高橋健太郎のOTO-TOY-LAB──ハイレゾ/PCオーディオ研究室【第15回】iFi audio「xDSD」

iFi audio「xDSD」

現代の音楽視聴環境に寄り添うポータブル・デバイス

音楽の世界では近年、ストリーミング・サービスの成長がめざましい。2017年にはストリーミングは全世界で40%の売り上げ増を記録。日本でも売り上げは20%増となっている。Apple MusicやSpotifyなどで曲を検索して、すぐに聴くというライフ・スタイルが日常的になっている読者も少なくないことだろう。OTOTOYは音楽のダウンロード販売のサイトだが、実はサービスの中にストリーミングに近いものを含んでいる。iOSやアンドロイド用のOTOTOYアプリを利用してもらうと、OTOTOYで過去に購入した楽曲やフリーダウンロードの曲をすぐに聴くことができる。スマートフォンの中にファイルを持ち歩かなくても、いつでも思い出したときに聴けるのだ。


OTOTOY アプリ画面


<<OTOTOYアプリの詳細はこちらから>>

●OTOTOYアプリ App storeからのDLはこちら
●OTOTOYアプリ Google PlayからのDLはこちら

さらに、今年始めにスタートした「Collections」のサービスではPC上にOTOTOYで過去にダウンロードした曲がならんでいて、それらを自在に聴くことできる。曲を選んで、プレイリストを作り、それを再生することも可能だ。こうしたサービスによって、音源ファイルを保存して持ち歩いていない環境でも、OTOTOYでダウンロードした曲を聴けるようにしているのだ。

僕自身も昨今は外出時にストリーミングで音楽を聴くことが多くなった。が、そこで問題になるのは音質だ。愛用しているポータブル・プレイヤーにはハイレゾの音源を詰め込んでいる。しかし、ストリーミングを聴くにはiPhoneを使わなければならない。データ転送レートが200~300kbps程度のストリーミング・サービスならば、iPhone本体で再生して、そこそこの音質で楽しめば良いのかもしれない。だが、日本でも先頃、Deezerがサービスを開始。Deezerは16bit/44.1kHzのCD音質でのストリーミングを謳っている。OTOTOYアプリの場合は年間360円のハイレゾ・プレイバックを購入すると、24bit/48kHzまでのハイレゾ・ファイルをローカルにキャッシュして楽しむこともできる。

<<ハイレゾプレイバックの詳細はこちらから>>

となると、iPhoneを使った再生環境でも、よりハイフィディリティーを求めたくなる。何か良い方法はないだろうか、と思っていたところに知ったのが、iFi audioから新しいポータブル・デバイスが登場したことだった。

iFi audio xDSD

iFi製品はmicro iDSDをシルヴァー、ブラックの二世代で愛用している。時おり、micro iDSDをポータブルのヘッドフォン・アンプとして持ち出すこともあった。ただし、サイズ的にはちょっと大き過ぎる感が否めない。新製品はiFiのこれまでの主力だったiシリーズではなく、xシリーズと呼ばれる新しいラインナップの第一弾で、サイズ的にはiシリーズのnano iDSDよりも小さいらしい。だが、価格的には5万円台とnanoの約二倍の価格になっている。機能的にはUSB接続だけでなく、Bluetooth接続も可能。データ圧縮のコーデックは一般的なSBCだけでなく、AACとaptXにも対応している。

個人的にはBlueTooth接続は音質劣化が避けられないため、これまでオーディオ機器には使用することがなかった。iPhoneも3.5mmオーディオ・アウトを持つiPhone SEを使用し続けているので、Bluetoothのヘッドフォンを使うには至っていない。だが、iPhone SEの使用も限界に近づいているので、Bluetooth接続できるポータブル機器をためしておきたい時期でもあった。そういう意味で、iFiから登場したxDSDはぜひ、テストしてみたくなった。

iFi Audio micro iDSD

一新されたデザインと高級感のある佇まい

製品パッケージは過去のiFiのそれに近いデザインだが、箱から取り出したxDSDには予想した以上のフレッシュなインパクトがあった。デザインが斬新なだけでなく、実物にはソリッドな質感がある。価格的にはmicro iDSDの方が上位のはずだが、高級感はxDSDの方があると言っていい。

