album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Folklore(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:01
ある鼓動(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:01
アホイ!(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:57
大貧民(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:09
華香るある日〜clommbon loves clammbon ver〜(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:05
SUPER☆STAR(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:33
ロッククライミング〜Let's Roooooock Mix〜(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:56
5716(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:56
246(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:14
はなれ ばなれ(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:34
海の風景(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:23
雨(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 06:51
ハレルヤ(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:52
バイタルサイン〜Tetsuya Komuro Remix〜(24bit/48kHz)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 07:51
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 67:23
Album Info

クラムボン 結成20周年記念トリビュートアルバム

―全参加アーティストコメント―

■ホリエアツシ / ストレイテナー 「Folklore」
参加できたことが本当に光栄です。原曲が凄過ぎて、太刀打ちできないほどセンスの宝庫なので、開きなおってパワーポップにしてしまいました。結果、とても気に入っております。

■蓮沼執太 「ある鼓動」
20年という長い時のなかで、様々な人々が持っているたくさんの「クラムボン」という存在に出来るだけ近くに居れるような楽曲を作りました。おめでとうございます。

■salyu × salyu 「アホイ! 」
特別な節目のときにこのようなかたちで携わることができたことをこころから嬉しく思っています。20周年、本当におめでとうございます。これからもクラムボンの色とりどりのエモーションをいっぱい聞かせて下さい。

■レキシ 「大貧民」
歌詞に歴史(レキシ)が出てくるというだけで無茶ぶりされまして、ベースのヒロ出島(山口寛雄)と2人で参加させていただきましたが、いざやってみるとこれが思いのほか楽しくて、それはサイコーの見せ場なの♪アディオス!

■ハナレグミ 「華香るある日 ~clommbon loves clammbon ver ~」
クラムボンの皆様
20周年おめでとうございます。
思えばと~くへ 来たもんだぁ~
しかし、いつの時も変わらぬ探究心と情熱を
3人の音楽からはひしひしと感じます。リスペクト。
今回は初期名曲の華香るある日
おもいっきり、バンドでファンクネスに
やりちらかさしてもらいました。
なんというか、どんな風にアレンジをしても
クラムボン風味はなくならない、曲の強さをあらためて実感したよ。

■西寺郷太(NONA REEVES) 「SUPER☆STAR」
ワーナー同期組、「北青山的」の根性見せたで。アニバーサリー、おめでとう。ノーナの時も、よろしくやで。

■Baffalo Daughter 「ロッククライミング 〜Let's Roooooock Mix〜」
出だしからの歌(初音ミクっぽい逆回転)は、言葉を逆に言ったものを逆回転して正常の言葉にしています。狙いはブラックロッジのローラ・パーマーなんですが、大野がやったらなぜか初音ミク風になり、それはそれで面白いと思ってます。イマっぽいシンガーソングDAWギャルのテイストにサイケデリック感が合わさった結果が「クレイジー」な仕上げ、というのが落とし所かなと、、ローラパーマーみたいな真面目なんだかワルなんだか、表と裏がよくわからない狂った感じのメインの女性が、感情の起伏のない感じで「ロッククライミングしている」のが「ロックンロールしている」というのとシンクロする し面白いのでは と。ブラックロッジでも「レッツロック」、と逆回転で赤いスーツの小人が言っていました。

■downy 「5716」
清々しい音を粛々と紡ぐ僕等のリスペクトは過剰で夜の淵からクラムボンを見つめました。抑揚が嗚呼と嗤ってくれました

■GREAT3 「246」
「独創的な音、そして3人の絶妙なバランス、クラムボンはいつだって素晴らしい。」 片寄明人「夏の終わりの明け方の、匂いや湿度・空の色を思い出させる名曲。」 白根 賢一「踝が生ぬるいぞ。BLUE。君に会いたくなりました」 jan^■川辺ヒロシ / TOKYO No.1 SOUL SET 「はなれ ばなれ」
はなればなれ、という大好きな曲のオファーを頂いて!プレッシャーを大変感じましたが、なんとか、いい作品に仕上がりました!結成20周年おめでとう! !

■HUSKING BEE 磯部正文 「海の風景」
クラムボン20周年おめでとうございます音楽を愉しみ続ける姿勢が 沢山の人を包み続ける様は素晴らしいです今回のトリビュートにHUSKING BEEで参加出来て光栄であります候補曲は幾つかあったのですがシンパシー感じ選んだ曲をクラムボンの叙情に僕らの叙情が重なり合ったようです

■青葉市子 「雨」
クラムボン 20周年おめでとうございます20年の間に、何回雨は降ったのかな、その雨の中で、どんな話をして、どんな音を、鳴らしてきたのかなあちいさな一粒がたくさん集まって、雨のように。クラムボンのこれからが、色とりどりのたくさんの粒で満たされますように。

■アダム・ピアース(マイス・パレード) / Adam Pierce (Mice Parade) 「ハレルヤ」
ミト、郁子、大助はぼくの日本のベスト・フレンドなんだ。だから、このプロジェクトに参加できてとても興奮したよ。彼らとはいい思い出がたくさんあって感謝しているし、これからももっと共有したいと思っているんだ。ぼくたちがコラボレートしたアルバム、『id』から選曲するというのは自然なことだと思う。「ハレルヤ」という言葉は、たいてい高揚感とともに発せられるものだと思うんだ。なにかを祝福して、大声で叫んでね。だから、郁子がこの曲をとても静かに優しく歌っているのがすごく興味深いんだ。レゲエはお祝いの音楽だ(少なくとも、ハッピーなレゲエは)。みんなこの音楽が大好きだと思うし、クラムボンの友人たちにこれを聴かせて笑わせたいと思ったんだ。ぼくの目的は、自由でかっこうをつける必要のない普遍的な音楽のスタイルで、「ハレルヤ」という言葉の高揚感を残すことだったんだ。そして、みんなを笑わせたり、ニコッとさせたり、もちろん、踊らせたりしたかったんだよ。

