2021/06/08 12:00

サンダルテレフォンが新作EPで魅せたクール&ファンキーな2つの表情──そのパフォーマンスの秘密に迫る!

ファンク、ハウスの要素を散りばめたダンサブルな楽曲で、いま大注目のガールズ・グループ、サンダルテレフォン。このたびリリースされたダブルAサイドEP「碧い鏡 / It's Show Time!」は、彼女たちの元気な部分とクールな部分の両面を魅せる作品に仕上がっています。今回OTOTOYでは、メンバー4人全員にインタヴューを実施。パフォーマンスの秘密や今回の楽曲への想いを、じっくり語ってもらいました。

INTERVIEW : サンダルテレフォン

サンダルテレフォンのライヴは、パフォーマンスがとにかく素晴らしい。お客さんひとりひとりの目を見て、とにかく全力で躍動する彼女たちのステージを観ていると、心から楽しくなってくる。今回リリースされたのは、これまででいちばん速いBPMで新たな一面を映し出した「碧い鏡 」と、ファンクの要素を詰め込んだソウルフルな「It's Show Time!」のダブル両AサイドEP。どちらもかなりライヴ映えする楽曲だ。大きな武器を手に入れ、サンダルテレフォンは大きく飛躍していくだろう。おそらくあっという間に、もっと高みへと上りつめる彼女たち。チェックしておくなら、いまのうちだ。

インタヴュー・文 : 西田 健
写真 : YURIE PEPE

お客さんも一緒に踊って欲しい

──先日定期公演のライヴを見せてもらったんですが、そのパフォーマンスのすごさに驚きました。どのように練習されているんでしょうか?

夏芽ナツ(以下、夏芽) : グループでのレッスンは、振り入れのときくらいしかないんですけど、ライヴの後に見返したりとかして、反省点を改善しています。個々でやって、後で直したいことがあったら、メンバーに「ちょっとズレてるよ」とか「ここを合わせたい」って相談して作り上げています。

──なるほど。ライヴ中、かなりお客さんの目を見られているなと思ったんですけど、そこは意識しているんですか。

夏芽 : お客さんにもよく言われますね。私はあんまり得意なほうじゃないんですけど、他のメンバーはかなり見ているなって思います。

小町まい(以下、小町) : ちょっと前まではダンスが崩れても、レスをしていました。最近は、ちゃんとダンスもレスもしっかり両立できるように頑張ってやっています。

藤井エリカ(以下、藤井) : 来てくれた人、なるべくひとりずつを見れるように意識していますね。私も前までは、ダンスが疎かになってしまうころもあって、毎回反省してたんです。いまはそういうのがないようにどっちも全部やり切ってます。難しいですけど楽しいですね。

西脇朱音(以下、西脇) : 全方向を見れるようには、意識しています。あとは、「いつでも全力に」をモットーにしています。いちばん汗かいていれるように頑張りたいなと思ってます。私は汗っかきなので、3曲目くらいで汗だくになっちゃうこととかあって、それはちょっと気にしてます(笑)。

小町まい

──サンダルテレフォンさんのパフォーマンスは激しいから、かなりカロリーを消費しますよね。

夏芽 : めちゃめちゃ体力つかいます。曲終わりで結構息切れしてますね。

──メンバーの中では、誰がいちばん体力があるんですか?

夏芽 : 私かな(笑)。私、基本MCを担当してるんですけど、サブ・ヴォーカルとしても歌っているので、そう考えたらいちばん体力あるのかな(笑)。

西脇 : ナツはMCの間に他の3人が息切れてたりとか、水飲みに行ってるメンバーとかもいるなかで、ぶっ通しで喋ったりしているので、いつもすごいなと思っています。

夏芽 : 最近は朱音が一緒に喋ってくれたりしてくれるので、頼りにしてますね。

夏芽ナツ

──お客さんを見てると、メンバーさんと同じ振りを踊られている方も多いですよね。

夏芽 : お客さんも一緒に踊って欲しいという想いもあって、踊りやすいような振り付けにしています。大きい振りが目立つからこそ、踊りやすいのかなって思います。

──お客さんの振りコピはステージからしっかり見えているんですか?

小町 : ステージからもしっかり見えています。大きく踊る部分を一緒に真似してくれるのは、すごい嬉しいです。

西脇 : いま、会場で声を出せない状況もあって、応援の仕方として、手拍子や振りコピがあるんじゃないかなと思っていて。盛り上がってくれているんだなという感覚を実感できます。

──パフォーマンスに影響を受けているアーティストはいますか?

夏芽 : 私たち、メンバーみんなアイドル・ファンなんですよ。私は、ハロー!プロジェクトさんがすごく好きで、そこからかなり、影響をもらってます。サンダルテレフォンにもハロプロっぽい曲調は結構あるので、ハロプロ好きな人にも私達を見て欲しいです。

小町 : 好きなアイドルは、虹のコンキスタドールさんですね。他にも、ダンスや歌が上手いアイドルさんはしっかり見て勉強しています。

藤井 : アイドルになる前は、フェアリーズさんが好きで、憧れていました。あとは、K-POPが好きで、動画を観て、動きを意識して踊るようにしています。K-POPのアーティストは髪の毛ごと踊るのがすごくかっこいいなって思ったので、最近は、「髪の毛崩れてもいいや」と思って思いっきりパフォーマンスするようにしています。

