たまの活動で一躍有名になり、脱退後はソロでの活動を続けてきた柳原陽一郎が、8枚目のアルバム『ほんとうの話』をリリース。3.11に対しての行き場のない気持ちと真正面から向き合い、願いが込められて生み出されていった楽曲たち。サウンド面でも、縦横無尽な振り幅でミュージシャンとしての才能が遺憾なく詰め込まれている。どの曲がリード曲と言っても過言ではないほど、柳原の心血が注ぎ込まれた1枚。この作品を聴いて、あなたはなにを思うだろうか。


柳原陽一郎 / ほんとうの話

【価格】
WAV配信のみ 単曲 250円 / まとめ購入 2,000円

【Track List】
1. ホントのバラッド / 2. 再生ジンタ / 3. やがて君は夢となるのか / 4. ロータスの庭 / 5. そしてペンギンは語る / 6. 魔法をかけてよ / 7. 農夫に力を / 8. ほんとうにスキな人 / 9. 恋のうたを歌う時 / 10. 悪人志願 / 11. ステキブギ / 12. 歌を止めるな


この2年間で日本が迎えた『ほんとうの話』

東日本大震災から早くも2年の歳月が流れた現在。これまでにいくつもの復興ソングが生まれたが、、震災そのものに触れず、とにかく人を応援することに心血が注がれてしまったものも多い。直接地震に触れることはどこかタブー化されてしまった感は否めない。しかし扱う題材がナイーヴなだけあり、どこまで触れていいものなのか、アーティスト側も判断が難しいところであったと思う。震災後、シンガーが様々な思いを巡らす中、柳原陽一郎は、この2年間で日本が迎えた『ほんとうの話』を語る。

「明日へのラブソング」という切り口でプロモーションされている本作。しかしアルバム全体の様子は、日本中を失意のどん底にたたき落とした、あの当時の空気を確実に表している。今では薄れつつある、死の予感や先行きの不安、えぐりとられた場所・環境の感覚など、もう誰も見たくない真実をもれなく扱っていく。だからこそ重い空気が流れるばかりでなく、ことばの意味の希薄はひとつもない。忘れてはならないことまでも忘れてしまう、その恐ろしさを、柳原は静かに口にする。死後の世界と現実の区別までもがわからなくなってしまい、錯乱するような感覚は、いまだ行方のしれない人たちの姿とリンクしているようにも解釈できる。


柳原陽一郎 / 再生ジンタ

何を表しているのか明らかであるのにも関わらず、直接的な表現をひとつも使っていない詩も、数多のシンガーにはなし得なかった到達点である。べたべたに使い回された言葉や、あまりに限定的な単語は、うさんくささがくっつき途端に説得力を失ってしまう。やわらかく、優しい口ぶりだけに、彼がいわんとする対象が冴え渡っていく。けれども問題にするだけでなく、うしろめたさを感じてしまう行為をあえて奨励していく歌もあり、たとえそれが皮肉であったとしても、いくつもの人がこの言葉によりどころや安心を感じられるだろう。

大きな声で話せないからこそ、ほんとうの話はできる。震災をテーマにここまでいのちをめぐり、重い思いが語られていくアルバムはこれまで見られなかったし、そしてこれからはもう、現れないのかもしれない。(text by 高橋拓也)

柳原陽一郎の過去作はこちら

phonolite strings meet 柳原陽一郎 / Live at Pit inn, 1.17.2013

水谷浩章が主催する"phonolite"より、ストリング・セクションのみを抽出したコア・ユニット、phonolite stringsが、柳原陽一郎をゲストに迎えて、2013年1月17日に新宿PIT INNで行ったライヴ音源を、HQD(24bit/96kHzのwav)で独占配信決定!! ビオラ、チェロ2本、コントラバスという変則的なストリング・カルテットにフルートが加わった独自の編成に、柳原陽一郎のうたごえが合わさった、スペシャル編成のライヴを、会場の臨場感を味わえる高音質でお届け。

>>特集ページはこちら

オルケスタ・リブレとおおはた雄一 オルケスタ・リブレと柳原陽一郎 / UTA NO KA・TA・TI

柳原陽一郎がオペラやジゴロのバラードなどの楽曲を通し、その独特で妖艶な歌い回しで社会や人間そのものに内在する混沌や矛盾、嘘や裏切り、だからこそ愛おしい人間という生き物の本質を見事に表現したDisc.1と、60~70代の若者たちを象徴するような洋楽/邦楽のスタンダードソングを、おおはた雄一が現代的でありどこか懐かしさも覚えるようなセンスで、21世紀を生きる現代人に向けて歌いあげたDisc.2の2枚組。オルケスタ・リブレのアンサンブルに乗せてグイグイと心に迫る聴けば聴くほどに抜けられなくなくヴォーカル・アルバム!!!

