album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Rydeen -- LOW IQ 01  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:17
1000 Knives -- SUGIZO  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:28
CUE -- 高野寛  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:32
以心電信 (You've Got To Help Yourself) -- クラムボン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:08
君に、胸キュン。-浮気なヴァカンス- -- SUGIURUMUN featuring 曾我部 恵一  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:49
Firecracker -- Ken Ishii  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:29
スネークマンショー-テクノポリス~いくひとかえるひと~- -- イルリメ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:09
Cosmic Surfin' -- ERSKIN  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:30
La Femme Chinoise -- Dr. SHINGO  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:14
Nice Age -- Sun Pauro  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:03
The Madmen -- ショコラ&片寄 明人  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:59
Simoon -- 東京スカパラダイスオーケストラ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:02
Behind The Mask -- Jazztronik  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:45
スネークマンショー -テクノポリス~するひとされるひと~- [BONUS TRACK] -- イルリメ Feat. 近藤"FAT"哲 & 池辺"DOPE"景太 a.k.a. ケイムン  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:17
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 73:42
Album Info

YMOチルドレンによる究極のトリビュート盤。今までにもリミックス盤はリリースされているが、今回はバンドサウンドに焦点をあてていたり、テクノ/ハウス系アーティストの参加があったりとアプローチが新鮮だ。参加アーティスト:クラムボン、イルリメ、ken Ishii、曽我部恵一、佐藤タイジ、Jazztronikほか。

Discography

Rock

LOW IQ 01、SUPER STUPID活動停止後 99年に1stソロアルバム「MASTER LOW」発売からはや23年!今年はOAUとのバンドLOW IQ 01&BLENDERSでビルボードライヴを行うなど勢力的に活動するいっちゃんの最新9枚目のオリジナルフルアルバムからの直前先行シングルは盟友LOW-ATUS の二人、TOSHI-LOW (BRAHMAN,OAU) 細美武士(ELLEGARDEN、the HIATUS、the、MONOEYES)フィーチャリングした楽曲。

3 tracks
Jazz/World

東京スカパラダイスオーケストラ、新たなゲストボーカルとして石原慎也 (Saucy Dog)を迎えた「紋白蝶 feat.石原慎也 (Saucy Dog)」を配信リリース!

2 tracks
Jazz/World

東京スカパラダイスオーケストラ、新たなゲストボーカルとして石原慎也 (Saucy Dog)を迎えた「紋白蝶 feat.石原慎也 (Saucy Dog)」を配信リリース!

2 tracks
Rock

天野喜孝、芹沢直樹、古代祐三など、日本のゲーム・漫画・アニメを中心としたカルチャーシーンで活躍する“レジェンド”クリエイターが集結したアニメ「GIBIATE(ジビエート)」のエンディング曲。SUGIZO(LUNA SEA/X JAPAN)が作曲・編曲を務め、大黒摩季がボーカリストとして参加。作詞はアニメ「GIBIATE(ジビエート)」の企画・原作・製作総指揮の青木良が務め、ドラムに真矢(LUNA SEA)をむかえた話題の楽曲。

1 track
Dance/Electronica

1 track
Rock

LOW IQ 01、9枚目のフルアルバム『Adjusted』より先行配信

2 tracks
Rock

LOW IQ 01 3年ぶり9枚目のフルアルバム「Adjusted」より第1弾先行曲「Say to Me」

1 track
Rock

TV「ユーレイデコ」第12話第挿入歌

1 track
Jazz/World

スカパラ、ニューシングルで迎えるゲストボーカルは幾田りら! 作曲はスカパラNARGO(Trumpet)、作詞はスカパラ谷中敦(Baritone sax)が担当。今回のコラボに関して谷中は「幾田りらさんの時代の声とも言うべき歌唱に、純粋に音楽的な刺激を沢山受けました。」とコメントし、ゲストボーカルとして迎え入れられた幾田りらは「東京スカパラダイスオーケストラの皆さんの放つ、輝かしく大人なグルーヴの中で、心のままに歌わせていただきました。」とコメント。 収録曲はタイトル曲の「Free Free Free feat.幾田りら」とそのインストゥルメンタルのほか、スカパラが新たに始動させたプロジェクト“VS.シリーズ”(ヴァーサス・シリーズ)の第1弾でコラボしたALIと『VIVA LA ROCK 2022』のステージでライブ初披露した「サボタージュ (VS. ALI)」のライブ音源、及び、現在開催中のスカパラの全国ツアー『BEST OF LUCK』からメドレー音源が収録。

