残暑にキク! Keisuke Kondoのクールなミニマル・ダブ・テクノ――独占ハイレゾ音質で聴く緻密なるエコーの表現

Keisuke Kondo

エレクトロニック・ミュージック、とくにリスニングに特化したスタイルの作品はハイレゾと相性が良いはず。「グリッジ」と呼ばれる微細な電子ノイズの響きすらも表現としてしてしまう、そんな繊細な電子音の表現と高解像度のフォーマットがあわないはずがないでしょう。

ということで、ここでオススメしたいのがKeisuke Kondoによるミニマル・ダブなファースト・アルバム『A Small fish in the water』だ。ダウンテンポと電子音の“間”が生み出す、まさに“空間の美学”とも言えるクールな作品。新たなチルアウトのマスターピースの誕生でしょう。また本作のなかから1曲をフリー・ダウンロードでお届け。ぜひとも、本人も語るように、その微細なエコーやディレイの減退、そして電子音と電子音の“間”に横たわる表現としての“空間”の美しさは、ぜひともOTOTOY独占のハイレゾ(24bit/48kHz)で。

>>『A Small fish in the water』収録曲「grow up」のフリー・ダウンロードはこちらから(2014年8月14日〜2014年8月28日まで)

Keisuke Kondo / A Small fish in the water(24bit/48kHz)
【配信形態】
alac / flac / wav(24bit/48kHz) : 単曲 200円 まとめ購入 1,500円

【Track List】
01. do pure
02. ever green dub
03. deep breath
04. grow up
05. mini cube garden
06. balance
07. daydream forest


Digest Movie from 『A small fish in the water』 Keisuke Kondo

INTERVIEW : Keisuke Kondo

ダンスフロアから、一歩退いたところからクールにたたずむチルアウトなミニマル・ダブ。仏の〈Frankie rec〉や国内の〈o.p.disc〉など、国内外の名門ミニマル・レーベルからかつてリリースしていたこともあるKeisuke Kondoが、このたびファースト・アルバムを完成させた。そのサウンド・スタイルは、いわゆるベーシック・チャンネル以降、20年近くにも渡ってシーンにおいて、多くのアーティストが試み、そしてひとつの流れとなっているミニマル・ダブの手法を、ダウンテンポ的な感性でひとつのアルバムとして洗練させた、そんな作品だ。文中で本人が語るように、J・ディラ的チルアウトなダウンビートを、ミニマル・ダブなアンビエントへ寄せたというのは、まさに納得といったところ。

また、そのグルーヴの心地よさや空間への意識、そして海外音源とのシームレスな同時代性という部分で、DJとしての鋭敏な臭覚も感じさせる。 それもそのはずで、彼のそのキャリアのはじまりは、DJであり、現在、本場ベルリンなど、国内外でレジデントDJとして活躍し、いまや国内のミニマル・ハウス系パーティの代表格ともいえる〈Cabaret〉(現在は代官山UNITを中心に開催)の立ち上げメンバーのひとりだという(現在は脱退、その理由は文中で)。

インタヴュー&文 : 河村祐介

完全にチルアウトしたい

——まず、トラック制作はもう10年以上やってるわけじゃないですか。アルバムをまとめてみようと思ったのはなぜですか?

keisuke : アルバムは初めてなんですけど、アルバムって単曲でぽこぽこ出すのではなくて、数曲を物語として聴かせられるじゃないですか。それをやってみたかったというのがあって、基本ダンス・ミュージックを作ってきたんですけど、家でもリラックスして聴けるような曲を作りたいっていうのが、このアルバムを作るそもそもの理由ですね。

——こういうものを作るのにあたって、クラブ・トラック的なものが入ってもアリだったりするじゃないですか。今回は極力排除してるのかなあと。

keisuke : 排除してますね。ダンスものは今でも作ってはいるんですけど、クラブにあまり行かなくなってしまったというのが1番大きいです(笑)。

——なるほど。

keisuke : 家で音楽聴きたいなと思うことが…。なんでしょうね、めちゃくちゃ遊んで、家に帰ってから聴く音楽というものを作りたかったんですかね。ものすごく家でリラックスしたいみたいな。

