高野寛

Rock

Artist Profile

高野寛(たかのひろし)1964年静岡生まれ。

シンガー・ソング・ライター、ギタリスト、時々プロデューサー。ビートルズ、YMO、トッド・ラングレンに影響を受け、細野晴臣、忌野清志郎、カエターノ・ヴェローゾ、ブライアン・イーノを敬愛し、ニール・ヤングとデヴィッド・バーンにシンパシーを感じる音楽家。

1988年、高橋幸宏プロデュースによるシングル「See You Again」でデビュー。現在までに16枚のシングルとミニ・アルバム、ベスト・アルバムを含む15枚のアルバムをリリース。代表作は「虹の都へ」「ベステンダンク」など。2004年1月15日に約5年ぶりとなるオリジナル・アルバム『確かな光』、9月1日にベストアルバム『相変わらずさ〜Best Songs 1988-2004〜』を発表した。

2001年以降、ソロ活動と並行してナタリー・ワイズのメンバーとしても活動中。最新作は『raise hands high』(2004年9月)。

ギタリストとしての評価も高く、94年には坂本龍一の国内ツアー、ワールド・ツアーに参加。宮沢和史のソロ・プロジェクトMIYAZAWA-SICKにも参加し、2003年にヨーロッパ・ツアー、2004年に南米ツアーも行なっている。また、2005年1 月から2月にかけてフランス、ブルガリア、ポーランド、ロシア、イギリス、日本の6カ国をまわったツアー“MIYAZAWA-SICK '05”はドキュメンタリーDVD『EURO ASIA〜MIYAZAWA-SICK EUROPE TOUR '05〜』として発売中。

 2005年4月に仙台港近辺で開催されたロックフェスティバル“ARABAKI ROCK FEST.04292995”の後夜祭には、クラムボンの原田郁子さんとともに“高野寛 with 原田郁子”として出演。ベースのtatsuさん、ドラムの坂田学さん含め全員が「B型」ということで、その後命名されたユニット「4B」としの今後の活動も期待される。

近年は、自らの活動の他、他アーティストへの詞曲提供やアレンジャー、特にプロデューサーとしても活動が多く、レコーディングへの参加も多数。最近のプロデュース・ワークとしての代表作品は小泉今日子『厚木I.C.』(2003年)、野宮真貴『Lady Miss Warp』(2002年)など。他にも中村一義、テイ・トウワ、SUPER BUTTER DOG、ハナレグミ、クラムボン、HALCALI、浜崎貴司、THE BOOMなど多くの作品を手がけている。

台湾の鄭有傑(チェン・ヨウチェー)監督の短編映画『シーディンの夏』(2001年)には音楽監督として参加。同作品は2003年、日本各地で公開された。また、2005年春公開予定の竹中直人監督・出演映画『サヨナラCOLOR』の音楽をナタリー・ワイズ、ハナレグミ、クラムボンが担当している。

デビュー曲「See You Again」から最新アルバム『確かな光』まで、16年の軌跡を凝縮したコンプリートベスト『相変わらずさ〜Best Songs 1988-2004〜』が9月1日発売された。9月27日の沖縄を皮切りに、ベスト盤発売記念ツアーも予定している。 また、2005年8月より全国ロードショー公開される竹中直人監督・出演映画『サヨナラCOLOR』の音楽をナタリー・ワイズ、ハナレグミ、クラムボンが担当。この映画から生まれたセッションアルバム『サヨナラCOLOR〜映画のためのうたと音楽〜』は8月6日リリース。また前述の3組によるスペシャルセッションライブ“サヨナラCOLOR〜映画のための音楽会〜”が8月8日@東京・SHIBUYA-AX、10日@Zepp Osakaにて開催された。

http://www.five-d.co.jp/takano/index2.htmlhttp://www.last.fm/music/%E9%AB%98%E9%87%8E%E5%AF%9B

公式サイト: http://www.haas.jp/

Discography

People who bought this artist's album also bought

Popular albums of same genre

News

異端から最先端へ。キツネの嫁入り、4thアルバムが完成!

異端から最先端へ。キツネの嫁入り、4thアルバムが完成!

