album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
はじめに (イントロ)  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 00:38
イルリメのダンス天国  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:14
12345678910 (一二三でロック)  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:35
イルリメもいてもたってもいられない  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:45
MC&PUSHER (2人のセッション)  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:26
ブレイクビーツをこの手で叩く  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:15
HOT SPOT!  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:15
元気でやってるのかい ?  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:20
イルリメのロコモーション  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:24
イルリメNO.5  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:45
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 27:37
Album Info

の通算5枚目となるフルアルバム。数々のライブで練り上げられた、キラーチューンがずらり並ぶ、パーティーアルバム!参加ゲストもYOUR SONG IS GOOD、、、AMIDA、MOTHとかなり豪華!

Discography

ライブのハイライトで歌われ続け、イルリメの代表曲ともいえる名曲「トリミング」をバージョンアップしてリテイク!東京オルタナティヴシーン最強のロックデュオ“KIRIHITO”のストレンジでポップな名曲「君にメロメロ」をサンプリングした今作1番のキラーチューン「HELLOW MELLOW」などを始め、硬軟静動織り交ぜた360°対応の5曲を収録!これがイルリメの最新型!!

前作から1年8ヶ月振りとなる、[[イルリメ]]のニューアルバム!ヨーロッパツアーや、初の短編小説の執筆など、これまでの活動と創作により引き出された才能を充分に注いだ集大成的な作品。ほぼ一人での制作とは思えない、バラエティーに富んだ曲の数々が、より詩情豊かに紡がれる歌詞と融合した、イルリメの最高傑作です。

[[イルリメ]] の通算5枚目となるフルアルバム。数々のライブで練り上げられた、キラーチューンがずらり並ぶ、パーティーアルバム!参加ゲストもYOUR SONG IS GOOD、[[ECD]]、[[二階堂和美]]、AMIDA、MOTHとかなり豪華!

V.A.

YMOチルドレンによる究極のトリビュート盤。今までにもリミックス盤はリリースされているが、今回はバンドサウンドに焦点をあてていたり、テクノ/ハウス系アーティストの参加があったりとアプローチが新鮮だ。参加アーティスト:クラムボン、イルリメ、ken Ishii、曽我部恵一、佐藤タイジ、Jazztronikほか。

Rock
V.A.

ガールズ・パンク・バンドGARORINZ(ガロリンズ)。様々なイベントの主催や共催、フリー・ペーパー、レコ屋、カフェやライブ・ハウスの運営など、実に多岐に渡る活動を続けている藤井よしえは、福岡のシーンを語る上では避けて通れない存在です。現在癌闘病中の彼女に、何かできないものか? と、彼女と親交の深い15アーティストが集結。そして、全曲ガロリンズとnoumi yoshie(藤井よしえソロ)のカヴァー楽曲のコンピレーション・アルバムが完成しました! 参加しているどのアーティストからも、彼女への思いがひしひしと溢れており、熱量に満ちた作品になっています!

News

Open Reel Ensemble、3人体制初ライヴ決定

Open Reel Ensemble、3人体制初ライヴ決定

Open Reel Ensembleが3人体制となって初となるライヴ出演が決定した。 彼らは旧型オープンリール式テープ・レコーダーを改造し、現代のコンピューターとドッキングさせ音楽を奏でるグループ。昨年9月にメンバー2名が脱退し、和田永、吉田悠、吉田匡の

FRONTIER BACKYARD 6人の音楽家たちを迎えた新作トレーラーを公開

FRONTIER BACKYARD 6人の音楽家たちを迎えた新作トレーラーを公開

2014年にバンドとして10周年を迎えたFRONTIER BACKYARD。 9月9日発売(OTOTOY配信予定)の『Backyard Sessions #002』のトレーラーが公開となった。 アルバムジャケットのデザインも手掛ける勝見拓矢が監督を務めて

LLamaの新作にイルリメ、Open Reel Ensembleら参加、東西でレコ発も

LLamaの新作にイルリメ、Open Reel Ensembleら参加、東西でレコ発も

京都を拠点に活動するバンド、LLamaが結成10周年を記念したアルバム『VISTA』を12月3日(水)にリリースする。またリリースに伴い、12月に京都と東京でリリース・パーティーを予定している。 ギター、ツイン・ドラム、ウッド・ベース、ツイン・トランペッ

