artist image

高野寛

Pop

高野寛(たかのひろし) 1964年静岡生まれ。

シンガー・ソング・ライター、ギタリスト、時々プロデューサー。ビートルズ、YMO、トッド・ラングレンに影響を受け、細野晴臣、忌野清志郎、カエターノ・ヴェローゾ、ブライアン・イーノを敬愛し、ニール・ヤングとデヴィッド・バーンにシンパシーを感じる音楽家。

1988年、高橋幸宏プロデュースによるシングル「See You Again」でデビュー。現在までに16枚のシングルとミニ・アルバム、ベスト・アルバムを含む15枚のアルバムをリリース。代表作は「虹の都へ」「ベステンダンク」など。2004年1月15日に約5年ぶりとなるオリジナル・アルバム『確かな光』、9月1日にベストアルバム『相変わらずさ〜Best Songs 1988-2004〜』を発表した。

2001年以降、ソロ活動と並行してナタリー・ワイズのメンバーとしても活動中。最新作は『raise hands high』(2004年9月)。

ギタリストとしての評価も高く、94年には坂本龍一の国内ツアー、ワールド・ツアーに参加。宮沢和史のソロ・プロジェクトMIYAZAWA-SICKにも参加し、2003年にヨーロッパ・ツアー、2004年に南米ツアーも行なっている。また、2005年1 月から2月にかけてフランス、ブルガリア、ポーランド、ロシア、イギリス、日本の6カ国をまわったツアー“MIYAZAWA-SICK '05”はドキュメンタリーDVD『EURO ASIA〜MIYAZAWA-SICK EUROPE TOUR '05〜』として発売中。

 2005年4月に仙台港近辺で開催されたロックフェスティバル“ARABAKI ROCK FEST.04292995”の後夜祭には、クラムボンの原田郁子さんとともに“高野寛 with 原田郁子”として出演。ベースのtatsuさん、ドラムの坂田学さん含め全員が「B型」ということで、その後命名されたユニット「4B」としの今後の活動も期待される。

近年は、自らの活動の他、他アーティストへの詞曲提供やアレンジャー、特にプロデューサーとしても活動が多く、レコーディングへの参加も多数。最近のプロデュース・ワークとしての代表作品は小泉今日子『厚木I.C.』(2003年)、野宮真貴『Lady Miss Warp』(2002年)など。他にも中村一義、テイ・トウワ、SUPER BUTTER DOG、ハナレグミ、クラムボン、HALCALI、浜崎貴司、THE BOOMなど多くの作品を手がけている。

台湾の鄭有傑(チェン・ヨウチェー)監督の短編映画『シーディンの夏』(2001年)には音楽監督として参加。同作品は2003年、日本各地で公開された。また、2005年春公開予定の竹中直人監督・出演映画『サヨナラCOLOR』の音楽をナタリー・ワイズ、ハナレグミ、クラムボンが担当している。

デビュー曲「See You Again」から最新アルバム『確かな光』まで、16年の軌跡を凝縮したコンプリートベスト『相変わらずさ〜Best Songs 1988-2004〜』が9月1日発売された。9月27日の沖縄を皮切りに、ベスト盤発売記念ツアーも予定している。 また、2005年8月より全国ロードショー公開される竹中直人監督・出演映画『サヨナラCOLOR』の音楽をナタリー・ワイズ、ハナレグミ、クラムボンが担当。この映画から生まれたセッションアルバム『サヨナラCOLOR〜映画のためのうたと音楽〜』は8月6日リリース。また前述の3組によるスペシャルセッションライブ“サヨナラCOLOR〜映画のための音楽会〜”が8月8日@東京・SHIBUYA-AX、10日@Zepp Osakaにて開催された。

http://www.five-d.co.jp/takano/index2.html http://www.last.fm/music/%E9%AB%98%E9%87%8E%E5%AF%9B

