高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――
【第10回】exaSound「e-22」

e-22

聴こえなかった音が聴こえてくる、USB DAC

昨年暮れのOTOTOY DSD SHOPで和田博巳さんとトーク・イヴェントを行った時のこと、ともかく度肝を抜かれたのがexaSoundのUSB DAC、e-22から流れ出したサウンドだった。当日のイヴェントでは、USB DACにOppoのHA-1とexaSoundのe-22、パワード・モニターにFocalのTwin6 BEを用意して、パッシヴのプリアンプで切り替えながら、11.2MHzのDSDでリリースされた丈青のピアノ・ソロ作品、『I See You While Playing The Piano』の比較試聴を行った。このうちのOppo HA-1については、昨年、本連載でも使用レポートを書いた。とても優れたDACプリアンプで、価格帯を考えると敵無しといっていいくらいのコスト・パフォーマンスを誇る製品だ。パワード・モニターに使用したFocalのTwin6 BEもバランスの良いスピーカーで、HA-1との相性もバッチリだった。

exaSoundのe-22については、その日になるまで、僕は音を聴いたことがなかった。しかし、Oppo HA-1+ Focal Twin6 BEの組み合わせで聴く丈青『I See You While Playing The Piano』が素晴らしいサウンドだったので、HA-1をDACをexaSound e-22に換えても、それほど大きなパフォーマンスの差はないのではないか? と考えていた。どちらも使用しているDACチップはESS SABREのES9018S 。ある程度、共通するサウンド・キャラクターもあるだろう、とも予想していた。

ところが、丈青の「アカトンボ」を聴き始めて数十秒後には、僕は我が耳を疑っていた。さっきまで聴こえなかった音が聴こえている。ピアノの弦から放たれる微細なベルトーンやペダルの軋みなど。同じ音源なのに、こんな情報も入っていたのか? 隣の和田博巳さんを見ると、やはり、同じ印象を持っているようだった。物量投入したアナログ回路で、非常に耳に快いサウンドを生み出しているOppo HA-1に比べると、音色的には素っ気なくもあるのだが、DACとしての情報量、あるいは音の鮮度や透明感は完全にワンランク違う。これはとんでもない製品だと思わずにいられなかった。

DACとしての性能だけを追い求めたかのようなデザイン

exaSoundは本拠をカナダのトロントに置くメーカーで、その歴史は長くはない。同社の最初のハードウェア・パッケージは2011年に発表されたe18で、これは8チャンネルのUSB DACだった。DACチップはESS SABREのES9018Sで、32bit/384khzまでのPCMが再生可能。同社を率いるジョージ・キルサロフはUSB転送におけるジッター除去に取り組んできたエンジニアで、exaSound製品においてもその思想は一貫している。

2012年に5.6MHzのDSDにも対応したe-20が登場。2013年2月のe-20 mk2ではDSDの11.2MHzまで、同年7月のe-20 mk3 SEでは12.2MHzまでの対応になる。DSDの転送方式はASIOを使ったもので、当初はWindowsのみの対応だったが、2014年3月には独自に開発したMAC用のASIOドライバーで、MacでもDSDの12.2MHzに対応するようになった。そして、同年に登場したのがe-22だ。これも2015年現在ではe-22 mk2(※)になっている。

e-20

e-22もスペック的にはPCMが32bit/384khz、DSDが11.2MHzまでで、Windows、Macともに同社のカスタム・ドライバーが動作には必要だ。デザインはというと、歴代のexaSoundのDACはほとんど同じ顔をしている。ボディサイズには若干の違いがあるようだが、パッケージ・デザインとしてはどれも恐ろしく簡素。とても40万円もする製品には見えない。秋葉原に行けば、こんなUSB DAC、2、3万円で売ってるんじゃないか? と思うような筐体ではある。コンシューマー・オーディオに求められるゴージャスなパッケージ・デザインには目もくれず、技術屋がDACとしての性能だけを追い求めて作ったらこうなった。そんな感じの製品だ。

