メロウ・ヒップホップ・シーンを牽引するRobert de Boronによる“風景作品”をハイレゾで!

2011年発表の2ndアルバム『Mellow Candle』や人気コンピレーション“IN YA MELLOW TONE”シリーズの大ヒットによりメロウ・ヒップホップ・シーンのみならず、R&Bのなかでも熱い支持を受けているトラック・メイカー、Robert de Boron。壮大なストリングス・アレンジの上を力強く進むメロディーと、うわものとリズムの美しいレイヤードなど、彼独自のサウンドで聴く人々を魅了してきた。このたびOTOTOYでは最新作『Shine A Light feat. AWA』を24bit/44.1kHzのハイレゾで配信! iTunesヒップホップ / ラップ・チャートにおいてシングル・アルバム共に1位を獲得した期待の“風景作品”を、彼へのインタヴューとともに高音質で堪能していただきたい。

Robert de Boron / Shine A Light feat. AWA(24bit/44.1kHz)
【配信フォーマット / 価格】
alac / flac / wav : 2,000円(単曲は各300円)

【Track List】
01. It's Never Too Late
02. Let Go feat. Imani
03. Shine A Light feat. Oldwun
04. Proud To Be feat. Maitreya
05. Blazin'
06. Hapani Girl
07. Interlude
08. Don't Cry
09. Let's Love feat. Junz
10. One Mistake feat. PNC
11. Take Me Back feat. Oldwun
12. Outro (However Far)

INTERVIEW : Robert de Boron

もはやひとつのジャンルとして、ある意味でそのルーツたるヒップホップから枝分かれし、独自の進化を遂げている、この国のメロウなダウンテンポの流れ。Robert de Boronはそんな流れを象徴するアーティストと言えるだろう。コンピ『IN YA MELLOW TONE』、そしてソロ諸作はまさに代名詞と言って良いサウンドを奏でている。ループ・ビートは、爽快で美しいサウンドスケープを軽やかに際立たせる。そのサウンドはよりスケールを増してきている。アルバム・タイトルはそんな彼のキャリアのなかでも、代表作と言っていいシリーズだが、本作はそんな「Shine A Light」にフィーチャリングされてきたニュージーランド人シンガー、AWAをフィーチャリングして作られたある種のコラボレート・アルバム的な作りになっている。

さて、さっそく本作について本人にきいてみよう。

インタビュー & 文 : 河村祐介

彼の声聴いた瞬間に「これはとったな!」と

ーーひさびさのアルバムですが、作り終えての感想はどうですか?

Robert de Boron(以下、RDB) : ひさびさに作ったというのもあって、すごくやりきった感はありますね。

ーーどのあたりが?

RDB : 大好きな“Shine A Light”シリーズが、1枚のアルバムとして素晴らしい形で残せた点です。あのAWAがニュージーランドからわざわざ来てくれて、直接対面でレコーディングもしましたし、お互い最高のマインドで望めたのはいい経験になりました。

ーーAWAさんとアルバムを作ろうと思ったきっかけは?

RDB : ファーストを出すときに誰をフィーチャリングするかで結構悩んで、myspaceとかYouTubeとかで一緒にやりたいアーティストを探してたんですけど。Nesain Mystikは前から知ってて、そこのシンガーのAWAとやりたいなってとこからはじまったんです。ファーストに「Shine A Ligtht」の1作目が入ってて、セカンドに2、3、サードには4が入ってて。どうせなら、その名前でAWAとアルバム作っちゃおうよって感じで。

ーー相性が良いって感じですか?

