★STAR GUiTAR / SiZK、そして新たなアーティスト、Akiyoshi Yasudaへ──フリー&ハイレゾ配信

ソロ・プロジェクト、★STAR GUiTARとしての活動、そしてプロデューサー / 作家として、AAA、Sexy Zone、西野カナといったポップ・アクトを手がけるSiZKとしての活動、このふたつの名義で活躍してきたアーティストが新たなプロジェクトを開始する。そのプロジェクト名とは、ずばりストレートにAkiyoshi Yasuda。このたび名刺代わりとなる『alter ego』をリリースした。すでにOTOTOYでは、10月13日より約1週間の先行配信、しかも32bit float版と24bit版のふたつのハイレゾ・パッケージにて配信を開始し、好評を得ている。ここには★STAR GUiTARでも、SiZKでもない新たなサウンド・フィーリングが顔を覗かしている。Akiyoshi Yasudaはジャンルを超え、ひとりのアーティストとして、いま動き出したというわけだ。

OTOTOYでは新たに本作のなかから、1曲、「nano」をフリー配信するとともに、OTOTOYプロデューサー、高橋健太郎によるレヴュー記事をお届けしよう。ちなみに、フリーの楽曲は32bit float版と24bit版、どちらも配信なので、エンジニアとしてマスタリングや細部にいたるまで自身で手がけるAkiyoshi Yasudaによる極上のハイレゾ音源を異なるスペックで聴き比べる、なんてこともできてしまう。ということで、ぜひともこの機会に、お聴きください。

Akiyoshi Yasuda名義のデビュー作『alter ego』から「nano」をフリー配信

Akiyoshi Yasuda / alter ego

【Track List】
01. y
02. A
03. Coma
04. lifeis
05. nano ←フリーダウンロード
06. rense
07. turn
08. standalone




32bit float版、24bit版ともに5曲目「nano」をフリー配信。パッケージページで5曲目「nano」のみを選択し、0円で決済、ダウンロードへ進んでください。
アルバム全体は通常通りお買いもとめいただけます。

【左 : 32bit float版】
32bit float/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 216円(税込) / アルバムまとめ購入 1,620円(税込)


【右 : 24bit版】
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 194円(税込) / アルバムまとめ購入 1,404円(税込)

REVIEW : Akiyoshi Yasuda『Alter Ego』

SiZKの名で数々のアーティストへの楽曲提供やプロデュースを行う一方、★STAR GUiTAR名義でヒット作を連発してきたAkiyoshi Yasudaが、本名を使っての活動も始めた。そのデビュー作となるのが、この10月発表の『Alter Ego』というアルバムだ。

★STAR GUiTARでの活動もソロ・アーティストとしてのものであり、多くのピアニストとのコラボレーションで作り上げた2014年のヒット・アルバム『Schrödinger's Scale』以後は驚くべきペースでのリリースラッシュが続いている。それだけに何故、また別名義での活動を?とも思ったが、『Alter Ego』を聴いてみると、その疑問も氷解する。Akiyoshi Yasudaの音楽家としての、あるいは人間としての核心部分が、初めて外気に触れたかのようなフレッシュな作品がそこにあるからだ。

★STAR GUiTARの音楽を特徴づけてきたスピード感や高揚感、めくるめく展開といったものは、『Alter Ego』にはほとんど見当たらない。ダンス・ミュージックからは遠く離れ、ドラム・トラックが使われている曲でもそのビート感はダンサブルを志向したものではない。ループ的というよりはミニマル・ミュージック的。が、何も起こらないかと思えば、突如、予想のつかない展開をしたりもする。

ピアノやストリングスといったクラシカルな楽器音が使われる一方で、エレクトロニクスにはノイズ的な要素が多く組み入れられている。サウンド面で何より際立っているのは空間の美しさ。それは★STAR GUiTARの音楽にも感じられるものだが、『Alter Ego』では、Akiyoshi Yasudaの繊細な空間構成術がより前面化し、世界を統べているかのような感がある。

