ネット・ネイティヴ世代から飛び出したバリアリック・フィーリング、KAZURAMOS

ここにデビューを飾るは、エレクトロ・トリオ、KAZURAMOS。獣の着ぐるみで正体を隠した3人の男女によるユニットだ。ここにリリースされたファースト・アルバム『Surf』は、その自らの前途を照らすように明るく光り輝く電子音で彩られた新たな世代のチャーミングなエレクトロ・ポップを体現している。

ベース・ミュージック / EDM以降のリズムの足運びと、アルバム全体を貫くシンセは、開放感と多幸感に満ちたチルウェイヴ経由のバリアリック・フィーリングを携えている。若き、希望に満ちたエレクトロ・ミュージックをぜひとも!

KAZURAMOS / Surf

【配信価格】
wav 単曲 250円 / まとめ購入 1,800円
mp3 単曲 200円 / まとめ購入 1,500円

【Track List】
01. Waves / 02. Surf / 03. Peach Web / 04. SICILY / 05. Shampoo Boy / 06. Y&G / 07. Enigma's Dance / 08. Ms Donut / 09. Three Seven / 10. Pentagram / 11. Tottoria

INTERVIEW : MIRU(KAZURAMOS)

もはやネットだって現場だ。インターネットを媒介に、ここ数年で広がり続ける、(ヒップホップすらもふくめた広義の)エレクトロ・ミュージックの波。ここ、日本にも間違いなくそうしたシーンは存在して、DAコンバータを通して、デジタル・サウンドが現実の空気へと放たれるように、現実の音楽シーンに対しても、ひとつのうねりを作っている。前述のように、まさにこのネット・ネイティヴ世代のバンド、KAZURAMOSもそうしたユニットのひとつと言えるだろう。

メンバーは、紅一点のMIRUと、テグジュペリと、神戸に在住のTsudioStudioの3人。インターネット・ネイティヴな世代らしく、その音楽趣味はあっけらかんとマニアックで、その音楽への姿勢は音にて示されていると言えるだろう。今回は、MIRUに単独インタヴューとなった。この獣の着ぐるみに隠された、その正体とは?

インタビュー&文 : 河村祐介

究極なんでもできちゃうじゃないですか、電子音って限界がない

――今回、インタヴューはMIRUさん、おひとりですが、KAZURAMOSとしては、メンバーは3人、あとテグジュペリと、神戸に在住のTsudioStudioさんの3人って感じなんですね。

MIRU : そうですね。

――いつからやってるんですか?

MIRU : このプロジェクト自体は3年前くらいですね。

――今回が初音源と。

MIRU : 作品としてはそうですね。

――どうやってこの3人に?

MIRU : もともとテグジュペリとTsudioStudioが、音楽好きの仲間というか。そういう話をよくしていて。ふたりが音楽談義しているようなつながりのところに私が連れてこられて…、そこから私も混ざって音楽の話をするようになって…。そうしたら聴いている音楽も近いところもあって仲良くなって。最終的に、この3人で遊んでるときに、テグが「俺らはもう音楽やるでしょ」って、「俺ら、もうつきあってるよね」ぐらいの軽いノリ(笑)。そこから音楽を作り出して、結成が決まったという感じですかね。本当に自然で、とにかく軽いノリでしたね。言葉で音楽のこととかを語るっていうのは難しいじゃないですか? でも、その感覚がすぐに共有できたのがこの3人だったという。

――共通の音楽趣味っていうのがあったと。

MIRU : そうですね。でも、他のふたりは私に比べて、無茶苦茶マニアックに雑食に音楽を聴いてて。でも、私の好きな音楽とも似ているところもあって。いまで言うと、トキモンスタとか、ジェームス・ブレイク、グライムス、カシミヤ・キャット、アニマル・コレクティブ、フォー・テットとか…、そのあたりはみんなメンバーも好きで、そのへんは共通って感じなんですよ。聴き方としては、他のふたりがディープに、マニアックに聴いているので、それを教えてもらうというスタイルで。私に関してはなんの先入観もなく、とりあえず教えてもらったものを聴いて、好きか嫌いか判断して、そこから好きなものをチェックして。で、自分でもそのアーティストに関して掘っていくっていう聴き方ですね。なんの先入観もなく、良いものは良いって聴くんです。


トキモンスタ feat. MNDR / Go With It

ジェームス・ブレイク / Overgrown

――傾向的には打ち込みといっても、いわゆるゴリゴリのDJもののテクノとかダブステップとか、そういう感覚ではなくて、チルウェイヴとかエレクトロとか、いわゆるインディ・ロックに近いフィールドのが好きそうですね。

MIRU : そうですね。

――そのあたりのエレクトロニック・ミュージックに引かれた理由は?