RDB : 相性はもう抜群で! でも相手は海外にいるから今まで、顔を合わせないでの曲作り、データのやりとりをずっとしてたんですが、今回は日本に来てもらって目の前で声を聴いた瞬間に「これはとったな!」、と単純に思えたんです。うまかったし、テイクもホント早かった。

ーーでは結構さくさくと行ったんですか。

RDB : でも実はこれがね(笑)。まずはじめにデモを20曲ぐらい作って、その中から10曲ぐらいをAWAに送ったんです。「じゃあ日本に来るまでに聴きながらリリック書くわ」って言ってたんだけど、いざ日本に来てみたら、2曲しか書いてなかった。でも、6、7曲録る予定だったので、その後の制作が結構大変で、レコーディング中に即興で2曲作ったりね。6曲目の「Hapani Girl」と2曲目の「Let Go feat. Imani」はその場でジャムって。

ーーじゃあ結構ご本人のほうでAWAさんに会うまで具体的なデモは一応渡してあった?

RDB : 相当数渡してますね。でも、仮歌なんてひとつも無かったから、もう逆に信じてたよね。「きっと大丈夫だろ?!」みたいな(笑)。

ーーははは(笑)。

RDB : でもいざ歌ってみたら間違いないみたいな。

ーーこれまではデータのやりとりで、会ったのは今回が初めて?

RDB : そうですね。レコーディングは4日連続でやりました。来日した次の日からもう録りはじめて。だからかなりタイトでした。6曲録りましたからね。さっき言ったみたいに、空の状態から作った曲が2曲あるんですけど、それは結構大変で、何時間か同じコードを弾き続けたりとか(笑)。

ーーだったら考えてこいよぐらいの(笑)。

RDB : でもそれも3、4時間ぐらいでできました。

ーーやっぱりもともと相性が良いんですね。

RDB : そうですね。人間的にも相性良かったと思いますよ。

ーーどんな人なんですか?

RDB : 結構フランクで前向きで明るい奴ですね。本当に。

ーーわりと音楽性にもまんま出てますね。

RDB : 本当まんま。でもリリック濃いよね。重い。

ーーあーなるほど。そのへんとかってイメージを伝えることってあるんですか?

RDB : ある程度はイメージを伝えて、お互いにすりあわせていくような感じでやりました。

ーーわりと作品全体が映像的な作品で、その辺りはやっぱりしっかり伝えてディレクションしたんですね。

RDB : セッションは完全にノリだったけど。なにについて歌おうかって感じだったから「これは失恋ソングにする?」みたいな(笑)。

ーーそういう感じで作れるのはアーティスト同士としては良い関係ですよね?

RDB : やりだしたら一瞬でできたしね。バーって。

こうだからこうしなきゃいけないっていうのが俺のなかには無い

ーーこれまでもアーティストの方も含めてわりとコラボレーションって形でやってますが、やはり作り方として楽しいのですか?

RDB : そうですね。基本的には好きです。でも、目の前に現れてくれるのが一番いいかなあと思いますね。一緒にディスカッションして「こういうしよう。ああしよう」って。直接やることによって、相手も自分も我を通してくるしみたいな(笑)。デモの段階で、送ったときにボツだったけど、結局作品として録り直した曲もありますし。

ーーそれはどの曲ですか?

RDB : 5曲目の「Blazin'」、11曲目の「Take Me Back feat. Oldwun」ですね。これがまたいいんですよ(笑)。「できんじゃん!」って思いました(笑)。1番最初に録ったのは1曲目の「It's Never Yoo Late」なんですけど。


Robert de Boron - It's Never Too Late feat. AWA

ーーちなみに今作のなかでキー曲はどれですか?

RDB : 俺的には6曲目の「Hapani Girl」だと思うんですよね。ギターだけの曲で。

ーーこれはさっき言ってた即興で作った曲ですよね? コラボレーションの空気感を1番伝えてるというか。

RDB : そうです。ライヴ感があるというか。レコーディングの仕方もそうだったし。

ーーなるほど。曲作りについて聴きたいんですけど、今回は彼に歌ってほしいデモを選んで、渡して、それから作ってだとは思うのですが、ご自身の曲作りのスタートって、どんな感覚で作ってますか?