ハイレゾ音源用のDACとして、非常に好都合

DSD SHOPで試聴した後、自宅のオーディオ・セットでも e-22を試してみたかったのだが、なかなかタイミングが合わないまま、日々が過ぎていた。だが、ついに貸出機のスケジュールが空いたというので、過日、代理店から送ってもらった。まずは、僕のスタジオで同じES 9018を使ったApogee Symphonyなどと聴き比べてみよう、と思ったが、これはそう簡単ではないのがわかった。前述のように、e-22はMACでもUSB転送にASIOを使う。このため、カスタム・ドライバーを先にインストールしないと使えないのだが、現在、ダウンロードできるドライバーがMAC OS 10.9(Marverick)以後用なのだ。僕のスタジオのMAC PROは使っているソフトウェアの関係で、まだMAC OS10.7(Lion)である。昨年暮れ頃まではexaSoundはMAC OS10.7用のドライバーも配布していたようなのだが、不具合が多かったせいか、現在ではサポートが中止されている。

代理店に頼み込んで、そのMAC OS10.7用古いドライバーを提供してはもらったものの、残念ながら、僕のスタジオのMACの環境ではe-22をサウンド・デヴァイスとして認識することができなかった。やはり、e-22はMAC OS 10.9(Marverick)以後で使用するしかないようだ。

そこで方針を換えて、ATC SCM100ASLを使った自宅のリヴィングのステレオ・セットで試用してみることにした。こちらはMac OS 10.9(Marverick)がインストールされたMac MINI。最新のドライバー・インストールで、e-22もすぐに認識された。しかし、まずはPCを使わず、CDプレイヤーでCDを聴くところから始めてみた。

最近よく聴いていた中島ノブユキの新作『散りゆく花』を愛用のSACDプレイヤー、DCS P8i mk2で再生。このDCS P8i mk2プレイヤーからのアナログ・アウトと、SACDプレイヤーからのデジタル・アウトをSPDIF入力したe-22のアナログ・アウトをパッシヴのプリアンプで切り替えて、比較試聴した。DCS P8i mk2はアップ・サンプリング機能をオフに。どち らもCDの16bit/44.1khzのPCMをそのままアナログ変換して聴いていることになる。

このA/B切り替えでびっくりしたのは、曲の途中でA/Bを切り替えても、ほとんどわからないくらいにスムーズに聴こえたことだ。DCS P8i mk2の出力設定を2ボルトにして、両者ともにデジタル・ヴォリュームを-0dbにすると、出力もほぼピタリ。そして、驚いたことに音像の位置や音場の広がり感も変わらない。強いていえば、e-22の方が少しだけ、スピーカーの外側にも空気を感じるというぐらいだろうか。

これまで様々なDACを切り替え試聴してきたが、こんな風に音像の位置や音場の広がり感が近しいことはなかった。たいていは切り替えた瞬間のステレオワイドの広がり感が変わる。ミッドとサイドのバランスが変わる。だから、出力レベルを揃えて聴いていても、切り替えた瞬間にすぐにわかる。

こうした音像や音場の差というのは、こっちの方がハイが伸びているとか、ローが締まっているとかいった音調、音色の差とはまったく違うものだ。そして、比較試聴の場合には厄介な要素でもある。というのは、スピーカー・セッティングで劇的に変わってしまうものでもあるからだ。

我が家のスピーカー・セッティングは当然ながら、DCS P8i mk2でCDを再生した時の音像や音場に合わせて、位置や角度を調整してある。ところが、別のDACに切り替えて、ステレオワイドの広がり感が変わると、スピーカーを動かしたくなってしまう。ほんの少しセッティングを動かすだけで、それは好みの方向に変えることができる。

しかしながら、筆者が愛用するATC SCM100ASLは重量が60キロ以上もある。一人ではあまり動かしたくない。そして、CDとSACDの再生に関しては、我が家では今後ともDCS P8i mk2を変更することは、ほぼあり得ない。となると、ハイレゾ音源用のDACをシステムに組み入れる場合には、音像の位置や音場の広がり感がなるべく変わらないDACが望ましい訳だ。出力までピッタリのe-22は、その点で非常に好都合ということになる。

