2703年、月面、神様のミラーボール、強烈なるダビー電子トリップーージ・オーブの最新作をハイレゾで配信開始

(左から)アレックス・パターソン、トーマス・フェルマン

UKダンス・シーンのベテラン、ジ・オーブ。ここ数年はリー・ペリーやデヴィッド・ギルモアなど超が付く大物たちとのコラボが続いたが、単独としてはひさびさとなる新作『MOONBUILDING 2703 AD』をリリースする。今回はタイトルからしてスペーシーな、SFじみた世界観を持ったテクノ・アルバムだ。

10分前後の長尺トラック4曲で構成されたアルバムで、各楽曲は時間軸の推移とともにDJミックスのようにさまざまなスタイルを行き来する。ベーシック・チャンネルじみたテクノ・ダブ、ナイトメアズ・オン・ワックスのようなスモーカーズ・デライトじみたダウンテンポ、そしてお得意のアンビエント・テクノ…… それぞれが溶け合い、絡みつきながらヌメヌメとそのスタイルを変えていく。これぞまさにジ・オーブ・ワールドと言いたくなるようなサイケデリック・ヴィジョンを見せてくれる。サウンド・ジャーニー。さぁ、ジ・オーブのサウンドとともに楽しきトリップの世界へと飛び出そうじゃないか!

OTOTOYでは本作を、ジ・オーブ作品としては初となるハイレゾにて配信を開始する。気に入ったらハイレゾで持っておこう!

The Orb / Moonbuilding 2703 AD
【Track List】
01. God's Mirrorball / 02. Moon Scapes 2703 BC / 03. Lunar Caves / 04. Moonbuilding 2703 AD / 05. Moon Quake 1 (Bonus Track) / 06. Moon Quake 3 (Bonus Track)

【配信形態 / 価格】
【ハイレゾ版(左)】
24bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 288円 アルバム 2,571円
>>ハイレゾとは?
【通常版(右)】
16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 257円 アルバム 2,057円
mp3
単曲 205円 アルバム 1,543円

INTERVIEW : アレックス・パターソン(ジ・オーブ)

「地球と月のラヴ・ストーリーかもしれないし、なんでもいいんだよ。設定が未来の28世紀で、そこで起こるいろんなストーリー。23世紀とか『スタートレック』で描かれている未来よりもずっと先の話。23世紀くらいの未来だと、すでに『スタートレック』や他の作品を見てるから、みんな想像がつくだろ? だから俺たちは、それよりもっと未来の世界を提示することにしたんだ。そこでは、いまはまだ発見されていない何かが発見されているかもしれないし、人間が新しい惑星を建てているかもしれないし、宇宙人もいるかもしれない。ストーリーは自由さ。リスナーには想像力を存分に発揮して欲しい。アルバムに関する批評も同じさ。なにを書かれたっていいんだ。俺は気にしない」(アレックス・パターソン)

その中心人物、アレックス・パターソンが語るように、ジ・オーブの新作『MOONBUILDING 2703 AD』は、音楽で見たこともない景色の強烈なトリップをけしかける。

まあ、ジ・オーブの作品はほぼいつでもそうだ。つまるところ、ジ・オーブ・ファンにとっては待望の、あの壮大な景色とともに、あっけらかんとサイケデリックなトリップへと誘う、彼らの作品が6年ぶりに帰ってきたといえばわかるだろうか。

「プロセスは自由だったし、エクスペリメンタル・レゲエ、エクスペリメンタル・テクノ、ジャズのリズム、いろんなものが放り込まれてる。とにかくこのアルバムは、ふたりの要素が盛り込まれた音の旅って感じだな」(アレックス)

ふたり… そう、アレックスの他にもうひとり、本作には重要なメンバー / コラボレーターがいる。ドイツ人テクノ・アーティスト、トーマス・フェルマンだ。

ジ・オーブは、その活動開始以来一貫して、アレックスのプロジェクトなのだが、単に彼のソロ・プロジェクトというのもちょっと違う。ほぼ毎回さまざまなコラボレーターとともに楽曲を制作、そんなコラボレーターとの相性や影響によって毎回作品ごとのスタイルを変えてきている。そこもジ・オーブの音楽性の肝なのだが、そのなかでも、ジ・オーブ最初期から度々コラボレーションを行いながら、2010年以降は他のコラボレーターよりも抜きん出て共演回数の多いのがトーマスだ。


