2021/03/24 18:00

自宅ではワンサイズ小さいPSI AudioのA-14Mとともに

 さて、このままスタジオのサブDACをmicro iDSDからNEO iDSDに換えたくなったが、自宅のデスクトップでもNEO iDSDをテストしなければいけない。10万円を少し超えるNEO iDSDは、エントリー・クラスのDACでは満足できくなったリスナーのデスクトップにふさわしい製品だろう。サイズ的にもコンパクトだし、立て置きにもできる。立て置きにすると、液晶ディスプレイも文字の方向が90度変化するというのは、細かいところだが、気が利いている。

NEO iDSDは縦置きにして設置面積をコンパクトに使用可能。ディスプレイ表示も縦に。背面のアンテナはBlutooth接続対応のもの。高解像度のものも含めて現行のBluetoothオーディオ・フォーマットをすべてサポート(aptX、aptX HD、aptX Adaptive、aptX LL、LDAC、HWA/LHDC、AAC、SBC)

 僕の仕事場のデスクトップ・オーディオは、自作のデジタル・アンプとEclipseのTD510mk2の組み合わせになって、数年が経過している。これには大きな不満はない。だが、今回の試聴ではひとつ聴いてみたいモニター・スピーカーがあった。スタジオに導入したA-17Mよりワンサイズ小さいPSI AudioのA-14Mというパワード・モニターだ。これを輸入元からお借りして、NEO iDSDとA-14Mを組み合わせたシステムを作ってみた。

 A-14Mを箱から取り出すと、その小ささに驚く。A-17Mは17cmウーハー、A-14Mは14cmウーハー。ユニットの口径差だけ見ると、さして違わない印象だが、A-14Mのエンクロージャーの容積は半分以下だ。重量も三分の二くらい。デスクトップ用にこのサイズ感は好ましい。

今回使用したパワード・ニア・フィールド・モニター・スピーカー、PSI Audio A-14M、価格はオープンプライス(DSPジャパン(株)に問い合わせ)

 DACプリアンプとパワード・モニターを組み合わせただけなのは、前回、提案した「59,800円ではじめる高音質デスクトップ・オーディオ・セット」と同じだが、今回は価格的にはミドルクラス以上。デスクトップ・オーディオにも何十万円かかけてもいいという人向けのセットになる。NEO iDSDはUSB入力以外にSPDIF、OPTICAL、そして、Bluetooth入力もある。スマホなどからのBluetoothを受けられるのは、パーソナル用途のDACにはもはや必須の機能だろう。できれば、フォノイコライザーが繋げられるアナログ入力も欲しかったところだが、そのへんのニーズに応えるNEOシリーズ製品も将来的には出てくるのかもしれない。

 NEO iDSDとA-14Mの接続はスタジオと同じMogamiの標準的なバランス・ケーブルを用いた。NEO iDSDはスタジオではヴォリュームを “FIXED”の設定にしたが、デスクトップでは“VARIABLE”の設定にして、本体でヴォリューム・コントロールする。再生ソフトウェアはiMac上のRoon。WiFi接続されているオーディオ・サーバーはIO DATAのSoundgenicだ。これは特注のアナログ電源で使っている。

NEO iDSDとA-14Mだけで早くも完璧なモニター環境

 まずはジェレミー・ザッカーとチェルシー・カトラーが2月に発表したEP『Brent ii』を聴く。ジェレミー・ザッカーは米ニュージャージー州出身のシンガー・ソングライターで、大学で分子生物学を専攻しながら、ひとりで録音した音源がインターネット上で話題となり、ユニヴァーサル系のリパブリック・レコードと契約する前に、ストリーミング・サーヴィスで20億回の再生記録を打ち立てたという俊才だ。チェルシー・カトラーは2019年からジェレミー・ザッカーとデュオでの録音を残している女性シンガー・ソングライター。たぶん、ふたりは恋人同士だと思われる。

 メジャーと契約しても、ジェレミー・ザッカーの作風は変わらず、プライヴェート・スタジオで練り上げた録音作品を作っている。『Brent ii』は冒頭の「This Is How You Fall In Love」が恐ろしいほどの名曲。サウンド・プロダクションも素晴らしい。NEO iDSDとA-14Mで聴くそれは、ジェレミーとチェルシーが大事にしている世界観と、歌を通じたふたりの交歓を細やかに描き切る。NEO iDSDとA-14Mの下にインシュレーターを置いただけの簡単なセットアップなのに、早くも完璧なモニター環境が出来上がった感じだ。

