お笑いコンビ、平成ノブシコブシの徳井健太がハイレゾに挑戦!!
T.K.resolution〜ゼロから学ぶハイレゾのこと〜【第1回】ハイレゾって何だ!?

徳井健太 (平成ノブシコブシ)

「ハイレゾ」っていう言葉、最近よく耳にするけど何だかよくわからない。なんかいい音のことだよね…。っていう人、多いんじゃないでしょうか? そんな人のための企画が始まりました〜。主人公はお笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太。意外とも思われるこのキャスティングですが、お笑いと肩をならべるほど音楽(最近はアイドル寄り)をこよなく愛する彼が、"いい音"にまつわる疑問に真っ向からぶつかります。目指せ、ハイレゾ芸人!! 彼を音の世界に導くのは、OTOTOYのプロデューサーでありレコーディング・エンジニアでもある高橋健太郎。これを読めばあなたも今日からハイレゾについて語れちゃう!?

エピソード・ゼロ (text by 徳井健太)




家に着くとまず音楽をかけるタイプの人。寝る時になると、音楽を流しておきたいタイプの人。嫌な時や辛い時は、とにかく音楽を聴きたいタイプの人。

それは俺だ、全部俺。

無人島に持っていける何か一つを選ぶとしたら音楽だ。もしもお笑い以外でやりたい仕事はと聞かれれば音楽家だ。音楽抜きの生活、一生などは到底考えられない。

僕の人生は、音楽と共にと言ってもいいくらいだ。そんな"音"様が、日々進化をしているらしい。噂を聞きつけ渋谷をブラブラしていたら、とあるCDショップに行き着いた。そこの店員は見るからにハードコアで機嫌も悪そうだった。けれどこちらにも時間が無限にあるわけではないので、不躾に聞いてみた。

「いい音ってのは、何処にありますかね?」

するとハードコアは無表情にこう言った、

「おととい来やがれ!」

急に。確かにこちらも礼儀を欠く態度だったのは認めるが、それでもいくらなんでもキレるのが早過ぎる。
ついつい怒りと悲しみに俯き、ハードコアを睨んでいると、

「違う違う、何か勘違いしているみてぇだな?」

ハードコアは微かに笑みを浮かべ、僕に喋りかけてきた。

「だって今、おととい来やがれ!って言ったろ。」

「ハッハッハッ、なるほどなるほど!」

ハードコアは遂に破顔した。先祖は海賊王に違いない、樽の酒から生まれてきたのはこいつか。

「俺が言ったのは、おととい来やがれ! じゃない。オトトイに行きやがれ! だ。」

「オトトイ? 」

「そう、OTOTOYだ。」

と言うわけで、徳井のいい音探しの旅は幕を開ける。

構成 : 田尻菜穂子、長島大輔
写真 : 松本理加

ゼロから学ぶハイレゾのこと

高橋健太郎と徳井健太

ハイレゾ=高解像度??

高橋健太郎(以下、高橋) : 今日はハイレゾとは何かというのを徳井さんに説明していこうと思うんですが、ハイレゾっていう言葉はいつ聞きました?

徳井健太(以下、徳井) : 2、3ヶ月前ぐらいですね。

高橋 : 世の中的によく見かけるようになったのが、だいたいそれくらいですね。最近はTwitterを見ても「ハイレゾって何?」とか、「ハイレグと何が違うの?」みたいな、毎日1人はそんなことをつぶやいてるのを見かけます(笑)。

徳井 : 機械が疎くて、そもそもパソコンがわからないんですよね。わかりたいんですけど。

高橋 : 音楽は普段どうやって聴いてるんですか?

徳井 : 音楽はパソコンに取り込んで、iPodで聴いたりとか。

高橋 : じゃあリッピングはしてるんですね。

徳井 : リッピングって… 何ですか?

高橋 : CDからパソコンに音楽のデータを取り込むことです。

徳井 : ああ、そうだそうだ(笑)。

高橋 : そこがわかっていれば今日は大丈夫ですよ。

徳井 : 本当ですか(笑)。

高橋 : じゃあCDを取り込むときに圧縮はされてます?