4 tracks
Jazz/World

スカパラ、ニューシングルで迎えるゲストボーカルは幾田りら! 作曲はスカパラNARGO(Trumpet)、作詞はスカパラ谷中敦(Baritone sax)が担当。今回のコラボに関して谷中は「幾田りらさんの時代の声とも言うべき歌唱に、純粋に音楽的な刺激を沢山受けました。」とコメントし、ゲストボーカルとして迎え入れられた幾田りらは「東京スカパラダイスオーケストラの皆さんの放つ、輝かしく大人なグルーヴの中で、心のままに歌わせていただきました。」とコメント。 収録曲はタイトル曲の「Free Free Free feat.幾田りら」とそのインストゥルメンタルのほか、スカパラが新たに始動させたプロジェクト“VS.シリーズ”(ヴァーサス・シリーズ)の第1弾でコラボしたALIと『VIVA LA ROCK 2022』のステージでライブ初披露した「サボタージュ (VS. ALI)」のライブ音源、及び、現在開催中のスカパラの全国ツアー『BEST OF LUCK』からメドレー音源が収録。

4 tracks
Rock

2022年7月放送開始のTVアニメ『ユーレイデコ』よりOP主題歌が配信リリース!

1 track
Dance/Electronica

世界的なヒットを記録し、いまだに世界中のDJ、ダンサー達から愛され続けているJazztronikの代表曲「SAMURAI」。DJとしても25年以上活動を続ける野崎良太自身が今の時代に合った音圧、サウンドでのSAMURAIを作りたいと考え、2019年にアナログのフォーマットのみで同作をリリース。ファンからのラヴコールに答えて、2022 versionを配信することが決定。メインのピアノはもちろん、コーラスやビートなど全ての音を新たに録音し、ミックスやマスタリングも行い、よりグルーヴ感がアップ。カバーアートには日本を代表する漫画家の岡崎能士氏による書き下ろし作品を起用したスペシャルな作品。

3 tracks
Dance/Electronica

世界的なヒットを記録し、いまだに世界中のDJ、ダンサー達から愛され続けているJazztronikの代表曲「SAMURAI」。DJとしても25年以上活動を続ける野崎良太自身が今の時代に合った音圧、サウンドでのSAMURAIを作りたいと考え、2019年にアナログのフォーマットのみで同作をリリース。ファンからのラヴコールに答えて、2022 versionを配信することが決定。メインのピアノはもちろん、コーラスやビートなど全ての音を新たに録音し、ミックスやマスタリングも行い、よりグルーヴ感がアップ。カバーアートには日本を代表する漫画家の岡崎能士氏による書き下ろし作品を起用したスペシャルな作品。

3 tracks
Jazz/World

東京スカパラダイスオーケストラによる「ツバメ~スカパラバージョン」が、「ツバメ feat.ミドリーズ & 長濱ねる & 東京都立片倉高等学校吹奏楽部」として配信リリース

1 track
Jazz/World

東京スカパラダイスオーケストラによる「ツバメ~スカパラバージョン」が、「ツバメ feat.ミドリーズ & 長濱ねる & 東京都立片倉高等学校吹奏楽部」として配信リリース

1 track
Jazz/World

東京スカパラダイスオーケストラ、“VS.シリーズ”第1弾「サボタージュ(VS. ALI)」をリリース

1 track
Jazz/World

東京スカパラダイスオーケストラ、“VS.シリーズ”第1弾「サボタージュ(VS. ALI)」をリリース

1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

ACIDMAN主催フェス〈SAI 2022〉2DAYSのタイテ発表

ACIDMAN主催フェス〈SAI 2022〉2DAYSのタイテ発表

2022年11月26日(土)、27日(日)に埼玉〈さいたまスーパーアリーナ〉にて開催される、ACIDMAN主催のロックフェス〈ACIDMAN presents 「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI” 2022」〉のタイムテーブルが発表さ