THE ORB : Making Moonbuilding 2703 AD

トーマス・フェルマンの存在感

トーマスはミニマル・ダブのオリジネイターでもあるモーリッツ・フォン・オズワルドらとともに、1980年代のジャーマン・ニューウェイヴ(ノイエ・ドイチェ・ヴェレ)期から活動し、1990年代に入ってからはベルリンのテクノ・シーンを築きあげきたアーティストのひとりといってもいいだろう(トーマスは伝説のノイエ・ドイチェ・ヴェレ・バンド、パレシャンブルグのメンバーでもある)。トーマスとアレックスの関係性は、前述のようにユニット最初期にまで遡り、ジ・オーブのクラシック中のクラシック、1991年のファースト・アルバム『The Orb's Adventures Beyond The Ultraworld』にも参加している。さらに、今回のようにアルバム1枚まるごとアレックスと共同制作というところでは、シュールでサイケデリックな作風が頂点にまで達した1994年のミニ・アルバム『Pomme Fritz』や1995年のアルバム『Orbus Terrarum』が最初となっている。ジ・オーブの作品にはそれ以降、ほぼどの作品にも全面共同プロディース、“数曲にだけ参加”というどちらかの形でトーマス・フェルマンが関わっている。前作にあたる2009年『BAGHADAD BATTERIES』、2013年の一連のリー・ペリーとのコラボもトーマスとの共同プロデュースだ。

トーマスが参加していないジ・オーブの作品は、2007年のわりとレゲエ色の強いアルバムでティム・ブラン(元ドレッドゾーン)が全面的に参加している『The Dream』。あとは2011年にピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアとのコラボ作品、2010年の『Metallic Spheres』ぐらいと言える。

もはやジ・オーブのメンバーと言ってしまいたくなるほどだ。とにかくアレックスからの信頼が厚いのだろう。以前に著者が行ったふたりへのインタヴューではお互いのことをこのように答えている(リー・ペリーとのコラボ作品時に行ったものだ)。

「20年間の付き合いだが、ただフィーリングが合う仲なんだ。音楽作業の時はお互いの考えている事が手に取るように感じられるから、即興で曲なんかも自然に作れるんだろうな」(アレックス)

「彼はロンドンにいて、僕はベルリンにいて、ひとつのプロジェクトをやろうと思ったときに、その期間は集中する。逆にそれが終わると距離を置くんだ。音楽の仕事をやっていくうえで一番楽しい部分だけを共有することができるんだ。レコーディングを行うと、とても早く良いものができて”え? 俺らがコレを作ったの?”となるぐらいエキサイティングな瞬間が生まれるんだ」(トーマス)

微細な電子音が宙を待う、ミニマル・ダブ的な繊細なエコーの流れはトーマスのソロのサウンド・メイキングに躊躇な特徴だが、やはり彼が参加したジ・オーブの作品にはそのあたりの手腕がきっちりと反映されている。というか、アレックスらしいレゲエ~ダブのベースラインとコラージュ感覚、それを包み込むミニマル・ダブ的なエコー・サウンドは現在のジ・オーブのサウンドの方向性を決めてしまったといってもいいだろう。もちろん、本作にはそんなサウンドがしっかりと埋め込まれている。

ジャーマン・テクノ老舗〈コンパクト〉からのリリース

「今回は俺とトーマスだけだし、ただのミニマルだけではないサウンドをリリースすることによって〈コンパクト〉の音の可能性を広げることもできる。そんな目的から〈コンパクト〉からリリースすることにしたんだ」(アレックス)

さて、本作をリリースした〈コンパクト〉といえばミニマル・テクノのオリジネイター的なレーベル。1990年代末からリリースを開始し、2000年代はシーンを席巻するまでの影響力を持つことになったケルンのレーベルだ。ジャーマン・テクノ・シーンの重鎮、トーマスとも関係が深く、彼のソロ・アルバムなども多数リリースしている。

ジ・オーブは、2005年にこの〈コンパクト〉からアルバムをリリースし話題をさらった。1990年代のダンス・シーンの怪物が、2000年代当時、時代の寵児とも言えるレーベルからリリースしたことは話題となった。もちろんこのリリースはトーマスの橋渡しもあったのではないだろうか。またそのときリリースされた『OKIE DOKIE IT'S THE ORB ON KOMAPAKT』は前述のトーマスとの、その後のコラボを想起させるミニマル・ダブ・テクノのスタイルを強調したものであった。