Official site: http://www.haas.jp/

Discography

Pop
何かと縁のあるキチム。6回に渡って続いた対談+ミニライブのイベント「夢の中で会えるでしょう」は後に書籍化されました。それ以外にも展覧会を見に行ったり、友達のライブを見てそのまま飛び入りしたり、時には打ち合わせに使わせてもらったり。 今回のライブ音源は2/22のキチムでの原田郁子さんとの2マンライブから、高野寛のソロパート8曲を選んでいます。「もしかしたらこの先、こんなふうにできなくなったりするのかな?」なんて言いながらも心置きなく同じ空間で同じ時間を共有できたことが、今となっては遠い昔の出来事のようにも感じます。 最後にキチム10周年おめでとうございます。いつかまた集まれる日まで!
Pop
2015年から2020年の間に録音したギターと歌だけの作品集。M3, M4は2020年のライブ自粛後に書き下ろした新曲。 「姫路にある小さなライブスペース「ハルモニア」を主宰しているCow & Mouseは、主に西日本を中心に活動する個人イベンターです。文化財や寺、教会、蔵など趣のあるスペースを使ったライブやイベントを積極的に行ってきました。 ライブには活用されてこなかったユニークな物件を見つけ、管理者の元に何度となく足を運んだ後、Cow & Mouseが開拓したライブ会場は、数多くあります。例えば、近年すっかりおなじみになった神戸・旧グッゲンハイム邸に早い時期から注目して積極的にイベント会場として活用してきたのも彼らです。 この数年、僕のアコースティックライブを陰ながら支えてくれたのはCow & Mouseでした。彼らも今、多くのライブハウスやイベンターと同じく苦境に立たされています。今回は僕が自宅でアコースティックギターだけで録った未発表曲の音源でアルバムを作りました。(SoundCloudなどで発表していた音源はリマスターしています)。 ぜひ、皆さんからの支援を彼らに届けて下さい。よろしくお願いします!」
Pop
5年ぶり、デビュー30周年記念アルバムは、冨田ラボプロデュース ラジオから流れた知らない曲のサウンドが気になって「誰だろう?」と思い調べると、冨田さん(冨田ラボ)のサウンドプロデュースだったことが数回ありました。僕の耳が冨田さんの音に反応しているんだな、と思いました。新しいアルバムをひとことで表すならば、「シティポップのサウンドをまとった現代のフォークロア」。限界を突破するために、そして未知の化学反応を期待して、今回は冨田さんに全面的にサウンドプロデュースをお願いすることにしました。30周年の締めくくりに、初めての共演から生まれた新しい歌を届けます。高野寛
Pop
2014年発売のデビュー25周年記念アルバム「TRIO」以来3年ぶりのリリースとなるミニアルバム。その間クリエイターズ・サイト「note」で配信・発表された100曲以上に及ぶ未発表曲(半数はインスト曲)から厳選された楽曲をブラッシュアップ、ボーカル曲6曲とインスト1曲を含む7曲入り。盟友、宮川剛(ドラム)、little creaturesの鈴木正人(ベース)も参加。
Pop
デビュー25周年記念リリースアルバム・第4弾。初のブラジル録音による、新曲+セルフカヴァーアルバム。ブラジルのミュージシャン達の個性溢れる演奏と高野の楽曲の化学反応。アコースティックでリラックスした雰囲気の、高野寛POPS・2014年の進化形。
Pop
デビュー25周年記念リリースアルバム・第4弾。初のブラジル録音による、新曲+セルフカヴァーアルバム。ブラジルのミュージシャン達の個性溢れる演奏と高野の楽曲の化学反応。アコースティックでリラックスした雰囲気の、高野寛POPS・2014年の進化形。
Pop
1999年に発売された9枚目のオリジナル・アルバム(現在廃盤)をリマスタリングしてリリース。「このあたりの年代を境に、マスタリング技術は大きく変わった」とのことで、本人念願のリマスター盤である。作詞、作曲、アレンジメントをすべて高野寛が手がけるいっぽう、当時からミュージシャンの交流は広く、20代だった原田郁子や畠山美由紀、渋谷慶一郎など今現在大活躍するミュージシャンが多数参加している。ボーナス・トラックとして2000年発売のシングル「Bye Bye Television」、現在どこにも収録されていない「偽りの中で」を収録。この作品をリリース後、初めての全国弾き語りツアーにでる。その成果は今回同発されるライブ盤「Ride On Tide」(リマスター盤)に結実する。