——いわゆるチルアウトというか。

keisuke : そうですね。完全にチルアウトしたい、家でクールダウンしたいという気持ちですかね。

——でも、いわゆるグリッチ、アンビエントっぽいエレクトロニカとかにはいかないで、実は今作はリズムが重要な要素なのかなと思ったんですけど。

keisuke : そうですね。基本リズムが大好きなので、リズムがないようなアンビエントっぽい曲も考えれたと思うんですけど、やっぱりリズムが欲しくなってくるんですよね。作るときも最初は上ものから、もこもこ作っていくんですけど、タイトなリズムをぱしっと入れたくなっちゃうんですよね。それも踊りたくなるようなものじゃなくて、もっと柔らかいものというか。

——“曲の進行としてのリズム”が重要みたいな。

keisuke : そうですそうです。力を入れてブレイクを作るみたいなダンス・ミュージックではないものが作りたかったのかな(笑)。

——一応、初登場ということでプロフィールの部分を埋めていければと思うのですが、もともとは、いまベルリンで活動されているYone-koさん、So Inagawaさんとかが在籍しているパーティ〈Cabaret〉を名古屋で立ちあげたというのが1番最初なんですよね?


So Inagawa - Logo Queen

keisuke : そうなんですよ。学生の時にsackrai君とSo Inagawa君と、あと数人で2000年ぐらいにテクノ、ハウス、ニューウェイヴぽいものをかけて楽しむパーティを始めたのがきっかけです。DJを最初にやりました。

——そのパーティの繋がりのなかで、suffragettes(※1)がトラックメイクするクルーとして浮かび上がるみたいな。

※1 : So Inagawa、sackrai、Keisuke Kondo、Yone-koによるテクノ・クリエイター集団。〈Cabaret〉は彼らがオーガナイズを行うパーティ。

keisuke : そうですね。皆曲作ってたので、「なにかやろう」ってなったんですよね。So Inagawa君は名古屋にいるときから海外のレーベルから出してて。音は、僕らも作ってはいたんですけど、suffragettesの曲のほとんどはSo Inagawa君が作った曲です。So Inagawa君がいないけど、ライヴではSo Inagawaくんの曲を僕らでやるっていうよくわからないことが起こったり(笑)。

——ある意味テクノっぽいというか、中心がないというか。

keisuke : ライヴでは、自分がどんなものを出すのかも誰にも相談せずに、音源と素材だけを持っていって、その場で曲を作っていく、ということをやってました。

——その活動を経て個人名義の作品を出しはじめたのが、2000年後半ですよね?

keisuke : そうですね、2005年か2007年かな。

——名古屋から東京にきて、そのあとに個人名義で出すんですよね。それは自分で満足いくものが出来てきたからですか?

keisuke : 皆それぞれ個人でもやってたので、自分のカラーが濃い、suffragettesぽくない曲は、個人で出しました。

——今出てきましたけど、自分の特色はなんだと思いますか?

keisuke : 特色は自分でははっきり分かりませんが、作りはじめた頃はグリッジーなミニマル・ハウスというか、クリック・ハウス全盛の頃で。

——そうですよね。2003年から2008年とか。

keisuke : そう、レーベルもものすごくたくさん出来たんですよね。田中フミヤさんのパーティ〈CHAOS〉とかによく遊びに行ってて、すごく衝撃を受けたというか。こんな音で踊るんだなあみたいな。

——スッカスッカの(笑)。

keisuke : それ以前はがっしりとしたミニマル・テクノとか、

——さっきも言ってましたけど、名古屋ではニューウェイヴ的なものを掛けてたって仰ってましたもんね。

keisuke : そのころはそういう感じだったんですけど、田舎者だったので、「東京出てきて最先端のダンス・ミュージックってこうなんだ」って洗礼を受けたというか。