ちなみにだが、ドイツとUKのダンス・ミュージックは結構な質感の違いがある。たとえばテクノひとつとっても、わりと混ざるところは混ざっているのだが、やはりその感覚には大きな違いがあることが多い。そして、かなりUKらしいサンプリング主体の雑食性を持ったアレックスの音楽性を考えると、ジ・オーブがジャーマン・テクノの当時の王道とも言えるレーベルからリリースしたことは少々驚きに値する出来事だったというのもある。

「ふたりだけではずっと長いことやっていなかったから、このアルバムのためにトーマスとふたりで作業をはじめたんだ。フィーチャーするアーティストがいないぶん、いままでとは違う、エクスペリメンタルなものを作ろうと話しながらね」(アレックス)

想像し得ない、未来の音楽へ

あからさまにSF的なモチーフとなった新作『MOONBUILDING 2703 AD』。これまでもジ・オーブの作品には、『The Orb's Adventures Beyond The Ultraworld』収録曲など、スペーシーなイメージのものはわりと多い。が、彼らの作品のなかで、ここまでストレートにストーリーを想起させるほどSF的なモチーフの作品は珍しいのではないだろうか。どちらかといえばジ・オーブといえば、もっとも複雑な要素がちりばめれた、抽象的なサイケデリック・ヴィジョンを作品のモチーフとして持つことが多い。が、今回はSFである。

「音楽に限らず、型にはまらないなにかを加えたいときは、SFはすごく良い要素だと思う。もし独創的なものを求めないのであれば、女に傷つけられたとか、ベイビーがどうしたとか、そんなことに関する音楽を書いてればいいんだ。それは20世紀の話で、今は21世紀なわけで、俺たちは28世紀に関する音楽を作ってる。ディスコやジャズ、レゲエなんかの要素を使いながら、それとかけ離れた音楽を作っているんだ。人によっては、かなりヘンテコな音楽だと思うかもしれないけど(笑)」(アレックス)

うむ、さすがアレックス。というか、日本のポップ・ミュージックってこういうこという人少ないよなと思いつつ。このあたり、本作に限らず、25年にも渡ってまさにジ・オーブのサウンドの下に通じている大事な、大事な地下水脈的思想ではないだろうか。未来の音楽、聴いたことのない音楽を、と。ちなみに「2703年」の意味を問うたところ「俺の子供たちの誕生日なんだ。ひとりは27日生まれで、もうひとりは3日生まれだから。ちなみに、娘と息子なだよ」と、このあたりはわりと大雑把。

さらにSFモチーフということで、彼のフェイヴェリットSF小説を聞いたところあげてきたのは、フィリップ・K・ディック『Time Out Of Joint』。邦題は『時は乱れて』。ディックはご存知のように映画『ブレイドランナー』の元ネタとなった『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の作者として知られるSF作家だ。まぁ、当然というか、その音楽のトリップ感を考えれば、ディックというのもうなづけるのだが、強烈なトリップを扱った『パーマー・エルドリッチの三つの聖痕』とかアレかなと思ったのだけど…… わりと初期の作品『時は乱れて』とは。理由を尋ねれば「理由なんてないさ。読めばわかる」とのことで、はい、読んでみましたよ。『時は乱れて』は、とある新聞懸賞に正解しまくる男が主人公で、そんな男が次第にさまざまな形で日常に違和感を感じ、そこから逃走を図るという話…… これがまた読んでいると「ああ、なるほど」と。本作のもろもろのタイトルのイメージなどとも直結しているなと。たとえば「時間の概念」「月」とか……。小説のネタバレになるのでこれ以上書きませんが。

『MOONBUILDING 2703 AD』のサウンド

「そう。アルバム全体がひとつの音楽なんだ。4つの異なるトラックをどう繋ぐか、これもまたチャレンジだった。逆に似通ったトラックばかりだと、1時間もそれを聴き続けるなんてつまらない作品になってしまうだろ? そういうことにいろいろと挑戦することで、境界線を押し上げたかった。難しいからといって12インチでシングルとして出すのではつまらないし、長く聴くには飽きてしまいがちなエレクトロという音楽をいかにおもしろくするかというのを実現して、新しい可能性を広げたかったんだ」(アレックス)

いまだに刺激的な作品をリリースしている、これまた彼の“思想”を物語っているものと言えるだろう。最後に『MOONBUILDING 2703 AD』のサウンドの全体像を解説しておこう。

