2021/10/12 12:00

いま、いちばん身近な幸せをあなたに──味覚の秋、kiki vivi lilyが届ける極上の音楽のフルコース

kiki vivi lily

スウィートな歌声とメロディー・センスでファン層を拡大し続けているSSW、kiki vivi lilyが新作アルバム『Tasty』をリリース。タイトルの通り、味覚をテーマに作られた今作は、荒田洸(WONK)とMELRAWがプロデュースを務め、トラックメイカーとして、Shin Sakiuraや盟友Sweet Williamらが参加。得意のR&Bやソウルを軸に、ダンス・ミュージックを意識したアレンジやハワイアン・レゲエなど、様々なジャンルの楽曲を味わうことのできる、まさにフルコースな内容に仕上がっています。今回のインタヴューでは、楽曲についてたっぷり語ってもらいました。こだわりのハイレゾ音源と併せてお楽しみください。

kiki vivi lilyが味覚をテーマに作り上げたアルバム『Tasty』

INTERVIEW : kiki vivi lily

kiki vivi lilyの新作アルバム『Tasty』を一通り聴き終えて、心が満足感と幸福感に包まれた。味覚をテーマに作られたという今作は、様々なジャンルを横断するような多彩なアレンジが特徴で、楽曲ごとに個性を感じる作品である。聴いた後は、とにかく満足した気持ちになるのだが、それでいて聴いていて疲れを感じることもなく、自然とまた1曲目から再生してしまう。これは、kiki vivi lily本人も意識した部分だと話していたが、その塩梅は実に見事だ。“素材の味”を活かし、生の音にこだわったという今作。ぜひ、何度も何度もじっくり味わって欲しい。

インタヴュー&文: 西田 健
撮影: 飛鳥井里奈

一個一個音をキャッチして楽しんでほしい

──最近、いろんなところで、kiki vivi lilyさんのお名前を目にしたり楽曲を耳にする機会も多くなってきたんですが、この間、インスタを見ていたらフワちゃんがストーリーズに“Lazy”を聴いてるのを見てびっくりしたんですよね。

嬉しいですよね。たまにあげてくれるんですよね(笑)。

──あのフワちゃんにも届いているのか! という驚きがありますよね。今回アルバムもリリースされますが、Deep Sea Diving Clubの楽曲“Just Dance feat. kiki vivi lily”にも参加されたりと、かなり精力的に活動されていますよね?

Deep Sea Diving Club “Just Dance feat. kiki vivi lily” MV
Deep Sea Diving Club “Just Dance feat. kiki vivi lily” MV

Deep Sea Diving Clubとのコラボは、向こうからオファーをいただいて決まりました。福岡のバンドなんですけど、せっかくそうやって同郷の後輩が言ってきてくれるんだったら、そういう繋がりは大事にしようと思って。前は結構尖ってて「自分の作るものを認められたい」みたいな気持ちがあったから、客演とかも断ってたりもしたんですけど、最近ちょっとスパンって抜けて「そういうのもやろうかな」というモードに入ってます。

──どういう心境の変化があったんですか?

やっぱり2019年に出したアルバム『vivid』を出すまでは、フィーチャリングで名前を知ってもらったというのもあったし、シンガーとしての自分をみんな知ってるイメージがあったんですよね。自分は曲を作るという部分を大事にしてるので、作曲家とかそういう音楽家の面もみんなに知ってほしいという気持ちがずっとあったんです。でも、ゆっくりですけどkiki vivi lilyという名前が広まってきて、そういう気持ちが満たされたというか、1回落ち着いてフラットになって、どっちも楽しめるようになった感じがします。

──自分の作った曲と、別の人が作った曲を歌うのでは違いがありますか?

180度違いますね。ゼロから作るものと、トラックがすでにあるものでは、全くもってアプローチが違いますね。ビートが先にあった場合と、ゼロから自分でピアノ弾いて作る場合では、全く出てくるメロディーも歌詞も全然変わってきます。だけど、両方やってるから飽きないというか、バランスが取れてるかなって思います。

──普段はどのようにして曲を作るんですか?

基本は曲と歌詞は一緒ですね。メロディーとなんとなくの言葉の響きみたいなものが両方一緒にボンって出てきて、それに対して肉付けしていくみたいなスタイルが多いです。

──10月1日には、ニュー・アルバム『Tasty』がリリースされました。コンセプトはその名の通り“味覚”ですね。

コロナ禍で家にいる期間が多かったので、身近な楽しみが、料理や食になっていたんですよね。それって、いちばん近くにあって、日々を彩ってくれるような存在だと思っていて。自然とそれをモチーフにした曲もポツポツできて、何曲かできた段階で、そういう色んな“味”を表現するアルバムを作ろうかなと。

──なるほど。

いま、音楽家って色々なアプローチがあると思うんですけど、わりとポップでポジティヴなことを歌いたいという気持ちはずっと自分のなかに一貫してあって。このコロナ禍においても、そういう生活のなかで聴いてちょっと元気になれるものを作りたかったんです。そういう面では“味覚”はいちばん身近だし、いまいちばん自分を幸せにしてくれるものだから、みんなにもそれを感じてくれたらいいなと思って作りました。音楽的にお腹が満たされるというか、「美味しい料理を食べたな」みたいに「素敵な音楽を聴けたな」って思ってもらえるような作品になったらいいなって思っています。でも、満腹だけど、胃もたれしないみたいなところは意識しましたね(笑)。

──確かに、胃もたれしない感じはすごくあります。

音楽を作るにあたって、自然とそういうバランスみたいなのは、いつも考えてしまうんですけど、あんまり押し付けがましくならないようなバランスで音楽を作りたいなって思っていて。“量より質のコース”みたいな(笑)。

──「いい食材使ってますよ」みたいな(笑)?