——田中フミヤさんの〈CHAOS〉が1つのきっかけだったのですね。

keisuke : めちゃめちゃ遊んでましたね。

——その時に自分の好きな音が探し出せたんですね。

keisuke : そうですね。ああいう音って、ベースのグルーヴはハウスなんですよね。ずんどこしてたり、隙間があったりして。どちらかというとハウスが好きだったのでデリック・カーターとかルーク・ソロモンみたいな〈CLASSICS〉(※2)の音は、名古屋にいるときからすごく好きでしたね。

※2 : 96年頃に設立されたデリック・カーターとかルーク・ソロモンによるハウスの名門レーベル


Derrick Carter - Where You At?

——ある意味で2000年前半のクリック・ハウスがアンダーグラウンドの中心になっていく時期じゃないですか。昔からのディープ・ハウスもミニマルに近づくし、wireみたいな大きい流れにもディープ・ミニマルが入ってくるし、そういう流れの時期ですよね。ちなみに、その後、〈Cabaret〉を脱退されたのは?

keisuke : 仕事が忙しくなっちゃって、運営自体に携われなくなってしまったので、申し訳ない気持ちで抜けました。ラインナップにDJで入ってたんですけど、当日行けないこともあったりしていたので。

——それはいつですか?

keisuke : 2010年ぐらいかなあ。

——ここ3、4年なんですね。それも含めてさっきの話に戻ると、ダンスフロアから自分が遠ざかった時期の要素が今作に出てきているというか。

keisuke : そうですね。

——1つまとめると、2000年代後半のディープ・ミニマルだとかクリック・ハウスがそのとき好きで、そこから思いっきりダンスフロアの要素を引いていくと、今作のようになるということですかね。

keisuke : そうですかね。

ミニマル・ダブ、ベーシックチャンネルとの出会い

——もう少し音楽的なバックボーンを聞いていきたいのですが。

keisuke : やっぱり、ずっと好きなのはベーシックチャンネル周辺。始まりは石野卓球さんの『Mix-Up』に入ってたのを聴いた時で、 「なんだこれ?」と思い、その周辺を聴きました。学生の頃はベーシックチャンネルをすごく聴いてましたね。


Basic Channel - Phylyps Trak II/II

——最終的にそこだけが残ったんですね(笑)。

keisuke : そこだけが残りました。

——その周辺の音楽の魅力はどこだと思いますか?

keisuke : やっぱりテクノなんですけど、音はレゲエみたいな異質な感じで、乾いた音にディレイやリバーブがかかってる感じがすごくかっこ良く感じましたね。

——なるほど。そこからモーリッツ周辺だと、もっとレゲエに軸足があるリズム&サウンド周辺のレゲエ再発とかもやってたじゃないですか。

keisuke : 全部好きですね。ワッキーズの再発とか、Burial Mixとかも。ジャマイカのダブとかと比べるともこもこしてて。


Rhythm & Sound with Tikiman - "Why"

——そうですね、変に陽気じゃないし。

keisuke : それが断然かっこ良かったですね。

——ミニマル・ダブってずっとあるものではあるんですけど、突然リヴァイバルが起きたりするじゃないですか。ここ数年はインダストリアルで、 ちょっと前だとエコースケープとか。ベーシックチャンネル・フォロワーっていわれるようなアーティストも好きですか?

keisuke : 好きですね。DJでもよくかけてました。デトロイト系のダブとかも全然好きです。

——その辺は自分のなかで大きいと。まさに今回のアルバムはそこにあって、ダンス的な部分を後退させるとこうなると思うんですけど、リズム的な面でさっき言ってましたが、ヒップホップだったりレゲエの部分があるじゃないですか。そのへんはテクノとは別のものを出したかったからですか? それとも単純に出てきたのですか?