RDB : いままではパソコンの前でやってたけど最近は壁があるのが苦手になってきちゃって、外でギター弾いて曲を作ることが多いですね。

ーーまさにアー写のような。

RDB : これはちょっとやり過ぎですけどね(笑)。でも、夜公園に行って曲作ったりとか。

ーーそういう開放感のなかで曲を作ったほうがいまはいいんですね。

RDB : そう、楽しい。また変わるんだろうけど。

ーー曲のアイディアって。先にメロディーとビートどちらががきますか?

RDB : 1st、2ndのときは作り方として思いっきりビートなんですけど。

ーーまずループを組んで、

RDB : そうですね。そのなかにどういうコード進行にするとか手数入れるか考えてたけど、今はコードですね。

ーーでは初期とは変わってきてる部分があるんですね。

RDB : 思いっきり変わったって実感はないんですけど、聴いてる人も変わったと思ってるでしょうね。

ーー思ったのは、さっき壁が無いとこで作ったと仰っていましたが、スケールが大きくなってるなあと感じたんですけど。

RDB : そうかもしれないですね。ストリングスとかもそのイメージがハマりやすかったりとか。

ーー箱庭を作るんじゃなくてそのものを、

RDB : そう、どかーんと作りたい。

ーーなるほど。逆にそういう作り方をしてて、リズムのアプローチを強めにしたくなるときはありますか?

RDB : リズムに関しては7割ぐらい先に作っちゃうんですよ。でもメロディによって、がらっと変えちゃうときもあるから。基本的にこうだからこうしなきゃいけないっていうのが俺のなかには無いんですよね。

ーー曲によると。

RDB : そうですね。

誰かの想い出になればいい

ーー今作の具体的なテーマはありますか?

RDB : 「Shine A Light」って光をあてるとか希望とかそういう意味なんですけど、そういうイメージですね。

ーーでは最初の時点でこのコラボレーション曲ありきでこのタイトルでやろう、で、そのタイトルをテーマにしようっていうのがあったんですか?

RDB : うんうん。

ーーなるほど。もっと具体的にアルバム全体でどのようなテーマ、風景があるのですか?

RDB : 全曲“男と女”のことについて歌ってるラヴ・ソングが多いですね。すごい重いのもあるけど(笑)。でも全体的にただネガティヴに終わってるんじゃなくてどこかに対極のポジティヴが感じられるかな。もちろんそれにあわせてリリックも変えてきたので、しあがりはポジティヴなのかなあと。ジャケも含めて。

ーージャケットも含めてそういうストーリーがあったわけではない?

RDB : ジャケはジャケのストーリーがあります。ファーストは混沌としてて、セカンドは「祈り」なんですよ。サードは「人類が初めて太陽を見たときの喜び」、今作は「決意」ですね。相手が太陽でも闘ってこうよっていう。

ーーなるほど。その「決意」に関してのディレクションはあったんですか?

RDB : それはもう! これまでは毎回デザイナーの肌が荒れちゃうぐらいに(笑)。でも今回はすんなりいきました。

ーー大変な難産だった曲だったり、制作過程のエピソードが他にありましたら、お願いします。

RDB : ないなあ(笑)。でもセッションの時はやっぱ大変だったなあ。スケジュールがタイトだったから。曲が決まって翌日に録るみたいな。大変ってよりかは楽しかったですね。

ーー先ほど重たい歌詞の曲もあると仰ってましたが、サウンド面や作品の“色”は統一されてると思うんですけど、逆にエグい者を作りたいとは思わないのですか?ダークなものとか。

RDB : ファーストはその方向性で、かなりやりきったんですよ。コシの重いビートだったりとか、ローファイな作品だったんです。セカンドは半々な感じでサードからあか抜けたというか。今作も自分的には3.5作目って認識です。

ーーそうなったのも、ファンが背中を押してくれたっていうのがあるんですかね。

RDB : いい感じにすり合ってる感じはありますね。でもやりたくないことやってる感覚もないし。やりたいことやってる+世の中の求めてるものがぴったりはまってると思います。自然に流れてます。

ーーでもビートのループだったりはご自身の基礎になってると思うんですけど、そこは捨てたくないのですか?