常に新しい感性や独特のシーン/バンドが派生する京都において、ひときわ独自な世界観と他の追随を許さない活動を続けるキツネの嫁入り。そんな彼らが、メンバーの脱退、転勤、結婚、出産など多くのバンドが直面する危機に直面するも、その感情、経験すべてを武器に、新しい

「ポプシクリップマガジン」最新号6/28に発売 表紙はファン感涙のMOTORWORKS

「ポプシクリップマガジン」最新号6/28に発売 表紙はファン感涙のMOTORWORKS

偏愛に満ち溢れた音楽ファンのためのインディーポップZINE「ポプシクリップマガジン」最新号となる第9号が6月28日(水)に発売される。 巻頭インタヴュー並びに表紙は、石田ショーキチ(Scudelia Electoro)、黒沢健一(L⇔R)、田村明浩(スピ

ポプシクリップ。8周年記念イベントに黒沢秀樹(ex.L⇔R)の出演が決定 杉本清隆、アルマグラフの会場限定新作音源も

ポプシクリップ。8周年記念イベントに黒沢秀樹(ex.L⇔R)の出演が決定 杉本清隆、アルマグラフの会場限定新作音源も

ポップスリスナー向けの音楽WEBサイト「ポプシクリップ。」が6月10日(土)に行うイベント「POPS Parade Festival 2017」に、今年デビュー25周年を迎える元L⇔Rのギタリスト、黒沢秀樹の出演が決定した。 本イベントはWEBサイト開設

高野寛、アルマグラフ、杉本清隆出演「ポプシクリップ。」8周年記念イベント追加アーティストにTWEEDEES決定

高野寛、アルマグラフ、杉本清隆出演「ポプシクリップ。」8周年記念イベント追加アーティストにTWEEDEES決定

ポップスリスナー向けの音楽WEBメディア「ポプシクリップ。」が6月10日(土)に開催する毎年恒例の音楽イベント〈POPS Parade Festival 2017〉。 すでに出演アーティストとして発表されている高野寛、Alma-Grafe(アルマグラフ)

畠山美由紀 オーチャードホールでのソロ・デビュー15周年公演ゲスト発表

畠山美由紀 オーチャードホールでのソロ・デビュー15周年公演ゲスト発表

2001年のソロ・デビューから15周年を迎えた畠山美由紀。 記念公演「15th anniversary concert 畠山美由紀 ソロ・デビュー15周年記念 大感謝祭♡」をBunkamuraオーチャードホールにて開催することが決定、豪華ゲスト陣が発表さ

アイドルネッサンス、感謝と決意の4thワンマン「お台場で迸るネッサンス!!」レポート

アイドルネッサンス、感謝と決意の4thワンマン「お台場で迸るネッサンス!!」レポート

8人組アイドル・グループ、アイドルネッサンスが先週2016年11月6日(日)に自身最大規模4thワンマン「お台場で迸るネッサンス!!」を開催した。 バンド・セットやゲストを迎え全20曲披露した模様をオフィシャル・レポートでお送りする。 OTOTOYでは4

More News Collapse
空中メトロ、1stアルバムを残響レコードより発表

空中メトロ、1stアルバムを残響レコードより発表

大阪を中心に活動中のゆるふわオルタネイティヴ・バンド・空中メトロが、1stアルバム『ワンダーランドの地図』を残響レコードより8月17日にリリースする。 空中メトロは、2014年5月結成の「ゆるふわオルタナ・バンド」。結成4ヶ月にして「残響祭10周年オーデ

残響レコードらしからぬ新人・空中メトロ、限定epはTokyo Recordingsプロデュース

残響レコードらしからぬ新人・空中メトロ、限定epはTokyo Recordingsプロデュース

大阪を中心に活動中の大学生男女4人組バンド・空中メトロが、Tokyo Recordingsプロデュースによるep『Δ / 僕の歌』を、7月6日より500枚限定でタワーレコードにてリリースする。 空中メトロは、2014年5月結成の「ゆるふわオルタナ・バンド

空中メトロ、高野寛をプロデューサーに迎えた新作ALよりMV公開

空中メトロ、高野寛をプロデューサーに迎えた新作ALよりMV公開

大阪を中心に活動中の4人組バンド、空中メトロが、3月2日リリースの2ndミニ・アルバム『「♭」ホームに消えた。』より、「ワールドトワイライト」のMVを公開した。 2014年5月に現メンバー4人(大学生の幸、星衛、高校生の外山、藤崎)で活動を始めた空中メト