★STAR GUiTARのアルバムと対照的な作品

ゲスト・ミュージシャンは誰もいない完全なるソロ作品。ピアノなども全てDAWソフトウェアで作られたものだという。曲のタイトルはどれもシンプルで、アルファベット1文字だけのものもある。意味深なタイトルの多い★STAR GUiTARのアルバムとはこの点でも対照的だ。

そんな『Alter Ego』を何度も聴き返すうちに、不思議なことに、僕はそこから「うた」が聴こえてくるような錯覚に陥った。大きなメロディーはないし、もちろん、言葉はどこにもない。そんな曲達が並んでいるにもかかわらず。あるいは、Akiyoshi Yasudaの心の奥底の、言葉にならない何か。それを曲として完成させることにこだわらず、自動筆記のように音にしていったのが、この『Alter Ego』なのかもしれない。

そんなさりげなさと深みを合わせ持つこのAkiyoshi Yasudaのアルバムは、SiZK/★STAR GUiTARでの彼の活動とはまったく違うレイヤーで、新しいリスナーを獲得する力を持っているとも思う。(text by 高橋健太郎)



>>10月19日(水)発売の雑誌『Net Audio(ネットオーディオ)Vol.24』誌にて詳細なインタヴュー記事も掲載予定!
詳しくはコチラヘ

RECOMMEND

★STAR GUiTAR / Wherever You Are(24bit/48kHz)

★STAR GUiTAR名義、H ZETT Mや、アジア諸国でも絶大な人気を誇るジャジー・ヒップホップ・シーンの覇者、re:plus。そして今年最も話題の新人といっても過言ではないグルーヴ・ジャズ・バンド、Lotus Landと、豪華3組のゲスト陣を迎え制作された通算5作目。OTOTOYではハイレゾ版の特典として、まとめ購入いただいた方にのみ、特典として『Wherever You Are』の32bit float /48kHz wav音源がまるっと付属します。

★STAR GUiTAR / Wherever I am(24bit/48kHz)

★STAR GUiTAR名義の通算4枚目のアルバム。★STAR GUiTARの十八番である抜群の高揚感をもったダンス・チューンから、どこまでも美しい輝きを持つミドル・バラードまでを収録。fox capture plan、LASTorderと、2組の豪華ゲストも参加。

Schrodinger's Scale(24bit/48kHz)

「ピアノ」×「ダンス・ミュージック」、JABBERLOOPのキーボードとしてだけでなく、近年はfox capture planのキーボードとしても大ブレイク中のMELTEN、活動も盛んなH ZETT M、そしてSchroeder-Headzを迎えた美しい「Rise In Revolt」を収録。ある意味で★STAR GUiTAR名義の岐路となったヒット作。

PROFILE

Akiyoshi Yasuda profile

1983年生まれ。愛知県出身。SiZKとして山本領平のトラックメイキングでデビューし、AAAやSexyZone、西野カナ、BENNIE K、など、様々なジャンルの楽曲を手がける。2010年には自身のプロジェクト★STAR GUiTARを始動。テクノを基軸にハウス、エレクトロ、ドラムンベースやエレクトロニカなどの多彩なダンスミュージックを昇華したサウンドを展開し8月「Brain Function feat. Azumi from wyolica」でデビュー、2011年1月には1stアルバム「Carbon Copy」でiTunes Storeダンスチャート1位を記録。2014.9月には、「ダンスミュージック」×「ピアノ」を融合させた、コラボレーションアルバム『Schrödinger's Scale』をリリース。90年代のテクノ・ミュージックをベースに、 fox capture plan のキーボードとしても大ブレイク中の「MELTEN」、PE'Zのキーボードとして時代を築き、現在はソロ名義での活動も盛んな「H ZETT M」、孤高の世界観を奏でる「Schroeder-Headz 」等、豪華なピアノスト達との共演を実現し、ある種のセッション的なプロセスによって作り上げたその音像は大きな反響をよんでいる。2015年8月にリリースされた『Wherever I am』では、多方面から注目を集める“現代版ジャズ・ロック"ピアノ・トリオ、fox capture planが参加。メンバーの演奏シーンに加え、★STAR GUiTARがリアルタイムでミックス、エフェクト処理をしていくライブ感溢れるMVが話題となった。