NEO iDSDとPSI AudioのA-14M

 正直に言って、スタジオで聴いていたNEO iDSDとA-17Mよりも、デスクトップのNEO iDSDとA-14Mの方が鮮烈な印象がある。小口径のモニター・スピーカーを1mにも足らない距離で聴いているからかもしれない。とても、そこにある小さな箱が鳴っているとは思えない。「スピーカーが消える」という表現があるが、まさにそういう感覚だ。

 普段、使っているEclipseのTD510mk2もスピーカーが消える感覚を持っていた。だが、ちょっとニュアンスは違う。TD510mk2はふわっとした空気感を持つサウンドで部屋を満たす。タイムドメイン・スピーカーならでは自然な鳴り方だ。対して、A-14Mは曖昧さのない正確無比なモニタリングを極めることによって、スピーカーが消える。何の変哲もないこの箱形のスピーカーのどこに、そんな能力が隠れているのかと思わせる。

 近年は小型の優秀なパワード・モニターが各社から発売されている。価格的にも驚くほど安くなったが、その中にはDSP回路を内蔵していて、その補正によって、フラットな特性を得ているものが少なくない。だが、PSI AudioはDSPによる補正は使わず、純粋なスピーカー製作技術だけで勝負している。小型のA-14Mはだからこその雑味の無さ、とびきりのクリーンさを備えたパワード・モニターに仕上がっているように思われる。

 面白くなったので、モノラル音源を聴いてみることにした。アレサ・フランクリンのアトランティック時代のベスト盤『The Genius of Aretha Franklin』が2021年版のリマスターでリリースされたばかりだ。その最初の4曲はモノラル・ヴァージョンだ。アレサ・フランクリンの1967年のアトランティック第1作『I Never Loved A Man The Way I Love You』はモノラル仕様のハイレゾ版が以前からOTOTOYで販売されていた。その音質はアナログ盤の雰囲気に近く、60年代の米南部の土臭さを感じ取れるものだったが、今回の『The Genius of Aretha Franklin』のリマスターは、サウンドの質感がぐっと現代的になっている。ハイレゾ版はなく、ロスレスのみの販売だが、今、聴きたいのはこの2021年版リマスターだったりする。

 冒頭の「I Never Loved a Man The Way I Love You」を聴いてみると、これこそ「スピーカーが消える」経験だ。NEO iDSDもA-17Mも位相特性が良いのだろう。センターに手を伸ばせば掴めるような音像があり、左右のスピーカーが鳴っているとは思えない。モノラルというと温かい音、奥にこもった音というイメージを抱きがちだが、このリマスター版の再生はとんでもない。アレサのヴォーカルは生々しいし、ホーン・セクションをはじめ、各楽器の音も勢いよくほとばしる。当時のスタジオ機材の熱い音も感じ取れる。

DSDでもエッジ感のあるNEO iDSDの再生音

 現代の音源に戻って、2021年になってからリリースされた、最も刺激的な1曲を聴いてみることにした。ピノ・パラディーノとブレイク・ミルズの「Just Wrong」というシングルだ。パラディーノのベース、ミルズのギターやエレキ・シタールに加え、クリス・デイヴのドラムス、サム・ゲンデルのサクソフォン、ラリー・ゴールディングのメロトロン、ロブ・ムースのストリングスが絡み合う。当代きっての凄腕ミュージシャンによるセッションだが、全員の控えめな貢献が紡ぎ出す、心優しいセレナーデのような1曲でもある。

 OTOTOYで販売している24bit/96kHz版をNEO iDSDもA-17Mで聴くと、それぞれの繊細な演奏が超微細な音の粒子となって漂い出すような、そんな感覚を味わうことができた。時を超えた至福の時間に吸い込まれ、何度でも繰り返し、聴きたくなってしまう。このモニター・システムはもう手放したくなくなる。