『MOONBUILDING 2703 AD』は、ボーナス・トラックを除いて4曲のセグメントで分けられてる。タイトルがある種のストーリーを示唆しているのだとは思うが、冒頭で触れたように、1トラックのなかでDJミックスのように複数の楽曲が展開していくような構成になっている。10分超えの楽曲が3曲、そして残り1曲は9分と長尺の楽曲で占められている。

アルバムは「GOD'S MIRRORBALL」のゆったりとしたアンビエントなダウンテンポからはじまる。エコーの海のなかをゆったりとした足取りで進んでいくか、10分前後からダブステップ的なベースラインが張り出してくると、次第にビートはクリック・ハウスへと変化していく。

続く「MOON SCAPES 2703 BC」はトーマス・フェルマンのソロ作にも通じるダビーなテクノ・トラック。後半はいつの間にかこれがまたディープ・ハウスへと変化している。

「LUNAR CAVES」はジ・オーブの真骨頂とも言えるアンビエント・トラック。最初期の彼らのクラシック「A Huge Ever Growing Pulsating Brain That Rules From The Centre Of The Ultraworld」などを想起させるコラージュ感覚に溢れたサイケデリックなアンビエント・ジャム。

そしてアルバム本編の最後を飾る表題曲「MOONBUILDING 2703 AD」のはじまりは、アレックスらしいヒップホップの影響を感じる作品だ。ナイトメアーズ・オン・ワックスじみたソウルフルなブレイクビーツがゆったりとファンクを刻んでいく。どこか、ダビーなブレイクビーツのDJプレイのようなそんな感覚で、さまざまにビートを変えながらゆったりと進んでいく。

こうした各楽曲に分けて聴いてみることでそれぞれの音楽的なスタイルを堪能できるのだが、これがアルバム1枚を通して聴くと、不思議とまるで長時間煮込んだカレーの具のように、さまざまな要素が溶け合いひとつの世界観を示す。かなりさまざまな音楽的要素がカットアップ&ペーストされ、アルバム1枚の壮大なストーリーを描き出している。

またハイレゾ音源は楽曲の空間的な広がりや、細やかなエコーの消失感、そして細やかに配置されたコラージュ感覚の妙などをよりはっきりと楽しむことができ、この手のサイケデリック・ミュージックとハイレゾ音源の相性の良さを確認できるだろう。

また日本盤には「MOON SCAPES 2703 BC」の世界観をさらに広げたようなテクノ・トラック「Moon Quake 1」とチルアウトなジ・オーブ流のディープ・ハウス「Moon Quake 3」が収録されているこちらもぜひとも。

まさに大御所の横綱相撲ともいうべき、彼らの存在感をまじまじと気持ちよいぐらいまでに提示した、そんな作品だ。

text by 河村祐介

RECOMMEND

THE ORB / History of the Future Part 2

〈アイランド〉以降、つまるところオーブの2000年代以降を編纂したベストその2。リー・ペリーとの共作や、リカルド・ヴィラロボス+マックス・ローダーバウワーによるリミックスも。それにしてもこれ聴くとトーマス・フェルマンの影響力たるや。

THOMAS FEHLMANN /GUTE LUFT

ベルリンのアンダーグラウンド・ミュージック・シーンを引っ張ってきたトーマス・フェルマンのソロ。エコーの消える瞬間すらも美しすぎるアンビエント・テクノ・トラック。うーん、甘美。とりあえず、ジ・オーブの作品に対する影響力でかいなと。

Nightmares on Wax / N.O.W. Is The Time

タイトル曲「MOONBUILDING 2703 AD」で見せたファンクなチルアウト・ブレイクビーツ、元祖といえばこの人でしょう。ジ・オーブの立ち上げメンバーとも言えるジミー・コーティのKLF『Chill Out』、そのヒップホップ版とも言える『スモーカーズ・デライト』って話なので、まぁ、そういうことでしょうね。

LIVE INFORMATION

ジ・オーブ来日ツアー

2015年7月4日(土)@代官山UNIT
2015年7月5日(日)@大阪STUDIO PARTITA

PROFILE

ジ・オーブ

1988年に結成。現在はアレックス・パターソンとトーマス・フェルマンのデュオとして今なお第一線で活動を続けるアンビエント〜ダブ・テクノのパイオニア、ジ・オーブ。近年はリー・スクラッチ・ペリーやデヴィッド・ギルモアとのコラボレーション作品が大きな話題を集める。2015年には名門〈Kompakt〉からは10年ぶりとなる最新作『MOONBUILDING 2703 AD』をリリースする。

>>ジ・オーブ アーティスト・ページ

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

TOP