>>Akiyoshi Yasuda STUDiO SELFiSHページ

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】2018年最初の要注目新人登場! 女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信!
[CLOSEUP]・2018年01月10日・確かな才能の萌芽がここに──今後要注目の女性SSW・marucoporoporoの初作品をハイレゾ独占配信 すごい新人の登場です! 作詞、作曲、編曲そしてミックスまで一人でこなす、23歳(2018年時)の女性シンガー・ソング・ライター、その名もmarucoporoporo。そんな彼女が初音源となるEP『In her dream』を〈kilk records〉よりこの度リリース。力強くも繊細な歌声と、生楽器と電子音が重なり合う幻想的なサウンドは、デビュー作とは思えない完成度の高さに思わず息を呑むこと間違いなし。OTOTOYでは今作のハイレゾ版を独占配信すると共に、レヴューを掲載。期間限定(2018年1月10日(水)〜1月17日(水)23:59)にて音源のフル試聴も行っておりますのでまずは一聴を! OTOTOYではハイレゾ版を独占配信!marucoporoporo / In her dream'【Track List】01. Sunshine02. Touch the hand03. Dear04. Never let me go05. Little boy and girl【配信形態 / 価格】WAV、A
【REVIEW】誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース
・2017年12月13日・誰もが心待ちにしていた再始動が遂に!──Ovallが4年ぶりとなるアルバムをリリース 2013年に2ndアルバム『DAWN』のリリース後、4年間活動を休止していたOvallが遂に再始動。それに伴い新作アルバム『In TRANSIT [Deluxe Edition] 』をリリースする。今作では〈origami PRODUCTIONS〉のファンサイト限定でリリースされたCD『In TRANSIT』の収録曲をメインとしつつ、新曲「Winter Lights」や既発曲のリミックス・ヴァージョンなど全22曲とボリューミーな内容となっている。そんなOvallの新作をOTOTOYでは配信とともにレヴューを掲載する。 4年ぶりの新作!Ovall / In TRANSIT [Deluxe Edition]'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 205円(税込) / アルバム 2160円(税込)【収録曲】''1. In TRANSIT2. Someday Somewhere3. Mr. Smith 4. Liquid Mental 5. Open Your Eyes
by marvinkei
【REVIEW】ポップの旗手としてミツメの飛躍が始まる! ──史上最高のポップ・ソングをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ポップの旗手としての飛躍が始まる! ──ミツメの史上最高のポップ・ソングを、ハイレゾ配信&レヴュー掲載 2016年のアルバム『A LONG DAY』リリース以降、国内12箇所、15公演、中国7都市、台湾、韓国、ロサンゼルスをまわるツアーを行ったミツメが、満を持してシングル「エスパー」をリリースした。ミツメ節と言える、人肌の温かいポップ・エッセンスを還元濃縮した、ミツメ史上最高との呼び声高いポップ・ソング「エスパー」を表題曲にし、初期ミツメを彷彿とさせながらも、ライブで培った圧倒的な演奏力と、進化し続ける川辺のソングライティングが爆発。新たな一面とミツメらしさを兼ね備えたこちらの最新作を、OTOTOYではハイレゾ配信、そして楽曲をよりお楽しみいただくためにレヴューを掲載する。 ミツメ史上最高のポップ・ソングエスパー / ミツメ'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC【価格】単曲 324円(税込) / まとめ 540円(税込) 【収録曲】''1. エスパー2. 青い月 REVIEW : いまだかつてなく熱っぽいミツメのポップ宣言 こんなにも熱っぽいミツメを聴く時が来たと