月見ル君想フで予測不能豪華ラインナップ〈東京30人弾き語り2014〉開催

月見ル君想フで予測不能豪華ラインナップ〈東京30人弾き語り2014〉開催

月見ル君想フの10周年を記念した究極のイベントが2日間開催されることが決定した。 イベントを主催するのは、福岡をベースに活動するヨコチンレーベル主宰、オリジナリティ溢れるイベントをプロデュースし続ける祭り男「ボギー」。主宰するトロピカルダンスバンド n

〈子だぬき音楽祭〉秋の開催が決定

〈子だぬき音楽祭〉秋の開催が決定

島根県在住の音楽イベント主催者らが発起人となり開催された入場無料の新しいタイプのお祭り〈たぬき音楽祭〉のスピンオフ・バージョン(!?)の〈子だぬき音楽祭〉が10月19日(日)に開催されることが発表された。 2013年10月に七尾旅人、DJやついいちろう

“21歳無一文の主催者”が開催する〈FEVER OF SHIZUOKA 2014〉が話題に

“21歳無一文の主催者”が開催する〈FEVER OF SHIZUOKA 2014〉が話題に

静岡県内で初、最大規模となるライヴ・サーキット・イベント〈FEVER OF SHIZUOKA 2014〉が話題になっている。 このイベントは静岡市内の13会場に150を越えるアーティストが出演する、大規模都市型フェスティバル。「静岡から世界へ~レペゼ

View More News Collapse
法政学園祭にイルリメ、DE DE MOUSE、画家ら7組

法政学園祭にイルリメ、DE DE MOUSE、画家ら7組

11月2日(土)から4日(月・祝)にかけて開催される〈第66回自主法政祭〉の出演アーティストが発表された。 毎年尖ったメンツが揃う〈自主法政祭〉だが、今年も音楽好きを唸らせること必至の全7組が集結。2日土曜はイルリメ、HALFBY、UHNELLYS、TE

曽我部恵一、イルリメ、tofubeats、笹口騒音ハーモニカが参加するクロスオーバー・イベント開催!!

曽我部恵一、イルリメ、tofubeats、笹口騒音ハーモニカが参加するクロスオーバー・イベント開催!!

「フェスは野外で起こってるんじゃない、ライヴ・ハウスで起こってるんだ!」をテーマに、ライターの福アニーが手掛けるイベント〈ANNIE FUKU presents HERE AND THERE vol.2〉が開催される。 このイベントに出演するのは、ソロ

K404(TRAKS BOYS)、近所の工事がようやく終わる。――しょうもにゅーす

K404(TRAKS BOYS)、近所の工事がようやく終わる。――しょうもにゅーす

DJ/プロデューサー・ユニットTRAKS BOYSとして国内外で作品をリリースし、川崎工場地帯の工場屋上でのレイヴ「DK SOUND」の主催や、イルリメとのユニット(((さらうんど)))でも活躍する、K404。最近まで近所の工事による騒音にイラついてい

韓国のニュー・フェイス来日をイルリメ、kuruucrewらが迎え撃つ!

韓国のニュー・フェイス来日をイルリメ、kuruucrewらが迎え撃つ!

韓国のインディ・シーンで話題沸騰の新鋭アーティスト、Yamagata TweaksterとWedanceが、日本でのCDリリースを記念した来日ツアーを開催する。 80年代シンセ・サウンド風の極上ダンス・チューンを放つYamagata Tweakster

〈RTでプレゼント〉今週末、歌舞伎町の元キャバレーで朝まで踊りあかしませんか?

〈RTでプレゼント〉今週末、歌舞伎町の元キャバレーで朝まで踊りあかしませんか?

1週間後に迫った、オールナイト・イベント〈 PACKaaaN!!! 〉のタイム・テーブルが発表された。 12月15日(土)に新宿歌舞伎町のキャバレー跡地、風林会館「ニュージャパン」で行われるオールナイト・イベント。先日、発表された、イルリメ、シグナレス

不夜城・歌舞伎町イベント〈PACKaaaN!!!〉第2弾にイルリメ他が追加出演

不夜城・歌舞伎町イベント〈PACKaaaN!!!〉第2弾にイルリメ他が追加出演

オールナイト・イベント〈 PACKaaaN!!! 〉第2弾の新たな出演者が発表された。 12月15日(土)に新宿歌舞伎町のキャバレー跡地、風林会館『ニュージャパン』でのオールナイト・イベント第2弾に新たに、イルリメ、シグナレス、そしてDJマイケルの出演

入場無料! ムサビ芸術祭にイルリメ、bananafish、チャラン・ポ・ランタンなど出演!