Pop
2000年に発売された2枚組ライブ・アルバム(現在廃盤)をリマスタリングしてリリース。「このあたりの年代を境に、マスタリング技術は大きく変わった」とのことで、本人念願のリマスター盤である。1999年に行った全国弾き語りツアーの膨大な音源から17曲を厳選。代表曲の「ベステンダンク」「夢の中で会えるでしょう」収録のほか、トッド・ラングレンの「Wailing wall」やPPMの「500マイル」など、カヴァー曲も収録。中村一義が「ベステンダンク」にゲスト・ヴォーカルとして参加。
Pop
自ら大ヒット曲を持つシンガー・ソング・ライターであり、YMOやGANGA ZUMBA、pupaを始めとする先鋭的なミュージシャンたちとの音楽活動や、幾多のアーティストや名曲の数々を世に送り出してきたプロデューサーとしての顔も持つ、高野寛。ジャンルや規模を問わず、あらゆる場面で活躍し続ける彼が、リラックスした雰囲気の中、純粋に歌を届ける、2012年9月27日(木)に行われた今回のVACANTでのライヴ。自ら「ライフワーク的」と語る、等身大の彼の音楽を、DSDならではの高音質で記録。ライヴ前とライヴ後に行なったインタビューと共に、じっくり堪能していただきたい、渾身の一作です。
Pop
イスラエル生まれのおさる、ナターシャが繰り広げる楽しいお話と、かわいい絵、さらに手をたたきながら楽しく歌える音楽が一度に楽しめます! 興味深いストーリー展開と、クオリティー高い楽曲とイラスト。子供だけでなく、もちろん大人の方にもお楽しみいただける充実の内容です。絵本好きのかた、お子さまへのプレゼント、などにおすすめです!!お話と音楽は高野寛さん、絵は人気イラストレーター石坂しづかさん。
Pop
YMOチルドレンによる究極のトリビュート盤から、高野寛がカバーした『CUE』を24bit/48kHzの高音質で配信。
Dance/Electronica
FPM=Fantastic Plastic Machineとして知られる田中知之が、ボーカリストに高野寛と原田郁子を迎え、本名名義でリリースする第二弾シングル。
Dance/Electronica
FPM=Fantastic Plastic Machineとして知られる田中知之が、ボーカリストに高野寛と原田郁子を迎え、本名名義でリリースする第二弾シングル。
Pop
YMC
YMO結成40周年を記念した、YMOゆかりの豪華な顔ぶれのアーティストたちによるトリビュート・コンサート『Yellow Magic Children ~40年後のYMOの遺伝子』。YMOのカヴァーとYMOから影響を受けたそれぞれのオリジナル曲の演奏で観客と一体となって盛り上がった奇跡の一夜がファンの熱い要望に応えてついにライヴCD化! バンド・マスターの高野寛をはじめ、YMOやメンバー・ソロの演奏を支えてきた高田漣、ゴンドウトモヒコ、白根賢一、沖山優司、網守将平の演奏に、幅広い年代、ジャンルのゲスト・ヴォーカリスト、プレイヤーが客演。その中にはYMOメンバーの子や孫も。時代を超えるYMOの音楽のきらめきを、世代を超えて継承するYellow Magic Childrenの名曲ぞろいのライヴをどうぞお楽しみください。
Pop
YMC
YMO結成40周年を記念した、YMOゆかりの豪華な顔ぶれのアーティストたちによるトリビュート・コンサート『Yellow Magic Children ~40年後のYMOの遺伝子』。YMOのカヴァーとYMOから影響を受けたそれぞれのオリジナル曲の演奏で観客と一体となって盛り上がった奇跡の一夜がファンの熱い要望に応えてついにライヴCD化! バンド・マスターの高野寛をはじめ、YMOやメンバー・ソロの演奏を支えてきた高田漣、ゴンドウトモヒコ、白根賢一、沖山優司、網守将平の演奏に、幅広い年代、ジャンルのゲスト・ヴォーカリスト、プレイヤーが客演。その中にはYMOメンバーの子や孫も。時代を超えるYMOの音楽のきらめきを、世代を超えて継承するYellow Magic Childrenの名曲ぞろいのライヴをどうぞお楽しみください。
Rock
V.A.
View More Discography Collapse
Collapse