もちろん、しばらく聴き込んでいくと、サウンドに違いがあることはわかってくる。e-22の方が少しだけ高域のディテールや倍音表現に優れている。DCS P8i mk2の方がわずかにまろやかだ。各楽器の位置は切り替えても動かないが、アコースティック楽器の間にある空間はe-22の方が遠くまで覗き込めるように感じられる。透明感に優れていると言ってもいいかもしれない。これはe-22のSN比の高さにも支えられているだろう。DCS P8i mk2は単体プレイヤーならではのまとまりあるサウンドだが、e-22を使うとそこに最新のDACらしい感覚が少しだけ加わるとでも言えばいいか。

それにしても、DCS独自のディスクリート回路によるリングDAC と、ES9018Sを使ったe-22のDACは、構造的にはまったく違うはずだ。それが、こんな近しいサウンドを奏でるというのは驚きだった。想像だが、これは音作りが似ているのではなく、両者とも情報に対する正確性が高めたゆえの相似ではないかとも思われた。

11.2MHzDSD再生環境はオーディオ・ファイルにとって必須のものにもなるだろう

さて、次にPCにUSB接続して、ハイレゾ音源を聴いてみることにする。OTOTOYから24bit/96khzおよび24bit/192khzで配信されている清水靖晃&サキソフォネッツのゴルトベルク・ヴァリエーションズを聴いてみた。サックス5本、コントラバス4台という編成でバッハの『ゴルトベルク変奏曲』を演奏したアルバムで、清水靖晃にとっては2010年から取り組み続けてきたプロジェクトの録音作品化だ。レコーディングが行われたのは岐阜県にあるサラマンカ・ホール。今回はこれを24bit/192khzのヴァージョンで聴いたが、これは素晴らしい体験だった。

瑞々しいサックス・アンサンブルの音色、コントラバスの深い響き、背後に広がる美しいホール・アンビエンス。古い音楽作品なのに、聴いたことのない新しいヴィジョン、新しいニュアンスが次々に飛び出してくるかのようだ。聴いているうちに、楽器編成も忘れてしまう。オーディオ的に分析することなど、もちろん忘れて、ただただ快い時間を過ごしてしまった。これはまさしく、空間の透明度が高いe-22向きの音源だったのだろう。

続いて、先ほどCDで聴いた中島ノブユキの『散りゆく花』をOTOTOYから配信されている5.6MHzのDSDヴァージョンで聴いてみた。楽器音色にDSDらしい柔らかさが加わり、空間の響きが美しくなるのは予想された通り。が、音楽全体の印象は大きく変わらない。これは同じマスターを使いながら、CD用のマスタリングとDSD用のマスタリングが、入念に行われているからだろう。違うフォーマットではあえて違う表現をめざす、ということもありうるが、この作品についてはPCMでもDSDでも同じ絵が描かれるように作られていることがわかった。

アコースティックな音源が続いたので、エレクトロな音源も聴いてみようということで、OTOTOYから24bit/48khzのハイレゾ・ヴァージョンが発売されているJamie xxの『In Colour』を聴いてみる。ハウスやダブ・ステップをベースにしつつ、カラフルな音色とポップなヴォーカルも織り込んだ話題のアルバムだが、これがまたe-22にピタリの音源に思えた。十分に伸びたローがキックやベースを魅力的に響かせるが、特に迫力や押し出しを感じさせるようなサウンドではない。パルス音の応答性も十分だが、全体の質感はあくまでクール。中には、そういうe-22のサウンドに物足りなさを感じる人もいるかもしれないが、その場合はプリアンプで少し好みの色づけをすれば良いかもしれない。e-22の真骨頂はDACとしての基本に徹した寡黙で精密な表現にあり、その情報量をどう生かすかは、ユーザーの腕次第というところもありそうだ。