 最後にDSD音源もチェックした。昨年暮れにリリースされたショーロ・クラブの名作『武満徹ソングブック』のコンプリート版だ。2011年の名盤に曲を追加して、CD2枚組のヴォリュームになり、11.2MHzのDSD版も発売された。そのファイル・サイズは18GBにも及ぶ。

 iFi audioのDACのトゥルー・ネイティヴのDSD再生はすでに定評がある。以前の製品はファームウェア・アップデートを行わないとDSD512まで対応しなかったが、NEO iDSDは標準で対応。11.2MHzのDSD (DSD256)の再生なら、まったく安定している。

 『武満徹ソングブック』は2011年版を2.8MHzのDSDで愛聴してきた。だが、同じ曲も11.2MHzのDSDになると、聴こえ方が違う。DSDらしい音の滑らかさや柔らかさに、ハッとするような断面の鋭さが加わったようなサウンドだ。

 DSD再生でもNEO iDSDの音の傾向はPCM再生と同じ感触があり、以前のiFi製品よりもその鋭さの部分をより高い鮮度で聴かせる感触がある。たぶん、これはアナログ回路の設計にポイントがあるのだろう。そんなことを思いながら資料を見直すと、iFi audioの変化の理由がかった。2020年から技術顧問が変わったのだ。ZEN DACからはジョン・カールが回路設計に参加したとある。何ということだろう、前回のレポを書いた時には、まったく見落としていた。というより、この時代にその名前を聞くとは思っていなかった。

最新鋭の小さなDACに宿る伝説的エンジニアの感覚

iFi audioの現在の技術顧問、ジョン・カール(写真 : iFi audio提供)

 ジョン・カールといえば、1960年代にグレイトフル・デッドのための機材製作を手掛けた伝説的なエンジニアだ。1970年代初頭にはマーク・レヴィンソンのエンジニアとなり、プリアンプの名作を世に送り出した。とりわけ、JC2は伝説の名機だ。JC2の内部のディスクリート・モジュールの互換製品や、全体の回路を模倣したプリアンプなどが、世界のあちこちで、今なお作り続けられている。

 言うまでもなく、JC2のJCはジョン・カールのイニシャルである。マーク・レヴィンソンとジョン・カールはほどなく別れ、レヴィンソンは違う方向に進んで、彼の思い描くアメリカン・ハイエンドの世界を追求していく。だが、JC2にあった勢いやキレの良さを語り継ぐオールド・レヴィンソン・マニアは数多い。NEO iDSDはそのJC2の系譜を継いでいるのだ。DACとしての基本構成はiFi audioが培ってきたものを踏襲しているに違いないが、アナログ回路の最終的な音判断にジョン・カールのテイストが入っているのだろう。そう考えると、すべてが頷けてくる。

 デスクトップの小さなUSB DACの背後にも、そんな人物や歴史が存在していると知ると、よけいにその音を聴くのがスリリングな体験になる。これがオーディオの面白さでもある。NEO iDSDの魅力はコスト・パフォーマンスだけではない。一歩踏み込んだオーディオの面白さに触れられる、そういう製品だと思えてきた。僕にとって悩ましいのは、それをスタジオのサブDACに導入するか、それともデスクトップのメインDACにするか、どちらにも最適過ぎることだ。

iFi audio NEO iDSDをOTOTOYで買うと、もれなくハイレゾ音源が付いてくる!

OTOTOYでは、iFi audio NEO iDSDを期間限定で販売中! なんとこちらのパッケージは「OTOTOY CARD 5000(OTOTOYの音源が5000円分購入できるポイントカード)」が付属(機材は販売元のiFi audioから、そしてカードはOTOTOYより送付されます)。上記で紹介した音源など、ハイレゾ音源を含むOTOTOY配信音源をカードの金額内でダウンロードできます。またさらには後日、5%のポイントバックも! 詳しくは下記の販売ページをご覧ください。

iFi audio NEO iDSD、OTOTOY CARD 5000付きパッケージの販売はコチラ!
https://ototoy.jp/_/default/i/211

注目のスタジオ・モニター・スピーカー、PSI Audio A-14M

PSI Audio「A-14M」
■PSI Audioの独自のCPRテクノロジーで位相補正を行う、小型ニア・フィールド モニター
価格 : オープンプライス(または下記代理店に問い合わせ)
スペック、購入のご相談は下記代理店、DSPジャパン(株) 公式ページへ
http://dspj.co.jp/products/PSIAudio/monitors.html