■小室哲哉 「バイタルサイン~Tetsuya Komuro Remix~」
20周年、おめでとうございます。参加させていただきとても光栄に思っています。声とメロディの魅力を活かせるように心掛けました。またなにかありましたらぜひ。

Discography

Rock

2020年4月にリリースし、オリコンウィークリー8位を記録したシングル「Graffiti」、10月にリリースした配信曲「叫ぶ星」、そして11月にリリースする配信曲「さよならだけがおしえてくれた」を含むオリジナルアルバム。テナーの信条である“新たな刺激と革新性”を旗印に、キャリアに甘んじることなく進化を求めた意欲作。LIVE映えするアッパーチューンから、聴かせる大きなミドルチューンまで、耐久性が強く、飽くことのない傑作。

GOOD PRICE!
Rock

結成30周年、本格始動!ソウルセットクラシック代表作が鮮やかに蘇る、リメイクシリーズ連続配信!第3弾配信は12月2日より「JIVE MY REVOLVER」!オリジナル音源は1995年リリース。1st FULL ALBUM「TRIPLE BARREL」収録曲且つシングルとしても発売。現在もライブでも定番の代表曲の1曲。今回はまさかの完全セルフリメイク!新たに生まれ変わったグルーヴをぜひお楽しみください。今後もソウルセットクラシックの数々の代表作が続々リメイクされ配信リリースされていきますのでご期待ください。

Pop

前作『qp』から2年ぶりとなる新作、『アダンの風』。青葉市子が ”架空の映画のためのサウンドトラック” をコンセプトに作り上げた、色彩豊かなオリジナルアルバム。 "その島には、言葉がありませんでした" という一文から綴られる、今年1月に青葉が長期滞在した沖縄の島々で着想・執筆した物語に基づき、すべての創作がスタートした。 作編曲の共同制作者に迎えたのは、音楽家・梅林太郎。従来のクラシックギターによる弾き語りに留まらず、室内楽編成やクラシックへの接近を取り入れた濃密なサウンドスケープが、聴き手を架空の映画の世界へといざなう。 青葉の描く物語に、梅林の深い解釈が加わることによって、深奥な音楽表現が導かれた。 全曲のレコーディング及びミックスを手がけたのは、エンジニア葛西敏彦。マスタリングは、オノ セイゲン。青葉の活動を支え続けるプロフェッショナルたちの手で今作が録音され、隅々まで研ぎ澄まされた。 生命の神秘と祝福、はじまりを予感させるジャケット写真は、写真家・小林光大が撮影。今作のアートディクレション、写真を一手に担った小林によって、『アダンの風』の世界と情景が、幻想的かつ鮮やかにスクリーンへと映し出される。 CD パッケージデザインは、デザイナー町口景によるもの(Matchand Company Co., Ltd)。今作の写真集、詩集、ビジュアルブックとも言える美しい仕上がりになっている。 新境地の表現へと到達した、全14曲のサウンドトラック。活動10周年を迎えた青葉市子のこれまでとこれからを繋ぐ、あらゆる命へ捧げるラブレターだ。

Rock

downy、新曲『17月』を配信限定でリリース。 今作は2018年に逝去したメンバーの青木裕と親交が深かった、ベルリン在住の電子音楽家、mergrimとの共作となっており、青木裕のギター音源をサンプリングで駆使した楽曲になっている。 また、エンジニアとしてsunnovaがmixを担当した。

Rock

downy、新曲『17月』を配信限定でリリース。 今作は2018年に逝去したメンバーの青木裕と親交が深かった、ベルリン在住の電子音楽家、mergrimとの共作となっており、青木裕のギター音源をサンプリングで駆使した楽曲になっている。 また、エンジニアとしてsunnovaがmixを担当した。

Rock

ニューアルバム「Applause」より先行シングル「さよならだけがおしえてくれた」

Rock

結成25周年イヤーを終え、次なるステップに進むHUSKING BEEの通算10枚目のオリジナル・フルアルバム!

Pop

音楽家・青葉市子が12月2日 (水) にリリースする7枚目のオリジナルアルバム『アダンの風』より、先行配信シングル。 作編曲に梅林太郎を迎えた『Porcelain』は、室内楽編成による優美で濃密な音風景に、青葉の伸びやかな歌声が響く、生き生きとした1曲。循環する生命への祝祭と共に、聴き手を物語へといざない、そのみずみずしい幕開けと胸の高鳴りを予感させる。 青葉の描く物語に梅林の深い解釈が加わり、これまでの弾き語りで包まれていたイメージを、より色とりどりで豊かな音楽表現と導いた。レコーディング及びミックスは、エンジニア葛西敏彦が担当。”架空の映画のためのサウンドトラック“ をひとつのテーマに制作された今作『アダンの風』の全貌を、大きく期待させる仕上がりとなっている。 未だ存在しない映画のワンシーンを切り取った幻想的なジャケット写真は、アルバムのアートディレクターを務める小林光大が撮影。同時公開されたMVの監督も担っており、作品の世界観を広げる案内役の一人となっている。

Rock

結成30周年、本格始動!ソウルセットクラシック代表作が鮮やかに蘇る、リメイクシリーズ連続配信第2弾!記念すべき第2弾配信は10月28日より「ELEPANT BUMP」!オリジナル音源は1995年リリース。1st FULL ALBUM「TRIPLE BARREL」収録曲。今回はライブのみで披露されてきた貴重な別ヴァージョン(初スタジオ録音)になります。今後もソウルセットクラシックの数々の代表作が続々リメイクされ配信リリースされていきますのでご期待ください。