最後に、DSD SHOPでも聴いた丈青の『I See You While Playing The Piano』を自宅の環境で聴く。言うまでもないが、これは最高だった。DSDの音源はともすると耳に優し過ぎることもあるが、11.2MHzになると2.8MHzや5.6MHzにない速さや鋭さ、ダイレクトな感覚も加わる。他の11.2MHz対応のDACに比べても、e-22はそこを存分に引き出すという印象だ。それが愛用のATC SCM100ASLの太い音色で再生される時のマッチングはたまらない。こういう音源がもっと増えてきたら、11.2MHzのDSD再生環境はオーディオ・ファイルにとって必須のものにもなるだろう、と強く思わされた。

(text by 高橋健太郎)

※ : 本国カナダではmk2モデルのアナウンスがあり現在発売中となっているが、日本では型番変更の予定はなく、すでにmk2仕様のものを出荷しているとのこと

高橋健太郎のOTO-TOY-LAB アーカイヴス
第1回 iFI-Audio「nano iDSD」
第2回 AMI「MUSIK DS5」
第3回 Astell&Kern「AK240」(前編)
第4回 Astell&Kern「AK240」(後編)
第5回 KORG「AudioGate3」+「DS-DAC-100」
第6回 M2TECH「YOUNG DSD」
第7回 YAMAHA「A-S801」
第8回 OPPO Digital「HA-1」
第9回 Lynx Studio Technology「HILO」
番外編 Lynx「HILO」で聴く、ECMレコードの世界

e-22で聴いてみよう

丈青 / I See You While Playing The Piano (11.2MHz dsd + mp3)

SOIL&"PIMP"SESSIONS、J.A.Mのピアニストとして活動する丈青による、ソロ作。南青山にあるスパイラル・ホールを舞台に、コンサート・グランドの名品「FAZIOLI」を使って録音された本作は、スタンダード、オリジナル、そして完全即興まで、アーティストのスキルと感性が遺憾なく発揮された音源となった。丈青にとって初のソロ、初のホール録音ということも含め、きわめてチャレンジングな1作と言える。

>>特集ページはこちら

中島ノブユキ / 散りゆく花(DSD5.6MHz + 24bit/88.2kHz)

中島ノブユキの最新アルバムは、ピアノ、ギター、バンドネオン、オーボエ、弦楽三重奏、コントラバスという、希有な構成の八重奏。「スパルタカス 愛のテーマ」(アレックス・ノース)、「ラスト・トレイン・ホーム」(パット・メセニー)などのスタンダードとオリジナル曲を収録。“静”と“動”を自在に行き来する新しい室内楽。

>>特集ページはこちら

清水靖晃&サキソフォネッツ / ゴルトベルク・ヴァリエーションズ(24bit/192kHz)

2010年、東京で行われた清水靖晃によるバッハ「ゴルトベルク変奏曲」の初演は5本のサキソフォンと4本のコントラバスという斬新な編成で、紡がれた音の曼荼羅は聴衆の心を捉えました。それから現在まで清水はさらに編曲に変化を加え、またリハーサルを重ね、遂にアルバム『ゴルトベルク・ヴァリエーションズ』が完成です。 今回録音場所に選んだのは、岐阜のサラマンカホール。サキソフォネッツの振動を伝える楽器としてのこの空間で、じっくり戯れながら時間をかけて録音が行われました。

>>特集ページはこちら

Jamie xx / In Colour(24bit/48kHz)

ザ・エックス・エックスのブレイン、ジェイミーの待望デビュー・ソロ・アルバム。これまでのザ・エックス・エックスの活動以外では、ドレイク、アリシア・キーズ、リアーナをプロデュースし、リミキサーとしてはアデル、レディオヘッド、フォー・テット、ギル・スコット・ヘロンを手掛けてきた超敏腕アーティスト。