RDB : そうですね。ソウルのネタとかをサンプリングしてチョップしたり。それはずっと変わらないと思います。今の音楽聴いてるとノスタルジックとされてるものに全然ノスタルジーを感じないんですよね。デジタル制御されてるというか。俺のはレコードからサンプリングして、それをサンプラーいれたりっていうオタッキーなことをやってるんですよ。ポップなものではありますけど。だからもっと土臭いものを作りつつそれが世の中に広まったらいいなあと思いますね。

ーーいまのお話を聞いて思ったのは、逆に自分とウマの合うバンドと作ってしまうのもいいのかなあと思いました。

RDB : 確かにいいですね。

ーー好きなビートメイカーはいますか?

RDB : DJプレミアにはめちゃくちゃハマりましたね! ヌジャベスも大好きです。同じ機材とか買ったし、とにかく研究してた。

ーーそういえば、先日TwitterでMVの撮影のことをつぶやいてましたが、ディレクションも自身で行ったのですか?

RDB : イメージはちゃんと伝えました。今回の作品はアルバムにもちゃんとリンクするようなクオリティと内容です。

ーー今作を作り終えて、次回作の着想、やってみたいことなどありますか?

RDB : バンドやりたいんですよ。あとはメンバーかなぁ。それと自分で歌詞も書けて、歌えたらなあと思いますね。過去にやってきたものと今の接点を繋げてくと未来ではそういうことがやりたいのかなあって思いますね。

ーーなるほど。今作で通して聴いてもらいたい部分はありますか?

RDB : 初めて聴く人はだらっと聴いてほしいですね。緊張感がほどけないように作ってあるので。ギターのチューニングも440hzじゃなくて450hz、432hzにしてみたりとか、あまり聴いてて疲れないようにもしてるんだけど、集中して聴いてほしいような曲を並べてあるんです。でも最後のアウトロでどーんと落としてあるので、やはり通して聴いてほしいです。

ーーなるほど。まさにジャケットも含めて1枚の世界なんですね。

RDB : 誰かの想い出になればいいなぁと思います。そういえば、5曲目の「Interlude」はもともとはボツになっちゃった曲なんです。でもすごく気に入ってたのでサム・オックに投げたんです。でも送った時にファイル名を「Shine A Light pt5」って送っちゃったから曲内でShine A Lightって歌って返してきちゃった(笑)。でも次回作の予告編みたいな感じで次回はちゃんとサム・オックに歌ってもらおうかな、と。

Robert de Boron過去作、関連作はこちら

Organic Soul

V.A.

¥ 1,543

PROFILE

Robert de Boron
2008年9月に初作をリリースして以降、ほぼ全ての作品がヒットを記録し、シーンの中心的存在として君臨している東京を拠点に活動するサウンド・プロデューサー / トラックメーカー。
国内配信主要チャートでの1位獲得は勿論のこと、韓国の配信チャートでも軒並み1位を獲得するなど、国内のみならず世界的な評価を獲得し世界を魅了しつづけている。中でも、2011年1月にリリースされた2nd album『Mellow Candle』は空前のロングランヒットを記録、メロウ・ヒップホップ・シーンの代表格としての地位を確立。2013年4月にリリースされた3rd album「On The Rainbow」では、iTunesヒップホップ・チャートにおいて「ソング」、「アルバム」共にぶっちぎりの1位を獲得するなど、前作を遥かに凌ぐ高い評価とセールスを記録した。
そんなシーンを代表する鬼才が、2014年7月、自身の代表曲にして、メロウ・ヒップホップ史に残るアンセムとして名をはせる「Shine A Light」シリーズの盟友"AWA"と共に、シリーズの完成系言える待望のコラボ・フル・アルバムをリリースする。

>>Robert de Boron Official HP

この記事の筆者
河村 祐介

わからずや

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

シティ・ポップ名盤が最新リマスターで蘇る!! 松下誠が80年代に残したソロ作ハイレゾ配信&インタヴュー掲載

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

OTOTOY x mora共同企画──好き者スタッフが語り尽くす、アニメと音楽の2018、ココがすごい!