Rock

ストレイテナー、新曲「叫ぶ星」をデジタルシングルとしてリリース

Rock

結成30周年、本格始動!ソウルセットクラシック代表作が鮮やかに蘇る、リメイクシリーズ連続配信スタート!記念すべき第一弾配信「黄昏20~太陽の季節」リリース!オリジナル1995年リリース。当時SOUL SETの存在を一躍世の中に轟かせた代表曲の1曲。今後、ソウルセットクラシックの数々の代表作が続々リメイクされ配信リリースされていきますのでご期待ください。

Pop

青葉市子、自主レーベル〈hermine〉より新曲「海底のエデン」を配信リリース

Pop

青葉市子、自主レーベル〈hermine〉より新曲「海底のエデン」を配信リリース

Pop

今年1月11日に草月ホールで開催された10周年コンサート "gift" より青葉市子制作の会場BGMが配信開始。

Pop

今年1月11日に草月ホールで開催された10周年コンサート "gift" より青葉市子制作の会場BGMが配信開始。

Rock

『モメント』シリーズから2年ぶりの新曲「夜見人知らず」が配信にてリリース。クラムボンの新たな配信限定リリース『エレメント』シリーズとして、今後も新曲を発表予定。 「どもです、クラムボン ミトです。 先日発表した「夜見人知らず」を改めて配信することにしました。 4年前から僕らが始めた、 ”ツアーで新曲を演奏し、CDを会場販売。 さらにその会場から有志を募って、お客さんのお店にCDを置いてもらう 『モメント e.p.』シリーズ” とは別で、今年は配信オンリーでちょこちょこと音源をリリースしていこうと 考えています。 せっかく配信限定なので、バンド的なものとはちょっと違うクラムボンを 皆さんに提供できたらいいなあと思ってます。 「夜見人知らず」は、その門出のような1曲です。 今回はたまたまですが、今の流れに即するように、僕の自宅スタジオで全て録音、 ミックスはそのままネット経由でSNSのやり取りのみ、 マスタリングも立ち会いしていません。各々別々の場所で、作品を作っていくスタイルです。 プロジェクト的には会場販売活動が『モメント』シリーズだったので、 配信限定活動は『エレメント』シリーズにしようかな、と思っています。 もちろんバンドのクラムボンもここそこで、こそこそと何かしています。また新たな場所での出会いを楽しんでもらえたら幸いです。 音楽がいつもそばにあるように。 引き続きクラムボンをよろしくお願いいたします。 クラムボン ミト」

Rock

『モメント』シリーズから2年ぶりの新曲「夜見人知らず」が配信にてリリース。クラムボンの新たな配信限定リリース『エレメント』シリーズとして、今後も新曲を発表予定。 「どもです、クラムボン ミトです。 先日発表した「夜見人知らず」を改めて配信することにしました。 4年前から僕らが始めた、 ”ツアーで新曲を演奏し、CDを会場販売。 さらにその会場から有志を募って、お客さんのお店にCDを置いてもらう 『モメント e.p.』シリーズ” とは別で、今年は配信オンリーでちょこちょこと音源をリリースしていこうと 考えています。 せっかく配信限定なので、バンド的なものとはちょっと違うクラムボンを 皆さんに提供できたらいいなあと思ってます。 「夜見人知らず」は、その門出のような1曲です。 今回はたまたまですが、今の流れに即するように、僕の自宅スタジオで全て録音、 ミックスはそのままネット経由でSNSのやり取りのみ、 マスタリングも立ち会いしていません。各々別々の場所で、作品を作っていくスタイルです。 プロジェクト的には会場販売活動が『モメント』シリーズだったので、 配信限定活動は『エレメント』シリーズにしようかな、と思っています。 もちろんバンドのクラムボンもここそこで、こそこそと何かしています。また新たな場所での出会いを楽しんでもらえたら幸いです。 音楽がいつもそばにあるように。 引き続きクラムボンをよろしくお願いいたします。 クラムボン ミト」

View More Discography Collapse
Collapse

News

NONA REEVES、来年リリースのニューALより”ハイブリッド・ダンス・チューン”な「Disco Amigo」先行配信

NONA REEVES、来年リリースのニューALより”ハイブリッド・ダンス・チューン”な「Disco Amigo」先行配信

NONA REEVESが2021年にリリースするニュー・アルバムから先行配信シングル第一弾「Disco Amigo」(ディスコ・アミーゴ)を12月20日(日)22:00に配信する。 先行配信シングル「Disco Amigo」は全世界的にリバイバルする70

downy、新曲『17月』本日配信限定でリリース

downy、新曲『17月』本日配信限定でリリース

5人編成のロック・バンドdownyが本日11月25日にライヴ配信で話題になった新曲『17月』をデジタルリリースした。    今作は2018年に逝去したメンバーの青木裕と親交が深かった、ベルリン在住の電子音楽家、mergrimとの共作となっており、青木裕の

NONA REEVES 奥田健介ソロZEUS(ゼウス)初MV制作プロジェクト発表

NONA REEVES 奥田健介ソロZEUS(ゼウス)初MV制作プロジェクト発表

NONA REEVES奥田健介のソロプロジェクトZEUS(ゼウス)が今回初MV制作プロジェクトを2020年11月25日(水)20:00よりスタートする。 プロジェクトのサイトでは動画メッセージや ZEUSからのコメント、出資者に対するリターンの詳細を公開