高橋幸宏50周年記念ライヴに原田知世、木村カエラ、坂本美雨ら追加ゲスト決定

高橋幸宏50周年記念ライヴに原田知世、木村カエラ、坂本美雨ら追加ゲスト決定

2022年9月18日(日) 東京・NHKホールで開催される高橋幸宏の50周年記念ライヴ 〈LOVE TOGETHER 愛こそすべてに〉に出演する追加のゲスト・アーティストが新たに発表された。 今回、追加で出演するゲストは木村カエラ、坂本美雨、立花ハジメ、

〈バズリズム LIVE 2022〉出演アーティスト全10組発表

〈バズリズム LIVE 2022〉出演アーティスト全10組発表

2022年11月5日(土)と6日(日)に神奈川・横浜アリーナで開催される〈バズリズム LIVE 2022〉の出演アーティストが発表された。 〈バズリズム LIVE〉は日本テレビ系列の番組『バズリズム02』が発信する音楽イベント。毎回、番組にゆかりのある“

高橋幸宏の記念ライヴに高野寛が書き下ろしたテーマ曲「LOVE TOGETHER」配信開始

高橋幸宏の記念ライヴに高野寛が書き下ろしたテーマ曲「LOVE TOGETHER」配信開始

2022年9月18日に自身のプロ活動50周年を祝した記念のライヴ、「LOVE TOGETHER 愛こそすべて」が開催される高橋幸宏。 そのライヴのテーマ曲として、本ライヴの音楽監督を務める高野寛が書き下ろした曲「LOVE TOGETHER」が完成。本日9

(((さらうんど)))、7年振りALで本格復帰 Twitterでデモ募集

(((さらうんど)))、7年振りALで本格復帰 Twitterでデモ募集

昨年夏にリリースされた『Soap Opera EP』で活動を再開した、イルリメこと鴨田潤とTraks BoysのXTALによるバンド(((さらうんど)))。 前作『See you, Blue』(2015年)から、7年ぶりとなる待望の4th アルバム『Af

【急上昇ワード】幾田りら”新たな挑戦”スカパラとコラボMV公開

【急上昇ワード】幾田りら”新たな挑戦”スカパラとコラボMV公開

東京スカパラダイスオーケストラが新たなゲストボーカルとして幾田りらを迎え7月27日(水)にリリースするニューシングル「Free Free Free feat.幾田りら」。 リリースに先駆け公開となったMVが早くも話題沸騰中。幾田りらが”新たな挑戦が沢山

View More News Collapse
クラムボン対バン企画〈clammbon faVS!!! vol.7、8、9〉開催決定

クラムボン対バン企画〈clammbon faVS!!! vol.7、8、9〉開催決定

クラムボンが対バン企画〈clammbon faVS!!! vol.7、8、9〉をzepp divercity tokyoにて三ヶ月連続で行うことが分かった。 この対バン企画は、クラムボンの「お気に入り= fav(ファブ)」なバンドたちを迎えて開催されるも

ACIDMAN主催〈SAI 2022〉第2弾でバンアパ、sumikaら4組が発表

ACIDMAN主催〈SAI 2022〉第2弾でバンアパ、sumikaら4組が発表

ACIDMANが11月26日・27日に主催するロックフェス〈SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI” 2022〉の第2弾出演アーティストとして、the band apart、sumika、東京スカパラダイスオーケストラ、LOW IQ 01

〈FUJI ROCK FESTIVAL '22〉ラインナップ第1弾が出演日別で発表

〈FUJI ROCK FESTIVAL '22〉ラインナップ第1弾が出演日別で発表

〈FUJI ROCK FESTIVAL '22〉ラインナップ第1弾が発表された。 7月30日、土曜日のヘッドライナーは2000年代から現代に至るロック・シーンにおいて世界最重要人物、フジロック’12以来10年振りとなるJACK WHITEの出演が決定。過

スカパラ、新プロジェクト“VS.シリーズ”始動

スカパラ、新プロジェクト“VS.シリーズ”始動

東京スカパラダイスオーケストラが新たなプロジェクトを始動することを発表。プロジェクト名は“VS.シリーズ”(ヴァーサス・シリーズ)と銘打たれ、これまでのようにボーカリストを招く形でのコラボではなく、若手のバンドと「戦うように一緒に音楽を作っていく。」とい