波打った金属製のボディは触った感触もとても良い。ボディはnano iDSDよりも薄くて握りやすい。中央に置かれたヴォリュームを含め、突起物がほとんどないデザインもポータブル機器としては好ましい。小さなスイッチなどが突き出ていると、何かの拍子に破損することがあるからだ。重量は127グラム。iPhone SEよりは重いが、iPhone 6以降のiPhoneよりは軽い。

まずはパワーオン。これは中央のヴォリュームを押して行うのだが、このときにxDSDを使用するモードを選択しつつ、起動する必要がある。ヴォリュームを押し続けると、ヴォリュームとその左側のLEDが緑色もしくは青色に光る。この緑色と青色は20秒ごとに入れ替わるのだが、USB接続で使用する場合は緑色の時に、Bluetooth接続で使用する場合には青色の時に、ヴォリュームから指を離して、本体を起動する。

Bluetooth接続にも興味は惹かれるが、まずはxDSDのUSB DAC+ヘッドフォン・アンプとしてのポテンシャルを知る上で、緑色のLED点灯状態から始めてみることにした。micro iDSDとの比較のためにPCにxDSD とmicro iDSDをともにUSB接続。二台を切り替えて、同じヘッドフォンで試聴すれば、違いが掴めるだろう。

xDSD のDACとしての基本的なスペックはmicro iDSDと大きく違わない。DACチップにはバー・ブラウン社のDSD1793を搭載。これは世代的には古いマルチビットのDACチップだが、あえてバー・ブラウン社がテキスト・インストゥルメンタル社に吸収される以前のDSD1793にこだわり、独自の制御技術によって、PCM768kHzや DSD512(24.6 / 22.6MHz)の再生を実現しているのがiFiの技術陣だ。DACチップの数値特性だけを見れば、ESS SABREや旭化成の最新のチップの方がはるかに高性能だが、DSD1793には譲れない音質的魅力があるということなのだろう。iFi製品の持つ自然な音楽再生能力、とりわけ、中域の滑らかさや豊かさはこの頑固なDACチップ選択によるところが大きいのではないかと思われる。

軽量化、ポータブル性を備えながら損なわれないパワー

試聴音源にはOTOTOYではじまったワーナー作品の配信のなかから、ランディ・ニューマンの昨年発表のアルバム『DARK MATTER』をえらんだ。このアルバムは恐ろしく音が良い。CDで聴いても十分にすばらしいが、24bit/96kHzのハイレゾ音源ではオーケストレーションの広がりや歌やピアノの瑞々しさにゾクゾクさせられる。最近はオーディオ機器のテスト取材などがあると、このアルバムのハイレゾ版を必ずもっていくようになっている。

試聴用のヘッドフォンは愛用のゼンハイザーHD600。低域に誇張がないモニター・バランスで、ゼンハイザーの歴代のヘッドフォンの中でも最も気に入っていたモデルだが、世界的にもファンが多かったようで、昨年、リイシューされた。仕事場のiMacのAudivanaでDACにmicro iDSDを指定し、HD600で聴き始めたランディ・ニューマンは思った通りのサウンドで、安心して聴ける。柔らかな音場の広がりはこの組み合わせならでは。試聴目的だったことを忘れて、すっと音楽に没入してしまう。

ゼンハイザーHD600

さて、micro iDSDとxDSDを入れかえてみる。DACチップは同じだし、スペックも同じだから、似たサウンドだろうと予想していたら、いや、似ている部分もあるが、確実に違うニュアンスもある。xDSD の方がきりっとした現代性があるとでも言えばいいか。micro iDSDに比べると、柔らかな音場の広がりは控えめになる分、音楽の聴きどころを強く訴えかけてくる。細かな楽器音にハッとさせられる瞬間も多い。低域はややタイト。高域の抜けや空間の透明度はmicro iDSDよりも高いかもしれない。どちらが良いかというと、これは甲乙つけ難い。聴く音源によって変わってくるだろう。