徳井 : 圧縮… ですか? どうしてるんだろ…。でもパソコンって音楽入れる以外に使ってないんですよ。パソコンが音楽の箱になっちゃってるというか。今はそれが容量一杯になっちゃって。どうしたらいいかわからなくなってる感じで。

高橋 : じゃあ外付けのハードディスクが必要ですね。

徳井 : そういう噂は聞いてます。

高橋 : ハイレゾはデータが普通のCDよりもものすごく大きいんです。というのも、ハイレゾはそもそも"高解像度"という意味で…

高橋 : 高解像度=Hi-Resolution=ハイレゾですね。これ、わりと映像っぽい言葉だと思いませんか? たとえばパソコンで画像を見るときに拡大していくと粗くなりますよね。逆に、ドットがたくさんあればあるほど滑らかに見えるじゃないですか。

徳井 : 何万画素みたいな?

高橋 : そうですそうです! それと同じで、たとえば640ピクセル×480ピクセルの画像が1280×960になるとグッときれいに見えるじゃないですか。ハイレゾも仕組みとしてはこれに近くて、ファイル・サイズが大きくなるぶんドットの数が増えるから、解像度が上がってきれいに聴こえると。

ハイレゾ=いい音なの?

徳井 : なるほど…。

高橋 : CDを基準に考えてみましょう。ちょっと技術的になりますけど、CDは16bit/44.1kHzっていうフォーマットで作られてるんですね。どういうことかっていうと、16bitっていうのは音量を65,536段階に分割、44.1kHzっていうのは1秒間を44,100回に分割して音を録音してますってことです。ちょっとこれはわかりにくいと思うんですけど…

高橋 : もともとの音の波形を縦軸(16bit)と横軸(44.1kHz)の網目で捉えて再現しているんです。当然、この網目が細かいほど、より解像度の高い音に近づいていきます。

徳井 : 16bitとか44.1kHzっていうのは、その網目の細かさのことだったんですね! 65,536段階と秒速44,100回って、CDでも十分すごいような気がします。

高橋 : そうなんです。でもハイレゾはこの網目がさらに細かくなります。たとえば24bit/96kHzっていうフォーマットの場合、24bitっていうのは音量を16,777,216段階に分割して、96kHzっていうのは1秒間を96,000回に分割してることになるんですね。音の入れ物が大きくなって、その分ファイルも大きくなると。単純に言っちゃうと、それがハイレゾです。最近だと32bit/384kHzなんていうフォーマットもあるんですよ。

ハイレゾは音の波形をより細かい網目で捉える

徳井 : へ〜。

高橋 : じゃあどこからがハイレゾかって言うと、基本的にはCDの16bit/44.1kHz以上であればハイレゾと呼んでいいことになってます。たとえば24bit/44.1kHzだったらハイレゾです。

徳井 : ハイレゾになって網目が細かくなるほど音が良くなるんですか?

高橋 : そう簡単な話でもないんですよ。音は聴いた感じで判断するしかないので、ハイレゾだから絶対にいい音かっていうと、そういうわけではなかったりするんです。

徳井 : なるほど。難しいなあ。

ハイレゾは大きな弁当箱だった

高橋 : じつはプロの現場では、15年くらい前からCDよりもいい音、今で言うハイレゾでレコーディングはしてたんですよ。だから、ミュージシャンがスタジオで聴いてOKを出してるのはこの音なんですよね。ただ、CDの規格が16bit/44.1kHzなので、その大きさの入れ物に詰め込まなくちゃいけない。それがマスタリングっていう作業です。例えると、料理を作って、それを最後に弁当箱に詰め込むようなものですね。それがハイレゾだと、もうちょっと大きい弁当箱に入れられるっていうことです。

徳井 : マスタリングって聞いたことあります。そういうことだったんだ! 作った料理を小さい弁当箱に詰め込むのって、それは料理人からするとやっぱり嫌ですよね。

高橋 : はい。ハイレゾだと弁当箱が大きい分、きれいに盛りつけられるみたいな感覚で捉えてもらうといいですね。だけど詰め込んだら絶対に料理が不味くなるかっていうと、そういうわけでもなくて。

徳井 : 詰め込み職人がいるんですね。

高橋 : そうです。それがマスタリング・エンジニアっていう人たちなんですけど、世界的なエンジニアがやると、詰め込んでも不味くならないどころか、むしろ美味くなるってことは十分あるんです。だから、ハイレゾが絶対にいい音になるとは限らないんですね。

