album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
月曜日の朝 -- 小谷美紗子  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:04
火曜日の昼 -- 辛島美登里  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:45
水曜日の夕方 -- 青葉市子  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:36
木曜日は雨 -- 柳原陽一郎  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:30
金曜日の夢 ~朝か夜かの物語~ -- 中納良恵  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:16
土曜日の恋人 -- 太田裕美  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:25
日曜日の昼下がり -- 原田郁子  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:32
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 30:08
Album Info

さくらももこ全作詞、来生たかお全作曲による初のコラボ作品!女性主人公のなにげない一週間を綴った月曜日から日曜日までの歌、7曲を収めた作品。各曜日の楽曲ごとに、名だたるシンガー7名を迎え、一週間の様々な心情を表している。

Discography

Pop

小谷美紗子 セルフプロデュース、セルフアレンジの5 年8 カ月ぶりとなるアルバム 2014年1月リリースの「us」以来、5年8カ月ぶりのオリジナルアルバム「yeh」は全10曲入りのセルフ・プロデュース作品。 自身初の全編セルフ・アレンジで制作され、日本を代表するミュージシャン陣により、自身の音への拘りが細部まで表現されている。 昨年2018年に発売した初の詩集「PARADIGM SHIFT」に綴った詩にメロディをつけた詞先の楽曲が多く、より純度100パーセントと言っても いいくらいの想いが溢れる作品となった。 さらに、2017年に有安杏果に楽曲提供した「裸」のセルフカバーや、2015年にMr.Childrenとの対バンの際に急遽、作曲、披露された 「夜明け前」が収録されている。

Pop

小谷美紗子デビュー20周年プロジェクト、始動。2016/4/15にキャリア初となる弾き語りベスト盤『MONSTER』をリリースいたしました。これはデビュー20周年プロジェクトの第一弾リリースとして発売されるもので、これまで小谷美紗子が発表した曲の中から、オールタイム ベストな全10曲を新録したものになっています。ピアノと歌のみで構成されている本作は、録音/MIXエンジニアに平沼浩司氏を、マスタリングに木村健太郎氏を迎え制作されました。

Pop

2011年も話題を振りまき続けたシンガー・ソングライターの青葉市子が、3rdアルバム『うたびこ』を完成させた。OTOTOYでは、CDの発売に先駆けて1週間先行で販売開始。さらに本作の24bit/48kHzのマスタリングを高橋健太郎が手掛け、CDよりも高音質でお届け。

Bonus!
Pop

2011年最も注目すべき女性シンガー・ソング・ライター、青葉市子が初のLIVE音源をOTOTOY独占でリリース。本作は2010年12月7日に青山EATS and MEETS Cayにて行われたワンマンLIVEの模様を記録したもの。ギター1本と自信の声だけで、まるでオーケストラのような壮大な音世界を描く青葉市子が、まさにその本領を発揮するLIVEの魅力を思う存分に詰め込んだ全8トラック。収録曲には『剃刀乙女』、新作『檻髪』からの楽曲に加え、これが初の音源化となる楽曲も。

Pop

2011年最も注目すべき女性シンガー・ソング・ライター、青葉市子が初のLIVE音源をOTOTOY独占でリリース。本作は2010年12月7日に青山EATS and MEETS Cayにて行われたワンマンLIVEの模様を記録したもの。ギター1本と自信の声だけで、まるでオーケストラのような壮大な音世界を描く青葉市子が、まさにその本領を発揮するLIVEの魅力を思う存分に詰め込んだ全8トラック。収録曲には『剃刀乙女』、新作『檻髪』からの楽曲に加え、これが初の音源化となる楽曲も。

Pop

OTOTOYで三週連続でリリースした「パッチワーク」「レースのむこう」「日時計」を含む、全八編の叙情詩。青葉市子独特の生々しい音像と、聞く人に美しい情景を思い描かせるハーモニーはそのままに、奥底に隠れていた彼女の小宇宙が覗けるような作品。独自性を持ちつつ、ギター一本で表現する彼女のポテンシャルは今作でも底がない。青葉市子の第2章がここから始まる。

Bonus!
Pop

第1弾の「パッチワーク」同様、自らが奏でるギター1本だけで、まるでオーケストラのような壮大な世界を構築。どこか懐かしさも覚えるヴォーカルには不思議な安心感が宿っている。その歌声は大貫妙子、松任谷由実といった偉大なる先駆者たちの系譜に連なるものだ。