keisuke : 4つ打ち以外のものが作りたいと思ったんですよね。J・ディラとかのヒップホップも聴いてたので、その感じをもっとダブみたいな感じというか。もっと質感的にアンビエントっぽい感じのものを作りたかったんです。

——なるほど、それはすごくわかりやすい説明だと思います(笑)。とはいえ、もろに音響的な部分でベーシックチャンネル・フォロワーとも違った隙間がすごくあると思うんですけど。

keisuke : そうですね。ベーシックチャンネルとかはもっと白いというか、ヨーロッパの香りがするんですけど、リズムはヒップホップみたいで気持ちいいなぁみたいな…。そんなノリなんですよね(笑)。深い狙いとかはないです(笑)。

——逆に言うとトーマス・フェルマンの作品の近い感覚があるのかなあと思いました。テクノっぽい感じもあるんですけど、もっとダウンビート寄りな。それでいてベーシックチャンネル直系の淡いエフェクトというか。ちなみに今作の音響の質感で目指したところはありますか?

keisuke : ベーシック・チャンネルは結構ざらざらしてるんですけど、もうちょいクリアで空間的というか、かといってデジタルな感じにはしたくなかったので、基本的には温かい感じ。家のベッドでよだれ垂らしながら寝てる時みたいな感じの(笑)。

——今回ハイレゾでのリリースで、この手の音って相性が良いので僕自身ももっと増えてほしいと思うのですが、音楽を作ってる側からして24bitでリリースされるというのはどうですか? 今は大体の人がDTMでは24bitで作業してると思うんですけど。

keisuke : 断然24bitの方がいいですね。

——アーティストさんよく言われるのが、自分の手元で作業してて「いい」と思った時は24bitだから、それをわざわざ16bitにするのが忍びないと。

keisuke : 特に僕は細かいところにリヴァーブやディレイをかけて残響、減退を楽しむタイプなんですけど、そういうところが16bitだと、がつんとなくなってたりして。アンビエンス感がなくなるのを感じちゃいますね。ずんどこ鳴ってる音楽だったらあまり気にならないのかもですけど、僕は揺れみたいなものをキレイに出したいので。ちなみにマスタリングはMANTISのMossくんが担当してくれています。

RECOMMEND

MORITZ VON OSWALD TRIO / Fetch

本文でも登場したベーシックチャンネルのモーリッツ・フォン・オズワルドを中心にマックス・ローダーバウアー(サン・エレクトリック)、ヴラディスラフ・ディレイ(LUOMO)が集ったスーパー・グループによる2012年作。深いエコーとダブを軸に繰り出されるアンサンブルはとにかくクール。彼らが生み出す音世界にひたすら身を委ねたくなる作品である。

Tim Hecker / Virgins

モントリオールが誇る、近年のドローン / アンビエント界の重要人物、ティム・ヘッカーによる7作目。ピアノがフィーチャーされた気が遠のくほど壮大なサウンド・スケープ、ドローンを軸にノイズとチルアウトを行き来する音のレイヤード。この2つの要素で構成された今作は彼の代表作と言っても過言ではない。

PROFILE

Keisuke Kondo

学生時代にグラフィック・デザインを学ぶ傍ら、エレクトロニック・ミュージックに興味を持ち、名古屋で友人らとともに、テクノ / ハウス系のパーティ〈cabaret〉を主宰。レジデントDJとしてキャリアをスタートした後、東京に拠点を移しトラック制作を開始する。2007年頃から、〈Frankierec〉(仏)、〈o.p. disc〉(日)など国内外様々なダンス・ミュージック系のレーベルよりリリースを重ねる。〈cabaret〉を脱退後は、よりリスニングに重点を置いた音楽性にシフト。ディープで空間的な、永遠に聴いていられるようなサウンドを志向し、よりシンプルで普遍的な音楽制作を実践 / 展開している。

Keisuke Kondo 特設ホームページ

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

TOP