西脇 : 私は=LOVEさんや、わーすたさんですね。わーすたさんは、ヴォーカル・メンバーとダンス・メンバーに分かれているんですけど、サンダルテレフォンも小町はリード・ヴォーカル、夏芽はサブ・ヴォーカルっていう担当があって、フォーメーションが近いので、勉強させていただいています。

小町まい&夏芽ナツ

この記事の筆者
西田 健

1990年生まれ。熊本出身の九州男児。2019年までイベント業界で働きながら、福岡親不孝通りにてJ-POP、アニソンのDJ活動を行う。その後上京し、OTOTOY編集部にてアイドル、アニメ関連を中心に担当。映画、深夜ラジオが好き。

新生フレンズは、これからも音楽を届け続ける──〈"UNO!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

新生フレンズは、これからも音楽を届け続ける──〈"UNO!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

サンダルテレフォンが新作EPで魅せたクール&ファンキーな2つの表情

サンダルテレフォンが新作EPで魅せたクール&ファンキーな2つの表情

『電音部 ベストアルバム シーズン.0』──クリエイター陣が語る、楽曲制作へのこだわり

『電音部 ベストアルバム シーズン.0』──クリエイター陣が語る、楽曲制作へのこだわり

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.117 カヴァー・ソング沼

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.117 カヴァー・ソング沼

ありぃ(ex.uijin)プロデュースのアイドル・グループ、PRSMIN、始動!

ありぃ(ex.uijin)プロデュースのアイドル・グループ、PRSMIN、始動!

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

XOXO EXTREMEは新たなプログレ・アイドルの扉を開ける──最新アルバム、完全大解剖特集

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

星歴13夜が創造する、次の時代の神話──最新アルバム『MythEpoc』

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

鈴木このみの歌声は、次のステージへ進化した──ニュー・シングル「Bursty Greedy Spider」

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

人生は一度きり!──安月名莉子がニュー・シングルに込めた「何度でもリベンジしよう!」というメッセージ

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.112 僕のラジオネーム

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉が仕掛ける新たなイベント体験の形

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

今度のO'CHAWANZはこれまでとは違う!──新作アルバム『Do The Right Thing』でたどり着いた新境地

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

Ange et Follettaが「舞踏会」をテーマに歌い踊るファースト・ミニ・アルバム

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

キュートな7人が踏み出すパワフルな一歩──メイビーME、デビュー・シングル「ラミラミLOVE ME BABY」

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

シンガーnonocが語る、アニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』の魅力と主題歌にかける想い

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.104 「アイドルこわい」

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

シキドロップが綴る“巡り逢い”の物語──はみ出し者であることの煌めきを唄う最新アルバム

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

音楽は決して無くならない──個性派音楽レーベル・コドモメンタルINC.が歩んだ2020年と未来への希望

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

モノクロテレビジョンが紡いだはじまりのうた──〈 episode 0 ~序章~ Re.〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

ゆくえしれずつれづれ、最期の咆哮──〈 LAST ONE MAN LIVE〜The Scream〉ライヴレポート

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

パピプペポは難しいは、決して型にはめられない──ミニ・アルバム『もしも君がいない世界に生まれてたら』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.95 2020年のシネマ・ミュージック

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

kiki vivi lilyが贈る幸運のお守り──新作ミニ・アルバム『Good Luck Charm』に秘めた遊び心

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉入門編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.90 特撮ソングは聴くエナジードリンクだ!

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

Tri-Sphere、新体制初のメンバー全員インタヴュー

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

The Grateful a MogAAAzがマスクの奥に秘めた情熱

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

O'CHAWANZ、ゲストの魅力をラップで引き出す『コラボ』アルバム

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

勇気を出して踏み出して──MyDearDarlin’インタヴュー後編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

これから出会うあなたへ──MyDearDarlin’インタヴュー前編

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.84 30歳

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

4人組楽曲派アイドルグループ、EMOE─『Negative』のなかに光を見出す

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

いま話題の音楽原作キャラクタープロジェクト〈電音部〉、ロスレス配信中!

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

KAQRIYOTERROR×作詞家・GESSHI類 対談

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

PEDRO、〈LIFE IS HARD TOUR〉最終公演 ライヴ・レポート

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

令和の楽曲派アイドル、963──2ndアルバム『tick tock』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

SOMOSOMOが放つ最初の衝撃──初のフル・アルバム『FIRST IMPACT』

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

MELiSSA、新メンバーが想う理想のグループへの序章

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

めろん畑 a go go、 ロカビリーや特撮への愛を爆発させたミニ・アルバム

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

MELiSSA、1st AL『GATHERWAY』──先輩メンバーが語るこれまでの軌跡

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.73 2020年の上半期を思い出す

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.67 君は天然色

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

O’CHAWANZに訊く、アイドル・ラップの作詞術──新作アルバム『Mellow Madness』

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

【OTOTOYレポート】ライヴ・ストリーミング、配信するならどれを選ぶか

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.59 STAY HOME, AND PELASE WATCH TERRACE HOUSE

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

いま、ライヴハウス / クラブで何が起きているのか? ──小岩BUSHBASHの現状

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.51 アイドル・バレンタイン

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.44 2019年のシネマ・ミュージック

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

カイ&SAKA-SAMA──テクノ歌謡とローファイ・ドリームポップ

TOP