Bonus!
Pop

第1弾の「パッチワーク」同様、自らが奏でるギター1本だけで、まるでオーケストラのような壮大な世界を構築。どこか懐かしさも覚えるヴォーカルには不思議な安心感が宿っている。その歌声は大貫妙子、松任谷由実といった偉大なる先駆者たちの系譜に連なるものだ。

Bonus!
Pop

京都出身で現在は東京を活動拠点としているシンガー・ソングライター、青葉市子。FUJI ROCK FESTIVAL '10にも出演し、実力を伸ばし続ける彼女の新作には、ダウンロード特典として、本人の書き下ろしイラスト入りの歌詞画像がついてきます。

Bonus!
View More Discography Collapse
Collapse

News

小谷美紗子 ニューAL『yeh』収録曲のMV公開

小谷美紗子 ニューAL『yeh』収録曲のMV公開

小谷美紗子の新曲「忘れ日和」のミュージック・ビデオがYouTubeで公開された。 「忘れ日和」は9月25日発売の小谷美紗子オリジナルアルバム『yeh』の収録曲。 本日公開されたMVは、小谷自身が近年撮り溜めた写真を投影し、撮影を行なった。心情を表すかのよ

〈全感覚祭19 -NEW AGE STEP-大阪〉タイムテーブル発表

〈全感覚祭19 -NEW AGE STEP-大阪〉タイムテーブル発表

9月21日(土)大阪、10月12日(土)東京にて開催される、GEZAN主催レーベル〈十三月〉によるイベント〈全感覚祭19 -NEW AGE STEP-〉。 今週末開催となる大阪会場のタイムテーブルが公開された。 出演者は以下の通り。 (内) GEZAN

勝沼恭子+三宅純、『COLOMENA』本日リリース

勝沼恭子+三宅純、『COLOMENA』本日リリース

三宅純のヴォーカリストのひとりとして、またナレーター、モデルとして、独特の個性を放つ勝沼恭子が、自らの「内側の声」を探し求めた旅の記録。 2005年にパリに拠点を移してから温め続けてきた待望のファースト・アルバム『COLOMENA』 が、三宅純のプロデュ

SKIP SKIP BEN BENこと林以樂、本名名義で初7inchリリース、日本ツアー開催

SKIP SKIP BEN BENこと林以樂、本名名義で初7inchリリース、日本ツアー開催

バンド雀斑frecklesやソロプロジェクトSKIP SKIP BEN BENの活躍で台湾はもとより、日本でも多くの支持を集める音楽家「林以樂(リン・イーラー)」(多くの人は彼女をbenbenという愛称で呼んでいる)。 そんな彼女の本名名義でスタートさせ

STRUGGLE FOR PRIDE、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)をヴォーカルに迎えた「MAKE A RAINBOW」がアナログ化決定

STRUGGLE FOR PRIDE、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)をヴォーカルに迎えた「MAKE A RAINBOW」がアナログ化決定

昨年、実に12年振りとなるアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』をリリースしたSTRUGGLE FOR PRIDE。 この度アルバムに収録、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)がヴォーカルとして参加したベニー・シングスの

〈全感覚祭19〉東京・第2弾出演者&フード出店発表

〈全感覚祭19〉東京・第2弾出演者&フード出店発表

2019年9月21日(土)に大阪、2019年10月12日(土)に東京で開催される十三月主催イベント〈全感覚祭19〉。 その両会場のフード出店と、東京会場の出演者第2弾が発表された。 なお今年の〈全感覚祭〉は入場のみならずフードもフリーでの提供を目指してい

View More News Collapse
小谷美紗子、5年8ヶ月ぶりオリジナルALリリース& trioツアー開催

小谷美紗子、5年8ヶ月ぶりオリジナルALリリース& trioツアー開催

小谷美紗子がオリジナルアルバム『yeh』を9月25日にリリースする。 5年8ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム『yeh』は全10曲入りのセルフ・プロデュース作品。自身初の全編セルフ・アレンジで制作され、日本を代表するミュージシャン陣により、自身の音への拘りが

〈全感覚祭19〉大阪 出演者発表でGEZAN、渚にて、折坂悠太(重奏)ら26組

〈全感覚祭19〉大阪 出演者発表でGEZAN、渚にて、折坂悠太(重奏)ら26組

GEZAN主催レーベル〈十三月〉が開催するイベント〈全感覚祭19〉。 今回は〈全感覚祭19 大阪〉への出演者と、EXHIBITION ARTISTが発表された。 出演者は以下の通り。 (内) ⚫︎〈全感覚祭19大阪〉出演者 GEZAN 渚にて 折坂悠太(