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

18組のアーティストによる解体/再構築でたどり着いた、「いま」のサニーデイ・サービス──『the SEA』配信開始

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

人を呼びたい気持ちはあったけど、同じ問題について話せる人がいなくて──独り走りゆくtofubeats新作『RUN』配信開始 & インタヴュー掲載

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

サイレント・ポエツ『dawn』ハイレゾ配信、そして映像であの伝説の一夜が蘇る

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

思い出野郎Aチームの1st EP『楽しく暮らそう』

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

ダンス、ダンス、ダンス!──東京塩麹の2nd

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

LIQUIDROOM14周年企画特別鼎談 : ドミコ x トリプルファイヤー

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

伝説のPSゲーム『LSD』──ゲーム、サントラ、その全てを司るプロデューサー、Osamu Satoとは何者なのか?

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ジャマイカン・ミュージックの伝説、プリンス・バスターの作品が再発!

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

ハイレゾ配信──M-Swiftの7年ぶりの新作はロンドンのミュージシャンたちと作り上げたグルーヴィー&ソウルフルな逸品

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YOSSY LITTLE NOISE WEAVER、8年ぶりの新作をハイレゾ配信

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

YMO、クラフトワークも飲み込む魅惑のラテン・ワールド──君はセニョール・ココナッツを知っているか?

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

mouse on the keys『tres』で見せる成熟の新たな美学──ハイレゾ版を1週間独占配信

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

cero、掛け値無しの傑作『POLY LIFE MULTI SOUL』、ハイレゾ配信スタート!

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

マウス・オン・マーズが描くマルチ・カルチャラルな世界──音楽の喜悦に満ちた大作をハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

DJ KRUSH、真骨頂たるインスト・アルバムをハイレゾ配信開始

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

FLATPLAY、美しくしなやかなミニマル・テクノ──D.A.N.櫻木大悟もリミックスで参加の1st EP

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

DJ TASAKA & JUZU a.k.a. MOOCHYによるHIGHTIME Inc.始動──ハイレゾ先行配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

BATHS、シンガーとしての存在感をさらにましたポップな新作──ハイレゾ配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

テンテンコの「危険なハイウェイ」はどこへ向かう?──シングル先行曲をハイレゾ先行配信

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

対談 : VIDEOTAPEMUSIC x 鶴岡龍(LUVRAW)──風景、そして怪人

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

【ハイレゾ配信】WONK、ポップと実験、2枚のアルバムを同時リリース

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

DJ MOTIVEによるメロウ&バレアリックなチルアウト・バンド、deadbundy

祝フジで来日!  エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

祝フジで来日! エイフェックス・ツイン過去名盤一挙配信開始!