クラムボン 『モメント l.p.』2LP仕様で初フィジカル化

クラムボン 『モメント l.p.』2LP仕様で初フィジカル化

クラムボンが配信のみでリリースしていたアルバム『モメント l.p.』が2LP仕様にて6月8日(水)に発売されることが分かった。 『モメント l.p.』は、ライヴ会場と直卸のお店でしか販売していない『モメント e.p.』シリーズ(『モメント e.p.』、『

GEZAN主宰レーベルによる反戦街宣『No War 0305』、およそ1万人が集結

GEZAN主宰レーベルによる反戦街宣『No War 0305』、およそ1万人が集結

2022年3月5日(土)、プーチン大統領が起こしたウクライナ侵略によって傷つき、危機的な状況に置かれているあらゆる人たちへのサポートと寄付を募るため、GEZAN主宰レーベル・十三月の呼びかけに賛同したアーティストらによるライヴとスピーチによる反戦街宣『N

原田知世、デビュー40周年記念ALより「邂逅の迷路で」が先行配信

原田知世、デビュー40周年記念ALより「邂逅の迷路で」が先行配信

1982年のデビュー以来、俳優と歌手の両方で活躍を続ける原田知世。 テレビ東京 ドラマ24「スナック キズツキ」や映画『あなたの番です 劇場版』で主演を務め話題となるなか、歌手として3月23日(水)にデビュー40周年を記念したニュー・アルバム『fruit

スカパラ、新曲「君にサチアレ」がラジオ番組にてフルサイズオンエア決定

スカパラ、新曲「君にサチアレ」がラジオ番組にてフルサイズオンエア決定

東京スカパラダイスオーケストラが3月9日(水)にCDリリースする「君にサチアレ」が、明日2月21日(月)のFM802「on-air with TACTY IN THE MORNING」(6:00-11:00)において、フルサイズでラジオ初オンエアされるこ

原田知世デビュー40周年記念AL『fruitful days』3/23発売決定

原田知世デビュー40周年記念AL『fruitful days』3/23発売決定

原田知世がデビュー40周年を記念したニュー・アルバム『fruitful days』(読み方:フルートフル・デイズ)を3月23日に発売することが分かった。 前作より約3年半ぶりとなる本作のプロデュースは、お馴染みのギタリスト/作曲家の伊藤ゴローが担当。 川

『CRAFTROCK FESTIVAL’22』出演者第一弾発表

『CRAFTROCK FESTIVAL’22』出演者第一弾発表

立川STAGE GARDENで行われる、音楽とクラフトビールの新しいスタイルのビアフェス『CRAFTROCK FESTIVAL’22』。 その第一弾アーティストが発表された。 16日、17日とノンジャンルボーダーレスのアーティストの共演。 さらに本日から

ピエール中野、noteマガジンでのインタビュー企画『いや、ほんと音楽が好き。」スタート

ピエール中野、noteマガジンでのインタビュー企画『いや、ほんと音楽が好き。」スタート

ピエール中野がnoteマガジンにて、毎回様々なアーティストにインタビューを行う新企画『いや、ほんと音楽が好き。』をスタートさせた。 初回のゲストはピエール中野とも親交の深いクラムボン・ミトを迎え、今の時代における楽曲制作について語っており、記事は1/26

映画『ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン』にアーティストから絶賛コメント到着

映画『ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン』にアーティストから絶賛コメント到着

ジャズ史上最大のカリスマと称されるサックス奏者ジョン・コルトレーンの短くも激しい40年の生涯を追ったドキュメンタリー映画『ジョン・コルトレーン チェイシング・トレーン』が、12月3日(金)より全国ロードショー公開される。 今回作品を一足早く観たアーティス

石野卓球、大沢伸一、KEN ISHII、砂原良徳が〈TECHNO INVADERS〉に登場

石野卓球、大沢伸一、KEN ISHII、砂原良徳が〈TECHNO INVADERS〉に登場

2021年11月19日(金)VISIONのライヴイベント〈TECHNO INVADERS〉にて、石野卓球、大沢伸一、KEN ISHII、砂原良徳の出演が決定した。 電気グルーヴとして今年のFUJI ROCKヘッドライナーとしての出演も記憶にも新しい、 日