あーそうそうそうそう(笑)。素材の美味しさも感じられるし、みたいな。

──いま「素材の味」とおっしゃったんですけど、今回、アルバム全体に“生っぽさ”を感じているんですよね。楽曲でいうと最後の“Onion Soup”は一発録りだったり、バンドでのレコーディングをされていたり。

今回、そんなに気張らないというか、自然体な感じを見せたかったんですよね。いままでは作り込んだ音源が多かったので、逆にちょっと力を抜くというか。アルバムのテーマとして“あんまり気張らない”、“力を抜いた感じ”という部分があったので、それで自然とサウンド感も、そういう”生”の感じが大事になってるのかもしれない。

──“力を抜いた感じ”は確かに感じるんですけど、チルではないのかなという感じもしているんですよね。

そうですね。結構チルっぽいって言われることが多いんですけど、作るときに私のなかでは一貫して「そんなことないんだけどな」っていう感じで。空白をあんまり作らなかったり、全ての間に意味がある音楽を意識しているので、聴き流すよりは一個一個音をキャッチして楽しんでほしいと思っています。

この記事の筆者
西田 健

1990年生まれ。熊本出身の九州男児。2019年までイベント業界で働きながら、福岡親不孝通りにてJ-POP、アニソンのDJ活動を行う。その後上京し、OTOTOY編集部にてアイドル、アニメ関連を中心に担当。映画、深夜ラジオが好き。

いま、いちばん身近な幸せをあなたに──味覚の秋、kiki vivi lilyが届ける極上の音楽のフルコース

いま、いちばん身近な幸せをあなたに──味覚の秋、kiki vivi lilyが届ける極上の音楽のフルコース

ヴァーチャル・ラップ・シンガー、春猿火が“心の眼”で見つめる、もうひとつの世界

ヴァーチャル・ラップ・シンガー、春猿火が“心の眼”で見つめる、もうひとつの世界

子どもの頃の悩んでいる自分へ──そらるが豪華作家陣を迎え、珠玉の“声”の表現で描いた作品集

子どもの頃の悩んでいる自分へ──そらるが豪華作家陣を迎え、珠玉の“声”の表現で描いた作品集

MyDearDarlin’が伝えたい、アイドル活動の心得

MyDearDarlin’が伝えたい、アイドル活動の心得

日常のリアルを歌い上げるシンガーソングライター近石涼

日常のリアルを歌い上げるシンガーソングライター近石涼

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.132 祝!ABBA復活!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.132 祝!ABBA復活!

全てのソロ活動はももクロに返ってくる──初のソロ・アルバムに詰め込まれた、高城れにの世界

全てのソロ活動はももクロに返ってくる──初のソロ・アルバムに詰め込まれた、高城れにの世界

豊田あさが飛び込んだ、JamsCollectionというアイドルの世界

豊田あさが飛び込んだ、JamsCollectionというアイドルの世界

JamsCollectionが成長するきっかけに──津代美月が抱くグループへの想い

JamsCollectionが成長するきっかけに──津代美月が抱くグループへの想い

これは、JamsCollectionの挑戦──一宮彩夏が抱く大きな舞台への想い

これは、JamsCollectionの挑戦──一宮彩夏が抱く大きな舞台への想い

新生フレンズ、太陽のような新作アルバム『SOLAR』

新生フレンズ、太陽のような新作アルバム『SOLAR』

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

ヴァーチャル・シンガー理芽がはじめて語る、これまでの軌跡──彼女は、いかに音楽の世界に飛び込んだのか

ヴァーチャル・シンガー理芽がはじめて語る、これまでの軌跡──彼女は、いかに音楽の世界に飛び込んだのか

TikTokで話題の現役保育学生SSW、ちゃんゆ胃の音楽に対する想い

TikTokで話題の現役保育学生SSW、ちゃんゆ胃の音楽に対する想い

「わからないまま、ただ走り続ける」──めろん畑a go goが考える、アイドルとして生きる道

「わからないまま、ただ走り続ける」──めろん畑a go goが考える、アイドルとして生きる道

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.123 閃光の退勤

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.123 閃光の退勤

【ライヴレポート】パピプペポは難しい、夢の舞台へ──恵比寿LIQUIDROOM公演〈復讐〉

【ライヴレポート】パピプペポは難しい、夢の舞台へ──恵比寿LIQUIDROOM公演〈復讐〉

新生フレンズは、これからも音楽を届け続ける──〈"UNO!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

新生フレンズは、これからも音楽を届け続ける──〈"UNO!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

サンダルテレフォンが新作EPで魅せたクール&ファンキーな2つの表情

サンダルテレフォンが新作EPで魅せたクール&ファンキーな2つの表情

『電音部 ベストアルバム シーズン.0』──クリエイター陣が語る、楽曲制作へのこだわり

『電音部 ベストアルバム シーズン.0』──クリエイター陣が語る、楽曲制作へのこだわり

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.117 カヴァー・ソング沼

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.117 カヴァー・ソング沼

ありぃ(ex.uijin)プロデュースのアイドル・グループ、PRSMIN、始動!

ありぃ(ex.uijin)プロデュースのアイドル・グループ、PRSMIN、始動!

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

TOP