よりラウドなサウンドを聴いてみようと、試聴音源をフレイミング・リップスの『Greatest Hits,Vol.1』に変えたが、インパクトならxDSD、アトモスフィアならmicro iDSDという印象は変わらない。どちらも魅力ある。DAC部の基本構成は変わらないとすると、これはアナログのアンプ部の違いが大きいのかもしれない。ヘッドフォン・アンプとしてのスペックを見比べてみると、これはかなりの差がある。micro iDSDの出力は三段階で切り替えられ、ターボ・モードでは16Ωで最大8V/4000mWの高出力だ。対して、xDSDは16Ωで2.82V/500mW。といっても、一般的なヘッドフォン・アンプと比べれば、xDSDも余裕あるスペックで、音質的にも非力という印象はない。ゼンハイザーのHD600は300Ωのハイ・インピーダンスで、決して鳴らしやすいヘッドフォンではないが、まったく問題は感じられない。

では、もっとオーヴァースペックなヘッドフォンではどうか? 昨年から話題を集めている米ABYSS社の平面駆動型ヘッドフォン、Dianaで聴いてみることにする。受注生産で価格的にも40万円を越えるこのヘッドフォンはインピーダンスこそ40Ωだが、能率は91dbと極端に低い。micro iDSDで鳴らす場合もターボ・モードにしないと音量不足になる。xDSDではさすがに役不足だろうと思ったが、実際に試聴してみると、そんなことはなかった。中央のヴォリュームは出力に応じて、LEDの色が変わるのだが、それが赤に変わる寸前で適正音量が得られる。少なくとも、出力不足を感じることはない。

ABYSS diana

ABYSSのDianaは恐ろしく鮮烈かつオープンなサウンドなので、試聴音源もそれに合わせたものにしてみる。ジョニ・ミッチェルの『ドンファンのじゃじゃ馬娘』の24bit/192kHzだ。micro iDSDとxDSDで比較試聴すると、ジャコ・パストリアスのベースの深々としたローエンドや広がりあるステレオ感ではmicro iDSDの方が優れている。しかし、ジョニ・ミッチェルのギターの切れ味や音楽全体のスピーディーな躍動感ならxDSDだ。ともあれ、それなりの電源回路を持つ据え置き型のヘッドフォン・アンプでもなかなか鳴らしきれないDianaをiFiのバッテリー駆動のヘッドフォン・アンプが確実に駆動してみせたのには驚いた。

<<ABYSS Diana の詳細はこちら>>

オーディオ機器とBluetooth接続の現状

さて、micro iDSDとの比較はこのくらいにして、次はiPhoneとの接続を試してみる。この場合は二つの接続方法が考えられる。ひとつはBluetooth接続。もうひとつはAppleのLightning - USBカメラアダプタを使って、有線接続する方法だ。このうちのBluetooth接続については、一定の基礎知識が必要になってくる

というのも、オーディオ機器のBluetooth接続については、かなり複雑な現状があるからだ。「Bluetoothは音が悪い」と言われ続けてきた最大の理由は、その一般的なコーデックであるSBCでのBluetooth接続では、最大でも200kbps程度のデータ送信しかできなかったからだ。

その後、より大きなデータ送信を可能とするコーデックが開発され、xDSDが対応しているAACでは320kbpsまでは実現できる。256kbps程度のストリーミング・サービスを聴取する分には、それで十分だろう。xDSDが対応しているもうひとつのコーデック、aptXではそれが最大384kbpsとなり、理論的には16bit/48kHzの音質を再現できるとされている。

米クアルコム社が開発したaptXにはさらに上位のaptX HDというコーデックもあり、これは24bit/48kHzの音質を実現できるとされるが、xDSDが搭載しているのはaptXコーデックまでだ。

ただし、AACやaptXによるBluetooth接続は送信側・受信側の両方の機器がそのコーデックに対応している必要がある。iPhoneの場合は対応しているのはAACのみなので、iPhoneとxDSDのBluetooth接続はAACとなる。xDSDの側だけが対応しているaptXは使えないのだ。

ということから、iPhoneとxDSDをBlueTooth接続する場合のコーデックはAACで、320kbpsが限度ということになる。それで各種のストリーミング・サービスを利用する場合、どの程度の音質で楽しめるだろうか。