音楽イベント〈abura derabu 2021 supported by Dr. Martens〉タイムテーブル公開

音楽イベント〈abura derabu 2021 supported by Dr. Martens〉タイムテーブル公開

2021年11月21日にUSEN STUDIO COASTで開催される音楽イベント〈abura derabu(アブラ・デラブ)2021 supported by Dr.Martens〉のタイムテーブルが公開された。 GEZAN、THA BLUE HERB

11/21開催〈abura derabu 2021〉最終発表にMoment Joon、Maika Loubtéら5組

11/21開催〈abura derabu 2021〉最終発表にMoment Joon、Maika Loubtéら5組

2021年11月21日にUSEN STUDIO COASTで開催される音楽イベント〈abura derabu2021 supported by Dr.Martens〉にaTTn、machìna、Maika Loubté、Moment Joon、RIAの出

11/21開催〈abura derabu 2021〉第2弾にクラムボン、GEZAN決定

11/21開催〈abura derabu 2021〉第2弾にクラムボン、GEZAN決定

2021年11月21日にUSEN STUDIO COASTで開催される音楽イベント〈abura derabu2021 supported by Dr.Martens〉にクラムボン、GEZANの出演が決定した。 既に発表されているLOSTAGE / THA

音楽とクラフトの野外フェス〈CreemaYAMABIKO FES 2021〉タイムテーブル発表

音楽とクラフトの野外フェス〈CreemaYAMABIKO FES 2021〉タイムテーブル発表

2021年11月6日(土)・7日(日)に開催する音楽とクラフトの野外フェスティバル〈Creema YAMABIKO FES 2021〉のついにタイムテーブルが発表となった。 ハナレグミ、 クラムボン、 never young beach、 TENDRE、

【今日のMV】clammbon「KANADE Dance」

【今日のMV】clammbon「KANADE Dance」

昨晩開幕した東京パラリンピック。開会式は〈WE HAVE WINGS (私たちには翼がある)〉をテーマに、公募キャストによるパフォーマンスやプロジェクションマッピングを駆使した演出、ギラッギラのデコトラから世界の布袋が演奏したりと話題になりました。 中で

Collapse

Articles

【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー

インタヴュー

【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー

カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバ…

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

インタヴュー

ケンイシイ、フレア名義の作品『Leaps』をハイレゾ配信開始

世界中のテクノ・シーンでその名が知られるケンイシイ。そのアナザー・サイドとも言えるフレア名義の作品『Leaps』がこのたびハイレゾ配信される。ストレートなテクノ・サウンドのケンイシイ名義の作品に比べ、フレア名義は彼のエクスペリメンタルなエレクトロニック・ミ…

クラムボン、リマスタリングした過去作をDSD配信&エンジニア、木村健太郎インタヴュー

インタヴュー

クラムボン、リマスタリングした過去作をDSD配信&エンジニア、木村健太郎インタヴュー

いま、自分たちの曲を可能な限り自分たちの手で渡そう、と「ミニ・アルバム会場限定販売ツアー」で全国を巡っているクラムボン。活動21年目、原点に立ち返る試みのなか、初期の作品を"更新"しての再発も決めた。デビュー作『JP』に始まるWarner Music Ja…

OTOTOYフジロック・レポート2015

ライヴレポート

OTOTOYフジロック・レポート2015

今年も苗場はアツかった!! フジロックを終えて“フジロック・ロス”に陥っているかたや、行きたかったけどやむなく行けなかったというかた。 そんなみなさまに、フジロックの3日間を追体験できるレポートをお届けします! ついついお酒が進んじゃって見逃したあのシンガ…

クラムボン、5年ぶりの新作『triology』ハイレゾ音源をOTOTOY限定配信

インタヴュー

クラムボン、5年ぶりの新作『triology』ハイレゾ音源をOTOTOY限定配信

結成20周年アニバーサリー・イヤーを締めくくる5年ぶりのオリジナル・アルバム『triology』のハイレゾ音源(24bit/96kHz)がついに解禁された。本作は、作品の密度だけでなく、小野島大のインタヴュー(Real Sound 『クラムボン・ミトが語る…

結成20周年のクラムボン、菅野よう子とのコラボ・シングルをハイレゾ配信!

レヴュー

結成20周年のクラムボン、菅野よう子とのコラボ・シングルをハイレゾ配信!