News

『Save Our Place』第6弾で高野寛『Live at kichimu』をはじめ6作品配信開始 レポート記事も公開

『Save Our Place』第6弾で高野寛『Live at kichimu』をはじめ6作品配信開始 レポート記事も公開

OTOTOYによるライヴハウス支援企画『Save Our Place』の第5弾が、本日5月8日(金)にリリースされた。 また、合わせて「Save Our Place レポート」が公開された。 今回配信開始されたのは、高野寛が2月22日に吉祥寺キチムにて行

『Save Our Place』第4弾で高野寛、あら恋、ベントラーカオル、DEATHROら8作品の未リリース音源配信開始

『Save Our Place』第4弾で高野寛、あら恋、ベントラーカオル、DEATHROら8作品の未リリース音源配信開始

OTOTOYによるライヴハウス支援企画『Save Our Place』の第4弾となる作品が、本日4月23日(木)にリリースされた。 今回配信開始されたのは、高野寛が2015年から2020年の間に録音したギターと歌だけで構成される未発表音源を集めた作品集『

ミュージシャンが自宅で撮りおろした映像を鑑賞するライヴストリーミング『新生音楽 MUSIC AT HOME』配信決定

ミュージシャンが自宅で撮りおろした映像を鑑賞するライヴストリーミング『新生音楽 MUSIC AT HOME』配信決定

ミュージシャン・高野寛と映像制作ユニット「GRAPHERS’ GROUP」主宰・石原淳平が中心となり、立ち上げたライヴストリーミング・コンテンツ『新生音楽(シンライブ)』。 今回の『新生音楽(シンライブ)』は、ライヴストリーミングで部屋と部屋をつなぎ、「

新ライヴ・コンテンツ『新生音楽(シンライブ)』始動、第一回は高野寛×原田郁子

新ライヴ・コンテンツ『新生音楽(シンライブ)』始動、第一回は高野寛×原田郁子

3月24日に新しいライヴ・コンテンツ『新生音楽(シンライブ)』がスタートする。 「新生・音楽」と名付けられた通りに、生まれた瞬間の音楽を届けるという、ネットから発信する新たなライヴ視聴体験を提案している。 記念すべき第 1 回の出演者と日程は次の通り。

〈Yellow Magic Children 〜40年後のYMOの遺伝子〜〉ライヴ作品12/25発売決定

〈Yellow Magic Children 〜40年後のYMOの遺伝子〜〉ライヴ作品12/25発売決定

YMOをリスペクトしYMOの遺伝子を継ぐミュージシャンが一堂に会し、そのDNAを次世代へ語り継いでいく」というコンセプトのもと、2019/3/14に東京・新宿文化センター大ホールで開催されたライヴイベント〈Yellow Magic Children 〜4

原田知世、新曲「冬のこもりうた」をfeat.したティザー映像公開

原田知世、新曲「冬のこもりうた」をfeat.したティザー映像公開

原田知世が歌手としてバラード・セレクション・アルバム『Candle Lights』を10月16日(水)にリリースする。 そのアルバムに収録された新曲「冬のこもりうた」をフィーチャーしたティザー映像が公開された。 「冬のこもりうた」は、今回のバラード・セレ

View More News Collapse
高野寛 デビュー30周年記念アルバム『City Folklore』10/9発売  自伝的エッセイをnoteで連載中

高野寛 デビュー30周年記念アルバム『City Folklore』10/9発売 自伝的エッセイをnoteで連載中

高野寛が、デビュー30周年の締めくくりとして2019年10月9日にアルバム『City Folklore』をリリースする。 『City Folklore』は、5年振りとなる待望のオリジナル・アルバム。 今作はプロデューサーに冨田恵一(冨田ラボ)を迎えて制作

原田知世、新曲含むバラード・セレクション・アルバムをリリース

原田知世、新曲含むバラード・セレクション・アルバムをリリース

先の読めないストーリー展開で大きな話題とな理、9月8日(日)に最終回を迎えた日本テレビ系・新日曜ドラマ『あなたの番です』に、田中圭と共に主演を務めた原田知世。 そんな原田が歌手としてバラード・セレクション・アルバム『Candle Lights』を10月1

〈CROSSING CARNIVAL'19〉コラボ企画第2弾で蓮沼執太フィル×高野寛、EMC×ホムカミら決定

〈CROSSING CARNIVAL'19〉コラボ企画第2弾で蓮沼執太フィル×高野寛、EMC×ホムカミら決定

CINRA.NETの主催により、5月18日(土)にTSUTAYA O-EAST、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、WOMB LIVE、TSUTAYA O-nestの5会場にて開催されるイベント〈CROSSING CARNIVAL ‘

〈Yellow Magic Children 〜40年後のYMOの遺伝子〜〉―OTOTOYライヴレポート

〈Yellow Magic Children 〜40年後のYMOの遺伝子〜〉―OTOTOYライヴレポート

3月14日(木)東京・新宿文化センター大ホールにて、「YMOをリスペクトしYMOの遺伝子を継ぐ歌い手たちが YMOを次世代へ語り継いでいく」というコンセプトの元、一夜限りのライヴイベント〈Yellow Magic Children 〜40年後のYMOの遺

異端から最先端へ。キツネの嫁入り、4thアルバムが完成!

異端から最先端へ。キツネの嫁入り、4thアルバムが完成!