高橋健太郎のOTO-TOY-LAB アーカイヴス

第1回 iFi-Audio「nano iDSD」
第2回 AMI「MUSIK DS5」
第3回 Astell&Kern「AK240」(前編)
第4回 Astell&Kern「AK240」(後編)
第5回 KORG「AudioGate3」+「DS-DAC-100」
第6回 M2TECH「YOUNG DSD」
第7回 YAMAHA「A-S801」
第8回 OPPO Digital「HA-1」
第9回 Lynx Studio Technology「HILO」
第10回 exaSound「e-22」
第11回 M2TECH「JOPLIN MKII」
第12回 ASTELL & KERN「AK380」
第13回 OPPO Digital Sonica DAC
第14回 Lotoo PAW Pico
第15回 iFi audio xDSD
第16回 MYTEK Digital「Brooklyn DAC+」
第17回 FOCAL「Listen Professional」
第18回 mora qualitasで楽しむ、高音質ストリーミング〜ワイヤレス環境
第19回 お手頃価格で高音質、iFi audio ZEN DACで手軽にハイレゾ環境
第20回 ゼンハイザーの逸品完全ワイヤレス、MOMENTUM True Wireless 2、CX 400BT True Wireless
番外編 Lynx「HILO」で聴く、ECMレコードの世界

この記事の筆者
高橋 健太郎 (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎 プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第21回】ワンランク上のデスクトップ環境を──DAC&ヘッドフォン・アンプ、iFi Audio NEO iDSD

高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第21回】ワンランク上のデスクトップ環境を──DAC&ヘッドフォン・アンプ、iFi Audio NEO iDSD

高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第20回】ゼンハイザーの逸品完全ワイヤレス、MOMENTUM True Wireless、CX 400BT True Wireless

高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第20回】ゼンハイザーの逸品完全ワイヤレス、MOMENTUM True Wireless、CX 400BT True Wireless

お手頃価格で高音質、iFi ZEN DAC──高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第19回】

お手頃価格で高音質、iFi ZEN DAC──高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第19回】

mora qualitasで楽しむ、高音質ストリーミング〜ワイヤレス環境──高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーデ

mora qualitasで楽しむ、高音質ストリーミング〜ワイヤレス環境──高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーデ

岡田拓郎 x 葛西敏彦が語る『Morning Sun』の音世界

岡田拓郎 x 葛西敏彦が語る『Morning Sun』の音世界

Gotch、3年ぶりのソロ・シングル・リリースへ

Gotch、3年ぶりのソロ・シングル・リリースへ

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ──【第17回】FOCAL「Listen Professional」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ──【第17回】FOCAL「Listen Professional」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ──【第16回】MYTEK Digital「Brooklyn DAC+」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ──【第16回】MYTEK Digital「Brooklyn DAC+」

世界基準のフレッシュなサウンドを求めて──ASIAN KUNG-FU GENERATION新作をハイレゾ配信開始

世界基準のフレッシュなサウンドを求めて──ASIAN KUNG-FU GENERATION新作をハイレゾ配信開始

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ──【第15回】iFi audio「xDSD」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ──【第15回】iFi audio「xDSD」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第14回】PAW Pico

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第14回】PAW Pico

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第13回】OPPO Digital Sonica DAC

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第13回】OPPO Digital Sonica DAC

25年ぶりに放つ、s-kenの新作をハイレゾ配信

25年ぶりに放つ、s-kenの新作をハイレゾ配信

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第12回】 ASTELL & KERN「AK380」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第12回】 ASTELL & KERN「AK380」

★STAR GUiTAR / SiZKがAkiyoshi Yasudaとして新たな道へ、本名義デビュー作からフリー配信

★STAR GUiTAR / SiZKがAkiyoshi Yasudaとして新たな道へ、本名義デビュー作からフリー配信

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第11回】M2TECH「JOPLIN MK2」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第11回】M2TECH「JOPLIN MK2」

Yuji Ohno & Lupintic Five結成10周年! 初ベスト配信&大野雄二インタヴュー

Yuji Ohno & Lupintic Five結成10周年! 初ベスト配信&大野雄二インタヴュー

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ―― iFI-Audio「Retro Stereo 50」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ―― iFI-Audio「Retro Stereo 50」