〈もういいかい? ん まあだだよ 諦めて 諦めきれなくて 朝だよ〉ーー柔らかくも決意を秘めた歌声からはじまる新曲「yet」。2014年から2015年にかけて、結成20周年アニバーサリー・イヤーとして、精力的にライヴやリリース活動を行ってきたクラムボンから、…

クラムボン、結成20周年記念トリビュート・アルバムをハイレゾ配信

レヴュー

クラムボン、結成20周年記念トリビュート・アルバムをハイレゾ配信

ストレイテナー、蓮沼執太フィル、salyu × salyu、レキシ、ハナレグミ、NONA REEVES、Buffalo Daughter、downy、GREAT3、TOKYO No.1 SOUL SET、HUSKING BEE、青葉市子、マイス・パレードが…

高野寛、25周年記念アルバムと豪華アーティスト参加のカヴァー・アルバムを配信開始

レヴュー

高野寛、25周年記念アルバムと豪華アーティスト参加のカヴァー・アルバムを配信開始

デビュー25年、高野寛が生み出してきた楽曲は、その時代のテーマを織り交ぜながらも、いつの時でも変わらぬ鮮やかさを持っている。どの時代の曲を聴いても色あせることのない「高野寛POPS」。私たちの日常の中で歌い継がれ、さらに進化を続けて行くのだと思う。 最新作…

ミトが音楽制作を担当、ドラマ「田上トパーズ!」のサウンド・トラックを高音質配信!

レヴュー

ミトが音楽制作を担当、ドラマ「田上トパーズ!」のサウンド・トラックを高音質配信!

そう。そのドラマを観ながら、気付いた人は言ってました。「あっ、これミトさんだ!」と。ドラマ「田上トパーズ!」の反応をTwitterで見ていたら、そこで鳴っている音に惹かれている人がちらほらと。2013年12月11日にNHK-BSプレミアムで全国放映された滋…

高野寛 デビュー25周年を記念し『tide』『Ride on Tide』をHQDにて同時配信!

インタヴュー

高野寛 デビュー25周年を記念し『tide』『Ride on Tide』をHQDにて同時配信!

1988年、高橋幸宏プロデュースのもとデビュー、今年10月にデビュー25周年を迎えた高野寛。キャリア25周年記念の第一弾として、カヴァー・アルバム『TOKIO COVERS』、1999年リリースの『tide』(「Bye Bye Television」と「偽…

おすすめの2.3枚(2013/9/4~2013/9/10)

レヴュー

おすすめの2.3枚(2013/9/4~2013/9/10)

今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューとともにご紹介いたします。 音源を試聴しながらレビューを読ん…

クラムボン『LOVER ALBUM 2』をDigital EditionとHQDで配信スタート

レヴュー

クラムボン『LOVER ALBUM 2』をDigital EditionとHQDで配信スタート

3年ぶりとなる、クラムボンの新作は、2006年に発表されロング・ヒットを記録した珠玉のカヴァー企画『LOVER ALBUM』の第2弾。前作から引き続き、洋邦問わないクラムボンならではの選曲と彼らならではのアレンジで、それぞれの楽曲が違った色で輝いています。…

View More Articles Collapse
音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライヴ『YOAKE 〜MUSIC SCENE 2013〜』が開催!

その他

音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライヴ『YOAKE 〜MUSIC SCENE 2013〜』が開催!

音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライヴ・イベント「YOAKE 〜MUSIC SCENE 2013〜」。パネルディスカッション+ライヴで構成する充実の3時間半(出入り自由)。ありそうでなかった、オープン、カジュアルで本格的なカンファレンス。大好評…

坂本美雨×mito(クラムボン)『シロネコトラネコ』配信開始

レヴュー

坂本美雨×mito(クラムボン)『シロネコトラネコ』配信開始

『人生がうまくいくネコの9つの習慣』『ネコがよろこぶ“ゴロゴロ”のツボ』(ともにマーガレット ウッドハウス著)という外国の絵本にオマケで付いていた楽曲が、マスタリング企画で装い新たに登場。mitoがプロデュースを手掛けた「シロネコ」「ボーニャス・トラック“…