風味堂・渡和久、ゲストに盟友 Kを迎え初の生配信ライヴを開催

風味堂・渡和久、ゲストに盟友 Kを迎え初の生配信ライヴを開催

風味堂そしてソロ、またレキシのツアーメンバーとしても活躍している渡和久の初の生配信ライヴ〈今夜は生で!渡和久〉が12月17日(木)に開催されることが決定した。 今回ゲストとして、音楽仲間であり親交も深いKが出演し、「風味堂」時代の曲はもちろん、ソロの楽曲

青葉市子、原美術館でのスペシャルライヴ「LIVEWIRE」で12/2配信

青葉市子、原美術館でのスペシャルライヴ「LIVEWIRE」で12/2配信

スペースシャワーが手掛けるオンライン・ライヴハウス「LIVEWIRE」で12月2日(水)に、青葉市子によるスペシャルライヴの配信が決定した。 ニューアルバム『アダンの風』の発売日となる夜に、 原美術館のコンサートシリーズ“Hara X”として一夜限りのス

LOST IN TIME、ドラム大岡源一郎40th Birthday Special!!ライヴ開催決定

LOST IN TIME、ドラム大岡源一郎40th Birthday Special!!ライヴ開催決定

LOST IN TIMEが、尊敬する先輩バンドであるHUSKING BEEを招いて、ドラムの大岡源一郎の40歳の誕生日を祝うライヴを新代田FEVERにて開催することが決定した。 新型コロナ・ウィルス感染防止対策のガイドラインに沿った有観客のライヴとなる。

View More News Collapse
ノーナ奥田のソロ〈ZEUS〉、先行配信第3弾の作詞&歌唱は一十三十一

ノーナ奥田のソロ〈ZEUS〉、先行配信第3弾の作詞&歌唱は一十三十一

ZEUS(ゼウス)名義で本格的なソロ活動を始動させたNONA REEVESのギタリスト、奥田健介。 来春リリース予定のアルバム先行配信第三弾曲"それは、ウェンズデー"が11月18日に配信開始されることが発表された。 "それは、ウェンズデー"は作詞と歌唱を

青葉市子、ニューAL『アダンの風』リリースと活動10周年記念に初期名盤4タイトルの初LP化が決定

青葉市子、ニューAL『アダンの風』リリースと活動10周年記念に初期名盤4タイトルの初LP化が決定

音楽家の青葉市子が、12月2日(水)に7枚目となるオリジナル・アルバム『アダンの風』をリリースする。 本日より、同アルバムから先行シングル「Porcelain」の配信がスタートし、あわせてMVが公開された。 Ichiko Aoba – Porcelain

TOKYO No.1 SOUL SETリメイク楽曲第2弾"ELEPHANT BUMP"10/28配信開始

TOKYO No.1 SOUL SETリメイク楽曲第2弾"ELEPHANT BUMP"10/28配信開始

TOKYO No.1 SOUL SETが結成30周年企画としてお送りする、リメイクシリーズ第2弾楽曲"ELEPANT BUMP"を10/28より配信開始する。 オリジナル音源は1995年にリリースされた1st FULL ALBUM『TRIPLE BARR

延期開催の〈BAYCAMP 2020〉出演者第3弾にストレイテナー、四星球、忘れらんねえよ、超能力戦士ドリアン、Cody ・Lee(李)

延期開催の〈BAYCAMP 2020〉出演者第3弾にストレイテナー、四星球、忘れらんねえよ、超能力戦士ドリアン、Cody ・Lee(李)

今年で10周年を迎えるオールナイト野外イベントBAYCAMPは、新型コロナウイルス対策の影響で、延期、開催地を調整を行っていたが、横浜みなとみらいに新設された屋内アリーナ施設であるぴあアリーナMMにて2日開催することが決定。 その出演アーティスト第3弾が

〈BAYCAMP 2020〉第2弾でWienners、神聖かまってちゃん、HUSKING BEE、ネクライトーキー

〈BAYCAMP 2020〉第2弾でWienners、神聖かまってちゃん、HUSKING BEE、ネクライトーキー

今年で10周年を迎えるオールナイト野外イベント〈BAYCAMP〉が横浜みなとみらいに新設された屋内アリーナ施設であるぴあアリーナMMにて2日開催することが決定したが、その出演アーティスト第2弾が発表された。 今回発表されたのは、BAYCAMPとしては馴染

New (Lifestyle) Acoustic Camp 2020 出演者&タイム・テーブル発表

New (Lifestyle) Acoustic Camp 2020 出演者&タイム・テーブル発表

 2020年9月19日(土)~20日(日)の2日間、群馬県利根郡みなかみ町水上高原リゾート200 ゴルフコースにて開催される、〈New (Lifestyle) Acoustic Camp 2020 〜いつもより、ゆったり、のんびりの、あたらしいニューアコ

〈西寺郷太の GOTOWN Podcast〉ゲストに堂島孝平と小松シゲルが登場

〈西寺郷太の GOTOWN Podcast〉ゲストに堂島孝平と小松シゲルが登場

NONA REEVESの西寺郷太がSpotifyで配信中のPodcast番組〈西寺郷太の GOTOWN Podcast〉。 9月12日(土)22時最新回のゲストとして、堂島孝平と小松シゲルが出演する。 9月18日に開催される〈NONA REEVES ON

ノーナ奥田健介ZEUS名義でソロ活動開始

ノーナ奥田健介ZEUS名義でソロ活動開始

NONA REEVESのギタリスト奥田健介がZEUS(ゼウス)名義で本格的なソロ活動を開始し、来春にソロアルバムをリリースすることが発表された。 また、アルバムからゲストにBONNIE PINKとザ・なつやすみバンドの中川理沙、NONA REEVESより