徳井 : じゃあ下手くそな人が詰め込むと、ハイレゾでも不味くなると。

高橋 : 完全に不味くなりますね。

徳井 : へー! すげえ。そうなんだ。弁当箱の例えでようやく素人の僕にもわかってきました。マスタリングって大事なんですね。リマスタリング・ヴァージョンとかってよく見ますけど、あれは弁当箱の詰め方を変えるってことなんですね。

高橋 : まさにそうです。詰め込む前の料理をもう1回持ってきて、それを新しい弁当箱に詰め直すっていう。最近よくあるのはハイレゾ・リマスタリングってやつで、CDよりも大きな弁当箱を持ってきて詰め直すってやつです。

徳井 : それはたしかに違いが出そうですよね。これからそういうのが増えていくんですか?

高橋 : 増えるでしょうね。昔の名盤をハイレゾ・リマスタリングみたいな。

DSDって何??

高橋 : じつはハイレゾにはもうひとつ別の形式があるんですけど、ご存知ですか?

徳井 : え、全然知らないです。

高橋 : それがDSDっていう形式なんです。今まで説明してきたのはPCMっていう形式で、まあ名前は覚えなくてもいいんですけど、とにかくDSDっていうのはハイレゾの中でも特殊な形式なんですね。

徳井 : さっきまでのハイレゾと何が違うんですか?

高橋 : DSDはちょっと変調をかけて音を記録していて、1bitっていう形式なんです。さっきまでのハイレゾは24bit/96kHzとか32bit/384kHzっていうのがありましたよね。これがDSDだと、1bit/2.8MHzとか1bit/5.6MHzとかになります。bit数を1に、つまりある瞬間は0か1しかない状態にするかわりに、1秒間をものすごく細かく分割するんですね。2.8MHzだったら280万回、5.6MHzだったら560万回も分割します。そうすると出てくる音が全然違うんですよ。たとえば音が滑らかだったり、消え際がきれいだったり。

徳井健太のメモ

徳井 : すごいなあ。でもたぶん、DSDのほうがいい音になるとも限らないんですよね?

高橋 : そうですね。ただ、DSDはすごく音が聴きやすいんです。デジタルってわりとパチって音になりやすいんですね。金属の音が耳に刺さりやすいというか。そういうところがDSDだと柔らかくなるのと、音の消え際がすごくきれいに表現できます。だから、ピアノ・ソロとか静寂感のあるサウンドには向いていますね。

徳井 : じゃあ逆にテクノ系とかは向いてないとか?

高橋 : そうです。打ち込みの音はちょっときれいになりすぎちゃうっていうか。なんかパシパシこないな、みたいな(笑)。

徳井 : なるほどー。やっとハイレゾのことが少しだけわかりはじめました!

(写真 : 松本理加)

次回「ハイレゾを聴いてみる」に続く

徳井健太、第1回を終えての感想

世の中ってのは変態が回してる。ガリレオもニュートンも平賀源内もマイケル・ジャクソンもみんな変態。有りもしない究極を求め、家族を捨て常識を捨て生活さえも捨てる。その先にだけ未来と結果がある。一般人はその変態様の苦労や道筋などを知らぬままに凄い凄いと言って日々を生きる。それでもいいと偉人達はまた限界突破の切磋琢磨。今回御教授頂いたOTOTOYの高橋さんは正にそれ。尊敬と畏敬の念を込めて敢えて言わせてもらいたい。

高橋さんは、音の変態だ!

音への愛を込め、研究に研究を重ねた結果がこのhigh-resolution。略してハイレゾ。え? ハイレグ? と、3日に1回は必ず言われます、と頬を引きつらせながら仰っていた。で、ハイレゾって何なの? それも高橋さんはとてもわかりやすく教えて下さいました。

例えばプロの料理人が丹精込めて料理を皿に幾つか作ったとします。しかし遠くにいる皆さんに食べて頂くには、小さな小さな弁当箱に詰め直さなくてはなりません。これでは折角作った料理本来の味や雰囲気が味わってもらえません。とは言え食べてもらう為に仕方なく、今まではその折角作った料理を小さな小さな弁当箱に詰め込んでおりました。ところがある日「おい、でっかい弁当箱が出来たぞ!」と、村の誰かが言いました。見てみると、確かに今までの弁当箱よりもデカい。これならば折角作った料理もギシギシに詰めなくてもいい。料理本来の味や食感、雰囲気を皆様にも味わって頂けそうだ!