クラムボン新作シングル『Rough & Laugh』を配信開始

レヴュー

クラムボン新作シングル『Rough & Laugh』を配信開始

''クラムボン / Rough & Laugh''【TRACK LIST】01. Rough & Laugh02. Rough & Laugh -Rings Around Laugh REMIX- by kz03. Rough & Laugh -A-bee…

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

インタヴュー

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

自ら大ヒット曲を持つシンガー・ソング・ライターであり、YMOやGANGA ZUMBA、pupaを始めとする先鋭的なミュージシャンたちとの音楽活動や、幾多のアーティストや名曲の数々を世に送り出してきたプロデューサーとしての顔も持つ、高野寛。ジャンルや規模を問…

イントロで「おっしゃ! きた!」ってなるようなフェス・アンセム10曲

その他

イントロで「おっしゃ! きた!」ってなるようなフェス・アンセム10曲

やっぱ、フェスっていいよね。そこら中で幸せが炸裂しまくっている感じが素晴らしいよね。ハイネケンなんか飲んじゃってさ。そんで、フェスでいちばん幸せが凝縮されている時間を考えたんだけど、それって、みんな知ってる超あがる曲のイントロが始まった瞬間なんじゃないかと…

1週間集中連載!「君は、安全地帯を聴いたか?」第五回「ポップ・ミュージックのスタンダード」 by ミト(clammbon)

連載

1週間集中連載!「君は、安全地帯を聴いたか?」第五回「ポップ・ミュージックのスタンダード」 by ミト(clammbon)

自主レーベル「SALTMODERATE」を設立し、デビュー30年を経て尚、精力的な活動を繰り広げる安全地帯。OTOTOYでは、スタッフや芸人、ミュージシャン、アイドルなど様々な立場から安全地帯を語ってもらい、その魅力を多角的に浮かび上がらせるべく、7日間連…

LIVE REPORT 2011/11/03 クラムボン

ライヴレポート

LIVE REPORT 2011/11/03 クラムボン

'''満員御礼の国技館で披露された、クラムボンの過去と未来'''歴史を感じさせる蕎麦屋の近くに前衛的なデザインの博物館が建ち、遥か遠くには東京スカイツリーを臨む両国。この20世紀の面影と21世紀の風景が共存する不思議な街は、普段は見かけない若者達で溢れかえ…

関西発エレクトロ/エレクトロニカ特集 〜 dj colaboy インタビュー〜

インタヴュー

関西発エレクトロ/エレクトロニカ特集 〜 dj colaboy インタビュー〜

いま関西のエレクトロ/エレクトロニカ・シーンがおもしろい。AUTORA、SUZMENBA、dubdub on-sengという旬なアーティスト3組が揃って新譜をリリースし、その勢いは確実に全国へと飛び火している。OTOTOYでは、関西のエレクトロ・シーンでな…

藤枝憲(Spangle call Lilli line)×ミト(クラムボン)×美濃隆章(toe) キーパーソンが語るHQD鼎談

インタヴュー

藤枝憲(Spangle call Lilli line)×ミト(クラムボン)×美濃隆章(toe) キーパーソンが語るHQD鼎談

''Spangle call Lilli line / forest at the head of a river(HQD音源)'''''購入者特典''' : ダウンロード限定のオリジナル・ブックレットをプレゼント(楽曲ダウンロード時に同封されます)。大坪…

クラムボン 8thアルバム『2010 HQD ver.』レビュー

レヴュー

クラムボン 8thアルバム『2010 HQD ver.』レビュー

の8thアルバム『2010』が完成! オリジナル・アルバムとしては2007年の『Musical』以来、実に3年ぶりの作品で、エンジニアにの美濃隆章をむかえ、山梨県小淵沢のnone to cat studioにてレコーディングされました。ototoyでは、全…

クラムボン 8thアルバム『2010 HQD ver.』予約開始

その他

クラムボン 8thアルバム『2010 HQD ver.』予約開始

の8thアルバム『2010』が完成! オリジナル・アルバムとしては2007年の『Musical』以来、実に3年ぶりの作品で、エンジニアにの美濃隆章をむかえ、山梨県小淵沢のnone to cat studioにてレコーディングされました。ototoyでは、全…