大野雄二手がける『LUPIN THE THIRD 「JAZZ」』シリーズ初のベスト&過去作ハイレゾ化記念、ルパン音楽の魅力に迫る

大野雄二手がける『LUPIN THE THIRD 「JAZZ」』シリーズ初のベスト&過去作ハイレゾ化記念、ルパン音楽の魅力に迫る

美空ひばりによる、往年の名曲達を24bit/96kHzハイレゾで配信! 南麻布コロムビア・スタジオにて、美空ひばりの魅力をひも解く

美空ひばりによる、往年の名曲達を24bit/96kHzハイレゾで配信! 南麻布コロムビア・スタジオにて、美空ひばりの魅力をひも解く

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第10回】exaSound「e-22」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第10回】exaSound「e-22」

ケーブルで音が変わる!? H ZETTRIOが、最高の環境でハイレゾ録音に挑戦する!

ケーブルで音が変わる!? H ZETTRIOが、最高の環境でハイレゾ録音に挑戦する!

浜崎あゆみ、新作を32bit floatで配信! A&Rディレクターの米田英智にその意図を訊く

浜崎あゆみ、新作を32bit floatで配信! A&Rディレクターの米田英智にその意図を訊く

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――番外編 Lynx「HILO」で聴く、ECMレコードの世界

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――番外編 Lynx「HILO」で聴く、ECMレコードの世界

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第9回 Lynx Studio Technology「HILO」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第9回 Lynx Studio Technology「HILO」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第8回 OPPO Digital「HA-1」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第8回 OPPO Digital「HA-1」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第7回 YAMAHA「A-S801」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第7回 YAMAHA「A-S801」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第6回 M2TECH「YOUNG DSD」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第6回 M2TECH「YOUNG DSD」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第5回 KORG「AudioGate3」+「DS-DAC-100」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第5回 KORG「AudioGate3」+「DS-DAC-100」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第4回 Astell&Kern「AK240」(後編)

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第4回 Astell&Kern「AK240」(後編)

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第3回 Astell&Kern「AK240」(前編)

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第3回 Astell&Kern「AK240」(前編)

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第2回 AMI「MUSIK DS5」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第2回 AMI「MUSIK DS5」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第1回 iFI-Audio「nano iDSD」

【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――第1回 iFI-Audio「nano iDSD」

平成ノブシコブシ徳井健太のT.K.resolution〜ゼロから学ぶハイレゾのこと〜

平成ノブシコブシ徳井健太のT.K.resolution〜ゼロから学ぶハイレゾのこと〜

臼井ミトン、錚々たる大御所が参加した2ndミニ・アルバムをハイレゾ配信

臼井ミトン、錚々たる大御所が参加した2ndミニ・アルバムをハイレゾ配信

伊藤ゴロー『GLASHAUS』DSD音源で配信開始&インタビュー掲載

伊藤ゴロー『GLASHAUS』DSD音源で配信開始&インタビュー掲載

Soft Punk『冬レゲエ』Soft Punk×高橋健太郎

Soft Punk『冬レゲエ』Soft Punk×高橋健太郎

カコイミク 『DIGIDIGI LALA』 インタビュー

カコイミク 『DIGIDIGI LALA』 インタビュー

新曲『NOW!!!』リリース 企画 「クラムボン ミト×moonriders 鈴木慶一 」対談

新曲『NOW!!!』リリース 企画 「クラムボン ミト×moonriders 鈴木慶一 」対談

mojoco(モロコ)『だからゆくのさ』

mojoco(モロコ)『だからゆくのさ』

世武裕子 インタビュー

世武裕子 インタビュー

Gang Gang Dance ライブ・レポ

Gang Gang Dance ライブ・レポ

藤本一馬『SUN DANCE』

藤本一馬『SUN DANCE』

ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート 『イン・マントラ』配信開始! 高橋健太郎によるライナー・ノーツ付!

ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート 『イン・マントラ』配信開始! 高橋健太郎によるライナー・ノーツ付!

清水靖晃+渋谷慶一郎『FELT』高音質のDSD配信開始

清水靖晃+渋谷慶一郎『FELT』高音質のDSD配信開始

ジム・オルーク Live Report &ライナー・ノーツ単体発売!!