めでたしめでたし。

と、こういう事だそうです。料理を音だと思って解釈して下さい。ね? わかりやすいでしょ? しかし急転直下、音師の高橋さんは言います。

「別にハイレゾが絶対って訳じゃない。」

音を愛するが故、全てにおいて万能な物なんてない。僕はそれを聞いて更に前のめりになりました。と言うことはつまり、ハイレゾの効力がバリバリに発揮されれば、これまでとはまるで桁の違う音を感じられるんじゃないか?

これは聴いてみたい。ハイレゾを、high-resolutionを、感じてみたい。

僕は素直にそう思いました。

第2回はこの機材を使ってハイレゾを聴いてもらいます!!


コンパクトながら圧倒的なスペックと再生能力を誇るUSB DAC

iFI-Audio「micro iDSD」



デュアルコア・バーブラウン・チップセットを搭載し、PCMは768kHz、DSDは24.6MHzまでのトゥルー・ネイティヴ再生を実現したUSB DAC。8V/4000mWの高出力を誇るターボ・ヘッドアンプを備え、どんなヘッドフォンでも単体で鳴らしてしまうパワーを持つ。また、X-BASS、3Dホログラフィックといったスイッチにより、好みに合わせて音をコントロールすることが可能。コンシューマ・モデルとは思えない圧倒的なスペックを凝縮した1台。

>>iFI-Audio「micro iDSD」の詳細

※よりコンパクトでお求めやすいnano iDSDもオススメです!!

次回「ハイレゾを聴いてみる」は11月下旬更新予定! お楽しみに。

o

 
 