仕様

■対応サンプリングレート(USB ASIO)
USB ASIO : PCM 44.1kHz, 48 kHz, 88.2 kHz, 96 kHz, 176.4 kHz, 192 kHz, 352.8 kHz, 384 kHz, DSD: 2.84MHz, 3.072MHz, 5.68MHz, 6.1444MHz, 11.28MHz, 12.288MHz.
S/PDIF IN 1 : PCM 44.1kHz, 48 kHz, 88.2 kHz, 96 kHz, 176.4 kHz, 192 kHz
S/PDIF IN 2 : PCM 44.1kHz, 48 kHz, 88.2 kHz, 96 kHz
クロストーク : 最大-140dB(@1kHz、-1dBFS信号)

■音圧周波数特性
0 ~ 20kHz, – 0.15 dB

■全高調波歪み率+ノイズ
<0.000202%, 1kHz 0dBFS (ヘッドホンアンプ:<0.001142%,1Vrms into 60ohms)

■S/N比
128dB, A-weighted, 2Vrms

■チャンネルセパレーション
130dB@1kHz

■入力端子(初期設定)
同軸デジタル 1系統、光デジタル 1系統、USB2.0 1系統

■出力端子(初期設定)
アナログXLR 1系統(4Vrms,HOT=2)、アナログRCA 1系統(2Vrms)、ヘッドホン出力 1系統(500mA peak)

■対応OS
Windows 8、Windows 7 or Windows XP x86、 OS X Mavericks、OS X Yosemite

■消費電力
約20W(最大)

■サイズ
16.5cm(W) x 23.5cm(D) x 5.5cm(H)
※脚部含む

■重量
1.1kg

>>e-22 製品ページ

o

 
 