[CLOSEUP]・2017年12月20日・《12ヶ月連続配信企画、第10弾》──新たな「はじまり」に胸を打つ、どストレートなウェディング・ソング 10年超のバンド・キャリアを持つ、井上朝陽(Vo&Gt.)、安田そうし(Gt.)の2人が新たにスタートさせたギター・ロック・バンド、goodtimes(グッドタイムス)。2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行い、注目を集めている彼らがこの度、第10弾「はじまり」の配信をスタートした。彼らの魅力にうっとりしてしまう楽曲を、ぜひレヴューと共にお楽しみいただきたい。 goodtimes、新たな「はじまり」を祝福する第10弾goodtimes / はじまり'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込)【収録曲】''1. はじまり REVIEW : 和やかな愛の延長戦にある、どストレートなウエディング・ソング ついに彼らの配信楽曲も10曲目に突入! こちらの配信が毎月の楽しみになっている人も少なくないはずだ。そんな記念すべき第10弾は、新郎から新婦へ送られた手紙にそのままメロディをつけたかのような、どストレートなウェディング・
【REVIEW】ヤナセジロウのソロ・プロジェクトbetcover!!がデビュー作『high school !! ep.』をリリース
[CLOSEUP]・2017年12月20日・恐怖をも感じさせる衝撃的な出会い──betcover!!デビュー作『high school !! ep.』をリリース 今後インディー音楽シーンの一端を担うことになるであろうサウンド・センスを持った表現者、ヤナセジロウ。“betcover!!”は、彼のソロ・プロジェクトとして2016年夏に本格的な活動を開始し、同年にロッキング・オン主催のアマチュア・アーティスト・オーディション「RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN」で優勝した、いま最も魅力ある若手アーティストのひとりである。デビュー作となる『high school !! ep.』は関わったクリエイター全員が高校生であるという、まさに現音楽シーンへの若者からの挑戦状となるような1枚。Earth Wind & Fireなどのブラックミュージックをルーツとしつつ、予想を裏切る多様な切り口で聴く者を翻弄する傑作『high school !! ep.』を、レヴューと共にお楽しみください。 若者からの挑戦状! デビューEPを配信中! betcover!! / high school !! ep.'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(1
by ai
何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界
[CLOSEUP]・2017年12月22日・何もかもを肯定する美しい破壊衝動――緻密に再構築されたworld's end girlfriendの完結する世界 world's end girlfriendによる6年ぶりのアルバム『LAST WALTZ』、wegの音としか形容のしようのない、圧倒的な世界観を繰り広げていたが、このたび、収録楽曲をさまざまなアーティストがリミックスしたリミックス・アルバム『LAST WALTZ REMIX』をリリース。主宰レーベルのアーティストなど、多彩な顔ぶれのリミキサーたちが、その世界観をさらに拡張している。OTOTOYでは本作品をレヴューとともにハイレゾ配信でお届けしよう。 豪華クリエイター陣によるリミックス・アルバム!!world's end girlfriend / LAST WALTZ REMIX'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 173円(税込) / アルバム価格 1,728円(税込)※AACのみ単曲 162円(税込) / アルバム 1,620円(税込) 【収録曲】01. matryoshka REMIX / Plein Sol
by 阿部 文香
【REVIEW】刺々しくも清らかなサニーデイ・サービスの「クリスマス」──小西康陽remixを配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月15日・刺々しくも清らかなクリスマスの物語──サニーデイ・サービス「クリスマス」小西康陽remixを配信開始 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。その収録曲で、フェアリーテイル・ファンクな名曲「クリスマス」が小西康陽によるリミックスを経て、メロウでジャジーな楽曲へと変化を遂げた。さらに曽我部が書き下ろした新たなクリスマス・ソング「Rose for Sally(クリスマス・ソング)」も収録。また12月25日(水)にリリースされる『Popcorn Ballads(完全版)』の予約受付も開始! どちらもハイレゾでご用意しております! サニーデイからの最高のクリスマス・プレゼントを、レヴューとともにお見逃しなく! サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / クリスマス -white falcon & blue christmas- remixed by 小西康陽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事