Bluetooth接続から読み取れる本機の性能

Apple MusicやSpotifyは有料サービスの場合、最大320kbpsとされているが、モバイル環境では実際には200kbps前後のことが多そうだ。対して、Deezer HiFiは可逆圧縮のFLACで16bit/44.1KhzのCD音質を実現しているとされる。しかし、iPhoneとxDSDの間のBluetooth接続はAACだから、そこでも320kbpsが上限となってしまう。OTOTOYアプリでハイレゾ・プレイバックを利用すれば、iPhone上で24bit/48kHzのハイレゾ再生が可能になるが、BlueTooth接続の通信速度については同様だ。ということは、Deezer HiFiやOTOTOYアプリを使っても、音質上のメリットはそれほどのないのかもしれない。

そこでiPhoneとBluetooth接続したxDSDで、同じタイトルを比較試聴してみた。ヘッドフォンには外出用のお気に入りであるBoseのQuiet Comfort25を使用。ブラッド・メルドー・トリオの最新作『Seymour Reads the Constitution!』をまずはApple MusicとDeezer HiFiで聴き比べてみると、音は歴然とした差がある。圧倒的にDeezer HiFiの方が良い。BlueTooth環境が320kbpsを上限としていても、元のストリーミング品質の差は如実に現れるということだろう。

Bose Quiet Comfort25

では、OTOTOYアプリで『Seymour Reads the Constitution!』をハイレゾ・プレイバックしてみるとどうだろうか? Deezer HiFiと比較すると、これはOTOTOYアプリからの再生の方が音が良い。ピアノの微細なタッチや全体の空気感が向上する。途中に320kbpsを上限とするBluetooth接続があっても、やはり24bit/48KHzのハイレゾ再生は効いてくるのだ。Quiet Comfort25で聴いても、xDSDのサウンドは端正な印象で、すっきりとした聴きやすさもある。これならば外出時に十分に楽しめる。

OTOTOY アプリ再生画面

おもしろくなってきたので、さらにaptXによるBluetooth接続も試したくなった。iPhoneでは不可能だが我が家には、ほかにBluetooth対応の再生機器はないかと考えてみたところ、Astell & KernのAK380がファームウェア・アップデートでaptX HDまで対応していた。ということは、AK380からBluetooth送信して、xDSDで受信する場合はaptXが使えることになる。

AK380に『Seymour Reads the Constitution!』の24bit/88.2kHzのハイレゾ版をインストールして、xDSDとBluetooth接続。これを聴いてみると、やはり音は違う。iPhoneとAK380ではそもそもの再生品質に大きな差があるはずだから、どこまでがaptXのアドヴァンテージなのかは判断できないが、これまた明らかに音が良くなる。

こうやって聴き比べてしまうと、もう最初のApple Musicに戻る気はしなくなってしまう。xDSDでの再生はBluetooth接続であっても、そのくらい各種ストリーミングの音質差を描き分けられるということだ。AACしか使えないiPhoneでも、xDSDならBluetooth接続を使ってみたくなった。アンドロイド・ユーザーならば、aptXが使えるから、Bluetooth接続でもかなり音質を追い込めるのではないかとも思う。

Astell & Kern AK380

有線接続ではさらに音質の変化が楽しめる

最後にiPhoneとxDSDをLightning-USBカメラアダプタを使って接続するパターンに進む。この場合はiPhoneをxDSDを二段重ねにして使うことになるが、Bluetooth接続による転送レートのボトルネックはなくなる。『Seymour Reads the Constitution!』をApple Music、Deezer Hifi、OTOTOYアプリの順に聴いていくと、音質差はBluetooth接続よりもさらに鮮明になる。

xDSDをiphoneと有線接続

だが、xDSDのスペックからすれば、OTOTOYアプリの上限の24bit/48kHzよりもはるかに上位のハイレゾ再生も可能だ。xDSDは出荷時のファームウェアでPCMは32bit/384kHz 、DSDは11.289MHzまでをサポート。超ハイレゾ・オーディオ用のファームウェア(5.20)に変更すれば、32bit/768kHzのPCM、22.57MHz のDSDにも対応するのだ (ただし、この場合はMQAはサポートされなくなる)。