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

京都エレクトロニカ・シーンのベテラン、Ken'ichi Itoiが放つ『EXN』、ハイレゾ配信開始

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

自分のビートっていう定規で、彼らの物差しを測ってみたい──DJ KRUSH、新作は初のラップ・アルバム、ハイレゾ配信

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

2月13日(月)にツアー・ファイナルを開催のPAELLAS、リミックス・コンテストの結果を発表

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

【REVIEW】ももクロ、PUNPEE、ライムスター、ECDなどが参加した加山雄三のヒップホップなリミックス集をハイレゾ配信

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

特集 : 選ばれたグルーヴ――この国のインディ・ロックの新たなグルーヴ・メソッド

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

asuka andoの2ndアルバムをハイレゾ配信、期間限定スペシャル・プライスで配信開始

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

熟考するアンビエント──ブライアン・イーノ新作をハイレゾ配信

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

エマーソン北村の新作『ロックンロールのはじまりは』を語る

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

インディR&Bへと大接近したPAELLASの1stアルバムをハイレゾ配信──収録曲のリミック・コンテストも開催

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

∈Y∋、七尾旅人、松武秀樹ら参加、テンテンコのミニ・アルバム『工業製品』

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

【ハイレゾ配信開始】ディストピアのエレクトロニック・ソウル、yahyel

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

DJ MIKU、35年目の1stアルバム──テクノのベテラン、1stアルバムをハイレゾ独占配信

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

テクノ / ハウスの世界的レーベル〈mule musiq〉の、OTOTOY独占ハイレゾ・コンピ

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

対談 : 谷ぐち順 x ぽえむ──リミエキ x 2マッチ・コラボ作を先行ハイレゾ配信!

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

岡山から世界標準のニューカマー、KEITA SANOがハウス・ミュージックを面白くする──ハイレゾ独占配信

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

坂本慎太郎、3rdアルバム『できれば愛を』にてついにハイレゾ配信!

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

アンダーワールド、6年ぶりの新作をハイレゾ配信

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

片想い新作リリースを巡って──対談 : MC shirafu x MOODMAN

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

ペルーのアーティスト、そして風土と邂逅したダブステップのイノヴェイター、MALAの新作をハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

D.A.N.、蓮沼フィルなどにも参加の、注目のアーティスト、小林うてなの1stアルバムを独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ポスト・インターネットのポップ・エレクトロ・マエストロ、Tomgggの新作を独占ハイレゾ配信

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

ハイレゾ配信! デトロイト・テクノの名門〈トランマット〉からリリースされたHIROSHI WATANABEのアルバム

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

Seiho、3年ぶりの新作『Collapse』をハイレゾ配信

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談──第2回──

D.A.N.の新譜放談

D.A.N.の新譜放談

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

〈ハイパーダブ〉のドン、コード9が見据える2016年シーン──来日インタヴュー

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

アナログ・レコードの音質をDSDで真空パック!──KORG「DS-DAC-10R」「AudioGate 4」

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

HIROSHI WATANABE aka Kaitoの新レーベル設立──新録&旧譜をハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

agraph、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

(((さらうんど)))などでも活躍のクリスタル(XTAL)、1stソロ・アルバムを独占ハイレゾ配信開始

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

RM jazz legacyハイレゾ配信開始──和ジャズ・レア・グルーヴから現行シーンまでをも貫く、ジャズのいま

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

トータス、7年ぶりの新作をハイレゾ配信 & 過去6作も一挙配信

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

最強のDUBアルバム!! THE HEAVYMANNERS meets SCIENTIST『EXTERMINATION DUB』※特別対談:ダブ入門編

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

O.N.O(THA BLUE HERB)によるミニマル・テクノ・プロジェクト、onomono、セカンド・アルバムをハイレゾ・リリース

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

ハイレゾ配信開始! ――〈On-U〉生まれのにせんねんもんだい

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

馬喰町バンド『遊びましょう』をハイレゾ配信 & 武徹太郎(馬喰町バンド) x 川村亘平斎(滞空時間)対談掲載

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

こんどはAFX名義! リチャード・D・ジェームスがまたもや新作を発表!

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

特集 : 2015年夏のポストロック事情ーー『ポストロック・ディスクガイド』とその後のシーン

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

本場バリを代表する楽団を現地録音、ハイレゾで聴く古典ガムランは、すさまじいのです!

