガー理芽がはじめて語る、これまでの軌跡──彼女は、いかに音楽の世界に飛び込んだのか

ヴァーチャル・シンガー理芽がはじめて語る、これまでの軌跡──彼女は、いかに音楽の世界に飛び込んだのか

TikTokで話題の現役保育学生SSW、ちゃんゆ胃の音楽に対する想い

TikTokで話題の現役保育学生SSW、ちゃんゆ胃の音楽に対する想い

「わからないまま、ただ走り続ける」──めろん畑a go goが考える、アイドルとして生きる道

「わからないまま、ただ走り続ける」──めろん畑a go goが考える、アイドルとして生きる道

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.123 閃光の退勤

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.123 閃光の退勤

【ライヴレポート】パピプペポは難しい、夢の舞台へ──恵比寿LIQUIDROOM公演〈復讐〉

【ライヴレポート】パピプペポは難しい、夢の舞台へ──恵比寿LIQUIDROOM公演〈復讐〉

新生フレンズは、これからも音楽を届け続ける──〈"UNO!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

新生フレンズは、これからも音楽を届け続ける──〈"UNO!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

サンダルテレフォンが新作EPで魅せたクール&ファンキーな2つの表情

サンダルテレフォンが新作EPで魅せたクール&ファンキーな2つの表情

『電音部 ベストアルバム シーズン.0』──クリエイター陣が語る、楽曲制作へのこだわり

『電音部 ベストアルバム シーズン.0』──クリエイター陣が語る、楽曲制作へのこだわり

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.117 カヴァー・ソング沼

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.117 カヴァー・ソング沼

ありぃ(ex.uijin)プロデュースのアイドル・グループ、PRSMIN、始動!

ありぃ(ex.uijin)プロデュースのアイドル・グループ、PRSMIN、始動!

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

TOP