Hibikiソフトウェア

そこでiPhoneにインストールしてあるHibikiソフトウェアを使って、さらなるハイレゾ再生もテストしてみた。『Seymour Reads the Constitution!』の24bit/88.2kHz版をiPhoneのHibikiフォルダにインストール。Hibikiソフトウェアで再生すると、これはもう見事なハイレゾ再生だ。BlueTooth接続とは違う地平に躍り出た感がある。HibikiソフトウェアはPCM音源のアップサンプリングも可能なので、88.2kHz → 352.8kHzにアップサンプリングした再生も試してみた。

ほとんど遅延もなく、352.8kHzでも動作するのに驚いたが、音質的にはピアノが少し硬質になった気がした。この音源に関してはオリジナルの24bit/88.2kHzで聴くのが良いようだ。しかし、16bit/44.1kHzの音源の場合はHibikiによるアップサンプリングが有効なことも多いのだろう。

Hibikiソフトウェアを使えば、iPhoneとxDSDでDSDのネイティヴ再生も可能だ。この場合はまずHibikiのシステム設定でモードをPCMからDoPに切り替える必要がある。Hibikiでは11.2MhzのDSDはPCM変換しての再生になるので、5.6MhzのDSDで発売されているボノボの『23区』を聴くことにする。この場合も動作の遅延はほとんど感じることなく、DSDのネイティヴ再生が始まる。

『23区』のDSD版は、ボノボのワイドレンジで、エッジの効いたバンド・サウンドを硬さのないナチュラルな質感で聴かせてくれる。xDSDのタイトな音質はDSD再生に向くのではないかとも思った。ラウドでいながら、空気感が澄んでいて、気持ち良い。iPhoneのストレージ容量を考えると、収納できるDSD音源の数には限りがあるだろうが、その気になれば、外出先でも5.6MhzのDSDのネイティヴ再生を楽しめる。Quiet Comfort25はノイズ・キャンセリング機能があるので、電車内だって、DSDの繊細な空気感に触れられる。これはちょっとした優越感も味わえるかもしれない。

という訳で、長いレポになってしまったが、それだけxDSDはいろんな使い勝手、楽しみ方の可能性を秘めたマシンである言っていいだろう。ポタアンとしては少し高めの価格に感じられるかもしれないが、このサイズ、機能性を考えれば満足度は高い。携帯機器はボディの質感などの魅力も重要だろうから、ぜひ店頭で一度、触れてみて欲しい。


高橋健太郎のOTO-TOY-LAB アーカイヴス
第1回 iFi-Audio「nano iDSD」
第2回 AMI「MUSIK DS5」
第3回 Astell&Kern「AK240」(前編)
第4回 Astell&Kern「AK240」(後編)
第5回 KORG「AudioGate3」+「DS-DAC-100」
第6回 M2TECH「YOUNG DSD」
第7回 YAMAHA「A-S801」
第8回 OPPO Digital「HA-1」
第9回 Lynx Studio Technology「HILO」
第10回 exaSound「e-22」
第11回 M2TECH「JOPLIN MKII」
第12回 ASTELL & KERN「AK380」
第13回 OPPO Digital Sonica DAC
第14回 Lotoo PAW Pico
番外編 Lynx「HILO」で聴く、ECMレコードの世界

iFi audio xDSD 仕様

●USB入力 : High-Speed Asynchronous USB 2.0メス ~ PCM768kHz & DSD512(24.6/22.6mHz)
●S/PDIF同軸及び光入力 : ~192kHz/24Bit
●ダイナミック・レンジ : >113dB (A)
●ボリューム・コントロール : 101dB (1dBステップ)
●出力 : 3.5mm ミニプラグ・ヘッドフォン出力兼ライン出力×1(3極TRS&4極 TRRS「sバランス」兼用)
●出力電圧 : > 2.82V/500 mW @ 16 Ohm, > 3.7V/270 mW @ 50 Ohm, > 3.8V/48 mW @ 300 Ohm, > 3.8V/24mW @ 600 Ohm
●ライン出力レベル : > 2.1V @ 0dBFS (& 0dB Volume)
●全高調波歪率 : (1V/16R) : < 0.005%出力インピーダンス : < 1Ωバッテリー : 3.8V/2200mAhサイズ : 95mm (l)x 66.5mm (w)x 19mm (h)
●重量 : 127g
●保証期間 : 12ヶ月
●標準的な小売価格 : 54,000円 (税別) / 58,320円 (税込)
総務省技適認証取得済 (※認証シールのない並行輸入品はすべて電波法違反となります。ご注意下さい)
日本オーディオ協会ハイレゾロゴ正規取得済