〈THE SOLAR BUDOKAN 2020〉日割り出演者発表

〈THE SOLAR BUDOKAN 2020〉日割り出演者発表

太陽光発電のエネルギーを活用したロック・フェス〈THE SOLAR BUDOKAN 2020〉。 今年は全く新しい形のオンライン・フェスとして4Days(アーカイブとして2週間視聴可能)に渡って配信ライヴを開催する。 現在発表されているラインナップの日割

蓮沼執太フィル・オンライン公演 #フィルAPIスパイラルのゲスト出演者決定

蓮沼執太フィル・オンライン公演 #フィルAPIスパイラルのゲスト出演者決定

蓮沼執太フルフィルが、8月26日(水)にデジタル・アルバム『フルフォニー』をリリースする。総勢26⼈編成によるアンサンブルが奏でるボーカル楽曲“windandwindows”、全4楽章から連なる協奏曲“FULLPHONY”、そして蓮沼執太⾃⾝によるリミッ

絶景音楽フェス〈ハイライフ 八ヶ岳〉9月に開催

絶景音楽フェス〈ハイライフ 八ヶ岳〉9月に開催

アースガーデンが主催する野外フェス〈ハイライフ 八ヶ岳2020〉が、9 月12 日(土)・13 日(日)に開催されることが発表され、加藤登紀子、クラムボン、キセル、HONEBONEらの出演が決定した。 今年で4周年目を迎える同イベントは、標高1,600m

「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2020 in EZO on YouTube」開催決定

「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2020 in EZO on YouTube」開催決定

RISING SUN FESTIVAL公式チャンネルにて、2020年8月15日(土)22:00より翌朝5:00まで、過去のライジングサンロックフェスティバルのアーティストパフォーマンス映像を中心に配信する「RISING SUN ROCK FESTIVAL

ASIAN KUNG-FU GENERATION、1年2か月ぶりの新作両A面シングル「ダイアローグ / 触れたい 確かめたい」発売決定

ASIAN KUNG-FU GENERATION、1年2か月ぶりの新作両A面シングル「ダイアローグ / 触れたい 確かめたい」発売決定

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが2020年10月7日(水)に両A面シングル「ダイアローグ / 触れたい 確かめたい」を発売することが決定した。 1年2か月ぶりとなる本作は、両A面となる「ダイアローグ」「触れたい 確かめたい」の他に、CD

蓮沼執太フルフィルの新作『フルフォニー』、横尾忠則が手がけるアートワーク公開

蓮沼執太フルフィルの新作『フルフォニー』、横尾忠則が手がけるアートワーク公開

音楽家・アーティストの蓮沼執太がコンダクトする現代版フィルハーモニック・ポップ・オーケストラ“蓮沼執太フィル”のメンバーに加え、2017年に実施したオーディションから選ばれた10名が加わり、総勢26名による“蓮沼執太フルフィル”が新作アルバム『フルフォニ

NONA REEVES、主催フェス延期に伴い9/18にオンライン・フェスとして開催へ

NONA REEVES、主催フェス延期に伴い9/18にオンライン・フェスとして開催へ

NONA REEVESが2020年9月19日(土)にドラマー小松シゲルの地元、長野県飯山市で開催を予定していた〈信州いいやまノーナ・フェス2020〉。 新型コロナウイルスの感染拡大している状況を鑑み、延期することとなった。 それを受け、ビルボードライブと

タワレコ「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」第4次募集が23日よりスタート

タワレコ「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」第4次募集が23日よりスタート

タワーレコードがライブハウスを支援するプロジェクト「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」の第四次支援募集を開始した。 「LIVE FORCE, LIVE HOUSE.」はライブハウスを支援するためのリスナーやアーティストが参加できる公正なプラ

「NANA-IRO ELECTRIC TOUR 2019」のトレーラー映像公開

「NANA-IRO ELECTRIC TOUR 2019」のトレーラー映像公開

8月5日にリリースされる、ライブBlu-ray / DVD「NANA-IRO ELECTRIC TOUR 2019」のトレーラー映像が公開された。 本作は、ASIAN KUNG-FU GENERATION, ELLEGARDEN, ストレイテナーが昨年行

西寺郷太の「GOTOWN Podcast」に堀込泰行・真城めぐみが登場

西寺郷太の「GOTOWN Podcast」に堀込泰行・真城めぐみが登場

NONA REEVESの西寺郷太が、Spotifyで配信中のPodcast番組「西寺郷太の GOTOWN Podcast」最新配信(11日(土)22時配信)のゲストに、堀込泰行と真城めぐみが登場する。 関わりはありながらも、顔を合わせ話すのは珍しい3人が

Collapse

Articles

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

インタヴュー

ふたりはスティーリー・ダンに似てるかも──【対談】FRONTIER BACKYARD × 西寺郷太(NONA REEVES)

FRONTIER BACKYARDがふたり体制となって2枚目となるアルバム『Fantastic every single day』をリリース!! 今作でも前作からの流れを踏襲したファンクでかつポップ、そしてアッパーな楽曲が並んだ強力作。しかも今作ではゲスト…

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

インタヴュー

蓮沼執太フィルの新作をハイレゾ配信

現代音楽、ジャズ、ロック、そしてポップスと、さまざまなサウンドを横断する楽団──蓮沼執太フィル。蓮沼執太をはじめ、石塚周太、イトケン、大谷能生、葛西敏彦、木下美紗都、K-Ta、小林うてな、ゴンドウトモヒコ、斉藤亮輔、Jimanica、環ROY、千葉広樹、手…

〈After Hours〉開催記念!! MONO × envy × downy、主催3組によるインタヴュー掲載!!