MIRU : やっぱり、どんどん新しいアイディアを出していける。というか、究極なんでもできちゃうじゃないですか、電子音って限界がないというか。

――ああ、そこですか。

MIRU : そこはポイントですね。

――ちなみに、入り口自体はどこなんですか? この手のダンスものなんかを聴くようになったのは。

MIRU : もともと10代のころに、そういう音楽ばかり聴いてて…、あ、えっと、そのきっかけか(笑)。でも、好きなものを聴いてたらそっちの寄っていったというか。最初は…、あ、あるとき海外でCDを見てたときに、DJフードのアルバムを買ったんですよ。そこからNINJA TUNEとかWARPを聴いていって…、最終的にすごい好きになったのはヘクスタティック。そこからですね。

いまのインディ・ロック系のエレクトロのシーンは日本であんまりないので

――ちなみにこのユニットはじめるときから、みんな打ち込みとはやってたの?

MIRU : テグジュペリとTsudioStudioは打ち込みができる状態。私もシンセで作曲をやる感じだったので。

――そして、その手の音楽が好きで、彼らと出会ってKAZURAMOSに至ると。まだ数回のライヴですけど、フィールド的にはライヴハウスというか、そこまで思いっきりクラブでやるみたいな感じではなさそうじゃないです。

MIRU : いま、一緒にやったのはDE DE MOUSEさんとか、WONDER WOLRDとか、あとはフルカワミキさんとか、いわゆるエレクトロ系にはなるんですが。

――ライヴは活動のなかで重要にしている部分だったりするんですか?

MIRU : 最初はライヴはやらないで良いかなとか思ってたんですけど。単純に楽曲をリリースするだけで、それをDJが使おうが、リスニングだけに使われようがどっちでも良いんですけど。このいまのインディ・ロック系のエレクトロのシーンは日本であんまりないので。海外では、普通になってるけど、まだそんなに大きな動きにはなってないと思うんですが。でも、私たちはダンス・ミュージックの今? というか、次はココなんじゃないかと思ってて。

――おお、大きく出たね。

MIRU : なんと言ったら良いかな、とにかく新しい道を切り開きたかったというか。いわゆるクラブでも、バンドでも、どっちかに偏ったところではないシーンを切り開きたかったというか。

――3人の役割分担みたいなものはあるんですか?

MIRU : 作詞作曲、アレンジは3人ともやるので役割分担は大まかにはあるんですけど、基本的には全部をみんなでやるって感じですね。誰かがネタを持って来て、そこに付け加えてみたいな作り方もしたりしますけど。とにかく、基本的にひとりで完結することはないですね。データを送って、足したり引いたりというのを3人でやってて…、バンドみたいな作り方だと思う。

――このアルバムに対して「こういうアルバムにしたい」みたいなのは、制作途中に話したりはしたんですか?

MIRU : そうですね。普段自分たちが聴いてるものに近いものを作るというのが、やりたいねという、わりとストレートなところで。あとは、テーマは“海"というのだけあって。それが土台にあったんですよ。

――じゃあ、そのテーマに収まらないでこのアルバムに入らなかった曲というのはあったの?

MIRU : ありましたね。

――例えば、今回はわりといまの“海"みたいなものから来るのかもしれないけど、開放感がある曲調が多かった気がするんだけど。例えばダークなものとか。

MIRU : 作ってたりはしてたんですけど、やっぱり3人で作業しているあいだに、ここにくるまでの段階ではじかれられて。逆に「これはリード曲だよね」って、はじめに作ってた曲も入ってなかったり。結局、それもはじかれて。

――曲作りで大事にしている部分とかってどこですか?

MIRU : 一応、メロディは単純に弾いても良いものっていうのは共通認識としてあるかな。メロディを重視しているというのは、大事にしてきましたね。リズムから作ったりとか、コード進行を作って、とか作りはじめは結構まちまちなんですが、それを結局は3人のなかでグルグル回して。

――でも、メンバーのTsudioStudioさんは神戸在住ですよね? 他のふたりは東京となると、ほぼ会わないでデータのやりとりのみって感じなんですか?

MIRU : 基本はそうなんですけど、合宿みたいに集まって一気に仕上げるっていうときもありましたね。もちろん、その後もデータで持って帰って作業もしましたけど。

「こんな感じじゃないよね」ってところからはじめて、試して、試して

――このアルバムを作ってるときなんかは、なに聴いてました?

MIRU : 私個人で言えば、ダントツでトキモンスタとグライムスですね。別に「女性アーティストが」という先入観があって聴いたわけではないんですけど、女性が作った曲が好きみたいで、自然と選んでしまうんですよね。後から調べると「あ、女性だったんだ」っていうぐらいのことが多いです。それは、独特の間とか女性らしいセクシーさとかかもしれないですけど。絶えず、他のふたりからいろいろな音を紹介されるので、どんどん聴くっていう感じですね。

――他のふたりはどんな感じで探してるんですか?

MIRU : やっぱりSoundCloudが大きいみたいですよ。アーティストとかリミキサー伝いに巡って、良い物をどんどんチェックしていくっていう感じみたいですね。あとはYouTubeとかも。海外のメディアとか見るって言うよりも、直接音を聴いて、そこから伝って探すって感じみたいですね。

――DJとかはしてないんですか?