常に新しい感性や独特のシーン/バンドが派生する京都において、ひときわ独自な世界観と他の追随を許さない活動を続けるキツネの嫁入り。そんな彼らが、メンバーの脱退、転勤、結婚、出産など多くのバンドが直面する危機に直面するも、その感情、経験すべてを武器に、新しい

「ポプシクリップマガジン」最新号6/28に発売 表紙はファン感涙のMOTORWORKS

「ポプシクリップマガジン」最新号6/28に発売 表紙はファン感涙のMOTORWORKS

偏愛に満ち溢れた音楽ファンのためのインディーポップZINE「ポプシクリップマガジン」最新号となる第9号が6月28日(水)に発売される。 巻頭インタヴュー並びに表紙は、石田ショーキチ(Scudelia Electoro)、黒沢健一(L⇔R)、田村明浩(スピ

ポプシクリップ。8周年記念イベントに黒沢秀樹(ex.L⇔R)の出演が決定 杉本清隆、アルマグラフの会場限定新作音源も

ポプシクリップ。8周年記念イベントに黒沢秀樹(ex.L⇔R)の出演が決定 杉本清隆、アルマグラフの会場限定新作音源も

ポップスリスナー向けの音楽WEBサイト「ポプシクリップ。」が6月10日(土)に行うイベント「POPS Parade Festival 2017」に、今年デビュー25周年を迎える元L⇔Rのギタリスト、黒沢秀樹の出演が決定した。 本イベントはWEBサイト開設

高野寛、アルマグラフ、杉本清隆出演「ポプシクリップ。」8周年記念イベント追加アーティストにTWEEDEES決定

高野寛、アルマグラフ、杉本清隆出演「ポプシクリップ。」8周年記念イベント追加アーティストにTWEEDEES決定

ポップスリスナー向けの音楽WEBメディア「ポプシクリップ。」が6月10日(土)に開催する毎年恒例の音楽イベント〈POPS Parade Festival 2017〉。 すでに出演アーティストとして発表されている高野寛、Alma-Grafe(アルマグラフ)

畠山美由紀 オーチャードホールでのソロ・デビュー15周年公演ゲスト発表

畠山美由紀 オーチャードホールでのソロ・デビュー15周年公演ゲスト発表

2001年のソロ・デビューから15周年を迎えた畠山美由紀。 記念公演「15th anniversary concert 畠山美由紀 ソロ・デビュー15周年記念 大感謝祭♡」をBunkamuraオーチャードホールにて開催することが決定、豪華ゲスト陣が発表さ

アイドルネッサンス、感謝と決意の4thワンマン「お台場で迸るネッサンス!!」レポート

アイドルネッサンス、感謝と決意の4thワンマン「お台場で迸るネッサンス!!」レポート

8人組アイドル・グループ、アイドルネッサンスが先週2016年11月6日(日)に自身最大規模4thワンマン「お台場で迸るネッサンス!!」を開催した。 バンド・セットやゲストを迎え全20曲披露した模様をオフィシャル・レポートでお送りする。 OTOTOYでは4

空中メトロ、1stアルバムを残響レコードより発表

空中メトロ、1stアルバムを残響レコードより発表

大阪を中心に活動中のゆるふわオルタネイティヴ・バンド・空中メトロが、1stアルバム『ワンダーランドの地図』を残響レコードより8月17日にリリースする。 空中メトロは、2014年5月結成の「ゆるふわオルタナ・バンド」。結成4ヶ月にして「残響祭10周年オーデ

残響レコードらしからぬ新人・空中メトロ、限定epはTokyo Recordingsプロデュース

残響レコードらしからぬ新人・空中メトロ、限定epはTokyo Recordingsプロデュース

大阪を中心に活動中の大学生男女4人組バンド・空中メトロが、Tokyo Recordingsプロデュースによるep『Δ / 僕の歌』を、7月6日より500枚限定でタワーレコードにてリリースする。 空中メトロは、2014年5月結成の「ゆるふわオルタナ・バンド

空中メトロ、高野寛をプロデューサーに迎えた新作ALよりMV公開

空中メトロ、高野寛をプロデューサーに迎えた新作ALよりMV公開

大阪を中心に活動中の4人組バンド、空中メトロが、3月2日リリースの2ndミニ・アルバム『「♭」ホームに消えた。』より、「ワールドトワイライト」のMVを公開した。 2014年5月に現メンバー4人(大学生の幸、星衛、高校生の外山、藤崎)で活動を始めた空中メト