インタヴュー

〈After Hours〉開催記念!! MONO × envy × downy、主催3組によるインタヴュー掲載!!

2017年4月9日(日)、日本を代表するロック・バンドであるMONO、envy、downyの3組による主催フェス〈After Hours〉が開催される。昨年は〈SYNCHRONICITY'16 – After Hours –〉の中で行われた同イベントであっ…

クラムボン、リマスタリングした過去作をDSD配信&エンジニア、木村健太郎インタヴュー

インタヴュー

クラムボン、リマスタリングした過去作をDSD配信&エンジニア、木村健太郎インタヴュー

いま、自分たちの曲を可能な限り自分たちの手で渡そう、と「ミニ・アルバム会場限定販売ツアー」で全国を巡っているクラムボン。活動21年目、原点に立ち返る試みのなか、初期の作品を"更新"しての再発も決めた。デビュー作『JP』に始まるWarner Music Ja…

蓮沼執太『メロディーズ』配信スタート&インタヴュー公開

インタヴュー

蓮沼執太『メロディーズ』配信スタート&インタヴュー公開

 蓮沼執太がどんな活動をしている人物なのか、簡潔に紹介するのはなかなか難しい。自身の作品をコンスタントにリリースしながら、映画や演劇、CM音楽などを制作。他アーティストのプロデュースや楽曲提供を行いながら、美術館での個展まで開いてしまう。振り返ってみると、…

OTOTOYフジロック・レポート2015

ライヴレポート

OTOTOYフジロック・レポート2015

今年も苗場はアツかった!! フジロックを終えて“フジロック・ロス”に陥っているかたや、行きたかったけどやむなく行けなかったというかた。 そんなみなさまに、フジロックの3日間を追体験できるレポートをお届けします! ついついお酒が進んじゃって見逃したあのシンガ…

クラムボン、5年ぶりの新作『triology』ハイレゾ音源をOTOTOY限定配信

インタヴュー

クラムボン、5年ぶりの新作『triology』ハイレゾ音源をOTOTOY限定配信

結成20周年アニバーサリー・イヤーを締めくくる5年ぶりのオリジナル・アルバム『triology』のハイレゾ音源(24bit/96kHz)がついに解禁された。本作は、作品の密度だけでなく、小野島大のインタヴュー(Real Sound 『クラムボン・ミトが語る…

結成20周年のクラムボン、菅野よう子とのコラボ・シングルをハイレゾ配信!

レヴュー

結成20周年のクラムボン、菅野よう子とのコラボ・シングルをハイレゾ配信!

〈もういいかい? ん まあだだよ 諦めて 諦めきれなくて 朝だよ〉ーー柔らかくも決意を秘めた歌声からはじまる新曲「yet」。2014年から2015年にかけて、結成20周年アニバーサリー・イヤーとして、精力的にライヴやリリース活動を行ってきたクラムボンから、…

クラムボン、結成20周年記念トリビュート・アルバムをハイレゾ配信

レヴュー

クラムボン、結成20周年記念トリビュート・アルバムをハイレゾ配信

ストレイテナー、蓮沼執太フィル、salyu × salyu、レキシ、ハナレグミ、NONA REEVES、Buffalo Daughter、downy、GREAT3、TOKYO No.1 SOUL SET、HUSKING BEE、青葉市子、マイス・パレードが…

ノーナ・リーヴス”全曲ワム!”なカヴァー・アルバムがハイレゾで到着!

レヴュー

ノーナ・リーヴス”全曲ワム!”なカヴァー・アルバムがハイレゾで到着!

ノーナがまたまたやってくれた! ビルボードによる洋楽カヴァー「CHOICE」 シリーズ 。1作目、2作目と、我々の期待を嬉しいほどに裏切ってくれた彼らが放つ3作目のチョイスは、 ヴォーカルの西寺郷太が「ワム! のゴーストライターは日本人だった!?」という謎…

ミトが音楽制作を担当、ドラマ「田上トパーズ!」のサウンド・トラックを高音質配信!

レヴュー

ミトが音楽制作を担当、ドラマ「田上トパーズ!」のサウンド・トラックを高音質配信!

そう。そのドラマを観ながら、気付いた人は言ってました。「あっ、これミトさんだ!」と。ドラマ「田上トパーズ!」の反応をTwitterで見ていたら、そこで鳴っている音に惹かれている人がちらほらと。2013年12月11日にNHK-BSプレミアムで全国放映された滋…

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

レヴュー

Radiohead、Portisheadの歴史的名盤カヴァー・アルバム発売記念、参加アーティスト4人による対談を実施

90年代に発表された2つのアルバムRadiohead『OK Computer』とPortishead『Dummy』。それぞれのバンドの代表作として、20年近くの時が経ったいまも音楽ファンに愛され、影響を与え続けている作品だ。森大地(kilk records…

View More Articles Collapse
クラムボン『LOVER ALBUM 2』をDigital EditionとHQDで配信スタート

レヴュー

クラムボン『LOVER ALBUM 2』をDigital EditionとHQDで配信スタート

3年ぶりとなる、クラムボンの新作は、2006年に発表されロング・ヒットを記録した珠玉のカヴァー企画『LOVER ALBUM』の第2弾。前作から引き続き、洋邦問わないクラムボンならではの選曲と彼らならではのアレンジで、それぞれの楽曲が違った色で輝いています。…

NONA REEVES『POP TRAIN』

インタヴュー

NONA REEVES『POP TRAIN』

あらゆる困難から「楽しい!」を解き放て!! ヴォーカル西寺郷太をはじめ、ギター奥田健介、ドラム小松シゲルを有するNONA REEVESが、4年ぶりのオリジナル・アルバムをリリース。プロデューサー、アレンジャー、セッション・ミュージシャンとして多彩に活躍し、…