リクオ主催の一期一会イベント〈HOBO CONNECTION〉今年も開催

リクオ主催の一期一会イベント〈HOBO CONNECTION〉今年も開催

ピアノマン・リクオによる毎年恒例のセッション・イベント〈HOBO CONNECTION〉が今年も各地で開催されることが発表された。 今年は仲井戸"CHABO"麗市と竹原ピストルが初共演、ウルフルケイスケ、高野寛、有山じゅんじが元気に完全復活、オープニング

「commmons」10周年記念イベント開催決定 ホストは坂本龍一

「commmons」10周年記念イベント開催決定 ホストは坂本龍一

坂本龍一を中心とし、アーティストのゆるやかな連携を標榜しスタートしたプロジェクト「commmons (コモンズ)」。 設立10周年を迎え4月9日と10日の2日間、東京・恵比寿ガーデンプレイスで10周年記念イベントが開催されることが決定。イベント全体のホス

リクオ×中川敬〈うたのありか〉今年も開催! ゲストも決定

リクオ×中川敬〈うたのありか〉今年も開催! ゲストも決定

中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)と、リクオによるアコースティク・ツアー〈うたのありか〉が今年も開催される。 精力的に日本中をツアーしている“ローリング・ピアノマン”リクオと、ソロ・アルバム第3弾『にじむ残響、バザールの夢』の発売を控えるソウル・フラワ

〈Slow Music Slow LIVE〉第5弾でハンバート ハンバート、チャラン・ポ・ランタン決定

〈Slow Music Slow LIVE〉第5弾でハンバート ハンバート、チャラン・ポ・ランタン決定

8月29日(金)30日(土)31日(日)の3日間開催される〈Slow Music Slow LIVE '14 in 池上本門寺〉の第5弾出演アーティストの発表がおこなわれ、ハンバート ハンバート、チャラン・ポ・ランタンの出演が決定した。 昨年、記念すべ

高野寛トリビュートALにT・ラングレン、湯川潮音、おお雨、蓮沼執太ら参加

高野寛トリビュートALにT・ラングレン、湯川潮音、おお雨、蓮沼執太ら参加

今年デビュー25周年を迎えた高野寛のトリビュート・アルバム『高野寛 ソングブック~tribute to HIROSHI TAKANO~』が8月6日(水)に発売されることが発表された。また、高野寛のミュー・アルバム『TRIO』も同時発売される。 シンガー

祇園祭の京都で高野寛、Nabowa、山崎あおいがスペシャル・ライヴ

祇園祭の京都で高野寛、Nabowa、山崎あおいがスペシャル・ライヴ

日本三大祭りのひとつ祇園祭がおこなわれる7月の京都で、高野寛、Nabowa、山崎あおいが出演するスペシャル・ライヴが開催される。 祇園祭は7月を通じて行われる長い祭りであり、毎年観光客でにぎわい40万人以上の人が集まる日本三大祭りのひとつ。そんな中開局

高野寛、デビュー25周年記念アルバム3タイトル同時リリース&全国ツアー開始

高野寛、デビュー25周年記念アルバム3タイトル同時リリース&全国ツアー開始

1988年、高橋幸宏プロデユースのもと、デビューをした高野寛が今年10月にデビュー25周年を迎えるにあたり、アルバム3タイトルを同時リリース。また、全国22本のツアーを開催することを発表した。 バンド・ブームの真っ只中にデビューしながら、当時からソロ・

〈YOAKE 〜MUSIC SCENE 2013〜〉アタマとココロで音楽の未来を感じた夜――OTOTOY最速レポ

〈YOAKE 〜MUSIC SCENE 2013〜〉アタマとココロで音楽の未来を感じた夜――OTOTOY最速レポ

※画像は後日掲載予定 5月28日火曜日、東京•渋谷クアトロにて音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライヴ・イベント〈YOAKE 〜MUSIC SCENE 2013〜〉がおこなわれた。このイベントはパネルディスカッション+ライヴで構成する、出入り自