クラムボン 8thアルバムより「SUPER☆STAR」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

その他

クラムボン 8thアルバムより「SUPER☆STAR」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

5月19日にクラムボンの8thアルバム『2010』のリリースが決定! オリジナル・アルバムとしては2007年の『Musical』以来、実に3年ぶりとなります。エンジニアにtoeの美濃隆章をむかえ、山梨県小淵沢のnone to cat studioにてレコー…

クラムボン ニュー・アルバムより「tiny pride」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

インタヴュー

クラムボン ニュー・アルバムより「tiny pride」を高音質HQDでフリー・ダウンロード

4月15日より1週間、ニュー・アルバム『2010』に収録される「SUPER☆STAR」を、高音質で無料配信します。HQD(24bit/48KHzのWAVファイル)のフル・バージョンでのフリー・ダウンロード。アルバム発売までに2曲のフル・バージョンが高音質で…

クラムボン、8thアルバム収録曲「tiny pride」を高音質HQDで無料配信

その他

クラムボン、8thアルバム収録曲「tiny pride」を高音質HQDで無料配信

5月にクラムボンの8thアルバムのリリースが決定! そのアルバムに先駆けてアルバム収録曲、そして前回の野音で初公開され話題になった新曲「tiny pride」を、ototoyで一週間限定フリー・ダウンロード。しかも、HQD(24bit/48KHzのWAVフ…

新曲『NOW!!!』リリース 企画 「クラムボン ミト×moonriders 鈴木慶一 」対談

インタヴュー

新曲『NOW!!!』リリース 企画 「クラムボン ミト×moonriders 鈴木慶一 」対談

''—今回、の「NOW!!!」は新曲をマスター・クォリティーの24/48でいきなり配信するんですけれども、多分、日本のポップ・グループでこんなことをやるのはクラムボンが初めてだと思うんですよ。'' ''鈴木慶一(以下 K)'' : 聞いたことないね。先…

クラムボン FUJI ROCK FESTIVAL'09 LIVE REPORT

ライヴレポート

クラムボン FUJI ROCK FESTIVAL'09 LIVE REPORT

 前日から降り続く雨によって会場内を流れる川の水が増幅し、急遽オールナイトフジが中止となった今年のフジ・ロック初日。そのオールナイトフジが開催される予定だったオレンジ・コートの隣、フィールド・オブ・ヘヴンの今年のヘッド・ライナーをクラムボンが務めた。まず正…

recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集

コラム

recommuni パワー・プッシュ!! Fuji rock出演アーティスト特集

1995年に始動。1999年シングル「はなればなれ」でメジャーデビュー。当初よりライヴやレコーディングなどにおいて他のアーティストとのコラボレーションや楽曲提供、プロデュースなど多岐に渡る活動を続けながら、独自のスタンスを築き上げている。2007年7枚目…

クラムボン NEUTRAL NATION '09@新木場 STUDIO COAST ライブ・レポ by 渡辺裕也

ライヴレポート

クラムボン NEUTRAL NATION '09@新木場 STUDIO COAST ライブ・レポ by 渡辺裕也

さあ、いよいよクラムボンのステージが始まる。この日はエゴラッピン、マイス・パレードといった出演者のパワフルな演奏が続いていただけに、会場は既にお祭りムード。それでも彼らの登場を待つ雰囲気はやはり別格だ。なにしろ今年は個々の活動が目立った昨年から一転、久々に…

クラムボン、2年ぶりの新曲『NOW!!!』8月1日リリース

その他

クラムボン、2年ぶりの新曲『NOW!!!』8月1日リリース

 待ちに待ったクラムボンの新曲「NOW!!! 」が発売。この「NOW!!! 」は、オリジナルの新曲としてはなんと2年ぶりのリリース。先日の「Re-clammbon tour」、スタジオ・コーストの「NEUTRAL NATION 2009」、そしてFUJ…

『メイド イン ジャパニーズ』イルリメ インタビュー by 南日久志

インタヴュー

『メイド イン ジャパニーズ』イルリメ インタビュー by 南日久志

オリジナルな音楽を表現する上で最も有効な手段のひとつである「バンド・サウンド」という形体に拘らず歴史を変えたミュージシャンの功績は、その作品群を辿ることで追体験することができる。また、その中の多くはもうすぐ2010年代に突入しようとしている今も輝きを失っ…

Collapse