坂本美雨×mito(クラムボン)『シロネコトラネコ』配信開始

レヴュー

坂本美雨×mito(クラムボン)『シロネコトラネコ』配信開始

『人生がうまくいくネコの9つの習慣』『ネコがよろこぶ“ゴロゴロ”のツボ』(ともにマーガレット ウッドハウス著)という外国の絵本にオマケで付いていた楽曲が、マスタリング企画で装い新たに登場。mitoがプロデュースを手掛けた「シロネコ」「ボーニャス・トラック“…

クラムボン新作シングル『Rough & Laugh』を配信開始

レヴュー

クラムボン新作シングル『Rough & Laugh』を配信開始

''クラムボン / Rough & Laugh''【TRACK LIST】01. Rough & Laugh02. Rough & Laugh -Rings Around Laugh REMIX- by kz03. Rough & Laugh -A-bee…

1週間集中連載!「君は、安全地帯を聴いたか?」第五回「ポップ・ミュージックのスタンダード」 by ミト(clammbon)

連載

1週間集中連載!「君は、安全地帯を聴いたか?」第五回「ポップ・ミュージックのスタンダード」 by ミト(clammbon)

自主レーベル「SALTMODERATE」を設立し、デビュー30年を経て尚、精力的な活動を繰り広げる安全地帯。OTOTOYでは、スタッフや芸人、ミュージシャン、アイドルなど様々な立場から安全地帯を語ってもらい、その魅力を多角的に浮かび上がらせるべく、7日間連…

青葉市子『うたびこ』先行販売&インタビュー

インタヴュー

青葉市子『うたびこ』先行販売&インタビュー

2011年1月に2ndアルバム『檻髪』を発売後、salyu×salyuのイベントへの出演、七尾旅人との共演、内橋和久とのスタジオ・セッション音源『火のこ』(小山田圭吾がゲスト参加)をリリースしたりと、2011年も話題を振りまき続けたシンガー・ソングライター…

青葉市子 新曲フリー・ダウンロード

その他

青葉市子 新曲フリー・ダウンロード

2011年1月に2ndアルバム『檻髪』を発売後、salyu×salyuのイベントによばれたり、青葉市子+内橋和久名義で『火のこ』をリリースしたり(小山田圭吾がゲスト参加)と、2011年も話題を振りまき続けたシンガー・ソングライターの青葉市子が、3rdアルバ…

Premium Studio Live Vol.5 青葉市子と内橋和久『火のこ』

連載

Premium Studio Live Vol.5 青葉市子と内橋和久『火のこ』

レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、DSDで録音/配信するというサウンド&レコーディング・マガジン主催のPremium Studio Live。第5回は、即興音楽の分野で世界的な活躍を見せる一方、UAやくるりのプロデュースでも手腕を発…

LIVE REPORT 2011/11/03 クラムボン

ライヴレポート

LIVE REPORT 2011/11/03 クラムボン

'''満員御礼の国技館で披露された、クラムボンの過去と未来'''歴史を感じさせる蕎麦屋の近くに前衛的なデザインの博物館が建ち、遥か遠くには東京スカイツリーを臨む両国。この20世紀の面影と21世紀の風景が共存する不思議な街は、普段は見かけない若者達で溢れかえ…

OTOTOY presents VANISHING POINT Vol.1

その他

OTOTOY presents VANISHING POINT Vol.1

『VANISHING POINT vol.1』の前売りチケットはOTOTOYでも購入できます。しかも出演者の音源が詰まった『VANISHING POINT sampler vol.1』をプレゼント! 出演者の音源を聴いて『VANISHING POINT v…

OTOTOY独占で、青葉市子ライブ音源をDSDで配信!!

その他

OTOTOY独占で、青葉市子ライブ音源をDSDで配信!!

今年1月に2ndアルバム『檻髪』を発売し、各地のショップで売り切れ続出、大反響を巻き起こしている青葉市子。 そんな青葉市子のワンマン・ライブの模様を、OTOTOYでは高音質音源を独占で配信致します。微細な音の粒子をも捉えるDSD音源で、当日の会場を包む青葉…

青葉市子のセカンド・アルバム『檻髪』が完成!

レヴュー

青葉市子のセカンド・アルバム『檻髪』が完成!

2010年1月、1stアルバム『剃刀乙女』で鮮烈にデビューした弱冠20歳の青葉市子。クラシック・ギターを手に独特の世界観を持った歌詞と、美しいメロディー・ライン、エバー・グリーンな歌声と驚くべき演奏力を兼ね揃えた彼女が、デビューから一年で新作をリリースする…

青葉市子 3週連続新曲リリース第3弾「日時計」HQD配信開始&インタビュー後編

インタヴュー

青葉市子 3週連続新曲リリース第3弾「日時計」HQD配信開始&インタビュー後編

ワンマン・ライヴをいよいよ来週12月7日(火)に控え、現在フリー・ダウンロード中の「パッチワーク」、「レースのむこう」と2週にわたって新曲を披露してきた青葉市子。3週連続で新曲をリリースする企画の締めくくりとなる新曲第3弾「日時計」が到着! これまで一切の…

青葉市子 3週連続新曲リリース第2弾「レースのむこう」HQD配信開始&インタビュー

インタヴュー

青葉市子 3週連続新曲リリース第2弾「レースのむこう」HQD配信開始&インタビュー

いま最も注目すべきSSW青葉市子の3週連続新曲リリース企画。第2弾の音源「レースのむこう」をHQD(24bit/48kHzのWAV音源)とmp3で配信スタート! 第1弾の「パッチワーク」同様、今回も青葉市子自身によるイラスト入りの歌詞付きです。そして、これ…