機材

TOON WORKSHOP THP-01──新たなヘッドフォンの価値観を
[TECH]・2016年12月06日・「聴く」というよりも「鳴らす」ためのプロダクト──変形するヘッドフォン、TOON WORKSHOP THP-01に迫る いまやヘッドフォンやイヤフォンでの音楽の視聴がスピーカーよりも身近という人も少なくないだろう。いわゆる音楽のリスニングだけでなく、スマフォやタブレット端末、PCでの動画コンテンツなどの再生も含めて考えれば、もはやある意味でライフスタイルの一部分を担うモノになったといっても過言ではない。このたびOTOTOYにて紹介するのは、トランスフォーム・ヘッドフォン、TOON WORKSHOP THP-01。変形、そして脱着する外装といい、単なる機能性以上に+αな遊び心、そしてその音質にしても、まさに存在自体が、新たな価値観を、ライフスタイルの一部として提案するヘッドフォンと言えるだろう。OTOTOYでは数回にわたって、その魅力を紹介する。 TOON WORKSHOP THP-01256パーツにおよぶ精密部品群で構成された前代未聞の可変ヘッドフォン。ミスター・ハーンによるサウンド・チューニング・構造美を極めたインナーフレーム・デザイン。外装は脱着式で、さまざまなアーティストとのコラボ・モデルが存在する
SSW中村月子が古民家で録音した新曲を32bit配信
[CLOSEUP]・2016年09月13日・22歳最後の夏の記録ーー古民家にてSSW中村月子の楽曲をビンテージ・ギターとビンテージ・マイクを使い、32bit 88.2KHzで克明に録音! 今年2016年3月に青山のスパイラルホールにて開催された「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」内のイベント"「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRAL」スパイラル 9Fラウンジにて、中村月子の極上の歌声をDSDで録音する"にて記録された楽曲『Experience(24bit/48kHz)』の記憶も新しいシンガー・ソングライターの中村月子の次なる挑戦は「古民家での録音」。今度はエンジニア高橋健太郎の所有するビンテージ・ギターとビンテージ・マイクを使い、32bit 88.2KHzで克明に記録。出来上がった『何度も』は、『Experience(24bit/48kHz)』からの連作として、彼女の歌声がただただ美しい、音質にこだわった素晴らしい作品となった。 中村月子 / 何度も'【Track List】01. 何度も / 02. 街の灯り【配信形態】(左)24bit/44.1kHz (ALAC / FLAC /
アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」
[SPECIAL REPORT]・2016年03月11日・KORG「DS-DAC-10R」と「AudioGate 4」でつなぐ、DSDとアナログ・レコードの新たな、楽しい関係 ここ数年、ここ日本はもちろん、世界的にみてもアナログ・レコードはそれを知る人々からは再発見され、はじめて見るような若い層からも新たに見出され、ある種の“ブーム”ともいうべき状況を生んでいる。その魅力は、あのジャケットを含めた“モノ”としての存在感はもちろんこと、すばり、その独自の音質であろう。 そんななかで、昨年末にKORGからリリースされたDAC「DS-DAC-10R」、そしてアプリケーション「AudioGate 4」は、そんなレコードの独自の音質をDSDで手軽にレコーディング、デジタル・アーカイヴィングしてしまえるというもの。「DSDでレコーディングってプロでも難しいんでしょ?」と思いがちだが、これがものすごく簡単なのだ。PCとレコード・プレイヤー、そして「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」さえあれば、お気に入りのレコードが、DSDファイル、もしくはPCMのハイレゾ音源になってしまうのだ。 今回はOTOTOYプロデューサーでもあり、レコーディング・エンジニアとしてもDSDの
by 河村 祐介
【キャンペーン開催】Roland x OTOTOY x BitCash「OTOTOY NEW YEAR CAMPAIGN 〜あなたのお名前入り「Mobile UA」プレゼント〜」
[CAMPAIGN]・2016年01月15日・ビットキャッシュ&Mobile UAが当たる!? OTOTOYニューイヤー・キャンペーン キャンペーン概要 ①OTOTOYにて、楽曲の購入に1度に3,000円以上ビットキャッシュの会員サービス「マイビットキャッシュ」を利用された方を対象に、抽選で50名様にビットキャッシュ540クレジットをプレゼント! ビットキャッシュとは?ビットキャッシュは、インターネットでのお支払いに便利なコンビニで買える電子マネーです。オンラインゲーム、SNS、動画や音楽ダウンロードをはじめとした多くのウェブサービスで使われている、簡単・安心・便利なプリペイド式の電子マネーです。>>ビットキャッシュ オフィシャル・サイト: http://bitcash.jp/ ②Wチャンス! OTOTOYにて、楽曲の購入に一度に3,000円以上ビットキャッシュまたはマイビットキャッシュを利用された方を対象に、抽選で1名様にRoland様から提供された「Mobile UA」にご自身の名前を刻印しプレゼント! Mobile UAとは?Windows & Mac OSX用USBオーディオインターフェース、Roland Mobile UA(モバイルUA)。
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第11回】iFI-Audio「Retro Stereo 50」