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

メロウすぎるにもほどがあるレゲエ・シンガー、asuka ando、エマーソン北村、リトテン・メンバーなど参加の待望のファーストをハイレゾ独占配信開始

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

8年ぶりのアルバム『Vestiges & Claws』――ホセ・ゴンザレスの新作をハイレゾ配信

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

フレンチ・エレクトロニカの重要人物、Saycetの新作を先行ハイレゾ配信!

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

エイフェックス新作、そして〈WARP〉カタログをハイレゾで聴く

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.6

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

UKダブの巨星、エイドリアン・シャーウッドとブリストル・ダブステップのキーマン、ピンチによるユニット、デビュー・アルバムをハイレゾで

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

カリフォルニア・シーンのキーマンふたりによる、サイケデリックな宇宙絵巻――独占ハイレゾ配信

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.5

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

坂本慎太郎が配信&7インチ・オンリー・シングルをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Watusi(COLDFEET)が、〈OIRAN MUSIC〉から”テクノ”なアルバムをリリース!

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

Why Sheep? 、ポスト3.11な新作『Real Times』を独占ハイレゾ配信

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

【連載】OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.4

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

エイフェックス・ツイン13年ぶりの新作『Syro』、ハイレゾ配信開始

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

Yamasuki、フレンチ発珍妙日本語レア・グルーヴ再発

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

独占ハイレゾで聴く、Keisuke Kondoによる緻密なるエコーの表現

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

Basement Jaxx、ニューアルバム配信開始

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

OTOTOYで配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載――More Beats + Peaces Vol.3

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

Languageによるニュー・シングルを独占先行ハイレゾ・リリース

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

ハイレゾで聴く、Robert de Boronによる待望の新作!

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

坂本慎太郎ソロ作品一挙配信開始

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

OTOTOY初!クラブ・ミュージックを巡る新連載“More Beats + Pieces”

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

3回忌を迎える元MUTE BEATベーシスト松永孝義、未発表ライヴ音源をハイレゾ音源で独占先行配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

鈴木信之によるビート・プロジェクト、N'gaho Ta'quiaのタイトルをハイレゾ配信

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【最高音響】ホンダブヒロアキ・ファースト・アルバム!! 煙立つ極太ベースをハイレゾで配信開始

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

この国のエレクトロ新世代、KAZURAMOS登場

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

Kan Sanoのセカンドをハイレゾ配信

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

エレクトロニック・ビーツ・ミュージックのバイブル第4弾! HQDクオリティで配信!!

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

【PROGRESSIVE FOrM】Pawnこと梅沢英樹による6枚目のアルバム『Portrait Re:Sketch』

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

ALMA DE STELLA『ZENITH SKY』をHQDにて配信スタート

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

Serigano feat. Paula Terry『BLOW YOUR MIND』をDSD5.6MHzで先行配信&インタビュー掲載

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

UKで最も刺激的なレーベル〈Planet Mu〉―― OTOTOYアプリにて4アルバムを毎週連続フル試聴スタート

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

Ovall、3年8ヶ月ぶりの2ndアルバムをリリース&インタヴュー!

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

ここがエレクトロニカの最前線! 若き鬼才、Jemapurの新作『Slide』〈インタヴュー〉

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

OTOTOY独占配信! ガムランが楽しく奏でるモダンなポップ・ミュージック、滞空時間『RAINICHI 来日』リリース&インタヴュー

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

SERIGANO feat.PAULA TERRY、高音質DSD(5.6MHz)&HQD(24bit/48kHz)で配信開始!

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

EMAF TOKYO2013開催記念対談!インナー・サイエンス&No.9&mergrim

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

おすすめの2.3枚(2013/10/16~2013/10/22)

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

ソウルフルな大都会交響曲 小西康陽がセレクトするアーバンでメロウな ブランズウィック・コレクション!

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

【Warp】ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーの約2年ぶりとなる新作アルバム『R Plus Seven』

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

おすすめの2.3枚(2013/9/11~2013/9/17)

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

Language 3rdアルバム『magure』をDSD 5.6MHzにて配信開始

TOP