機材

TOON WORKSHOP THP-01──新たなヘッドフォンの価値観を
[TECH]・2016年12月06日・「聴く」というよりも「鳴らす」ためのプロダクト──変形するヘッドフォン、TOON WORKSHOP THP-01に迫る いまやヘッドフォンやイヤフォンでの音楽の視聴がスピーカーよりも身近という人も少なくないだろう。いわゆる音楽のリスニングだけでなく、スマフォやタブレット端末、PCでの動画コンテンツなどの再生も含めて考えれば、もはやある意味でライフスタイルの一部分を担うモノになったといっても過言ではない。このたびOTOTOYにて紹介するのは、トランスフォーム・ヘッドフォン、TOON WORKSHOP THP-01。変形、そして脱着する外装といい、単なる機能性以上に+αな遊び心、そしてその音質にしても、まさに存在自体が、新たな価値観を、ライフスタイルの一部として提案するヘッドフォンと言えるだろう。OTOTOYでは数回にわたって、その魅力を紹介する。 TOON WORKSHOP THP-01256パーツにおよぶ精密部品群で構成された前代未聞の可変ヘッドフォン。ミスター・ハーンによるサウンド・チューニング・構造美を極めたインナーフレーム・デザイン。外装は脱着式で、さまざまなアーティストとのコラボ・モデルが存在する
SSW中村月子が古民家で録音した新曲を32bit配信
[CLOSEUP]・2016年09月13日・22歳最後の夏の記録ーー古民家にてSSW中村月子の楽曲をビンテージ・ギターとビンテージ・マイクを使い、32bit 88.2KHzで克明に録音! 今年2016年3月に青山のスパイラルホールにて開催された「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」内のイベント"「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」スパイラル 9Fラウンジにて、中村月子の極上の歌声をDSDで録音する"にて記録された楽曲『Experience(24bit/48kHz)』の記憶も新しいシンガー・ソングライターの中村月子の次なる挑戦は「古民家での録音」。今度はエンジニア高橋健太郎の所有するビンテージ・ギターとビンテージ・マイクを使い、32bit 88.2KHzで克明に記録。出来上がった『何度も』は、『Experience(24bit/48kHz)』からの連作として、彼女の歌声がただただ美しい、音質にこだわった素晴らしい作品となった。 中村月子 / 何度も'【Track List】01. 何度も / 02. 街の灯り【配信形態】(左)24bit/44.1kHz (ALAC / FLAC /
アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」
[SPECIAL REPORT]・2016年03月11日・KORG「DS-DAC-10R」と「AudioGate 4」でつなぐ、DSDとアナログ・レコードの新たな、楽しい関係 ここ数年、ここ日本はもちろん、世界的にみてもアナログ・レコードはそれを知る人々からは再発見され、はじめて見るような若い層からも新たに見出され、ある種の“ブーム”ともいうべき状況を生んでいる。その魅力は、あのジャケットを含めた“モノ”としての存在感はもちろんこと、すばり、その独自の音質であろう。 そんななかで、昨年末にKORGからリリースされたDAC「DS-DAC-10R」、そしてアプリケーション「AudioGate 4」は、そんなレコードの独自の音質をDSDで手軽にレコーディング、デジタル・アーカイヴィングしてしまえるというもの。「DSDでレコーディングってプロでも難しいんでしょ?」と思いがちだが、これがものすごく簡単なのだ。PCとレコード・プレイヤー、そして「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」さえあれば、お気に入りのレコードが、DSDファイル、もしくはPCMのハイレゾ音源になってしまうのだ。 今回はOTOTOYプロデューサーでもあり、レコーディング・エンジニアとしてもDSDの
by 河村 祐介
【キャンペーン開催】Roland x OTOTOY x BitCash「OTOTOY NEW YEAR CAMPAIGN 〜あなたのお名前入り「Mobile UA」プレゼント〜」
[CAMPAIGN]・2016年01月15日・ビットキャッシュ&Mobile UAが当たる!? OTOTOYニューイヤー・キャンペーン キャンペーン概要 ①OTOTOYにて、楽曲の購入に1度に3,000円以上ビットキャッシュの会員サービス「マイビットキャッシュ」を利用された方を対象に、抽選で50名様にビットキャッシュ540クレジットをプレゼント! ビットキャッシュとは?ビットキャッシュは、インターネットでのお支払いに便利なコンビニで買える電子マネーです。オンラインゲーム、SNS、動画や音楽ダウンロードをはじめとした多くのウェブサービスで使われている、簡単・安心・便利なプリペイド式の電子マネーです。>>ビットキャッシュ オフィシャル・サイト: http://bitcash.jp/ ②Wチャンス! OTOTOYにて、楽曲の購入に一度に3,000円以上ビットキャッシュまたはマイビットキャッシュを利用された方を対象に、抽選で1名様にRoland様から提供された「Mobile UA」にご自身の名前を刻印しプレゼント! Mobile UAとは?Windows & Mac OSX用USBオーディオインターフェース、Roland Mobile UA(モバイルUA)。
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第11回】iFI-Audio「Retro Stereo 50」