入場無料! ムサビ芸術祭にイルリメ、bananafish、チャラン・ポ・ランタンなど出演!

毎年、さまざまなアーティストのライヴが格安で見られる学祭シーズンが到来! 10月27日(土)~29日(月)には、東京・武蔵野美術大学で「MAU ART FESTIVAL 2012」が行われる。 今年のムサビ芸術祭に登場するのは、ザ・シャロウズ、bana

入場料500円のフェスにcero、キセルら出演

入場料500円のフェスにcero、キセルら出演

4月18日(水)から22日(日)までの5日間にわたり、さいたまスーパーアリーナ4FのTOIROにて、フェスティヴァル〈TOIROCK FES 2012〉が開催される。 同フェスは、TOIROの自由なイヴェント・スペースを最大限に活用したもの。チケット

鴨田潤(イルリメ)×Traks Boysの(((さらうんど)))、リリパにcero、DORIANらが集結

鴨田潤(イルリメ)×Traks Boysの(((さらうんど)))、リリパにcero、DORIANらが集結

イルリメこと鴨田潤とTraks Boysによるシティ・ポップ・バンド、(((さらうんど)))が本日3月7日にデビュー・アルバム『(((さらうんど)))』をリリースした。この発売を記念し、6月15日(土)代官山UNITにて〈(((さらうんど))) 1s

もふくちゃんレーベルがフェス開催! でんぱ組.inc、かせき、イルリメ、BiSら出演

もふくちゃんレーベルがフェス開催! でんぱ組.inc、かせき、イルリメ、BiSら出演

秋葉原の新たなカルチャー・スポット〈ディアステージ〉と〈MOGRA〉を運営するもふくちゃんが、トイズファクトリーと共同で旗揚げしたレーベル〈MEME TOKYO〉。同レーベル初となる自主企画フェスが3月30日(金)と31日(土)の2日間に渡って渋谷W

鴨田潤(イルリメ)、3日間限定でライヴ音源をフリー・ダウンロード

鴨田潤(イルリメ)、3日間限定でライヴ音源をフリー・ダウンロード

イルリメが、本名の鴨田潤名義の弾き語りライヴ音源をフリー・ダウンロードで配布している。 このライヴは、2月29日(水)代官山LOOPにて行われたもの。4年に一度のうるう年であったことと、弾き語りの予定がしばらく入っていないことから、公開を決めたのだ

Collapse

Articles

【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー

インタヴュー

【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー

【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴューカクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG …

イントロで「おっしゃ! きた!」ってなるようなフェス・アンセム10曲

その他

イントロで「おっしゃ! きた!」ってなるようなフェス・アンセム10曲

イントロで「おっしゃ! きた!」ってなるようなフェス・アンセム10曲やっぱ、フェスっていいよね。そこら中で幸せが炸裂しまくっている感じが素晴らしいよね。ハイネケンなんか飲んじゃってさ。そんで、フェスでいちばん幸せが凝縮されている時間を考えたんだけど、それっ…

関西発エレクトロ/エレクトロニカ特集 〜 dj colaboy インタビュー〜

インタヴュー

関西発エレクトロ/エレクトロニカ特集 〜 dj colaboy インタビュー〜

エレクトロ・シーンの震源地いま関西のエレクトロ/エレクトロニカ・シーンがおもしろい。AUTORA、SUZMENBA、dubdub on-sengという旬なアーティスト3組が揃って新譜をリリースし、その勢いは確実に全国へと飛び火している。OTOTOYでは、関…

『メイド イン ジャパニーズ』イルリメ インタビュー by 南日久志

インタヴュー

『メイド イン ジャパニーズ』イルリメ インタビュー by 南日久志

オリジナルな音楽を表現する上で最も有効な手段のひとつである「バンド・サウンド」という形体に拘らず歴史を変えたミュージシャンの功績は、その作品群を辿ることで追体験することができる。また、その中の多くはもうすぐ2010年代に突入しようとしている今も輝きを失っ…