折坂悠太が青葉市子、イ・ラン、butajiを招いた弾き語りツーマンツアーを今秋開催

折坂悠太が青葉市子、イ・ラン、butajiを招いた弾き語りツーマンツアーを今秋開催

ワンマンライブも即日完売し、ドラマ主題歌への大抜擢と注目を集めている折坂悠太による、表現の原点と言える弾き語りツアーの開催が決定した。 10月3日の京都公演を皮切りに全国12か所を巡り、ツアーファイナルは11月22日に東京・有楽町ヒューリックホールで行な

オペラ「四次元の賢治 -完結編-」の劇中歌に、太田光(爆笑問題)、櫻井和寿、青葉市子ら参加

オペラ「四次元の賢治 -完結編-」の劇中歌に、太田光(爆笑問題)、櫻井和寿、青葉市子ら参加

「Reborn-Art Festival 2019」主催、今週7/13(土)に「三陸防災復興プロジェクト 2019」との連携企画として、岩手県釜石市で初演を迎えるオペラ「四次元の賢治 -完結編-」の劇中歌で、太田光(爆笑問題)、櫻井和寿、青葉市子らの

『Reborn-Art Festival 2019』のOPを飾る音楽イベント〈転がる、詩〉に櫻井和寿、宮本浩次、Salyu、青葉市⼦が出演決定

『Reborn-Art Festival 2019』のOPを飾る音楽イベント〈転がる、詩〉に櫻井和寿、宮本浩次、Salyu、青葉市⼦が出演決定

『Reborn-Art Festival 2019』 58⽇間のオープニングを飾る音楽イベント〈転がる、詩〉が、 8⽉3⽇(土)・4日(日)に石巻市総合体育館で開催される。 その出演アーティストとして、櫻井和寿、宮本浩次、Salyu、青葉市子の出演が決定

GEZAN初のドキュメンタリー映画完成&劇場公開決定

GEZAN初のドキュメンタリー映画完成&劇場公開決定

2009年の結成以来、精力的な活動を続け、野外フェス〈全感覚祭〉やレーベル〈十三月の甲虫〉を主催し、現在の日本のアンダーグラウンド・シーンを牽引するロック・バンド“GEZAN”。 少し音楽に対して敏感な人であれば、彼らの楽曲が次第に幅広い層に受け入れられ

山形県の温泉郷で開催される〈肘折国際音楽祭2019〉タイムテーブル発表

山形県の温泉郷で開催される〈肘折国際音楽祭2019〉タイムテーブル発表

出羽三山の静かな秘境地が、研ぎ澄まされた音楽に満ち溢れた空間に。 4回目の開催となる〈肘折国際音楽祭2019〉のタイムテーブルが発表された。 チケットは一部完売のチケットを除き現在発売中。 山形県 最上郡 大蔵村 肘折温泉は出羽三山の主峰・月山の麓、銅

3月16日(土)WWW、WWW X 両店にて開催の〈Alternative Tokyo〉最終ラインナップ発表

3月16日(土)WWW、WWW X 両店にて開催の〈Alternative Tokyo〉最終ラインナップ発表

商業的な方法論的や流行音楽とは一線を引き、時代の流れに捕われない普遍的な音楽を中心に、ART展示やトークセッション等を紹介してしていくショーケース・イベント〈Alternative Tokyo〉。 今回の第3弾発表にて各コンテンツの全貌を紹介。 [MUS

WWWの新イベント・シリーズ 「any time any one」 第一回は、青葉市子・原 摩利彦の2マン・ライヴ

WWWの新イベント・シリーズ 「any time any one」 第一回は、青葉市子・原 摩利彦の2マン・ライヴ

WWWの新たなイベント・シリーズ「any time any one」は、"フォーマルな印象のあるコンサートをライヴハウスで"、”カジュアルに行けるコンサート"をテーマとし、「いつでも どんなひとにも」という意味で「any time any one」と題し

踊ってばかりの国の下津光史、初の全国流通フル・アルバムを発売! OTOTOYでは20日から先行配信も

踊ってばかりの国の下津光史、初の全国流通フル・アルバムを発売! OTOTOYでは20日から先行配信も

“踊ってばかりの国”のオリジナル・メンバーであり、全作詞、作曲、ヴォーカル、ギターを担当する下津光史が、2018年1月10日に1stフル・アルバム『下津光史歌集』をリリースすることが決定した。 本作『下津光史歌集』は、下津の弾き語り音源では初の全国流通音

青葉市子とphonolite strings、自由学園明日館での公演決定

青葉市子とphonolite strings、自由学園明日館での公演決定

青葉市子と、日本屈指のベーシスト水谷浩章率いる変則ストリングス・クインテット「phonolite strings」の東京公演が決定。 11月25日に自由学園明日館で〈蒼仄〉と題したライヴを行う。 今年7月12日にビルボードライブ大阪で大成功を収めた公演の