ジム・オルーク Live Report &ライナー・ノーツ単体発売!!

Jim O'Rourke 『All Kinds of People〜love Burt Bacharach〜』高橋健太郎が執筆する1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツ付き!

Jim O'Rourke 『All Kinds of People〜love Burt Bacharach〜』高橋健太郎が執筆する1万字越えのスペシャル・ライナー・ノーツ付き!

THEATRE BROOK『Live Achives Disc1』販売開始 ライヴ・レポート

THEATRE BROOK『Live Achives Disc1』販売開始 ライヴ・レポート

THEATRE BROOK『Live Achives』シリーズ予約開始 / ライヴ・レポート

THEATRE BROOK『Live Achives』シリーズ予約開始 / ライヴ・レポート

レーベル特集 ztt records

レーベル特集 ztt records

この記事の編集者
河村 祐介

1981年生まれ。ビヨンセとは1日違いで時差的に多分ほぼ一緒。渋谷区幡ヶ谷出身。2004年~2009年『remix』編集部で丁稚から編集者へ、LIQUIDROOM勤務やのらりくらりとふらふらとフリーを経て、2013年よりOTOTOY編集部所属、現在編集長。テクノあたりとダブステップあたり、ルーツ・レゲエ〜ダブあたり(そのあたりでライナーノーツなど多数)、その他では酒あたりと本あたり。

レイヴ・カルチャーが示した可能性 ── 書評 : マシュー・コリン著『レイヴ・カルチャー』

レイヴ・カルチャーが示した可能性 ── 書評 : マシュー・コリン著『レイヴ・カルチャー』

REVIEWS : 030 ジャズ(2021年8月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

REVIEWS : 030 ジャズ(2021年8月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

REVIEWS : 020 グローバル・ベース(2021年4月)──大石始

REVIEWS : 020 グローバル・ベース(2021年4月)──大石始

高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第21回】ワンランク上のデスクトップ環境を──DAC&ヘッドフォン・アンプ、iFi Audio NEO iDSD

高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第21回】ワンランク上のデスクトップ環境を──DAC&ヘッドフォン・アンプ、iFi Audio NEO iDSD

REVIEWS : 015 ジャズ(2021年2月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

REVIEWS : 015 ジャズ(2021年2月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

ポスト・サブカル焼け跡派のパースペクティヴ──パンス(TVOD)インタヴュー

ポスト・サブカル焼け跡派のパースペクティヴ──パンス(TVOD)インタヴュー

REVIEWS : 011 アジアのフォーク(2021年1月)──大石始

REVIEWS : 011 アジアのフォーク(2021年1月)──大石始

狂おしいまでの音楽愛に導かれた、伝説の日本人ラテン・シンガーによる半生記──『YOSHIRO 〜世界を驚かせた伝説の日本人ラテン歌手〜』

狂おしいまでの音楽愛に導かれた、伝説の日本人ラテン・シンガーによる半生記──『YOSHIRO 〜世界を驚かせた伝説の日本人ラテン歌手〜』

高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第20回】ゼンハイザーの逸品完全ワイヤレス、MOMENTUM True Wireless、CX 400BT True Wireless

高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第20回】ゼンハイザーの逸品完全ワイヤレス、MOMENTUM True Wireless、CX 400BT True Wireless

いま、ここでも未来で鳴る音──『カン大全──永遠の未来派』──オトトイ読んだ

いま、ここでも未来で鳴る音──『カン大全──永遠の未来派』──オトトイ読んだ

お手頃価格で高音質、iFi ZEN DAC──高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第19回】

お手頃価格で高音質、iFi ZEN DAC──高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第19回】

REVIEWS : 009 ジャズ(2020年10月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

REVIEWS : 009 ジャズ(2020年10月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

下北沢〈BONUS TRACK〉、大浪漫商店で魯肉飯と音楽に出会う──オトトイ、行った

下北沢〈BONUS TRACK〉、大浪漫商店で魯肉飯と音楽に出会う──オトトイ、行った

ROVO、24年目のセルフ・タイトル・アルバム──ハイレゾ・ロスレス版独占配信

ROVO、24年目のセルフ・タイトル・アルバム──ハイレゾ・ロスレス版独占配信

mora qualitasで楽しむ、高音質ストリーミング〜ワイヤレス環境──高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーデ

mora qualitasで楽しむ、高音質ストリーミング〜ワイヤレス環境──高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーデ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.76 - 2020 GUEST SPECIAL : NOOLIO'S CHOICE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.76 - 2020 GUEST SPECIAL : NOOLIO'S CHOICE