[POWERPUSH]・2015年09月10日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第11回】iFI-Audio「Retro Stereo 50」 iFI-Audioから面白いパッケージが発売された。nano iDSDやmicro iDSDのヒットで急速に名前を知られるようになったiFI-Audioは、デジタル・オーディオを得意とするメーカーという印象が強い。ところが、先頃、日本発売されたRetro Stereo 50は文字通り、レトロスペクティヴな雰囲気を漂わせたプリメイン・アンプ。同時発売されたRetro LS3.5はこれまたクラシカルなルックスのブックシェルフ・スピーカーなのだ。 しかも、開発意図を聞けば、Stereo 50はイギリスのLEAK社が1950年代に作っていたStereo 20という真空管アンプを、Retro LS3.5は1970年代に英BBCのモニター・スピーカーとして開発されたLS3/5Aを意識して、開発されたものだという。こうしたヴィンテージ・オーディオ機器の良さを引き継ぎつつ、当然ながら、デジタル・オーディオへの備えも万全。Stereo 50の搭載DACはiFI-Audioの単体DAC製品と
by Reviewed by Kentaro Takahashi
平成ノブシコブシ徳井健太のT.K.resolution2〜音への愛情を、ハイレゾで聴く!〜
[POWERPUSH]・2015年08月27日・平成ノブシコブシ徳井健太のハイレゾ連載セカンド・シーズンがスタート! T.K.resolution2〜 音への愛情を、ハイレゾで聴く! 〜 ゲストはSTARMARIE お笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太のハイレゾ連載が帰ってきた! ところが今回は少しテイストが違います。これまで3回にわたって、講師を招き、ハイレゾについて学ぶ内容をお届けしてきましたが、今度の徳井はなんとインタヴュアー! お相手は、このたび新作『メクルメク勇気!』とベスト・アルバム『STARMARIE』をハイレゾでリリースしたアイドル・グループSTARMARIE。e☆イヤホンのアンバサダー /「AK Jr」モニターとしての顔も持つ彼女たちと、e☆イヤホンの西さんと、e☆イヤホン秋葉原店で待ち合わせ。これまで身につけてきた知識をぶつけようと話し出しますが、アイドル好きである徳井がハイレゾの話だけにとどまるわけもなく…。 エピソード (text by 徳井健太)アイドルは星の数ほどいるけれど、星のようにはいつまでも輝いていられない。STARMARIEってアイドル知ってるか?努力に努力を重ねても、結果が出るとは限らない。そんな不安定な世界
【連載】高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――【第10回】exaSound「e-22」
[POWERPUSH]・2015年06月20日・高橋健太郎のOTO-TOY-LAB ――ハイレゾ/PCオーディオ研究室――【第10回】exaSound「e-22」 聴こえなかった音が聴こえてくる、USB DAC 昨年暮れのOTOTOY DSD SHOPで和田博巳さんとトーク・イヴェントを行った時のこと、ともかく度肝を抜かれたのがexaSoundのUSB DAC、e-22から流れ出したサウンドだった。当日のイヴェントでは、USB DACにOppoのHA-1とexaSoundのe-22、パワード・モニターにFocalのTwin6 BEを用意して、パッシヴのプリアンプで切り替えながら、11.2MHzのDSDでリリースされた丈青のピアノ・ソロ作品、『I See You While Playing The Piano』の比較試聴を行った。このうちのOppo HA-1については、昨年、本連載でも使用レポートを書いた。とても優れたDACプリアンプで、価格帯を考えると敵無しといっていいくらいのコスト・パフォーマンスを誇る製品だ。パワード・モニターに使用したFocalのTwin6 BEもバランスの良いスピーカーで、HA-1との相性もバッチリだった。 exaSoundのe
by Reviewed by Kentaro Takahashi
ケーブルで音が変わる!? H ZETTRIOが、最高の環境でハイレゾ録音に挑戦する!
[CLOSEUP]・2015年05月13日・日本最高峰ジャズ・ピアノ・トリオ、H ZETTRIOが、ハイレゾ録音に挑戦! 鍵は、なんとDigiLinkケーブルだった!? 侍ジャズ・バンド、PE’Z(ペズ)の超絶ピアニスト“ヒイズミマサユ機”、はたまた椎名林檎率いる東京事変の第一期メンバー“H是都M”、その彼と同一人物か? と以前から噂の絶えなかった“H ZETT M”(エイチ・ゼット・エム)。2015年末、PE’Z(ペズ)の解散が発表され、その動向が気になっていた人たちも多いはずだが、そんな彼が、銀鼻ドラマー / H ZETT KOU(エイチ・ゼット・コウ)と赤鼻ウッド・ベーシスト / H ZETT NIRE(エイチ・ゼット・ニレ)を引き連れて本格的に活動する方向性が明らかになった。それがジャズ・ピアノ・トリオ・グループ、“H ZETTRIO”(エイチ・ゼットリオ)だ。 今回、H ZETTRIOが、グループ初となるハイレゾ・レコーディングに挑んだ。このレコーディングは、レコーディング・エンジニアの三浦瑞生氏に加え、海外公演のバックアップ等で彼らとの親交が深いオーディオ・アクセサリー・ブランドのACOUSTIC REVIVE(アコースティック・リバイブ
by Reviewed by Kentaro Takahashi
筆者について
BB (Reviewed by Kentaro Takahashi)

本名:高橋健太郎プロデューサー、ジャーナリスト、選曲家など。高橋健太郎 文筆家/音楽制作者 評論集「ポップミュージックのゆくえ〜音楽の未来に蘇るもの」がアルテスパブリッシングから発売中。http://tinyurl.com/2g72u5e twitterアカウントは@kentarotakahash

同じ筆者による他の記事