[POWERPUSH]・2015年09月10日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第11回】iFI-Audio「Retro Stereo 50」 iFI-Audioから面白いパッケージが発売された。nano iDSDやmicro iDSDのヒットで急速に名前を知られるようになったiFI-Audioは、デジタル・オーディオを得意とするメーカーという印象が強い。ところが、先頃、日本発売されたRetro Stereo 50は文字通り、レトロスペクティヴな雰囲気を漂わせたプリメイン・アンプ。同時発売されたRetro LS3.5はこれまたクラシカルなルックスのブックシェルフ・スピーカーなのだ。 しかも、開発意図を聞けば、Stereo 50はイギリスのLEAK社が1950年代に作っていたStereo 20という真空管アンプを、Retro LS3.5は1970年代に英BBCのモニター・スピーカーとして開発されたLS3/5Aを意識して、開発されたものだという。こうしたヴィンテージ・オーディオ機器の良さを引き継ぎつつ、当然ながら、デジタル・オーディオへの備えも万全。Stereo 50の搭載DACはiFI-Audioの単体DAC製品と
by Reviewed by Kentaro Takahashi
平成ノブシコブシ徳井健太のT.K.resolution2〜音への愛情を、ハイレゾで聴く!〜
[POWERPUSH]・2015年08月27日・平成ノブシコブシ徳井健太のハイレゾ連載セカンド・シーズンがスタート! T.K.resolution2〜 音への愛情を、ハイレゾで聴く! 〜 ゲストはSTARMARIE お笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太のハイレゾ連載が帰ってきた! ところが今回は少しテイストが違います。これまで3回にわたって、講師を招き、ハイレゾについて学ぶ内容をお届けしてきましたが、今度の徳井はなんとインタヴュアー! お相手は、このたび新作『メクルメク勇気!』とベスト・アルバム『STARMARIE』をハイレゾでリリースしたアイドル・グループSTARMARIE。e☆イヤホンのアンバサダー /「AK Jr」モニターとしての顔も持つ彼女たちと、e☆イヤホンの西さんと、e☆イヤホン秋葉原店で待ち合わせ。これまで身につけてきた知識をぶつけようと話し出しますが、アイドル好きである徳井がハイレゾの話だけにとどまるわけもなく…。 エピソード (text by 徳井健太)アイドルは星の数ほどいるけれど、星のようにはいつまでも輝いていられない。STARMARIEってアイドル知ってるか?努力に努力を重ねても、結果が出るとは限らない。そんな不安定な世界
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第10回】exaSound「e-22」
[POWERPUSH]・2015年06月20日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第10回】exaSound「e-22」 聴こえなかった音が聴こえてくる、USB DAC 昨年暮れのOTOTOY DSD SHOPで和田博巳さんとトーク・イヴェントを行った時のこと、ともかく度肝を抜かれたのがexaSoundのUSB DAC、e-22から流れ出したサウンドだった。当日のイヴェントでは、USB DACにOppoのHA-1とexaSoundのe-22、パワード・モニターにFocalのTwin6 BEを用意して、パッシヴのプリアンプで切り替えながら、11.2MHzのDSDでリリースされた丈青のピアノ・ソロ作品、『I See You While Playing The Piano』の比較試聴を行った。このうちのOppo HA-1については、昨年、本連載でも使用レポートを書いた。とても優れたDACプリアンプで、価格帯を考えると敵無しといっていいくらいのコスト・パフォーマンスを誇る製品だ。パワード・モニターに使用したFocalのTwin6 BEもバランスの良いスピーカーで、HA-1との相性もバッチリだった。 exaSoundのe
by Reviewed by Kentaro Takahashi
ケーブルで音が変わる!? H ZETTRIOが、最高の環境でハイレゾ録音に挑戦する!
[CLOSEUP]・2015年05月13日・日本最高峰ジャズ・ピアノ・トリオ、H ZETTRIOが、ハイレゾ録音に挑戦! 鍵は、なんとDigiLinkケーブルだった!? 侍ジャズ・バンド、PE’Z(ペズ)の超絶ピアニスト“ヒイズミマサユ機”、はたまた椎名林檎率いる東京事変の第一期メンバー“H是都M”、その彼と同一人物か? と以前から噂の絶えなかった“H ZETT M”(エイチ・ゼット・エム)。2015年末、PE’Z(ペズ)の解散が発表され、その動向が気になっていた人たちも多いはずだが、そんな彼が、銀鼻ドラマー / H ZETT KOU(エイチ・ゼット・コウ)と赤鼻ウッド・ベーシスト / H ZETT NIRE(エイチ・ゼット・ニレ)を引き連れて本格的に活動する方向性が明らかになった。それがジャズ・ピアノ・トリオ・グループ、“H ZETTRIO”(エイチ・ゼットリオ)だ。 今回、H ZETTRIOが、グループ初となるハイレゾ・レコーディングに挑んだ。このレコーディングは、レコーディング・エンジニアの三浦瑞生氏に加え、海外公演のバックアップ等で彼らとの親交が深いオーディオ・アクセサリー・ブランドのACOUSTIC REVIVE(アコースティック・リバイブ
by Reviewed by Kentaro Takahashi