【コラム】ボビーの昔の名前で出ています「海と島と高木ブーと島フェスと」

【コラム】ボビーの昔の名前で出ています「海と島と高木ブーと島フェスと」

こんにちは、不定期(やる気と元気の問題)でコラムを書かせていただいている大阪の女・ボビーです。8月26(土)・27日(日)、小豆島ふるさと村にて開催された「日本一ゆるいフェス」こと島フェス 2017へ行ってきたので、今回は小豆島の自然と島フェスの想像を超

小谷美紗子 20周年企画の「ウヘヘ Guest Musians」第一弾に田渕ひさ子、二宮友和ら

小谷美紗子 20周年企画の「ウヘヘ Guest Musians」第一弾に田渕ひさ子、二宮友和ら

小谷美紗子が10月16日に東京・恵比寿リキッドルームでデビュー20周年記念スペシャル・イベント〈両手にウヘヘ祭り〉を開催。 そのゲスト・ミュージシャン第一弾が発表された。 “ウヘヘ Guest Musians”とクレジットされているゲストたち。小谷美紗子

小谷美紗子、20周年スペシャル・ライヴをリキッドルームで開催 ゲストも多数参加

小谷美紗子、20周年スペシャル・ライヴをリキッドルームで開催 ゲストも多数参加

弾き語りアルバム『MONSTER』をリリースし、全国弾き語りツアーを行なってきた小谷美紗子。 デビュー20周年を記念したスペシャル・ライヴを10月16日に東京・恵比寿リキッドルームで開催する。 〈両手にウヘヘ祭り〉と銘打たれたこの公演には、彼女に所縁のあ

満島ひかり×EGO-WRAPPIN’、映画にインスパイアされた幻想的で美しい楽曲

満島ひかり×EGO-WRAPPIN’、映画にインスパイアされた幻想的で美しい楽曲

映画『海辺の生と死』より 7月21日(金)、満島ひかりがラジオDJを務めたニッポン放送『オールナイトニッポンGOLD』の番組内で、EGO-WRAPPIN’プロデュースのもと、満島自身がヴォーカルを務める楽曲「群青」を制作したことを発表! いち早くリスナー

オーウェン・パレットたっての希望で、青葉市子との共演が実現!

オーウェン・パレットたっての希望で、青葉市子との共演が実現!

オーウェン・パレットのジャパン・ツアー開催がいよいよ迫る中、4月25日(火)に渋谷WWW Xで行なわれる東京公演にサポート・アクトとして青葉市子の出演が決定した。 ザ・ラスト・シャドウ・パペッツ、テイラー・スウィフト、アーケイド・ファイア、ザ・ナショナル

小谷美紗子、1年ぶりの弾き語りツアー開催 京都・高台寺の2daysも

小谷美紗子、1年ぶりの弾き語りツアー開催 京都・高台寺の2daysも

今年デビュー20周年を迎える小谷美紗子が、1年ぶりの弾き語りツアー〈旱に雨〉を行なう。 千秋楽は2008年以来6年ぶりの開催となる、小谷の地元・京都の高台寺での単独公演2デイズ。6月29、30日に開催される。 ほかに名古屋、広島、福岡、札幌、仙台、東京を

GEZANレーベル主催「全感覚祭16」@多摩センター タイムテーブル公開

GEZANレーベル主催「全感覚祭16」@多摩センター タイムテーブル公開

12月11日(日)、多摩センターの〈多摩市三角広場〉にて、GEZAN主宰レーベル〈十三月の甲虫〉が行う投げ銭制イベント「全感覚祭 16」のタイムテーブルが公開された。 このイベントには、どついたるねん、Have a Nice Day!、川本真琴withゴ

Collapse

Articles

小谷美紗子、デビュー20周年プロジェクト第1弾、初の弾き語り作品をハイレゾ配信

インタヴュー

小谷美紗子、デビュー20周年プロジェクト第1弾、初の弾き語り作品をハイレゾ配信

小谷美紗子、キャリア初の弾き語りオールタイムベストをハイレゾ先行配信その小さな身体からは想像のつかない、大きく力強い歌を歌うことから「小さな怪物」と称された小谷美紗子。そんな彼女を体現したかのような作品『MONSTER』が到着した。2015年11月にはMr…