MIRU : 3人ともやってませんね。

――そういえば、KAZURAMOSという名前はどこかきてるんですか?

MIRU : みんなで名前を決めているときに怪獣っぽい名前にしたいねって、モスラとか、いろいろ考えてて、バブリー感も欲しくて…、で、偶然出たKAZURAMOSっていうのに決まって。それは前に言った「3人で音楽やるよね」って言った、その日に決まりました、

――ああ、「つきあっちゃう?」みたいなノリの日ですね。

MIRU : そうそう(笑)。

――ヴォーカルの処理の仕方とか気になったんですけど。

MIRU : おお、すごいですね。

――すごい(笑)?

MIRU : そこが1番今回のアルバムで実験したかったところなんですよ。ヴォーカルは、特に他のふたりの処理のやりとりは数学の世界っていう感じで。もう計算とかしだして…、その時間、私は休憩時間なんですけど(笑)。そうやって“抜け"感を出すのに気をつかった。そこが1番、実は聴いてほしかったところで。

――まんまと当てたと!

MIRU : さすがですねぇ。自分たちが好きなアーティストたちの声の“抜け"感がすごくて、とにかくどうやってやってるのかいろいろ実験してみてって感じですね。「こんな感じじゃないよね」ってところからはじめて、試して、試して。探求するのがおもしろくて。あとはサンプリングもひとつもしてないんですよ。全部メンバーで作った音で、そのあたりはこだわりがあって。この手のジャンルにしては、実は珍しいところかなと思ってます。

――なんちゃって打ち込み系とは違うぞ、と(笑)。

MIRU : ちょっとありますね(笑)。

――あと、ちらりとTwitterを見たんですが、そのあたりからだと思いますが、マスタリングに関してもEDMとかみたいなエッジーな感じの音を避けたみたいなことを書いてましたが。

MIRU : そう、丸みが欲しいというのはしつこいぐらいメンバーで言ってたんですよ。もう、音圧詰め込むような感じって嫌だなと思ってて。

――やってみたいことってなんですか?

MIRU : 今回、結構、自分たち的には実験的なことをやってみたんですけど、あとは…… フェスとかに出てみたいですね。

LIVE INFO

Honey-Vol.3-dorothy- by あまいものないと
2014年2月15日(土) @渋谷kinobar

EAM2014
2014年3月14日(金)@神戸 神仙閣

en004
2014年3月16日(日)@渋谷NEO

PROFILE

KAZURAMOS

MIRU、テグジュペリ、TsudioStudioからなる3人組ユニット。

ジェームス・ブレイク、ハドソン・モホーク、フォー・テット、フライング・ロータス、グライムスといった海外アーティストと共鳴するサウンドを土台に、どこか捻くれた独特のポップネスを表現。

レイヴ、バレアリック、エレクトロニカを筆頭に様々な音楽的要素を取り入れ、日本の音楽シーンの歩調を乱すべく現れた3匹が、日本のダンスミュージック界の未来を食い散らす!

>>KAZURAMOS Twitter
>>KAZURAMOS Facebook
KAZURAMOS Soundcloud

RECOMMEND

★STAR GUiTAR / Planetary Folklore

プロデューサーやアレンジャー、リミキサーとして、メジャーからインディーズまで幅広く活躍する"SiZK"によるソロのエレクトロ・プロジェクト、★STAR GUiTAR。3rdアルバムは16歳女性ラッパーdaokoから、キーボーディストのSchroeder-Headz、そして★STAR GUiTARと同様にプロデュース等で活躍する一方で、作詞作曲からトラックメイキングまで手掛けるソロ・アーティストRAM RIDERが参加。

>>特集ページはこちら

DE DE MOUSE / sky was dark (24bit/48kHz wav)

独立後、自身のレーベル"not records"を立ち上げ、その第1弾として4thアルバムをリリース! ストーリー性を強めた今作。曲順、タイトルも含めて、DE DE MOUSEの世界感をこれまで以上に堪能できる1枚。OTOTOYでは、今作24bit/48kHzの高音質WAV音源で配信! アルバム購入された方には、DE DE MOUSE本人が書いた短編小説が描かれているデジタル・ブックレットもついてきます。

>>特集ページはこちら

ALMA DE STELLA / ZENITH SKY(24bit/48kHz wav)

ShinSight Trioのトラック・メイカー、Shin-Skiによるソロ・プロジェクト、ALMA DE STELLAの1stアルバム。飛び跳ねる電子音に悠久な風景を彷彿させる民族音が重なることで生まれる、不思議なポップ・ミュージック。95年に渡米し、本場のヒップホップ、ハウス、テクノ等のダンス・ミュージックの洗礼を受けたことから音楽制作を始め、そこにもともと持っている日本人としての感性をミックスさせることで、無国籍で普遍性を持ったALMA DE STELLAとしての音楽が完成。

>>特集ページはこちら

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

テンテンコ、illicit tsuboiをアレンジに迎えたメジャー第1弾シングル──ハイレゾ配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

Moe and ghosts × 空間現代、コラボ・アルバムをハイレゾ配信

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

TOP