ハッとするほど簡単に高音質──mora qualitas、ストリーミングでハイレゾ・ロスレス体験

ハッとするほど簡単に高音質──mora qualitas、ストリーミングでハイレゾ・ロスレス体験

REVIEWS : 004 エレクトロニック&アザーズ(2020年5・6月)──八木皓平

REVIEWS : 004 エレクトロニック&アザーズ(2020年5・6月)──八木皓平

空間を生成するピアノと電子音、フィールドレコーディングの地図──原摩利彦『PASSION』

空間を生成するピアノと電子音、フィールドレコーディングの地図──原摩利彦『PASSION』

インディペンデントな音楽コミュニティーの支援団体〈SustAim〉とは?──発起人のひとり、starRoに訊く

インディペンデントな音楽コミュニティーの支援団体〈SustAim〉とは?──発起人のひとり、starRoに訊く

REVIEWS : 003 ジャズ(2020年4月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

REVIEWS : 003 ジャズ(2020年4月)──柳樂光隆(Jazz The New Chapter)

Gotch、3年ぶりのソロ・シングル・リリースへ

Gotch、3年ぶりのソロ・シングル・リリースへ

特別対談 : mora qualitas x OTOTOY ── 高音質を生活のなかに

特別対談 : mora qualitas x OTOTOY ── 高音質を生活のなかに

こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)──特別対談:日々の生活、そして音楽

こだま和文 x 高橋一(思い出野郎Aチーム)──特別対談:日々の生活、そして音楽

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

スペシャル・リポート : 憑在の音楽──日野浩志郎によるコンサート・ピース、GEIST@YCAM

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

よりシンプルに、素直に──DATS、「Game Over」で新たなフィールドへ

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

生活に「祈り」と「救い」を、そして最高のグルーヴでパーティを続けよう──思い出野郎Aチームの新作がすごい

生活に「祈り」と「救い」を、そして最高のグルーヴでパーティを続けよう──思い出野郎Aチームの新作がすごい

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.26 - SUMMER SPECIAL「mitokon編」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.26 - SUMMER SPECIAL「mitokon編」

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x ロボ宙──豪華ヴォーカリストを迎えた4作目『The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC』

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

Wyolica、デビュー20周年を迎え再結成&ベスト・アルバムをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

bird、20周年記念ベストをリリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

細野晴臣、『はらいそ』(1978年)、『フィルハーモニー』(1982年)最新リマスタ版配信開始

細野晴臣、『はらいそ』(1978年)、『フィルハーモニー』(1982年)最新リマスタ版配信開始

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

KAGEROから生まれ出た、新たな2連星──SaraGrace's OneHotNightインタヴュー

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

ミツメがたどり着いた「不在」の存在感ーーDJ MINODAと訊く新作『Ghosts』

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

Sauce81とShing02による言葉と音によるスペース・オペラーー『S8102』配信

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

気になるあの問題がついに決着!?──YOUR SONG IS GOOD、結成20周年記念作『Sessions』をリリース

YMOリマスタリング第4弾『浮気なぼくら』『サーヴィス』『アフター・サーヴィス (live 1983)』

YMOリマスタリング第4弾『浮気なぼくら』『サーヴィス』『アフター・サーヴィス (live 1983)』

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

揺るぎない30周年の電気グルーヴ

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

2週間先行ハイレゾ配信──断絶と継承を経たインディーの美学、WOOMAN『A NAME』

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

注目のブラジリアン・ミュージック新世代──高橋健太郎によるアントニオ・ロウレイロ『リーヴリ』ライナーノーツ

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

【REVIEW】『Silence Will Speak』に見える、未来まで響く歪みと叫び

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

KAGEROの6作目、3年ぶりの新作『KAGERO Ⅵ』をハイレゾ配信

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

ザ・なつやすみバンド、記念すべき10周年を彩る『映像』──新作を独占ボートラ付きハイレゾ配信

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

TOP