青葉市子『うたびこ』先行販売&インタビュー

インタヴュー

青葉市子『うたびこ』先行販売&インタビュー

青葉市子の3rdアルバムが完成2011年1月に2ndアルバム『檻髪』を発売後、salyu×salyuのイベントへの出演、七尾旅人との共演、内橋和久とのスタジオ・セッション音源『火のこ』(小山田圭吾がゲスト参加)をリリースしたりと、2011年も話題を振りまき…

青葉市子 新曲フリー・ダウンロード

その他

青葉市子 新曲フリー・ダウンロード

1/18、青葉市子 3rdアルバム『うたびこ』先行販売決定!2011年1月に2ndアルバム『檻髪』を発売後、salyu×salyuのイベントによばれたり、青葉市子+内橋和久名義で『火のこ』をリリースしたり(小山田圭吾がゲスト参加)と、2011年も話題を振り…

Premium Studio Live Vol.5 青葉市子と内橋和久『火のこ』

連載

Premium Studio Live Vol.5 青葉市子と内橋和久『火のこ』

青葉市子と内橋和久のセッションをDSDで!レコーディング・スタジオでの一発録りをライブとして公開し、DSDで録音/配信するというサウンド&レコーディング・マガジン主催のPremium Studio Live。第5回は、即興音楽の分野で世界的な活躍を見せる一…

OTOTOY presents VANISHING POINT Vol.1

その他

OTOTOY presents VANISHING POINT Vol.1

タイムテーブル発表!フリー・サンプラー付き前売りチケット発売中!『VANISHING POINT vol.1』の前売りチケットはOTOTOYでも購入できます。しかも出演者の音源が詰まった『VANISHING POINT sampler vol.1』をプレゼ…

OTOTOY独占で、青葉市子ライブ音源をDSDで配信!!

その他

OTOTOY独占で、青葉市子ライブ音源をDSDで配信!!

青葉市子のライブ音源をDSD、HQDで独占配信開始!!今年1月に2ndアルバム『檻髪』を発売し、各地のショップで売り切れ続出、大反響を巻き起こしている青葉市子。 そんな青葉市子のワンマン・ライブの模様を、OTOTOYでは高音質音源を独占で配信致します。微細…

青葉市子のセカンド・アルバム『檻髪』が完成!

レヴュー

青葉市子のセカンド・アルバム『檻髪』が完成!

"剃刀乙女"こと青葉市子の2nd アルバム完成です2010年1月、1stアルバム『剃刀乙女』で鮮烈にデビューした弱冠20歳の青葉市子。クラシック・ギターを手に独特の世界観を持った歌詞と、美しいメロディー・ライン、エバー・グリーンな歌声と…

青葉市子 3週連続新曲リリース第3弾「日時計」HQD配信開始&インタビュー後編

インタヴュー

青葉市子 3週連続新曲リリース第3弾「日時計」HQD配信開始&インタビュー後編

ワンマン・ライヴをいよいよ来週12月7日(火)に控え、現在フリー・ダウンロード中の「パッチワーク」、「レースのむこう」と2週にわたって新曲を披露してきた青葉市子。3週連続で新曲をリリースする企画の締めくくりとなる新曲第3弾「日時計」が到着! これまで一切の…

青葉市子 3週連続新曲リリース第2弾「レースのむこう」HQD配信開始&インタビュー

インタヴュー

青葉市子 3週連続新曲リリース第2弾「レースのむこう」HQD配信開始&インタビュー

いま最も注目すべきSSW青葉市子の3週連続新曲リリース企画。第2弾の音源「レースのむこう」をHQD(24bit/48kHzのWAV音源)とmp3で配信スタート! 第1弾の「パッチワーク」同様、今回も青葉市子自身によるイラスト入りの歌詞付きです。そして、これ…

青葉市子 3週連続新曲リリース第1弾「パッチワーク」フリー配信

レヴュー

青葉市子 3週連続新曲リリース第1弾「パッチワーク」フリー配信

新曲「パッチワーク」をフリー・ダウンロード! HQDとmp3で配信スタートネクスト・ブレイク間違いなし! 京都出身で現在は東京で活動中のSSW青葉市子。音楽好きの間で確実に人気を広げている彼女が、3週にわたって新曲をリリース。しかも今回お届けする第1弾音源…

小谷美紗子『ことの は』先行配信開始&インタビュー

インタヴュー

小谷美紗子『ことの は』先行配信開始&インタビュー

周囲からの期待や認識のギャップに多くの表現者が頭を抱える中で、なぜ彼女だけがここまで頑なにまっすぐでいられるのだろう。前作『Out』以来、3年ぶりとなる小谷美紗子の新作『ことの は』。取り巻く環境の変化には誰よりも敏感なのに、自身のステイトメントだけは一切…