YOAKE Vol.2 に角張渉(カクバリズム)の出演が決定! タイムテーブルも発表

YOAKE Vol.2 に角張渉(カクバリズム)の出演が決定! タイムテーブルも発表

先日、開催が発表された「パネルディスカッション」+「ライヴ」で構成するトーク&ライヴ・イベント〈YOAKE Vol.2〉に、角張渉(カクバリズム)が追加出演することが決まった。 角張は、パネルディスカッション2「CD以降の音楽シーン」に出演し、飯田仁一

音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライヴ〈YOAKE Vol.2〉に南壽あさ子& 高野寛が出演

音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライヴ〈YOAKE Vol.2〉に南壽あさ子& 高野寛が出演

「パネルディスカッション」+「ライヴ」を通して音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライブ〈YOAKE Vol.2〉が開催されることが決定した。 パネルディスカッションとライヴで構成する会場出入り自由のこのイベント。昨年は恵比寿ガーデンプレイ

音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライヴ〈YOAKE Vol.2〉に南壽あさ子、高野寛が出演

音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライヴ〈YOAKE Vol.2〉に南壽あさ子、高野寛が出演

「パネルディスカッション」+「ライヴ」で構成する音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライブ〈YOAKE Vol.2〉の開催されることが決定した。 昨年は恵比寿ガーデンプレイスを舞台におこなわれたこのイベント。今回は場所を変え、渋谷クラブクア

高野寛、恒例のアコースティック・ライヴをモナ・レコードで開催

高野寛、恒例のアコースティック・ライヴをモナ・レコードで開催

高野寛が恒例となっているソロ・アコースティック・ライヴを下北沢モナ・レコードで開催する。 昨年はクラムボンの伊藤大助と結成したバンド「高野寛+伊藤大助(クラムボン」でのライヴ・ツアーと音源のリリースや自身のソロ・ライヴ、年末の〈高橋幸宏60th Ann

高橋幸宏60thライヴ出演者発表! 9年ぶりのSketch Show、S・ジャンセンら

高橋幸宏60thライヴ出演者発表! 9年ぶりのSketch Show、S・ジャンセンら

12月22日(土)に東京・Bunkamuraオーチャードホールで行われる高橋幸宏の還暦記念ライヴの出演アーティストが発表された。 同ライヴには、スティーヴ・ジャンセンなど91年の〈A NIGHT IN THE NEXT LIFE〉ツアーのバンド・メ

日本初!? 精華大のポップ学部で細野晴臣、BOSE、近田春夫らが教員に

日本初!? 精華大のポップ学部で細野晴臣、BOSE、近田春夫らが教員に

日本で初めてマンガ専門の学部を設けた大学として知られる京都精華大学が、2013年より4月から音楽とファッションを専攻できるポピュラーカルチャー学部を設置することを発表した。 同学部の音楽コースには、近田春夫、佐久間正英、高野寛、BOSEといった有名ミ

高野寛とクラムボン伊藤大助、本日20時よりUSTライヴ配信

高野寛とクラムボン伊藤大助、本日20時よりUSTライヴ配信

高野寛と伊藤大助(クラムボン)が本日4月4日(水)20時よりライヴ・パフォーマンスをUSTREAMで配信する。 両者は今年に入り2人バンド、高野寛+伊藤大助を結成。4月6日(金)より全国ツアー〈TOUR 2012 : happening !!〉をスター

Collapse

Articles

高野寛、25周年記念アルバムと豪華アーティスト参加のカヴァー・アルバムを配信開始

レヴュー

高野寛、25周年記念アルバムと豪華アーティスト参加のカヴァー・アルバムを配信開始

祝・デビュー25周年! 高野寛、ブラジル録音のアルバムと豪華アーティスト参加のカヴァー集が同時配信開始デビュー25年、高野寛が生み出してきた楽曲は、その時代のテーマを織り交ぜながらも、いつの時でも変わらぬ鮮やかさを持っている。どの時代の曲を聴いても色あせる…

高野寛 デビュー25周年を記念し『tide』『Ride on Tide』をHQDにて同時配信!

インタヴュー

高野寛 デビュー25周年を記念し『tide』『Ride on Tide』をHQDにて同時配信!

1988年、高橋幸宏プロデュースのもとデビュー、今年10月にデビュー25周年を迎えた高野寛。キャリア25周年記念の第一弾として、カヴァー・アルバム『TOKIO COVERS』、1999年リリースの『tide』(「Bye Bye Television」と「偽…