Orquesta Libre with 柳原陽一郎 / Live at PIT INN 2012.04.17- (HQD ver.)

ROVOや大友良英ニュー・ジャズ・オーケストラのドラマーとして活動し、数々のセッションをこなすドラマー、芳垣安洋の新たなプロジェクトOrquesta Libre。自由でのびのびとした演奏を聴かせてくれる総勢10名からなるこの大所帯バンドが、2012年4月17日に、柳原陽一郎をゲストに迎えて行った、新宿ピットインのライヴをHQDで配信! 「Alabama Song」や「三文オペラ第二のフィナーレ」といった往年の名曲が、迫力のあるアレンジで甦ります。

柳原陽一郎 / DREAMER'S HIGH

モノワカリが悪くて何が悪い。大人が歌う、オトナゲない大人の12の歌。デビュー20周年を迎えた柳原陽一郎が歌う12の歌は、まさに大人のためのオトナゲない歌。恋して、へこんで、希望に燃えて、いくつになってもココロは年齢不詳。そんな大人のわりきれない気持ちを歌う、ソロ通算7枚目のアルバム

>>インタヴュー記事はこちら

RECOMMEND

PLAY FOR JAPAN

※『Play for Japan』とは?

2011年3月11日に起こった東日本大震災の直後に、被災地への支援をしたいという強い思いからOTOTOYが中心となって関係者とともに企画し、たった6日間で創り上げたコンピレーション・アルバム『Play for Japan vol.1-vol.10』。200ものアーティストの賛同のもと、たくさんの方にご購入いただき、売り上げは4,983,785円にのぼりました(2012年1月1日時点)。この売り上げの中から、クレジット決済手数料と著作権使用料を抜いた全額を、日本赤十字社を通じて被災地へ届けました。

2年目となった『Play for Japan 2012』はオープンに参加者を募り、音楽、絵、写真など240点以上の作品が集まりました。売り上げは785,000円にのぼり(2013年9月13日時点)、「東日本大震災みやぎこども育英募金」に55%、「東日本大震災ふくしまこども寄附金」に34%、「いわての学び希望基金」にそれぞれ11%の配分で送金しました。『Play for Japan 2012』に関しましては本企画が続く限り、販売を継続致します。

3年目となった『Play for Japan 2013』は、前2作のように、10枚×20曲のような大型コンピではなく、3つのテーマに基づいた、3枚のコンピレーション・アルバムを製作。義援金の送付先も、継続的な支援ができる「ハタチ基金」に決定。2013年9月13日時点で、売り上げは2,968,768円となっています。『Play for Japan』シリーズを1枚でも多く販売し、少しでも多くの義援金を被災地へ届けること、アーティストの熱い思いをより多くの方に感じていただくことを目標として、OTOTOYは動き続けます。

>>『Play for Japan 2011』の特集ページはこちら
>>『Play for Japan 2012』の特集ページはこちら
>>『Play for Japan 2013』の特集ページはこちら

PROFILE

柳原陽一郎

福岡生まれ。84年に“たま”を結成。90年に「さよなら人類らんちう」でメジャー・デビュー。その個性的な存在感と楽曲で注目をあびる。95年、初のソロアルバム「ドライブ・スルー・アメリカ」を発表、同年“たま”を脱退。以降、含みのある日常雑感を紡ぎ、歌い続けている。おおらかで艶のある歌声、ジャンルを選ばない豊かな音楽性への評価は高い。

OFFICIAL HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!!
[CLOSEUP]・2017年12月02日・嘘偽りなしのピュア・ハードコア──MILK、待望の1stアルバムを〈KiliKiliVilla〉よりリリース!! 名古屋を中心に活動するハードコア・パンク・バンド、MILK。2014年に〈SummerOfFan〉からリリースの7インチ・シングル『MY E.P.』、2016年に〈Less Than TV〉からリリースしたソノシート『MISFITS E.P.』は発売からあっという間に各地で在庫切れを起こし現在入手困難となる中、待望となっていた1stアルバムをこの度〈KiliKiliVilla〉よりリリース! OTOTOYではアルバムの発売を記念し、バンド単独では初となるインタビューを掲載です! 今の彼らが全て収められた傑作!!MILK / ALL ABOUT MILK'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC 【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''01. OUTPUNK02. better youth03. MINDSET04. My Say05. 2206. WE07. Role08. Have mine09. そこに
筆者について
高橋 拓也 (もり)

泡沫大学生。ナゴム好きをこじらせ、現在80's NEW WAVE(おもにドイツ周辺)を掘削視聴中。

同じ筆者による他の記事