詳しいスペックはこちらへ
iFi audio xDSD 商品ページ

 
 

連載

【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎《第12回》zAk × 佐野敏也
・2018年07月13日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第12回》zAk × 佐野敏也 INTERVIEW : zAk(レコーディング・エンジニア)× 佐野敏也(スペースシャワーネットワーク) プライベート・スタジオ「ロックン・ロール研究所」で音源制作を行うなど、音作りへの深いこだわりを持っていた忌野清志郎。『KING』『GOD』といったキャリア後年の作品ではソウル・クラシックな音作りが際立っている。そうした作品に携わっていたのが、FISHMANSの作品等で知られるレコーディング・エンジニアのzAkだ。そしてその間を取り持った人物が、『RUFFY TUFFY』『冬の十字架』でレコーディング・ディレクターを務めた佐野敏也氏。2人が間近で見た忌野清志郎の姿とは? zAkの所有するスタジオ「ST-ROBO」にて、対談形式で話を訊いた。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys 高校時代、まわりはRCのコピーバンドばっかりだった──お2人は、お仕事で関わる前から清志郎さんの音楽は聴いていらっしゃったんですか。 佐
by 岡本 貴之
BiSH~Rock'n Roll Swindle~ 二番煎じは本物を超えられるのか?! Epsode52 セントチヒロ・チッチ「BiSHは誰かにとってのヒーローであり続けたい」
[BISH]・2018年07月13日・【BiSH】Epsode52 セントチヒロ・チッチ「BiSHは誰かにとってのヒーローであり続けたい」 2018年3月発売のメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』がオリコン・ウィークリーチャート1位を獲得、5月22日には自身最大規模となる横浜アリーナでの単独ワンマン公演〈BiSH "TO THE END"〉を即完させ圧倒的なライヴを行った"楽器を持たないパンクバンド”BiSH。今年の夏は〈ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018〉〈SUMMER SONIC 2018〉をはじめ様々なロック・フェスにも出演する彼女たちが、初の両A面シングル『Life is beautiful / HiDE the BLUE』をリリース。また同日に内容が過激なゲリラ・シングル『NON TiE-UP』をリリースし、攻める姿勢は止まることをしらない。OTOTOYでは、8周目となるメンバー個別インタヴューを敢行。第1回は、セントチヒロ・チッチの声をお届けする。 BiSH初となる両A面シングルをハイレゾ配信中BiSH / Life is beautiful / HiDE the BLUE'【配信価格】WAV
by JJ
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回
[CLOSEUP]・2018年07月10日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回──豊作! この夏、オススメの新譜! 梅雨という梅雨もないまま、あっという間に本格的な夏に突入! 今年の夏は長い夏になりそうな予感! 今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」始まります! 先月はこの夏のサマソニでの来日も控え、ドレイク、ケンドリック・ラマーといったビッグ・アーティストもラヴ・コールを送るUKの新星R&Bシンガー、ジョルジャ・スミスの初アルバム『Lost & Found』を取り上げました。今月は豊作な新譜の中からいくつかの作品をピックアップ! ぜひこの夏はこちらの作品たちをチェックしてみては?? >>先月号、第17回(2018年6月)はこちら 第18回 豊作! この夏、オススメの新譜! 夏が近づくと、夏っぽい曲がチラホラと出るじゃないですか。それらを拾いながら、今年の夏を断片的に妄想したりしません? 今、自分はその最中ですが、昨年は海や山が似合う明るい曲が多く、今年はクールな都会の夜を思わせるサウンドが多いように思います。まず1発目。個人的には今のとこ今年イチです。 先月の記事に組み込まなかったんですが、丁度1ヵ月前に突
by 斎井 直史
【BiS連載vol.96】BiS1st「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」
[POURLUI]・2018年07月09日・【BiS連載vol.96】BiS1st インタヴュー「私たちの進化を見逃さないでほしいです」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。激動の最中にいるBiSからBiS1stのインタヴューをお届けする。 BiS1st、初シングルを配信スタートBiS1st / Don't miss it!!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ 750円(税込) 1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) INTERVIEW