青葉市子 3週連続新曲リリース第1弾「パッチワーク」フリー配信

レヴュー

青葉市子 3週連続新曲リリース第1弾「パッチワーク」フリー配信

ネクスト・ブレイク間違いなし! 京都出身で現在は東京で活動中のSSW青葉市子。音楽好きの間で確実に人気を広げている彼女が、3週にわたって新曲をリリース。しかも今回お届けする第1弾音源は、なんとフリーでみなさんにお届け! 楽曲はHQD(24bit/48khz…

藤枝憲(Spangle call Lilli line)×ミト(クラムボン)×美濃隆章(toe) キーパーソンが語るHQD鼎談

インタヴュー

藤枝憲(Spangle call Lilli line)×ミト(クラムボン)×美濃隆章(toe) キーパーソンが語るHQD鼎談

''Spangle call Lilli line / forest at the head of a river(HQD音源)'''''購入者特典''' : ダウンロード限定のオリジナル・ブックレットをプレゼント(楽曲ダウンロード時に同封されます)。大坪…

クラムボン 8thアルバム『2010 HQD ver.』レビュー

レヴュー

クラムボン 8thアルバム『2010 HQD ver.』レビュー

の8thアルバム『2010』が完成! オリジナル・アルバムとしては2007年の『Musical』以来、実に3年ぶりの作品で、エンジニアにの美濃隆章をむかえ、山梨県小淵沢のnone to cat studioにてレコーディングされました。ototoyでは、全…

クラムボン 8thアルバム『2010 HQD ver.』予約開始

その他

クラムボン 8thアルバム『2010 HQD ver.』予約開始

の8thアルバム『2010』が完成! オリジナル・アルバムとしては2007年の『Musical』以来、実に3年ぶりの作品で、エンジニアにの美濃隆章をむかえ、山梨県小淵沢のnone to cat studioにてレコーディングされました。ototoyでは、全…

クラムボン 8thアルバムより「SUPER☆STAR」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

その他

クラムボン 8thアルバムより「SUPER☆STAR」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

5月19日にクラムボンの8thアルバム『2010』のリリースが決定! オリジナル・アルバムとしては2007年の『Musical』以来、実に3年ぶりとなります。エンジニアにtoeの美濃隆章をむかえ、山梨県小淵沢のnone to cat studioにてレコー…

クラムボン ニュー・アルバムより「tiny pride」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

インタヴュー

クラムボン ニュー・アルバムより「tiny pride」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

4月15日より1週間、ニュー・アルバム『2010』に収録される「SUPER☆STAR」を、高音質で無料配信します。HQD(24bit/48KHzのWAVファイル)のフル・バージョンでのフリー・ダウンロード。アルバム発売までに2曲のフル・バージョンが高音質で…

クラムボン、8thアルバム収録曲「tiny pride」を高音質HQDで無料配信

その他

クラムボン、8thアルバム収録曲「tiny pride」を高音質HQDで無料配信

5月にクラムボンの8thアルバムのリリースが決定! そのアルバムに先駆けてアルバム収録曲、そして前回の野音で初公開され話題になった新曲「tiny pride」を、ototoyで一週間限定フリー・ダウンロード。しかも、HQD(24bit/48KHzのWAVフ…

新曲『NOW!!!』リリース 企画 「クラムボン ミト×moonriders 鈴木慶一 」対談

インタヴュー

新曲『NOW!!!』リリース 企画 「クラムボン ミト×moonriders 鈴木慶一 」対談

''—今回、の「NOW!!!」は新曲をマスター・クォリティーの24/48でいきなり配信するんですけれども、多分、日本のポップ・グループでこんなことをやるのはクラムボンが初めてだと思うんですよ。'' ''鈴木慶一(以下 K)'' : 聞いたことないね。先…

クラムボン FUJI ROCK FESTIVAL'09 LIVE REPORT

ライヴレポート

クラムボン FUJI ROCK FESTIVAL'09 LIVE REPORT

 前日から降り続く雨によって会場内を流れる川の水が増幅し、急遽オールナイトフジが中止となった今年のフジ・ロック初日。そのオールナイトフジが開催される予定だったオレンジ・コートの隣、フィールド・オブ・ヘヴンの今年のヘッド・ライナーをクラムボンが務めた。まず正…

recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集

コラム

recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集

1995年に始動。1999年シングル「はなればなれ」でメジャーデビュー。当初よりライヴやレコーディングなどにおいて他のアーティストとのコラボレーションや楽曲提供、プロデュースなど多岐に渡る活動を続けながら、独自のスタンスを築き上げている。2007年7枚目…

クラムボン NEUTRAL NATION '09@新木場 STUDIO COAST ライブ・レポ by 渡辺裕也

ライヴレポート

クラムボン NEUTRAL NATION '09@新木場 STUDIO COAST ライブ・レポ by 渡辺裕也

さあ、いよいよクラムボンのステージが始まる。この日はエゴラッピン、マイス・パレードといった出演者のパワフルな演奏が続いていただけに、会場は既にお祭りムード。それでも彼らの登場を待つ雰囲気はやはり別格だ。なにしろ今年は個々の活動が目立った昨年から一転、久々に…

クラムボン、2年ぶりの新曲『NOW!!!』8月1日リリース

その他

クラムボン、2年ぶりの新曲『NOW!!!』8月1日リリース

 待ちに待ったクラムボンの新曲「NOW!!! 」が発売。この「NOW!!! 」は、オリジナルの新曲としてはなんと2年ぶりのリリース。先日の「Re-clammbon tour」、スタジオ・コーストの「NEUTRAL NATION 2009」、そしてFUJ…

Collapse