リクオ主催の一期一会イベント〈HOBO CONNECTION〉今年も開催

リクオ主催の一期一会イベント〈HOBO CONNECTION〉今年も開催

ピアノマン・リクオによる毎年恒例のセッション・イベント〈HOBO CONNECTION〉が今年も各地で開催されることが発表された。 今年は仲井戸"CHABO"麗市と竹原ピストルが初共演、ウルフルケイスケ、高野寛、有山じゅんじが元気に完全復活、オープニング

「commmons」10周年記念イベント開催決定 ホストは坂本龍一

「commmons」10周年記念イベント開催決定 ホストは坂本龍一

坂本龍一を中心とし、アーティストのゆるやかな連携を標榜しスタートしたプロジェクト「commmons (コモンズ)」。 設立10周年を迎え4月9日と10日の2日間、東京・恵比寿ガーデンプレイスで10周年記念イベントが開催されることが決定。イベント全体のホス

リクオ×中川敬〈うたのありか〉今年も開催! ゲストも決定

リクオ×中川敬〈うたのありか〉今年も開催! ゲストも決定

中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)と、リクオによるアコースティク・ツアー〈うたのありか〉が今年も開催される。 精力的に日本中をツアーしている“ローリング・ピアノマン”リクオと、ソロ・アルバム第3弾『にじむ残響、バザールの夢』の発売を控えるソウル・フラワ

〈Slow Music Slow LIVE〉第5弾でハンバート ハンバート、チャラン・ポ・ランタン決定

〈Slow Music Slow LIVE〉第5弾でハンバート ハンバート、チャラン・ポ・ランタン決定

8月29日(金)30日(土)31日(日)の3日間開催される〈Slow Music Slow LIVE '14 in 池上本門寺〉の第5弾出演アーティストの発表がおこなわれ、ハンバート ハンバート、チャラン・ポ・ランタンの出演が決定した。 昨年、記念すべ

高野寛トリビュートALにT・ラングレン、湯川潮音、おお雨、蓮沼執太ら参加

高野寛トリビュートALにT・ラングレン、湯川潮音、おお雨、蓮沼執太ら参加

今年デビュー25周年を迎えた高野寛のトリビュート・アルバム『高野寛 ソングブック~tribute to HIROSHI TAKANO~』が8月6日(水)に発売されることが発表された。また、高野寛のミュー・アルバム『TRIO』も同時発売される。 シンガー

Collapse

Articles

高野寛、25周年記念アルバムと豪華アーティスト参加のカヴァー・アルバムを配信開始

レヴュー

高野寛、25周年記念アルバムと豪華アーティスト参加のカヴァー・アルバムを配信開始

デビュー25年、高野寛が生み出してきた楽曲は、その時代のテーマを織り交ぜながらも、いつの時でも変わらぬ鮮やかさを持っている。どの時代の曲を聴いても色あせることのない「高野寛POPS」。私たちの日常の中で歌い継がれ、さらに進化を続けて行くのだと思う。 最新作…

高野寛 デビュー25周年を記念し『tide』『Ride on Tide』をHQDにて同時配信!

インタヴュー

高野寛 デビュー25周年を記念し『tide』『Ride on Tide』をHQDにて同時配信!

1988年、高橋幸宏プロデュースのもとデビュー、今年10月にデビュー25周年を迎えた高野寛。キャリア25周年記念の第一弾として、カヴァー・アルバム『TOKIO COVERS』、1999年リリースの『tide』(「Bye Bye Television」と「偽…

音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライヴ『YOAKE 〜MUSIC SCENE 2013〜』が開催!

その他

音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライヴ『YOAKE 〜MUSIC SCENE 2013〜』が開催!

音楽シーンの現在を感じ、未来を考えるトーク&ライヴ・イベント「YOAKE 〜MUSIC SCENE 2013〜」。パネルディスカッション+ライヴで構成する充実の3時間半(出入り自由)。ありそうでなかった、オープン、カジュアルで本格的なカンファレンス。大好評…

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

インタヴュー

高野寛ライヴ音源DSD独占配信&インタビュ—『Live at VACANT [ONE, TWO, THREE]』

自ら大ヒット曲を持つシンガー・ソング・ライターであり、YMOやGANGA ZUMBA、pupaを始めとする先鋭的なミュージシャンたちとの音楽活動や、幾多のアーティストや名曲の数々を世に送り出してきたプロデューサーとしての顔も持つ、高野寛。ジャンルや規模を問…