by 西澤 裕郎
【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》蔦岡晃
[CLOSEUP]・2018年06月29日・【連載】〜I LIKE YOU〜忌野清志郎──《第11回》 蔦岡晃 INTERVIEW : 蔦岡晃(有限会社フェイスクルー 代表取締役)忌野清志郎がヴォーカルを務めたRCサクセションは、1970年代の低迷期をタフに乗り越えると、エレキ・バンドとして生まれ変わり、80年代に大ブレイク。一度聴いたら忘れられない清志郎の歌声、派手なメイクとファッション、強烈無比なライヴ・パフォーマンスにより“THE KING OF LIVE"と呼ばれ、一躍脚光を浴びるようになっていった。今回ご登場いただく蔦岡晃さんは、RCの絶頂期からライヴ・スタッフを務め、清志郎の晩年にはライヴのオープニングに欠かせない役割を担っていた人物だ。長年、清志郎のライヴ・パフォーマンスを支え続け、現在も数多くのライヴ制作に携わっている蔦岡さんならではの視点から語る“KING"忌野清志郎とは。 企画・取材 : 岡本貴之 / ゆうばひかり文・編集 : 岡本貴之撮影 : ゆうばひかりページ作成 : 鈴木雄希(OTOTOY編集部)協力 : Babys はじめてRCのライヴで清志郎を観たとき“こんな人は日本にいないな"と思った──蔦岡さんは、1979年にRCサ
by 岡本 貴之
【BiS連載vol.95】ネル・ネール「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」
[POURLUI]・2018年06月22日・【BiS連載vol.95】ネル・ネール「BiSにとっての起爆剤になって、新しい道を作れる存在になりたい」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。まさに激動の最中にいるBiSに6月より加入した新メンバーの中から、OTOTOYではBiS1stの初ソロ・インタヴューを2回に渡りお届けする。 BiS1st、初シングルをOTOTOYでも配信予定BiS1st / Don't miss it!!【発売日】2018年7月4日(水)1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) IN
by 西澤 裕郎
【BiS連載vol.94】トリアエズ・ハナ「人の心を動かせるような歌を歌いたい」
[POURLUI]・2018年06月21日・【BiS連載vol.94】トリアエズ・ハナ「人の心を動かせるような歌を歌いたい」 2016年9月に2度目の再スタートを切り、メンバーの脱加入を経て、現在はBiS1stとBiS2ndに分裂し活動中のBiS。2018年7月4日リリースのシングル『Don't miss it!!』タイミングで、メンバー総勢10名を対象に、ファンの投票によってBiS1st所属メンバーとBiS2nd所属メンバーを決定する『BiS.LEAGUE』が行われ、その得票数の1位~5位が次作のBiS1st、6位~10位がBiS2ndとして再編成されることになっている。まさに激動の最中にいるBiSに6月より加入した新メンバーの中から、OTOTOYではBiS1stの初ソロ・インタヴューを2回に渡りお届けする。 BiS1st、初シングルをOTOTOYでも配信予定BiS1st / Don't miss it!!【発売日】2018年7月4日(水)1. Don't miss it!!2. TiME OVER3. Don't miss it!! (instrumental)4. TiME OVER (instrumental) INTERVIEW : トリ
by 西澤 裕郎
ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回
[CLOSEUP]・2018年06月19日・斎井直史による定期連載「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第17回──Jorja Smith 『Lost & Found』 今年もあっという間に折り返しの6月! 梅雨入りの日本列島ですが激しい寒暖差に体調を崩しがちな今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 先月の特集では、日本ではまだあまり耳慣れない“Type Beat”という文化について紹介しました。今月は新たにUKから現れた、現在21歳のR&Bシンガー、ジョルジャ・スミスをピックアップ。ビック・アーティストたちからも多くの賛辞を浴びる彼女の待望となるデビュー作に迫ります! 8月にはサマソニにて来日も控えてますよ〜! >>先月号、第16回(2018年5月)はこちら 今月ピックアップ! UKから現れた新たなR&Bの新星によるデビュー作!Jorja Smith / Lost & Found'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,543円(税込)【収録曲】''01. Lost & Found02. Teenage Fantasy03. Where Di
by 斎井 直史